メディア利権と野党利権は衆院選を機に崩れ始めたのか

いさぎよい自民党関係者、往生際が悪い立憲民主党関係者

野党も官僚もマスメディアも、結局のところは「利権」という問題に結びつきます。当ウェブサイトの持論ですが、日本を悪くしてきたのがこの3者でもあります。ただ、日曜日の衆院選の結果、現在はこの3つの利権のうち、メディア利権と野党利権が同時に崩れようとしているように見受けられます。利権というのは見かけはしっかりしていても、崩れ始めると意外とあっけなかったりするものですが、さて、日本の利権はどう動くのでしょうか。

利権の問題

利権を持つ官僚機構という問題点

当ウェブサイトでは最近、「隠れたテーマ」として追いかけている問題がひとつあります。

それが、「利権」です。

利権とは、いわば「不当な利得を得るための既得権益」のようなものですが、それと同時に、利権には一般に、次の3つの特徴があります。

利権の3つの特徴
  • ①利権は得てして理不尽なものである。
  • ②利権はいったん確立すると、外からそれを壊すのが難しいという特徴を持つ。
  • ③ただし、利権を持っている者の怠惰や強欲で利権が自壊することもある。

(【出所】著者作成)

なぜこんなことを申し上げるのかといえば、現在の日本には、代表的な利権団体が大きく3種類存在するというのが著者自身の見立てだからです。

それは、「官僚、メディア、野党議員」です。

官僚機構といえば、形式的には私たち日本国民が選んだ政治家の下で国家行政の実務を取り仕切る昨日のことをさしますが、現実には、官僚機構こそが法律の解釈を決め、日本において独占的な権力を持っている張本人でもあります。

増税こそ財務省の「省是」

とりわけその中心にあるのは、増税自体が一種の利権と化した、「増税利権」の権化・財務省でしょう。

財務省が財政再建と増税を「省是」としているということは、先月の総選挙前には、財務省の事務次官という立場にある者が、月刊誌に対し、「財政再建の必要性」を訴える内容を勝手に寄稿したという「事件」からも明らかです。

与野党論争「ばらまき合戦」と批判 矢野財務次官、異例の寄稿

―――2021年10月08日16時29分付 時事通信より

時事通信などの報道によれば、財務省の矢野康治事務次官は、月刊誌に対して「財政再建の必要性を訴える内容」を寄稿したのだそうですが、これが事実なら、岸田首相は直ちに矢野次官を懲戒解雇しなければなりません。

その理由は簡単で、財務官僚ごときが本来ならば政治的中立性を破ることなど許されないからです。

しかし、矢野次官が懲戒解雇されたという話は聞きません。やはり財務官僚が圧倒的に強い政治権力を実質的に握っているがために、岸田文雄首相を含めた政治家ですら、財務官僚に忖度(そんたく)しなければならないのが現在の日本の実情、ということなのでしょう。

国民から選挙で選ばれたわけでもない財務官僚ごときが増税という「省是」を掲げて国民経済をゆるしていること自体が、本当に、情けない話です。

野党とオールドメディアの権力

ただ、こうした「利権」を握っている勢力は、財務官僚を含めた官僚機構だけではありません。

新聞、テレビを中心とするオールドメディア、あるいは野党議員なども、立派な「既得権益層」なのです。

このうちオールドメディアの側は、記者クラブ制度で官僚機構から情報を独占的に受け取り、地上波テレビ局は電波利権で新規参入の脅威から守られ、NHKは放送法の規定で受信料利権を守られ、新聞社は再販売価格維持制度や消費税等の軽減税率といった制度に守られています。

しかも、こうしたオールドメディアが公正な報道をするのならば、まだ救いがあるのですが、そのメディアたちはたいていの場合、かなり歪んだ情報を発信します。

たとえば、普段から当ウェブサイトでは「コロナ禍はメディア禍だ」と主張していますが、その理由は、新聞、テレビを中心とするオールドメディアが、コロナの恐怖をあおるような報道に終始し、重症者数、入院者数、新規死亡者数などを含めた客観的・総合的な「数字」から、頑なに目を背けているからです。

そして、こうしたオールドメディアと癒着しているのが、官僚機構だけでなく、野党議員勢力でもあるのです。

衆参両院でも、与党と比べて野党の方が、多くの質問時間を与えられていますし、とくに「最大野党」ともなれば、その質問時間の配分権を持つなど、不当に大きな権力を握ります。

野党が法の根拠もなく、霞が関から多忙な役人を呼び出して「ヒアリング大会」を行っているのも、結局は国会議員としての絶大な権限を不当に歪めて使っているだけの話でしょう。

