北朝鮮核開発問題を巡り、ロイターに興味深い記事が掲載されました。決裂に終わった先月末の米朝首脳会談で、米国側が北朝鮮に対し、北朝鮮が保有するすべての核兵器等を米国に引き渡すなどを求めた、というのです。韓国観察者の鈴置高史氏の指摘によれば、北朝鮮は過去に5回以上、非核化の約束を破っています。考えてみれば、そんな国との間で「段階的非核化」などの約束をしても履行される保証はどこにもありませんし、そもそも論として北朝鮮は核開発以外にも外国人拉致、贋札製造、保険金詐欺、麻薬密売、仮想通貨窃盗などの犯罪を繰り返している「犯罪者集団」です。金正恩の存在を前提とした交渉が成立すること自体、許されてはなりません。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

小ネタ:天皇訪韓主張する中央日報

本日は北朝鮮に関して重要な報道があるのですが、その前に、話の「マクラ」としてこんな小ネタを。

【社説】「天皇の訪韓を希望」…韓日関係改善のきっかけに(2019年03月30日10時18分付 中央日報日本語版より)

中央日報には「今日の感想」という機能が付いているのですが、この記事に対しては、本日15時時点で

  • 興味深い…9件
  • 悲しい…14件
  • すっきり…7件
  • 腹立つ…2299件
  • 役に立つ…4件

という感想が付されていますが、ま、当然でしょう。

それはさておき、国会議長が「日王」だの「国王」だのと呼称するような国(『【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱』参照)が、何を偉そうに「天皇の訪韓を希望」などと言い放つのでしょうか?

中央日報といえば韓国を代表するメディアの1つであり、そのようなメディアがこのように破廉恥な社説を掲げること自体、日韓関係を破壊することに寄与しているとしか思えません。この社説は何かの悪い冗談なのでしょうか、それとも韓国という国の存在自体が何か悪い冗談なのでしょうか?

南北揃って無法国家

そのような悪い冗談はさておき、本日の本題に入っていきましょう。

これまでの関連報道を探っていくと、米議会関係者の間では2月中旬ごろから、半ば公然と「実は北朝鮮の非核化を阻害しているのは韓国ではないのか?」と指摘する意見が目立ち始めていますし、そのように米議会で証言する人も出て来ました。

米戦略国際問題研究所(CSIS)のビクター・チャ氏が米議会で「文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の目的は一国家二制度の創設である」と述べた、という話題については、昨日、『北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか?』で触れたばかりです。

北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか?

こうした中、北朝鮮が「段階的核放棄」を狙っていて、米国が主張する「FFVD」ないしは「CVID」(※)方式の核放棄と真っ向から対立しているとの観測も、複数の識者から指摘されてきたところです。

(※「FFVD」とは「最終的で完全かつ検証済みの非核化」 “Finaly, Fully Verified Denuclearization” 、「CVID」とは「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)のこと)

北朝鮮が主張する「段階的核放棄」とは、「核実験施設Aの破壊」、「ミサイル発射場Bの破壊」、「核燃料の引き渡し」、といった具合に、多段階の目標を設定し、それらの目標を達成するたびに、少しずつ、北朝鮮に対して「褒美」を与える、という方式です。

この「段階的核放棄」が無意味であることは歴史が証明しています。というのも、日本を代表する韓国観察者である鈴置高史氏によると、北朝鮮は次のとおり、過去に5回も非核化の約束を破っているからです。

過去に5回約束を破った北朝鮮
  • 1回目:1991年12月31日に合意した「南北非核化共同宣言」にも関わらず、1993年3月に核拡散防止条約(NPT)からの脱退を宣言した
  • 2回目:1994年10月の「米朝枠組み合意」を破り、2003年にはNPTからの脱退を再度宣言した
  • 3回目:2005年9月の「6ヵ国合意」共同声明で、北朝鮮がNPTへの復帰などを約束したにもかかわらず、2006年10月に史上初めての核実験に踏み切った
  • 4回目:2007年2月に採択された「6ヵ国協議」の共同声明にも関わらず、2009年5月に2回目の核実験に踏み切った
  • 5回目:2012年2月に米朝両国が核凍結で合意したにも関わらず、2013年2月に北朝鮮が3回目の核実験に踏み切った

(【出所】鈴置高史氏の著書『米韓同盟消滅』(P64~P65)より著者作成)

すなわち、日米両国を中心とする国際社会が「今度こそ北朝鮮の完全な非核化を達成しよう」としているなかで、北朝鮮は今までどおり、段階的核放棄論を前面に押し出そうとしていて、その北朝鮮の戦略を、日米陣営の内側から支えている国が韓国である、という構図ですね。

ハッキリ申し上げてしまえば、無能な味方は有能な敵を上回る脅威です。

今のところ、日米韓3ヵ国連携を終わらせるわけにはいかないという事情もあるようですが、それでももし日米両政府の指導者が賢明であれば、適切なタイミングで韓国を切り捨てるという決断を下すのは間違いないでしょう。

