私たちの隣国は、連日のようにウェブ論壇を騒がせる厄介な国です。韓国は、22日に北朝鮮が開城(かいじょう)にある南北連絡事務所から代表団を撤収されてしまうと同時に、米国政府からは北朝鮮制裁破りを巡り、1隻の韓国の船舶が「疑わしい船舶リスト」に加えられてしまいました。「米朝両国の仲裁者」を名乗っていたはずの韓国が、同時に両国からNOを突きつけられた格好です。ただ、冷静になって考えてみれば、韓国が周辺国から信頼されないのは当たり前ですし、それ以前に韓国には「仲裁者」としての能力があるのかどうかすら疑わしいのです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

無責任な加害国・韓国

韓国メディア『朝鮮日報』(日本語版)に掲載された社説を読み、なかなか新鮮な衝撃を受けました。というのも、朝鮮日報は北朝鮮核問題をめぐり、韓国が「最大の被害国だ」と主張しているのです。

【社説】韓国船を疑う米国、文在寅政権を見限る北朝鮮(2019/03/23 09:41付 朝鮮日報日本語版より)

朝鮮日報は、「①北朝鮮が22日、開城の南北共同事務所から一方的に撤収した」、「②米財務省の外国資産管理室(OFAC)は22日、『疑わしい船舶リスト』に韓国船1隻を含めたうえで、容疑船が違法な積み替えの前後に立ち寄った港として韓国の港を挙げたこと」などを列挙。

そのうえで、さらに韓国自身が北朝鮮による海上瀬取り行為の取り締まりにも消極的であるとしつつ、

北朝鮮の脅威に直面する最大の被害者たる韓国が、北朝鮮制裁の「抜け穴」として疑われるという、とんでもないことが起きている/文大統領が「金正恩の非核化の意思」なる実体なきバブルを作り、育てていたときから、下手をすると最大の被害者は韓国になりかねないという懸念はあった。その懸念が最悪の形で現実になっている

などと述べているのです(※下線部は引用者による加工、以下同様)。

いえいえ。

朝鮮日報さん、その認識、おかしくないですか?というのも、文在寅(ぶん・ざいいん)氏が2017年5月に韓国大統領に就任して以来、彼の行動は「北朝鮮との融和」で一貫しているからです。

たとえば、文在寅氏は大統領就任の2ヵ月後に、さっそく、北朝鮮に対して南北赤十字会談などの実施を呼び掛けました(『予想通り本性を現した韓国』参照)。

その後、北朝鮮がミサイル発射や核実験などに踏み切り、日米欧などの国際社会が一致団結して北朝鮮に対処しようとしているときにも、文在寅政権は北朝鮮制裁に対して常に後ろ向きでしたし、また、頼まれてもいないのに勝手に「仲介者(※)」として振る舞い続けています。

(※もっとも、韓国観察者の鈴置高史氏は、実は最初から、米国は韓国を「仲介者」と見ていなかったのではないかとの説を『デイリー新潮』に寄稿されています(『どうせ「未来志向に基づく日韓対等の関係」が成立しないなら…』参照)が、この論点については本稿の後半に譲ることにします)。

私に言わせれば、韓国とは北朝鮮の核武装を幇助する「共犯者」です。したがって、あえて韓国が被害者か加害者かといわれれば、間違いなく加害者の側でしょう。つまり、「加害者」である韓国が「被害者」面している社説を読むと、やはり、猛烈な違和感を抱かざるを得ないのです。

何がおかしいのか?

敵・味方を理解しない韓国国民

こうした「猛烈な違和感」の証拠が、もう1つあります。同じく『朝鮮日報』の社説欄に掲載された、次の記事です。

【社説】韓国軍を毛嫌いする文在寅大統領(2019/03/22 10:02付 朝鮮日報日本語版より)

この文在寅大統領という人物は、調べれば調べるほど面白い(※褒め言葉ではありません)人物です。というのも、この人物は、本当に北朝鮮との統一以外に興味がないように見受けられるからです。というのも、朝鮮日報は社説の冒頭で、

北朝鮮の軍事挑発により西海(黄海)で戦死した韓国軍将兵を追悼する「西海守護の日」の記念行事に、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨年に続き今年も参加しないことになった

