早いもので、著者自身がウェブ評論活動を開始してから、ちょうど10年が経過しました。正直、まさかこんなに長続きするとは思っていませんでした。本稿ではこの10年少々における政治・社会・経済の変化について簡単に振り返っておくとともに、改めて今後の展望を述べておきたいと思います(※なお、記念すべき初稿についても収録していますが、こちらについてはあまり期待しないでください)。

【PR】スポンサーリンク・広告


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ウェブ評論10年

早いもので、10年が経過しました

当ウェブサイトの著者がこの『新宿会計士の政治経済評論』を立ち上げたのは、いまからちょうど4年前の2016年7月21日のことですが、じつは著者自身はそれ以前も某大手ブログサイトで個人ブログを執筆していました(※ただし、現在、そのブログの更新は完全に終了しています)。

そして、その「大手ブログサイトのブログ」を立ち上げたのは、いまからちょうど10年前の2010年7月22日です。すなわち、本日は著者自身が「新宿会計士」のペンネームでウェブ評論活動を開始してから、ちょうど10年目の記念日、というわけですね。

思えばこの10年間、本当にさまざまなことがありました。

なかでも2011年3月の東日本大震災、2012年12月の衆院選による政権の再交代、2014年の朝日新聞による慰安婦捏造報道の取り消し、2018年以降の日韓関係の急速な悪化、さらには2020年の武漢コロナ禍…、と、本当に社会がここまで大きく動くものかと驚くばかりです。

その意味で、なかなか面白い時期にウェブ評論活動を始めることができたというのは、自分自身にとっても幸いだったのかもしれません。

新聞の捏造報道、決定打は日経「時価会計停止」報道事件

では、なぜただの社会人がわざわざブログ、ウェブ評論サイトなどの形でウェブ評論を始めたのでしょうか。

某大手ブログサイトにブログを開設するきっかけのひとつは、当時は社会人として、新聞、テレビを筆頭とするメディアの誤報、虚報に嫌気がさしていた、という点にあります。

たとえば、「新聞の捏造報道」といえば、いわゆる「(従軍)慰安婦問題」に火をつけた、自称文筆家の故・吉田清治の証言をベースにした朝日新聞の捏造報道がその筆頭格ですが、これなど日本の国益と日韓関係を粉々に打ち砕くだけの社会的インパクトをもたらしました。

また、「日本を代表する経済紙」を騙る日経新聞も今世紀に入って以降も、たとえば2005年に「三井住友銀行と大和証券の経営統合」などを筆頭に、シャレにならないレベルの誤報・捏造報道を連発させています。このように、メディアによる虚報、誤報は、かなり昔から続いていたのです。

この点、年初の『新聞の終焉』でも書きましたが、著者がウェブ評論活動を開始した最大の動機は、新聞・テレビを筆頭とする既存のメディアの誤報・捏造に嫌気がさしたこともさることながら、既存メディアの報道を読んでいても、「知的好奇心を刺激される」という経験をしなくなったからです。

そして、新聞・テレビへの不信の決定打となったのが、2008年10月17日付で日経新聞が報じた『時価会計 一部凍結へ』という記事です。企業会計に詳しい方ならご存知だと思いますが、今日に至るまで、時価会計が停止・一部凍結されたという事実はありません。

これは誤報というよりも、日本経済新聞社による悪質な捏造報道という方が正確ではないでしょうか。実際、一部の企業がリーマン・ブラザーズの経営破綻に端を発する金融市場の混乱で巨額の損失を発生させていたからです(※それらの企業がどこなのか存じ上げていますが、あえて申し上げません)。

万が一、日本経済新聞社がそれらの企業から何らかの「見返り」を得て、この「時価会計停止」という記事を執筆したのだとすれば、まさに日本経済新聞社は企業として、万死に値する行動を取ったのだと思うのです。

偏向報道と政権交代

2008年から2009年にかけて発生した事件といえば、これだけではありません。

たとえば、2009年以降、麻生太郎総理大臣に対する新聞、テレビの連合体による偏向報道による攻撃が激しさを増していきます。

覚えているものだけをパッと列挙して行っても、たとえば、「カップラーメンの値段を知らない」、「漢字が読めない」、「ホッケを煮付けにして食う非常識さ」、など、政治家としての能力と無関係なところで揚げ足を取るだけの非常に低レベルなものが相次いでいたのです。

