読んでいて不安になる「用日」関連報道

今朝の韓国メディア『中央日報』(日本語版)に、今月11日に米国で開かれた米朝首脳会談を巡って、ドナルド・J・トランプ米大統領が日韓関係に言及した、とする話題が出ていました。また、数日前には同じく中央日報に、「東京に集まった米国の駐日・駐中・駐印・駐韓大使4人が日韓関係の早期回復を求めた」とする話題も掲載されました。これらの記事を「用日派メディアの中央日報による希望的観測に基づく報道」と決めつけるのは簡単ですが、あまり油断すべきでもありません。『ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」』で述べたとおり、米国内では日本に譲歩を促す動きもないわけではないからです。

用日と「お互い反省すべきだ」の詭弁

「用日」という言葉があります。

これは、「都合が良い局面では日本を利用する」という発想であり、もっと深くいえば、「日本との関係において、自分たちにとって最大限有利になるような状態を作り出すこと」とセットの考え方だということもできるでしょう。

韓国にとっての用日とは、

日本は過去に韓国に対して悪いことをやったから、道徳的に見て、絶対に韓国に対して優位に立つことはできない/現在・未来の日韓関係は韓国に対して大きな恩恵をもたらすものでなければならない

という、非常に邪悪な発想でもあります。

そして、韓国では何か都合が悪いこと(例:日韓関係の悪化)が生じた場合には、まずは「日本は過去に韓国に対して悪いことをやった(から日本が譲歩すべきだ)」、さらには「現在の韓日関係の悪化はお互いに反省すべき点がある」という「お互い論法」に持ち込もうとします。

この「お互いが悪い」の詭弁については、当ウェブサイトでも過去から何度か申し上げて来た点でもあります(詳しくは『韓国の「お互いが悪い」の詭弁を許すな』や『暴行事件:「お互いが悪い」と言い始めた韓国メディア』、『【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」』などで解説しています)。

周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない(2019/01/30 11:45付 当ウェブサイトより)

周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない

わかりやすくいえば、韓国は何か都合が悪いことがあれば、水戸黄門の印籠のごとく「日本は歴史の反省が足りない!」と主張したうえで、「お互いに悪いことがある」と主張することで、イーブンに持ち込もうとするのです。

用日の弊害

そして、この「用日」は、一見すると日韓関係を穏便に進めて行くうえで日本にとっても都合が良い考え方であるようにも見えます。なぜなら、韓国が「歴史を反省しる」などと要求してきたときに、日本としては「へぇ、へぇ、反省しました」などと言っていれば良い(かに見えた)からです。

ただ、ここにきて、韓国の「用日」とそれに呼応する日本側の「対韓配慮論」が、日韓関係と日本の国益にかなりの弊害をもたらすようになってきました。

その具体例が、慰安婦問題です。これは、

1941年12月9日から1945年8月15日の期間、日本軍が組織としての意思決定に従い、朝鮮半島で少女のみ20万人を誘拐し、戦場に強制連行して性的奴隷として使役した

とされる問題ですが、その実態は、朝日新聞の捏造報道をベースに、韓国国民や韓国政府が尾ひれを付ける形で大々的に作り上げられた、日本に対する誣告(ぶこく)犯罪です。

韓国は今や国を挙げてあの醜悪な慰安婦像を作り、全世界で日本を侮辱するために、虚偽の碑文などとともに、せっせと慰安婦像を設置して廻っています。

また、慰安婦問題と同様、日本の名誉と尊厳を傷つけ続けている問題の1つが、「旭日旗騒動」です。

これは、『旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃』でも説明しましたが、サッカーの国際試合で韓国人の選手が日本を侮辱する行為を行い、その言い訳として「旭日旗にカッとなった」とウソをついたことが原因で、「旭日旗」が韓国人の手で全世界において貶められている問題です。

旭日旗騒動の顛末としつこく続く韓国からのいわれなき攻撃

こうした韓国による日本に対する侮辱、名誉棄損に対し、日本政府はどう対処して来たのでしょうか?

慰安婦問題だけで申し上げるならば、2015年12月28日に、当時の岸田文雄外相と尹炳世(いん・へいせい)韓国外交部長官が口頭で取り交わした「日韓慰安婦合意」を挙げれば十分でしょう。

いわゆる「日韓慰安婦合意」(2015年12月28日)のポイント
  • ①慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感し、安倍晋三総理大臣は日本国を代表して心からおわびと反省の気持ちを表明する。
  • ②韓国政府は元慰安婦の支援を目的とした財団を設立し、日本政府はその財団に対し、政府予算から10億円を一括で拠出する。
  • ③韓国政府は在韓国日本大使館前に慰安婦像が設置されている問題を巡って、適切に解決されるように努力する。
  • ④上記②の措置が実施されるとの前提で、日韓両国政府は、この問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認し、あわせて本問題について、国連等国際社会において互いに非難・批判することを控える。

要するに、単なる捏造問題なのに、日本政府はあたかも「軍の関与のもとで少女20万人の強制連行があった」かのように決めつけて、韓国に謝罪してしまったのです。

もちろん、「たった10億円で韓国が約束違反をする国だと確定させた」という側面があったことは否定できませんが、それでも日本政府が「強制連行があった」かのように認めてしまったわけですから、そもそもこんな合意など、結ぶべきではなかったと思います。

