インドガス漏洩事故の続報の少なさと「信頼」のもろさ

先日の『「なぜ繰り返される?」…インドで悲惨なガス漏れ事故』でも取り上げた、7日にインド東部で発生したガス漏洩事故を巡っては、続報がほとんど見当たりません。本来、悲惨な事件や事故については、加害者による謝罪と賠償、真相究明と再発防止策が不可欠なのですが、それを期待することはできるものなのでしょうか?

続報がほとんどない、インドのガス漏洩事故

先日の『「なぜ繰り返される?」…インドで悲惨なガス漏れ事故』では、インドでスチレンガスが漏洩し、多くの死傷者が出るという悲惨な事故が発生した、という話題を取り上げました。

いくつかのメディアの報道によれば、これはインド東部アンドラ・プラデシュ州にある、韓国のLG化学の子会社である「LGポリマーズ・インディア」の工場で、深夜ないしは早朝に、冷凍されていたはずのスチレンが漏洩。10人以上が亡くなり、大勢の方々が病院に搬送された、というものです。

ただ、大事故であるわりには報道が少なく、また、続報もあまり見られません。

こうしたなか、昨日は韓国メディア『東亜日報』(日本語版)に、こんな記事を発見しました。

LG化学、印工場事故で謝罪

LG化学がインド現地の化学工場で起きたガス漏れ事故と関連して、現地で謝罪文を<<…続きを読む>>
―――2020/05/11 07:29付 東亜日報日本語版より

記事によると、LGポリマーズ・インディアは「被害者と遺族を支援するために対策組織を設置し、葬儀の支援とともに被害者への医療支援を行う」などと述べるとともに、LG化学の辛学喆(しん・がくてつ)副会長ら役員が現地に向かうと決めた、などとしています。

コロナ騒動の影響もあり、すぐに現地に向かうことが難しい、という事情もありますが、それにしてはずいぶんと動きがスローモーであるように思えるのは気のせいでしょうか。というのも、すでに7日の事故から1週間近くが経過しているからです。

また、LG化学が「事態を厳しく認識し、責任をもって収拾する」という姿勢はわからなくもないのですが、加害者である以上、みずから責任を持って事態を収拾しなければならないのは当たり前の話であり、そんなことをわざわざ述べる必要はありません。

いずれにせよ、加害者であるLG化学に求められることは、被害者に対する真摯な謝罪と十分な補償であり、真相の徹底的な究明であり、そして再発防止策の策定と公表、実施であることは間違いないでしょう。

加害者の分際で開き直る:事例①ラオスダム事故

ただ、国境をまたいだ経済活動が活発化するにつれて、「加害者でありながらシラを切り通し、徹底的に開き直った」という事例もないわけではありません。

たとえば、2018年7月にラオスで発生したダム事故を巡っては、ラオス政府が第三国の専門家らに依頼して作成した事故調査報告書で、「不可抗力によるものとは結論付けられない」、とする調査報告がすでに公表されています(『ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業』参照)。

ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業

というよりも、調べれば調べるほど不可解な点が多く、たとえば、事故を発生させたダムの建設に関わっていた企業が、利益幅を増やすために材料費を引き下げ、その過程で安全性が損なわれた、とする報道もありました(『ラオスダム事故巡るハンギョレ報道が事実ならば、許されない』参照)。

また、事故直後には、現地で陣頭指揮を執るべき韓国人の技術者・責任者らが真っ先に逃げだた、といった報道もあったようです(『ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか?』等参照)し、呆れたことに、事故調の報告書直後には、加害者側が

独立専門家委員会の調査結果には科学的・工学的根拠が欠如しており、経験的推論に過ぎない調査結果に同意することはできない

などと開き直った、という出来事もありました(『韓国にはラオスダム決壊の加害者という意識があるのか』等参照)。

加害者の分際で開き直る:事例②火器管制レーダー照射

こうした事例は、民間企業だけでなく、国と国との間で生じる可能性もあります。

その典型例が、2018年12月20日に石川県能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で発生したとされる、韓国海軍駆逐艦「広開土大王」による海自P1哨戒機に対する火器管制レーダー照射事件で、加害者である韓国政府が徹底的にウソをつき通したという事件です。

