米韓同盟消滅、「大きく変わるときはあっけないもの」

当ウェブサイトでも連日取り上げているとおり、日韓GSOMIAは、順調に(?)行けばあと3日と18時間で消滅します。普段だとこの手の専門的な話題が注目されることは少ないのですが、さすがに今回の局面では、多くのウェブ評論サイトで日韓GSOMIA問題が議論されているようであり、しかもなかには非常にレベルの高い議論も少なくありません。こうしたなか、非常にレベルの高い議論の代表格として、『デイリー新潮』にいつもの鈴置論考が掲載されています。

2019/11/19 10:00追記

数ヵ所、誤植を修正しております。コメント欄でご指摘を下さいました皆さま、大変ありがとうございました。

日韓世論が珍しく一致

ここ数日、当ウェブサイトでも、日本と韓国の秘密軍事情報保護に関する協定(正式名称『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』、俗に「日韓GSOMIA」)の破棄を巡る話題を精力的に取り上げて来ました。

これについては昨日の『GSOMIA終了まであと4日半:ご都合主義的な主張』までの一連の記事でも説明したとおり、韓国メディア『中央日報』には、「日韓GSOMIA破棄を回避するために、日本が手を差し出すべきだ」とする論考も掲載されたほどです。

GSOMIA終了まであと4日半:ご都合主義的な主張

ただ、それと同時に、昨日までに手に入ったさまざまな情報によれば、まことに面白いことが判明します。

【産経・FNN合同世論調査】GSOMIA、ほぼ全政党で「破棄やむなし」(2019.11.18 16:11付 産経ニュースより)

産経ニュースによると、産経新聞社とFNNの合同世論調査で、日韓GSOMIAを巡っては国民民主党を除く全政党の支持層で「破棄は止むを得ない」とする回答が「延長されるべき」を大きく上回ったとしています。「延長」「破棄」の割合は、具体的には、

  • 自民党支持層:11.4%対72.7%
  • 公明党支持層:12.0%対72.1%
  • 立民支持層:17.9%対71.2%
  • 共産党支持層:16.4%対65.1%
  • 維新支持層:5.4%対85.8%

で、日本共産党の支持層ですら7割近くが「GSOMIA破棄は止むを得ない」などと答えているというのには、思わず驚いてしまいます。

ちなみに国民民主党の支持層では「延長」が「破棄」を上回っているのだそうですが、その理由はおそらくサンプル数が少なすぎるから(笑)でしょう。

一方で、韓国側の世論調査でも日韓GSOMIAを終了させるべきとの決定が過半数を占めたそうです。

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の昨日の記事によれば、韓国政府が「日韓GSOMIA終了を決定したこと」を「維持すべき」とする回答が55.4%、「撤回すべき」とする回答が33.2%だったと、韓国の世論調査会社リアルメーターが18日に発表したそうです。

政府のGSOMIA終了決定 55%「維持すべき」=韓国世論調査(2019.11.18 10:45付 聯合ニュース日本語版より)

図らずも日韓双方の世論調査結果がお互いにほぼ一致した格好ですね。

日韓の世論が一致するのは非常に珍しい話ではないでしょうか。

待望の鈴置論考

世の中が変わるときはあっけない

さて、このままで行けば日韓GSOMIAはあと3日と18時間で消滅しますが、日韓GSOMIAの終了は韓国にいかなる影響を与えるのでしょうか。

これについては、当ウェブサイトではこれまでも何度も報告してきたとおり、米韓同盟の終了に拍車をかけることは間違いないと見ています。といっても、これはべつに当ウェブサイトとしてのオリジナルの発想というより、韓国観察者の鈴置高史氏が執筆した『米韓同盟消滅』の内容をかなり参考にしています。

その本家本元の鈴置氏が昨日、「日韓GSOMIA終了」をテーマに、『デイリー新潮』に最新論考を掲載しています。

文在寅がGSOMIAで米国に“宣戦布告” 「茹でガエル」戦術から一気に米韓同盟消滅?(2019年11月18日付 デイリー新潮より)

期待の鈴置論考、今回も4000文字を超える長文ですが、文章構成や表現のわかりやすさもあり、おそらくあっという間に読んでいただけると思います。

といっても、鈴置氏の一連の論考には、ひとつの「欠点」があります。

それは、「米韓同盟が消滅する方向にある」という「方向性」については何となく理解できるものの、それが実現する時期は具体的にいつなのか、という点がよくわからない、という点です。

もっとも、鈴置氏(あるいは評論家)は預言者ではありませんので、「何年何月何日に米韓同盟がどういう形で消滅する」といったことを具体的に言い当てることはできません。これは鈴置論考自体の欠陥ではなく、「客観的事実から未来を予測する」というタイプの論考には常に当てはまる「限界」なのです。

以上を踏まえたうえで、本稿ではあえて鈴置氏の論考の末尾にある表現から紹介しておきましょう。

世の中が大きく変わる時はこんな、あっけないものなのかもしれませんが。

むかしから「現実は小説より奇なり」といいますが、この鈴置氏の下りには、心の底から同意せざるを得ません。鈴置氏は長年、「米韓同盟は消滅する方向にある」と言い続けて来ましたが、米韓同盟消滅に向けた動きが、文在寅(ぶん・ざいいん)政権になってから急加速したこともまた事実だからです。

冷静に考えてみれば、ベルリンの壁の崩壊もソ連の崩壊も、今になってみれば、じつにあっけなかったと思います。ましてや世界の超大国である米国が、ユーラシア東端のちっぽけな国との軍事同盟を消滅させて撤収するなど、人類の歴史から見たら本当に取るに足らない出来事なのかもしれません。

GSOMIA破棄は「宣戦布告」

さて、本稿では、今回の鈴置論考のなかで気になった下りを冒頭から紹介していきたいと思います。

のっけから、「宣戦布告」という過激な表現が出て来ます。鈴置氏はまず、11月15日に訪韓したマーク・エスパー米国防長官に対し、文在寅氏が「日本との軍事情報を共有するのは難しい」と語ったことについて、