「お互い」はウソです

そして、もう1つの特徴は、韓国の側から「韓日関係を改善させるために、お互いに反省し、お互いに協力する」というセリフが、いつもウソである、という点です。現実には、日韓関係悪化に対する解決策を考えるのも、実行に向けて努力するのも、譲歩するのも、いつも日本の側だからです。

先ほどの日韓慰安婦合意にしても、日本の側がありもしない慰安婦問題を巡り、譲歩させられ、10億円を支払わされた一方で、大使館前の慰安婦像については未だに撤去されていないことを考えるならば、「お互い」という単語がウソであることは明白です。

では、なぜいつも、日本の側だけが譲歩させられるのでしょうか?

いくつかの要因があるのですが、ここでは大きく「日本国内の媚韓派の存在」と「米国の圧力」を挙げておきたいと思います。

「日本国内の媚韓派」といえば、「日韓議連」がその典型例です。

たとえば、昨年12月には韓国が竹島付近で軍事演習を行ったにも関わらず、独裁者である志位和夫・日本共産党委員長ら「日韓議連」所属議員が韓国を訪問。韓国に対して完全に誤ったメッセージを与えました(『能天気過ぎる日韓議連の共同宣言と自民党内の韓国への怒り』参照)。

能天気過ぎる日韓議連の共同宣言と自民党内の韓国への怒り

また、自民党の二階俊博幹事長はこのゴールデンウィークの期間にあわせ、韓国に対して200~300人規模の議員団を派遣する予定だという、にわかには信じがたい記事もあります。

韓国の“甘え”を増長させている『日本議員団訪韓』が今年も行われる…(2019年4月18日 01:10付 exciteニュースより)

志位和夫、額賀福志郎、二階俊博の各議員に代表される「媚韓派」たちは、いったいどこの国の利益を代表しているのでしょうか?

米国の姿勢が見えない

一方で、日本にとって厄介なのは、米国の存在です。

2015年の慰安婦合意にかんしていえば、当時、米韓同盟と日米韓3ヵ国連携を機能させようとしたジョー・バイデン副大統領(当時)が日本政府に対して圧力を掛け、強引に結ばせたものだったという疑いが濃厚です。

このうえ、米国は最近でも、ロバート・メネンデス上院議員が発議し、日本と韓国を同列に位置付けたうえで、「日米韓3ヵ国連携が重要だ」などと戯言を述べる決議文が上院で可決された、という事件もありました(『ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」』参照)。

ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」

このような報道を眺めていると、米国に対してきちんと日本の利益を主張できない日本の政治家にはもどかしい思いを抱きますし、また、米国もアンフェアな国・韓国の肩ばかり持っていると、いずれ日米同盟に傷つくのではないかと文句を言いたい気持ちでいっぱいになります。

メネンデス上院議員のように、韓国の利益を代表して動く人物が米国の政界にかなり存在していることは、由々しき問題です。

ただし、これを韓国の側から見れば、「日米韓三角同盟」は「日本が韓国の思い通りに動いてくれないときには、米国を通じて日本に圧力を掛けてもらう」というかたちで機能している、ということでもあります。

裏を返して言えば、米韓同盟がぐらつけば、この「米国を通じて日本に圧力を掛ける」という韓国の常套手段が使えなくなるということでもあります。

本日、韓国メディア『中央日報』(日本語版)にこんな記事が掲載されました。

トランプ氏、文氏に韓日関係の改善について言及していた(2019年04月19日06時42分付 中央日報日本語版より)

中央日報によれば、今月11日に米国で開かれた米韓首脳会談で、ドナルド・J・トランプ米大統領が日韓関係に言及したことを、「関連事情に精通した海外外交消息筋が18日に明らかにした」のだそうです。

虚報、捏造報道、歪曲報道が多い中央日報のことですので、記事を100%鵜呑みに信頼するのは危険ですが、それでも中央日報は、なぜか自民党の部会の内容を即日報じたりするメディアでもあるため、この報道を「どうせ捏造ではないか」などと決めつけるのも行き過ぎでしょう。

中央日報は以前、4月15日付の記事『東京に集まった米国大使4人「韓日関係、早期回復を」』のなかで「日本、韓国、中国、インドの米国大使が東京に集まって日韓関係の早期回復を求めた」と報じているのですが、これらの報道をあわせてどう見るかがポイントです。

米国がまたしても日本に圧力を掛けるのか?