と述べているのですが、この社説に触れる前に、1つ、重要な論点を考えておきましょう。

この「黄海で犠牲になった韓国軍将兵」とは、2010年3月26日に発生した「天安撃沈事件」のことをさしています。事件では犠牲者、行方不明者46人を出しましたが、その後の調査で、同艦は北朝鮮の魚雷により沈没したと結論付けられました。

この天安の撃沈事件は、二重の意味で、国際社会と韓国自身に対して衝撃を与えました。1つは「北朝鮮の無法行為そのもの」に対しての衝撃であり、もう1つは、「北朝鮮からの明白な攻撃に関わらず、韓国が毅然と対応しなかったこと」に対して、です。

これについて参考になるのが、戦略国際問題研究所(CSIS)の上級アドバイザーであるエドワード・N・ルトワック氏が執筆し、奥山真司氏が監訳した『自滅する中国』の記載です。

ルトワック氏は、この「天安撃沈事件」に加え、同年11月23日に発生し、4人の犠牲者と多数の負傷者を出した「延坪島砲撃事件」の2つの事例を挙げたうえで、次のように指摘します(同P227)。

ところが、韓国は北朝鮮の挑発に対処しておらず、驚くべきことに、かなり大きな被害を受けた場合でも何も反応していないのだ。

ルトワック氏は、とくに延坪島砲撃事件のときに、「わざわざ誰もいない場所を狙って」、形ばかりの砲撃を数回行ったのを除けば、天安艦撃沈事件でも、延坪島砲撃事件でも、韓国側から即座に確固とした態度で相応の報復が行われることはなかったと指摘します。

韓国国内では「保守派政権」といわれている李明博(り・めいはく)政権下においてすらこのような状況だったのですから、文在寅政権下で北朝鮮に毅然と対応することを期待する方が無理だというものでしょう。

「おかしくなった」のではなく「最初からおかしい」

李明博政権下で発生した事件は、これだけではありません。

天安艦撃沈事件や延坪島砲撃事件が発生した2010年という年には、12月14日に、日本大使館前に「あるオブジェ」が設置されました。

そう、あの醜悪な「慰安婦像」です。

これについてルトワック氏は、こう記述します。

「…同胞が殺されようとも、韓国は相変わらずいつものお気に入りの、そしてもちろん全く無害の標的に憤慨することを止めていない。」「(慰安婦像の設置は)韓国に全く脅威をもたらさない国を最も苛立たせるような行為であった。」(同P234)

要するに、「本当の脅威」(中国や北朝鮮)に立ち向かうことをせず、自分の国に脅威をもたらさないどころか、むしろピンチの際に助けてくれるような国である日本や米国を標的にして憤慨し続けるのが韓国という国であり、こうした姿勢は無責任そのものでもあります。

繰り返しになりますが、このルトワック氏の原著が出版された時点の韓国の政権は、「保守派」であったはずの李明博政権でした。現在は親北派の文在寅氏が政権を率いていて、状況はこの時点よりもさらに悪化しているのです。

そのうえで、先ほどの朝鮮日報の記事に戻りましょう。

国を守るため自らの命をささげた彼らを追悼するのが今回の行事だ。韓国軍の統帥権者であるなら、全てのスケジュールを後回しにしてこの追悼行事への参加を最優先にするのが当然だろう。世界中の国家元首、大統領や首相はそのようにしている。ところが韓国ではそうではない。文大統領は昨年は海外歴訪、今年は「別の日程」を理由に参加しないという。

何ですか、この「別の日程」って…。

どうもこの文在寅氏という人物は、北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)のソウル訪問を優先させるあまり、自国のために命を落とした軍人の追悼式という、きわめて重要な行事への参加を拒絶したようなのです。

徹底的に優先順位を間違える人物ですね。

その一方で、朝鮮日報の分析も、お粗末です。

人事権者の顔色に敏感な韓国軍もおかしくなっている。韓国国防部(省に相当)の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官は今年1月、天安爆沈と延坪島砲撃について「一部で理解できる部分もある」と発言し、また20日には国会で北朝鮮の三大挑発について「恥ずかしい衝突」と述べた。この国は何かがおかしくなりつつある

今さら、「何かがおかしくなった」のではありません。

すでに李明博政権時代において、北朝鮮から天安撃沈、延坪島砲撃という、国家安全保障上の深刻な挑戦を受けていながら、韓国は国を挙げて毅然と対応することを怠っていたではないですか。

また、韓国に対してまったく脅威をもたらさない国である日本を最も苛立たせようとする行為は、文在寅政権時代に入ってから加速していることは事実ですが、その源流は、すでに李明博政権時代(あるいはそれよりもっと以前)にあるのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



破綻する「仲介者」

コウモリ外交の国が信頼されないのは当たり前!

