「韓国で第二次ろうそく革命」という思考実験の重要性

一部のメディアがしきりに喧伝する「日韓関係改善」という主張を眺めていて思うのは、これらの主張にはその前提条件として、尹錫悦(いん・しゃくえつ)政権の基盤が盤石であるとは言い難い、という認識が、根本から欠落している可能性がある、という点です。そのための思考実験のひとつが、「第二次ろうそく革命」です。政界の一寸先が闇、という点では日本も似たようなものかもしれませんが、だからこそ、なおさら日韓関係の「改善」とやらは、急ぐべき課題ではないのです。

前提を疑え

「韓国は日本にとって大切な国だ」

当ウェブサイトではときどき、「読み手の時間と体力を奪う無駄な論説」というものを掲載することがあります。それが「インチキ論説」シリーズです。

これらの「インチキ論考」シリーズ自体、こうした認識自体がはたして適切なのかどうかを世に問うてみようという試みでもあります。というのも、インチキ論考自体、実際に相手の立場で「どうやって日本に譲歩を迫ろうか」を思考する実験だ、という言い方もできるからです。

実際、これらのインチキ論説シリーズで一貫しているのは、「韓国は日本にとって大切な国だから、日本が韓国に譲歩せよ」、であり、これらを執筆した動機も、「そもそもの前提を疑え」、という問題意識から発しているのです。

日本が譲歩するかたちでの問題解決にこだわる論者たち

さて、自称元徴用工問題に代表される日韓諸懸案は、ほとんどが韓国によって作り出されたものであり、かつ、国際法上は日本に過失はほとんどなく、韓国側に一方的に非がある、という共通点があります。自然に考えれば、「韓国が国際法に則った解決を図る」以外に、これらを解決する方法はないはずです。

ところが、日本国内の「日韓関係改善論者」の多く、あるいは韓国国内の圧倒的多数の論者は、「(少しでも良いから)日本が何らかの譲歩をする」というかたちでの問題の解決を図ろうとしているフシがあります。

自称元徴用工問題の例でいえば、「(韓国の最高裁にあたる)大法院が2018年に下した判決については、何らかの基金を作って『強制動員被害者』(※自称元徴用工のこと)に対して代位弁済させる」、「基金には日本企業が自発的に寄付をする」、「これとは別に日本企業が謝罪する」、といったものが挙げられます。

正直、これもお話にならないものばかりです。

そもそも論ですが、2018年10月と11月の大法院判決は、1945年8月15日以前のすべての請求権の問題が完全かつ最終的に解決されたことを謳った日韓請求権協定に違反する状態を作り出しているのであり、したがって、韓国の国家権力の一角を占める司法府自身が国際条約を破ったと言い換えても良いでしょう。

(※なお、2018年の判決では「『1910年の日韓併合条約が違法だった』などとする趣旨の記述も含まれている」、といった問題点もあるのですが、とりあえず本稿ではこの論点は取り上げません。本稿においては「韓国が国を挙げて国際法を破っている」という事実が重要だからです。)

日本が譲歩できない2つの理由

つまり、国際法を公然と破ったという時点で、韓国側の過失割合が100%なのですから、その国際法違反の判決を放置したままで日本が歩み寄る、ということは、本来ならばできない相談です。そして、その理由は大きく2つあります。

それは、①国際法のもとで保護を受けることができる権利を、日本政府がみずから放棄することにつながりかねないからであり、そして②日本が現在、「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」の旗振りをしているなかで、日本自身が国際法を破ることが日本の外交ポジション全体を危うくする行為でもあるからです。

逆に言えば、日本が自ら国際法を破ってでも韓国に譲歩するのだとしたら、それを行うことのデメリットをはるかに上回るメリットが必要だ、ということでもあります。

個人的には、「日本がみずから国際法を破る(しかも日本自身が国際法で認められた権利を放棄する)」ことを大きく上回るメリットがあるとも思えないのですが、ここで「日韓関係改善論者」たちが持ち出すのが、「韓国は日本にとって重要な国だ」、とする議論です。

たとえば経済的には、「韓国は日本にとって3番目ないし4番目の輸出相手国だ」、「コロナ前の2018年には日韓双方の往来が1000万人を超えるなど人的交流も多い」、「日本にも韓流ファンがたくさんいる」、といった理由が持ち出されることが多いようです。

また、外交・経済面では、「韓国は地理的に見て日本にとても近く、朝鮮半島が日本の敵対勢力の手に落ちれば日本の安全保障問題に直結する」、「北朝鮮の非核化などの課題に対処するためには、日韓協力が必須だ」、といった理由が持ち出されることが多いようです。

そもそも韓国は日本にとって「重要な国」なのか?