端的にいえば、中央日報としては、米国が「日韓関係悪化の原因が日韓双方にある」と述べてくれるのが嬉しいのでしょう。というのも、私の理解だと、中央日報は典型的な「用日派メディア」だからです(『中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び』参照)。

中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び

ただ、「トランプ大統領が日韓関係に関心を示した」「米国大使4人が日韓関係早期回復を求めた」などとする報道を巡って、「どうせ韓国側の希望的観測に基づく虚報に違いない」と決めつけるのは、極めて軽率でもあります。

あくまでも私自身の理解(というか、部分的には希望的観測)に基づけば、トランプ大統領は世界の首脳の中でももっとも安倍晋三総理大臣と仲が良く、トランプ氏が日韓関係を巡り、オバマ政権時代のようなわけのわからない譲歩を日本に対して求めて来る可能性はそこまで高くないと考えています。

しかし、文在寅政権が崩壊し、後任大統領に黄教案(こう・きょうあん)前首相のような「用日派」が就任すれば、この「用日派大統領」が日韓関係の修復に動き、米国が日韓関係の「仲裁」に乗り出す可能性もあります。

あるいは、文在寅政権が崩壊しなかったとしても、2020年の米大統領選でトランプ氏が敗北し、民主党の候補者(たとえば、バイデン)あたりが大統領に就任すれば、間違いなく、日韓関係については日本に対して譲歩圧力が高まるでしょう。

このように考えるならば、日韓関係だけで議論する限りは、文在寅政権が1日でも長く継続し、米韓関係をボロボロにしてくれた方が、理想的な日韓関係に近付くのではないでしょうか?

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ところで、李氏朝鮮時代末期の朝鮮は、日本と清国を戦争に巻き込みましたし、独立後の「大韓帝国」も同様に日本とロシアを戦争に巻き込みましたが、民族のDNAは千年経っても変わらないのではないかと思います。

というのも、韓国や北朝鮮と下手に関わると、中国やロシアなどと、やらなくても良い戦争をやらなければならなくなる可能性があるからです。

これについて、ある高名な方が私に教えてくれた例え話が秀逸です。

韓国は溺れる者であり、日本はその溺れる者に手を差し出すのではなく、手を振り払うことが必要だ」。

まったく同感です。

理想の日韓関係とは、極力厄介ごとに関わらないことではないかと思うのです。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    >今月11日に米国で開かれた米朝首脳会談を巡って

    米韓首脳会談?

  2. 匿名 より:

    サイト主さんが指摘されている『用日』にわが国は官民ともに乗ってはならないと強く思います。

    『文喜相氏、「見指忘月」日本に水面下外交…最多当選議員・徐清源氏の派遣を検討』(中央日報)
    https://japanese.joins.com/article/513/252513.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|inside_left

    天皇陛下を侮辱したわが国の敵である文韓国国会議長の『水面下外交』などに絶対に対応してはなりません。

  3. 田舎の一読者 より:

    アメリカが日本に譲歩を求めるのは、国民感情から政権が不安定になり、野党勢力(日本の親韓派)の勢いが増すと、益々韓国をコントロールしづらくなりますので、ないのではないかと個人的には思っています。
    トランプは、下手に出る以外選択肢がない場合だけ譲歩するが、それ以外は力ずくでコトを進める人だと思いますし、韓国には強硬姿勢で臨むでしょうから、相棒の日本にもむしろ「ちょっと痛い目見せて来い」とジャブ打たせる位のスタンスとるんじゃないでしょうか。

    1. 阿野煮鱒 より:

      伝統的には、米国にとって韓国は日本に対する重しだったのです。戦後の韓国に反日の種を蒔いたのも、国旗を侮辱するなどのデモのやり方を教えたのも米国です。
      特に民主党は日本が嫌いなようで、カーターやクリントンの時は日米関係が冷えます。共和党政権の時は、経済摩擦が表面化しますが、それ以外は上手く行きます。レーガン、ブッシュ、そしてトランプと、首脳どうしは蜜月になります。今はそういう時期なので、日本は厚遇され、韓国は冷遇されますが、民主党政権になったら元の木阿弥です。

      1. 一国民 より:

        民主党はリベラルということになっているようですが、同党の結党理念等に照らすと、帝国主義を標榜した日本より併合されていた韓国にシンパシーがあるのが自然ではないかと思ってしまいます、現状がどうあろうと。

        日米開戦に追い込んだルーズベルトも原爆投下を指示したトルーマンも民主党。

        外交は内政の裏返しでもあるので、共和党と親密であれば、民主党とは疎遠にならざるをえない、その繰り返しなのかなと。

  4. ゲンじい より:

    「トランプ大統領が日韓関係に関心を示した」「米国大使4人が日韓関係早期回復を求めた」などの報道に対して、日本政府が何も発信してこなかったことが米国の誤解を生むことになるのではと心配です。

    沈黙は金なりと言われます。沈黙することにより争いが生まれないと言う意味で金に値すると言う考えです。

    日本人同士なら賢いやり方でしょう。しかし、自国の正当性を主張することをしないで分かってください、では米国だけでなく世界にも通用しません。

    相手を非難するのではなく、日本の正当性をしっかりアピールするチャンスだととらまえて常に発信する姿勢が重要だと思っています。

    1. 匿名 より:

       「雄弁は銀 沈黙は金(トーマス・カーライル)」。雄弁であることは大切だが、沈黙すべきときを心得ることはもっと大切だ。

       喋るべきときは喋れ!黙るべきときは黙れ!です。多弁より無口が尊いというのは誤解です。

  5. 韓国は約束で縛れない より:

    韓国の用日派が活発なのは、日本国内に呼応する勢力が相当数いるからです。

    彼らは左翼に紛れていますが、決して人道的な観点から活動しているのではなく、その行動実態は日本国内での潜入工作に近いものがあります。

    特に、通名を使って日本人を装い、日本人の仲間を増やそうとする姿は、まるでカルト宗教の勧誘のようで、見ていて吐き気がします。

    彼らが変な工作をできないように、韓国と韓国人の卑劣で邪悪な本当の姿を、少しでも多くネット上に残すべきだと思います。

    韓国がこれまで隠してきた日本への悪意は明確に示されたのですから、報道や隣国条項などで韓国に配慮するのは、もう止めるべきです。

    今後、韓国の日本に対する依存度は低くなる一方なのですから、韓国の日本に対する悪意は高まる一方だと思います。

    1. りょうちん より:

      外国人の政治活動について調べたことがあったのですが、

      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
      マクリーン事件

      >マクリーンは在大韓民国日本国大使館で在留資格4-1-16-3(在留期間1年)の上陸許可の証印を受けて、1969年(昭和44年)5月10日に日本に入国した

      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E5%B7%9D%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%82%B5%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%BA%8B%E4%BB%B6
      森川キャサリーン事件

      >日本人と結婚したアメリカ人である原告が、韓国への一時旅行時に

      なんでいちいち半島が絡むんだろう・・・と思いましたw

  6. 韓国在住日本人 より:

     昨日の朝鮮日報韓国版の第6位の記事です。

     http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/04/18/2019041800302.html

     タイトル
     바다 없는 충북 “미래해양과학관 짓게 돈 달라”, 부산은 “10조 규모 北개발은행 설립 도와달라”
     海のない忠清北道「未来海洋科学館建設に支援要請」、釜山は「10兆₩規模の北開発銀行の設立には力を貸してほしい」

     内容要約
    -. 共に民主党所属の広域指定都市市長や道長が与党との予算政策協議会で要求した地域事業に請願や南北関係などの政治状況と絡んだ事業が多数含まれていた。

    -. 忠清北道は事業費1150億₩(国費1068億₩)にも上る未来の海洋科学館建設を要求した。忠清北道は海のない内陸地域だが「海洋政策で忠清北道が完全に疎外された」とし「憲法の幸福追求権の実現と均衡発展の次元で未来海洋科学館事業の予備妥当性調査の研究用役通過を支援してほしい」と要請した。

    -. 釜山市は「北朝鮮が開放された場合、北朝鮮のインフラ投資に備えなければならない」とし、北朝鮮開発銀行の釜山設立を建議した。北朝鮮の道路・鉄道・港湾、火力発電所と産業団地造成などに開発資金を提供する機能をする北朝鮮開発銀行の初期資本金を10兆ウォンと推定し投資財源の調達を与党に提案した。さらに来年度予算案に南北交流協力センターの設置費などで30億₩を反映してほしいと要求した。

    -. 江原道でも、南北交流協力に向けて多目的複合漁港開発の必要性を強調し、2000億₩の国家予算が必要となる事業支援を要請した。

    -. 文在寅政府が対北朝鮮経済協力に強い意志を示すと、各広域自治体は先を争ってこのような南北協力事業を提案した。

     読者コメント
     참 기가 찮다. 북한에 집착하는 자들은 모두 코가 걸린 넘들이다. 매일 온갖 협박 수준의 지령을 받기 때문일 것이다.
     本当にあきれる。北朝鮮に執着する者はみな惑わされている(意訳です)。 毎日あらゆる脅迫レベルの指令を受けているためだろう。

     海が無い忠清北道に海洋科学館の建設でその理由が「海が無いから海洋政策が遅れた」と宣い、幸福権の追及だとか訳の分からない理屈で差別だと訴える。あまりに馬鹿馬鹿しく、韓国政治のレベルの低さが垣間見えます。

     また、釜山市と江原道は北朝鮮ビジネスですね。日本の箱物行政を見ているようです。文在寅政権なら許可しそうですが、こんな事ばかりやってて国が持つのかと思いますね。

     駄文にて失礼します。
     

    1. 匿名 より:

      翻訳をありがとうございます。大変、興味深いです。
       関係ないですが、Google翻訳は、英語の記事では案外精度がよくなっていますが、
       韓国語の記事で、使ったことございますか?
       自分は時々使っていますが、全く読めない韓国語の記事が多少は読めて便利だと
       思っています。

      1. 韓国在住日本人 より:

        匿名様

         レス有難うございます。

         >Google翻訳は、英語の記事では案外精度がよくなっていますが、韓国語の記事で、使ったことございますか?

         もちろんあります。小生も分からない単語や慣用句等がある場合は使います。ただし、Googleの翻訳はやはり英語がメインであり、韓国語⇆日本語はあまり上手に翻訳できません。特に韓国語から日本語に翻訳する場合は同音異義語の確率が極端に悪くなります。例えば「욕」と言うハングルがあり、これは日本語の「浴」という漢字になります。韓国で「목욕」は日本語で「沐浴」となります。ところが、「욕」だけを使うと「悪口」という意味になります。

         業界用語などを翻訳する場合、かなり変な単語になりますので、韓国語⇆日本語の翻訳NAVARのPAPAGOがGoogleよりも良いかと思います。ただし、これも100%ではありません。特に新聞はまだましですが、一般の韓国人が書いたハングルは分かち書きがきちんとできてなかったり、誤字が多かったりしますので、最終的には韓国語を実際に読んで自分で翻訳することになる場合が多いです。

