日本主催の観艦式の参加を韓国政府が「暫定的に決定」

参加する、参加しないを巡る話題の暫定的な結論が出たようです。韓国メディアの報道によると、韓国国防部と海軍は27日、わが国が来月6日に相模湾で主催する国際観艦式に海軍艦艇を派遣することを「暫定的に決定した」と発表したようです。ただ、そうなると、旭日旗アレルギーという自家中毒に韓国自身が向き合わなければならなくなります。

苦渋の選択?結局国際観艦式に艦艇派遣へ=韓国海軍

先日の『韓国が観艦式への招待状に返答せず:追い込まれる韓国』でも取り上げた話題が、来月6日に相模湾で開かれる予定の国際観艦式に、中国と韓国の2ヵ国が招待状を受け取っていながら、期日までに返答をしていないとする問題です。

これに、続報が出てきたようです。韓国海軍は結局、来月の観艦式に艦艇を派遣すると決めたようです。韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の報道によると、韓国国防部と韓国海軍は27日、韓国海軍艦艇を派遣すると発表したそうです。

韓国 自衛隊国際観艦式に艦艇派遣へ=旭日旗問題で波紋も

―――2022.10.27 21:24付 聯合ニュース日本語版より

韓国にとって「参加しない」というのはありえない選択

想像するに、これは韓国政府にとって、おそらくは苦渋の選択だったのでしょう。

先日からの繰り返しになりますが、そもそも韓国にとって、今回の観艦式をボイコットするという選択肢はありませんでした。というのも、今回の「国際観艦式」、日本は西太平洋海軍シンポジウム(WPNS)参加国(合計21ヵ国)のうち、ロシアを除くすべての国に招待状を発送したからです。

「ロシアを除くすべての国」、というのが重要なポイントです。

ロシアといえば違法でいわれのないウクライナ戦争を仕掛けた無法国家であり、現在、西側諸国を筆頭とする国際法を重んじる国々が、何とかしてロシアによる違法なウクライナ侵略をやめさせようと努力している最中でもあります。

日本がWPNS参加国のうち、敢えてロシア「だけ」を外して招待状を発送したこと自体、観艦式主催国であり、米国、英国、欧州諸国などとともに西側諸国の重要な一員を構成している日本が、ロシアによる侵略を絶対に許さないというメッセージでもあります。

したがって、正当な理由もないのに、もしもこの観艦式に参加しなかったならば、その国はロシアによるウクライナ侵略に毅然と対処する意思がないとみなされても仕方がないのです(実際、中国あたりは回答期日までに参加連絡をしていないようです)。

しかも、今回の観艦式では、捜索や救難を目的とした多国間共同訓練なども予定されており、北朝鮮がミサイルをあいつで発射するなかで韓国が観艦式に参加しなければ、そのこと自体が韓国軍にとって、大きな機会損失ともなりかねません。

その意味では、韓国にとって「参加しない」というのはあり得ない選択肢だったのです。

旭日旗アレルギー問題という自家中毒

ただ、参加するなら参加するで、もうひとつ、大変困った問題が生じます。それが「旭日旗アレルギー(?)」問題(?)です。

この問題、もともとは2011年1月25日のAFCアジアカップの日韓戦において、韓国の奇誠庸(き・せいよう)選手が日本を侮辱する猿真似パフォーマンスを行った際、苦し紛れの言い訳として「スタジアムの旭日旗を見てカッとなった」と述べたことで、突如として浮上したものです。

そして、この「猿真似パフォーマンス事件」以降、韓国社会ではこの旭日旗を巡り、「日帝の軍国主義の象徴」、「ナチスのカギ十字と同様の戦犯旗」、などとする珍説が、すっかり定着してしまった感があります。

もちろん、当たり前の話ですが、「旭日旗=戦犯旗」という韓国国内の認識は誤りです。ここでは菅義偉総理のもとで官房長官を務めていた加藤勝信氏が2021年5月18日の会見で述べた、次の見解を改めて確認しておきましょう。

旭日旗の意匠は日章旗同様、太陽をかたどっており、大漁旗や出産・節句の祝い旗等、日本国内で現在までも広く使用されているものであり、特定の政治的・差別的主張である等の指摘は当たらない。政府として、韓国を含め国際社会に向けて、旭日旗の掲示が政治的宣伝にならないという考えを累次の機会に説明しており、今後ともそうした説明を継続していきたいと考えている」(外務省ウェブサイト『旭日旗』より)。