さて、先ほど「余談」として、韓国観察者の鈴置高史氏の『デイリー新潮』について解説した、『どうせ「未来志向に基づく日韓対等の関係」が成立しないなら…』について紹介しました。

どうせ「未来志向に基づく日韓対等の関係」が成立しないなら…

これは、韓国が国民、メディア、政府を挙げて勘違いしている「仲裁者」論について、「実は韓国は最初から仲裁者ではなかった」と指摘する重要な論考です。

ちなみに私自身も、「韓国は最初から仲裁者ではなかった」とする鈴置氏の見解には全面的に同意しており、『ハガティ駐日米大使の寄稿文は韓国に対する強い警告なのか?』のなかでも、「そもそも最初から韓国が『仲介者』だったのかどうかすら怪しいものだ」と申し上げています。

それはともかくとして、朝鮮日報には昨日、こんな記事も出ています。

米朝双方から信頼失った「仲裁者」韓国、出口の見えない迷路へ(2019/03/23 09:21付 朝鮮日報日本語版より)

「米朝双方からの信頼を失った」というタイトルからは、「これまでの韓国は米朝双方から信頼されていた」という勘違いが伝わってきますが、その点はさておき、朝鮮日報は現在の韓国が置かれた立場について、次のように危機感を示します。

韓国政府は22日、北朝鮮が南北共同連絡事務所から突然撤収したことについて当惑を隠せなかった。最近になって北朝鮮に対する制裁緩和をめぐって米国との対立が表面化する中、北朝鮮にまで背を向けられたことで、韓国政府がかかげる「仲裁者」あるいは「促進者」の役割が根本から覆される危機に追い込まれたのだ。

ただ、この記事を執筆した人物には非常に申し訳ないのですが、米国にとってみれば、北朝鮮による瀬取りの監視にも積極的に参加しないだけでなく、せっかく日米欧などが北朝鮮包囲網を築き上げようとしているのに、その努力を目の前で踏みにじるようなことを続けている韓国など、信頼に値しないのは当然です。

また、韓国がすでに米国から信頼されていないという姿が見えてしまった以上、北朝鮮の目から見ても、韓国は「信頼に値する国」(というよりも「利用価値のある国」)ではなくなってしまった、というのが実情に近いのかもしれません。

ただ、コウモリのように、あっちをふらふら、こっちをふらふらしているような国が信頼されないのは、国際社会における鉄則でもあります。

私は最近、北朝鮮が「米国との仲介者」としての役割を、むしろ日本に対して求めているのではないかと思っていますが、原理・原則を捻じ曲げず、一貫した主張をしている国の方が、敵・味方双方から信頼されるのは、ある意味で当然のことでしょう。

「米政府が韓国に仲介を要請したことはない」

ただ、先ほども申し上げたとおり、そもそも論として韓国が「仲裁者」だったのかという点については、はなはだ疑問でもあります。「鈴置説」やその他のさまざまな状況証拠に加え、数日前には韓国メディア『東亜日報』(日本語版)に、こんな記事も出ているからです。

元国務省関係者「米政府が韓国に仲裁者を要請したことはない」(2019/03/21 08:03付 東亜日報日本語版より)

東亜日報によると、「米国務省の元関係者」が20日、「トランプ政権が韓国に対して『仲裁役』を担ってほしいと要請したことはなかった」としたうえで、

北朝鮮が依然として米国の安全の脅威であるため、米国の関係者たちは(北朝鮮と米国をつなぐ)『仲裁者』という表現をめぐって拒否感を示した

と明らかにしたのだそうです。

この「米国務省の元関係者」によれば、米国が韓国に依頼したのは、いわば、北朝鮮に「非核化したとしても米国としては北朝鮮を安心させる考えがある」と伝えてほしい、ということであり、その意味でのメッセンジャーとしての役割を期待していたのだとか。