ただ、これらに関しては、冷静な視点が必要でしょう。とくに、経済面において「韓国が日本にとって重要な国である」とする言説は、統計データを調べていくと、極めて怪しい限りです。

そもそも日本にとって韓国が貿易対手国として非常に重要であることは事実ですが、日本から韓国への輸出品目の多くは「モノを作るためのモノ」(韓国語でいう「素材・部品・装備」)であり、経済的には「韓国が日本のサプライチェーンに組み込まれている」と評価することもできます。

そのうえで、近年は中国や韓国に代わる輸出相手国として、台湾、タイ、ベトナムなどが急浮上しているという事実を踏まえるならば、将来的に日韓関係が破綻するような事態が生じたとしても、日本企業は韓国の代わりの輸出先をいくらでも見つけてくることができる、ということを示唆しています。

また、日韓往来の件にしても、2018年に相互往来が1000万人を超えたことは事実ですが、その内情は、韓国を訪問した日本人が295万人に過ぎなかったのに対し、日本を訪問した韓国人が754万人、つまり約2.6倍です。事実、翌年のノージャパン運動の影響で相互往来は1000万人を割り込みました(図表)。

図表 日韓の相互往来(2003年~2019年)

(【出所】日本政府観光局、韓国観光公社のデータをもとに著者作成)

さらに金融面で見れば、日本の対外与信は2022年6月末時点で約4.6兆ドル(※最終リスクベース)ですが、このうち韓国に対する与信は502億ドルで、全体の1.09%に過ぎませんし、韓国企業のサムライ債の発行実績に関しても低調です(『韓国の債券発行が2年連続ゼロ…サムライ債市場の現状』等参照)。

以上より、経済的に韓国が日本にとって「必要不可欠な存在である」とする言説自体、極めて疑わしいものだといえるでしょう。

(※なお、「韓流ファンが日本にもたくさんいる」云々の言説に関しては、正直、著者自身が「日本における韓流ファンの人口」などに関する信頼し得る統計を存じ上げないため、ちょっと真面目に議論することが難しいというのが実情であり、本稿では申し訳ないのですがこの論点は割愛します。)

外交・安全保障面でも韓国が重要だとする主張は「極めて怪しい」

一方で、外交・安全保障面に関していえば、「韓国が日本にとって重要だ」とする言説、最近だとますます怪しくなってきました。

もちろん、地理的な面でみれば、韓国は日本にとっても米国にとっても重要な場所にあります。とくに米軍にとっては、烏山(うさん)の空軍基地から中国の首都・北京まで直線距離で1000㎞前後と非常に近いなど、地理的側面「だけ」でみれば、非常に有益な相手国であることは間違いないでしょう。

ただ、それと同時に、日本が韓国と組んで、なにか安全保障上の問題点が解決したという実績は、ほとんどありません。

そもそも日本人拉致事件にしたって、「自国民が北朝鮮による拉致被害に遭っている」という点では韓国も日本とまったく同じであるはずなのに、韓国は拉致問題の解決にも熱意がなく、後ろ向きです。

また、韓国軍は2018年12月に、日本の海自哨戒機に向けて火器管制(FC)レーダーを向けてきたという実績を持っています。人間同士でいえば「ある日いきなり銃口を突き付けたようなもの」で、この一件だけでも、韓国が外国・安全保障上、日本にとって信頼し得るパートナーではないことは明らかです。

であり、しかも韓国軍はこのFCレーダー照射事件を巡って「むしろ日本の方が低空威嚇飛行を仕掛けてきた」などとウソをついて開き直り、日本に逆ギレしている状況ですし、それ以外にも旭日旗の意匠の日本の自衛艦旗を「戦犯旗」などと貶めているなどの侮辱行為も問題でしょう。

さらには、故・安倍晋三総理大臣が提唱したFOIPに従い、あのインドがいまや日米豪とともに「クアッド」を構成するようになったことを受け、米国や日本の「対中戦略」という観点からの相対的な韓国の地位は急低下したことも事実でしょう。

日本にとって現在の韓国は、正直、国際法の原理・原則を捻じ曲げてでも譲歩すべき価値がある相手国ではないのです。

迷走する韓国の国内事情

韓国が慰安婦合意を破った実績を忘れるな!