ボルトン氏「リビア式核放棄」迫る

ところで、目下の焦点は北朝鮮非核化の方式にありますが、米国がCVIDないしはFFVD方式の核放棄を諦めていなかったという証拠が出て来ました。

これが、次のロイターの記事です。

Exclusive: With a piece of paper, Trump called on Kim to hand over nuclear weapons(2019/03/30 7:15 付 ロイターより)

タイトルにある “exclusive” は「独占」という意味でしょうか(※大人気サイト『楽韓Web』でも取り上げられていたので、読んだという方もいらっしゃるかもしれません)。

ロイターの記事は先月のハノイの米朝首脳会談で米国側が北朝鮮に渡したメモの内容を報じたもので、これが事実であれば、非常に大きなニュースです。

全文を転載するわけにはいかないので、内容を要約して箇条書きにすると、だいたい次のとおりです。

  • 匿名を条件に取材に応じた関係者からロイターが閲覧した文書によれば米国は金正恩に対して北朝鮮の核兵器と燃料の米国への引き渡しを求めていた
  • この文書の存在自体はジョン・ボルトン補佐官がハノイ会談後のテレビインタビューで示唆していたが、内容が明らかになったのは初めてのことだ
  • 文書に含まれていた内容は、ボルトン氏は2004年から主張し、北朝鮮が拒絶していた「リビア方式」の非核化であり、これが事実ならばトランプ氏が以前から「リビア方式は最終手段だ」と述べていた内容と整合しない
  • 北朝鮮側はマイク・ポンペオ国務長官とボルトン氏らを「暴力団のようだ」などと批判したうえで、核・ミサイル開発の再開を警告している
  • この文書について、ホワイトハウス側は現在のところコメントに応じていない

今回の文書の特徴は、核兵器だけはありません。生物・化学兵器、弾道ミサイル、発射装置などの付属設備についても米国への引き渡しを求めている、という点にあります。

たしかに北朝鮮は、2017年2月に金正男(きん・しょうなん)を殺害した際にVXガスを用いていたと報じられていますが、非核化を達成したとしても、北朝鮮に生物・化学兵器を残しておけば、再び北朝鮮によるテロ活動に利用される恐れがあります。

ロイターが報じた「その他の要点」4つ

このロイターの報道が事実なのかどうかはわかりません。

ただ、ボルトン氏が以前から「リビア方式」の非核化を主張していたことと、2月28日に米朝首脳会談が決裂したこと、北朝鮮が非核化協議中断をチラつかせ、再び米国を揺さぶる動きに出ていること(『想定通りの北朝鮮の協議中断 必要なのは「さらなる圧力」』参照)などは紛れもない事実でもあります。

想定通りの北朝鮮の協議中断 必要なのは「さらなる圧力」

このため、私は今回のロイターの報道について、「単なる飛ばし報道」と決めつけて読むべきではないと考えています。

ところで、ロイター記事には続きがあって、この文書には「その他の要点」が4つある、と指摘します。

1つ目は、北朝鮮に対して核開発プログラム全体について包括的な申告を求めるとともに、米国など国際社会の査察官に完全に開示すること。

2つ目は、新しい施設の建設を含め、すべての活動を停止すること。

3つ目は、すべての核関連施設を閉鎖すること。

4つ目は、核開発に従事したすべての科学者や技術者を民間活動に転向させることです。

この方式のうち、1点目はまさに「核査察」の考え方そのものであり、米軍関係者や国際原子力機関(IAEA)の担当官らが北朝鮮に常駐し、いつでも北朝鮮の核実験施設に入り、チェックすることができる、という仕組みです。

当然、「検証可能性」が重要であるとともに、北朝鮮が「隠れてコッソリと核開発を継続する」ということはできません。

ただ、「リビア方式」の核放棄は、カダフィ大佐が悲惨な最期を迎えたこともあり、金正恩にとっては絶対に受け入れられないものである、ということもまた事実でしょう。

ロイターによるとトランプ氏は「われわれが目指しているものはリビア方式ではない」、「もし北朝鮮が核放棄に応じたら豊かな未来が待っている」などと繰り返しているとしつつも、ハノイの文書は米国が北朝鮮に「ビッグ・ディール」を突きつけたものだと結論付けています。

ちなみにこの「ビッグディール」とは、「すべての経済制裁が解除されるのは、北朝鮮がすべての武器を放棄したときだけである」、という意味だそうです。

実際、どうなのか?

ところで、なぜ米国のような超大国が北朝鮮のような最貧国と直接交渉しなければならないのかと考えていくと、やはり、究極的には中国とロシアと韓国の無責任さに行き着きます。

北朝鮮といえば「核・ミサイル問題」に注目が集まっていることは事実ですが、だからといって、核・ミサイル問題以外にもさまざまな犯罪行為を行っているという点を無視してはなりません。北朝鮮が建国以来、全世界に対してどのような行為をしてきたのか、あらためて列挙してみましょう。

  • 日本人拉致事件、米国人青年の殺害など、外国人に対する数々の人権侵害事件
  • 麻薬・覚醒剤の製造と外国への販売
  • 核・ミサイル・生物化学兵器などの大量破壊兵器の製造と外国への販売
  • 国際的な保険金市場を舞台にした大々的な保険金詐欺
  • 強制収容所での強制労働、自国民の外国への派遣と賃金搾取
  • 仮想通貨窃盗などのサイバーテロを通じた資金の窃盗