  • 日韓GSOMIAの破棄を翻意するよう求める米政府高官に、韓国の大統領が直接、拒絶したのは初のこと
  • 大統領自ら米国防長官に拒絶した以上、韓国は後戻りできず、GSOMIAは11月23日午前零時の失効期限をもって消滅する、と保守は頭を抱えた

としたうえで、これを「宣戦布告」と呼ぶのですが、冷静に考えてみると、これは決して大げさな表現ではありません。なぜなら、エスパー氏を含めた米国政府関係者は、韓国が日韓GSOMIAを破棄した場合、中国や北朝鮮を喜ばせるだけだ、と韓国を説得し続けていたからです。

裏を返せば、「韓国が日韓GSOMIAを破棄した場合、貴国は中国や北朝鮮の側につくとみなす」、という「踏み絵」ですね。鈴置氏はこれを

文在寅大統領は、その踏み絵を蹴飛ばして『中国・北朝鮮――大陸側に行く』と米国に通告したわけです。韓国の保守にすれば『米国に宣戦布告した』も同然なのです。

と喝破します。

米国が日本に圧力を掛けなかった2つの理由

ところで、今回の日韓GSOMIA破棄問題、当ウェブサイトでは『そもそもなぜ、米国は「韓国にだけ」圧力を掛けたのか』でも報告したとおり、米国はなぜか日本には圧力を掛けず、「韓国にだけ」圧力を掛け続けたのが印象的です。

これについて鈴置氏は、これには次の2つの理由があると指摘します。

  • 米国が音頭を取って実現した、米韓同盟の象徴たる日韓GSOMIAを、韓国がいとも簡単に破棄したことをもって、韓国が米韓同盟をそんなに軽く見ているのか、という怒りを抱いたこと。
  • もし、米国が輸出管理の強化を撤回させるなど、日本に尻ぬぐいさせれば、韓国の信義違反を認めることになってしまい、それは裏切り者の韓国をますます増長させるだけであること。

裏を返して言えば、米国はこれまで、いかに韓国の「尻ぬぐい」を日本に押し付けて来たか、ということでもあります(※余談ですが、米国にとっても最も重要な同盟国である日本にばかり譲歩を強いるということが続けば、そのこと自体、日米の信頼関係をも傷つけることになりかねない、ということでもあります)。

そのうえで鈴置氏は、ここでひとつ、きわめて重要な点を指摘します。

それは、韓国が日韓GSOMIAを破棄すると決めたのは、同盟国の米国よりも中朝の言うことを聞いたからであり、「日本の輸出規制への報復」は言い訳に過ぎない、という点です。

当ウェブサイトとしては、韓国が日韓GSOMIA破棄を決定した目的としては、

  • ①GSOMIA破棄期限までに日本が輸出管理適正化措置を撤回させること
  • ②日本の「輸出規制」を言い訳にGSOMIA破棄と米韓同盟消滅を誘発すること

という、2つの仮説を抱いているのですが、この鈴置説は②の立場に立っているものです。

鈴置氏の説明は、こうです。

GSOMIAに留まらず、韓国の裏切りは目に余るものになっていた。すきあらば、北朝鮮への経済制裁を破ってカネを送ろうとする。中国包囲網たる『インド太平洋戦略』にも加わろうとしない。

この視点は非常に重要です。

日本国内の一部メディアは「日韓GSOMIAを何とか破棄させないためにはどうすれば良いか」ばかりを議論していますが(たとえば『GSOMIA破棄、いよいよ米韓同盟が崩壊の瀬戸際に』でも紹介した無責任な論考など)、こうした議論は、韓国が米国を裏切り続けてきたという事実を無視しています。

鈴置氏は米国国内で韓国に対する怒りが強まっているとしたうえで、

この機会をとらえて米国が『GSOMIAを続けろ』と韓国だけを締め上げるのは当然のことなのです。

と指摘。

裏切りの代償の大きさを痛感させるため、「▼通貨を通じたお仕置き、▼韓国製品に対する輸入関税引き上げ、▼在韓米軍撤収の脅し」などを繰り出してくる可能性があると述べています。

茹でガエル理論

ただし、米国が韓国に対し、何らかの「お仕置き」を仕掛けた場合、何が発生するでしょうか。

意外な話ですが、韓国では現在も文在寅政権に対する支持率は一定水準を維持しており、また、冒頭で紹介したとおり、ある調査によれば、過半数が日韓GSOMIA破棄決定を支持しているほどですから、「反日」が入ると韓国人は正常な判断力を失うのでしょう。

そこで出て来るのが「茹でガエル」理論です。

これは、熱いお湯に投げ込まれたカエルは驚いて飛び出す一方、冷たい水に入れられ、少しずつ温められれば、カエルは跳び出さずにそのまま茹で殺されてしまう、というたとえ話のことです。

鈴置氏の言葉を借りて表現するならば、

  • 左派政権が「米韓同盟をやめる」と言い出せば、ほとんどの韓国人は反対し政権打倒に立ち上がる(=熱いお湯に投げ込まれたカエル)
  • ところが、「反日」の糖衣でGSOMIA破棄をくるみ、いい気分にさせて米韓同盟を弱体化すれば反対は出ないが、最後には怒った米国から同盟を打ち切られてしまう(=冷たい水の茹でガエル)

というわけですね。

つまり、現在は「反日」の甘言で日韓GSOMIA破棄を韓国国民に呑ませ、知らず知らずのうちに米韓同盟を破壊する手口に、韓国国民はまんまと騙されている、という格好です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

なお、鈴置論考はまだまだ続き、総選挙を控えた文在寅政権はこのタイミングで日韓GOSMIA破棄を撤回するとは考え辛いこと、昨年、韓国で愛国心を鼓舞するような映画が封切られたことなど、興味深いエピソードは満載です。

