日韓関係「3点セット」巡る韓国外相の絶望的な発言

韓国の康京和外交部長官は昨日、自称元徴用工問題、輸出管理適正化措置、日韓GSOMIAの「3点セット」を巡り、「日本は輸出規制を撤回せよ、さもなくばわが国は再び韓日GSOMIAをいつでも破棄することができる」、「強制徴用問題は三権分立の問題であり、韓国政府としては介入できない」などとする従来の韓国政府の主張を繰り返したそうです。正直、こうした韓国側の主張は、絶望的に頭が悪いですし、コロナウィルス騒動が収束すれば、再び日韓関係の破綻がテーマとして頭をもたげてくるような気がしてなりません。

自称元徴用工問題は韓国の国内問題

当ウェブサイトで「自称元徴用工問題」と呼称している問題を巡っては、先月の『「日韓Xデー」が到来しても、それは韓国の責任だ』などでも紹介したとおり、最近になってまたしても「日韓どっちもどっち」論が出て来ています。

「日韓Xデー」が到来しても、それは韓国の責任だ

簡単にストーリーを振り返っておきましょう。

韓国国内で「戦時徴用工だった」と自称する者たち(つまり自称元徴用工)やその遺族らは、近年、相次いで「日本企業には損害賠償の責任がある」などとして日本企業を訴えており、日本国内では訴えが認められなかったため、訴訟の場を韓国国内に移しました。

ところが、一昨年10月30日と11月29日、韓国の最高裁にあたる「大法院」が、相次いで日本企業敗訴の最終判決を下したことで、この問題は「一線」を越えてしまいました。韓国が「国として、国際法を公然と破った」状態が出現したからです。

さて、日韓請求権協定の原文は外務省ウェブサイトに設けられた次のページに掲載されています。

大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不履行について(外務大臣談話)(2019/07/19付 外務省HPより)

韓国の2つの国際法違反

まず、請求権協定では、韓国の個人などは日本企業などに対し、1945年8月15日以前に発生した請求権について「いかなる主張もなしえない」と明確に定めています(同第2条3)。平たく言えば、「請求したければ韓国政府に請求してね」、ということです。

それなのに、韓国の大法院は、請求権協定に違反して日本企業に直接、損害賠償を命じる判決を下したわけであり、これをもって韓国が日本に対して国際条約に違反した判決を下したという国際法違反状態が出現しました(第1の国際法違反)。

これを受けて日本政府が判決直後、韓国政府に対し「国際法違反の状態を是正してほしい」と要請したところ、韓国政府は「三権分立の原則があるから無理」などと述べてこれを無視しましたのですが、考えてみればこれもおかしな話です。

改めて指摘するまでもありませんが、国際的な条約というものは、その国の裁判所をも拘束するからです。そして、「三権分立」というものは、あくまでも韓国の国内事情であって、外国である私たち日本にとっては「日韓請求権協定が守られていない」という状況が出現したという事実は変わりません。

ただ、日本政府はこれに対し、ただちに韓国に対して対抗措置を講じることをせず、まずは友好的、紳士的、平和的に問題を解決しようと努力して来ました。しかし、これに対する韓国政府側の態度は極めて非友好的、非合理的、不誠実なものでした。

たとえば、日本政府は請求権協定第3条1に従い、昨年1月9日に外交的協議を申し入れましたが、これについては約4ヵ月、韓国政府によって無視されたあげく、5月中旬には当時の李洛淵(り・らくえん)首相が「韓国政府の対応には限界がある」と述べて匙を投げてしまったのです。

次に、日本政府が5月20日、請求権協定第3条2に従って仲裁手続への付託を通告しましたが、仲裁委員の任命期限(6月18日)になっても韓国政府はこれを無視し、また、第三国仲裁手続についても期限の7月18日までに対応しようとしませんでした。

これをもって、「韓国自身が作り出した国際法違反の状態を是正するための日本政府による友好的、紳士的、平和的な問題解決努力を、韓国が非友好的、非合理的、不誠実な態度で踏みにじった」という実績が出来上がりました(第2の国際法違反)。

