もういちど考える:そもそも韓国海軍は何をやっていたのか?

先日よりお伝えしている「韓国軍駆逐艦によるレーダー照射事件」を巡っては、昨日、拓殖大学の荒木和博教授がフェイスブックで「見られたくない現場を見られたことが原因ではないか」とする仮説を公表しています。この仮説が正しいのかどうかはさておき、本件がうやむやのうちに終わるのではなく、日本政府による真相究明活動がきちんと継続することに加え、日本が国を挙げて、韓国と断交するのか、友好関係を続けるのかなどについて、国民世論を醸成することが必要です。あるいは、日韓関係清算を好機として、戦後体制からの脱却を図るのも良い案だと思います。

同じ話題が続きますが…

次に公表するのは何か?

昨年暮れごろから、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』では韓国海軍駆逐艦によるレーダー照射事件を取り上げています。あまり同じ話題を毎日のように引っ張るのは好きではないのですが、それでも、少し前から気になる論点があったので、紹介したいと思います。

「レーダー照射事件」とは、昨年12月20日午後3時ごろ、石川県能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、海自所属のP1哨戒機に対して韓国海軍駆逐艦が火器管制レーダーを照射したとされる問題のことです。

この問題を巡り、日本の防衛省が昨年12月28日に公表した、該当するP1哨戒機から撮影したとされる動画と、これに対して今年1月4日になってから韓国側が出してきた支離滅裂な「反論動画」などに対しては強い注目が集まっています。

もっとも、韓国側の反論動画については当ウェブサイトでも『レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています』などを含めて数回取り上げたとおり、ヒトコトで言えば「お粗末」であり、証拠力も何もない代物です。

レーダー照射事件を含め、国民は安倍政権の対応を見ています

こうしたなか、防衛省が「韓国海軍駆逐艦から照射を受けたレーダーの波形を公表するのではないか」、といった観測報道もある一方で、当ウェブサイトへのコメント欄には「軍事機密に属する情報を公表するのではなく、情報を共有している米国を『証人』として引っ張り出すのでは?」との見方も教えて頂きました。

当然、『レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか』でも触れたとおり、わが国の防衛省としては韓国に対する追及の手を緩めるべきではありませんし、来週以降、追加で何らかの証拠を出すことを、私自身も日本国民の1人として強く期待しています。

そもそも韓国海軍は何をやっていたのか?

ただ、この問題を巡り、非常に引っかかっている点があります。

「そもそもなぜ、韓国海軍が石川県能登半島沖の日本のEEZ内で活動していたのか」、「日本のEEZ内で一体何をやっていたのか」、という点です。

私自身、防衛省が動画を公表するまでの間は北朝鮮の「瀬取り」と何らかの関係があるのではないかと睨んでいました(『韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く』)。

韓国軍のレーダー照射は「瀬取り」と関連付ければ説明が付く

つまり、韓国海軍は自衛隊に「見られたくないもの」があり、自衛隊機を追い払うためにレーダーを照射したのだ、とする仮説であり、その「見られたくないもの」が「瀬取りの現場」だったのではないか、というものです。

もし、韓国海軍が北朝鮮の「瀬取り」に関与していたのだとすれば、それは間違いなく、韓国自身が国を挙げて対北朝鮮国連安保理制裁決議違反を行っていたということを意味しますし、場合によっては韓国自身が国際社会からの経済制裁(セカンダリー・サンクション)を喰らいます。

だからこそ、韓国としては何としても日本の哨戒機を追い払おうとした、というわけです。

ただ、12月28日に防衛省が公表した動画を視聴すると、北朝鮮のものと思われる船舶は非常に小さく、自衛隊機が旋回した海域が瀬取りの現場だったとは考え辛いのが実情です。

こうしたなか、次に浮上する仮説は、「レーダー照射自体が単なる日本に対する嫌がらせ」、というものです。これについては、日本経済新聞社元編集委員にして日本を代表するコリア・ウォッチャーでもある鈴置高史氏が12月27日付で日経ビジネスオンラインに寄稿した、次の記事が参考になります。

「現場の嫌がらせ」では済まないレーダー事件/くるりと言い訳を翻した韓国(2018/12/27付 日経ビジネスオンラインより)

鈴置氏の説明は、「現場による嫌がらせ」であり、問題の駆逐艦の「艦長ないしはレーダー担当兵が上部の指示なしに跳ね上がって犯行に及んだ」、というものです。これについて鈴置氏は

韓国海軍にしても「旭日旗を掲げるなら国際観艦式に来るな」と言ってみたら、日本はろくな抗議もせずに引き下がった。竹島で演習しても抗議するだけ。これなら「射撃管制レーダーで脅して追い払ってやれ」と考える艦長や兵が出てくるのは当然です。

と述べていて、これはこれで非常に説得力がある仮説ですが、それでも「そもそも韓国海軍がこの海域で何をやっていたのか?」という説明にはなっていません。

読者コメントに感謝!拓大の荒木教授の仮説

こうしたなか、昨日、『レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか』の読者コメント欄に、「マイナンバー」様から、拓殖大学教授の荒木和博氏が執筆したという、フェイスブックの記事を教えて頂きました。荒木氏はフェイスブック上で

インターネットや口コミなど、拡散していただける方はぜひご協力をお願いします

とおっしゃっています。私自身、荒木氏とは何の面識もありませんし、また、荒木氏から転載許可を得ているわけではないのですが、このフェイスブックの記事のエッセンスを勝手に要約して紹介しておきたいと思います。