是非、リンク先記事を直接読んで下さると幸いです。

韓国問題の良いところ

ところで、米韓同盟が消滅する危険性を帯びているということ自体、鈴置氏がかなり以前から警告して来たものでもありますし、昨年出版された名著『米韓同盟消滅』も、具体的な証拠付きでそのことを指摘したのですが、これに対し私たち日本国民の備えは万全といえるのでしょうか。

カツカレーだのパンケーキだの、あるいはモリカケだの桜だの、挙句の果てに「五千円問題」だので国会の貴重なリソースを潰し続ける野党勢力や、それらを擁護し続ける一部の新聞・テレビなどのオールドメディア、そして彼らに騙され、反日野党を国会に送り込み続ける一部の有権者――。

どうも危機意識に乏し過ぎるように思えてなりません。

憲法改正問題、NHK問題、財務省問題などの内政問題・経済問題もそうですし、対外的には中国の軍事的な膨張、北朝鮮の核開発問題など、課題は山積しており、国会における政策論争を見ていると、本当に心もとない思いがします。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、ひとつ救いがあるとすれば、日韓GSOMIA破棄問題やレーダー照射問題、上皇陛下侮辱事件や自称元徴用工問題のように、韓国の常軌を逸した反日的な動きが、政治や外交に関心がなかった日本国民を「平和ボケ」から叩き直していることではないでしょうか。

実際、当ウェブサイトもそうですが、世の中にはこの手の外交問題、内政問題、経済問題などを取り扱うウェブ評論サイトが雨後のタケノコのように増えており、一部のサイトは大手マスメディアのウェブサイトを上回るアクセスを集め始めているようです。

もちろん、これらの新しいウェブ評論サイトは玉石混交であり、なかにはページビュー(PV)狙いでインチキのタイトルを付した粗悪なウェブサイトもあるようですが、希望的観測を申し上げるならば、最終的には多くの読者から支持される良質なウェブサイトのみが残るのではないかと思う次第です。

Follow me!

米韓同盟消滅、「大きく変わるときはあっけないもの」” に対して50件のコメントがあります。

  1. ATSH より:

    記事更新ありがとうございます。この時局での鈴置論評、そしてご解説待ってました。正に茹でガエルなかの国民ですが、その根底は粘り強く行われてきた反日教育の賜物である事、教育は人づくり、国づくりに繋がると言う生きた証拠であり他山の石にはしてはならないと思います。
    天災は忘れた頃にやってくる、いつ来るか分かりませんが備えていないは許されません。人災や国難も同じ事…桜に寝ぼけた方々に邪魔されて国益を損ねてはならぬのですが…(そういえば方々は天災への備えも仕分けしちゃった勢でしたね)

  2. 名無しA より:

    文在寅一派が「レッドチームに行く」つもり
    なのは明白ですが、自分にはレッドチームが
    それを受け入れるように見えないんですがね。
    表面的には対北外交はほぼ破綻、対中外交にも
    改善はない。

    米韓同盟が消滅して起こるのは、急速な経済の
    衰退と国際的孤立化でしょうよ。
    日米からの経済制裁に加えて、中朝からの
    軍事的圧迫が強まると思います。
    島を取られるとか、国境での紛争などで金を
    ゆすられるとか。

    北との統一とか中への併合とかは、当面ない
    と思います。5000万人の問題児を受け入れる
    なんて嫌でしょうよ、両国とも。それより死肉を
    漁った方がよい。

    1. 匿名 より:

      そういや李氏朝鮮時代もあの国は旗色不鮮明でしたね
      だから周辺国が引きずられたとも言える
      自国を紛争地にする天才ですな
      日本は関わらないというのを徹底しないとですな

    2. 心配性のおばさん より:

      名無しA様 

      >5000万人の問題児を受け入れるなんて嫌でしょうよ、両国とも。

      私もそう思います。文在寅政権のレッドチーム願望を見ていると、よど号ハイジャックして、北朝鮮に押しかけした日本の左派活動家を思い出します。10人にも満たない彼らを受け入れるのに北朝鮮は難しい顔をしたとの報道でした。

      5000万人なんて、押し寄せたら、北朝鮮も中国も「戦争行為だと認識する」で通すと思います。おお怖。
      なので、韓国の道としては、押し寄せるのではなく、いらっしゃいませ作戦ではないかと思ってみました。在韓米軍撤収後に北朝鮮あるいは中国に治安維持のための軍の派遣を要請するとか。ちょうどシリアのアサド政権が治安維持のために外国の傭兵を頼んだように。

      がしかし、鈴置氏やこちらのWeb主様は、アメリカが韓国のそんな勝手は許さないだろうと読んでみえるようです。在韓米軍撤収後であっても、米韓同盟はムリにでも残す。そのような動きがあった途端・・・。

      1. 名無しA より:

        >北朝鮮あるいは中国に治安維持のための軍の派遣
         を要請するとか

        ⇒ 軍派遣には金がかかるし、原住民の統治も負担
          だから、頼まれてもしないと自分は思います。

          韓国が核武装を進めようしたら、軍を侵攻させる
          かもしれませんが。

          

  3. クロワッサン より:

    更新お疲れ様です。

    鈴置氏の予測通りの未来になって来ましたね。
    私も買った朝鮮半島201Z年が2010年ですから、もうすぐ10年。
    あの当時は鈴置氏の見解を理解出来ない人が多数派だったでしょうが、今はもうかなりの人が理解出来ていると思います。

    韓国の離米従中は米国の国力低下と中国の国力上昇を見て「これからは中国の時代だ!」と読んで始めた方針なので、実際にそうなれば中国に賭けた韓国はそれなりに利益を得られる筈。

    ただ、韓国のひとつの誤算は、「裏切り者は軽く見られずに済んでも重用はされない」って事だと思います。
    「裏切り者は、その弱さ故に二度裏切る」って奴ですね。

    1. クロワッサン より:

      >韓国は裏切る際に汚い手口も使いました。文在寅政権はトランプ(Donald Trump)政権に「GSOMIAは破棄しない」と説明しておいて、破棄した――つまり米国をだまし討ちにしたのです。

      鈴置氏のコラムにある此処ですが、韓国が台湾と断交する際の出来事を連想しますね。
      台湾に韓国車を大量に買わせておいて、台湾を切るという。
      軍艦島の世界遺産登録の件でもですが、ホント後先考えずに騙し討ちをするお国柄ですねぇ。。。

      1. 心配性のおばさん より:

        クロワッサン様

        >ホント後先考えずに騙し討ちをするお国柄ですねぇ。。。

        お国柄というか、そのような民族が今日まで生き残ってこれた歴史の不思議を感じます。

        ん?そのような民族だから?関わり合いを避けられたせいで生き残った?

  4. 陰謀論者 より:

    茹でられているカエルには申し訳ないが、誰かが外から鍋をひっくり返さない限りカエルは助からないのだ。
    そうさせないようにブンブンはすべての国から信用を失う行為を繰り返してきたのだ。
    ちょっと生臭いので我々はこっそり塩を投入しましょう。

    1. がぶりえる より:

      陰謀論者様

      >ちょっと生臭いので我々はこっそり塩を投入しましょう。
      それでは料理になってしまうではないですか。
      日本人は韓国を料理する気はないです、戦前の過ちは繰り返しません。
      むしろ勝手にやってろで十分だし、料理することは在日韓国人の戦略目標である疲弊した韓国に新支配層として乗込む事を助けることとなり、せっかくの自壊を壊す行為です。
      意気揚々と彼らが韓国に帰還しても歓迎は石礫、これが日本を無茶苦茶にしまくった彼らに対する罰としてふさわしい。

    2. 自転車の修理ばかりしている より:

      陰謀論者様

      >我々はこっそり塩を投入しましょう。

      ここはフッ酸を投入して骨も残さず溶かしてしまうのがいいでしょう。
      あ、鍋も溶けてしまうか…

  5. だんな より:

    維新の支持者の破棄が多いのは、イラチな関西人のせいかなと思ってしまいました。
    戦線布告は、「もう二度と日本に負けない」だと思いますので、あの頃から始まったんだと思います。
    今回GSOMIA破棄を撤回しないと、エスパー長官に言った事は、アメリカへの戦線布告かも知れません。
    韓国国民の反日から反米への意識変化は、文政権の思惑通りに進んでいるようです。韓国人は文政権が北朝鮮との統一までは気がついているのに、中国側になる事は、理解していないようです。
    日本の輸出管理の厳格化に対しては、国内生産を進めて対抗すると言ってたのと同じように、米韓同盟の崩壊に対しては、自主国防という言葉で国民を欺こうとしているようです。
    米軍の駐留費の問題で、在韓米軍が減る時に、韓国世論がどうなるかが、ポイントかと思います。

    1. だんな より:

      自己レスです。
      韓国が、原材料等の国産化が、可能と思っている理由が、分かって来ました。
      中国で、半導体などの内製化が進んでるので、多分韓国も出来ると勘違いしているのだと思います。

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    韓国は散々面倒見てもらい、北からの脅威を守ってくれた米国をとうとう怒らせてしまいました。が、米国も本当に行動に出るのが遅い。もっと何年も前から疑っていたはずです。

    もっともその点は日本も言えません。何度も煮え湯を呑まされ、それでも譲歩して来たんですから。地勢をアドバンテージに韓国はして来た訳です。

    しかし、鈴置氏の言う通り、文大統領自ら米国防長官に拒絶した以上、韓国は後戻りできません。GSOMIAはあと3日と16時間で失効。日本政府も次のステップをあらゆる想定で対処できるように考えていると思う。ばあい韓国!(笑)

    国内に目を移すと5,000円食事とか、馬鹿な事を野党はやってます。証人呼べ、とか。だがコイツら今の日本を本当に考えているのだろうか?

    改憲や審議をさせない作戦だろうが、余計に支持落とすよ。GSOMIA破棄についても、歯切れの悪いいいかたしか出来ない立憲民主党、国民民主党、日本共産党。72%と60%台の差は、大きいよ。

    1. 心配性のおばさん より:

      めがねのおやじ様

      >だがコイツら今の日本を本当に考えているのだろうか?

      考えていません(きっぱり)。彼らは党益どころか個人益しか考えていないと思います。
      いかがでしょう。着払いで隣国に進呈しては。

  7. はにわファクトリー より:

    今の大統領は為政者 governor ではなくてただの街頭行動者 street protester だと自分は思ってきました。為政者の器でないのです。前任者もひどかった。牧野朝日新聞編集員が現代ビジネスオンラインの記事において人物像を著述して「政治に向いていない」と書いています。担ぎ出されただけと。愕然とする言動はいくつもありましたが、今年8月のは特に振るっていました。ホワイト国外し措置に憤るあまりに、日本には2度と負けない発言をしたとの報道。疑いをかけられているなら、身を潔白を証拠をそろえて証明論破すればいいと多くのかたが指摘しているとおり。なのにそうしない。ありしもしない戦いをことさらに強調し、それに敗けたと言明することで、あの大統領は「負けを作って」しまった。不幸を呼び寄せる貧乏神以外のなにものでもありません。かの国の場合、為政者は失脚後に命を取られる歴史がありますが、貧乏神な彼も例にもれずそうなるのではないでしょうか。

  8. 新茶狼 より:

    >「破棄」「延長」の割合

    >自民党支持層:11.4%対72.7% …

    この言い方ですと破棄が11.4%と読めてしまうので、「延長」「破棄」若しくは「72.7%」「11.4%」に組みかえた方は誤解がないかと。(もちろん意味はわかっています)

