【速報】菅義偉総理、「ビジネストラック」等を停止か

青山繁晴参議院議員が政府にビジネス往来全面停止要請』でも取り上げた「ビジネストラック」、「レジデンストラック」を巡り、続報があります。菅義偉総理は13日の記者会見で、緊急事態宣言の2月7日まで、全面的に停止する意向を示したそうです。

肝心の記者会見の模様が、現時点で首相官邸ウェブサイトに掲載されていないので、ここでは報道をベースに事実関係を確認しておきましょう。

政府、ビジネス往来を全面停止 中韓など来月7日まで―緊急事態宣言

―――2021年01月13日20時18分付 時事通信より

時事通信は、菅総理が記者会見で「ビジネス関係者らの外国人往来について、(緊急事態宣言の期限の)2月7日まで全面停止すると発表した」としたうえで、「水際対策強化を求める与党などの声を受けて方針転換したもの」と報じています。

(ビジネストラック、レジデンストラック等の詳細については先ほどの『青山繁晴参議院議員が政府にビジネス往来全面停止要請』などもご参照ください。)

実際、『青山繁晴参議院議員が政府にビジネス往来全面停止要請』でも触れたとおり、産経ニュースは自民党の青山繁晴参議院議員が代表を務める「日本の尊厳と国益を護る会」が12日、首相官邸を訪れてビジネス往来の全面中止などを政府に求める緊急提言を手渡したと報じています。

自民「護る会」青山繁晴氏ら、政府にビジネス往来全面停止を要請

―――2021.1.12 18:30付 産経ニュースより

青山議員は「国民に厳しい制限をお願いしておきながら、ビジネスだけで入ってきているはずの、特に中国の方々で、観光している人が非常に多い」などと指摘しているのだそうですが、今回の政府による決定も、こうした声に応えたものと見るべきなのでしょうか。

いずれにせよ、詳細については外務省の『国際的な人の往来再開に向けた段階的措置について』などのページで更新されるはずですので、本件について議論すべき点があれば、明日以降、改めて取り上げたいと思います。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    >2月7日まで全面停止すると
    春節には影響ありませんからw

    1. 匿名 より:

      観光はもとより、『ビジネス往来の全面禁止』をようやく掲げたと思いきや、春節ありきの2月7日とは誰が圧力掛けているか一目瞭然ですね。親韓議員とか中韓インバウンドに頼って楽して儲けてきた怪しげな団体利権議員とか。全面渡航禁止期間は春節が終わった後の2月末日迄は続けるべきではないでしょうか? 仮に2/7迄に猛威が収まらないなら、非常事態期間も全面渡航禁止期間も延長と思うが、まさか報道統制や箝口令を敷いてまでも2/7で打切るのか、そうなったらなったで以後の感染等統計値の結果が凶と出るか吉と出るかで政府国民共々また翻弄されるでしょう。全面渡航禁止期間は非常事態期間よりもはるかに長く設定しないと意味がないと思います。何せ中国や韓国(対中は全面開放)は当該コロナの根源地域であり、以来ウイルスも独自に変異しているでしょうから、解放したら水際作戦の間隙を突いて一気に侵入してきます。失敗したら水際作戦の在り方が根本的に問われる。

      1. りょうちん より:

        今年の春節は12日からだそうですよ。

  2. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    菅義偉内閣総理大臣が直々に発表しましたね。「ビジネス往来を全面停止にする。来月7日まで中国、韓国など」。これで良いと思います。また私はビジネストラックとか、トラックって隣国がよく使うので、言葉として好きじゃない(笑)。

    菅総理に対してコロナ禍という世界規模での異常事態に直面しているのに、「総理は何もやってない」「アクションが遅い」「声が聞こえない」「安倍総理には常に周りが支えた」と言った声が出ています。ココのコメントでも見られる。

    そうですかネ?安倍総理の時って、今とでは状況が全く違う。トランプ大統領というスグ連絡の取れる盟友が居た。コロナ禍も日本は第1波第2波は、大した事なかった(私見)。中国朝鮮から拡大して欧州、米国、南米へとウイルスは拡がったが日本は僅かな被害でした。