つまり、この東亜日報の報道が事実であれば、米国側が韓国側に期待していたのは、米国側に立って、(おそらく同じ民族として)「米国の言うことを聞けば繁栄の道が待っているから、まずは非核化に応じて欲しい」と北朝鮮を「説得すること」であって、「米朝両国の間に立つこと」ではありません。

それなのに、韓国は常に米国と北朝鮮の中間に立って、あたかも韓国が主体的に朝鮮半島の非核化問題を仕切っているかの錯覚に酔っていたのです。

(※余談ですが、以前から申し上げているとおり、私自身、鈴置高史氏の執筆した『米韓同盟消滅』については、「日本国民必読書」だと思います。まだお読みでない方のなかで、ご興味がある方は、この機会に是非、書店または通販にてお求めのうえ、是非、お読みください。)

今後の展開

こうしたなか、韓国の船舶が米財務省の北朝鮮制裁破りの容疑船として名指しされたことと、北朝鮮が開城の南北連絡事務所から撤収してしまったことは、韓国が「味方」であるはずの米国と、「敵」であるはずの北朝鮮から、同時にNOを突きつけられた格好だともいえるでしょう。

私はもともと韓国が「運転席」に座っていなかったとする説を支持しているのですが、これまでは、形のうえでは日米両国が韓国を「協力すべきパートナー」と見なしていたことは事実です。

実際、安倍晋三総理大臣や河野太郎外相、岩屋毅防衛相らは、口を開けば「日米韓3ヵ国連携が大事」だと述べていました(※といっても、『日本の「韓国外し」は急速に進むのか?安保から見た日韓関係』などでも申し上げたとおり、日本の側に「韓国外し」の兆候があることも事実ですが…)。

ただし、この一連の動きをもって、「今すぐ、ただちに米韓同盟が消滅する」、「これにともない日韓断交が実現する」、とまで考えるべきではありません。物事にはすべて「段階」というものがあります。いきなりすべての事柄が実現するわけではないのです。

東アジア新秩序に備えるためには、何よりもまず、日本としてはこれまでの思考を捨てて、いち早く、防衛体制の思考を切り替えなければなりません。

幸いなことに、昨年秋口以降、韓国が日本に対して仕掛けてきたさまざまな不法行為によって、国民レベルで「韓国は関わってはならない国だ」という認識が根付き始めています。

また、日本政府が徴用工判決問題などで韓国に対する対抗措置、あるいは経済制裁などの措置を取っていない理由は、現時点ではよくわかりませんが、おぼろげながら見えてきたのは、韓国は間違いなく米国を怒らせ過ぎた、という点でしょう。

このように考えていくならば、日本が韓国に対して何らかの経済制裁に踏み切るよりも先に(あるいは同時に)、米国が何らかの実力行使に出る可能性は十分にありそうです。そして、韓国を叩いて躾けてみて、それでもダメだったならば、そのときこそ、日米は「東アジア新秩序」構築の引き金を引くのかもしれません。

