少し前、朝日新聞社の2019年9月期中間決算において、同社が単体で営業赤字に転落したという話題は、『朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落』で速報しました。こうしたなか、朝日新聞社は昨日、金融庁に2019年9月期の半期報告書を提出しました。そこで、これについてさっそくダウンロードし、本稿では主に新聞事業に焦点を絞って、朝日新聞社の経営状態についてチェックしたいと思います。簡単にいえば、「思っていた以上に深刻」であり、また、朝日新聞社ですらこうなのだから、経営体力のない他紙はどういう惨状にあるのかと疑問に感じてしまいます。

【PR】スポンサーリンク・広告


※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

朝日新聞社の経営

朝日新聞社の2019年9月中間期における単体決算が営業損失に転落したという話題は、以前、『朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落』で「速報」したとおりです。

朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落

もっとも、朝日新聞社の単体決算が営業赤字に転落するのは今回が初めてではありません。2017年9月期にも約5.6億円の営業赤字を計上していますし、また、本稿で後述するとおり、「セグメント」ベースでは、メディア・コンテンツ事業はここ5年間、半期ベースで赤字を垂れ流しています。

こうしたなか、昨日、朝日新聞社は半期報告書を金融庁に提出していますので、さっそくダウンロードし、本稿で中身を簡単にチェックしてみたいと思います。

損益計算書の構造

「本業をやめた方が儲かる」、ということ

ところで、冷静に考えてみれば、そもそも「営業損失(営業赤字)」とは、凄いことです。というのも、「営業損失」というのは、「その会社にとっての本業から損失が発生している」ことを意味するからです。言い換えれば、「本業をやめてしまった方がその会社にとっては儲かる状態」ということでもあります。

ただし、本稿ではちょっとした損益計算書分析が出て来ますので、前提として損益計算書(日本基準)の構造を簡単に振り返っておきましょう。

損益計算書の構造(営業利益段階まで)
  • ①売上高…商品や製品を販売した金額
  • ②売上原価…その商品の仕入額、製品の製造原価
  • ③販管費…人件費(※製造原価に算入されない項目)や販売費、管理費など
  • ④営業利益…①-②-③

当たり前の話ですが、「売上高」は「利益」ではありません。現実には、売上高からはさまざまな経費を支払わなければならず、それらの経費を支払った残りが「利益」です。

たとえば、朝日新聞の場合だと月額の購読料金は4037円(夕刊のない地域は3093円)だそうですが、もし私が朝日新聞を購読すれば、朝日新聞社には4037円の「売上高」が発生します(※正確には売上が発生しているのは新聞社ではなく販売店ですが、この点については後述します)。

また、朝日新聞に限らず、一般に日本の新聞には大量の広告が刷り込まれていて、これらの広告主から得られる広告収入も、新聞社にとっては売上高を構成しています(※ただし、朝日新聞社の場合、金額から判断して広告収入は含まれていないようです。別会社にしているためでしょうか?)。

しかし、これはあくまでも「売上高」です。

実際には、記事を書く人や工場で働く人、大量の二酸化炭素をばら撒いて販売店まで新聞を届ける人、新聞配達員、ときにビール券などを配って新聞の購読契約を取ってくる「拡張員」、その他有象無象の人たちカネを払わなければなりません。

また、新聞を作るためには、貴重な森の木々を切り倒して紙を作り、その大量の紙に大量のインクを使って新聞記者らが書いた記事を印刷しなければなりませんし、紙代、インク代、刷り上がった新聞を梱包するための大量の梱包材、ガソリンを大量消費してそれらを配達するトラック配送料などが必要です。

なぜ営業赤字に転落したのか

ここでは、簡単な仮定を置きましょう。

仮に朝日新聞の部数が500万部、購読料が4037円だとすれば、毎月201億8500万円、年間2422億2000万円の「売上」が得られますが、紙代、ガソリン代、工場の減価償却費、新聞記者や拡張員らへの人件費などは、この2422億2000万円に収めなければ赤字になってしまいます。

つまり、「営業赤字」とは、新聞を売って得られた金額(2422億2000万円)よりも多くの原価・経費がかかったという意味であり、結局のところは、

  • 売上高と比べて人件費が高過ぎるのか、
  • 売上高と比べて紙代、ガソリン代、減価償却費が高過ぎるのか、

といった問題点がある、ということでしょう。

(※ついでに申し上げると、厳密な売上高分析を行う際には消費税等の取扱いが論点になることもありますが、議論をわかりやすくするために、本稿では消費税等については考慮していません。)