  • 韓国側は「遭難した北朝鮮漁船の救助活動をしていた」と主張しているが、レーダー照射事件が発生したのは12月20日の午後3時頃であり、救助した生存者3人と遺体1体を北朝鮮に引き渡すと通知したのが翌21日、実際の引き渡しが22日午前11時と手回しが良すぎる
  • 通常であれば事情聴取や意思確認、検視、健康診断等を行うはずであり、最低でも数日は必要であるはずだが、これだとよっぽど早く返してしまいたかったのではないかと推測される
  • だいいち、韓国政府が発表した映像による北朝鮮船には破損した様子も沈没しそうな切迫した状況もなく、このような船で漁をするとなると10人くらい搭乗するのが普通であり、4人では漁はできない
  • このような状況で2隻のボートを出すのも不自然であり、かつ、韓国政府・統一部による12月22日付の報道発表では「(海洋警察ではなく)海軍が救助活動を行った」とされている
  • 以上の状況証拠から、北朝鮮の乗組員は北朝鮮に送還されたくないと思っており、かつ、北朝鮮海軍の能力では日本のEEZにまで入った船を追跡するのは困難であることから、北朝鮮から韓国政府に拿捕を求められたのではないか
  • そして大統領府の命令で海洋警察が取り押さえ、大慌てで北朝鮮に返してしまうという過程で、海軍まで動員せざるを得ないほどのことだった、というところではないか

なるほど。

要するに「脱北者を逮捕せよ」という北朝鮮側の要請を、韓国がそのまま受け入れ、逮捕して北朝鮮に引き渡そうとしていた現場に、P1哨戒機が通りかかった、というわけですね。

これはこれで若干不自然な点がないでもありませんが、仮説としては非常に面白く、また、説得力があると思います。そして、この仮説が正しければ、韓国政府が大騒ぎしているのも、「北朝鮮漁船」から世界の目を逸らさせる点に主眼が置かれている、という説明も同時に導き出せます。

「日韓断交」への覚悟?

まとめ:韓国海軍の活動に関する仮説あれこれ

以上から、「韓国海軍がそもそもあの海域で何をやっていたのか」に関する仮説として、これまでに私自身が考えたものや有識者らが提示したものをあらためてまとめておくと、だいたい次の3つがあります。

大きく分けると、「現場の暴走」という仮説と、「大統領府が関わっている」という仮説ですが、どちらが真相だったとしても、私としては暗い気分になります。

本件に大統領府が関わっているのであれば、もう間違いなく、文在寅(ぶん・ざいいん)政権自体が日本を敵国に位置付けたという意味であり、これが事実だと確認でき次第、直ちに韓国を制裁しなければならなくなります。

もっとも、その場合は、文在寅氏自身を排除し、「親日派」とまでは言わずとも、少なくとも「親米派」が後任大統領に就任すれば、まだ韓国は日米側に戻ってくる可能性があります。

一方、本件が「現場の暴走」だったとすれば、むしろ状況はもっと深刻です。

というのも、軍の現場レベルで反日(あるいは侮日)の空気が蔓延しているのだとすれば、仮に文在寅大統領の首を親日派、親米派にすげかえたとしても、レーダー照射事件に類似する事案が今後、頻発することは十分に想定できるからです。

ということは、自衛隊の日本海における哨戒活動自体、ロシア、中国、北朝鮮に加え、韓国をも警戒しなければならない、ということでもあります(もっとも、中朝露という3つの仮想敵国に韓国が加わっても大差ないという説もあるかもしれませんが…)。

「日韓断交」という短絡的な議論

ただ、私がインターネット上のさまざまなサイトを眺めていて、1つ、危惧している点があるとすれば、「これを機に日韓断交だ!」などと、非常に短絡的な結論が目立つ点です。

もちろん、私自身は韓国について、「現状の韓国を見ている限り、彼らに日本の友好国たる資格はなく、いずれ日韓関係は何らかの形で清算しなければならない」と考えていますが、韓国と断交することのデメリットも必要な準備も議論せずに、軽々しく「日韓断交」と唱えることは不適切です。

とくに、現在の日韓関係は、残念なことに、日本と韓国の2ヵ国間で完結しているものではありません。まず第一に、米国との関係とあわせて議論しなければなりませんし、場合によっては北朝鮮や中国、あるいはロシアなどとの関係も重要になってきます。

ということは、米国との調整なしに日本が勝手に韓国に対して断交や宣戦布告などを通告するということはできませんし、(実態はともかく)形式上、韓国軍は日本の「友軍」(?)です。「友軍」であるはずの韓国軍が、いきなり日本の「敵軍」になれば、日本の防衛体制の再構築も必要ではないでしょうか?

うやむやにしてはならない理由

ただし、私は別に、「日韓断交」という考え方自体を頭ごなしに否定するつもりもありません。考えてみれば、「わが国の自衛隊機に火器管制レーダーを当ててくるような国」に対して、国民の大多数が親しみを感じられなかったとしても、それはごく自然な国民感情だと思います。

また、どんなに国民感情が悪化していたとしても、商売(つまり経済面)では日韓の結び付きが強いことも事実ですが、昨年10月30日に発生した、いわゆる「徴用工判決」事件を受けて、財界の間でも今後、韓国を忌避する動きが強まる可能性は十分にあります。

このように考えていけば、日本国民や日本企業の多数が「日韓断交」を望むならば、将来的には日韓断交は不可避でしょう。また、形式上は友好関係を維持する(つまり「日韓断交」に至らない)場合であっても、日本が国を挙げて韓国と「適度な距離を置く」という選択をする可能性も十分にあります。

このように考えていくならば、日本が将来、韓国との距離をどう取っていくかを厳密に査定する意味でも、「徴用工判決」や「レーダー照射事件」などの原因究明と韓国への追及が、うやむやのうちに終わるようなことがあってはならないのです。