    あと
    >鈴置氏の下りには
    >気になった下りを

    件(件り) または くだり とすべきかと。

    指摘ばかりで恐縮です。

    それにしても鈴置氏の論考はいつも読ませますね。

    1. 新宿育ち より:

      私もそこが気になっていました‼️

    2. 匿名 より:

      >・米国が温度を取って実現した、・・・のくだりも「音頭」かも

  9. 自転車の修理ばかりしている より:

    文大統領がGSOMIA破棄を通じて離米従北を意図しているとすると、そのグランドデザインはどういうものなのでしょうか。同一政体での併合は無理にしても、もしめでたく南北同盟が成ったとして、その先は…連合朝鮮を手土産に米陣営復帰?伝統ある中共属国?まさか独立独歩?どれもより良い未来につながっているようには見えないのですが。
    私には、文大統領には深謀遠慮などというものはなく、支持層に受ける政策を場当たり的に取り続けてきた結果、現在の袋小路に来てしまっただけのように思われます。

    日「経験上から忠告するが、米にケンカを売るのはやめておけ」
    独「そうそう、国が割れる羽目になるぞ」
    伊「既に割れてるんですがそれは」
    英「力を借りたら借りたでがっぽり請求書が来るんだよなぁ」
    越南「正面切って殴り合わなければワンチャンあるかも」
    中「あの時は当時の大国の力を借りてたよな…(チラッ)」
    露「おい鼻血出しながらこっちを見るのはやめろ」

    1. 心配性のおばさん より:

      自転車の修理ばかりしている様

      ショートストーリー、ほっこり笑わせていただきました(笑)。

    2. りょうちん より:

      >越南「正面切って殴り合わなければワンチャンあるかも」

      ベトナムの人には悪いですけどベトナム戦争は、北ベトナム軍/ヴェトコンが強かったから勝ったのではなくて米国が自縄自縛で自滅して負けたのです。
      南ベトナム軍へのフリーハンドの軍事援助・ジャングルを焼き払う北爆など全力でやればノーチャンスでしたよ。
      (今は亡き佐藤大輔の「征途」という架空戦記でジャングル戦に長けた元日本帝国軍人が容赦の無い艦砲射撃・空爆でVCを壊滅させましたが、「虐殺」と叩かれて更迭されていました)

      その反省が湾岸戦争後のメディア戦略を意識した戦争形態になり、少なくとも米軍が負ける事態は発生していません(勝ち切れているのかという点ではアレです)。

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        りょうちん様

        北ベトナムが真珠湾攻撃をやっていれば、米軍も容赦なく焼夷弾・ナパーム・枯葉剤コンボが使えたのかもしれません。米国にとって太平洋戦争は正義の復讐戦で西部劇的勧善懲悪劇であり、ベトナム戦争はフィルムノワール的心理悲劇だったように思います。自縄自縛とおっしゃる通り、米国はベトナムに負けたというより内紛に斃れた印象を持っています。

        世界唯一のスーパーパワー、比肩するもののない戦力!しかし敵の姿ははっきりとせずよく見えない。
        ベトコン「だからゲリラ戦なんだよなぁ」
        アルカイダ「テロも効くぜ」
        イスラム国「人質作戦もアリアリ」
        イラン「正々堂々の戦争なんて、もう何処にもないのさ」
        中国「経済的タコ殴りでも結構キツイ…ゴフッ(吐血)」

  10. はにわファクトリー より:

    統一のグラウンドデザインはこうゆうものではないかと当方は思ってきました。「米朝戦争終結宣言」「日朝国交回復」「統一資金は日本に全額負わせたかり続ける」「米国と中露にはそれぞれ報奨として開発権=開発力提供とのバーターで利益供与」「米国と中国の間で自主独立の生存空間を確保」
    これらはそれぞれ論破可能です。朝鮮戦争とは部族間不和が引き起こした内戦である。米国が折れたら勝ち負け不問で終結になろうはずがありません。日朝国交回復の条件は未払いになっている戦後補償。きっと南半分は賠償金は自分のものとソロバンを弾いていることでしょう。北半分は愉快でなく思っているに違いありません。開発権に関しては、地面を通じた金儲けに長ける不動産王がウマい話になったふりをしています。核を通じた自主独立の夢は周辺関係国すべての不興を集めるだけです。よって来年以降国際孤立へ一直線。錯誤の根幹は米国が甘やかしてくれる日がこれまでどおり続くだろうと妄信していることです。北半分と米国がなんらかの形で関係改善できるならば、米国大統領はそんなそぶりを続けるでしょうが、南半分の南ベトナム化は現実になってしまいます。グランドデザインは画餅です。

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      はにわファクトリー様

      おっしゃること、よくわかります。彼らの皮算用の楽観的なことと言ったら、他人事ながら心配になるレベルです。

      中国にとって北鮮は所詮捨て駒で、韓国と暴発的戦闘となって喪っても許容範囲とか思っていそうです。北鮮はそれが不満で、離中し米に接近しようと考えたのでしょう。米にとっての韓国もつまるところ橋頭堡で、喪っても「残念だ」で済ませそうです。韓朝は米中にとって「飛車先の歩」でしかないと見ています。韓国はその境遇を抜け出したく、北と手を取り合えると計算したのだと思っています。

      もし親米を保つなら、統一朝鮮は今度は対中の最前線になり、逆に中華属国へ復帰するなら、同じく新アチソンラインの赤軍前衛となり、南北朝鮮という予選リーグの対戦でなく、米中という決勝トーナメントの衝突地点となるということです。あまり健康に良さそうな環境とは思えません。

      多分理想は緩衝地帯としての中立なのでしょうが、韓国は「飛車先の歩」だっととは言え日本の援助その他の運により「と金」に成っています。相手に取られる場所にある「と金」をそのままにしておくわけがなく、元の「歩」に戻しておけ、と米国は思うでしょう。