この点について考えるヒントが、「損益分岐点」です。

これは、ごく大雑把なイメージですが、「変動費」と「固定費」に分解する経営分析の手法ですが、新聞の場合も

  • 変動費:新聞を売れば売るほどかかる経費(たとえば、紙代、インク代など)
  • 固定費:新聞がまったく売れなくてもかかる経費(たとえば、工場の減価償却費、記者の人件費など)

といった具合に経費を分けることができるはずです。

朝日新聞の2019年9月中間期半期報告書によると、朝日新聞朝刊の2019年9月期における発行部数は547.6万部(前年同期比6.5%減少)、単体中間売上高は1208億円だそうです(※1部あたり販売単価は3677円と月額購読料より少ないですが、これについては後述します)。

損益分岐点分析

こうした細かい数値はのちほどもう一度触れるとして、損益分岐点分析上の売上高と変動費、固定費、営業利益の計算式は、とても簡単です。

  • 営業利益=(1部あたり売上高-1部あたり変動費)×部数-固定費

ここでは仮に、

  • 売上高は1部あたり4000円
  • 変動費は1部あたり3000円
  • 固定費は毎月50億円

だったと仮定して、1ヵ月あたりの営業利益と部数などの関係をグラフ化してみましょう(図表1)。

図表1 損益分岐点のイメージ

(【出所】著者作成)

つまり、この設例だと、固定費が毎月50億円であり、売上高から変動費を引いた残りが1部あたり1000円ですので、500万部しか売れていなければ、固定費50億円で利益が吹き飛んでしまう、という計算です。

朝日新聞社の損益計算書

単体決算は営業赤字に

ここからは、朝日新聞社の半報に掲載されている単体損益計算書を確認しておきましょう(営業利益段階まで)。

図表2 朝日新聞社の半期決算(営業利益段階まで)
項目2018年9月期2019年9月期
売上高(A)1205.6億円1208.3億円
売上原価+販管費(B)1195.9億円1211.7億円
営業利益(A-B)9.6億円-3.4億円
朝刊部数(C)585.9万部547.6万部
1部あたり月間売上高(A÷(C×6))3,429円3,678円

(【出所】朝日新聞社・2019年9月期半報より著者作成)

朝日新聞社の単体売上高は、2019年9月期において1208.3億円と、前年同期比で小幅増加していますが、経費(売上原価+販管費)が増えたことによって、営業利益はマイナスに転落していることが確認できるでしょう。

もっとも、不思議なことに、部数が減少しているにも関わらず、売上高は増えているのです(したがって、1部あたり月間売上高も前年の3429円から3678円に増えています)。

これについての理由は、正直、よくわかりません。

販売店と本社の不思議な関係

ただし、やや強引ですが、ひとつだけ仮説を述べておくと、販売店から吸い上げる売上高が変わったのかもしれません。

先ほども少しだけ触れましたが、日本の新聞経営にはかなり特有の事情があります。

それは、新聞を販売した収入が直接、新聞社の売上になるのではなく、いったんは販売店の売上になり、販売店がそれを「本社」に支払う、という形態を取っているからです。

ただ、販売店は朝日新聞社のことを「本社」と呼んでいますが、実際には資本関係もなく、建前上はあくまでも、販売店の経営は新聞社からは独立しており、朝日新聞社の連結決算上も販売店の売上高はどこにも計上されて来ません。

先ほどの図表2で見たとおり、朝日新聞社の売上高を単純に朝刊発行部数で割ると、1部あたり月間売上高は3678円であり、購読料(4037円)を下回っていますが、おそらくその差額(1部あたり359円)の一部が、販売店の収入なのでしょう。

(※なお、朝日新聞社の単体売上高には、朝刊・夕刊の販売収入だけでなく、週刊朝日などの雑誌の販売も含まれていると思いますが、本稿ではざっくり、朝刊の部数だけで分析しているため、若干の誤差が生じるとしたらこのあたりの事情もあるのかもしれませんが…。)

固定費は毎月55億円前後?