さて、「韓国と約束をする」という際に、もうひとつ、絶対に忘れてはならない点があります。それが、自称元慰安婦問題を巡り、2015年12月に日本が韓国と取り交わした「日韓慰安婦合意」を、韓国自身がまったく守らず、それどころか政権交代後にはあっけなく反故にしたという事実です。

このこと自体、日本にとって韓国が、国際約束を取り交わすうえでの「信頼すべき相手国」ではないことを意味します。まずはこの点をしっかりと認識しておきましょう。

ただ、そんなことを言うと、「約束を破ったのは文在寅(ぶん・ざいいん)氏という左派の特殊な大統領であり、尹錫悦(いん・しゃくえつ)氏以降、正統な保守派政権が続けば、韓国と取り交わした約束は、今度こそ守られるに違いない」、などと考える人も出てくるかもしれませんが、その考えは、間違いです。

そもそも慰安婦合意に含まれていた項目のなかに、「ソウルの日本大使館前の公道上に慰安婦像が設置されている問題を適切に解決するよう、韓国政府が努力する」、というものが含まれていたのですが、この項目は朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代にもまったく履行されていなかったからです。

また、日韓諸懸案の多くが文在寅政権時代に発生したことは事実ですが、尹錫悦政権下でも、韓国が不法占拠中の島根県竹島付近における日本の領海や排他的経済水域(EEZ)などで、日本側の同意がない海洋調査が行われていた事実を、思い出しておく必要があります。

ただし、百歩譲って、もしも「尹錫悦政権の間は約束が守られる」という命題が正しかったとしても、その尹錫悦政権自体がもしかして途中で倒れてしまうかもしれないのだとすれば、正直、尹錫悦政権時代に無理をして韓国に譲歩しなければならない、という話にもならないはずです。

韓国でも「日韓首脳会談は失敗だった」とする認識

こうしたなかで、先月、ニューヨークで日韓首脳「懇談」や米韓首脳「会談」(?)が行われた、などとする話題については、当ウェブサイトでも何度となく触れてきたとおりです。

これについては『日本は首脳会談で韓国に「貸し」を作った=政府関係者』などでも指摘しましたが、正直、日本の岸田文雄・現首相が尹錫悦氏との略式会談(日本政府流にいえば「懇談」)に応じてしまったことは、非常に軽率で危なっかしいものだったと言わざるを得ません。

ただ、それと同時に韓国側では、尹錫悦氏が日韓首脳会談を実現するために、日本に対して過度にへりくだった、などとして批判が蔓延しているようです。

それに、昨日の『日韓首脳懇談を英語版ウェブサイトに掲載せず=外務省』でも触れたとおり、日本政府の外務省の英語版ウェブサイトに日韓首脳「懇談」の話題が掲載されていないなどとして、韓国国内では国会議員が政府を舌鋒鋭く批判している、などとする話題もあります。

このため、岸田首相が安易な日韓会談に応じてしまったこと自体は非難されるべきではあるにせよ、この会談も結果的には「敵失」に助けられた格好であり、正直、日本の外交にとってはあまり失点にはなっていません(くどいようですが、失点になっていないのは単なる幸運です)。

尹錫悦氏「暴言」事件

また、当ウェブサイトではこれまで敢えてあまり触れてきませんでしたが、尹錫悦氏に対する批判のもうひとつの柱は、訪米中のジョー・バイデン米大統領との立ち話直後の「暴言問題」です。

ロイターの次の記事によると、尹錫悦氏は現地時間21日にバイデン米大統領と短い会話を交わした直後、イベント会場の去り際に、「この野郎どもが議会で承認するのを拒否したらなんと恥ずかしいことか」、などとする暴言がマイクに拾われてしまったのだとか。

韓国大統領、NYでの暴言報道は「不正確」と反論 野党は非難

―――2022年9月26日14:10付 ロイターより

そして、その韓国では現在、野党「ともに民主党」が単独過半数を制している状況にあり、先週、韓国国会はその「ともに民主党」が朴振(ぼく・しん)外交部長官(※外相に相当)の解任建議案を単独で可決した、という「事件」もあったようです(詳細は韓国メディア『中央日報』の次の社説などをご参照ください)。

【社説】韓国最大野党の外交長官解任建議、一線を越えた

―――2022.09.30 15:54付 中央日報日本語版より

もちろん、解任建議案に対して、尹錫悦氏は拒否権を行使することが可能であり、実際に国会が閣僚を罷免することは困難ですが、ただ、韓国社会において尹錫悦政権自体が国民の支持を得ることにかなり苦慮していることは間違いなさそうです。