当時、著者はさる事情があり、新聞、テレビが発信する情報によらず、官庁が発信する情報をリアルタイムで直接取得するようにしていたので、新聞やテレビが報じる麻生太郎総理像と、実際に麻生太郎政権が行っていることとのギャップを肌で感じ、本当にもどかしい思いがしたのです。

そして、極めつけが、2009年8月30日の衆議院議員総選挙を控えた8月12日に21世紀臨調が主催した麻生総理と鳩山由紀夫・民主党代表(当時)の党首討論会の模様を、地上波テレビや主要新聞が完全に無視したことです。

著者としての主観で恐縮ですが、この討論会を直接視聴した人は、おそらく誰も民主党には投票しようとしなかったでしょう。それくらい、鳩山由紀夫・民主党代表の主張は支離滅裂だったのです(内容については下記記事で簡単に振り返っていますので、ご興味があれば適宜ご参照ください)。

有権者よ、反省せよ!

「米国でメディア報道の80%が政権に批判的だ」とする分析結果を見て、日本で2009年8月に発生した狂気の偏向報道を思い出すのは私だけではないでしょう。本日は、民主主義国家においては最終的に、有権者が賢くならなければどうしようもない、という事実を指摘しておきたいと思います。<<…続きを読む>>
―――2017/05/25 00:00付 当ウェブサイトより

そして、2009年の総選挙で自民党が敗北し、民主党への政権交代が発生してしまったときには、有権者の1人として、「どうして人々はこうやすやすと、新聞・テレビなどの虚報に騙されるのか」、と、本当にもどかしく、悔しいと感じたのです。

テレビに55.6%が騙された!

ただ、当時はスマートフォンが今日ほど普及していなかったためでしょうか、新聞、テレビの情報ばかりを鵜呑みにしている人が現在よりもはるかに多かったのではないかと思います。

実際、総選挙の前後に周囲の人に聞いてみても、「いやぁ、今回は自民党じゃなくて民主党に投票するよ」と答えるばかりでしたので、ためしに「民主党のマニフェスト、読んでみた?」と尋ねてみると、「まぁ、テレビも新聞も今回は政権交代だって言ってるし…」、とお茶を濁すばかり。

結局、2009年8月の総選挙で民主党に投票した人たちの多くは、自分の頭で考えたのではなく、新聞、テレビの報道を鵜呑みにしてそういう行動を取ったのではないかと思わざるを得ないのです。

ちなみにこれは単なる主観的な意見ではありません。実際に『社団法人日本経済研究センター』が2009年9月10日付で発表した調査結果によると、テレビや新聞を信頼して投票した人ほど、2009年8月の衆院選では、比例区で民主党に投票したからです。

経済政策と投票行動に関する調査 「子ども手当支持」は3割、政策には厳しい目【※PDF】

日本経済研究センターは、8月30日の衆院選直後に、有権者が政策や政党の実績などをどのように入手・評価し、投票したかについて、約40問にわたるインターネット調査を実施した<<…続きを読む>>
―――2009年9月10日付 社団法人日本経済研究センターHPより

このレポートの7ページ目によると、「投票に際して最も重視したことについて判断する情報」を、おもにテレビの情報番組(ニュース番組、ワイドショー)などから得たと答えた人の55.6%が民主党に投票し、自民党に投票したのは15.6%に過ぎませんでした。

しかし、この情報を、おもにインターネットや携帯サイトなどから得たと答えた人に限れば、比例区で民主党に投票した人は28.6%に過ぎず、自民党に投票した人は34.5%と、自民・民主の逆転が生じていたのです(図表)。

図表 2009年総選挙における情報源と比例区投票先の関係

(【出所】(社)日本経済研究センターのレポートのP7を参考に著者作成)