つまり、現在の韓国は日本に対し、「二重の意味」で国際法違反状態を作り出しているのです。

日本政府、対抗措置すら講じず

では、日本政府は何らかの対抗措置を講じたのでしょうか。

私たちの感覚だと、通常、相手の非合理、非友好的な行為によってトラブルに巻き込まれ、誠意を尽くして相手と話し合おうとしても相手が話し合いに応じてくれないのだとしたら、もう諦めて「次のステップ」に行くような気がします。

しかし、残念ながら現時点において、日本政府が韓国に対し、何らかの経済制裁、対抗措置を講じたという事実はありません。

いちおう、日本政府としては「日本企業に不当な不利益が発生したら対抗措置を講じる」と述べおり、その「不当な不利益」については「自称元徴用工らの側が差し押さえている日本企業の資産を売却した場合」を意味しているようです。

しかしながら、これもあくまでも個人的な印象ですが、韓国側で日本企業の資産を売却すると日本に対して脅しているのは、いわゆる「売却するする詐欺」のようなものであり、韓国や北朝鮮が国を挙げて得意とする瀬戸際外交の一種と見るべきでしょう。

実際に、自称元徴用工側が日本企業の資産差押えに踏み切ったのは昨年のことですが、「売却するぞ」、「売却するぞ」、「今度こそ本当に売却するぞ」などと述べているわりに、待てど暮らせど資産売却は実現していませんし、おそらく資産売却が実現する可能性は半々、とったところではないでしょうか。

(※余談ですが、『時間もカネもかかる 非上場株式の競売が困難である理由』などで議論したとおり、韓国側で差し押さえられている資産は、非上場株式や知的財産権など、換金・売却がとても難しい資産ばかりなのですが、不思議なことにこの点を指摘したメディアはほとんどないようです。)

輸出管理適正化とGSOMIA破棄が絡まる

ただし、この自称元徴用工問題とはまったく別次元で、日本政府が昨年7月1日に発表したのが、韓国に対する輸出管理の適正化措置です(経済産業省『大韓民国向け輸出管理の運用の見直しについて』参照)。

当ウェブサイトなりの分析ですが、これは戦略物資の軍事転用などを予防するための国際的な輸出管理体制において、韓国が「輸出管理に関する著しく不適切な事例」を発生させるなどしていたことを受け、日本政府が講じた措置です。

具体的には、日本は(なぜか)2004年に韓国を輸出管理上の「(旧)ホワイト国」(※現「グループA」)に指定したのですが、韓国の態度はこの「(旧)ホワイト国」に相応しいものではなく、現実にはおそらく「不適切な事例」が頻発していたのだと思います。

(この「不適切な事例」とは、おそらくは第三国への戦略物資の横流しではないかと思うのですが、これについては『韓国が欲しがったのはフッ酸よりも「容器」だった?』や『対韓輸出が急減しているのは「低価格フッ化水素」か?』などをご参照ください。)

それなのに、韓国政府はこの輸出管理適正化措置を「自称元徴用工問題への報復措置だ」と勝手に勘違いし、あろうことか、この措置の撤回を求め、『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(いわゆる「日韓GSOMIA」)の破棄などを通告しました。

この日韓GSOMIA破棄は米国の逆鱗に触れたため、結局、その効力が発揮する昨年11月23日午前0時の数時間前になって韓国政府が事実上の撤回を余儀なくされました(『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』参照)。

しかし、韓国政府は「この日韓GSOMIAについてはいつでも破棄できる」と言い張っていて、「日本の態度次第では3月末で終わらせる」、などと述べているようです(※日米両国政府からはまったく相手にされていませんが…)。

なお、韓国政府が「日韓GSOMIAをいつでも終わらせることができる」と述べている点の間違いについては、『【読者投稿】GSOMIA「事実上の延長」の真否』で詳しく触れていますので、適宜ご参照ください。

【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否

韓国からの見え方

さて、自称元徴用工問題(韓国側でいう「強制徴用問題」)、輸出管理適正化措置(韓国側でいう「輸出規制」)、日韓GSOMIAの「3点セット」を巡る韓国政府の主張は、だいたい次のようなものでしょう。