これがどう変わっていくのか、あるいはどうにも変わらないのか――。

利権というものは、しっかりしているように見えて、崩れ去るときには案外あっけないものなのです。そして、現在は少しだけ、その兆候が出ていることは間違いありません。

選挙結果・総評

自民も立憲民主も議席減だが…

昨日の『衆院選での敗者は「立憲共産党」とオールドメディアだ』でも速報的に議論したとおり、日曜日に投開票が行われた衆議院議員総選挙での「最大の敗者」とは、そのオールドメディアそのものだった、というのが、当ウェブサイトなりの暫定的な感想です。

まずは、報道ベースではありますが、事実として各政党の勢力がどう変わったかについて、確認しておきましょう(図表)。

図表 各政党の獲得議席
政党公示前→選挙結果増減
自民党276→261▲15(5%減)
公明党29→32+3(10%増)
立憲民主党109→96▲13(12%減)
日本維新の会11→41+30(273%増)
日本共産党12→10▲2(17%減)
国民民主党8→11+3(38%増)
れいわ新選組1→3+2(200%増)
NHK党1→0▲1(100%減)
社民党1→1±0(―)
無所属12→10▲2(17%減)
合計460→465+5(1%増)

(【出所】各社報道をベースに著者作成。増減率は「公示前勢力」に対するもの)

立憲民主党は総じて苦戦

これで見ると明らかですが、公示前と比べ、自民党は15議席、立憲民主党は13議席減らしたものの、減らした議席数が両政党に占める意味合いは、大きく異なります。公示前勢力と比べた「増減率」でいえば、自民党は5%減であるのに対し、立憲民主党は12%減だからです。

また、立憲民主党は公示前勢力が109議席でしたが、前回、つまり2017年10月の選挙で獲得した議席数(55議席)と比べれば、たしかに大躍進ではあります。

しかし、前回の選挙では旧民進党が「希望の党」と立憲民主党に分裂していたため、希望の党(50議席)や旧民進党系の無所属(10議席)の獲得議席合計・つまり115議席と比べれば、今回、立憲民主党が獲得した96議席というのは、大きな後退といえなくもありません。

もっとも、比較すべき前回の議席数を「115議席」と置くのであれば、今回の議席数については「希望の党」の実質的な後継政党である国民民主党が獲得した11議席と合わせて107議席と比較すべきかもしれませんが、そうだとしても今回は微減、というわけです。

旧民進党系議員の獲得議席
  • 前回…115議席(内訳:立憲民主党55議席、希望の党50議席、旧民進党系の無所属10議席)
  • 今回…107議席(内訳:立憲民主党96議席、国民民主党11議席)

このように考えると、やはり広い意味での「旧民主党勢力」は議席を減らしたと見るのが正解でしょうし、立憲民主党を中心とする4党(日本共産党、社民党、れいわ新選組)の政策合意も、議席を増やしたのが「れいわ」だけだったという事実に照らすと、事実上、野党政策合意は有権者に支持されなかったと見るべきです。

ちなみにこの野党政策合意に参加していなかった国民民主党は8議席を11議席へと少しだけ伸ばし、立憲民主党とは距離を置いている日本維新の会に至っては、議席数を一挙に4倍近くにまで伸ばしていることからも、野党政策合意が有権者に刺さらなかったことは明らかでしょう。

メディアの支援を受けながら議席が伸びなかった立憲民主党

いずれにせよ、選挙前に当ウェブサイトでもずいぶんと論点として取り上げたとおり、新聞、テレビなどのオールドメディアの予想に基づけば、今回の選挙では、立憲民主党が、下手をすると30議席以上議席を積み増して大勝するはずでした。

たとえば『選挙前の情勢世論調査、選挙の公正を歪めていないか?』でも報告したとおり、選挙直前のタイミングだと、一部メディアは自民党が単独過半数(233議席)の維持すら微妙な情勢であるのに対し、立憲民主党は140議席台をうかがう勢いであり、日本共産党も公示前の12議席を積み増す、などと報じていたのです。

ところが、ふたを開けてみたら、立憲民主党、日本共産党はともに議席を減らしたのに対し、自民党は多少議席を減らしたにせよ、単独過半数については維持していますし、公明党と合わせれば「絶対安定多数」、つまりすべての委員会の委員長ポストを独占するだけの議席(261議席)を大きく上回っています。

また、自公の獲得議席は293議席であり、改憲の発議が可能となる3分の2(310議席)という水準には満たないにせよ、11議席の国民民主党に加え、今回、勢力を41議席に伸ばした日本維新の会の議席と合わせれば345議席に達します。

あるいは、与党にいながらにして改憲に否定的とされる公明党を抜いたとしても、自民、維新、国民の3党で議席が313議席に達しましたので、公明党抜きにしても、この3党で合意すれば、衆議院側では改憲の発議が可能となった、ということです。

(※もっとも、参議院側で連立与党などが3分の2を占めていない現状を考えるならば、今すぐ改憲の発議をすること自体は現実的ではありませんが…。)