ここに、希望を感じました。

ウェブ評論の特徴

おっかなびっくりで始めたブログ

つまり、当時はまだインターネット環境が今日ほど普及していなかったのですが、それでもインターネットを通じて情報を集めようとしていた人たちは一定層存在していたのであり、そうした人たちは自分自身で判断し、「民主党には投票してはならない」ということを、何となく理解していた、ということなのです。

2009年の政権交代を実現させてしまった新聞・テレビの影響力の大きさとともに、長年、積りに積もった新聞・テレビに対する不信感があいまって、「自分自身でも、ささやかでも良いから何らかの情報発信をしてみたい」という気持ちは抑えきれなくなりました。

そこで、当時の勤務先のルールを読み込み、次の条件を満たすのであればブログを開設しても問題ないと判断するに至ったのです。

  • ①自分自身の実名を明らかにしない。
  • ②業務上知り得た機密情報をネットに書き込まない。
  • ③勤務先その他第三者に迷惑を掛けない。

この3点を厳守すると確認したうえで、個人ブログの開設に踏み切ったのが、ちょうど今から10年前の2010年7月22日だった、というわけです。

ちなみに記念すべき(?)第1回目は、『IFRS9という闇』という記事です(これについては本記事の末尾で再録しておきたいと思いますが、内容についてはあまり期待しないでください)。

社会の大きな変化

といっても、当時は勤務先の仕事が優先であり、また、出張が大変多いなどの多忙な日々でもありましたので、1週間や2週間、まったくブログを更新することができない、といったことも、ザラにありました。

ただ、ちょうどブログを始めてから、社会の大きな変化が2つ発生しました。

1つ目は、インターネット環境の急速な普及です。

ブログをやり始めた直後といえば、まだ全国のホテルにネット環境、WiFi環境などがあまり普及しておらず、ブログへのアクセス手段は自宅PCのみでしたので、どうしても出張中は一切インターネットにアクセスできない、といった状況にありました。

また、当時から携帯電話から限定的にインターネットにアクセスすることができたのですが、やはりどうしても携帯環境だと、自分自身のブログについたコメントを読むのにも苦労するほどでした。

しかし、その後は徐々に、ネット接続無料のビジネスホテルも増えたのに加え、なんといってもiPhoneをはじめとするスマートフォンが日本と世界で爆発的に普及し始めたことで、インターネット人口そのものが大きく増えました。

ブログへのアクセス数が増え始めたのも、こうした社会全体のインターネット環境の改善、インターネット人口の拡大、という要因があったことは間違いないでしょう。

ただ、2つ目の変化はもっと大胆なものです。

2011年3月の東日本大震災などもあり、「首相なんて誰がやったって一緒だ」といった無責任な主張が姿を消したのです。当時の菅直人首相、枝野幸男官房長官ら民主党政権一味の大災害に対するハンドリングがあまりにも稚拙すぎ、それで私たち日本国民も「目覚めた」のではないでしょうか。

要するに、私たち有権者の怒りが、当時の民主党一味だけでなく、2009年の政権交代を主導した「日本マスコミ村」に対しても向けられたのです。当時、新宿会計士のブログにアクセスしていただく方々のコメントを読んでいると、確実に民主党とマスメディアに対する怒りを感じました。

まさにブログを通じたウェブ評論に、手ごたえを感じ始めていたのです。

安倍長期政権の誕生

その後、野田佳彦首相(当時)が破れかぶれで実施した2012年12月16日の解散総選挙では、再登板した安倍晋三総裁が率いる自民党が地滑り的な圧勝を収め、野田首相は退陣。

安倍晋三総理大臣を首班とし、2009年8月の選挙で敗北していったんは退陣した麻生太郎総理が副総理兼財相、菅義偉氏が官房長官を務める、事実上の「安倍・麻生連立政権」が誕生したのです。

個人的には、「安倍長期政権」の強みは、この「安倍・麻生両総理+菅官房長官」という体制にあると考えています。

もちろん、安倍政権は入閣した閣僚のさまざまな不祥事もありましたし(最近だと河井克行前法相が公選法違反で妻とともに逮捕された事件などもありました)、安倍政権の閣僚には小泉進次郎環境相など、閣僚としての資質に疑問符が付く人物が多いこともまた事実です。