その意味で、今後の最初の「ヤマ場」は、意外と遠くない未来にやってくるのかもしれません。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/04/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    遅きに失する外交青書修正 韓国との「未来志向」削除は当然 (28コメント)
  • 2019/04/23 10:00 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動と韓国政府の「レーダー照射宣言」の危うさ (25コメント)
  • 2019/04/23 05:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート (27コメント)
  • 2019/04/22 23:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】徴用工問題と瀬取り問題巡る重要な報道記事の紹介 (14コメント)
  • 2019/04/22 11:30 【時事|外交
    日米2+2会合:「どの国と連携しないのか」が大事なメッセージ (17コメント)
  • 2019/04/22 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係打開のカギは中国にあり?旭日旗と半万年の宗主国 (49コメント)
  • 2019/04/21 22:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】自衛艦が旭日旗掲げ中国に堂々入港 (8コメント)
  • 2019/04/21 14:30 【時事|韓国崩壊
    ウソツキ国家のリーク記事をまともに読む必要があるのか? (41コメント)
  • 2019/04/21 05:00 【政治
    ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ! (30コメント)
  • 2019/04/20 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り (23コメント)
  • 2019/04/19 15:00 【時事|外交
    ちゃんと仕事をする内閣 外交重視姿勢はまったくブレない (16コメント)
  • 2019/04/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    読んでいて不安になる「用日」関連報道 (42コメント)
  • 2019/04/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国 (9コメント)
  • 2019/04/18 16:30 【時事|金融
    「自民党・萩生田が消費増税見送り論」報道の真相 (9コメント)
  • 2019/04/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    「大腸菌海産物の禁輸」を議論する 対等な日韓関係こそ理想 (55コメント)
  • 2019/04/18 09:30 【時事|外交
    【速報】北朝鮮の「新型戦術誘導兵器」報道、当面は静観が正解 (7コメント)
  • 2019/04/18 05:00 【国内政治
    もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える (28コメント)
  • 2019/04/17 11:00 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁の恐怖:「脱コリア」の流れは続くのか? (36コメント)
  • 2019/04/17 08:00 【政治
    消費増税を強行する国民の敵 なぜ消費増税は間違っているのか (17コメント)
  • 2019/04/17 05:00 【時事|韓国崩壊
    米朝からビンタ喰らった韓国 最大のリスクは文在寅政権崩壊 (30コメント)
  • 2019/04/16 23:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】セルフ経済制裁?日本企業が韓国からの事業撤退発表 (23コメント)
  • 2019/04/16 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国メディアの「量産型用日論」 本日も韓国は「平常運転」? (36コメント)
  • 2019/04/16 10:45 【時事|経済全般
    長時間労働を当然とみる、怪しい「経営コンサルタント」 (14コメント)
  • 2019/04/16 06:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国は日本との通貨スワップをどう「利用」してきたのか? (12コメント)
  • 2019/04/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    「韓日関係好転の方法」?「国際法守れ」。ただそれだけだ。 (21コメント)
  • 2019/04/15 15:30 【時事|金融
    恥を知れ、OECD!嘲笑に値する「消費税26%」勧告 (48コメント)
  • 2019/04/15 12:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊|金融
    やっと中央日報が通貨スワップに言及 よほど都合が悪いのか (17コメント)
  • 2019/04/15 07:00 【時事|韓国崩壊|金融
    通貨スワップと韓国経済の「黒字倒産」リスクについて考える (17コメント)
  • 2019/04/15 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係の鉄則 相手を対等と見るならば、なおさら突き放せ (22コメント)
  • 2019/04/14 13:00 【時事|韓国崩壊
    「日韓首脳会談見送り」とサイレント型制裁の関係を考察する (38コメント)
  • 2019/04/14 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    韓国とUAEが通貨スワップ協定が復活 「通貨危機遠のく」? (9コメント)