問題は、それだけではありません。

韓国系の市民団体が明らかに旭日旗と無関係な意匠に対しても、「これは旭日旗のようなものだ」などと言いがかりをつけて修正を強要する、といった、一種の「旭日旗ヘイト」のような事件も、世界で多発しているのです(たとえば『LAの学校の壁画が修正へ 被害者でなく加害者としての韓国』等参照)。

つまり、この旭日旗アレルギーは、いまや日韓関係の枠を越えて、韓国が全世界に対して「加害者」となっている格好です。

しかも、この「猿真似事件」が発生する以前に、韓国が旭日旗を「戦犯旗」などと称して苦情を申し立てていたという事実は存在しませんし、この旭日旗を「戦犯旗」などと問題視している奇特な国といえば、世界広しといえども韓国か、せいぜい「北の同胞」くらいなものでしょう。

ちなみにあの中国でさえ、「旭日旗を戦犯旗などと呼んで問題視する」、といった行動を取っていません。実際、2019年には中国・青島で行われた国際観艦式でも、日本の自衛艦が旭日旗を掲揚して堂々と入港しているほどです。

いわば、旭日旗アレルギー問題は、韓国国内で一種の自家中毒のようになってしまっている、という言い方をしても良いでしょう。

旭日旗で全世界に恥をさらした2018年の国際観艦式

ちなみに「観艦式と旭日旗」といえば、2018年10月に韓国海軍主催した国際観艦式のことを思い出しておく必要がありますよっぽど旭日旗が嫌いだったのか、韓国政府は日本政府に対し、自衛艦旗を掲揚しないように要求してきました。

しかも、日本に対してのみそれを要求すると矛盾すると考えたのか、観艦式への参加国すべてに対し、艦旗を掲揚しないように求めるという非常識ぶりでした。これに対し、日本は最終的に、自衛艦旗を降ろすことは拒否するとの考えから、この国際観艦式への参加を拒絶しました。

こうした一件があったためでしょうか、世界の海軍では、「韓国が日本の旭日旗を問題視しているらしい」という事実は有名になってしまったようです。(※なお、これはもちろん、「世界各国が韓国の立場に理解を示している」、という意味ではありません)。

もっとダイレクトな言い方をすれば、韓国はこの旭日旗ヘイトのあまり、全世界に恥をさらしてしまった格好です。そして、この一件以降、旭日旗問題、すでに日韓問題の枠を越えてしまっています。旭日旗を「戦犯旗」と呼ぶことの滑稽さに気付いていないのは、世界でも韓国人くらいなものでしょう。

したがって、今回、韓国政府が(いちおうは)観艦式への参加を決めたことで、次に生じてくるのが旭日旗問題であることはいうまでもありません。

2018年の観艦式は韓国が主催したものであるため、主催国の意思に基づき、旭日旗を排除するという行動を取ることはできましたが、さすがに今回は不可能です。主催国は韓国ではなく日本だからです。

もしかすると水面下で韓国政府は日本政府に対し、「今回の観艦式では旭日旗を掲揚しないでほしい」、などと要求しているのかもしれませんが、かつての「外交事なかれ主義」だった時代ならともかくとして、現在の日本政府(とくに防衛省)がそれに応じる可能性はゼロです。

したがって、韓国海軍艦艇は、旭日旗がはためくなかを航行しなければならないわけです。これに韓国の世論が耐えられるでしょうか。

韓国の世論を納得させるのは韓国政府の仕事

実際、先ほど紹介した聯合ニュースの記事にも、こんな記述があります。

自衛艦旗には太平洋戦争当時の旧日本軍の軍旗だった旭日旗が使われるため、韓国内では観艦式への参加を巡り論争が起きており、波紋が広がりそうだ」。

観艦式への参加を決定した政府の判断に反発が起きる可能性と関連して軍の関係者は、『海上自衛隊旗は1953年から使われ、中国を含む国際社会がこれを正式に受け入れている点など国際慣例を考慮した』と説明した」。

「論争が起きている」のも「波紋が広がりそう」なのも、すべて韓国国内の話であり、私たちの国・日本にとっては無関係です。勝手に「論争」すれば良いと思いますし、勝手に「波紋」が広がれば良いのではないでしょうか。

当たり前ですが、韓国で勝手に「論争」が生じ、「波紋が広がる」のは自由ですが、韓国の世論を納得させるのは韓国政府の仕事であり、日本政府の仕事ではありません。

また、「中国を含む国際社会が正式に受け入れている」云々のくだりも意味不明です。だったらなぜ、2018年の観艦式で旭日旗の掲揚を拒絶したというのでしょうか?