         駄文にて失礼します

  7. 心配性のおばさん より:

    >「韓国は溺れる者であり、日本はその溺れる者に手を差し出すのではなく、手を振り払うことが必要だ」。

    まあ、素敵な言葉。わざわざ、沈めることはしませんけど、見なかったことにするぐらいなら、良心は痛まないわ。

    私個人としては、トランプ氏を評価していませんけど、ビジネスマンとしての韓国に対する彼のマインドは、ありがたいですね。
    彼ら韓国人からは、”お願い”はあっても、”提案”はない。それは、右派左派を問わずに共通しています。(北朝鮮もそうですね)ビジネスマンとしてのトランプさんには、我慢できない存在であると思います。

    さて、国際状況の一寸先は闇ですが、日本にとって、韓国に縁切りするための追い風が吹いています。
    文在寅さんの活躍で、世界中が半島人の本質を知り、忌避しはじめた機運を利用しない手はありません。
    また、これは、文在寅さんだけのせいではありませんが、韓国の経済は、危険水域に入っています。日本もアメリカも、心置きなく、韓国を見捨てられるのではありませんか?
    後は、速やかに彼らから、毒(大量破壊兵器)を抜き取り、放置して忘れましょう。

    1. 老害 より:

      >「韓国は溺れる者であり、日本はその溺れる者に手を差し出すのではなく、手を振り払うことが必要だ」

      彼の国では、「溺れた犬は棒で叩く」そうでございます。時と場合によっては、その通りにしてあげる必要もあるのかも知れません。

  8. a4 より:

    半島の運転席に座っているのはアメリカ、ナビゲーターはその筋の投資家、此はオバマ大統領までの話しですがトランプ大統領はアメリカファーストと言っている、つまりアメリカが決めるからナビゲーターは要らないと、どちらにしても日本は助言は出来ても決定は出来ないので口先連携状態を続けざる終えないのだと思います。
    少なくともトランプ氏が大統領の間は変な圧力は日本に掛けないと思います。

  9. 心配性のおばさん より:

    お題とは異なります。と最初にお断わりしておきます。

    俗に、貧すれば鈍する。とは言いますが、中国のファーウエイの向こうを張って、折り畳み可能なスマートフォンを発売したのはいいけれど、発売数日で画面が壊れるトラブルが続いているそうです。
    韓国企業には、製品発売前に使用テストをする常識がないのでしょうかね。あの事故車両を埋めちゃった中国でも、ここまでの、大雑把はないかも。ある意味、快挙ですかね(笑)。

    <サムスンの折り畳みスマホ、使用1日で不具合=メディアレビュー>
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000051-reut-bus_all

    サムスンさん、自殺したいの?

    1. 門外漢 より:

      小母さんへ

      そろそろ化けの皮が剥がれて来たのでしょう。
      論理的な思考の出来ない人間に、技術や科学などという概念は理解できないのですよ。

    2. すまないさん より:

      心配性のおばさん様

      価格は2000ドルだそうです。
      海外ではレビュー者に送った端末が
       ・画面に歪み
       ・保護シートを剥がすと画面が破損する
      など散々な状態らしいです。
      https://forbesjapan.com/articles/detail/26791

      ガタが来ている国を体現している端末となりそうですね。
      少し楽しみです。駄文にて失礼します。

      1. すまないさん より:

        すみません、サムスンの記事になってました。
        ファーウェイも同じ道を進んでいるので、
        改善されない限りは同じ道となりますね。
        駄文にて失礼します。

  10. spaceman より:

    更新ありがとうございます。

    昨日も別のコメントで紹介した在野の歴史研究家・高橋克己氏が今日も徴用工裁判に関してアゴラに投稿しておられます。

    http://agora-web.jp/archives/2038479.html

    優れた論考だと思います。

    今までにも、「韓国大法院が言及している賠償金や未払い金ではなく慰謝料である」と指摘した文章がなかったわけではありませんが、高橋氏のこの論考ではその点がよりクッキリとわかりやすく説明されています。

    慰謝料であるがゆえに、1965年の日韓請求権協定では言及されていない問題であり、応募工・徴用工に拘わらず生じうる請求事項であるということです。

    これは極めて韓国らしい狡猾なやり方です。

    「言った者勝ち」にしやすいですし(当時どんなに厚遇されていても精神的苦痛を受けたと言えば通ってしまう)、しかも遺族までもを対象とした粘着性があります。まあ、強請り集りにかけては向こうのほうが一枚上手ということでしょう。

    高橋氏が主張されているのは、徴用工と応募工を峻別したところで意味はなく、そんなことに拘泥していては肝心なことを見落として不利な立場になりうるということです。私もこの点にはまったく賛成です。WHOの件でも「正義はこちらにあり」と信じきって無防備だったことが敗訴につながったのではないでしょうか。(まあ、敗色濃厚という情報が事前に伝わっていたとしても手が打てたのかどうかはわかりませんが。)

    徴用工裁判に関しても、今のままで本当にICJに出て勝てるのか、改めて考えてみるべきでしょう。もしかしたら、安倍首相やその周辺は、口に出さないだけでその懸念を共有しているからこそ、韓国の出方をひたすら待っているのかもしれません。ICJに行かずに済ませたいというのが本音でしょう。