さらには、安倍政権の最大の失政である2度にわたる消費税の増税は、副総理兼財相として財務省の権益を守っている麻生太郎総理が強硬に主導したものであり、その意味では、著者としても個人的に安倍政権に対して100%満足しているわけではありません。

さらには、2015年12月の日韓慰安婦合意など、外交面でも疑問符が付くものがあります。

しかし、全体的な方向性としては、安倍政権がやっていることは、経済を活性化させるとともに、「価値と利益の同盟」によって日本の国益を最大化する方向にあることは間違いないと思います。

なにより、2012年12月以降、これまで6回の大型国政選挙で自民党はほぼ毎回、無難な勝利を収めて来ましたが、これなど、社会全体が民主党(とその残党)や新聞・テレビを信頼しなくなったという証拠でしょう。

これからはウェブ評論の時代

この10年間は、2009年の政権交代をもたらした「犯人」である「日本マスコミ村」が、彼らから支援を受けて政権を獲得した民主党一味を道連れに「自爆」し、彼らに代わってインターネット上で自由闊達な議論が行われるようになってきた、という時期ではなかったかと思います。

そんな貴重な時期に、ウェブ評論をやっていて良かったと思う次第です。

そして、インターネット空間には「誰でも好きに参入できる」という特徴があります。

当ウェブサイトの場合は2016年7月にスタートし、昨年8月には瞬間風速的に月間400万ページビュー(PV)を記録したほか、先日は株式会社ビジネス社様のご厚意により、当ウェブサイト名義で『数字でみる「強い」日本経済』の刊行も実現しました。

さらに嬉しいことに、ほかにも新しいウェブ評論サイトが続々と誕生しているようです。つまり、今後、私たち日本国民にとっては、情報を入手するための手段がますます充実してくる、ということでもあります。

もちろん、ウェブ評論サイトは「誰にでも始められる」という手軽さがあるため、なかには粗悪なウェブサイトもあるでしょうし、そうした粗悪なウェブサイトに騙されないよう、自由・民主主義社会に生きる私たち日本国民にとっては、今後ますます「知的武装」が求められます。

いずれにせよ、これからのウェブ評論という時代には期待したいところです。

記念稿再録

さて、以下では「新宿会計士」名義での記念すべき第1稿である、2010年7月22日付の『IFRS9という闇』という記事を、そのまま再録しておきます。あらかじめ申し上げておきますが、大変読み辛いです(笑)

『IFRS9という闇』

はじめまして皆様、新宿会計士です。ブログは初めてなので、色々読みにくいかもしれませんが、少しずつ勉強して、一日でも早くネット世論の形成に一石を投じる立場になれたら嬉しいです。

ところで、国際財務報告基準、って聞いたことありますか?アルファベットで「IFRS」または「IFRSs」とも言います。読み方は「アイファース」「イファース」「いふるす」等、様々ですが、各種経済紙を読んでいると「IFRS」という言葉を目にしない日はありません。

それでは、なぜこの「いふるす」がここまで急速に注目を集めるようになったのでしょうか?それは、企業会計基準委員会(ASBJ)と国際会計基準審議会(IASB、本部・ロンドン)が、日本で使われている企業会計の基準(J-GAAP)と欧州を中心に利用されているIFRSの重要な差異をなくすこと、すなわち「コンバージェンスの加速」で合意したためです。この合意は2007年8月の「東京合意」と呼ばれています。そして、コンバージェンスの期限は2011年6月までに設定されています。

話をややこしくしている要因は二点あります。

①2008年9月のリーマンショック

2008年9月14日、リーマン・ブラザーズが経営破綻し、これにより金融市場が凍りつきました。それまで市場で取引されていた金融商品のうち、流動性の低いもの(特にCDSやバンクローン等)の価格が大きく低迷し、このままでは欧州金融機関は決算が出来なくなる!という状況に陥ったのです。

そこで、IASBは2008年10月13日に、保有する金融商品を「トレーディング」から「満期保有」の区分に変更することを容認する金融商品会計の改悪を突如公表。これにより欧州金融機関は相次いで「トレーディング」の不良資産を「満期保有・貸付金区分」に変更し、時価会計逃れを行いました。