まだ「暫定決定」らしい

ちなみに聯合ニュースによると、NSC常任委員会でも「参加を巡り賛否が入り乱れた」が、最終的に韓国政府は「これまでの世論の動きを見極めつつ、各界の専門家などの意見を取りまとめたうえで決定した」、などと伝えています。ただし、聯合ニュースによると、こんな記述もあります。

公式発表に先立ち政府高官は同日、聯合ニュースの取材に対し、午前に開かれた国家安全保障会議(NSC)常任委員会で観艦式への参加を暫定決定したと明らかにした」(※下線は引用者による加工)。

そもそも招待状への返答期限が今月12日だったのに、その期限から15日も遅れて27日になって参加を決定したというのにも驚きますが、現時点においても「暫定決定」、というわけです。要するに、韓国国内の反発次第では、参加取りやめもあり得る、ということでしょうか。

最後の最後まで「参加する」、「参加しない」などの論争が韓国国内で勝手に発生するのかもしれません(※勝手にやれば良いと思いますが…)。

韓国が参加した場合には国内世論の批判、参加しなかった場合には国際世論の批判。それぞれ韓国にデメリットが生じる格好ですが、それは尹錫悦(いん・しゃくえつ)政権が好きな方を選べば良いだけの話であり、わが国にはまったく無関係です。

その意味では、日本として「韓国に選択肢だけ与え、それを韓国に選ばせる」という対応は、決して悪くないのです。

読者コメント一覧

  1. MXTJ より:

    相変わらずの頓珍漢ぶり。
    清々しくもありますな。

  2. WindKnight.jp より:

    最初から、韓国国内だけで収めて、
    あとは慣習だからで推しておけば、
    ここまで面倒な話にはならなかったのにね。

  3. ロム専の通りすがり より:

    来るなら来るで、「どの面下げて」とも思いますね。
    参加云々の前に謝罪すべきことがあるでしょう。

    1. JJ朝日 より:

      アホ面下げて、でしょうか。

      謝罪も無く来港するなら、「えっ?もう参加回答が無かったので錨(怒り)を降ろす場所も、もやい(もやもや)を結ぶビットも無いですけど?」と突き放してやればよいのに。

  4. クロワッサン より:

    >韓国が参加した場合には国内世論の批判、参加しなかった場合には国際世論の批判。

    前者は起きてますが、後者はほとんど起きないと思います。

    なぜなら、国際世論は韓国を批判せずに静かに見捨てる、見切りをつけるだろうからです。

    「言われるうちが華」って事で、一定レベル以下の人は相手にしない「大人の対応」が韓国に当て嵌められるでしょうから。

    まぁ韓国は「自分の考えが周囲に受け入れられた!認められた!」とホルホルするだけでしょうね。

    1. 裏縦貫線 より:

      「もう知らん。勝手にしろ!」→『ワーイ勝手にやっていいってお墨付きをもらったぜぃヽ(^0^)ノ』と幸せ解釈するタイプですね。
      独りでやりたい放題しつつ、こっちをチラッチラッと見てくるのも。

      1. クロワッサン より:

        裏縦貫線さん

        ですです〜。
        韓国側が「後頭部を殴られた!」とか言い出すのを楽しみに待ってますw

  5. マイナンバー より:

    観艦式、とても楽しみですね。台風の進路が気がかり。前回は台風で残念だっただけになおさら。

    1. 理系初老 より:

      観艦式のご案内です。
      https://twitter.com/i/status/1585964318893318144

  6. のりさん より:

    > そもそも招待状への返答期限が今月12日だったのに、その期限から15日も遅れて27日になって参加を決定したというのにも驚きますが、•••

    他の国は返答期限のルールを守っているのに韓国だけ特別扱いするのはいかがなものかと思う。
    「返答期限が過ぎたので貴国は参加できません」
    とした方が良かったのに。