強制徴用問題に対して日本が逆ギレして発動して来たのが輸出規制であり、これに対してわが国が対抗措置として持ち出したのが韓日GSOMIAの破棄である。しかし、日本が態度を改めたので、韓日GSOMIAの破棄についてはいったん保留にした。

このうち、そもそも「強制徴用問題」は三権分立の問題であり、裁判所が下した判決を尊重しなければならないのは当然のことであって、日本がこれにギャーギャー噛み付くのは理解できない、ということです(※彼らの頭の中から「国際法」という論点はすっぽり抜けています)。

次に、「輸出規制問題」は、この「強制徴用問題」に対して日本が仕掛けてきた不当な報復であり、自由貿易の趣旨に反する不当な措置だ、ということでしょう(※当然、彼らの頭の中から「輸出管理」という論点はすっぽり抜けています)。

そのうえで、「韓日GSOMIA破棄」は、「日本が強制徴用問題で輸出規制強化という報復をしてきた以上、自分たちとしても何らかの報復をしなければならない」という考え方だと思います(※ここで、彼らの頭の中から「米韓同盟」という視点はすっぽり抜けています)。

(※余談ですが、本来ならばあまり外国の政府のことをとやかく言いたくはないのですが、あえて言葉を選ばずに申し上げるならば、とにかく文在寅(ぶん・ざいいん)政権の思考パターンは、あまりにも頭が悪すぎると思います。)

いずれにせよ、上記のような思考パターンを念頭に置けば、日韓の主張が「平行線」だったとしても、違和感を抱かないかもしれません。

韓日局長協議 強制徴用訴訟・輸出規制問題は平行線(2020.02.06 20:56付 聯合ニュース日本語版より)

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)によると、昨日はソウルで自称元徴用工問題や輸出管理適正化措置を巡る話し合いが持たれたそうですが、「立場の隔たりを埋めることができないまま終了した」のだそうです。

まぁ、そうなるでしょうね。わざわざソウルくんだりに出掛けて決定的に話が通じない人たちを相手にする外務省の滝崎成樹アジア大洋州局長の立場には少しばかり同情したいと思います(※記事自体はやたら長文ですが読む価値はありません)。

日韓関係は破綻に向かう?

さて、この「3点セット」を巡って、さらに不可解なのが、康京和(こう・きょうわ)韓国外交部長官(※外相に相当)の発言です。

徴用問題 日本企業資産の現金化に介入できず=韓国外相(2020.02.06 14:06付 聯合ニュース日本語版より)
昨年は韓日が了解したとしていたが…韓国外交部長官「輸出規制、我々の望み通りに進まなかった」(2020.02.07 06:53付 中央日報日本語版より)

聯合ニュースに加え、韓国メディア『中央日報』(日本語版)の記事によれば、康京和氏は昨日の記者会見で、だいたい次のようなことを述べたそうです。

  • 自称元徴用工問題…日本企業の資産の売却手続は司法手続の問題であり、三権分立のため、韓国政府としては介入できない
  • 輸出管理適正化措置…韓国が望むのは「7月1日以前の状態に戻すこと」だが、昨年11月以来、日本の動きは韓国が望む方向に向かっていない
  • 日韓GSOMIA…いつでも終了する権利がある

まったく話にならないとはこのことを言うのでしょう。

ついでにいえば、中央日報などは昨年12月に安倍晋三総理大臣が韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領と13ヵ月ぶりに日韓首脳会談を開催したことで「ひとまず最悪の状況は切り抜けた」と述べているのですが、日韓関係が「最悪の状況を切り抜けた」とはじつに奇妙な認識だと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

現在はコロナウィルス騒動で日韓両政府ともに「3点セット」について対応する暇がない、という印象がありますが、騒動が落ち着けば、再びこれらの日韓問題が頭をもたげて来るのではないでしょうか。

いずれにせよ、康京和氏の絶望的に頭の悪い発言を眺めている限りにおいては、いずれ日韓の破綻は避けられない気がしてならないのです。

読者コメント一覧

  1. だんな より:

    カン婆さんの話を、絶望的とするのは、その馬鹿さ加減か、無能さ加減からですかね。
    この発言は、会議に参加していないカン婆さんが、韓国人記者に対して話したようです。
    外務省のHPから、日韓局長協議の全文です。
    令和2年2月6日
    2月6日午後,韓国・ソウルで日韓局長協議が実施され,日韓間の諸懸案につき,率直に意見交換を行いました。
    (注)日本側:滝崎成樹外務省アジア大洋州局長
       韓国側:金丁漢(キム・ジョンハン)韓国外交部アジア太平洋局長
    まず,現下の日韓関係における最大の課題である旧朝鮮半島出身労働者問題につき,我が方から,韓国側の責任で解決策を示すよう,改めて強く求めました。これに対し,韓国側からは,韓国政府の立場に基づく説明がありました。
    また,先方から,我が国による輸出管理の見直しについて問題提起があったのに対して,我が方から,我が国の立場を説明しました。
    さらに,新型コロナウイルス感染症への対応について,必要に応じて緊密に協力を行っていくことで一致しました。
    その上で,両局長は,今後とも,外交当局間の意思疎通を継続する重要性で一致しました。
    引用ここまで。
    局長級協議で、GSOMIA破棄の話が出たとは、考えにくいですね。韓国外交部は、普通に局長級協議を行い、長官が韓国国内向けの報道発表をしたんだと思います。
    韓国政府にプランBが有るとすれば、現金化以降に日本とどう交渉するかになるんじゃないでしょうか。

  2. j より:

    更新ありがとうございます。

    募集工以来韓国を勉強するにあたり、詰まるところ根底にウソの反日教育、日本を敵国と見ているということが関係の悪化であるという結論にいたりました。

    韓国の内政の問題であり、日本はそこについてはやりようがございません。

    韓国のやり方対国際社会のやり方、朝鮮半島対国際社会の一員としての日本、として対応するのが良いのではとおもいました。

    韓国の、人としての誤ったやり方は、日本の歴史をみても日本人として受け入れられないと感じます。

    日本政府も今までどうり、正しい道を選して欲しいと希望します。

  3. MagCup より:

    韓国の対中輸出は18%近く減少しているらしいです。韓国経済のヤバさを考えれば4月の選挙で大敗すると思います。

  4. ななしさん より:

    カンギョンファ氏の発言は、まるで「おうおう!GSOMIA破棄すんぞコラ!早くフッ化水素ジャブジャブ横流しさせろや!オマエラも共犯なんだぜウェー。さっさとやれやコラ!」みたいな感じに響きます。さすが国そのものが893といわれるデーハミングですね。春先に山谷のお爺さんが「おうおうおうおうおう!オマ〇コ!」とか言ってるのを見たことがありますが、そんな感じです。 滅亡するのもやむなしという感じですね、イノセント(バカ)も罪。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    さては頭の中空っぽ、英語だけ通訳並(笑)に得意な康京和韓国外交部長官は、文かその取り巻きにせっつかれたのでしょう。「コロナウイルスに話題を取られているゾ。日本に一発花火を撃ち込んでおけッ」と。

    で、まるで知恵の無い彼女は、前に言った通りにメッセージを出したと思います。徴用工裁判と貿易の緩和、GSOMIAやめるぞ、、これが3点セットでしょうか?日本としてはギリギリ譲歩しても、しきれない許せないものばかりです。

    GSOMIAは「売却するする詐欺」であり、韓国や北朝鮮が国を挙げて得意とする瀬戸際外交です。あとの二つはでっち上げと日本語をまったく理解していない勝手な韓国訳です。

    ウイルスでとんでもない方向からミサイルが飛んで来ましたが、良い方向に考えて、アレは北朝鮮と韓国を日干しにするものではないかと思っています。

  6. ななしさん より:

    他のブログの韓国北朝鮮シンパ工作員の反応を探っていると、少し前まで「徴用工で2兆円、南北統一で2兆円ずつ日本からセビろう!なんなら毎年2兆円ずついっとく?」みたいな妙な盛り上がりを感じさせる書き込みが多かったです。本場の朝鮮韓国人も同じような気持ちだったんだと思います。もう全然同情できません。極力早く極力多く、せめて普通の外国人と同じ基準で彼等を追放してほしいです。日本の雇用も内需も食い荒らされっぱなしで、日本人は決断をためらったばかりに無駄な不幸を背負い込まされています。 イノセント(バカ)も罪。

  7. 名無しA より:

    カン外相は暇なのか?