昨日私は『レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか』のなかで、防衛省側がどこまで証拠資料を出して行ったとしても、結局、韓国は絶対に日本に対して謝らないだろうし、責任者の処分もしないだろう、と申し上げました。

レーダー照射事件、そろそろ韓国に対する制裁が必要ではないか

しかし、仮にそうだったとしても、日本政府としては国際社会を味方に付けながら徹底的に韓国を追及するという努力を怠ってはなりませんし、韓国がシラを切りとおしたならば、次の段階として「韓国への経済制裁」と並び、将来の日韓関係の枠組み再考につなげていかねばなりません。

同じ結論です

いずれにせよ、本稿の結論もいつもと同じですが、韓国との外交を行う際には、日本は次の2点について気を付ける必要があります。

  • 「道徳外交」:歴史的に見て韓国は「被害者」、日本は「加害者」であり、この関係は千年経っても変わらない。したがって、韓国は日本に対し、半永久的に「道徳的な優位」を維持し続け、日本は半永久的に韓国に対して謝罪し続けなければならない。
  • 「密室外交」:日韓外交は基本的に外交当局者同士が密室で行わねばならず、交渉過程については公表してはならないし、他国(とくに米国)を介在させてはならない。

この2点は、いずれも韓国が日本に対して求めているものですが、逆に言えば、韓国はこの2点を否定されれば、日本に対する優位を失い、迷走してしまうのです。

昨年12月に執筆した『韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ』では、このような視点から、この「道徳外交」と「密室外交」を徹底的に否定することが重要だと主張しています。

韓国との外交では、「道徳外交」「密室外交」を完全否定せよ

手前味噌ですが、韓国に対してこの「脱・道徳外交」、「脱・密室外交」を実現することこそが、日本が戦後レジームから完全に脱却するための第一歩であり、韓国相手にこれができるようであれば、北朝鮮、中国、ロシアといった数々の無法国家に対しても敢然と立ち向かえるようになります。

そして、日本に「外国に屈すること」を強いてきた諸悪の根源が憲法第9条第2項にあるということを、私たち国民はもっと強く意識しなければなりません。

朝日新聞やNHK、日本共産党や立憲民主党などが、かたくなに日本国憲法を一言一句たりとも変えさせないように主張しているのも、日本国憲法は「日本を守る憲法」ではなく、「日本を侵略する国を守る憲法」である、という事実を、彼らがよく知っているからでしょう。

日本政府が無法国家に敢然と立ち向かえるようになれば、日本国民は、増税原理主義を掲げる財務省を筆頭とする「国民の敵」に敢然と立ち向かえるようになります。

今年は7月に参議院議員通常選挙が予定されていますが、まずはこの選挙で「国民の敵」勢力に大きな打撃を与えることが必要です。こうしたタイミングで、韓国が日本に対し、明らかな挑発行動を取ってくれたことは、日本国民が「外なる敵」、「内なる敵」を強く意識するための良いきっかけでもあるのです。

いずれにせよ、とりあえず私は、今週以降の日本政府の動きを、期待感を持って見守ってみたいと考えています。

読者コメント一覧

  1. とゆら より:

    韓国の宣う、公海上だから、人道的救助だからといって
    火器管制レーダー照射を黙認したりすれば
    日本以外の国にも多大な迷惑がかかります。

    北朝鮮船背取り監視協力国、その他、世界の商船、民間船も。
    この事件は韓国の世界の秩序に対する挑戦です。

    国際的なルール違反には大きなペナルティが伴うことを
    韓国に理解させなければなりません。

    韓国の中国化、北朝鮮化と言えるかもしれませんが
    この韓国の行為を放置すれば真似してくる勢力(国や組織)が
    今後現れてくるとも限りません。

    日本が世界へ向けて法治国家を自負し、提唱しているのであれば
    決してこの問題をうやむやにしてはなりません。

    自衛隊はアラート対象国が一か国増えましたね。
    韓国は西側陣営序列数十位から中華圏序列第四位にジャンプアップ。
    文大統領も喜んでいることでしょう。

    文大統領「わたしの幸せが国民に幸せになればいい‥‥」

  2. きゅ。 より:

    従来の瀬取りのように燃料等の資源であれば利用される船もそこそこの大きさが必要と思われるが、米ドル等の現金や核物質加工に関わる重要物資で小型なものだった場合は大型船よりも小型船の方が目立ちにくいと思われる。
    もしかしたら、あの現場はブラフで、別の場所で大々的な事を行っていたのかも?・・・とも思えてきた。
    または、一般人や低位の軍人の脱北者ではなく、要人が一般人を装って逃げようとしたところを取り押さえられたのかも知れない。
    まぁ、冷戦時代のB級スパイ映画や小説の影響から来る推測に過ぎないが、撃墜や戦争勃発のように命に係わるような事件に見合う内容と勘ぐってしまう
    もう、北への統一にまっしぐらって感じなので、南との国交断絶ではなく、自然に国交が無い北の国になりそうな気もする。
    その場合、危険を冒してでも難民として押し寄せてくるだろうから、政府には今からでも「ムリして来るな(不法入国禁止)」を大々的に喧伝して欲しいと思う今日この頃。(トランプ大統領の毎日の国境警備に関するTwitterのような感じで)

  3. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    海自哨戒機火器管制システムレーダー照射の件では、韓国側に『そもそも何故、あの海域で韓国側は北漁船と接し、哨戒機にレーダー照射したのか』という大きな疑問があります。

    よほど見られたくない事、日本・自由主義各国の裏を取る計画だったと思います。瀬渡しは食料、燃料などではなく(漁船では積載出来る量が少なすぎる)、①高位にある脱北者の北からの要請による返還、②軍事用ブツ、資金の受け渡しーーーのいずれかと思っています。