立憲民主党の何が問題なのか:「人罪の宝庫」

さて、選挙が終了した現在、個人的な立場を述べることは問題ありませんので、敢えて申し上げるならば、当ウェブサイトとしては日本維新の会も国民民主党も、どこか胡散臭いところがあると考えていますし、全幅の信頼を置くべきなのかは微妙だとは思う反面、それでも立憲民主党と比べれば、はるかにマシだと考えています。

立憲民主党の奇行ぶり、あるいは(人材ではなく)「人罪」の宝庫ぶりといえば、今年に入ってから取り上げた話題のほんの一部を振り返っても、次のとおり、いくらでも出て来ます。

オールドメディアの多くは、こうした立憲民主党の奇行に頑なに触れないようにしているフシがありますし、また、選挙前に日本共産党と取り交わした閣外協力などを含めた政策協定に関しても、メディアが公平に報じたとはいいがたいのではないでしょうか。

メディアと野党の問題点

各論①オールドメディアの動向

さて、冒頭の「利権」にも関連し、本稿ではあと2つほど、今回の選挙について考えておきたい視点があります。

ひとつめは、冒頭でも触れた、オールドメディアの問題点です。

同党の獲得議席数を巡り、個人的にもっとも腑に落ちる説明は、「あれだけマスメディアの支援を受けておきながら、また、野党の候補者調整などを経ておきながら、前回を下回る議席しか獲得できなかったこと」という点に尽きると思います。

このことは、2009年の「政権交代選挙」と比べると明らかです。

2009年8月の衆議院議員総選挙では、自民党が119議席しか獲得できずに惨敗する一方、民主党は308議席を制し、政権交代が発生しました。

そして、これについては日曜日の『オールドメディアが選挙結果歪めた2009年との違い』でも報告したとおり、オールドメディアによる偏向した報道が政権交代の原動力となったことは、さまざまな調査、さまざまな客観的事実からも明らかであると考えて良いでしょう。

今年はこの2009年からちょうど12年目の節目でもあるのですが、「さすがに12年前の悪夢については繰り返されることはないだろう」とは考えていたものの、やはりオールドメディアに騙される有権者がそれなりに出現するかもしれない、という点については、当ウェブサイトなりに懸念していた点です。

というのも、『紙媒体の新聞から10代が離れた』などでも論じたとおり、最近の総務省などの調査では、新聞の若年層に対する世論支配力がかなり消滅している反面、テレビに関しては、まだ社会的影響力を保っていると想定されたからです。

実際、菅義偉総理大臣が先月、内閣総辞職に追い込まれたのも、メディアが実施する世論調査で内閣支持率が急落したことなどが原因のひとつであるとも思いますし、こうした点なども踏まえると、個人的には、「まだまだオールドメディアの世論支配力は強い」という思いがあります。

ただ、実際にふたを開けてみたら、衆院選ではたしかに自民党は議席を減らしたものの、メディアが事前に大騒ぎした「単独過半数を失う」というレベルまでの大敗を喫したわけではなく、むしろ15議席の減少に留めたことは、大変に健闘したと考えて良いでしょう。

なにより、公示前勢力に対する「率」で見れば、失った議席の割合は自民党以上に立憲民主党のほうがはるかに大きく、その意味ではメディアの情報統制力は、少なくとも2009年当時と比べ、かなり大きく低下していることが確認できたという点で、個人的には大変に満足しています。

オールドメディアは「主観的意見」の押し付けが酷すぎる

余談ですが、あらためて当ウェブサイトの問題意識を提示しておくならば、日本のオールドメディアには「主観的意見」の押し付けが酷すぎる、という問題点があります。

そもそも論ですが、「マスメディア」「マスコミ」と呼ばれる媒体に対し、本来求められる社会的役割とは、第一義的に、客観的な社会的事実を一般の人々に対して広く知らしめることでしょう。

とくにインターネットが存在しなかった時代だと、毎日、不特定多数の人々に対し、同時に情報を伝える手段としては、新聞、テレビ、ラジオなどの手段が最も効率的なものでした。

オールドメディア各社は、こうした自分たちの業界の役割を、過信してしまっていたのかもしれません。

当ウェブサイトでいつも申し上げているとおり、情報には「客観的な事実」と「主観的な意見」があります。

わかりやすい例でいえば、「自民党は261議席を獲得した」というのは「客観的な事実」ですが、これを次の(A)(B)のように書き換えたら、主観的意見です。

  1. 自民党の新勢力は261議席に留まった。これは有権者の自民党に対する不信の証拠だ。
  2. 自民党の新勢力は261議席に達した。これは有権者の自民党に対する信頼の証拠だ。

(A)(B)に共通しているのは「自民党の新勢力は261議席」という部分ですが、これを有権者の自民党に対する不信の証拠と見るのか、信頼の証拠と見るのかは、それぞれの文脈に応じ、それぞれの人が解釈する主観的な意見に過ぎません。