といっても、韓国政府側のウソは素人目にも明らかなほど杜撰なものでしたが(たとえば「悪天候のため稼働したレーダーがたまたま当たっただけだ」、など)、防衛省が証拠動画をユーチューブ上に公表するやいなや、「むしろ日本側が威嚇飛行を行った」と逆ギレ。

さらには、事態を収拾するための両国政府間の協議内容を、ウソの内容を含めて勝手に公表する(※ウソの内容を)など、日本どころか国際社会をも徹底的に欺く行為に出ました。

いずれにせよ、韓国軍の行いは、(いちおうは)同じ米国の同盟国である日韓両国の信頼を踏みにじる行為でもありますし、環境が環境なら、韓国が行ったことはれっきとした「戦闘行為」とみなされる危険性もあります。

それにも関わらず、現時点に至るまで、韓国政府は責任者の処罰や日本に対する謝罪、再発防止策などを一切講じていないだけでなく、この事件そのものを認めていません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

日本語には、「信頼」という言葉があります。

これは、私たちの文明社会を成り立たせている基本的な要素のひとつですが、それとともに、「築き上げるのは難しいが、非常に壊れやすい」という特徴があります。そして、今回のような事故が繰り返されること自体、「文明社会に対する挑戦」であるとしか思えません。

インドのガス漏洩事故で亡くなられた方々のご冥福と負傷された方々の一日も早い快癒を祈りたいと思いますが、それと同時に本稿では、非常に残念なことに、信頼が踏みにじられ、破壊されたという事例を、あわせて2つほど紹介しました。

文明社会の一員として、今はただ、加害者が誠意をもって真相究明と被害者への十分な補償を行うことを願いたいと思っていますが、現代文明の恩恵を受けている私たち日本国民としても、事態の推移については追及する必要があるのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. 月長石 より:

    新宿会計士様

    更新ありがとうございます。

    事故の続報がAFPにありました。
    https://www.afpbb.com/articles/-/3282455?cx_part=search
    動画:ガス漏れ起きたLG化学工場、群衆が犠牲者の遺体担ぎ閉鎖要求 インド
    ーーーーーーーーーー

    担ぎ出された遺体は3体。包んだ黒い布から足がはみ出していたとの記載があったので、記事中にあったビデオへのリンクをクリックする勇気はありませんでした。。。

    特に興味深かったのがこの部分です。

    >>当局は、ガス漏れをめぐり過失致死容疑で捜査を開始。また同国で環境関連事件を管轄する裁判所はすでに、同社に対する仮処分として罰金620万ドル(約6億6000万円)の支払いを命じている。

    仮処分で腕に罰金の請求が出されていますので、責任転嫁して知らんぷりはまず不可能だと思います。

    1. 月長石 より:

      仮処分で腕に 

      仮処分で既に
      の誤りです。失礼しました。

  2. ブルー より:

    反日行動にも見られる「自分らの思い込み以外受け付けない。」という韓国の甘えが、経済発展による韓国の様々な海外出張活動によって嫌応なしに日本相手以外のところでも出てくるようになったのでしょうか。
    海外からの称賛だけ聞いて批判は無視する態度もそれを助長しそうです。こうなってみると韓国の海外経済活動の発展は、その足場となる諸外国にとって迷惑以外の何物でもないように思える。
    韓国の在外技術投資活動はあらゆる意味で災難の元、みたいなコンセンサスが海外に形成されてしまった場合どうなるのかを韓国は考えた方がいい。

    1. 阿野煮鱒 より:

      > 国の在外技術投資活動はあらゆる意味で災難の元、みたいな
      > コンセンサスが海外に形成されてしまった場合どうなるのか

      ご安心ください。この世界は、日本も含め、韓国に騙される情弱国家ばかりです。韓国は何十年もあの手のろくでもない商売を続けてきましたが、日本もラオスもインドネシアもUAEもインドも、性懲りも無く韓国とビジネスを続けてきました。