少し寄り道しましたが、先ほどの「損益分岐点分析」については、朝日新聞社の場合、だいたい1部あたり売上高を3500円、1部あたり変動費を2500円に設定し、固定費を55億円くらいに設定すれば、何となくイメージに合致して来ます(図表3)。

図表3 損益分岐点分析

(【出所】著者作成)

おそらく朝日新聞の場合、固定費が毎月55億円くらいなので、だからこそ営業赤字に転落した、という可能性が出て来るのです。

ただし、現在くらいの営業赤字の水準であれば、固定費を削れば何とかカバーできます。

以前から「朝日新聞社で1人あたり一律165万円の賃下げが断行される」という報道がちらほら出ていますが、これが事実だとすれば、朝日新聞社は年間66億円の増益要因になります(従業員数4000人として計算)。

「朝日新聞不動産」(?)の財務諸表分析』でも紹介しましたが、もともと朝日新聞社は1人あたりの給料水準が高く、2019年3月期の有価証券報告書によれば、平均年間給与は1208万円だそうで、165万円引き下げたとしても依然として1000万円の大台を超えています。

「朝日新聞不動産」(?)の財務諸表分析

この人件費水準、昨年まで従業員1人あたり1700万円という破格の人件費を支払っていた「国民の敵」NHKよりは劣りますが、世間一般の感覚からすれば、朝日新聞社の従業員の待遇は非常に良いといえるのではないでしょうか。

NHKこそ「みなさまの敵」 財務的には超優良企業(2019/06/27 05:00付 当ウェブサイトより)

NHKこそ「みなさまの敵」 財務的には超優良企業

セグメント分析

セグメントでは5半期以上の赤字!

さて、先ほども少しだけ触れましたが、朝日新聞社の単体決算を眺めていると、売上高を単純に朝刊部数で割った売上高が3500~3800円程度であり、この金額は購読料より少なく、よって、広告収入は含まれていないと考えるのが妥当でしょう。

では、広告収入など、新聞本体に関連する売上高は、どこを見れば良いのでしょうか。

これはおそらく、単体決算ではなく連結決算で見る必要があります。朝日新聞社の半報に掲載されているセグメント情報を見ると、恐ろしいことが判明します(図表4)。

図表4 朝日新聞社の「メディア・コンテンツ事業」の半期セグメント情報
項目2018年9月期2019年9月期
売上高(A)1640.3億円1579.3億円
売上原価+販管費(B)1644.9億円1609.6億円
セグメント利益(A-B)-4.5億円-30.3億円
朝刊部数(C)585.9万部547.6万部
1部あたり月間売上高(A÷(C×6))4,666円4,807円

(【出所】朝日新聞社・2019年9月期半報より著者作成)

なんと!

セグメントベースでは、すでに赤字に転落していて、今期はむしろその赤字幅が拡大しているのです。

早い話が、新聞を販売した収入プラス広告収入をトータルすると、営業赤字幅はむしろ悪化するということであり、2019年9月期は新聞売上に伴う事業自体が赤字に転落したということに過ぎず、すでに朝日新聞社にとってメディア・コンテンツ事業は赤字を垂れ流し続けているのです。

過去の半報から、5年分のセグメント利益を取得しておきましょう。

朝日新聞社のメディア・コンテンツ事業(または新聞事業)のセグメント利益
  • 2015年9月期…▲5.4億円
  • 2016年9月期…▲4.5億円
  • 2017年9月期…▲6.1億円
  • 2018年9月期…▲4.5億円
  • 2019年9月期…▲30.3億円

(【出所】朝日新聞社の過去の半報等から著者作成)

広告収入もジリ貧?

また、セグメント情報の詳細についても何かと衝撃的です。

先ほどの朝日新聞社単体決算における1部あたり売上高(前期が3,429円、今期が3,678円)と比べて、セグメント全体では1部あたりざっくり1200円程度上乗せされていることが判明します。おそらくこれが、新聞1部あたりの広告収入でしょう。

ところが、この「1部あたり月間広告収入」を過去5年分にさかのぼって求めてみると、なかなか興味深いことが分かります。それは、この金額が毎年じわじわと減っている、ということです。

新聞1部あたりセグメント利益と単体営業利益の差額
  • 2015年9月期…1,293円
  • 2016年9月期…1,282円(-0.85%)
  • 2017年9月期…1,244円(-2.96%)
  • 2018年9月期…1,237円(-0.56%)
  • 2019年9月期…1,129円(-8.73%)

(【出所】朝日新聞社の過去の半報等から著者作成。カッコ内は前年同期比増減率)