    1. Naga より:

      私も最初はそう思いました。
      しかし、そうすると日本が杓子定規に拒否したという口実を与えし、絶対そう言うと思いました。最後まで注視(楽しみ)ましょう。

  7. 引きこもり中年 より:

    毎度、ばかばかしいお話しを。
    朝日新聞&社民党:「韓国が譲歩したのだから、今度は日本が譲歩する番だ。日本国民の声を代表して、そう訴える」
    これって、笑い話ですよね。
    蛇足ですが、韓国国内で、観艦式参加をめぐって政争になるのではないでしょうか。

  8. 世相世相マンボウ” より:

    快く盛大に旭日旗で歓迎
    してあげましょう。

    主力艦でなく作業船というのが
    笑えますが、
    「火器管制レーダーを参加艦船に
    照射してはいけません」という
    悪ガキ躾けるような参加注意事項
    がいらなくて手間が省けます。

    1. はにわファクトリー より:

      >快く盛大に旭日旗で歓迎

      いいですね、歓迎。
      日本へ侵入するK国人には、旭日旗を横断幕に使って結界を張るのが効果大と常々考えて来ました。空港入国管理区画の壁面に旭日旗、交通機関従業員の胸に旭日旗バッジ、ショップ店員にも旭日旗、極めつけは闘魂(日の丸あり)鉢巻りりしく自警団を編成して繁華街に駐屯。これだけやればK人材を送り込むあのおかしな芸能プロダクションも息の根をひそめるに違いありません。

    2. はにわファクトリー より:

      連投すみません。K国芸能プロダクションの息の根を止める方策を夢想していたので、おかしな日本語になってしまいました。脳内誤字修正お願いします。

  9. 匿名 より:

    WPNS参加国のうち、ロシアを除くすべての国に招待状を発送した

    13ヵ国参加

    前回参加のフランスがいてないようだから対露の意味合いは薄い。
    韓国も無理に参加しなくてもよかったが、
    安保において日本に恩を売った形だ。
    今度は日本が譲歩せねばならない。

    1. みみこ より:

      日本に恩を売った?

    2. TDa より:

      なるほど、こうやって自己正当化するんですね。
      参考になります。

      さすが、アチラ側の思考過程をシミュレーションされるのがお得意ですね。

  10. 農民 より:

     韓国としたら、対中国では期限を破るほど渋ってみせたことで忠義を示し、対アメリカ他へは結局は参加したのだぞと義理を示したつもり、というところでしょうか。
     実際には中国には結局参加かよと罵られ、アメリカには協力関係にケチをつけやがってと呆れられ、日本には「じゃスワップも漁業権もいらんね」と足元を見られるのですが。期限までの回答をしていればいずれかは取れたかもしれないのに、二兎を追った形ですね。それも幻影の。さらにはまだ暫定とか言って、ここまで悪手を凝縮できるのかという徹底ぶり。次は参加表明の効力を停止するのでしょうか。
     そもそも自国主催で好き勝手やる時点で、近いうち日本主催がまわった時に身動きできなくなる事など自明だったはずです。言動が場当たりすぎて矛盾する、ブーメランの元祖本家宗主国はさすがです。

  11. 名無しの権兵衛 より:

     今回、韓国政府が発表した「観艦式参加の暫定決定」というのは、2019年11月に韓国政府が行なった「日韓GSOMIA破棄通告の効力一時停止」と全く同じで、「参加することを決定したが、いつでも韓国政府の判断により取消できる」という「取消権留保付きの参加決定」で、韓国国民に対するいわば「猫だまし(「子供だまし」のほうが適切かも)」のようなものでしょう。
     そして、観艦式に参加(艦船が出港)する時には「暫定的に参加するため出発した(館長の判断によりいつでも参加を取り止めて寄港することが可能)」と発表するのでしょう。知らんけど。
     

  12. カズ より:

    本当は、あめ玉を持ってのお迎えを待ってたんですよね。
    暫定決定も最後まで中国くんに同調したとのカタチ作り。

    要参加国際観艦式。要回避国際韓完式。元から選択の余地無し。

  13. 百十の王 より:

    これも鍋根性(熱し易く、冷め易い)の弊害の一つかと。カッとなって後先考えずに悪手を打った挙句、時が経って熱が冷めると悪手の副作用に悩まされる。仕方なく悪手を引っ込めようとするが決して謝らず屁理屈をこね回す。
    FCレーダー照射、ノージャパン、GSOMIA破棄・・・数え上げればきりが無い。
    韓国には謹んで「ブーメランの迷手」の称号を捧げたい。

  14. こんとん より:

    韓国の暫定参加のために、水面下でも日本政府や外務省が何らかの譲歩をしていないかと言う事に一抹の不安を感じますが・・
    まぁ些細な条件でも交換条件に与えていれば、たとえ水面下でも嬉々として韓国国民の慰撫のために情報はリークされるでしょうから、杞憂だとは思いますが。

  15. んん より:

    日章旗が見えたので
    貴港には寄港せず帰港しました

  16. より:

    正直なところ、「あら、まあ」という感じで少々驚きました。
    客観的に見て、「不参加という選択肢はない」というのは全くその通りだと思いますが、過去にないはずの選択肢をしばしば選んできたお国柄ですし、尹錫悦大統領の政権基盤も盤石からは程遠いものなので、”国民情緒”を押し切ってまで参加を決断する可能性は相当低いだろうと踏んでいたからです。別の見方をすれば、尹錫悦政権の対日対米関係「改善」の意思だけは、私が想定していたものよりさらに強固だったと言えるのかもしれません。少なくとも意志だけは。
    とりあえず、従北左派が蜂の巣をつついたように騒ぎ出すのはほぼ確実であり、同時に支持率がさらに下がる可能性も高いでしょう。これまでも従北左派は「親日政権」というレッテルを貼りつけることに血道を上げてましたから、今回の派遣決定(仮)は、動かぬ証拠として喧伝されることもほぼ確実です。
    同情するわけではありませんが、尹錫悦政権にとって辛いのは、今回の決定が国内向けはもちろん、対外的にもけして得点にはならないことです。日本を含む参加国からは、当たり前のことをしたに過ぎないと見做され、韓国への評価を上げることには繋がりません。せいぜい、観艦式の折に韓国海軍なり国防部の関係者が「大変だった…」と愚痴ったら、「大変だったね」と慰めるくらいが関の山でしょう。

    まだ最終的にどう転ぶかわかりませんが、参加艦艇が出向する際に、かなり大規模なデモが組織されて大騒ぎになるのではないかと期待、もとい心配されます。

  17. はにわファクトリー より:

    水晶玉に未来が見えます。
     「遅れてきた魔女」
    すねものの彼女は土産を受け取ってもらえず恨の念をさらに拗らせることに …

  18. ひやかし より:

    遅れて参加表明、かつ、威勢だけは良さそうなナントカ大王艦ではなく作業船での参加ですか・・・・まるで、なんかの罰で自宅謹慎を命じられ、その「謹慎明け」で恥ずかしそうにオズオズと出てきた、という雰囲気が醸し出されています。他の参加国もそんな感じで見ているでしょう。韓国海軍さんも演出がお上手ですね!(笑)

  19. 元一般市民 より:

    おかしいなぁ。
    何故、誠信女子大学の徐ギョン徳教授が世界中の軍隊に「旭日旗は戦犯旗だ」という抗議をメールで送りつけた、というニュースが無いのだろう?
    もしかして彼の眼と耳は、当分日曜日なのだろうか?

  20. 匿名 より:

    >>もしもこの観艦式に参加しなかったならば、その国はロシアによるウクライナ侵略に毅然と対処する意思がないとみなされても仕方がないのです

    ないですね。観艦式は反ロシア結束イベントではないし、そもそも韓国の出欠などアメリカを除けば関心などないでしょう。中国が返答を寄越さないのも親ロだからではなく対日牽制の一環でしょうし。

  21. 名無ち より:

    韓国が派遣する艦艇が支援艦で戦闘艦ではないのは、国内からの避難に対しての先手を打ったつもりでしょうか?支援艦だからセーフとかの超理論。当日、艦列に韓国の軍艦がいるか楽しみです。コロナのせいで一般公開されないですが、海自はYouTubeで生配信するようなので楽しみです