      いい加減気づけよと思うのですが、気付かない物なんですねえ。不思議です。

      1. 名無Uさん より:

        阿野煮鱒様へ

        世界各国でネット環境が揃ってきている現在、韓国に騙される情弱国家ばかりとは限らなくなりつつあります。
        表面のメディアには現れない地下の部分では、マグマのように嫌韓が広がりつつあります。こちらがメディアが記事にしてこない、各国国民の本音の部分でしょう。
        楽韓さんは、ベトナムで広がりつつある嫌韓を記事にしております。

        http://rakukan.net/article/474466210.html

      2. ブルー より:

        阿野煮鱒様
        しかしながら中東のビジネスでも韓国は不具合の発覚やらイランともISD訴訟での支払いなどの揉事ばかり持ち上がってるようですが…。
        一番いいのは最初から問題を起こさないことなんですよ。そうすれば姑息な工作なんぞ要らない訳でもしホントにそうなら韓国は不必要なコストをそんなところで費やしているというしかありません。

      3. ブルー より:

        阿野煮鱒様

        またもし韓国に阿野煮鱒様と同じような考え方が存在しそこに安住するとすれば、要するにいつまで経ってもそうしたビジネスで韓国の技術に信頼性という付加価値が付かず、安く買い叩ける相手、賄賂を要求出来る相手、と韓国が見られ続ける道を選んだことに他ならない訳です。

      4. ブルー より:

        阿野煮鱒様

        前例めいたものが無い訳でもないんですよ。韓国の造船会社はかつて海洋プラント事業に参入していて、造船不況の救世主なんて海洋プラント事業が持ち上げられてた時もあったのですが、実は安さで中共企業に勝てず、技術と信頼性では日本企業に劣る韓国の海洋プラント事業は大赤字であり、韓国の造船会社、大宇造船海洋はその巨額な赤字を隠していたことが発覚し、倒産の危機にまで追い込まれましたが公的資金の注入で何とか生き延びました。ことほど左様にただビジネスがありゃいいってモンでもないです。

    2. 阿野煮鱒 より:

      皆様がおっしゃるような事は私は二十年以上前から認識していましたよ。
      問題は、今も世界各国で韓国がビジネスを続けていられるという現実です。
      実際問題として、韓国の貿易収支は一貫して黒字でした。
      私を説得しないで、韓国と喜んで取引している国家・企業を説得してくださいな。

      1. ブルー より:

        阿野煮鱒様

        食べることが単なる栄養摂取だけを意味しないのと同じように反駁は必ずしも相手の説得だけを意味しません。
        こうした衆人環視の掲示板ではなおのことです。
        また取り引きのある、なしで勝ち負け判定するゲームに参加するつもりもありません。
        それより阿野煮鱒様が早々に持論の補強を放棄なさって説得力を増そうとしないのが不思議です。
        判るってことは、判った事が自然に意見に反映されるってことなんですがそれが全く見えません。これはどうなんでしょうというところです。

      2. ブルー より:

        阿野煮鱒様。
        現実です、と書く時に気を付けなければいけないのはそれだけではそう書く書き手がそのように認識してる「現実」に過ぎない、という事です。
        韓国は北朝鮮ではありません。経済封鎖を受けている訳でもありません。そうして韓国に企業があり活動している以上、各国と取り引きがあるのは「当たり前です」。取り引きがある、というだけでは何かの証明にはなりはしないのです。

      3. ブルー より:

        阿野煮鱒様

        日本のただの取扱い変更に過ぎない「禁輸措置」に韓国が執拗に抗議していることからも判るように、韓国というのは素材や部材を輸入しています。それを加工して輸出して利ザヤを稼いでいる、というのが韓国製造業のザックリと大雑把に捕らえた姿です。
        貿易収支というのは輸出から輸入をマイナスした数字です。韓国の場合は貿易黒字は筋悪の場合があって、それは製品製造の量が下がって部材・素材輸入が減った時です。それだと輸出量が上がらなくても黙っていても貿易黒字になります。単に輸出から輸入を引いた数がプラスなだけだからです。そうして韓国の製造業不振が同時に進行するという訳です。