    むしろ、安倍内閣時は英国始めファイブアイズやFOIP等の根回しする余裕もありました。

    今は同時多発テロ並みです。その中で取捨選択して外交に取り掛かるのは大変難しい。まだ菅総理の得点は取れてないかもしれないけど、十分にやられていると思います。

    1. 匿名 より:

      >十分にやられていると思います。

      賛成です。

      「まだ菅総理は得点が取れてない上に、…」と校正すれば、もっと意味が分かり易い。

    2. 匿名 より:

      同じタイミングで国民皆保険の検証とか改正とか言わなければ良かったのに。

  3. G より:

    ビジネストラックにかこつけて観光客が入って来てるなんて話も聞きます。そういう偽装が得意な国の人たちですからね。ここは停止すべきでしょう。

  4. asimov より:

    更新ありがとうございます。

    日本の最大野党や左派系メディアがつまらないことで政権運営の足を引っ張る中、こういった実効性のある政策を実施してもらえるのはありがたい。

    二階派や日韓議連の関係者が減れば、更に良くなると個人的には思っているので、次の衆院選では精査し熟考した後に投票したいと思います。

    1. 匿名29号 より:

      左派系メディアの悪しき慣習も実効性が上がらない一因と思います。
      曰く「緊急事態宣言を出したのに街の人出はあまり減っていない。実効性が疑わしい」
      街の人出が減らないのは誰のせいだよ。何でも人のせいにして何もせず高みから小言をいうのみのメディアの真似を皆が真似しだしたんでないですか。

      1. asimov より:

        匿名29号様

        >左派系メディアの悪しき慣習

        おっしゃられる通りかと。
        何をしても寄って集って政権批判ばかりする様では、政権支持率も落ちますし、いざというとき「政府のお願い」を聞かない人が増えてしまいます。

        コロナ禍で我慢している人達の、不満のはけ口に誘導しているかの様に見えます。

        「視線が下向き」や「口調がボソボソ」等まで批判する始末。
        どうせなら、中国による尖閣の領海侵犯や韓国による日本のEEZでの妨害などで政権の気を引き締めてくれれば少しは見直せるのですが。。。

  5. 心配性のおばさん より:

    菅総理は安倍外交を引き継ぐとおっしゃっていました。

    たしかに、そのおつもりでしょうが、方針を引き継げなくては意味がありません。
    安倍外交の特筆は、
    ①多国間による中国包囲網、これは膨張する中国を牽制する方針から来ています。
    ②国連決議による北朝鮮制裁、これは朝鮮問題を日米のものだけにせず、世界の脅威として認識させたことです。
    ③慰安婦合意をアメリカ主導としたこと、合意を無効にするのは南北を問わず朝鮮民族のお家芸ですが、この合意に第三国であるアメリカを加えたことで、合意破りは日韓の問題ではなくなっている。

    菅総理は安倍総理の女房役の官房長官として、その全ての政策に関わってこられたのでしょうが、安倍外交の方針については理解されていたのでしょうか?

    理解し引き継ぐとおっしゃっていましたが、対中、対韓の姿勢がこれだけグラついているのを拝見すると首を傾げたくなります。

    それが国内政策にまで影を落としています。コロナ収束が怪しい中韓からのビジネストラック開始。これがこのところのコロナ感染蔓延の全因とまでは申しませんが医療準備も整わないままに進められたGOTOばかりの因とは思えない。中韓からのビジネストラック受入れ都市から蔓延しているように思えるからです。

    方針なき外交、準備なき内政。二回目の緊急事態宣言が発せられましたが、安倍総理には付いてきた日本国民が菅総理には付いてこないかもしれません。

    1. 門外漢 より:

      おばさんへ
      総裁選での2Fへの「借り」が大きいんでしょうなあ。
      ガースーは安倍氏の衣鉢を継ぐつもりでも、どうしても遠慮が出てしまう。
      アメが虎のままでC国敵視策を続けるなら、親中の2Fを切る機会もあったんでしょうけど、ばいでんでんねんまんねん。
      2Fもガースーから離れると一気に落ちてしまうからしがみついて来るでしょう。動きが取れませんわ。
      今回のビジネストラックの件などは、当初洩れていたように「変異種が発見された国に対して閉じる」で良かったと思います。
      処がk国で変異種が発見された後に「国を問わず」に変更されました。そう見えますよ。
      k国を狙い撃ちにしたように見えるのを恐れた「ぬk賀」や「K村」辺りが2Fに泣きついたんじゃないかと、邪推しています。
      当に与党のご意見に配慮して、ですね。
      k国は外してC国やベトナムには開いておくというのは、なかなか面白いと思ったんですが。