…。

いかがでしょうか。

これで見ると、新聞社にとってのもうひとつの収益源であるはずの広告収入が、ジリジリと落ち込んでいる、という仮説が成り立つのです。とくに2019年9月期の落ち込みは大きく、前年同期比で100円以上も単価が落ち込んでいて、減少率は10%弱、といったところでしょうか。

部数減と単価減という「ダブルパンチ」

しかも、新聞の部数自体も、毎年5%前後減少し続けています。

朝日新聞の部数
  • 2015年9月期…678.5万部
  • 2016年9月期…649.7万部(-4.24%)
  • 2017年9月期…618.3万部(-4.83%)
  • 2018年9月期…585.9万部(-5.24%)
  • 2019年9月期…547.6万部(-6.54%)

(【出所】朝日新聞社の過去の半報等から著者作成。カッコ内は前年同期比増減率)

いわば、部数減と広告収入減という「ダブルパンチ」に直面している格好ですね。

ちなみに先ほどの損益分岐点分析によれば、新聞社の経営は「1部あたり売上高」と「1部あたり変動費」、「固定費」の3つのパラメータがあれば、あとは部数だけでビジネスとして成り立っているかどうかを判断することができます。

朝日新聞社の1部あたり売上高、1部あたり変動費が同じだったとして、1人あたり165万円の賃下げにより固定費を仮に年間66億円(つまり月間5.5億円)削れば、確かに月間の固定費を50億円弱に抑えることができます。

しかし、現在のペースで部数減や1部あたり売上高が減っていけば、たった年間66億円・月間5.5億円程度の固定費削減だと、あっというまに再び営業赤字に転落してしまいます。

(広告・スポンサーリンク)



新聞経営は過去のものに

部数300万部なら10年で経営危機に

いかがでしょうか。

本稿では朝日新聞社の、おもに新聞事業に注目して、同社の決算状況をざっとチェックしてみました。

くどいようですが、朝日新聞社といえば、不動産物件、有価証券などの優良資産を多く抱え、財務的には非常に健全な企業であり、今すぐに倒産する、という状況にはありません(『「朝日新聞不動産」(?)の財務諸表分析』参照)。

さらにいえば、朝日新聞社は不動産事業が堅調であり、順調にキャッシュを稼ぎ続けているため、毎期それなりに利益を叩きだしています。

しかし、こうした状況が、却って朝日新聞社の経営実態を見え辛くしているのかもしれません。

というのも、新聞事業に関していえば、明らかに「部数減」「単価減」というダブルパンチに直面している格好であり、しかも、固定費が月間50~60億円(つまり年間600~700億円)と非常に高く、このままだと部数が減少すれば、固定費の抑制が追い付かず、新聞部門の赤字がさらに拡大する可能性もあります。

かりに朝日新聞の部数が今すぐ半減し、300万部を割り込む事態になれば、朝日新聞単体で毎月25億円(つまり年間300億円)以上の営業赤字を垂れ流し始めますし、3000億円の純資産も10年で食い潰される計算です。

いや、固定費が高い状態で部数が減少し始めれば、手元のキャッシュが猛烈に流出し始めますので、下手をしたら不動産事業の利益を大きく上回る資金流出が発生しかねません。現在の現金預金残高は600億円前後なので、資産売却が間に合わなければ、たった2~3年で資金ショートもあり得ます。

さらに、産経新聞を除く全国紙は、いずれも3割程度の「押し紙」状態にある、という噂を聞きます。

いま、大手新聞社がいっせいに「押し紙」で広告主などから訴えられたら、朝日新聞の公式部数も一気に400万部を割り込むという事態も考えられるため、「経営危機の300万部」とは、決して非現実的な想定ではないのです。

朝日新聞ですらこうなのだから…

いずれにせよ、会計学・経営分析的な立場からは、朝日新聞社は、まずは大胆に新聞事業の規模を縮小すべきであり(具体的には支局の撤収、人員の大幅な削減、輪転機の稼働停止、固定資産の減損・除却など)、その分、不動産事業への投資に経営資源を投じるべきです。

それよりも、正直、朝日新聞社ですらこんな状況なのですから、経営に余裕がないほかの会社は、いったいどういう状況なのかと疑問です。

いずれにせよ、物理的な紙に物理的なインクを刷り込んだ虚偽記載だらけの怪文書を、大量の二酸化炭素とともに全国各地に撒き散らすというビジネスモデル自体、このインターネット時代においてはすでに時代遅れになっていることだけは間違いありません。

※本文は以上です。

【おしらせ】人生で9冊目の出版をしました!