それなのに、オールドメディア側は、(A)(B)のような主観的な意見、願望、酷い場合には妄想を垂れ流すようになったのです。

その意味で、昨日も議論したとおり、今回の総選挙の「最大の敗者」とは、まさに新聞、テレビを中心とするオールドメディア産業そのものです。

いずれにせよ、とくに日本のオールドメディア各社は、記者クラブ、電波利用権、再販売価格維持制度、消費税の軽減税率、NHKの受信料利権などのさまざまな利権を作り、それらの利権を死守しようとしていますが、こうした特権をいつまでも許容しておくべきなのかは疑問です。

そして、さまざまな情報から判断する限り、こうした「オールドメディア利権」の解体に関する議論は、これから社会的に、私たちが思っている以上のスピードで進んでいくに違いありません。

各論②立憲民主党の自浄作用

さて、本稿は以上で締めても良いと思ったのですが、もうひとつ、紹介しておきたい考え方があります。

それは、立憲民主党側の自浄作用という論点です。

立憲民主党は選挙前、日本共産党や社民党、れいわ新選組との「野党共闘路線」を進めましたし、そのことで労組からも「日本共産党との閣外協力はあり得ない」と牽制されたりもしています(『連合新会長が立憲民主に「共産と閣外協力あり得ない」』等参照)。

言い換えれば、今回、立憲民主党は、選挙協力による候補者調整やマスメディアを味方につけた報道戦術などのマジックにも関わらず、議席を前回よりも落としたという言い方もできるわけであり、その意味では、枝野幸男代表、福山哲郎幹事長らの責任問題を回避することはできるのかが気になります。

つまり、立憲民主党の党内に自浄作用はあるのかどうか、です。

まず、代表自身がどうなのかについて判断するうえで参考になるのが、昨日のこんな報道です。

立民・枝野氏、2日までに代表職の進退判断

―――2021/11/1 12:36付 産経ニュースより

立憲民主党の福山幹事長が辞任検討

―――2021.11.1 12:16付 共同通信より

産経ニュースによると、枝野代表は1日午前、「代表職の進退について2日までに判断する」との考えを示したのだそうです。また、共同通信によると、同じく福山哲郎幹事長も「辞任を検討している」のだとか。

甘利明幹事長や麻生総理の場合は自民党総裁辞任を即決した

ただ、即日決断しない往生際の悪さ、自民党とは大きな違いがあります。

今回、甘利明・自民党幹事長は小選挙区で落選し、比例で復活しましたが、産経ニュースの報道によると、選挙の開票の最中には、すでに岸田文雄首相に対し辞意を表明していたそうです。

<独自>自民・甘利氏、幹事長辞任の意向を伝達

―――2021/11/1 01:05付 産経ニュースより

立憲民主党の福山幹事長は参議院議員でもあるため、今回の総選挙に出馬したわけではなく、また、甘利幹事長とは立場も違いますが、それでも甘利氏のここまで早い決断は、福山氏のそれとは本当に対照的でもあります。

そういえば、麻生太郎総理大臣の場合も、2009年8月31日、総選挙で敗北した直後にただちに記者会見を行い、「自民党は国民の皆さんの審判を厳粛に受け止める」、「必ず体勢を立て直して政権を奪還する」と述べ、潔く辞任すると表明しています。

こうした「負けを認める潔さ」が自民党の自民党たるゆえんであり、その潔さのなさが、立憲民主党の立憲民主党たるゆえんなのかもしれません。

ただ、そうなってくると、気になるのが2点あります。

1つ目は、枝野氏が引責辞任するのかどうか。

2つ目は、もしも引責辞任しなかった場合に、立憲民主党に何が起こるか、です。

ついでに言えば、日本共産党が議席を減らした際も、志位和夫委員長に引責辞任を求める声が日本共産党内で高まる、といった話題は寡聞にして存じ上げません。それどころか、昨日は産経ニュースに、志位氏が明確に自己の責任を否定したとする話題が報じられています。

共産・志位氏、辞任せず 衆院選退潮も責任論を否定

―――2021/11/1 19:57付 産経ニュースより

余談ですが、日本共産党という組織では、幹部は本当にまったくと言ってよいほど責任を取らないのですが、これを報じた産経ニュースを例外とすれば、日本共産党の幹部の身の処し方をオールドメディアが積極的に報じている様子もありません。

いずれにせよ、もしも枝野氏が辞任せずに居座るのだとしたら、立憲民主党の日本共産党化(つまり「立憲共産党」化)が進んでいる証拠と見るべきでしょうか。

立憲民主党は与党側からも「立憲共産党」などと揶揄されているとおり、少々、日本共産党に近付きすぎたきらいがあります。負けても引責辞任しないというのは、日本共産党、あるいは社民党などによく見られるパターンでもありますが、もしも辞任しなければ、立憲民主党の「立憲共産党化」がさらに進むのかもしれません。