その後もIASBは金融商品会計の改正(というか、改悪)に関する議論を続けており、2009年11月には金融商品の保有目的区分を「償却原価区分」と「公正価値区分」の二つに限定することを柱とした「IFRS9金融商品」を公表。しかし、その基準の内容があまりにも杜撰であるため、世界各国から批判を受けています。つまり、このIFRS9は欧州金融機関が保有するバンクローン等の不良資産を会計上、塩漬けにすることを容認する基準なのです。

②日本の金融庁によるIFRS「強制適用」の動き

金融庁は2010年3月期決算より、日本の上場会社に対し「IFRS」に基づく開示を容認しました。また、全ての上場会社に対しIFRSを強制適用するかどうかは2012年を目途に判断することとしており、その場合は2015年ないし16年からIFRSが日本企業に強制適用されるそうです。

ついでに言うと、日本の場合、J-SOXを導入した際に公認会計士を合格させすぎて、監査業界では人が余っているので、今度は「IFRS特需」を起こそうという監査業界サイドのお財布事情も、IFRS導入という主要因なのかもしれません。

ちなみに明日(7月23日)、欧州金融機関を巡るストレス・テストの結果が公表されますが、どうせ結果は「シャンシャン」で終わるのでしょう。なぜなら、欧州金融機関が抱える不良資産はあまりにも量が多すぎて、日本の基準でまともにテストすると殆どの金融機関が倒産します。取り敢えず、マーケットのユーロ圏に対する不安心理を(一時的にせよ)落ち着かせるような内容となるに違いありません。具体的には、数行の欧州金融機関に公的資金を注入して終了、といったところでしょうか。

―――2010/07/22付 『IFRS断固阻止!新宿会計士のブログ』より(※現在は更新停止済み)

読後感

…。

すみません。

自分で執筆しておいてアレですが、読み辛くてなりません(笑)

J-SOXだのIFRSだの、ストレステストだの保有目的区分だの、一般の人が読んでも意味不明な専門用語をバンバン出してしまっていて、しかも注釈がほとんどないので、ハッキリ申し上げて「何のことやらサッパリわからない」という人が多いでしょう。

当ウェブサイトの基本方針(2020/05/25版)』などでもお知らせしているとおり、現在、当ウェブサイトでは「読者投稿」を歓迎しているのですが、もしこの文章が送られて来たとしても、多分、当ウェブサイトでは採用しないと思います(笑)

現在同じ記事を執筆するとしたら、そもそも「会計基準とは何か」、「なぜ会計基準が必要なのか」といったところから始めて、当時、会計士業界が実務界の負担を無視して、国際財務報告基準(IFRS)というものをゴリ押ししていた、という問題点を告発する、という形に持っていくでしょう。

あるいは、「欧州債務危機と単一通貨・ユーロの関係」、「金融危機が一国の経済を揺るがす理由」などに議論を展開しても面白いかもしれないですね。

その意味では、「見ず知らずの第三者に文章を読んでいただく」というハードルに加え、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激するような議論を展開する」という点で、上記記事はしっかりと記憶しておきたいと思う次第です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、長年、ウェブ評論活動を続けてきたおかげでしょうか、今年は4月に産経新聞社が刊行する月刊誌『正論』に当ウェブサイトの論考が掲載され(『【宣伝】正論2020年5月号に論考が掲載されました』参照)、7月には『数字でみる「強い」日本経済』も出版しました(『【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売』参照)。

ただ、当ウェブサイトにおける評論活動の目的は、出版活動というよりはむしろ、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」にあります。

その意味では、当ウェブサイトは引き続き、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」を目的に、現在の形式で継続していきたいと考えていますので、どうか末永いご愛読に加え、お気軽なコメントを賜りますよう、重ねてお願い申し上げたいと思います。

※本文は以上です。

【おしらせ】人生で9冊目の出版をしました!