    コロナで忙しい時に、バカじゃねーの。

  8. H より:

    国内向けのアピール
    二度と日本には負けないの
    でしたっけ

    早く現金化して下さい
    GSOMIA破棄して下さい
    こちらはとっくに詐欺の
    手口は見抜いてるから
    早くしろ

    もううんざり
    いいかげんはっきりさせよう
    何を考えてるのか、では
    済まさないから

  9. 韓国在住日本人 より:

     雑談スレで韓国国土庁長官がいかに無能か書きました。康京和韓国外交部長官だけが無能ではありません。
     文在寅大統領とその仲間達全てが無能なのです。

     しかし、これでよく国を運営しているなぁと、たまに感心することがあります。

     まだ朴槿恵政権の時がましでしたね。尹炳世元外交部長官のほうが能力はあるのかもしれません。小生は大嫌いですが・・・。

     駄文にて失礼します。

     

    1. 名無しA より:

      ◆中国にマスク送った民間団体幹部
      「政府が300万枚に合わせろと言った」
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00080059-chosun-kr

      韓国政府「中国にマスク300万枚贈るわ」
       ↓
      国民「国内でマスク不足なのにふざけるな!」
       ↓
      韓国政府「民間団体の寄付だから。政府は輸送しただけ」
       ↓
      民間団体「政府に300万枚にしろと言われた」

      マジで韓国政府はバカしかいないようで。

      1. だんな より:

        名無しAさま
        結局送ったのは、150万枚なんですよね。
        いつも、口に出した量やお金を援助した事が、有りませんね。
        モヤモヤしますね。

        1. 名無しA より:

          だんな様

          品性下劣な振る舞いですよね。
          韓国人らしいと言えば、らしいと言えなくもない。

    2. だんな より:

      韓国在住日本人さま
      尹炳世元外交部長官は、曲者、食わせ者でしたね。
      ずる賢い点で、岸田元外相、外務省が騙された感が、あります。
      カン婆さんは、壊れたテープレコーダーのようで、まだ交代していない事が、不思議な感じです。
      政権交代で、外交部も粛正されているから、どうしようも無いと思います。

    3. 伊江太 より:

      韓国在住日本人様

      >尹炳世元外交部長官のほうが能力はあるのかもしれません。

      能力? たしかの日本人の嫌韓感情を高める上では大いに貢献したかも知れませんね.その意味では,康京和韓国外交部長官は就任以来たいしたことはやっていない.少なくとも本人が主導したという事案(そんなのがあるのかどうかは疑問ですが)についてはですが.まさか正直に「私この件をどう扱っていいのか分からないんです」とも言えないでしょうから,記者に質問されれば,針飛びで元に戻っては同じ旋律を無限に繰り返す傷物レコード盤状態.ちょっと可哀想にも思えてきますね.

  10. 嘘は韓国の始まり より:

     最近ネットで、各国の「朝鮮人マニュアル」と言われるものを目にします。中国や米国は、犬かそれ以下の扱い方を推奨しています(犬扱いは、犬好きの方には失礼かもしれませんが)。1割は狂犬が混じっているし、社会性のレベルについては、確かにしっくりきます。人間扱いするのが最も間違った扱い方のようです。犬が吠えていると思えば、いちいち真面目に取り上げることはないでしょう。朝鮮人の言動は、犬が吠えているレベルだと思います。

    1. 老害 より:

      嘘は韓国の始まり さま

      ご自分でも書かれていらっしゃいますが、半島人と比較すると、犬好きから謝罪と賠償を要求されそうです。

  11. 名無しの権兵衛 より:

     新宿会計士 様
     あなたの主張内容については、全て同感です。ただ、一箇所だけ表現を訂正したほうが良いと思う箇所があるので申し上げます。この指摘は今回で3回目ですが、今回で最後にしたいと思います。
     それは、「2つの国際法違反」に関する表現です。「第1の国際法違反」は、韓国大法院判決が、日韓請求権協定第2条第1項の「完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する」および同条第3項の「同日以前に生じた事由に基づくものに関しては,いかなる主張もすることができないものとする」の2つの規定に違反していることで、あなたの表現と同じです。
     しかし、あなたは「韓国自身が作り出した国際法違反の状態を是正するための日本政府による友好的、紳士的、平和的な問題解決努力を、韓国が非友好的、非合理的、不誠実な態度で踏みにじった」ことを「第2の国際法違反」であると表現しておられますが、単に「友好的、紳士的、平和的な問題解決努力を非友好的、非合理的、不誠実な態度で踏みにじった」ことが国際法違反になるというのは無理があると思います。(そのようなことは世界にありふれていますから。)
     やはり、文中に引用されている「大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不履行について(外務大臣談話)」の6の後段に「同協定上の紛争解決手続である仲裁に応じなかったことは,韓国によって更なる協定違反が行われたことを意味します」とあるように、同協定の解釈及び実施に関する両締約国間の紛争は、「同協定第3条に定めるところにより解決する」と日韓両国が約束していますので、「第2の国際法違反」は「同協定第3条に違反したこと」と表現するのが正しいと思います。
     ちなみに、ここでいう「国際法違反」の「国際法」とは、「条約法に関するウィーン条約」第26条です。
     第二十六条(「合意は守られなければならない」) 効力を有するすべての条約は、当事国を拘束し、当事国は、これらの条約を誠実に履行しなければならない。
    (日韓請求権協定は日韓基本条約の附属協定です。)

    1. 一般市民 より:

      うざい奴だなぁ。

    2. 酒が弱い九州男子 より:

      名無しの権兵衛様
      正確な論拠は大変ありがたいと思います。私もその通りだと思います。
      ただ、新宿先生も「第二の国際法違反」はその論拠を分かった上で、このような書き方だと察しております。

    3. 匿名 より:

      名無しの権兵衛さまへ。

      まぁ、ぶっちゃけ「うぜぇ」とは思いますが、それでも正確な論拠を示してくれるのはありがたいと思います。ただ、果たしてそこまで正確に(?)書くのを要求するのが妥当なのか。法律か何かの論文とか司法試験の答案でも書いているんだったら貴方の仰る通りですが、一般社会通念上新宿氏の文章を読めば「条約法に関するウィーン条約§26違反行為」がその「日本政府による友好的な努力を踏みにじった」行為に含まれるってわかると思いますよ。

      ぶっちゃけ、このサイトは専門知識をひけらかして悦に入るようなサイトじゃないと思います。フツーの会計士氏であればもっとゴチャゴチャ書き込んでいるのですが、このサイト主はわかっててわざと判り易い書き方にしていますし、絶妙にポイントを外していないのがさすがだと思いますね。

      1. 名無しの権兵衛 より:

         ご意見をいただいた皆様へ
         ご意見ありがとうございます。投稿に対して反響をいただくのは、正直、うれしいことです。
         皆様のご意見を今後の投稿に生かしていきたいと思います。
         それから、私は、多くのサイトの中で「新宿会計士の政治経済評論」を一番楽しみにしております。

    4. 野次馬 より:

      失礼ですが、、名無しの権兵衛様の認識が誤りだと思います。我が国が提案して無視された、(自称)徴用工問題に関する協議や第三国の仲裁は、日韓請求権協定に定められた紛争解決の手続きなのです。つまり我が国は、日韓請求権協定(国際法)を遵守して紳士的、友好的に顔決使用と努力したわけです。しかし韓国は、それさえ全く無視して、ルール無視の要求をし続けているのですから、この点でも立派な国際法違反をしているのです。ブログ主様の指摘が正しいと思います

  12. 匿名 より:

    韓国側としては日本を煽りつつ外部環境の変化による事態の膠着の変化を待っているのではないでしょうか。
    待ちの一手で構えながら、いかに日本の制裁の威力を減らすかを考えていると思います。

    もしかすると国力が高まれば日本はいう事を効くと信じているため国力の増強の期間と思っているのかもしれません。

  13. だんな より:

    ハンギョレがもう少し詳しいニュースを出しました。 
    3カ月ぶりに韓日外交局長級協議開かれ…韓国「輸出規制の撤回を要求」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00035678-hankyoreh-kr
    情報が無かった、韓国外交部局長が、協議の内容を話ていますので、以下引用します。
    強制動員被害者問題と関連し、最高裁の判決によって解決策を見出すべきということに加え、日本の対韓国輸出規制措置を速やかに撤回することを要求した。これに対して滝崎局長は、強制動員被害者問題が1965年の韓日請求権協定によって全て解決されているという日本側の立場を貫いたという。外交部当局者は「協議過程で強制徴用(強制動員)問題を最も多く話した」とし、「さまざまな要素について意見を交換したが、可視的な進展があるものではなかった」と話した。
     強制動員被害者側が先月提案した「韓日共同協議体」を通じて問題を解決するという内容も、局長級協議で議論された。外交部当局者は「韓日共同協議体が疎通のチャンネルになりうるだけに、参加する必要があると日本側に言及はした」と明らかにした。日本側は「関心がない」という従来の立場を維持したという。
     この日の協議では、韓国最高裁(大法院)の判決で押収された日本企業の韓国内資産の強制売却(現金化)の可能性も言及された。日本側は判決自体が国際法違反という主張を固守し、現金化は自国の企業に被害を与える行為という従来の立場を重ねて明らかにしたという。
    引用ここまで。
    という事で、全くの平行線が続いたようですね。
    私がすっかり忘れていた、「韓日共同協議体」を交渉の場に出して来たようですが、日本側は「関心が無い」で一蹴しています。
    現金化のレッドラインを超えるまで、あと二か月は有りません。無事宇宙戦艦キムチは、韓国に帰還出来るでしょうか。
    頑張れキムチ、韓国人は、皆キムチの帰還を待ってるぞ。
    きっと。知らんけど。

  14. だんな より:

    カン婆さんの三点セット同様、鬱陶しいニュースです。
    文大統領「韓国政府は東京五輪成功のために最善を尽くす」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200207-00000043-cnippou-kr
    こっち見るな。

    1. クロワッサン より:

      放射能五輪アピールも、韓国にとっては東京五輪成功の為の活動なんでしょう。

      日本や他国からは妨害な訳ですが、韓国は「妨害ではない!」と自分に言い聞かせて自分を騙し切った上でしているのだと思います。

      なんと鬱陶しいクズ共であることか…(。-ω-。)

    2. めたぼーん より:

      言っただけで何もしないどころか、妨害紛いのことをして、最後には韓国の協力があったから上手くいった、とか言うタダ乗り思考でしょうね。

      1. クロワッサン より:

        めたぼーん さん

        日本が妨害と認識する事柄は、韓国は支援として行なっていると思います。

        基本的価値観が『違う』どころか『真逆』なのが正確だと考えてます。

        1. めたぼーん より:

          クロワッサン様

          真逆では、わかり合うわけも無いですね。しかし文政権になって顕在化したとは言え、そんなところを擁護してきた過去は日本としては反省しないといけませんね。

  15. 匿名 より:

    そもそも司法が行政権である外交判断に口を出した判決って時点で三権分立が守らていないし。
    日本から何もアクションを起こす必要はなく放置しておけばいい。
    韓国側の行動に合わせて制裁でも断交でもすればいいだけ。

  16. 七味 より:

    年末は国内からもGSOMIA維持の意見があったけど、協議が平行線で終わったことで、韓国政府も堂々と破棄できる国内向けの言い訳できたって喜んでるんじゃないかな?
    そのあと米国からのお仕置きを受ければ、軍事的にも経済的にも念願の南北統一に一歩近づくのです♪
    ヤッタネ!!(v゚ー゚)ハ(゚▽゚v)ィェーィ♪

  17. 豆鉄砲 より:

    歴代政府が結んだ国際協定を守らない(破る)訳ですから、これは国として認められないという事ではないんでしょうか?