いずれにせよ、枝野氏に代わって、フレッシュな代表が就任することになれば、それはそれで有権者に対するアピールにはなるかもしれませんが、現在の立憲民主党幹部の「代わり映えのなさ」に思いを致すならば、その可能性がどれほど高いのかは疑問でもあります。

世代交代論は出て来るのか

これに対し、自民党の側は、なかなか迅速です。

自民党は2009年の総選挙で敗北すると、すぐに麻生総理が自民党総裁を辞任し、自民党は体勢を立て直して翌・2010年の参院選を戦い、当時の民主党を過半数割れに追い込むほどに健闘しました。

立憲民主党・枝野氏に麻生総理と同じことができるものなのか、注目したいところです。

ただ、本稿で気になるのは、むしろ枝野氏が辞任しなかった場合に、立憲民主党内でどんな反応が生じるか、という点でしょう。

正直、今回の総選挙の結果は、民意が「立憲共産党」(あえてこう書かせていただきます)路線に「NO」を突きつけた、という意味であるようにしか見えませんが、枝野氏が辞任しなければ、立憲民主党が民意を真摯に受け止めていない証拠として、来年・2022年の参院選も危ぶまれるかもしれません。

そうなると、改選を迎える参議院側を中心に、「枝野おろし」という流れが生じる可能性は、どのくらいあるのでしょうか。あるいは、「枝野おろし」ではなく、政党交付金の算定基準日である1月1日に間に合うように、年内に立憲民主党を割るという動きが出てくるのでしょうか。

個人的には、「枝野氏が権力にしがみつく」、「枝野氏や福山氏は辞めるが、代わり映えのしない人罪が代表の座に就く」、といった展開を予想している次第です。

いずれにせよ、立憲民主党が変わることに対してはあまり期待せず、むしろ今回の衆院選を契機に、メディア利権と野党利権が同時に崩れ始めたのかどうかを見極めるほうに専念したいとも考えている今日この頃です。

読者コメント一覧

  1. G より:

    今回オールドメディアの衰退を論じるのに、情勢判断と出口調査の大外しについての議論は欠かせないと思います。とうとう、彼らの武器である世論調査機能も錆びついてしまったのです。

    出口調査の結果は「自民単独過半数は微妙」でした。各社230台の数字をあげ、NHKに至っては210台から250台前半のとんでもなく広い幅で示したのにその幅を逸脱する結果が出てしまったのです。

    選挙中の情勢判断も基本どの調査も外す。朝日の中盤の調査だけ結果論として当たった感じですが、ただバイアスを自分でかけた結果としての「まぐれあたり」の可能性もあります。

    情勢判断も実はちゃんと数字は出ていました。比例代表で自民70議席程度と自民の好調さはこっそり出ていました。ただ、その状況を「独自の取材」とやらで歪めてしまった感じです。確かに、有力候補者が苦戦という状況があって、それに流されてしまった仕方ない面はあります。ただ、それは実は「特定の有力者の選挙区だけが不振」という状況だったのです。

    世論調査はオールドメディアがネットと差別化するためのツールです。これが失われたとすれば、これは本当にオールドメディアが凋落してしまう一歩になります。

    多分オールドメディア内に強烈な危機感はあるでしょう。ただ有効な手は打てないように思います。

    今回は幸いにして?起こりませんでしたが、今後は当選確実の打ち間違いとかも起こりうると思ってます。

    NHKはなんか不貞腐れたのか翌朝の報道でも地震の話を優先したりしてましたね。バツの悪さを感じてはいたのでしょう。

  2. nanashi より:

    うさんくさい言説を垂れ流した挙句、(朝日新聞を例外にして)議席予測すらまともにできないオールドメディアはもうおしまいですね。
    ますます視聴率は落ち、新聞は売れなくなるでしょうから、新宿会計士様がかねてから話題にされていた毎日新聞や、今年春に大きな話題になった東京スポーツのほかにも、1年以内に経営難で話題になる新聞社やテレビ局がでてきそうな気がします。

  3. カズ より:

    (まじめに予想しました)
    自由民主党:辞意表明
    立憲共産党:自慰表明

    1. KY より:

       >自慰表明

       自転車のサドルに「アレ」をぶっ掛けるのでしょうか(爆笑)。

       https://www.sankei.com/affairs/amp/180605/afr1806050016-a.html

    2. バシラス・アンシラシスは土壌常在菌 より:

      共産党は志位表明かも

  4. だんな より:

    マスゴミと特定野党は、中朝工作機関。
    国民は、それから離れるかもしれないけど、彼らは工作がお仕事だから、変わらないでしょう。

    自民党と立憲共産党の差は、責任を取るという姿勢の違いだと思います。
    彼らが政権を取った時も、責任を取らない政権になるでしょう。

    茂木さんが幹事長になるようで、外相ポストは一旦岸田首相が兼務という報道です。
    一人、外相にぴったりの元首相を知ってるけど、教えないニダ。

    1. 百十の王 より:

      麻生さん推し
      (お年ですが麻生さん節をもっと聞かせて欲しい)

      1. デビルマン より:

        安倍さん推し

  5. 引きこもり中年 より:

    素朴な疑問ですけど、議席減少率がもっとも高い共産党の党首の党首交代はないでしょうか。もっとも、(立憲民主党の党首交代をしたくないので)立憲民主党が、「野党共闘の効果があったので、共産党も(そして立憲民主党も)党首交代の必要はない」と言い出す可能性もありますが。
     駄文にて失礼しました。

    1. 星のおーじ より:

      共産党には言論の自由は無いので、志位氏の責任論は出て来ないでしょう。結局は中国と同じで、幹部批判は自動的に粛清されるのが共産党の歴史であり志位局長・委員長としての30年の牙城だと思います。その点においては、立憲共産党の方が少しはマシだと思います。

  6. sqsq より:

    今回メディアが議席数の予想を大きく外したことについて、東洋経済(Web版)で興味深い記事が出ていた。
    (「自民苦戦?」テレビの出口調査が大外れだった訳 当日20時予想より自民は多く、立民は少なかった)
    内容は、メディアの予想は出口調査の結果に基づいているのだが、そもそも出口調査に応じて自分の投票内容を明かす人はリベラル寄りの人ということらしい。メディアはこの傾向に気づいていて、補正をしているのだが、今回はそれもむなしく大外れだったということ。
    これは無作為に電話をして行う世論調査にも当てはまるのではないだろうか。
    であれば、メディアの行う世論調査とはリベラルな人たちの意見を反映したものに過ぎないのではないだろうか。つまり世論でも何でもないということ。

  7. マスオ より:

    私が最も恐れるのは、凋落していくメディアが作戦を変えて、現状自民下げ、野党上げは継続しつつ、自民党内に第二の石破を作ることだと思います。
    いわゆる「獅子身中の虫」です。

    残念ながら自民党も一枚岩ではなく、河野や小泉のような石破「原石」が存在します。彼らを担ぎ上げて、目的を達成しようとするのではないでしょうか。
    利権も厄介ですが、獅子身中の虫もかなり厄介のように思います。

  8. namuny より:

    「利権」
    の例としては、
    「留学生の奨学金」利権と
    「私大学」利権
    「宗教法人」利権
    「男女共同参画」利権
    の追加をお願いします。

    特に、留学生には無償奨学金が与えられるのに日本人学生には奨学金ローンが課される現在の状況は極めて不合理です。

  9. 矢塚 より:

    今回のマスコミの敗北について、注目したいのは出口調査です。
    世論調査は「電話」「働いている時間帯」など、方法に問題があることも考えられます。
    しかし、出口調査は出てくる人に直接声をかけるので、方法論ではありません。
    『協力してくれるかどうか』で決まります。
      ・『情報を取れる人達』のマスコミ不信が進み、協力が得にくくなった。
       そのため、『情報を取れる人達』の投票行動が出口調査に反映されにくくなった。
      ・『情報を取れる人達』とそうでない人達の投票行動には明確な傾向があった。
      ・マスコミ不信の『情報を取れる人達』の数は多く、調査結果に大きな影響を与えた。
    ゆえに出口調査の大きなズレは、マスコミ不信の広がりの現れと思うのです。

    1. KN より:

      矢塚様
      午後8時時点の議席予測がここまで大ハズレだったのは記憶にないですね。
      実際に情報を取れた人達と、そうでない人達の投票行動には明確な差があったということでしょうか。
      マスコミ不信の『情報を取れる人達』は、回答を拒否したかウソを答えた人もいるでしょうし。

      1. 矢塚 より:

        インターネットで幅広く情報を取れた人の中で「マスコミは信用できない」「立憲共産党には投票できない」と、同時に考える人が増えたのではないかという推測ですね。

        sqsq様が「補正が追い付かなかった」ことに言及されていましたが、補正値は過去の実績から算出すると思います。大きくずれたということは、調査対象者の行動が『今回は大きく変化した』ということでしょうね。

  10. ha より:

    今回、大手メディアが大きく予想を外したことについては私も関心があります。今までは、開票が始まったばかりなのに、そこまで分かるの?というくらい各社の予想精度は高かったように思います。それがNHKですらあの体たらく。今回、何が起こったのか起こらなかったのか、何が有ったのか無かったのかの分析は、或いは、選挙結果そのものよりも重要かもしれませんね。

    今は、世界全体が同時・長期にわたる感染症に苦しんでいますが、何か、大きな流れの方向が変わりつつあるのか、はたまた何か既存の基盤的なものが流動化し始まったのかも知れません。今次衆院選は、そんな中での国政選挙でしたが時代の大きな流れにおける屈折点になるような気もします。もっともその、来るべき未来がどんなものかは良く分かりませんが。