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されました。詳細につきましては『【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売』などもご参照ください。また、もし当ウェブサイトを通じてすでに本書をアマゾンなどでご注文いただいたという方がいらっしゃれば、ぜひ、レビューを執筆して下さると助かります(高評価をつけていただく必要はありませんが、忌憚のない意見、ご感想などを寄せて下さる方がありがたいです)。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/08/11 11:11 【外交
    アザー米厚生長官の台湾訪問と日本の台湾政策 (3コメント)
  • 2020/08/11 05:00 【マスメディア論
    在京地上波テレビ各局、軒並みスポットCMが3割減 (10コメント)
  • 2020/08/10 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/10(月) (79コメント)
  • 2020/08/10 09:00 【時事|国内政治
    立憲民主党の提案、果たして「譲歩」といえるのか? (20コメント)
  • 2020/08/10 05:00 【時事|韓国崩壊
    やはり韓国の「キャッチオール規制」は機能不全? (52コメント)
  • 2020/08/09 05:00 【時事|金融
    AFP「韓国からの硝酸アンモニウムをインドが押収」 (47コメント)
  • 2020/08/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/08(土) (102コメント)
  • 2020/08/08 08:08 【金融
    深刻化する「ビアフロ」問題 どうして収束しないのか (25コメント)
  • 2020/08/08 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係の包括的解決は「トマホーク」でも達成できる (95コメント)
  • 2020/08/07 14:00 【時事|韓国崩壊
    日本製鉄の即時抗告、本当の狙いは「引き伸ばし」? (27コメント)
  • 2020/08/07 10:45 【時事|韓国崩壊
    WTO韓国人候補、「韓日協力」強調し日本の支持要求 (47コメント)
  • 2020/08/07 06:00 【時事|国内政治
    「なぜ中国からの防衛で中国の理解が必要なのか」 (86コメント)
  • 2020/08/07 05:00 【金融
    武漢コロナ禍でまたぞろ「増税カルト信者」が出現 (39コメント)
  • 2020/08/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    数字で読む:日本の対韓輸出減少の「本当の原因」 (17コメント)
  • 2020/08/06 11:00 【時事|外交
    価値と利益を共有する英国は日本にとって重要な相手国 (14コメント)
  • 2020/08/06 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップが韓国への経済制裁の手段になる理由 (38コメント)
  • 2020/08/05 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部報道官「GSOMIAはいつでも終了可能」 (53コメント)
  • 2020/08/05 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/05(水) (156コメント)
  • 2020/08/05 11:50 【マスメディア論|時事
    日テレのスポットCM37%減~コロナ第2波にも注目 (17コメント)
  • 2020/08/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工問題で日韓両国が相互入国制限の可能性も (38コメント)
  • 2020/08/05 05:00 【RMB|金融
    「時流を読み誤りAIIBに乗り遅れた日本」の末路 (30コメント)
  • 2020/08/04 13:15 【金融
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (31コメント)
  • 2020/08/04 11:00 【時事|韓国崩壊
    1発だけなら誤射かも~韓国の経済焦土化に備えるべき (49コメント)
  • 2020/08/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    公示送達の期日が到来:注目される日本政府の対応 (27コメント)
  • 2020/08/04 05:00 【政治
    輸出「規制」を巡り、米国がWTOと韓国に強く警告か (37コメント)
  • 2020/08/03 17:17 【時事|韓国崩壊
    【資料編】7月29日に開催されたWTO会合の議事録 (19コメント)
  • 2020/08/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/03(月) (72コメント)
  • 2020/08/03 11:30 【時事|韓国崩壊
    語るに落ちる:韓国側の狙いは「資産売却」ではない! (68コメント)
  • 2020/08/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    「現金化で韓日関係悪化必至」と韓国メディアが警戒 (22コメント)
  • 2020/08/03 05:00 【外交
    中国共産党が恐れる「シックスアイズ」こそ日本の進路 (42コメント)