等々…。

明らかに、北朝鮮とは単なる犯罪者集団です。

こんな犯罪者集団と、国交正常化交渉を行うというのも、拉致被害者の返還を求めるというのも、最初から視点が誤っています。

だいいち、「北朝鮮にお願いして、拉致された日本人を帰国させてもらい、拉致事件の全容についても教えてもらう」ということなど不可能です。通常の誘拐事件に関する犯罪捜査でも、犯人に「お願いして全容を教えてもらい、誘拐された被害者を解放してもらう」ということは、あり得ません。

日本人拉致事件の解決とは、正しくは、「北朝鮮に捜査官を派遣して強制捜索し、拉致された日本人を全員救助し、あわせて拉致事件の全容を解明し、処罰するために、責任者を逮捕して日本に連行し、日本で受刑させる」こと以外にあり得ません。

その意味で、私たち日本国民が考えなければならないことは、まずはこの犯罪者集団のボスである金正恩を逮捕して日本に連行する方法ではないでしょうか。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/06/06 15:00 【時事|金融
    「新興市場国債の価格上昇」を素直に喜んで良いものか (1コメント)
  • 2020/06/06 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/06(土) (29コメント)
  • 2020/06/06 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人「韓国さん、お達者で!」 (42コメント)
  • 2020/06/06 05:00 【韓国崩壊
    「誤った社説」を利用して作成した対韓輸出管理Q&A (26コメント)
  • 2020/06/05 12:00 【金融
    米ドルFIMA為替スワップ残高一覧20200604 (5コメント)
  • 2020/06/05 10:45 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体と徴用工団体などの内紛が発生している模様 (19コメント)
  • 2020/06/05 08:00 【マスメディア論
    劣化著しいマスメディア ポストコロナはSNS時代に (20コメント)
  • 2020/06/05 05:00 【韓国崩壊
    ホワイト国除外は結果的に経済制裁の予行演習となった (25コメント)
  • 2020/06/04 14:00 【時事|外交
    茂木外相「習近平氏訪日日程、具体的調整段階にない」 (44コメント)
  • 2020/06/04 11:00 【時事|外交
    天安門事件から31年 日本に対し恩を仇で返した中国 (37コメント)
  • 2020/06/04 08:00 【マスメディア論
    「国民激怒」?勝手に国民の声を代弁しないでください (27コメント)
  • 2020/06/04 05:00 【韓国崩壊
    日本企業の在韓資産売却がいまだ実現しないのはなぜか (53コメント)
  • 2020/06/03 21:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】テレ朝「8月上旬にも韓国で資産の現金化へ」 (11コメント)
  • 2020/06/03 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/03(水) (116コメント)
  • 2020/06/03 11:11 【時事|韓国崩壊
    ウォンと韓国外貨準備の不自然な動きは為替介入の証拠 (23コメント)
  • 2020/06/03 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対する輸出管理はむしろ「厳格化」もあり得る! (38コメント)
  • 2020/06/03 05:00 【マスメディア論
    新聞記者「自分の出世が大事だから、訂正できません」 (26コメント)
  • 2020/06/02 21:30 【時事|韓国崩壊
    それカードやない、地雷や! (24コメント)
  • 2020/06/02 14:40 【時事|韓国崩壊
    韓国の対日提訴は「グループC」に格下げする契機か? (43コメント)
  • 2020/06/02 14:02 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、対日WTO提訴再開 (14コメント)
  • 2020/06/02 11:45 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓通貨スワップは日本が締結「してはならない」協定 (8コメント)
  • 2020/06/02 09:15 【時事|外交
    対中包囲網形成ならはG7拡大よりG20縮小が有効? (26コメント)
  • 2020/06/02 08:00 【時事|国内政治
    最大野党がアレだから、政権支持率が落ちても大丈夫! (22コメント)
  • 2020/06/02 05:00 【韓国崩壊
    セルフ経済制裁?本日午後2時に韓国政府が重大発表か (39コメント)
  • 2020/06/01 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「韓国政府、日本をWTO提訴する方針」 (46コメント)
  • 2020/06/01 12:30 【時事|経済全般
    「4ヵ国の入国制限先行解除」は産業構造の変革好機に (3コメント)
  • 2020/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/06/01(月) (83コメント)
  • 2020/06/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が求める輸出規制撤廃のカギは対日入国制限の継続 (35コメント)
  • 2020/06/01 08:00 【マスメディア論
    マスコミ報道はカルト誌の予言と似たようなものでは? (22コメント)
  • 2020/06/01 05:00 【時事|外交
    ロシア、インド、韓国がすんなり拡大版G7に入るのか (46コメント)
  • 2020/05/31 09:00 【時事|金融
    レバノンとゴーン、そして通貨スワップのチラ見せ外交 (42コメント)
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (80コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (26コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (106コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (44コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (65コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (4コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (38コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (25コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (55コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (79コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。