    中国ですら国際協定を引き継ぎましたからねぇ。

    いわば断交状態になってるのでは?と思うんですが。日本政府はお人好しを通り越してどうしたいんでしょうかねぇ。

    ま、アメリカの顔色窺わないと、何も出来ないって事ですね。

  18. ハゲ親父🐧 より:

    歴史にifは無いのですが、もしソウル五輪の時にアメちゃんが第七艦隊を日本海に展開しなければ、面倒くさいのかが一つ減っていたかも。🐧

    1. だんな より:

      ハゲ親父さま 
      折角第七艦隊が来てたんだから、一つ減らしておけば良かったのにというのが、わたしの発想です。
      オリンピックよりも、安全保障が重要。
      ◯◯無しで、頑張って会話しましょう。

  19. 老害 より:

    康長官は、見た目も悪くないし、賢そうなのですがね。どうも中身は残念な人のようです。
    半島では、見た目が一番重要みたいなので、整形してでも良く見せたいのでしょうが、あまりに中身と外見が乖離するのはいただけません。
    でも、日本にとっては、彼女が外交の責任者なのは良いことだと思います。

    私は、文ちゃんにこのまま突っ走っていただきたいので、康長官にも、(歌詞のように)「あなたは あなたのままで変わらずにいてください そのままで」と我儘を言わせてもらいたいです。

    1. カズ より:

      きっと革命のロウソクに一緒に火をつけた二人なのですしね。

      1. 老害 より:

        カズ さま

        〉革命のロウソクに一緒に火をつけた二人

        お上手です、座布団進呈したいです。
        なるほど、そうすると近いうちに分かれることになりますかね。残念。(棒)

  20. 宇宙戦士バルディオス より:

    ・自称元徴用工問題…日本企業の資産の売却手続は司法手続の問題であり、三権分立のため、韓国政府としては介入できない

     韓国政府は、外交権を放棄するつもりでしょうか。
     裁判所には、外交権はありません。対外的に法的拘束力を持った判決というものは法的にあり得ない。判決が原因で国際問題に発展した場合には、解決する責任は外交権を有する政府にこそある。三権分立を理由に介入を拒否するとしたら、それは韓国政府が外交権を放棄したことを意味するのであって、「うちは政府ではありません」と宣言するに等しい。
     もっとも、韓国政府がまともな政府だとは、他国が思っているとは分かりませんが。

  21. CB223 より:

    新宿会計士様の本件論考末尾の以下の指摘なんですが・・・

    >現在はコロナウィルス騒動で日韓両政府ともに「3点セット」について対応する暇がない、という印象がありますが、騒動が落ち着けば、再びこれらの日韓問題が頭をもたげて来るのではないでしょうか。

     韓国では4月15日に総選挙を控えている訳で、この総選挙日程からの逆算、あるいは、総選挙に向けた準備工作という視点からの考慮も必要ではないか、と考え始めました。
     「やるやる詐欺」にしても「瀬戸際外交」にしても、最後の一線は越えないものだから、小生も「できっこない」「口先だけ」と軽く受け止めていました。
     ただ、3月末には米韓防衛費分担交渉の期限を迎えますし、米軍基地労働者9000人の無休休職突入も現実化する時期での韓国総選挙です。これに勝つためには、国内的に「反日全開」が必要ですし、何でもアリでしょう。
     差押資産の強制換価(売却)も、本当に「演出」してしまうかも知れません。韓国が、瀬戸際を超えて壁の向こう側に落ちる・・・個人的にはワクワクしますが、その可能性はどうなんでしょう?

    1. めたぼーん より:

      この外交部長官と言われている翻訳機能付きボイスレコーダーは、中身はそもそも空っぽで、文氏の吹き込んだ内容を劣化させて再生するだけしか出来ませんので、聞く価値も無いものだと思います。

  22. 新日本人 より:

    文在寅は振り上げた拳を下ろしたくても下ろせないでしょう。
    日韓関係は破綻確定です。
    政権が変わろうが何をしようが、韓国に何かを期待するだけ無駄です。

    日本政府が、時機と手法を正しく判断した上で、韓国へ経済制裁を科してくれる事を期待します。
    周辺国も見ています。
    今後も周辺国にナメられない様、迅速かつ無慈悲な制裁が必要かと思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。