      結局、北の脅威があってこそ南の価値があり、南を押さえ込むことに北の意味があるのです。

      何処にも明るい未来が見えてきません。その辺りの見通しが甘すぎるのでグランドデザインに疑問を呈した次第です。

      「あんなこといいな できたらいいな 韓国の言っていることは そんなのばっかりなんだよ(AA略)」

  11. 未熟な19歳男性 より:

    おはようございます

    こんな裏切り者の同盟国を見た敏腕ビジネスマンのトランプ大統領としては、在韓米軍撤収は既定路線で、現在交渉中の在韓米軍駐留費分担交渉にカタをつけて、前金できっちり5000億円払わせてから撤収したいと考えていると思います。また、北朝鮮も年末までしか待てないと叫んでいるので、分担交渉が終わって支払い完了次第、米国は米韓同盟解体と引替えに
    ①米朝交渉の再開
    ②韓国経済の焦土化
    を実行すると思います。

    話題が変わりますが、立民・共産支持層でGSOMIA破棄支持が6割超は意外です。あんなに議員たちは媚韓なのにです笑

    兎にも角にも、日和ることなく完全破棄まで突っ走ってほしいです。文在寅大統領、応援しています…韓国がどうなるかは知らないですけどね笑

    1. 名無しA より:

      >立民・共産支持層でGSOMIA破棄支持が6割超は意外です。

      ⇒ GSOMIA破棄は中朝の望むところですから、
        サヨクが支持するのは当然です。

        立民・共産議員の媚韓姿勢など表向きだけですよ。
        70-80年代の社会党・共産党を知ってる身から
        すれば、噴飯ものですわ。
        

      1. 匿名 より:

        同感です。韓国の孤立、日米との絶縁は共産、立民の望むところでしょう。
        韓国左翼のGSOMIA破棄支持と同類の「支持」でしょう。

      2. 未熟な19歳男性 より:

        返信ありがとうございます

        確かに左翼系の典型な目標?信条?として反米と米軍撤退でした。
        あと 70-80年代の左派について知らないことも多く、まだまだ勉強が足りないなと思ったので、大学の図書館で調べようと思います。

        司書さんに変な目で見られそうですが…

    2. 自転車の修理ばかりしている より:

      未熟な19歳男性様

      トランプ大統領のことですから、無理な額をふっかけてその半額も取ればよし、これで米軍縮小→撤退のコンボの資金と名目ゲットだぜ!とか思っているのでしょうね。

      1. 未熟な19歳男性 より:

        返信遅れてしまいました

        とにかく行動力の源はアメリカ・ファースト(一国のトップとして当然だと思います)なので、無理難題を吹っ掛けて半分でも分捕ってくる&撤退名分ゲット方式かもしれませんね笑

  12. Y より:

    日韓GSOMIA失効間近というタイミングのためか、BSフジプライムニュースに 鈴置高史氏が出演されます。
    今月2回目ということで、改めて日韓関係が重大な節目を迎えていることを実感します。
    いつもの 真田幸光氏に加えて武藤正敏氏が出演されます。

  13. 雪国の会計士 より:

    GSOMIA終了しても、在韓米軍撤退には今少しキッカケが足りない感じですね。
    米軍駐留経費増額もろうそくデモの燃料になりきってないですし。
    なので鈴置氏は米韓同盟消滅の時期まで示していないのでは?
    キッカケになりそうな事象を予測するのが大切かと思います。
    私が考えられる範囲では、逆ギレネタかホルホルネタがきっかけになるとみてます。

    ・新たな瀬取り発覚
    ・文なんとか(3人くらいいましたね)竹島上陸。
    ・イランで韓国宛輸出のフッ化水素の容器見つかる。
    ・北朝鮮からいろんな飛来物増える。
    ・戦闘機や空母とかの新型武装品的なものリリース。

  14. 一国民 より:

    鈴置氏の説に従えば、GSOMIA破棄で、韓国は、中国からの再評価を得るのでしょうね。
    ただし、THAADの撤収などもやらないと・・まだまだかとも。

    気になるのは、米国が韓国に供与しているF35やイージスシステム。核心技術の情報は提供していないかもしれませんが、それでも有用な機密情報は満載でしょう。

    嘘をつきすぐに裏切る韓国のことですから、遅かれ早かれ、以前やったように旧宗主国の中国には、お土産としてこれらの情報が提供される可能性があると思います。(もっとも中国は韓国に供与されているレベルの技術はすでに獲得しているのではないかとも思いますが。)

    米国は、どうするのでしょうか。
    たとえば今後納入予定の数十機のF35、取りやめるのでしょうか。
    相当な利益を失いますが・・、他の友好国に売って補うのかなあ、などと考えてしまいます。

    1. 憲法改正で日本軍に昇格しないと より:

      >鈴置氏の説に従えば、GSOMIA破棄で、韓国は、中国からの再評価を得るのでしょうね。
      おっしゃる通りだと思いますが北朝鮮からの再評価をも得るのでしょう。中北の再評価に向けてようやく一歩前進ですが、次のステップはサード撤去と※国連制裁完全無視の北鮮金剛山開発?だと思います。この段階で安保面でも完全にレッドチーム大陸勢力入り確定(経済は既に中国陣営)ですが、この状況では米軍撤退を前提に対日米宣戦布告状態です。実際には日本に宣戦布告(島嶼侵攻)するものと思います。
      ※は知識不足で全く予見出来ません

      1. 一国民 より:

        そうでした。北朝鮮も評価しますね。
        米韓軍事演習も早く止めにして、米軍を半島から撤退させろと。そうも言われているのでしょうね。

        韓国民にとって、北は同胞なので親睦の情があるのはわかりますが、それにしても、金一族が奴隷制にも近い状態で独裁専制政治を敷いている体制に組み込まれてしまうおそれがあるのに、融和できると、本気で思っているのでしょうかねえ?