    1. 門外漢 より:

      支援船であろうと、ボートであろうと、韓国海軍に属する艦艇であることに違いはありませんね。
      韓国海軍旗も掲げるんでしょうし。

  22. 引きこもり中年 より:

    独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (というより、さすがに自分でも独断と偏見だと、思いたいので)
    韓国は、2018年に全ての観艦式参加国に艦旗を掲げないように求めたのですから、今回は(韓国だけでも)艦旗を降ろさないと、論理矛盾が生じるのではないでしょうか。もっとも、中国や韓国国内反対派に「韓国海軍として参加した訳ではない」または「日本に恥をかかせるためだ」と言うかもしれませんが。(もし、そうなったら、第三国は、どう思うのでしょうか)
    蛇足ですが、(朝日新聞から頼まれたからか)東京新〇や玉〇徹氏が、「日本は観艦式で旭日旗を掲げるべできでない」と言い出すことも、あるのではないでしょうか。
    駄文にて失礼しました。

    1. より:

      > 東京新〇や玉〇徹氏が、「日本は観艦式で旭日旗を掲げるべできでない」と言い出すことも、あるのではないでしょうか。

      これはあり得るかもしれませんね。「国内の反対論をおして参加してくれたのだから、日本も韓国に配慮すべきだ」とか言って。
      ……ホントにそう発言する人がいそうな気が……(-.-;

    2. HN忘れた より:

      朝日新聞さま
      まず、御社の社旗を変更したうえで、艦旗を掲げないように主張してください。理由は何でもいいです。

  23. マスオ より:

    やっぱり来るのねw
    今回のことで旭日旗は、大漁旗や出産、節句の祝い以外にも『魔除け』としても効果が発揮されることがわかりました。今後、国際的なイベント事は、全部旭日旗を掲げて欲しいものです。

  24. 七味 より:

    >暫定決定した
    ∑(;`∀´) 参加はする。しかし、何時でも取り消すことができるということを忘れてもらっては困る。「何時でも」なのだ!たとえ観艦式が終わったあとでもだ♪

    みたいなことなのかな?

    それはそうと「暫定決定」って言葉はなんかおかしいと思うのです♪

    暫定(ざんてい) の意味
    ざん‐てい【暫定】 の解説
    正式な決定がなされるまで、仮の措置として、とりあえず定めること。「―政権」
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/暫定/

    1. マスオ より:

      > 「暫定決定」って言葉はなんかおかしいと思うのです♪
      普通の人の感覚だと仰る通りなのですが、彼らの中では何ら矛盾しませんw
      「暫定」であることが「決定」したのです。

      チャーハンの調理と同じだと思います。
      (無慈悲なチャーハンの命題 参照)
      https://shinjukuacc.com/20220902-03/
      こんな感じで、世論をはぐらかすのでしょう。

      きっとこの先、「気持ち的には旭日旗に敬礼しなかった」とか言い訳するんじゃないかなと思います。

  25. taku より:

     まあそう言わずに、とりあえず歓迎しましょうよ。韓国が、ウリナラ論理から離れて①海上自衛隊旗は1953年から使われていること②中国を含む国際社会がこれを正式に受け入れていることなど「国際常識」を、考慮して決めたのですから。
     ぜひこの「国際常識」を、”徴用工”問題にも適用して、①国家間の約束は守らなければならないこと②国際法に反した大法院判決は破棄しなければならないこと、を実行してもらいたいものです。
     それから徐坰徳教授のコメントか反省の弁を聞きたい、ものです。
     旭日旗問題はこれでよいとして、あくまで予測ですが、①徴用工問題はこのまま棚上げ(現金化もしないが、決着もしない)②首脳会談は双方が出席する次の国際会議で実施、ではないでしょうか。韓国が大法院判決を破棄して、日本に謝罪するのが理想ですが、そうもいかないでしょう。
     このまま未来永劫首脳会談に応じない、というのは、日本政府にとっても、負担かもしれませんしね。皆さんはどう思われますか?