  3. カズ より:

    先日の稿での「パーヨクのエ作員」様のコメントに深い感銘を受けましたので、全文を転載させていただきます。

    *****
    パーヨクのエ作員
    2020/05/11 at 08:08

    9.社会における行動様式にて「権利」と「義務」が二者間に対等に存在せず片方のみ偏在するから。

    ポッケナイナイの行動様式がそう。
    そもそも中抜きを実施する余裕のない予算にて上位存在が中抜きをする権利を持ち、下位存在が結果を出す義務を持つ状況自体が、上位だけが権利を持ち、下位は義務のみ負う状況です。
    このように半島の社会では権利と義務が偏在しています。

    KYによるPDCAサイクル改善は上位に自他が規定を遵守する「義務」を持たせ、下位には現場環境や実施手順を安全方向に改善を要求する「権利」を持たせないと機能しないです。

    同じ事故が発生するのは行動様式に起因する為ですから口で何を言っても改善は不可能なのです。

    以上です。駄文失礼しました。
    *****

    *駄文だなんてとんでもないです。まさに正鵠を得た指摘であり、同じことが繰り返される所以なのだと思いました。

    1. ブルー より:

      > KYによるPDCAサイクル改善は上位に自他が規定を遵守する「義務」を持たせ、下位には現場環境や実施手順を安全方向に改善を要求する「権利」を持たせないと機能しないです。
      同じ事故が発生するのは行動様式に起因する

      韓国には上記が文化的人間関係的に成立しないから本質的に改善が難しい、という趣旨には全くその通りだと思います。今の韓国を見事にバッサリと斬っているという感じがします。

  4. 匿名 より:

    スチレンの毒性ってあんなに高いんだろうか?一酸化炭素もおもらししてたのかと思った。

    1. 匿名 より:

      ワシもそう思う。
      5,6年ほど前に韓国内で起こったようなフッ酸(フッ化水素)ガス流出が起きているのかも知れない。

    2. 韓国在住日本人 より:

       匿名 様

      2020/05/09 05:00 「なぜ繰り返される?」…インドで悲惨なガス漏れ事故のコメント欄にも書いたのですが、スチレンの毒性について再度掲載します。

       スチレンモノマーはすぐにガス化するので、以下は気体として扱います。蒸気圧は25℃で810Paですが、インドは気温が高いのでもう少し値は大きくなると思います。

       人間の場合、 吸入 LCLo(最低致死濃度) 10,000 ppm[42,600 mg/m3](30min)

       また、LC50(半数致死量)は
       ラット 吸入 LC50 11,800 mg/m3(4hr)
       ラット 吸入 LC50 2,770 ppm[11,800 mg/m3](4hr)
       マウス 吸入 LC50 9,500 mg/m3(4hr)
       マウス 吸入 LC50 21,000 mg/m3(2hr)
       マウス 吸入 LC50 4,940 ppm[21,040 mg/m3](2hr)

       ソース
       https://www.env.go.jp/chemi/report/h27-01/pdf/chpt1/1-2-2-08.pdf

       他のガスを調べると
       サリン 1.2ppm 
       イペリット 23ppm
       ホスゲン 79ppm
       シアン化水素 180ppm
       硫化水素 500~800ppm
       塩素 650ppm
       一酸化炭素 1500ppm
       二酸化炭素 100000~150000ppm (動物の種類や暴露条件は省略します)

       家庭内での中毒や自殺等で使用される塩素、硫化水素、一酸化炭素よりもLC50は低いです。

       駄文にて失礼します。

      1. buchineko より:

        韓国在住日本人
        2020/05/12 at 14:13 様

        ありがとうございます。スチレンの致死量 、シンナー以上ですね。
        私は、趣味でボートを作ってますが、FRP積層のとき、中毒になりかけて、有機溶剤用マスクを買いに走ったことがあります。エポキシ樹脂はたかいので、不飽和ポリエステル樹脂(溶剤は スチレン)使用で、露天なので甘くみていましたが、結構くらくらときました。あれが原液なら…..