当ウェブサイトからのお知らせです。昨年、当ウェブサイトに掲載した『数字で読む日本経済』シリーズを書籍化しました。株式会社ビジネス社より『数字でみる「強い」日本経済 』が刊行されました。詳細につきましては『【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売』などもご参照ください。また、もし当ウェブサイトを通じてすでに本書をアマゾンなどでご注文いただいたという方がいらっしゃれば、ぜひ、レビューを執筆して下さると助かります(高評価をつけていただく必要はありませんが、忌憚のない意見、ご感想などを寄せて下さる方がありがたいです)。


【PR】スポンサーリンク・広告

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/08/07 14:00 【時事|韓国崩壊
    日本製鉄の即時抗告、本当の狙いは「引き伸ばし」? (24コメント)
  • 2020/08/07 10:45 【時事|韓国崩壊
    WTO韓国人候補、「韓日協力」強調し日本の支持要求 (41コメント)
  • 2020/08/07 06:00 【時事|国内政治
    「なぜ中国からの防衛で中国の理解が必要なのか」 (69コメント)
  • 2020/08/07 05:00 【金融
    武漢コロナ禍でまたぞろ「増税カルト信者」が出現 (31コメント)
  • 2020/08/06 16:00 【時事|韓国崩壊
    数字で読む:日本の対韓輸出減少の「本当の原因」 (17コメント)
  • 2020/08/06 11:00 【時事|外交
    価値と利益を共有する英国は日本にとって重要な相手国 (14コメント)
  • 2020/08/06 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップが韓国への経済制裁の手段になる理由 (38コメント)
  • 2020/08/05 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部報道官「GSOMIAはいつでも終了可能」 (53コメント)
  • 2020/08/05 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/05(水) (151コメント)
  • 2020/08/05 11:50 【マスメディア論|時事
    日テレのスポットCM37%減~コロナ第2波にも注目 (17コメント)
  • 2020/08/05 06:00 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工問題で日韓両国が相互入国制限の可能性も (38コメント)
  • 2020/08/05 05:00 【RMB|金融
    「時流を読み誤りAIIBに乗り遅れた日本」の末路 (30コメント)
  • 2020/08/04 13:15 【金融
    【総論】経済制裁「7つの類型」と「5つの発動名目」 (31コメント)
  • 2020/08/04 11:00 【時事|韓国崩壊
    1発だけなら誤射かも~韓国の経済焦土化に備えるべき (49コメント)
  • 2020/08/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    公示送達の期日が到来:注目される日本政府の対応 (27コメント)
  • 2020/08/04 05:00 【政治
    輸出「規制」を巡り、米国がWTOと韓国に強く警告か (37コメント)
  • 2020/08/03 17:17 【時事|韓国崩壊
    【資料編】7月29日に開催されたWTO会合の議事録 (19コメント)
  • 2020/08/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/03(月) (72コメント)
  • 2020/08/03 11:30 【時事|韓国崩壊
    語るに落ちる:韓国側の狙いは「資産売却」ではない! (68コメント)
  • 2020/08/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    「現金化で韓日関係悪化必至」と韓国メディアが警戒 (22コメント)
  • 2020/08/03 05:00 【外交
    中国共産党が恐れる「シックスアイズ」こそ日本の進路 (42コメント)
  • 2020/08/02 13:00 【時事|韓国崩壊
    日韓GSOMIA破棄と撤回は新たな風物詩になるのか (31コメント)
  • 2020/08/02 10:00 【時事|外交
    トランプ「10月サプライズ」は北朝鮮攻撃? (26コメント)
  • 2020/08/02 05:00 【韓国崩壊
    8月4日が到来しても、恐らく「現金化」は実現しない (62コメント)
  • 2020/08/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/08/01(土) (104コメント)
  • 2020/08/01 09:00 【マスメディア論
    ウェブ評論家が新聞・雑誌に進出する時代が到来した (19コメント)
  • 2020/08/01 05:00 【韓国崩壊
    経産相発言から読む:韓国のWTO提訴は悪手中の悪手 (35コメント)
  • 2020/07/31 16:45 【マスメディア論|時事
    公共放送論とNHKが公共放送騙れるかどうかは別問題 (28コメント)
  • 2020/07/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    日本の国民感情を積極的に傷つけることで墓穴掘る韓国 (89コメント)
  • 2020/07/31 05:00 【数字で読む日本経済
    「国の借金・財政破綻」論は天動説と同じトンデモ論だ (39コメント)