韓国外交部が報道に反論

こうしたなか、韓国が休日だった昨日には、こんな記事も出ています。

メディアの対日・対米外交批判 韓国政府が反論「国益に反する」

―――2022.10.03 17:04付 聯合ニュース日本語版より

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)によると、韓国外交部は3日、日韓首脳会談や米国のインフレ抑制法などを巡る尹錫悦氏の外交姿勢を批判した韓国メディアの報道に対し、「国益に反する」などと強く反論したのだそうです。

これに先立って2日、MBCテレビは日韓首脳会談を巡って「低姿勢で屈辱外交だ」、などとする内容を放送したのだそうですが、外交部はこれに対し、「事実に基づかない恣意的な歪曲報道で、わが国の国益にも反すると判断される」、などと反論したのだとか。

これに加えて国連総会の際の米韓首脳会談がわずか48秒間の立ち話に終わったことをMBCテレビは批判的に報じたのだそうですが、これに対しても外交部は「消耗的な論争を続けることは国益にまったく役立たない」と「強いトーンで反論した」のだそうです。

ゲーテやアリストテレス引き合いに…

こうしたなか、中央日報には昨日、こんなコラムも掲載されていました。

【コラム】尹大統領、悔しくても戦いは中断しなければならない(1)

―――2022.10.03 14:39付 中央日報日本語版より

【コラム】尹大統領、悔しくても戦いは中断しなければならない(2)

―――2022.10.03 14:42付 中央日報日本語版より

アリストテレスだ、ゲーテだといった無駄に難解な記述に紛れて、さりげなく岸田首相が韓悳洙(かん・とくしゅ)韓国首相に対し、「被告(日本)企業に関連した部分が解決方法に含まれなければ(韓国の)国民的支持を受けるのが難しいという認識を日本も持っている」と述べた、などとする記述も含まれています。

正直、この記述の信憑性は怪しいところではありますが、それ以上に全体を貫いているのは、「与野党は内戦を中断して協力して経済難を解決しなければならない局面だ」、という認識なのでしょう(なぜそれを指摘するのにアリストテレスやゲーテが必要なのかは知りませんが…)。

このコラムでは、末尾でこう指摘しています。

大統領はこれ以上権力を巡って戦う政治家ではない。敵とも和解して国を救うべき時だ。ゲーテは『ファウスト』で『脱皮できない蛇は死ぬ』と書いた。『尹錫悦』は<中略>悔しくても耐え、この破滅的な負のスパイラルから抜け出さなければならない。尹大統領の運命であり、皆が助かる唯一の道だ」。

韓国を代表する「保守メディア」のひとつである中央日報にこんなコラムが掲載されるというのは、それだけ現在の尹錫悦政権の迷走ぶりが目立っている、という証拠かもしれません。

というよりも『韓国経済を麻痺させる物価・金利・ドル「3高」の脅威』などでも取り上げているとおり、尹錫悦政権は韓国国内の経済構造改革においても指導力を発揮しているとはいえない状況にあります。

通貨危機か、金融危機か、そのいずれかを選ばねばならないという困難な状況のなかで、どちらにしても国民に犠牲を強いることになる以上、本来ならば尹錫悦大統領こそ、リーダーシップを取らねばならない局面にあることは間違いないのですが…。

第二次ろうそく革命という思考実験

さて、ここで重要な思考実験があるとしたら、「第二次ろうそく革命」です。

「ろうそく革命」とは、尹錫悦政権の2代前の朴槿恵政権が倒れるきっかけとなった、ろうそくを持参した大量の市民がどこからともなく涌いてきて、土曜日ごとに大統領府に集まった、といった事態のことです。

これが尹錫悦政権下でも生じる可能性が「絶対にゼロである」とは断言できません。すなわち、「第二次ろうそく革命」シナリオです。

ちなみに韓国メディアはこの朴槿恵政権を倒した「ろうそく革命」を、「この地(韓国)に真の市民社会が到来したことを告げる祝砲」、などと自賛していたのを思い出します。『韓国経済新聞』(韓経)が配信した次の記事などは、その典型例でしょう。

【社説】世界が驚くろうそく革命の力=韓国

―――2016.11.27 13:06付 中央日報日本語版より【韓国経済新聞配信】

なお、この記事は、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が日本経済新聞社の編集委員だった時代に、2016年12月11日付で日経ビジネスオンラインに掲載した『「名誉革命」と韓国紙は自賛するのだが』でも取り上げられているほどです(鈴置論考の切れ味のよさは当時も今も変わりません)。