      2. 匿名 より:

        どうもありがとうございます。

        ちょっと高校物理の状態方程式を思い出してみました。

        pV=nRT p:atm, V:L, n:mol, R:8.314, T:Kでしたよね。
        1 m3中に含まれる810 Paの分圧を持つ気体の298 Kにおけるmol数は
        810/1013^2 x 1000 = 8.314n x 298から n=0.00323 mol
        スチレンがC8H8で分子量が12×8+8=104 g/molだから
        0.99323 x 104 = 0.335 = 335 mg/m3

        あってますかね?飲めばヤバいけど50度の蒸気でも死ぬところまでは行けないような。ってか50度の蒸気吸って死ぬくらいなら毒物指定されてないとおかしいですけど、ダイヤモンドもHealthは2ですし。
        https://en.wikipedia.org/wiki/Styrene

        怪しすぎる・・・

        1. 匿名 より:

          0.99323ではなく0.00323です。

        2. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

          匿名様

          液体として漏出したとすれば、問題は少ないかもしれませんが、
          爆発して噴出したとすれば、広範囲において、高濃度になった
          可能性があります。

          何とも判断がしにくいのが現状です。
          今は、新しい情報を待っています。

        3. 匿名 より:

          なんか続報全然出ないですね。

          工場内で噴出物を浴びたとか、「ミスト」みたいな凝固した白煙を吸い込んだとか、高温ガスを浴びてやけどして死んだとかならまだわかるんですけど。韓国在住日本人が前記事でおっしゃってたアクリロニトリルならまだしも。

          そもそも論として、スチレンの製造過程ならともかく重合反応するのにガス化する意味がわからない。貯蔵も送るのも普通は液状でしょ。気相重合反応で普及品を大量生産とか新しすぎw

        4. 匿名 より:

          あら、さんが抜けました。失礼しました。

        5. 匿名 より:

          スチレンって直前に蒸留して不純物を除いてから使うもんなんですかね?

        6. ボーンズ より:

          輸送や長期保存するスチレンモノマーでは、重合禁止剤を添加してあるので、使用時蒸留などにより重合禁止剤を除去してから使用します。

      3. 韓国在住日本人様,匿名様,成功できなかった新薬開発経験者様

        >今は、新しい情報を待っています。

        韓国での報道は、元々インドの会社を買収した、現地のインド人の管理悪かった
        だから、韓国よりインドの責任が多いとしたいようです。

        Choson人のコメントは相変わらずで、
        英国のガーディアンが報道多いと、
        オキシ加湿器殺菌剤忘れていないのコメント多数です。

        インド、LG化学(LG Polymers,LG폴리머스는)に”‘事故原因物質’すべて韓国に移せ”
        https://news.v.daum.net/v/20200512145441755
        2020.05.12.14:54修正2020.05.12.15:38
        (ニューデリー=聯合ニュース)

        https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12596642871.html
        https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12596765573.html

        新しい情報は

        LGポリマースガス漏れの場合の衝撃的なFIR、会社名も責任もない
        https://navbharattimes.indiatimes.com/state/other-states/other-cities/andhra-pradesh-police-not-filled-fir-on-company-name-in-vijag-gas-leak-case/articleshow/75709810.cms
        シャシミシュラ編集| NavbharatTimes.com |更新:2020年5月13日、午前11:30:00

        https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12596773745.html

        >スチレンガスはFIRに記載されていません。
        FIRには会社の名前はありません。
        FIRセクション278(環境を健康に害を及ぼす)、284(有毒物質に関連する不注意な行為)、285(危険な物体に対するあらゆる種類の行為)。
        事件は304-IIに基づいて登録されています
        工場は何の責任もなく実行されていました