  • 2020/07/30 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国のWTO提訴は成績不良な学生の裁判のようなもの (38コメント)
  • 2020/07/30 10:10 【時事|金融
    米FRBが9中銀との為替スワップを来年3月まで延長 (11コメント)
  • 2020/07/30 06:00 【時事|韓国崩壊
    裏目に出るか?WTOがパネル設置=対韓輸出「規制」 (42コメント)
  • 2020/07/30 05:00 【数字で読む日本経済
    3要件で見る、「日本国債は絶対にデフォルトしない」 (39コメント)
  • 2020/07/29 22:22 【雑感オピニオン
    ビジネス社様、正論編集部様、ありがとうございました (3コメント)
  • 2020/07/29 13:45 【時事|韓国崩壊
    日本の対韓輸出「規制」、本日にもWTOパネル設置か (26コメント)
  • 2020/07/29 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/29(水) (152コメント)
  • 2020/07/29 10:45 【時事|経済全般
    消費税減税こそ、衆院選の争点として相応しい (59コメント)
  • 2020/07/29 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が示唆する「日韓関係破綻」の在り方 (51コメント)
  • 2020/07/28 14:14 【時事|韓国崩壊
    安倍総理謝罪像巡り官房長官「日韓関係に決定的影響」 (82コメント)
  • 2020/07/28 10:30 【時事|国内政治
    旧民主党系の政治家に政権担当能力なし=アエラドット (33コメント)
  • 2020/07/28 05:00 【韓国崩壊
    Q&Aで読む、「韓日は対話で破局を避けよ」の間違い (36コメント)
  • 2020/07/27 17:00 【時事|外交
    「我々はG11やG12を必要としていない」=独外相 (24コメント)
  • 2020/07/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/27(月) (96コメント)
  • 2020/07/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「日本が対韓金融制裁カードを検討」 (26コメント)
  • 2020/07/27 07:00 【韓国崩壊|国内政治
    政党名大喜利~韓国編~ (29コメント)
  • 2020/07/27 05:00 【マスメディア論
    イメージダウンするのは被告企業ではなく新聞社では? (18コメント)
  • 2020/07/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国に対する経済制裁?共同通信の「ビザ厳格化」報道 (71コメント)
  • 2020/07/25 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】「政府が韓国のビザ厳格化を検討」=共同通信 (11コメント)
  • 2020/07/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/25(土) (103コメント)
  • 2020/07/25 09:00 【時事|韓国崩壊
    三菱重工で新たな訴訟…感情に訴えるのは理がない証拠 (55コメント)
  • 2020/07/25 05:00 【外交
    食い逃げ、ウソツキ…中国もしょせんインチキ外交の国 (81コメント)
  • 2020/07/24 05:00 【マスメディア論
    「大物司会者のテレビ降板」はCM激減と関係あるのか (30コメント)
  • 2020/07/23 12:00 【時事|金融
    韓国シンクタンク「通貨スワップ資金を証券会社にも」 (20コメント)
  • 2020/07/23 05:00 【読者投稿
    【読者投稿】あまりに不自然な東京都のPCR検査結果 (84コメント)
  • 2020/07/23 00:00 【雑感オピニオン
    コロナ関連読者投稿一覧 2020/07/23版 (1コメント)
  • 2020/07/22 15:00 【時事|韓国崩壊
    改めて思い出したい「韓国のベネズエラ化」という議論 (42コメント)
  • 2020/07/22 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/22(水) (95コメント)
  • 2020/07/22 11:30 【時事|国内政治
    「政策は後回し、さっさと合流を」=立憲民主・福山氏 (12コメント)
  • 2020/07/22 07:00 【時事|金融
    デタラメ判決出す国が金融センター?冗談もほどほどに (20コメント)
  • 2020/07/22 05:00 【雑感オピニオン
    早いもので、ウェブ評論を始めて10年が経過しました (41コメント)
  • 2020/07/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    日本企業撤退と日韓関係崩壊は韓国経済崩壊への道 (40コメント)
  • 2020/07/21 10:30 【時事|国内政治
    買い物10%アップ署名運動で商店街は再生するのか? (30コメント)
  • 2020/07/21 07:00 【時事|外交
    全方位にケンカを売る中国の外交 (48コメント)
  • 2020/07/21 05:00 【韓国崩壊
    イラン外務省が韓国に対して「約束を守れ」と要求 (29コメント)
  • 2020/07/20 17:30 【時事|韓国崩壊
    敵基地攻撃議論を「爪を見せ始めた」と批判=中央日報 (30コメント)