    1. より:

      とりあえず外交関係を維持している以上、次かどうかはわかりませんが、何らかの国際会議の折に儀礼的な会談を行うくらいまでは致し方ないでしょうね。成果がないであろうことは織り込み済みですが、我が国は外交儀礼はきっちり遵守する国であることを他国に示しておくべきでしょうから(韓国自体はどうでも良い)。

      現在私が注目しているのは、来年の広島サミットに尹錫悦大統領をゲストとして招待するかどうかです。韓国の経済規模に鑑みると、隣国での開催なので、招待してもけして不思議ではありません。実際、前回の伊勢志摩サミットでも当時の朴槿恵大統領を招待していたはずです(来ませんでしたけど)。
      とは言え、現在の状況だと、尹大統領を招待しても何ら建設的な成果が得られないのはほぼ確実ですし、韓国の夜郎自大な妄想だけを助長しかねません。さりとて、招待しなければしなかったで、韓国による陰口は一層激しくなるでしょう。それはそれで鬱陶しい話です(単に鬱陶しさがマシマシになるだけという話もあります)。
      まあ、尹大統領を招待するかどうかで、岸田総理の対韓姿勢がある程度は見えてくるでしょう。一部の方が力説するように彼が媚韓的であるのかどうか、本当に意味もなく譲歩しようとしているのかどうか、全てではないでしょうが、ある程度の傾向は見えてくるのではないかと思っています。
      もっとも、それまで尹大統領がその座に留まっていられるか、あるいは韓国経済がクラッシュしていないかどうかまではわかりませんがwww

  26. 普通の日本人 より:

    自家中毒(ブーメランとも言う)の件
    日本左翼(リベラルなんて言ってますが)と姿が酷似
    そして蛙の面にション弁? も酷似
    ・さっき言ったことは直ぐ忘れる
    ・卵投げ込み事件もやらせと直ぐ暴露される
    な~んか最後の悪あがきに見えるけど正しいことをするのだからすべて正当化と言い張る
    こんなのが当選するのは日本国民が劣化してきたのか?
    多様な意見が多すぎるのか?

  27. 匿名 より:

    自衛隊が「回答期限が過ぎてるのに、中国と韓国から観艦式に出るかどうか返事がないんだよね」とアナウンスして間もないタイミングで韓国が「参加するよ」と決めたのは、本当は知らぬ存ぜぬでシレっとほったらかしてやり過ごそうとしてたけど、日本の野郎がわざわざアナウンスして国外の目を韓国の対応に注目させてしまいやがったので、仕方なく「出る」と言わざるを得なかったのかなぁと想像しています。

    「戦闘艦を参加させる必要はない」として軍需支援艦を参加させるとしているあたり、韓国はもしかしたら中国のことを気にしてるのかなぁとも思ったりします。

    米国も参加する観艦式に韓国が出ないとなると、「お目ら韓国はレッドチームかよ」と米国に睨まれかねないし、かといって気合い入れてイージス艦とかで参加しちゃったら、今度は中国から「お前ら韓国は何でアメリカや日本と軍艦並べて仲よくしてんだよ」と睨まれそうなので、支援艦ぐらいでコソッと形だけ出た感じにしとこか、とか考えてるのかなぁと、楽しい想像(というか妄想)が色々と広がります。

    中国は観艦式に出るのかなぁ、もし出るとしたらどんな艦を参加させて来るのかなぁ、それ次第で韓国が土壇場で対応を変えたりするのかなぁ、と、楽しい想像(というか妄想)があちこちに拡がってしまって収拾がつきません。

  28. ひろやま より:

    ここはP1対潜哨戒機が、広開土大王艦の時と同じ高度、同じ距離で韓国の支援艦を暖かくお出迎えすべきですね。

  29. どみそ より:

    作業船レベルだと 波浪注意報が発令されれば 堂々と避難港に逃げ込むんで式典不参加することができますよね。大笑い。

  30. ななっしー より:

    韓国国防部「海上自衛隊旗と『旭日旗とは形が違う』(キリッ」

    韓国政府、7年ぶりに日本の海上自衛隊観艦式に海軍艦艇派遣へ – ハンギョレ 2022-10-28
    ttp://japan.hani.co.kr/arti/politics/44955.html

    (用日)右派メディアがこれを隠すところが実にキモチワルイ。
    これはその場しのぎであって結局、政府も右派もこの解釈で決着をつける気はなく、情勢が変われば素知らぬ顔で蒸し返してくるのだろう。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です