        当時、工場には24人がいて、その半分は契約社員でした。
        監督の下で彼が働いていた何人かのエンジニアがいました。
        彼は状況を処理した経験がありませんでした。

        インドの会長兼マネージングディレクターであるSundar JeongでテクニカルアドバイザーのDongsoo Kim DiazであるLGポリマー(LG Polymers,LG폴리머스는,ఎల్జీ పాలిమర్స్)社に送信された電子メールには返信がありませんでした。
        事件の夜、これら2人の警官はどちらも工場にいなかった。
        5月9日、LGポリマー(LG Polymers,LG폴리머스는,ఎల్జీ పాలిమర్స్)はこの事件の影響を受けた者全員を連れ去った

        さあ、どう証拠隠滅するか、相談中のようです。

  5. だんな より:

    韓国と信頼を結びつけるなら、「必ず嘘を付く」「必ず約束を守らない」の二点は、信頼しています。
    今回は、インド政府が逃がさないと思います。
    今迄も、散々違法操業をしていたようですので、責任者の刑事裁判まで、行くと思います。
    韓国政府は、まだダンマリで、モディ大統領はご立腹だと思います。

    1. 阿野煮鱒 より:

      韓国とインドの関係というとヘーベイ・スピリット原油流出事故が思い起こされます。理不尽なOINK裁判でインド人の船長と一等航海士が長期間拘束されました。インドでは一時期、韓国ボイコット運動が起こりましたが、嫌韓は定着することなく忘れ去られました。

      証拠はありませんが、私は韓国が外国で何かやらかす度に、韓国政府筋がそれなりの工作資金を投入して火消しをしていると思っています。韓国人は、真っ当な謝罪と賠償は意地でもしませんが、自分たちの名誉()を高めるための裏工作には努力を惜しみませんので。

      最近はお見えにならないチキンサラダ様が、東南アジアでは日本より韓国の方が人気があるとおっしゃっていました。ラオスでダム決壊が起こったことは何の影響もないようです。

      かくのごとく人類は工作に弱く、韓国人にとっては真っ当ではない方法で世界に信頼を築くのは容易なことのようです。

      私は、これまでの実績に鑑み、この世界が韓国と韓国人の真相を認識することに悲観的です。今後も人類は何度でも騙され続けるでしょう。二十万人のいたいけな少女達が性奴隷にされたことが世界の常識になったように。

      この状況を覆すには、日本が恥も外聞もかなぐり捨てて相手の土俵に降り、韓国の悪行の数々を世界に言いふらさなければなりません。それは日本人の美学に反するのでできないでしょう。

      1. ブルー より:

        阿野煮鱒様

        それは韓国の今の不況から目を反らしてるだけの話ですね。不誠実さで韓国が失っている様々なビジネスチャンスというのは最初から無いモノですから阿野煮鱒様には認識の外の話ですが、現に韓国経済が特定国への貿易なかんずく特定の製品輸出にしか活路を見出だせないモノになってる以上、それは空前の好景気であった間にそれ以外の産業活路を構築出来なかったという有り様であって、それはつまり不誠実さにより次々とビジネスチャンスを潰していった結果に他なりません。なぜなら韓国製品は安さで中共製品によって駆逐され続けている一方で見られなくなった韓国製品を懐かしむ声もまるで聞こえないからです。

  6. わんわん より:

    個人的感想ですが
    日本のメディア(新聞・テレビ等┅オールドメディアと呼ばれ媒体)は元々国際的報道は少ないと感じます
    元々少ないので続報も少ない

    報道(主にテレビ)の違和感
    メディア批判の記事(インドをキーワードに検索)がありました
    内容を要約すれば企業名や企業国籍を隠した報道や報道自体をしなかった媒体の名指し非難です
    注∶記事自体に誤りが多く信頼性が低い

    具体的に言えば
    企業名・企業国籍を隠して報道
    TBS ・日テレ・テレビ朝日(記事では報道自体がなかったとされてますが私には自身がネットで見ています)
    報道自体がなかった
    読売新聞・毎日新聞(意外にも朝日新聞は通常報道企業名・企業国籍を明示して報道)