  • 2020/07/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/20(月) (80コメント)
  • 2020/07/20 11:30 【時事|外交
    製造業の脱中国が加速しても日韓関係は深まらないのか (25コメント)
  • 2020/07/20 07:00 【マスメディア論|時事
    亡くなった方の実家に押し掛けるから「マスゴミ」 (20コメント)
  • 2020/07/20 05:00 【金融
    非上場株式の売却、「法治国家では」とても難しい (28コメント)
  • 2020/07/19 12:00 【マスメディア論|時事
    毒水流すインフラ屋、法で裁けずとも社会的制裁は可能 (32コメント)
  • 2020/07/19 05:00 【外交
    入国拒否:日本育ちでも「帰化していなければ外国人」 (48コメント)
  • 2020/07/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/18(土) (95コメント)
  • 2020/07/18 08:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国が人民元経済圏に入れば日韓通貨スワップは不要に (21コメント)
  • 2020/07/18 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    「発売記念」あらためてスワップについてまとめてみる (7コメント)
  • 2020/07/17 17:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    細かいミス目立つデイリー新潮「韓国とスワップ」論考 (8コメント)
  • 2020/07/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    WTO事務局長選で韓国人候補が日本の支持確保に自信 (46コメント)
  • 2020/07/17 07:00 【政治
    韓経「日本の輸出規制で今月末にWTOパネル設置へ」 (26コメント)
  • 2020/07/17 05:00 【時事|国内政治
    「速やかに回答せよ」立憲民主党の高圧的で無礼な提案 (43コメント)
  • 2020/07/16 11:30 【時事|外交
    出版しただけなのにキャンキャン吠える中朝韓 (30コメント)
  • 2020/07/16 11:00 【マスメディア論|時事
    もりかけ問題で倒れるのは、安倍政権でなく新聞業界か (12コメント)
  • 2020/07/16 07:00 【時事|国内政治
    民主党復活?立憲民主党が「両党解散・新党結成」提案 (24コメント)
  • 2020/07/16 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「日韓の戦略的利害はもはや一致しない」 (38コメント)
  • 2020/07/15 17:00 【読者投稿
    【緊急速報】読者投稿特別編 ネコの動画を観るネコ (23コメント)
  • 2020/07/15 15:15 【時事|韓国崩壊
    【二股外交】中央日報「懸案ごとに米中を選択すべし」 (24コメント)
  • 2020/07/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/15(水) (127コメント)
  • 2020/07/15 11:11 【RMB|時事|金融
    香港ドルペッグ問題と「人民元の国際化」という空論 (11コメント)
  • 2020/07/15 07:00 【マスメディア論
    新聞と新聞紙は別物:「インクなし新聞紙」の衝撃 (30コメント)
  • 2020/07/15 05:00 【数字で読む日本経済
    【宣伝】いよいよ『数字でみる「強い」日本経済』発売 (14コメント)
  • 2020/07/14 15:30 【時事|外交
    防衛白書、「韓国との防衛協力と連携」をバッサリ削除 (41コメント)
  • 2020/07/14 11:00 【時事|韓国崩壊
    「徴用工は韓国政府が補償すべき」の真意をどう読むか (58コメント)
  • 2020/07/14 08:00 【マスメディア論
    朝日新聞ですらメディア部門が営業赤字に転落する時代 (20コメント)
  • 2020/07/14 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「為替スワップは長期支援に不適」と今さら気付く韓国 (6コメント)
  • 2020/07/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/13(月) (94コメント)
  • 2020/07/13 11:30 【マスメディア論|時事
    民放の5月のスポットCMが4割減の衝撃=東京新聞 (27コメント)
  • 2020/07/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日関係悪化の責任の大部分は安倍政権に」 (53コメント)
  • 2020/07/13 07:00 【国内政治
    立・国両党合流、政策そっちのけで「党名」でもめる? (25コメント)
  • 2020/07/13 05:00 【時事|外交
    「北のウラン濃縮」で気になる日本産フッ化水素の行方 (10コメント)
  • 2020/07/12 05:00 【韓国崩壊
    「韓国企業による書類偽造・不正輸出」は氷山の一角? (21コメント)
  • 2020/07/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/07/11(土) (156コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。