    ところで、同じく今日、楽韓Webさんは、文在寅の大企業嫌悪に関するエントリを挙げていました。

    http://rakukan.net/article/465229932.html

    前から言われていたことですが、文在寅にはオールドサヨクに典型的な大企業ヘイトがあるようです。大企業は必ず労働者から搾取し精神的苦痛を与えるにちがいないという「世界観」。ましてや「強占期」の日本の企業です。おそらく彼の世界観の中では、自分はただただ正義をなしているという発想しか浮かばないに違いありません。

    彼にはその正義の世界観に殉教してもらうしかありません。
    そのためにも、日本政府にはもっと狡猾になってほしいと思います。

    1. 匿名 より:

      東海大学の金教授はBSフジプライムだっけか、そこで何度も「慰謝料」だと主張していたのを覚えている。個人的に情け無いなと感じるのが半島専門家の反論なりが非常に弱いこと。解説も大事だが同時に論破する力を評論家には見せてもらいたいもの。能書きなら誰でもできる。

      1. 匿名 より:

        金教授はくるっていて、あの人の研究は、研究と呼ぶに値しないと
        思います。

        あんな人のいる大学に、助成金を払っている日本政府は、助成金を止めるべし。

    2. 匿名 より:

      「慰謝」する部分もすでに日韓基本条約で支払った「経済協力金」の中に含まれているのですよ。日本政府が個々に支払うと言ったのに韓国側が自分で配るといったから包括して渡してあるのです。自称徴用工に請求権はあるとしても、日本側としては「慰謝料」はとっくに渡してある、受け取ったのは韓国政府。預ってるはずのその韓国政府に請求しろよ、日本は知らんて話でしょ。

      1. spaceman より:

        私の理解では、徴用工判決においては次の2点がポイントです。

        ①日本の植民地支配そのものが違法である。
        ②違法な植民地支配の下に行われた企業活動においては、賠償や賃金未払い以外に慰謝料請求権が生じる。

        韓国大法院は単なるバカではありません。日韓請求権協定で解決済みとされる要件をうまく回避するように、彼らなりの理屈を組み立てているのです。

        上記は一般に世界的には通らない理屈でしょう。よくいわれるように植民地支配を違法としたら、かつての欧米列強すべてに責任が生じることになり、今回ギリシヤがドイツに行おうとしているような訴訟が世界中で起きまくるでしょう。(ちなみに韓国はこの訴訟を注視していることでしょう。)それを回避するために、ICJなどでも認められないだろうと言われています。

        しかし、本当にそうでしょうか。それは日本の希望的観測に過ぎません。ICJの裁定者が旧列強側の人間ばかりとは限りませんし、旧列強側でもいわゆるサヨクは遍く存在します。しかも日本は単なる旧列強ではなくWW2敗戦国です。

        とまあ、悲観的なことを書きましたが、論破できる方法がないとは思っていません。私が主張したいのは、「相手が悪いのだからこちらは勝てる」と単純に思い込むなということです。あくまでも最悪の結果を想定しつつ戦略を練るべきだといっているのです。

        どうも日本はその点が弱いような気がしてなりません。

        1. 匿名 より:

          僭越ながらとても良いコメントだと思いました。

          WTOの判決から学ばなければならないことは、徴用工の件をICJに提訴したとしても、100パーセント日本の言い分が認められる訳ではない可能性が高いということだと思います。

          もしかすると、請求権は完全に解決されたことは認めるが植民地支配は違法だったので慰謝料を払え、また残虐な植民地支配だったことを教科書に記述して学校で教えろ、などの日本からしたらトンデモの判決が下る可能性は否定できません。
          韓国はそういった工作をしてくるでしょう。

          慰謝料を払うことになれば何兆円にもなるでしょう。

          日本としてはICJに行く前に出来る限りの制裁などで韓国へ対処すべきです。

          現在の世界は、戦勝国史観とリベラル思想に支配されていることを忘れてはならないと思います。
          韓国はそれらを上手く利用しているのです。

        2. 匿名 より:

          日本の外務省は無能ですし、国連で韓国人が総長をやったり、
          国際組織では、韓国閥が幅をきかせているので、経済制裁、
          隠れた制裁で、米国と一緒に、韓国経済を、けちょんけちょんに
          やっつけるのがいいと思います。

          そのためには、韓国好きな日本の在日企業なども、一緒に、
          沈んでもらうのもやむなしです。

    3. 門外漢 より:

      spaceman様へ

      賠償金でなく慰謝料だと言うだけなら、基本協定で解決済と言えなくも無いのですが、この判決にはもう一つ重大な点があります。
      それは原告勝訴の根拠が「日韓併合は違法である」としたことです。
      併合が違法であるから徴用(実際は応募)されることに朝鮮民族として屈辱感を感じており、ゆえに給料は貰っていても精神的苦痛に対して慰謝料を払うべし、なのです。
      当時の日本の国内法に照らして徴用は合法、給料も働きに応じて支払い済み、何らかの遺漏があっても基本協定で解決済み、という主張が全く通用しない論理になっています。