    NHKは通常報道されたとされてますが
    NHKニュースサイトを確認したところ記事が見当たりません
    「インド 事故」で検索→該当が1件(出稼ぎ労働者の事故)
    しつこく「インド」で検索
    やっと見つかりましたが最終更新の文字
    内容を確認したところ化学工場での事故のみ
    企業名・企業国籍がありませんでした

    企業名・企業国籍を隠蔽する意味について考えさせられました

  7. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    会計士さんのタイトル【インドガス漏洩事故の続報の少なさと「信頼」のもろさ】が【インドカス〜】に見えてしまいました(笑)。そうですね、インドがカスなはずがない。カスは南朝鮮でした。

    橋を作っては折れ、高層ビルを作っては傾斜してツインタワーのもう一方の日本企業建設側が支えるカタチになっているわ、ダムは決壊して崩落するわ、百貨店は崩壊するわ、、。

    「韓国にさせるからだ」と言うのは簡単、安っすい見積もり出して、日本が太刀打ち出来ないようにして契約を取り、後で追い金を要求するのが中、韓のやり方です。または、チョクトセンとかで期日より早く突貫工事で作ったら、ボーナスを貰えるよう契約時に入れておく。無茶苦茶ですわな。

    でも、日本も分かっていながら性懲りもなく引っかかりました。ましてや中進国や未開国なら、喜んで契約にサインするでしょう。コレはまだまだ繰り返される悲劇と思います。

    民族を四散させない限り、世界で事故起こす。正直言って、モノ作りなーんて、一番苦手だと思う。地道な努力、何十年、百年後のあるべき姿が描けない。とにかく作る(失笑)

    工場管理・プラントも同じです。マニュアル通りやらない、いつも責任者がいない(爆笑)、もはや世界中のガン、いやコロナウイルス級の悪です!

  8. >ガス漏れ起きたLG化学工場、群衆が犠牲者の遺体担ぎ閉鎖要求 インド
    https://www.afpbb.com/articles/-/3282455?cx_part=search
    2020年5月11日 10:20

    YahooでLG、インドで検索ではこれが最後みたです。

    >インド、LG化学(LG Polymers,LG폴리머스는)に”‘事故原因物質’すべて韓国に移せ”
    https://news.v.daum.net/v/20200512145441755
    2020.05.12.14:54修正2020.05.12.15:38
    (ニューデリー=聯合ニュース)キム・ヨンヒョン特派員

    https://ameblo.jp/yukibakda/entry-12596642871.html

    州政府、スチレン1.3万t返送命令..”8千tはすでに船籍(船積み)”
    外信など”環境規定違反”..LG化学”必要な許認可受けて”

    インドの州政府がガス漏れ事故と関連し、LG化学(LG Polymers,LG폴리머스는)側に事故の原因物質として知られているスチレンを韓国にすべて移せと指示した。

    12日、インドの業界​​と現地メディアによると、
    Y・S・ジャガン・モハン・レッディ(Y. S. Jaganmohan Reddy,వై.ఎస్. జగన్మోహన్ రెడ్డి)州首相は、LG化学系列LGポリマース(LG Polymers,LG폴리머스는)側に1万3千t分のスチレン在庫を韓国に返送しろと命令した。

  9. M より:

    皆さま

    妄想、じゃなかった、予想です。

    次の K式大規模事故は、UAE のバラカ原子炉と睨んでます。
    昨年の、建屋コンクリート壁、漏出テスト。
    コンクリート注入だけで漏れています。
    1mの厚さの壁から漏れるとか、どんだけ杜撰なんだろう。

    いろんな意味で操業開始を見守ります。

  10. SE より:

    重箱の隅をつつくようですが、

    >これは、私たちの文明社会を成り立たせている基本的な要素のひとつですが、それとともに、「築き上げるのは難しいが、非常に壊れやすい」という特徴があります。

    信頼は未来に対する期待、信用は実績の評価を指しますので
    信用の方が適切ではないでしょうか。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。