  • 2019/04/14 05:00 【マスメディア論
    新聞の影響力低下とウェブ評論サイト台頭は日本を明るくする (16コメント)
  • 2019/04/13 12:00 【時事|金融
    消費税 傾聴に値する産経の正論と「外為特会廃止」論 (18コメント)
  • 2019/04/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談を巡る鈴置氏の論考と朝鮮半島の先祖返りリスク (49コメント)
  • 2019/04/12 12:00 【時事|韓国崩壊
    WTO敗訴は日本に手痛い打撃だが、過度に悲観する必要もない (98コメント)
  • 2019/04/12 09:45 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談は予想どおり新味なし (24コメント)
  • 2019/04/12 07:00 【韓国崩壊
    「日本にとっての韓国は洗濯機」理論と対韓経済制裁を考える (11コメント)
  • 2019/04/12 05:00 【時事|外交
    独裁者・バシールの解任と拘束 次に逮捕されるべきは金正恩 (3コメント)
  • 2019/04/11 23:30 【時事|韓国崩壊
    追加あり【速報】ポンペオ国務長官に制裁緩和主張してしまった文在寅 (14コメント)
  • 2019/04/11 23:00 【時事|外交
    【速報】ウィキリークスのアサンジ、スーダンのバシール拘束 (1コメント)
  • 2019/04/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    米韓首脳会談 米国側に「韓国と協議」する意思もなさそうだ (36コメント)
  • 2019/04/11 11:11 【時事|金融
    日銀さん、ぜひ「プレミアム紙幣セット」を発行してください! (4コメント)
  • 2019/04/11 07:00 【時事|韓国崩壊
    「大使館新築放棄」の続報と日本企業が強く意識すべきリスク (19コメント)
  • 2019/04/11 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅の「とんぼ返り」 米韓首脳は意味ある会談できるのか (27コメント)
  • 2019/04/10 15:00 【時事|金融
    WSJが増税の間違いをズバリ指摘 対して日本のマスコミは… (13コメント)
  • 2019/04/10 11:45 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「日本が在韓大使館新築を事実上放棄」をどう見るか (55コメント)
  • 2019/04/10 07:00 【韓国崩壊
    割合で見る日韓関係 「洗濯機壊れて無理心中」聞かない理由 (27コメント)
  • 2019/04/10 05:00 【RMB|外交|金融
    日中関係の重要性は意外と低かった!中国の有効な使い方とは? (10コメント)
  • 2019/04/09 12:15 【時事|外交
    北朝鮮制裁が効いていないならば強化するだけの話では? (38コメント)
  • 2019/04/09 10:30 【時事|金融
    【速報/画像】新紙幣と令和時代の五百円硬貨のデザイン発表 (13コメント)
  • 2019/04/09 10:15 【時事|金融
    新紙幣と電子決済、そして次世代通貨「ブロックチェーン円」 (100コメント)
  • 2019/04/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    ハンギョレ寄稿に見る韓国の思い上がり、じつは却って好都合 (29コメント)
  • 2019/04/08 16:45 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸は本当に韓国に対する制裁カードになり得るのか? (21コメント)
  • 2019/04/08 14:15 【時事|韓国崩壊|金融
    実は対韓制裁、始まっていた?韓国メディアの気になる報道 (18コメント)
  • 2019/04/08 12:00 【時事|金融
    トルコショック再び?怖いのは局地的ショックではなく波及効果 (8コメント)
  • 2019/04/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    「対韓制裁慎重に」?そんなこと当たり前。必要なのは覚悟だ (36コメント)
  • 2019/04/07 07:00 【RMB|金融
    じつは中星為替スワップが失効?事実なら、「大ニュース」だ (14コメント)
  • 2019/04/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    待ち遠しかった「鈴置論考」の最新版と分水嶺の米韓首脳会談 (17コメント)
  • 2019/04/06 07:00 【RMB|日韓スワップ|時事
    ASEAN「ローカル通貨」スワップ構想の続報と検討課題 (7コメント)
  • 2019/04/06 05:00 【時事|外交
    日中関係のほどよい距離感 キーワードは戦略的互恵関係 (26コメント)
  • 2019/04/05 14:45 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    毎日新聞英語版「日中韓とASEANが新たなスワップ検討」 (41コメント)
  • 2019/04/05 12:00 【時事|韓国崩壊
    ツートラック戦略という欺瞞 徴用工の政治問題化を許すな (26コメント)
  • 2019/04/05 05:00 【マスメディア論
    軽減税率により「保護産業」への道を選んだ新聞業界の自滅 (39コメント)
  • 2019/04/04 15:00 【時事|韓国崩壊|外交
    ウソツキ国と米国 「米国さん、主張する相手が違うでしょう」 (46コメント)
  • 2019/04/04 10:45 【時事|経済全般
    【緊急速報】山田孝之さんがパパスさんに!?ぬわー!! (8コメント)
  • 2019/04/04 10:15 【時事|外交