いずれにせよ、韓国が自称元徴用工問題などで目に見えた進展をなんら見せていないなかで、日韓関係「改善」自体が主目的になることがあってはなりませんし、そもそも岸田文雄首相の「カウンターパーティ」である尹錫悦氏自身、あと4年7ヵ月の任期を全うするのかどうか、という問題もあります。

いや、むしろ、日韓関係「改善」に向けて日本が韓国に手を差し出そうとするよりも前に、韓国がその手を握り返せる状況なのかどうか自体が極めて怪しい、といえば良いでしょうか。

その岸田文雄首相自身も、遅くとも2024年9月には自民党総裁選という試練に直面するでしょうし、場合によってはそれ以前に衆院選を戦う可能性もあります。日韓ともに、政界は「一寸先は闇」、といえるのかもしれません。

こうした状況で、日韓関係「改善」を急ぐ状況にないことは明らかではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

読者コメント一覧

  1. クロワッサン より:

    第二次ロウソク革命が起こる可能性は、朴槿恵政権での不通とかシャーマン傾倒とかがまだ無いので低いと思います。

    ただ、キシダは韓国相手にハードルを下げて譲歩する方向性を出しているので、安心出来ないです。

    正直なところ、さっさと総理を変えて欲しいですね。

    岸田首相が所信表明 学び直し支援 5年間で1兆円投入 [全文も]
    2022年10月3日 18時09分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20221003/k10013846211000.html

    『韓国は、国際社会における様々な課題への対応に協力していくべき重要な隣国です。国交正常化以来築いてきた友好協力関係の基盤に基づき、日韓関係を健全な関係に戻し、更に発展させていく必要があり、韓国政府と緊密に意思疎通していきます。』

    1. 匿名 より:

      政府って、一度取り決めた事は、首尾一貫
      守る為にあるものでは?
      それが出来ない相手と何が出来ると?

    2. 匿名 より:

      そもそも、相手にしようとする国に、政府があると思っているのですか?
      自分の頭の中の理想だけで、外交は出来ませんよ。

  2. 農民 より:

     リンク先中の央日報社説の冒頭、なんでいきなり”ろうそく革命”を批判しているんだろう……と考えてしまいました。
     真の市民社会=衆愚政治や既存秩序の破壊、という意味なら、その通りですね。そのままがんばってほしいです。

    1. 匿名 より:

      リンク先の記事。
      これが社説?作文でしょう。
      日本のある新聞社と同じ書き方です。
      この相似性は、どういうことなんでしょうか?

    2. はにわファクトリー より:

      >この相似性は、どういうことなんでしょうか

      執筆者が同じ人だから、と推測するのが自然だと思います。

  3. 匿名 より:

    昨日の岸田首相の所信表明演説から
    「我が国の一貫した立場に基づき」という表現が消えましたね
    岸田には不安しかないです

  4. ロム専 より:

    自称元徴用工問題で韓国最高裁が日本企業に賠償を命じる確定判決を出した時に、日本はIJCへ提訴を見据えていたのにどうしてしなかったのでしょう。
    今では韓国の異常性が他国にも広まりつつあると思いますが、提訴していればもっと早く「韓国は国政法を守らない国だ」と周知できたかもしれないのに。
    出来ることなら中韓にきちんと物申すことが出来る政府になって欲しいものです。

    1. 匿名 より:

      IJCへの提訴は微妙な判断です。隣国の判決は、あくまで国内で勝手にやっている事なので、一種の国内遊びです。余りに子供じみているので遊びとしか思えない。
      それを国際機関に訴えたら、こちらが本気で捉えていると取られて、正式な判決なのだと世界に捉えられてしまう。
      日本がそんなに真剣になるなら、半分は本当なのかもしれないと捉えられる恐れがあります。
      それに、日本が訴えれば、大喜びで世界中に、あることないこと喚き散らすことは、今までを見れば明らかです。
      ここは、あんまり遊びが過ぎると、分かっているな、位にして真綿で締めるように周りに制限を与えて行く。
      はっきり言えば、制限の与え方が緩かったから、ここまで解決しなかったのです。
      途中から、真綿から次のものに変えるべきだったのです。
      こういう所が、日本の交渉ベタな所です。
      尤も、これは、日本の中に相手に組する一派がいるせいなので、実は、国内問題の面の方が大きいのです。

  5. 元日本共産党員名無し より:

    私は個人的には朴槿恵の訴追は朴槿恵氏の無能さはともかく韓国国法的にも不法不当な勢いに任せた無茶なモノだったと思っています。また尹氏の「失言」も何が何やら。最初に伝えた一報があまりにも鮮やかに暴言であったと断言した割に、検証になったら動画の音声は不鮮明なのだと。尹氏が言ったかも知れないが、マスコミに巣食う反尹勢力が鮮やかにでっち上げた政治謀略かも知れないと思っています。勿論尹大統領が有能とは到底思えませんが、韓国国民が思っているらしい「尹大統領は親日親米で日米の手先として日米から信頼されていて、日米の意を汲んだ政策が実施されている」などとは到底思えない。
    この様に、韓国と言う現実歪曲フィールドの中で信じられている事が外では全く通用しない。外からの意思表明が(例えばFCレーダー威嚇、例えば「日王」呼称、例えば慰安婦)韓国国内に入れば屈折し乱反射してマトモに伝わる事も無い。我々にはそこにある現実歪曲フィールドだけしか観測できません。従って助ける手立ても不確かですし助けられる期待も虚しいです。

  6. 匿名 より:

    外貨流出に悩む韓国にとって、韓国人が来日しにくく、日本製品を買いにくくしてあげることが韓国のためになるのではないかと愚行する次第です。

  7. カズ より:

    重要なのは、韓国側に一言でも謝罪し、1円でも賠償すれば彼らの理不尽な要求(国際法破り)を『日本側が”追認”した』となる事実です。
    彼らが僅かばかりの譲歩を執拗に迫り、日本側が頑なに「塩対応」な所以です。

    彼ら自身の手で大法院判決を取消し、”日本側の法的責任を否定”しない限り何も始まらないのです・・。 彼らの国内事情なんて知ったことじゃありません。

  8. 理系初老 より:

    読者の皆様のおっしゃる通り、岸田はもうだめですね。
    ①FNNより:3日に召集された臨時国会で、岸田首相が所信表明演説を行い、旧統一教会の問題や安倍元首相の国葬をめぐり、「厳しい意見を聞く」姿勢を強調した。
    ②毎日新聞より:岸田文雄首相は4日に自身の長男で公設秘書の翔太郎氏を首相秘書官とする人事を発令する方針を固めた。
    ③ハンギョレより:岸田文雄首相が国会の所信表明演説で、韓国を「様々な課題への対応に協力していくべき重要な隣国」だとし、「緊密に意思疎通していく」という意向を明らかにした。
    —-安倍さんに守ってもらっていたという認識がないドアホウは、もうダメです。

  9. コジna より:

    ゆん・そくにょる氏は政権の最初期段階からやらかしすぎです、どんどん悪化してると言っても良いです。
    バイデン大統領への失礼極まる暴言だけにとどまらず、
    直近でもカマラ・ハリス副大統領への著しく礼節を欠いた対応がありました。
    米南部で巨大ハリケーン・イアンが発生し、カトリーナを超える甚大な被害が発生しました。
    バイデン大統領はアメリカの危機とまで発言し、保険会社が莫大な補償額で倒産すると言われてます。
    そのような状況で訪韓を強行してもらいました、普通の国家ならありえない対応です。
    会談の内容もどうせ「償っておくれ償っておくれ」の連呼したんでしょうね。
    優秀な副大統領がDMZでのスピーチで北朝鮮と南朝鮮を間違えたのは意趣返しの故意でしょう。
    短期間でペロシ下院議長に続き米国正副大統領へ失礼な対応と八面六臂ですね。
    このような状況で迫りくる通貨危機・金融危機に対応する日米のセイフティネットは存在せず、
    ゆん政権は国家的非常事態を引き起こし、第二ろうそく革命で収監される運命だと確信します。

    1. 元日本共産党員名無し より:

      おはようございます。
      20世紀後半以降、各国独自の交戦権は実際には否定されて、個別的自衛権も理論上残ってはいるが画餅に落ち、防衛安保に関しては軍事同盟関係による相互防衛協力しか道はない事になりましたが、経済問題でセーフティネット(要するに後楯として尻拭い)など誰もしませんよ。従ってあなたのおっしゃる「尹氏の失礼により経済的後楯を無くした」はオーバーな表現であると言わざるを得ません。また万年属国の属国根性が無責任な家計負債のモラルハザードを引き起こし、下衆なエコノミックアニマル感覚が途上国を見下す。
      ロシアはプーチン政権を滅ぼしたら戦争を終わらせる事は多分出来ますが韓国は尹氏を刑務所送りにしても多分何も変わらない。国内では言語空間が歪むと言う特異な現象が我々国外からは観察されています。

      1. コジna より:

        こんばんは、私が使ってるセイフティネットの意味合いへのご質問だと思います。
        まずセイフティネットは軍事や安全保障の意味で使ってません。
        基本的に社会保障で使う用語だと思います。
        米韓には安全保障条約がありますが、日本は朝鮮半島有事について
        周辺事態に該当しない、と言うのが政府の公式の見解です。
        そして97年の経済破綻でIMFを通じて救済したのは日米でした。
        08年の世界金融危機では日米のスワップ協定が通貨安対策になりました。
        これをもって日米の提供したセイフティネットと表現しています。
        南朝鮮ではIMFの救済はより危機を深めた、民族の自尊心を傷つけた対応で
        あったと言う間違った評価が随分前に定着してるようですから依頼は難しい。
        さらに南の次の経済危機の規模が大きく日米やIMFでも救済は不可能でしょう。
        そして日米とのスワップ協定についてはゆん政権の問題ではなく、
        むん政権でも日米政府に何度もを要請したようですが拒否されてますね。

  10. G より:

    日韓関係について非常に大雑把に捉えると、例の慰安婦合意以降は最低限の付き合いだけに抑えたことで、徐々に韓国の立場が悪くなり続けているように思えます。

    慰安婦合意とて、これそのものは日本も痛手を受けました(10億円はどうってことないですが、約束破られた心理的痛手)。ただ、これもその後の状況の布石になりました。

    要するに待ってればどんどん韓国にとって悪い状況になるのです。状況はすごいわかりやすいです。日本は決断を先送り風を装って何もしなければ日本にとってどんどん良い状況になっていきます。

    ではこれをいつまで続けるか?基本は無限に続けていっていいと思います。日本にとって困ったことは永遠に起こらないでしょう。細かな不利益は国内的に対処できて韓国と話する必要ありません。

    まあ、最後、韓国はどうなってしまうのでしょうね。国力の弱いはずの北朝鮮に攻め入られて負ける形で統一するとか、案外そういう結末なのかなと想像してます。

    1. より:

      アメリカの匙加減一つでしょうね。アメリカが韓国を完全に見限ってくれれば、日本としても韓国に関わらないで済むようになります。ま、国交くらいは維持してやってもいいですが、最低限の付き合いで十分でしょう。
      すでにアメリカ政府内には、韓国への不信感が醸成されつつあるようです。ならば、今こそ全力を挙げてロビー活動を進めるべきなのかもしれません。

  11. マスオ より:

    第二のろうそく革命は、韓国経済が破綻すればあり得ると思ってます。
    そして満を持して李在明大統領の登場。是非、そうなって欲しい。

    最近の岸田の動向を見ると、韓国に(わざと)騙されに行っている感じもするので、ろうそくデモで李在明大統領誕生からの反日、そして日韓決裂か、はたまた岸田が国益を売り渡すのが先か、とろくでもない妄想をしています。

  12. 匿名 より:

    韓国で第二次ろうそく革命 → キャンドル革命 → キャン・ドル革命(We Can get Dollar)!? ですかね

  13. Sky より:

    岸田さんは糠に釘。敵のやる気を削ぎつつ、のらくらと敵の攻撃を避けて、敵が気がついたときには敵は窮地に立たされている、という、ひょっとしたら凄く嫌らしいタイプの闘い方を得意にしているのかも。一応、派閥抗争を勝ち抜いたわけだし只者ではないでしょう。

  14. 普通の日本人 より:

    岸田がダメは分かるとして(息子を秘書官?難題山積の今この時期に?)群馬の県職員国籍条項無しとするのを見ると着々と中・半島勢力の侵略が見られます。
    つまり地方こそ侵略は進んでいると思うのです。
    共産党、立憲共産党 他野党の勢力は地方ほど多い様な気がします。
    (詳細に調べたわけで有りません)
    カルト共産主義に洗脳された方々は熱心に活動されます。
    地方ほど議員と生活が近いため顔を見ている人に親近感が湧き思わず投票。
    となるのでは無いでしょうか。
    対策として情操教育(以前の道徳教育)を行い日本文化の再確認から始める。
    のはどうでしょう。
    無くなった方への弔意も持てないような方を見たらドン引きする様になるかと。
    死体蹴りの隣国文化は願い下げです。

  15. ちょろんぼ より:

    南国の問題は「ろうそく革命」んるものを。
    民主主義の骨幹だと思っているようですが
    2人集まれば10の派閥ができると言われている
    社会では「何」も決める事なんてできやしません。
    「ろうそく革命」をやる前とやった後で、何も
    変るものがありませんでした。
    社会全体としての意見統一さえできませんでした。
    まさか大統領を辞めさせる事だけが、「ローソク革命」の
    意義なにでしょうか?
    歴史の本では、革命が起きると革命前と革命後の
    世界では有意な差があるのが常識というものです。
    願わくば誰か笛を吹いて、半島民を西海に連れて行って欲しいものです。
    笛吹く人は南国の大好きな独国人ですから、大変良い案だと思います。

  16. 迷王星 より:

    ローソク革命が再び起こっ(て尹大統領が失脚し)たら日本はどうすべきかを考えるのは,もちろん良いのですが,私としては更に踏み込んでローソク革命あるいはその基礎であるローソクデモを日本として日本自身の国益のために積極的に活用することを真剣に考えるべきだと思います.

    以前から何度か書いているように,韓国における反日感情の高まりは既に制御不能な状況になっており,それこそ革命や独裁によって韓国民の大半が共有しているベースの価値観や意識を強制的かつ全面的にリセットするような荒唐無稽な空想話が実現するのでも出来ない限り,韓国社会を覆う反日感情が改善する見込みはゼロと私は判断しています.

    言い換えれば,日韓がフェアな関係に戻る(そもそも少なくとも明治時代になってから日韓がフェアな関係にあった時期は皆無なので「戻る」と呼ぶのが適切か疑わしいのですが)なんてことは(日本か韓国かの少なくとも片方が国家として破綻し他方または国際機関の管理・支配下に入る事態にでもならない限り)現実には有り得ないと判断している次第です.

    私がそのような判断を下す理由は,韓国の初等中等教育が従北左翼の全教組に乗っ取られてしまっており,彼らによる児童への徹底的な反日教育によって,既に韓国では世代を超えて反日意識が拡大再生産する構造になってしまっているからです.

    従って,もはや日本にとっては韓国は厄介者以外の何者でもなく,その状況が改善する見込みは皆無だということです.従って,日本が国益を守ろうとする限り,日本に残された選択肢は韓国切り捨てだけな訳ですが,日韓の断絶を強者である日本の側から行えば,諸外国からは「日本が立場の弱い韓国を虐めている,これを見ると日韓の色々な対立では韓国の言い分が正しいのかも知れない」と看做されて国際社会に於ける日本の地位や尊厳を損なってしまいます.

    ですから,日韓の断絶は韓国側から行わせねばなりません.

    その日韓断絶を韓国から行わせる手段として,韓国民の感情的に暴走する国民性を日本は活用すべきなのです.

    韓国民の反日感情を上手に煽って(これは日本政府の閣僚や高官が事実だが韓国民のプライドを傷つけるような発言を繰り返す行うことで可能),韓国民をローソクデモに誘導する(もちろん韓国民が冷静になって自分達が誘導されていると気づかないように感情的に傷つくような煽り方が重要)ことにより,大統領官邸の前やソウルなど韓国各地の大都市で「日本とは断交しろ!」と連日のようにローソクデモを打つ状況を作り上げることにより,韓国政府には韓日断交以外の選択肢がない状況へ追い込めば良いのです.

    こういう裏工作的なのは今の日本国民の多くは「卑怯」と考え,そういう「卑怯」な真似は「ズルい」と考えて嫌うと私も理解しています.ですが,私の考えでは,それは一種の甘えに過ぎません.

    日露戦争を考えて下さい.日本はロシアに勝つために,日英同盟を活用して英国によってバルチック艦隊の大遠征航海で途中での補給を徹底的に妨害してもらっただけでなく,ロシアの国内を騒乱状態にすべく共産主義者たちに資金供与まで行ったのです.

    日露戦争は東郷提督による日本海海戦の勝利で勝ったのではありません.その下準備を(今の日本人の甘えた価値観・倫理観ならばズルいと思うような手段も含めて)あらゆる手段で行ったから何とか勝てた(より適切な表現を使えば「何とか負けずに済ませることが出来た」)のです.

    明治時代に致命的な判断間違いをして背負ってしまった韓国というトンデモな重荷を現在の日本が下ろすには,国際法に反しない限りはあらゆる手段を使って韓国を追い込み韓国から日本と絶縁を宣言させる以外に術はないと考えます.

    それを達成するには「正々堂々とした綺麗な手段で」などという甘えは許されないと考えます.唯一守るべきは「国際法の許す限り」だけです.

    (勿論,この韓国世論誘導という対韓工作と並行して米国も韓国切り捨てへと誘導する必要があるのは言うまでもありません)

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です