    2隻もの大型艦を出動させるなんて、余程の事であり、絶対成功しなければならない事案。半島沖や東シナ海なら警戒の自由主義各国艦船に察知される可能性が高い。

    意表を突いて『遭難漁船』仕立てで能登沖で接線し、北への帰国意志の無い者を返還したのではないか、というのが私の見方です。突飛です。

    これはしかし、イチ司令官等で判断出来ない、文大統領による指示、まさに悪魔の所業です。(遭難した乗組員を帰国させた、というのは捏造だ)

    あらかじめ出会う地点を決め、警防艦も出すことによって、カムフラージュしている。第一、たかが漁船遭難に2隻の大型艦が来るのは、考えられない。

    第ニの予測は、軍事用ブツか資金の受け渡し。コレなら、韓国は北朝鮮制裁決議違反、北と同じ制裁を喰らわねばならない。

    ですから、海自哨戒機の件は日本に謝罪はしないし、『日本が悪い』と論点を変えるしかない。本当にタチの悪い、奸智に長けた民族です。いずれにしろ、最早『敵性国』の政権ですから遠慮せず事実を公開し、時間稼ぎするなら経済制裁ですね。

    1. パーヨクのエ作員 より:

      めがねのおやじ様

      管理人様に愛のこもったコメントご苦労様です。

      可能性はないと思いますが、北朝鮮へ帰国意志がない人間は日本の国内で総連の手先が捕まえたから日本のEEZにでばらざるを得なかったのかもしれないですね。

      以上です。駄文失礼しました。

  4. めたぼーん より:

    国際的に相当マズいことをやっていたことは想像に難くないと思います。そこを詮索されると困るので必死に論点ずらしをしているように思えます。人権蹂躙虐殺国の北の要請による亡命希望の脱北者の拿捕と即時送還が一番怪しそうですね。

  5. ハゲ親爺 より:

    本当に何をやっていたのが不思議です。
    北へ脱北要人送還なら夜間陸上でやった方が目立たないのでは?資金受け渡しについても大量のドル紙幣では使い勝手が悪く、中国政府系銀行の闇口座に振り込めばすむ。兵器級プルトニウムも既に必用なだけ持っているはず。
    何故この時期に日本との関係及び自国経済を完全に破壊し韓国をデホルトに追い込みかねない行為をしてまで遂行しなければならない韓国海軍の任務とは?
    韓国政府は迫り来る次の経済危機に日本以外の西側諸国から援助を受ける為にも国際社会に説明責任(助命嘆願)を負っています。
    日本に対して負っているのは、いずれ発動される制裁(当ブログで先に論じたられている政府の一存で発動できる数々の制裁)を先伸ばし(これも助命嘆願)する為の説明責任を負っているのではないでしょうか?

  6. 匿名 より:

    P-1が迷いなくあの艦艇に近づいて行ったのだから海自も何らかの情報を得ていたのでしょう。
    当然米軍との共有ですね。
    目下水面下で米からとっちめられているのではないでしょうか。

  7. ミナミ より:

    >※北鮮は使える燃料が尽きているためにコーストガードも海軍艦艇も動かせない状態。そこで三代目は韓国のコーストガードと海軍艦艇に援助を求めた。北鮮のボロ漁船を片道燃料で日本のEEZまで不法出漁させ、帰りの面倒はぜんぶ韓国に見させる。日本のEEZを侵略するためなら韓国は全面協力する。漁船は非武装なので「救難」の大義名分が可能だ。これは新しい「グレーゾーン侵略」である。イージス艦の定数を減らし、海保に予算を回さなければ、すべては手遅れになるだろう。

    軍事評論家・兵頭二十八氏ブログ、1月2日記事より
    http://sorceress.raindrop.jp/blog/

    当たってるかどうかは私には分かりませんが。

    1. 新宿会計士 より:

      ミナミ 様

      コメント大変ありがとうございます。
      当ウェブサイトで最近頻発しているのですが、せっかく頂いたコメントがスパム判定に引っかかってしまっていましたので、後の方に投稿されたコメントを手動で回復しております。
      折角コメントを賜りましたのに、大変ご迷惑をおかけして、本当に申し訳ございませんでした。

      引続き当ウェブサイトのご愛読とお気軽なコメントを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

    2. 愚塵 より:

      新宿会計士様
      私が投稿したコメントがスパム判定に引っかかったときには、手動回復は不要です。
      放置してくださるようお願いします。
      ご健康について懸念したくないので…

  8. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信有り難うございます。

    脱北高官の捕獲の見方は可能性としてはありですが、その様な偶発的な事象なら幸いではないでしょうか。

    南北が接触の過去を思い出すと平昌五輪のどさくさに北朝鮮の情報担当者が韓国と接触しました。

    その後、北朝鮮の情報高官の動静が不明になっている様です。

    そして今回の日本のEEZ内での接触です。

    沈む船からネズミが逃げ出そうとしているかもしれない。
    その様な見方は十分にあり得るでしょうが、邪悪な当方の頭ではもう一つの可能性が浮かびます。

    核兵器の南北での共有が行われて核武装国家として統一した朝鮮が出てきて保管先又は使用先に日本が使われ、日本が支配下に置かれる活動の一環が今回の南北の接触である。と言う見方です。

    いわゆる共産主義国家は自力での発展がシステム的に困難な為に他の国からの収奪を必要とします。ドイツのユダヤ人を自国に持ちかえったソ連がそうですし、日本の資産を元に発展した中共や北朝鮮もその例でしょう。
    合法的に海外の投資で発展中の現在の中国も例外ではありません。

    さて、統一した核武装国家朝鮮ができたとすれば、一体どこから収奪を試みるのでしょうか?