  • 2020/08/02 13:00 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と撤回は新たな風物詩になるのか (31コメント)
  • 2020/08/02 10:00 【時事|外交
    トランプ「10月サプライズ」は北朝鮮攻撃? (26コメント)
  • 2020/08/02 05:00 【韓国崩壊
    8月4日が到来しても、恐らく「現金化」は実現しない (62コメント)
  • 2020/08/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/01(土) (104コメント)
  • 2020/08/01 09:00 【マスメディア論
    ウェブ評論家が新聞・雑誌に進出する時代が到来した (19コメント)
  • 2020/08/01 05:00 【韓国崩壊
    経産相発言から読む:韓国のWTO提訴は悪手中の悪手 (35コメント)
  • 2020/07/31 16:45 【マスメディア論|時事
    公共放送論とNHKが公共放送騙れるかどうかは別問題 (28コメント)
  • 2020/07/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    日本の国民感情を積極的に傷つけることで墓穴掘る韓国 (89コメント)
  • 2020/07/31 05:00 【数字で読む日本経済
    「国の借金・財政破綻」論は天動説と同じトンデモ論だ (39コメント)
  • 2020/07/30 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国のWTO提訴は成績不良な学生の裁判のようなもの (38コメント)
  • 2020/07/30 10:10 【時事|金融
    米FRBが9中銀との為替スワップを来年3月まで延長 (11コメント)
  • 2020/07/30 06:00 【時事|韓国崩壊
    裏目に出るか?WTOがパネル設置=対韓輸出「規制」 (42コメント)
  • 2020/07/30 05:00 【数字で読む日本経済
    3要件で見る、「日本国債は絶対にデフォルトしない」 (39コメント)
  • 2020/07/29 22:22 【雑感オピニオン
    ビジネス社様、正論編集部様、ありがとうございました (3コメント)
  • 2020/07/29 13:45 【時事|韓国崩壊
    日本の対韓輸出「規制」、本日にもWTOパネル設置か (26コメント)
  • 2020/07/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/29(水) (152コメント)
  • 2020/07/29 10:45 【時事|経済全般
    消費税減税こそ、衆院選の争点として相応しい (59コメント)
  • 2020/07/29 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が示唆する「日韓関係破綻」の在り方 (51コメント)
  • 2020/07/28 14:14 【時事|韓国崩壊
    安倍総理謝罪像巡り官房長官「日韓関係に決定的影響」 (82コメント)
  • 2020/07/28 10:30 【時事|国内政治
    旧民主党系の政治家に政権担当能力なし=アエラドット (33コメント)
  • 2020/07/28 05:00 【韓国崩壊
    Q&Aで読む、「韓日は対話で破局を避けよ」の間違い (36コメント)
  • 2020/07/27 17:00 【時事|外交
    「我々はG11やG12を必要としていない」=独外相 (24コメント)
  • 2020/07/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/27(月) (96コメント)
  • 2020/07/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「日本が対韓金融制裁カードを検討」 (26コメント)
  • 2020/07/27 07:00 【韓国崩壊|国内政治
    政党名大喜利~韓国編~ (29コメント)
  • 2020/07/27 05:00 【マスメディア論
    イメージダウンするのは被告企業ではなく新聞社では? (18コメント)
  • 2020/07/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国に対する経済制裁?共同通信の「ビザ厳格化」報道 (71コメント)
  • 2020/07/25 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】「政府が韓国のビザ厳格化を検討」=共同通信 (11コメント)
  • 2020/07/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/25(土) (103コメント)
  • 2020/07/25 09:00 【時事|韓国崩壊
    三菱重工で新たな訴訟…感情に訴えるのは理がない証拠 (55コメント)
  • 2020/07/25 05:00 【外交
    食い逃げ、ウソツキ…中国もしょせんインチキ外交の国 (81コメント)
  • 2020/07/24 05:00 【マスメディア論
    「大物司会者のテレビ降板」はCM激減と関係あるのか (30コメント)
  • 2020/07/23 12:00 【時事|金融
    韓国シンクタンク「通貨スワップ資金を証券会社にも」 (20コメント)
  • 2020/07/23 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】あまりに不自然な東京都のPCR検査結果 (84コメント)
  • 2020/07/23 00:00 【雑感オピニオン
    コロナ関連読者投稿一覧 2020/07/23版 (2コメント)
  • 2020/07/22 15:00 【時事|韓国崩壊