      以前にも書いたのですが、併合が違法ということが根拠になれば、創氏改名にも慰謝料、日本の公教育を受けたことにも慰謝料、公務員に登用された事にも慰謝料、日本の元号を使用させられたことについても・・・・と際限なく対象が広がります。
      また当時父母が苦しんでいたのを見て胸が痛んだから慰謝料、そんな話を爺さんから聞いて火病を興したから慰謝料、と当人だけでなく遺族にまで提訴資格があることにもなります。
      つまり朝鮮人全員が慰謝料請求が可能になるので、日本は未来永劫むしられ続けるということなのです。

      なので、併合が合法であるか否かは別にして「むはや無効である」とした上で、この協定で全て解決済みとした基本協定が有効である、とする一線から退いてはならないのです。

      1. 門外漢 より:

        すみません訂正です。

        ✖「むはや無効である」
        〇「もはや無効である」

  11. ゲンじい より:

    もしかすると、日韓関係に将来トドメを刺す可能性がある記事がありました。

    韓国、二審は記録の開示認めず 慰安婦合意交渉文書
    共同通信4/18(木) 12:02
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00000054-kyodonews-int

    >2015年末の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意の交渉記録のうち、強制連行に関する協議内容を含む文書の公開を求めた訴訟で、ソウル高裁は18日、開示を認めた一審判決を取り消し、原告の逆転敗訴とする判決を言い渡した。

    最終的には最高裁に持ち込まれる可能性があり、最高裁で原告が勝訴し文書が公開されることになれば日韓関係はさらに悪化します。

    それだけなく、政府間の合意に向けた交渉内容は非公開にするのが国際的ルールであって、韓国がそれを破るならば日本から国際法違反で糾弾され日韓関係の破綻は今度こそ確実になってしまいます。

    注意して見守る必要があると思います。

    1. 韓国は約束で縛れない より:

      この裁判をずっと不思議に思っていました。

      韓国は、なぜ、日韓慰安婦合意の交渉記録の公開を嫌がるのでしょうか?

      メディアなどでは、韓国が公開を嫌がる理由として日韓関係の悪化を挙げています。

      しかし、1965年の日韓基本条約すら破った韓国が、慰安婦合意の交渉記録を公開する程度のことを躊躇する理由がわかりません。

      1965年の日韓基本条約の方がはるかに重要ですから、それを破る以上のインパクトがあるはずがありません。

      いまさら日韓関係の悪化を懸念しているとは考えづらいのです。

      また、日本に不利な内容が書かれているなら、韓国は喜び勇んで公開に踏み切るはずです。

      慰安婦合意の交渉記録には韓国にとって不利な内容が書かれているのではないでしょうか?

      1. ゲンじい より:

        知識不足で推測になりますが、交渉記録では、強要性の有無で日韓の折り合いがつかず、お金で解決することになったと記載されているのだと思います。

        交渉記録を公開する判決が出てしまうと、韓国国民を激怒させる大変なことになってしまいます。

        それを韓国政府は避けたいのだと思います。

        日韓関係の悪化を懸念してなどと取り繕っているだけです。

        1. 韓国は約束で縛れない より:

          ゲンじい様へ

          お返事ありがとうございます。

          なるほど!!

        2. 門外漢 より:

          折り合いがつかないから金銭でってことなら、韓国側の主張は屁垂れていない訳で、金銭で解決としたパックネ女史の責任に帰すことも可能で、将来的にも日本の主張(強制性は無い)を認めていないと言えます。
          ムン政権としては公開して何の問題もありません。
          司法に裏から手を回して、公開すべしという判決を出すことも可能です。
          公開してもそれこそ「司法の判断だから」と言えるわけで、今更外交に配慮するもヘチマもありません。

          むしろ強制性がないことまでパク女史が認めているのではないかと思います。
          その場合、パク女史の責任に帰すとしても、将来的に強制連行云々と言う事が言えなくなりますから韓国としてはこれは不味いでしょう。
          対応が確定するまでとても公開できません。今頃アサヒと相談しているかもしれません。

          何れにしてもかなり「不味い事」には違いありません。

        3. ゲンじい より:

          ちなみに、韓国の最高裁で公表せよとの判決が出れば、

          〇獄中の前大統領だったパックネ女史の訴追
          〇さらに、ファン・ギョアン・自由韓国党への非難
          〇慰安婦合意破棄の公約違反で文大統領は糾弾
          〇日本からは国際法違反で提訴

          日韓関係の破綻どころか韓国自身が大混乱に陥ることになると思います。

  12. 名無Uさん より:

    ファン・ギョアン自由韓国党代表が思わぬ活躍をして、次期韓国政権に保守政権が返り咲く可能性はどれほどなのでしょうね?
    実のところ、自分は現時点で1割も可能性があるとは思っていません。それほど従北派は強大で、保守派は危機的状況にあります。ですが、ファン・ギョアンをことさら警戒するのにはわけがあります。
    まず、ファン・ギョアンが自由韓国党の代表について以降、アメリカが韓国を放棄しない方針を示し出したことに注目しました。ファン・ギョアンは大統領代行時にペンス副大統領やマティス元国防長官などと会談しています。ペンスやマティスは満足げで、記事の内容から先行きの構想に話しが弾んだことが伝わってきます。
    まあ、ファン・ギョアンが渡米すれば、ホワイトハウスに『ファンファンクラブ』(笑・こちらは本物)を作るでしょう。ポンペオやボルトンなども喜ぶ確率が大だと観ています。二階や額賀などもファン・ギョアンに会いたがるでしょう。彼らが大喜びする姿が、もう目に浮かんできます…
    これらの光景を韓国メディアが報道し、ムン・ジェインの『2分間会談』と対比して好意的に伝え始めたなら、いったいどうなるでしょうか?
    そのたびに、ファン・ギョアンの声望は上がり、保守政権が返り咲く可能性が高まるでしょう。そのたびに、新宿会計士様や自分、さらにはムン・ジェインの顔が青ざめていくわけです…(笑)
    聯合テレビ報道局長が解任させられたように、青瓦台はメディアに対して弾圧を強めることが考えられます。どれだけ対抗できるでしょうか?

    すべてが保守派側にうまくいったとして、3年後に保守政権が返り咲く可能性はカツカツ、と言ったところでしょうか?
    ムン・ジェイン任期途中での弾劾訴追の可能性は、非常に低いと観ています。

    1. 心配性のおばさん より:

      名無Uさん様

      >ファン・ギョアンは大統領代行時にペンス副大統領やマティス元国防長官などと会談しています。ペンスやマティスは満足げで、記事の内容から先行きの構想に話しが弾んだことが伝わってきます。

      大統領代行時代にファン・ギョアン氏が、ペンス副大統領やマティス元国防長官にどんな話をしたのかは存じませんが、現在の彼は野党党首に過ぎません。
      その彼が、ペンス副大統領やトランプ大統領にどれだけ建設的な提案ができるのかは、疑問です。政治は仲良しクラブではありません。個人的に気に入る気に入らないとは別の次元であるはずです。
      特に、事前に面識がないトランプ氏は、人物云々より先に、話の虚実を見抜くでしょう。提案の実効性、リスク、アメリカが得るもの、ファン・ギョアン氏が得ようとしているもの。この動物的な判断能力は、知識階級であるペンス副大統領やマティス元国防長官がもたないものです。
      彼がここに至った日韓関係を修復できる手腕を持つなら望みはありますが、国を挙げて反日、親北、親中に狂っている韓国を正気に戻すことはムリでしょう。トランプ氏が”使える安倍総理”に変えて、ファン・ギョアン氏を取る利点が見つかりません。

      1. 名無Uさん より:

        心配性のおばさん様へ

        ハッハッハッハッ!
        そうだといいと思います。
        親北・反日の韓国を元に戻すことは、いかに有能なファン・ギョアンといえども不可能でしょう。
        ですが、北朝鮮にとどめを刺したいアメリカとしては、対北強硬派のファン・ギョアンという選択肢は非常に魅力的に映るのですよ。
        そのために、アメリカがどれだけ韓国に『忖度』することになるのかは、現時点ではわかりません。自分はファン・ギョアンの能力に恐怖を感じているのです…
        杞憂だといいのですが…

        1. 門外漢 より:

          ファン氏の実力のほどは別にしても、米が韓国を切れない理由があるハズなのです。或いは決断が出来ていないと言うべきでしょうか
          勿論対北問題、対中問題に関してですね。
          なのでレーダー照射事件でも日本のヘタレ具合だけがクローズアブされましたが、米が「あまり追い詰めるな」と言っていると想像できます。
          対中協議が上手くいかず、敵対関係が残れば中朝は接近するでしょうから、韓国は米側に引き付けておかねばなりません。
          米中で和解して、中国に体北制裁に従うと言わせれば、北を思い切り締め上げることが出来ます。その時には韓国も同様に締められることになるでしょう。

        2. 鞍馬天狗 より:

          門外漢さんへ

          >米が韓国を切れない理由があるハズなのです
          何か理由が有る筈なんだよね
          ソレが何かは分からないけど

          逆に、日本人の認識に何らかの
          欠落が有るのかも知れないけど

  13. 匿名 より:

    用日派がすり寄ってきたとしても、振り払えばいいのでは? 用日とはいえ、一見親日に見えるようでないと日本もアメリカも騙せないじゃないですか。だったら、慰安婦合意を守れ、徴用工判決はどうなってる、とつついてやればいいのです。どうせ何も出来やしません。「関係改善をー」なんて言ったところで行動で示せ、と突き放せばよいのです。アメリカには仲介者としての役目を果たしてくれ、と注文すればいいのです。アメリカ自身が仲介者として慰安婦合意を結ぶように圧力をかけてきたのですから。責任は持ってもらいます。

  14. 門外漢 より:

    匿名様へ

    >親日に見えるようでないと日本もアメリカも騙せないじゃないですか

    米は知りませんが、日本を騙すなんて簡単なものです。
    「日本騙すにゃ刃物は要らぬ、日韓議連があればよい」って昔から言いますよね?言いませんか?

  15. 匿名 より:

    韓国は相手が嫌がる事を平気でやりますよね。歴史を振り返っても、
    用日
    用米
    用中
    用露

    韓国と関わるとロクな事がありません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。