    中国の東北地方?核武装した陸軍国中国相手に朝鮮の国力とオツムでは無理です。
    なら残るは日本一択しかありません。

    今回の日本のEEZ内で南北の接触は偶発でしょうか。それとも情報担当者が計画した核兵器の共有の動きの一環でしょうか?

    当方としては後者で無いことを祈りたいです。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. りょうちん より:

      妄想に乗りますと、たとえば既に100発近くあるという北の核兵器ですがミサイルに搭載できるほどの小型化はできておらず、かつ濃厚な日本の対空監視網を抜けて爆撃機が運搬できるような時代ではない・・・。
      ピコーン!そうだ「不審船」に積んで陸揚げしてしまえばいいんじゃね!首領様はきっと喜んでくれるはず!とか軍の一人の将軍が思いついて実行を命じた。それが動いてから嬉々として「工作がほぼ成功しています」と報告をする将軍に黒電話が「お前何してくれてんのー!!そこまでやったらマジで米軍が攻めてくるだろっ!!恫喝ってのは精密な芸術なんだぞ!」ターンッ
      「どうしよう、どうしよう、うちらの海軍には追いかけられる性能の艦艇はないし・・・そうだムンにやらせれば!」とホットラインでムンに命令して、ムンは起こる事態を深く考えず軍に下命。
      その当時に使える全てのアセットを駆使して(整備不良でヘリが乗っていないKD-1とかまで酷使w)その命令を完遂ッ!!
      日本から抗議されれば「お前らを救うために必死だったのに癇癪起こるニダ」←今ここ。

      なんてストーリー。

      ここまでくると荒唐無稽なんで、まあ要人亡命説なんでしょうねえ。
      今までは韓国に脱北するのが定番ですが今の韓国だとそのまま送還されかねない。
      中ロの陸路ルートも最近監視がキツイ・・・。まあ日本か・・・と。迷惑な話。

      1. パーヨクのエ作員 より:

        りょうちん様
        当方の駄文にコメントを賜り有り難うございました。

        りょうちん様>ホットラインでムンに「命令」して、ムンは起こる事態を深く考えず軍に下命。

        何処かの並行世界では有りそうで、思わず吹きました(笑)

        妄想は以上です。駄文失礼しました。

  9. 庶民 より:

    ただでさえ自滅へ爆進中の韓国に対して日本の制裁がトドメを刺した場合、結果的にその尻拭いの役目が日本に回って来る事になると思います。

    事前にその役目を回避する意味でも、日本政府から「現状の国民世論に鑑み、仮に韓国が何らかの困難に陥った場合でも、政府として援助や協力を行う事は非常に難しいのではないか。」というメッセージを発信をして欲しいと思います(かなりの上から目線ですが。。。)。

    そして結果的にこのメッセージが、韓国にトドメを刺す事になればいいなと個人的に妄想しています。

  10. 匿名 より:

    韓国が国ぐるみで瀬取りに関与してたとは思いたくないところです(とは言え、やらかしかねないとは思います)。
    別の可能性として、日本の漁船を追い払う任務についている海警に協力していたのではないかと思います。
    いずれにせよ、碌なことではなく、明確な敵対行為ではありますが・・・

    なんにせよ痛い目を見せないと行動の変化は促せないので、何らかの制裁は必要でしょう。

    韓国からの輸入に関税をかけるって案もあるそうですが、物だけでなく人についても、韓国からの入国や韓国への出国に課税やらするってのはいかがでしょうか?収入は、判決で被害を受けてる企業への救済やら、彼の国からの不法入国者の送還に使うとか、ついでに韓国人専用の入管ゲートを作って、日韓交流支援基金とか名前を付ければ、国内の同意も取りやすいのではないかと考えるしだいです。

    駄文・散文失礼しました

     

    1. りょうちん より:

      >別の可能性として、日本の漁船を追い払う任務についている海警に協力していたのではないかと思います。

      これはありえないでしょう。
      というのも韓国海警の5000トン級警備艦は、元々フランスまで輸送船を護衛するために日本が6500tの「しきしま」を作ったら、いつもの「あいつらがもってるなら俺らも欲しい」で作ったはいいが、大型艦ゆえの燃費の悪さに予算のショボい韓国海警(ま日本の海上保安庁も冷遇されていますが)では、とてもワークホースにはできずに、「竹島警備」の名目で動かざる事、戦艦大和のごとく飾っておくしかなかった船です。
      政治的な制限がない韓国では同じ予算を使うなら軍艦を動かした方がマシなことがほとんどなので、「湾岸警備隊」を外洋に出したり長期間広大な領海をパトロールする様な必要性が薄いので日本近海まで出張ることがほとんどなく、あったら事件になります。だから「韓国の5はみないっすね」になるわけで。
      動いたらニュースになった事例↓
      http://memo-no-memo.cocolog-nifty.com/blog/2014/12/5000-8a5e.html
      それでも懲りずに、中国の12000t、5000t級に比例原則で負けるので増やしたところですが。
      「西海」で中国海警の大型艦とにらみ合うというならともかく、演習とかの名目もなく出動したら姐さん事件ですなのです。

  11. 一読者 より:

    ネット上の噂としては、北朝鮮の大きさから考えて、
    「プルトニウムだったのでは」「いやいや、韓国国内にわずかに残ってる最後のフッ酸だったのでは」
    等の憶測もでていますね。
    本件、レーダー照射が大きな問題なのは当然なのですが、それすら
    「国旗を掲げない国籍不明艦として、SOSを出してもいない北朝鮮船舶と接触したのは何故か」
    という最も大きな問題から目を逸らさせようとしているように見えてなりません。

  12. 未開土人大王艦長 より:

    人道的救助活動に国籍不明の軍艦やレーダー照射は必要有りません。青瓦台は朝鮮労働党ソウル支局として動いており、アメリカがこれを黙認しています。まずその背景を理解したいですね。交戦権を禁じた憲法を改正しないヘタレ国の国民が何を言っても仕方がありませんから。

  13. 柿ピー より:

    いつも新鮮で貴重な情報をありがとうございます。

    政府がどう動くかを日本国民が注視していますが,
    同時に,世界が日本を(国民も含めて)注視しているかと。
    そちらのほうが重要だと思っています。

    一連のことは不良中学生のイチャモンレベルですが,
    (反論動画なんてまさに)
    成人たる日本は要点をビシッと押さえて汗もかかずに一蹴するのか。
    それとも手を焼き大汗かき顔を真っ赤にして,
    どうにか身を守れたに過ぎないマジメ高校生レベルなのか。

    負けるはずないと思っていますが,
    どう勝つかのほうが重要かと。

    抽象的な書き方になりますが,
    韓国と同じ土俵に立つのではなく,
    「君ね,中学生だから今まで寛容にしてたけど,
    これ以上やったら我々大人(=日米,英豪)は鉄槌下すよ」
    と,一段上から宣告する。

    間違っても相手の土俵に降りていってはいけない。
    そしてアメリカ(できれば英豪)を常にバックに付けるのが死活的に重要。
    政府には最善手を指し続けてほしいです。

    1. 匿名 より:

      日韓外相による電話会談によって「早期解決」で見解が一致。

      どうやら勝つどこか有耶無耶にしようって感じですね

      恐らくはアメ公の圧力なんでしょうが、次期首相の鈴でも付いた?

      奴らにとって『国益』考えたらベストなんでしょうなぁ

      政府の『国益』と、国民の考える『国益』は乖離してるのわかってるんですかねぇ

      せめてヤフーニュースに付いてるコメントくらい読めと。

  14. 20世紀産まれ より:

    どう転んでも、やっぱり「真実・真相知りたい」。

    韓国は、少なくとも2度大きな軍事クーデター起こしている国、軍のシビリアン・コントロールが脆弱で政情不安定なのは、大統領経験者たちの哀れな末路を見ればわかるとおり。

    今回も軍が絡んでいる以上、真実をつまびらかにさせなくては。
    韓国政府と軍が、北の求めに応じて動いたのなら、それは「準クーデター」とも云える。そんなこと韓国民にバレたらムン大統領は弾劾される可能性大。それを阻止しようと北の工作員、北のシンパは行動して、へたすると本当に軍事クーデターが勃発するやも。

    米国も沈黙を守ってるのが、不気味。

  15. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     韓国艦艇が、「あの海域で何をしていたか」は、韓国側から情報が出て
    こない限り、本当のとこらは分かりません。(一応、北朝鮮漁船の人道救
    助と言っていますが、その信頼性はありません)
     そのため、(どれだけの人に納得してもらうかは別にして)仮設を打ち
    出すしかありません。そして、より多くの人が納得した仮設が、真実とし
    て独り歩きを始めます。(これが真実かどうかは、最終的には韓国の現政
    権と対立する政権が誕生して、これの調査結果を発表するのを待たなけれ
    ばならないでしょう)
     公開された事実の断片に矛盾がなく、(現段階では)信頼性が最も高い
    仮設が、荒木仮設なのでしょう。

    駄文にて失礼しました。

  16. 20世紀からの使者 より:

    安倍総理は、徴用工訴訟で「具体的措置」を講じると言っていたけど、まずは今回のFCレーダー照射事件でのP1哨戒機のクルーたちを慰労してやってほしかったな。
    FCレーダーを照射されても冷静さを失わずに任務を遂行していたわけだし、何より韓国側はレーダー発射云々とり、やれ低空飛行だ、やれ英語の発音が悪いと「論点のすり替え」に躍起となっている。

    それらは、引いては哨戒機のクルーの任務遂行にケチをつけている、いや名誉まで棄損しようとしているように映る。

    安倍総理は、自国のEEZ内で国旗も掲げない「海賊船」を目視するために、危険を承知で接近した。接近する前に無線連絡しなかったのは、何らかの「悪意ある行動」をしていた場合、それら当該の行動が中断されて、現場を押さえることができないので、無線封鎖して、危険を承知で接近した・・・少なくとも、哨戒機のクルーたちの任務遂行は、至って正当なのだ、くらい言ってほしかった。まあ、近いうちにそれらを含めてタップリと韓国に「倍返し」してくれると期待しているけど。

  17. MASA より:

    うーん、どうも難しいですね。他国にとっては、日本と韓国が何かまたもめてるな、くらいで関心は持ってもらえないかな。
    日韓の1対1だと、いくら日本国内で韓国の対応の異常性を騒いでも、韓国に響かないのかな。
    「恥ずかしい」とひるむ感覚が無い国相手ならではで、なかなか難しい。カエルの面になんとか。

    日本国内に、もっと韓国という国を知らしめるときと割り切るべきかも。ネットを使わない世代中心に、まだまだ意識が足りない。いつか韓国が反省の姿勢をちょっと示す時がきたら「謝ってるんだし、まあいいじゃん」ってなる人たちがまだまだ多い気がします。日本人はお人よしの気質があるから。
    国内の世論熟成。そのために、ここのような良質のブログがますます伸長されることを強く希望します。

  18. 温故知新 より:

    私も荒木教授の説に賛同します
    少し前にレーダー照射に関する韓国のコメントにヒントを得てブログに同じ主旨の記事を書きました。
    https://hin.to/100/2019/01/03/907/
    レーダー照射の真相 脱北者の捕獲

  19. きたやまひと より:

     精力的な更新、お疲れ様です。
     防衛省が次の一手として「広開土王」や「海警5001」の航跡の開示をすれば、両艦が北朝鮮の「漁船」の救助活動を行っていたか否か、何らかの意図で会同していたのか明らかになります。P-1の性能を公開してしまうことになりますが、この程度なら許容範囲内でしょう。
     照射された火器管制レーダーの周波数を開示するとの意見も散見されますが、同じシステムを採用しているサード・パーティーに迷惑がかかりますので、火器管制レーダーの特性開示などはしないのではないでしょうか。

  20. spaceman より:

    更新ありがとうございます。
    また、遅まきながら明けましておめでとうございます。

    もはや古い情報で皆さんご存知の内容だと思いますが、このレーダ波照射問題については動かぬ証拠があります。

    https://twitter.com/SatoMasahisa/status/1080779283100884992

    もと自衛官の国会議員のTweetなので、上記は間違いないでしょう。

    一方、日本が公開した動画ですが、中立公平に見て、軍事素人にはこれがレーダ波照射の確たる証拠になるかどうか、また威嚇飛行有無の証拠になるかどうかはわかりません。しかし、玄人目にはわかる情報がいろいろとあります。

    すなわち、日本の動画公開の目的は玄人が相手だということです。韓国側の「玄人」にこれはヤバイから、観念した方がいいかも──と思わせる目的だったのでしょう。

    けれども、韓国側はおそらく軍事玄人の発言権自体を文政権が封じてしまっています。結果、素人考えを押し通す選択肢しか残らなかったのではないでしょうか。(国防部の長官が軍事素人であるという情報はあちらこちらにありますが、どうやら韓国では文政権以前から、軍事関係のトップには人望も能力もなく大統領にただただ従順な人物を据えるという伝統があるようです。儒教的文民統制と軍事独裁のトラウマによるものだと言われています。)

    ところで日本側が公開した動画から素人なりに想像できることは、動画や静止画だけでもこれ以外にもっと高解像かつ高倍率のものが存在するだろうということです。そもそも回っていたカメラが一台だけということはないでしょう。民生レベルでも最近の日本の光学機器は恐ろしく高解像度です。当然動画では小さくしか写っていない北朝鮮船や救助用といわれる韓国側のゴムボート、それらに乗っている人物、物資がやりとりされているならその形状まで、細かく把握できているだろうと思われます。

    ただ、公式の場では「想像による発言はしない」というのが公正な姿勢というものです。
    「そういったもをすべて把握しているぞ、公開されたくないなら御託はいい加減にしておけよ」ということなんですよね。あの動画は。佐藤議員のTweetのように電子的データも盛りだくさんなわけで。

    私は、韓国がごねているのは、国民向けに政権が弱腰を見せられないからだと思っていました。しかし、シンシアリーさんのサイトをはじめ各種サイトを参照すると、韓国の一般庶民はそれほどこの問題に興味はないというのが実情のようにも思えてきます。しかも韓国は例の反論動画とやらを多国語に翻訳して公開するようですから、自国民だけではなく世界にあれが通用すると「本気」で信じている可能性があります。

    つまり、日本は「異形の価値観」だけではなく「透徹した無能」とも対峙しているわけですね。

    韓国一般民の発言には、自衛隊機が領海(領空)侵犯したというような認識の発言も目につきます。それらの発言者の一部は特殊な意図をもった扇動者とも思われるので、韓国一般庶民がそう認識していると捉えるべきではありませんが、少なくともそんな発言をしていれば多くの人がそれを信じる可能性があると目算できる程度にはあちらは「蒙昧度」が高いと思われます。

    はてさて。

    戦車を並べ近代兵器で固めた軍団を従えて敵を待っていると、丘の向こうから現れたのは竹槍と石礫を手にした軍団だった。まともに戦えば楽勝できるが人道上はどうなのか。とはいえ手を拱いていると、敵に踏み込まれてしまう。竹槍や石礫でも十分に殺傷能力はあるので、それはますい。
    どうする?

  21. たけ より:

    レーダー照射問題が威嚇飛行問題にすり替わってる。
    威嚇飛行があったからレーダー照射したというならまだしも、レーダー照射してないと言い張るなら問題の本質とは外れてる。
    それに威嚇飛行の証拠もない。

    問題なのはあくまで韓国のレーダー照射と、
    日本の領海に隣接するEEZで北と何をしていたのか、なぜ無線を無視したのか、どうやって救難信号を受信できたのか、なぜ身辺調査もせず情報も明かさずに北に引き渡したのか、なぜ荒天や北の船を探すためにレーダーを使ったという嘘をついたのか、なぜ他国EEZで識別旗もなく活動していたのか。

  22. epicurian より:

    コメント失礼します。

    レーダーの波形情報等出せないのであれば、護衛艦と哨戒機を使用して、当時の状況を再現した動画

    を公開して欲しいと思います。
    特に駆逐艦から見て脅威と感じられた飛行だったのか、韓国側が情報開示をしない以上、出来るのは

    海自だけです。

    前にもコメントさせていただきましたが、現在韓国側からは [海上自衛隊の哨戒機が、遭難漁船員の

    救助活動を妨害する威嚇飛行をした] と主張されています。
    仮にこれが事実であれば日本は謝罪しなければなりません、しかし事実でないならば、韓国側にきち

    んと謝罪させなければなりません。見解の相違で済ませていい問題ではないと考えています。

    さて、それでは本題の今回の事件の概要推測ですが、妄想をフルスロットルで回転させまして、まず

    事件の本質ですが、瀬取りは場所、船の大きさ的になし。違法漁民の可能性も船員の人数的に一応な

    し。すると北からの高官亡命説が説得力を持ちます。

    北朝鮮から日本を目指して、それを韓国から捕捉に向かって、ちょうど行き当たるのが能登半島沖。

    しかし、それだけでは射撃管制レーダーを照射した理由とまでは・・・そこまでして自衛隊の哨戒機

    を近付けたくない秘密には思えないのです。
    今回の件に関して韓国側にはどのようなアクシデントがあったのかと考えますと、政権側の思考(思

    想)と現場の使命感に大きな相違があったというところではないでしょうか?
    韓国政府(文政権)は学生運動家上がりの左翼主義者が幅を利かせていると言われています。北側と