    新元号巡り韓国メディアが起源主張? 中国の反応は対照的 (16コメント)
  • 2019/04/04 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨・為替スワップに関する雑学:人民元建てスワップの伸長 (4コメント)
  • 2019/04/03 13:30 【時事|外交
    現代ビジネスの北朝鮮幹部インタビューをどう読むか (23コメント)
  • 2019/04/03 11:15 【時事|韓国崩壊
    最新記事から読む米韓・日韓の「ボタンの掛け違い」 (26コメント)
  • 2019/04/03 05:00 【マスメディア論
    ある意味で朝日新聞らしい末路とは、「社会的影響力激減」だ (24コメント)
  • 2019/04/02 15:00 【時事|金融
    ブレグジットの混乱で日英為替スワップは発動されるのか? (11コメント)
  • 2019/04/02 10:30 【時事|国内政治
    令和に関する主要新聞各紙の反応と元号の意外な効果 (33コメント)
  • 2019/04/02 05:00 【韓国崩壊|経済全般
    韓国さん、トランジットで入国者数を水増ししていませんか? (26コメント)
  • 2019/04/01 17:15 【時事|国内政治
    上念司氏参院選出馬表明、青山繁晴氏に続く…のか? (7コメント)
  • 2019/04/01 15:30 【時事|韓国崩壊
    言語道断の「天皇訪韓待望論」が、なぜか韓国で相次ぐ (22コメント)
  • 2019/04/01 11:42 【時事|国内政治
    【速報】新元号は「令和」(れいわ) 新時代への希望とは? (48コメント)
  • 2019/04/01 10:15 【時事|韓国崩壊
    「ツートラック」自体が間違っていると何度いえばわかるのか (32コメント)
  • 2019/04/01 07:00 【時事|国内政治
    東京新聞が報じた「日の丸・君が代巡るILO勧告」の不自然さ (34コメント)
  • 2019/04/01 05:00 【マスメディア論
    「ウソの日」の記念にウソツキ新聞について考えてみる (8コメント)
  • 2019/03/31 05:00 【韓国崩壊
    3年前の「日本人の8割が韓国不要」調査を読み返してみた (77コメント)
  • 2019/03/30 23:00 【時事|韓国崩壊
    驚くほどそっくり!日本のサヨクと韓国政府の現実逃避ぶり (31コメント)
  • 2019/03/30 15:00 【時事|韓国崩壊
    ロイター報道「トランプ氏、米朝会談でFFVD突きつける」 (30コメント)
  • 2019/03/30 05:00 【マスメディア論|時事
    知に飢えた現代人の知的好奇心、どうやって満たすべきか? (27コメント)
  • 2019/03/29 17:00 【時事|韓国崩壊
    米韓離間が日米密着の触媒に?韓国メディアの報道に着想得る (34コメント)
  • 2019/03/29 12:15 【時事|外交
    北朝鮮非核化論、米国の堪忍袋の緒が切れかかっているのか? (37コメント)
  • 2019/03/29 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁の在り方」についてまとめてみた (61コメント)
  • 2019/03/29 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】文在寅「政治と経済は別」 どの口がそれを言う? (30コメント)
  • 2019/03/28 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本企業に最大2兆円の損害?絶対折れてはならない理由とは (55コメント)
  • 2019/03/28 14:00 【マスメディア論|時事
    報道の自由度を下げている犯人は日本政府でなくマスコミだ! (33コメント)
  • 2019/03/28 11:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    韓国のドル建て短期債務と資金ショート、そして日韓スワップ (26コメント)
  • 2019/03/28 05:00 【マスメディア論
    東京新聞の社説を読んで考えた:起死回生の大逆転方法とは? (24コメント)
  • 2019/03/27 12:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国の国会議長の発言:天皇陛下を「国王」と侮辱 (66コメント)
  • 2019/03/27 10:00 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    やっぱり出た!通貨スワップを結んでくれない日本への逆ギレ (27コメント)
  • 2019/03/27 05:00 【時事|韓国崩壊|経済全般
    韓国経済に「突然死リスク」があるとすれば「資金ショート」 (32コメント)
  • 2019/03/26 15:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】まるで幼児の振る舞い 韓国で相次ぐ資産の差し押さえ (60コメント)
  • 2019/03/26 10:00 【日韓スワップ|時事
    「韓国は通貨スワップ再開を目指す」。はて、そうですかね? (20コメント)
  • 2019/03/26 05:00 【政治
    専用機導入が事実なら歓迎も、日本は自力で動ける国目指せ (51コメント)
  • 2019/03/25 13:45 【時事|韓国崩壊
    三菱重工業の資産差し押さえ、放置しても差し支えない…のか? (47コメント)
  • 2019/03/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報の「ご都合主義」 相変わらず心に響かない主張 (19コメント)
  • 2019/03/25 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップのメッセージは「誰と結ばないか」がむしろ重要 (6コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。