    2. 自転車の修理ばかりしている より:

      一国民様

      中国のファーウェイで問題になったバックドアに類するものが、F35をはじめとする韓国に配備される米国製兵器のブラックボックスに仕掛けられているんじゃないか、と疑っています。そうでなければ韓国のような常習的裏切り国に対し、脇が甘すぎます。

      いや、韓国だけでなく、日本ほかの同盟国に配備される全兵器も同様かもしれません。
      機会はあり手段はありバレるリスクは低い。逆にそういう仕込みがないのならば、米国の安全保障上怠慢と言われても仕方ないレベルかと思います。

      1. 一国民 より:

        なるほど。

        ブラックボックスをどうにかして開けようものなら、ソフトに係る機密情報はすべて消滅するとかいったことですね。

        韓国は原潜を造りたがっているようですが、その技術は、結局、中ロあたりからだったら供与してもらえるなどと思っているかもしれませんね。

        疑えばきりがない韓国ですが、これまでの数々の言動、でっち上げや嘘、歪曲やねつ造等々がまかりとおるだけあって、まったく信用ならない国です。

  15. 匿名 より:

    血盟同盟(笑)の終焉を見れそうです。文在寅は有能なサーファーで勇気がありますね波に向かって一直線。しかし反日の衣で包んだゆで蛙理論は秀逸ですね。左派はこれを利用しない手はないでしょう。

    (PV)狙いでインチキのタイトルを付した粗悪なウェブサイトもあるようですがとありますが、多いですね。日本の安倍総理も菅官房長官も河野さんもそこまで言っていない、タイトル詐欺のサイトにたまに釣られます。覚えてないですがあじあ何とかいう所でした

  16. G より:

    常識的にはもはやGSOMIA無条件延長あり得ないのですが、韓国に常識が通用しないのも最近の流れから学んだ事実です。
    GSOMIAをもし電撃無条件継続してきた場合どう対処すべきかというのは考えておくべきかと。

    最終的にはアメリカとの関係もあって日本は受け入れなきゃいけないのですけど、その前段階で難色を示すぐらいはしていいかと。
    GSOMIAには3ヶ月前の通告で終了出来るとあるだけで、その通告を無効化する規定はないとまず突っぱねます。
    その後、どうしてもというなら特例で通告無効化を受け入れていい。ただ然るべき人の謝罪も必要ですね、とする。

    日本に何かしらの妥協を求めてますが、それが一切存在しないことを明確にするために、謝罪なりなんなりで韓国側が妥協した形にしたいです。

  17. 門外漢 より:

    GSOMIA破棄は止むを得ない

    に関する意識調査はなかなか興味深いですね。
    自民党や維新の肯定派は「もう味方じゃないから」ということで、当然韓国を敵と見てのことです。
    共産党や立民の肯定派は「中・北にとって良い方向」だからで、韓国が味方になるという前提でのことでしょうね。

  18. ラジオはMMT より:

    トランプは、北朝鮮の核と米韓同盟の交換を諦めたんでしょうか? このまま米韓同盟消滅だと最悪の結果になりますよ。

    1. 心配性のおばさん より:

      ラジオはMMT様

      >トランプは、北朝鮮の核と米韓同盟の交換を諦めたんでしょうか?

      韓国のジャマで諦めざる得なかった。なので作戦変更ではないでしょうか?在韓米軍撤収となれば、半島への空爆はやり易くなります(ニヤリ)。

      >このまま米韓同盟消滅だと最悪の結果になりますよ。

      鈴置氏は在韓米軍撤収でも、米韓同盟はネバッて維持すると読んでいます。その心は・・・。上記にいたしました(ニヤリ)。

  19. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     「大きく変わる時は、あっけなく変わる」は、韓国だけでなく、日本政
    府、(報道機関を含む)日本の企業、野党にも言えることです。なにしろ
    「変化の渦中にいる人は、その変化に気が付かないもの」は、渦の外にい
    るからこそ、気が付くものですから。もっとも、すべてが終わってから、
    その渦中にいた人に聞くと、(例外はあるかもしれませんが)「内心は変
    わることが分かっていたが、引っ込みがつかなくなったから、あるいはど
    うしたら良いか分からなかったから、またはそこから飛び出したら逆に悪
    くなることを心配していた、または土壇場で何とかなると思って、結局、
    何もできなかった」と、言い訳するかもしれませんが。

     駄文にて失礼しました。

  20. じゃっく より:

    「ひとつ救いが」とありますが、もう一つ大切なことがあります。
    それは、現政権が民主党でなく、それどころか、極めて安定している内閣である、ということです。
    不安な政権だと、親韓派にも一定の配慮をする事を余儀なくされますが、現時点では、そういう心配はしなくてよいです。

  21. G より:

    いまのところ「仲は悪いけど一応友だち」
    23日からは「友だちの友だち」
    米韓同盟解消後は「友だちの元友だち」

  22. だんな より:

    ハンギョレの記事です。
    [寄稿]対米関係が変わってこそ統一時代が切り開かれる
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191119-00034993-hankyoreh-kr&pos=1

    以下部分引用していきます。
    韓国の場合も、米国と新しい関係を結ぶことこそ朝鮮半島の平和と統一の先決条件だ。米国との関係の再確立なしには朝鮮半島の平和も、南北統一もないという事実を私たちはこの2年間、身にしみて体験した。

    第一に、文在寅政権は歴史的正当性があるからだ。
    文大統領はろうそく革命が生み出した指導者であり、「新しい大韓民国」を象徴する。かつての民主的正当性が欠如した軍事独裁者たちとその後裔たちが米国に屈従的な態度を示していたなら、文在寅政権は堂々と、大韓民国の主権と権利を主張する国際的地位を確保している。