    改めて思い出したい「韓国のベネズエラ化」という議論 (42コメント)
  • 2020/07/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/22(水) (95コメント)
  • 2020/07/22 11:30 【時事|国内政治
    「政策は後回し、さっさと合流を」=立憲民主・福山氏 (12コメント)
  • 2020/07/22 07:00 【時事|金融
    デタラメ判決出す国が金融センター?冗談もほどほどに (20コメント)
  • 2020/07/22 05:00 【雑感オピニオン
    早いもので、ウェブ評論を始めて10年が経過しました (41コメント)
  • 2020/07/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    日本企業撤退と日韓関係崩壊は韓国経済崩壊への道 (40コメント)
  • 2020/07/21 10:30 【時事|国内政治
    買い物10%アップ署名運動で商店街は再生するのか? (30コメント)
  • 2020/07/21 07:00 【時事|外交
    全方位にケンカを売る中国の外交 (48コメント)
  • 2020/07/21 05:00 【韓国崩壊
    イラン外務省が韓国に対して「約束を守れ」と要求 (29コメント)
  • 2020/07/20 17:30 【時事|韓国崩壊
    敵基地攻撃議論を「爪を見せ始めた」と批判=中央日報 (30コメント)
  • 2020/07/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/20(月) (80コメント)
  • 2020/07/20 11:30 【時事|外交
    製造業の脱中国が加速しても日韓関係は深まらないのか (25コメント)
  • 2020/07/20 07:00 【マスメディア論|時事
    亡くなった方の実家に押し掛けるから「マスゴミ」 (20コメント)
  • 2020/07/20 05:00 【金融
    非上場株式の売却、「法治国家では」とても難しい (28コメント)
  • 2020/07/19 12:00 【マスメディア論|時事
    毒水流すインフラ屋、法で裁けずとも社会的制裁は可能 (32コメント)
  • 2020/07/19 05:00 【外交
    入国拒否:日本育ちでも「帰化していなければ外国人」 (48コメント)
  • 2020/07/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/18(土) (95コメント)
  • 2020/07/18 08:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国が人民元経済圏に入れば日韓通貨スワップは不要に (21コメント)
  • 2020/07/18 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    「発売記念」あらためてスワップについてまとめてみる (7コメント)
  • 2020/07/17 17:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    細かいミス目立つデイリー新潮「韓国とスワップ」論考 (8コメント)
  • 2020/07/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    WTO事務局長選で韓国人候補が日本の支持確保に自信 (46コメント)
  • 2020/07/17 07:00 【政治
    韓経「日本の輸出規制で今月末にWTOパネル設置へ」 (26コメント)
  • 2020/07/17 05:00 【時事|国内政治
    「速やかに回答せよ」立憲民主党の高圧的で無礼な提案 (43コメント)
  • 2020/07/16 11:30 【時事|外交
    出版しただけなのにキャンキャン吠える中朝韓 (30コメント)
  • 2020/07/16 11:00 【マスメディア論|時事
    もりかけ問題で倒れるのは、安倍政権でなく新聞業界か (12コメント)
  • 2020/07/16 07:00 【時事|国内政治
    民主党復活?立憲民主党が「両党解散・新党結成」提案 (24コメント)
  • 2020/07/16 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日韓の戦略的利害はもはや一致しない」 (38コメント)
  • 2020/07/15 17:00 【読者投稿
    【緊急速報】読者投稿特別編 ネコの動画を観るネコ (23コメント)
  • 2020/07/15 15:15 【時事|韓国崩壊
    【二股外交】中央日報「懸案ごとに米中を選択すべし」 (24コメント)
  • 2020/07/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/15(水) (127コメント)
  • 2020/07/15 11:11 【RMB|時事|金融
    香港ドルペッグ問題と「人民元の国際化」という空論 (11コメント)
  • 2020/07/15 07:00 【マスメディア論
    新聞と新聞紙は別物:「インクなし新聞紙」の衝撃 (30コメント)
  • 2020/07/15 05:00 【数字で読む日本経済
    【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売 (14コメント)
  • 2020/07/14 15:30 【時事|外交
    防衛白書、「韓国との防衛協力と連携」をバッサリ削除 (41コメント)
  • 2020/07/14 11:00 【時事|韓国崩壊
    「徴用工は韓国政府が補償すべき」の真意をどう読むか (58コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。