    1. はにわファクトリー より:

      haさま

      >何が有ったのか無かったのかの分析は、或いは、選挙結果そのものよりも重要かも
      >時代の大きな流れにおける屈折点になるような気も

      同意見です。
      「変化を起こしようがない」立候補集団たちが「すっかり飽きられて」投票者から却下を喰らったのではないかと考えます。革新? なんでしたっけー、カビ生えてませんかそれ。

  11. ちょろんぼ より:

    枝野代表や志位代表が辞任する訳がありません。
    代表(神)は絶対であり、間違える事はありません。
    間違っているのは、有権者です。
    敗因は有権者とマスコミが期待通り動かなかった事だけであり、
    代表としての問題がある訳でも無いので、両党ともそのままです。
    党員としても、代表が悪いと思っても引き取ってもらえる訳でも
    代わりに代表になるとしても、代表として活躍できる能力がありません。

  12. より:

    実は今回の総選挙において、立憲民主党は前回総選挙よりも多くの小選挙区当選者を出しています。その意味においては、野党統一候補の擁立には一定の効果があったというのは、あながち全くの錯覚というわけではありません。しかしながら、比例代表による議席数が大幅に減ったことにより、差し引きで大きなマイナスとなりました。
    つまり、多くの有権者は、「自民党は嫌だから小選挙区では野党候補に入れるけど、比例代表では(何らかの理由で)”立憲共産党”には入れなかった」という行動をとったことになります。故に、各マスメディアが実施した出口調査において「誰に投票しましたか?」という質問がなされていた場合、出口調査の結果と実際の選挙結果が大きく乖離したというのは、ある意味当然ということになります。

    現在の社会情勢を考えると、マスメディアによる煽動・増幅を差し引いても、多くの人が漠然とした不安や不満を抱え、その矛先が時の政権に向かうというのは、十分起こりうることだと思います。ワクチン接種率などのマクロな数字をいくら説明しても、武漢肺炎によって大きな経済的ダメージを受けた飲食業や観光業の人たちなど、個人レベルでは拭いきれない不安や不満を抱えている人たちは決して少なくないはずです。そのような人たちが小選挙区において、非自民の候補に投票するというのは、ごく自然な流れであると思います。
    しかし、そのような人たちも、比例代表では”立憲共産党”には必ずしも投票しませんでした。この事実は、少なからぬ人たちは政権に文句を言いたかったが、”立憲共産党”を支持しているわけでは全くなく、政権交代などを望んではいなかったと解釈できると思います。

    以上のように考えると、多くのマスメディアや”立憲共産党”が何を錯覚し、誤解したのかわかるような気がします。無類の無責任さを誇るマスメディアはともかく、”立憲共産党”が受けたダメージはけして小さくはないと思います。ちょっとキツめの言い方をすれば、立憲民主党の枝野代表は、自らが「哀れなピエロ」でしかないということを最後まで自覚することができず、突然厳しい現実を突き付けられた形になったと言えるのではないでしょうか。

    1. 百十の王 より:

      龍様

      >各マスメディアが実施した出口調査において「誰に投票しましたか?」という質問がなされていた場合、出口調査の結果と実際の選挙結果が大きく乖離したというのは、ある意味当然

      今回期日前投票し2社(共同通信、読売新聞)の出口調査に応じましたが、どちらも投票行動についての質問は同じで、小選挙区は誰に投票したか、比例区は何党に投票したかでした。

      おそらく全国的にどのマスメディアも同様の出口調査の質問と思われるので、小選挙区は立憲、比例区は立憲以外に投票した方がいても出口調査にはそのような傾向も反映されると思います。

      ではなぜ今回あれほど大きく出口調査からの結果予想が大外れになったのか。前の方のコメントで「リベラル思想の人ほど出口調査に応じ、保守的な思想を持つ層は出口調査には応じない傾向」が今回強く出たのではないかと思います。

      保守的でマスメディアの左翼誘導傾向をこころよく思わない層が甘利さんや麻生さんの「立憲共産党を選ぶのか」に危機感を覚え、数多く選挙に足を運んだが「出口調査だと〜、てやんでいお前ら左翼新聞に誰が協力なんかするか!」が多かったんじゃないかなぁ。

  13. 匿名 より:

    昔一度だけ某新聞社の出口調査を求められ本当のことを言わずに
    共産党と答えたことがあります。自分以外にもそういう人が多かったのではないでしょうか。

  14. nanashi より:

    メディアは「国民に有りの儘の事実を隈無く伝える」という重要な職務を放棄して、誰にも頼まれた訳でもないのに、自ら「権力者の監視」だの「国民の代弁者」だのと驕りぶった事をやり続けた事から、自ら信用を失う結果となったのだと思います。
    特に左派メディアの願望の押しつけは酷く、時として一線を越える誹謗中傷や名誉毀損をしていた事から、ネットを中心に「マスゴミ」という言葉が広まったのだと思います。
    メディアに対して国民がどんなに咎めても、屹度彼らは聞く耳など持っていないでしょうから、行き着くところまで行かせてしまい、自滅させた方が得策だと思います。

  15. 世相マンボウ 、 より:

    新宿会計士さまの分析には
    まったく賛成なのですが、
    「メディア利権と野党利権は・・崩れ始めたのか」
    という形容にはしっくりしないと感じています。

    威勢よく正義を騙る表面からは
    こりゃ崩れるか?とも思いますが、
    かの人たちの強みは
    その日頃の生き様から見ても
    もともと崩れているからこそ
    ここまでやってこれているのだと感じます。

    目を世界に転じて、
    政情不安な国では、
    ドブから湧いたようなゲリラは
    まず放送局を占拠してプロパガンダを
    画策するもので、ただ戦力か
    民心が得られなければいずれは
    排除されるものです。
    平和な日本では
    武力ゲリラの占拠はもちろんありませんが
    その分、日本の道を左に西に踏み外した
    どぶサヨと分類されるひとたちが
    言論テロリスト様の行動様式で、けれど
    排除されずにプロパガンダを垂れ流して
    いるのと同じ構図と捉えれば
    しっくりくるものです。

    あの方たちが今回の結果を受け
    選挙結果でも明らかな
    日本を支える多数は国民良識層への
    敵矢の姿勢を改めれば一番いいのですが
    それはのぞみ薄だと感じます。

    なんせ、
    世界から台所に視点を移しても
    台所の赤黒くカサカサ動く住人さんも
    見かけなくなったと思っても
    懲りずにまた現れるのとおんなじで
    楽観的な予想はできないのだろうと
    推測します。

    1. 世相マンボウ 。 より:

      集中砲火の枝野さんを
      擁護するつもりはないのですが
      枝野さんは善悪別にすると
      立憲民主党にとっては
      最高の仕事をしたのにかわいそうと
      感じています。

      共産党と手を組んだことが
      選挙の敗因のように言われてますが、
      たとえば、昔を知らない若い人が多い
      東京18区でわずか6000票差で
      勝ててしまった菅直人氏などは、
      44万有権者のうち仕事はしなくても
      雨が降っても槍が降っても投票には行くという
      3%の赤い票がなければ落選していたでしょう。

      立憲民主党が今回の結果以上の惨敗を
      禁じ手を使って食い止めたのが
      枝野さんの 共産と手を組んだ効果だと思います

      1. KY より:

         初めまして。
         確かにそういう見方も成り立つでしょうが、野合と言う「禁じ手」が効果を為すのは一回きりでしょう。しかもそれを使った事による、立件民主党の蒙ったダメージは選挙結果以上に厳しいモノになるでしょう。
         連合からの支持を失いつつあるかの政党に未来はないでしょう。

  16. 禹 範坤 より:

    期日前投票の出口調査で(確かンhk)
    知事 現職じゃない方(現職もアレですが)
    衆院は、選挙違反で失職した方
    比例は共産
    中共疫対策には現政権の対応を評価すると答えてみました
    どう分析したのかなw

  17. 団塊の世代の現役親父 より:

    ・出口調査に応じたが、調査員は、所属機関を名乗らんかった。マスコミではなく、政党がマスコミを装って、データ収集してたのかも。
    ・俺、愛知2区。国民民主党の古川元久の指定席なんだけど、どういうわけか、古川元久から選挙ハガキが来た。初めてのことなので、驚いた。自民党の中川候補の追い上げがメッチャ激しかったのかな。
    ・俺、かって大手自動車部品メーカーに勤務していた関係上、愛知11区のことが気になっていた。古本が記者会見で述べた不出馬の理由はもっともらしいが、本当の理由は、もっと他にあるのではないか?
    ・俺の穿った見方:古本の不出馬による自民党候補の当選は、トヨタによる自民党への事実上の政治献金ではないのか?その献金の対価としてトヨタが自民党に求めているものは、日鉄がトヨタを提訴した特許侵害事件の、政治的解決なのかもしれない。

  18. がみ より:

    既存マスコミ断末魔の様子は、選挙関連番組で活躍されているでれでれ局側に覚えめでたい方々見ていてもわかります。

    既に池上や芸人太田光とかがやらかしてますし、選挙後の番組がまだ無い関口宏や朝まで生きてればの田原とかが吹き上がるのは完全に読みきれます。

    あれが言論人なら日本に言論人なんか存在しない事になるんですが、悲しいことです。

    昨日のBSプライムニュースで共産党の面々は

    「選挙の責任なんてとる気は全く無いし無駄」

    と言いきりましたね。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。