    今、私たちは毎日のように米国の傲慢さを目撃している。国防長官、国防次官、統合参謀本部議長、韓米連合司令官、在韓大使まで総動員し、防衛費分担金の引き上げとGSOMIA終了の撤回を全方位的に圧迫する昨今の状況は、米国が果たしてこの国を同盟相手どころか主権国家として認めているのかさえ疑わせる。
    引用ここまで。
    反米世論を形成するための、記事であることは間違いないと思います。
    傲慢に付け上がった韓国人。その虚構による自尊心が、このような記事で、扇動されるんだと思います。
    以前の韓国は、アメリカとの同盟を維持したまま、北朝鮮の崩壊により、統一というのがコンセンサスでしたが、もうそんな理解は古いようです(私の事です)。

  23. 令和 より:

    鈴置高史さんの記事を読み少し調べてみました。
    ■韓国エンターテイメント(映画業界)
    1998年金大中大統領による「文化大統領」宣言を契機として国策としてコンテンツ産業の振興に取り組んだ。「文化産業振興基本法」により2003年までに1317億ウォンが投入された。2000年、2001年には「シュリ」「JSA」「猟奇的な彼女」「チング」などのヒット作を生み出す。2002年ドラマ「冬のソナタ」はNHKにも輸出された。
    ■映画と世論操作(?)
    ・金大中政権、「シュリ」観客動員62万人(北朝鮮工作員と韓国諜報員の悲恋を描く)「JSA」
    58万人。
    ・廬武鉉政権、「グエムル-漢江の怪物」1300万人突破(反在韓米軍)当時政権は戦時統制権
    の移譲を進めていた。「ブラザーフッド」民族を二分した朝鮮戦争中の悲劇。「シルミド」政府に裏切られた北朝鮮指導者暗殺部隊の反乱。「光州5.18」730万人(光州民主化デモを軍が制圧する)
    ・朴槿恵政権、セウォル号沈没事故へのパク・クネ政権(当時)を批判した映画『ダイビング・ベル セウォル号の真実』(2015年)。「ベテラン」1300万人突破(凶悪な財閥御曹司と刑事の対決)世間ではナッツリターン事件で騒いでいた。「弁護人」1130万人、廬武鉉大統領をモチーフにした主人公が国家保安法違反で捕まった人たちを弁護する、実際の事件をちりばめたフィクショ。「軍艦島」97万人、徴用工の過酷さを描く、その後下級裁判所で(2016年8月~11月)賠償命令が出る。
    「タクシー運転手、約束は海を越えて」1000万人突破、タクシー運転手と光州事件取材のドイツ人記者を描く。
    「スパイネーション、自白」KCIAが40年間にわたる北朝鮮スパイ捏造をした真相をジャーナリストが暴いていく、文大統領候補は本作を観て国家情報院の改革を公約に加えたと云う。
    「共犯者たち」2017年8月公開、李明博政権のメディア弾圧、セウォル号、チェスンシルゲートなど報道を骨抜きにした放送業界内の共犯者たちをカメラの前に立たせその実態と構造を明らかにしていく。
    ・文在寅政権、「1987.ある闘いの真実」700万人突破、民主化闘争に於ける弾圧、拷問、デモ時の死などを描く。「国家不渡りの日」韓国の人々にとって1997年の通貨危機は、自らあるいは身近な人々の生活を一変させてしまった、決して忘れることのできない大事件である。外貨の急速な流出に直面した韓国政府は1997年11月21日、国際通貨基金(IMF)に緊急融資を申請した。これを契機に総合金融会社と呼ばれるノンバンクがすべて営業停止となり、金融システムは麻痺状態に陥った。大企業、中小・零細企業を問わず企業の倒産が相次いで、多くの人々が路頭に迷うことになった。ほとんどの国民はIMFとともに危機がやってきたと感じたことから、1997年の通貨危機は「IMF危機」「IMF事態」あるいは単に「IMF」と呼ばれたりもする。
    責任をとるべき立場にありながら、何の痛手も被らずしたたかに生き延びている政府高官。「国際通貨システムの安定維持」という設立目的を忘れ、アメリカ財務省と組んで韓国経済を牛耳ろうとするIMF専務理事などを描いている。

  24. 心配性のおばさん より:

    反日に狂って、勢いで反米に至る。そして、その着地点は準備できているのでしょうか?

    日韓GSOMIA破棄から在韓米軍撤収はご希望通りなのでしょうが、その先はどうするのでしょうか?

    北朝鮮?彼らがまともなら、在日米軍撤収まで行かないとおいそれとは韓国には手を出さないでしょうね。金剛山観光?開城工業団地?韓国が手を出すとセカンダリサンクション対象となりますよ。韓国経済は北朝鮮支援どころか自国民を養うこともできなくなりますよ。中国?米中貿易戦争は長丁場になります。韓国に手を貸す余裕も気持ちもありません。

    ともあれ、日韓GSOMIA破棄は確定するようです。となれば、在韓米軍撤収も続くでしょう。セカンダリサンクションはまだ分かりませんが、アメリカからの経済制裁は発動されるでしょうね。日本も韓国が差し押さえた日本企業の資産売却を機に貯めていた制裁を一気に発動するでしょうね。

    ねえ、反日教育ばかりに力を入れて、国際状況や歴史を学ばないから、こういった国ができあがったのですよ。政治家も学者もメディアも、客観的視点というものが一切ない。もう憐れなほどです。

  25. 晴川雨読 より:

    あれ?書いていることがおかしいと思いはじめてコメントします。

    日本共産党の支持層ですら7割近くが「GSOMIA破棄は止むを得ない」
    としているのは、設問が「破棄はやむを得ない」「延長されるべきだ」だらでしょう(産経の質問の出し方が悪い)。
    この聞かれ方だと、破棄すべきと考えている人は「破棄はやむを得ない」にするでしょう。

    そして、日韓の世論が一致したというのもおかしいです。
    韓国は「破棄すべき」で、
    日本は、「継続に輸出管理措置変更が必要というならば、破棄は仕方ない(ただし、破棄すべきという意見も含まれる)」で、
    一致していません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。