    パイプがある、というより諜報・篭絡活動等により北側の意を汲んだ決定を行い、軍部は色々と指示

    を受けていたのかも知れません、ミカンの空輸はその一端です。
    今回、脱北者が重罪人(実は政府高官だが)であるとでもして、韓国側に捕捉と引渡しを依頼した、

    政府からの命を受けた韓国海軍と海洋警察は日本の接続水域に近い排他的経済水域内でようやく脱北

    船を確保したが海上自衛隊の哨戒機の接近を受けるにいたる。
    駆逐艦からは対応について政府(国防部)に問い合わを行ったが、政治登用の軍事素人や陸軍軍人が

    幅を利かせる状況で具体的な対応案を出すことが出来ず、現場にて適切な対処を行うよう指示を出し

    た。
    指示を受けた駆逐艦では艦長がこの異常事態を広く周知させる必要を切実に感じて、哨戒機にそれと

    分かるような警告として射撃管制レーダーの照射を行うよう指示し、実施した。
    哨戒機からの呼びかけに関しては、上記理由からあえて無視させた。

    そして事件後、自衛隊側からは改めてレーダー照射の意図等の説明を求める問い合わせを、国防部側

    に行ったが、国防部と前線との意思(意識)の乖離から有効な回答が出来ないなか、しびれを切らせ

    た日本側(岩屋防衛相)が事実公表に踏み切った。
    事態の広がりに焦った国防部は一旦は射撃管制レーダーの使用は認めつつ、その使用目的は遭難漁船

    の捜索のためであったと強弁したものの、装置の特性から不自然な点を指摘された上、哨戒機から撮

    影された映像が公開されると、矛盾した状況が明らかになり、次なる釈明として威嚇飛行を持ち出し

    た。

    ブログ主様は現場の暴走だとしたら日韓関係はかなり深刻だとおっしゃっておられましたが、良心的な暴走という可能性も捨てきれないと思います。
    シビリアンコントロールという点ではぎりぎりの状況ですが、韓国、北朝鮮、周辺諸国の現状と韓国

    政権の現状を危惧している軍人が韓国軍にいても不思議ではないと思います。同僚を多数死亡させた天安沈没の首謀者と目される人物を平気で入国させたり、言いなりに米国との軍事演習を中止したりと、現状の文政権に不満を持っている軍人は多数いるのではないかと思います、けれどクーデターを起こすまでには至らない、そもそも海軍主導では不可能、そこでソフトクーデターに打って出た。
    なんていう可能性が・・・

    色々妄想が過ぎました。
    失礼しました。

    追伸、以前に投稿したコメントに 鞍馬天狗様より“哨戒機に威嚇されたことが駆逐艦としては恥だ”との返信をいただきましたが、差し詰め乗用車と戦車が併走していて、戦車の方が乗用車が幅寄せしてきて怖かったというようなものなのでしょうか?

    本当に失礼しました。

  23. カズ より:

    もはや妄想なんですけど、「現金(ゲンキム)様」の救出ですね。

    韓国艦船と海上警察艇は、日本から北朝鮮宛てに持ち出された貢物を受け取るために日本のEEZ水域までお出迎えに来たのかもです。

    送り主は、おそらく「チョウセンソウレン」かな?(漢字変換誤らなくても怖い組織です)

    現場で保護されてた漁船のサイズは、「海上警察の高速艇4.5トンより大きく見える」「全長は10~20M」と掲載された記事もありました。
    仮に、漁船が全長14M、5トン規格の船舶だったとした場合の最大積載重量は5.7トン(ヤマハ漁船カタログ参照)程度であり、乗組員の体重を差引くと正味の積載荷重で5000KGとなります。
    (同じく、全長16M、8.5トン規格では同、9000KG)
    例えば、5000KGの貢物が、全国のパチンコ店から調達された「現金(ゲンキム)様」1万円札だと仮定すると、1KG=1000万円と換算して、総額で500億円の資金になります。
    (ドル紙幣も混載なら金額は計り知れないですね)
    *****

    現金500億円を沈没の危機から救出するためには、艦船の派遣も厭わなかったのではないでしょうか?
    他にも「戦略物資様」や「純金(ジュンキム)様」の可能性も考えたのですが、まとまった量だと調達ルートの確保が無理っぽいです。

    銀行口座からの送金が規制されてしまうと、密輸するより仕方ないのですよね。

    あ、日本から「政治工作員や要人」の密出国の方が、現実的なのかもですね。

    1. カズ より:

      よく考えたら、ドル紙幣って100ドル札だったら、1万円札と大差ないんでした・・。

  24. 猫足らず より:

    読売新聞(YOMIURI ONLINE)にこんな記事が。
    https://www.yomiuri.co.jp/feature/TO000301/20181216-OYT1T50014.html
    タイミング良いですね。

    1. 猫足らず より:

      自己レスです。
      すみません。昨年の12/16の、レーダー照射の前の記事でした。

  25. マイナンバー より:

    韓国政府(国防省)の矛盾だらけの強引な主張の背景として、JBPRESSの西村金一氏のコラムに説得力を感じます。
    『レーダー照射:国際法違反を知られたくなかった韓国 韓国軍が海自哨戒機にレーダー照射、日本に難癖つける本当の理由』 2019.1.8(火) 西村 金一

    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/55139

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。