      (外交政策上差しさわりのある人名。国名は仮名とさせて頂きました)

      1. イーシャ より:

        門外漢 様
        Kなんて小物に捕らわれる余り、Cをだだ漏れにしてはいけません。
        むしろ、春節にも入国禁止を続けるよう働きかけなければ。

      2. 心配性のおばさん より:

        門外漢様 そんな呑気なぁ~

        安倍前総理は、日本はいかなる事態となっても中国陣営に入る訳にはいかないとの
        方針から、インド太平洋など中国包囲網を主導してきたと思います。

        その中国のチャンネルとして、二階氏を幹事長の地位に温存しながら、その活動を
        あらん限り、封じていたと思います。

        当時、官房長官であった菅総理であれば、安倍前総理の方針を理解・踏襲されるとの期待でしたが、甘かったようです。

        仰るように、頼りのアメリカがあの体たらくですから、中国包囲網にアメリカを当てにできない。でもこれはTPPで、安倍前総理も当時官房長官であられた菅総理も経験されていると思います。

        結果、TPPはアメリカ抜きで成功させました。なぜ、それ(アメリカ抜き)が菅総理にできないか?政治家としての塊の大きさが違う。ので中韓に対する姿勢方針がグラつくのだと思います。

        私の官房長官としての菅氏への評価は変っておりません。総理大臣となられた菅氏には、安倍前総理が不得手とされていた内政改革を期待もしておりました。

        がしかし、今は有事です。外交の姿勢が第一優先となります。外交のグラつきが全てに影を落とすのですよ。

        菅総理には、日本のために、見栄やこだわりを一旦置いて、安倍前総理に相談するぐらいの技量は持って欲しいと思いますのよ。

        1. 門外漢 より:

          おばさん へ
          お怒りは御尤もですが、安倍氏は一旦野に下っていた自民を政権党に戻した(実際は敵失)実績がありますから、党内を掌握するカリスマがありました。
          ガースーにはその実績がありません。
          党内の有象無象をどうコントロールするか、お手並み拝見・・・・する時間がありますかね?

          1. 門外漢 より:

            追伸
            解決策は第三次安倍内閣に。

  6. マスオ より:

    何と言いますか・・・その決定には賛成だけれども、、、
    「首相の強い思い」って何だったの、って思う。
    いや、賛成だけどもね。

    状況が大きく変わった、とかならわからなくもないけど、「水際対策強化を求める与党などの声を受けて」って、ブレブレじゃんw

    何だか頼りないなー。
    安倍さんだったらどうだっただろうと思わずにはいられない。

  7. 匿名29号 より:

    今年の春節は2月11から17日だそうです。中国政府がどういう処置をとるか注目しています。
    まさか去年のように武漢ウィルスを持った中国人を世界中にばらまくことはないでしょうが。

  8. ななっしー より:

    21日からかー。
    http://www.moj.go.jp/isa/content/930006067.pdf
    ◎新型コロナウイルス感染症の感染拡大に係る上陸拒否措置及び国際的な人の往来の再開の状況(概要)(令和3年1月13日現在)[PDF]

    14日間待機が(要請でなく)強制できるならもっとルールが簡単にできるのだろうが。

  9. 海コン より:

    前向きのビジネス(契約締結とか)には有効とは思うのですが、後向き(製品の品質チェック、輸送クレーム対応とか、査察、監査とか)には罪悪しかないと思います。外国の担当者が入国できませんもんね。クレーム放置案件が発生しまくるのでは。

    例えば、今、どしどし輸入されているPCR検査試薬も日本の基準に適合しているかどうか誰もチェックしていないんで、疑陽性が高く出がちなんではないかと日々妄想しております。
    粗製乱造品が入りまくっても受入れるしかないですよね。なんかあっても日本に呼んでクンロクかますことさえ出来なくなるなるし。
    (例え話へたくそすぎてすいません)

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。