韓国の苦境がいっそう明白になって来ました。さんざん北朝鮮を利するような行動を取ってきたという意味では、「そもそもの国家観」を持たない韓国の自業自得なのですが、日本人の悪い癖は、「日本も日本の国益を追求しなければならない」という当たり前の事実に無頓着である、ということです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

アイデンティティに無頓着な韓国

私たちの隣国・韓国を巡って最近、さまざまな事件、不祥事、珍事が頻発していますが、わが国ではそんな韓国に対し、「自業自得」と突き放す動きが広まっているような気がします。

一部の嫌韓サイトで見られる「いっそのこと韓国が滅亡してしまえば良いのに」、といった極論は論外としても、私の感覚では、ごく一般的な日本人の間で、韓国に対する妙に冷めた見方が広まりつつあるように思えるのです。

ところで、韓国に対する私自身のスタンスは一貫しているつもりです。それは、「法治主義、民主主義などの同じ価値観のもとで、ともに手を取り合い、未来に向けて一緒に発展して行けるような関係になるのが理想的だ」、という考え方です。

いや、もっといえば、その考え方は、韓国だけでなく、中国であろうが、北朝鮮であろうが、ロシアであろうが、同じように成り立つ考え方です。その国と仲良くすることによって、日本とその相手国が「ウィン・ウィン」の関係になれるのが一番理想的であることは、誰も否定しないと思います。

しかし、「仲良くできる国であれば仲良くすべきだ」というのは当然の発想ですが、それ以前に、「外交とは国益を最大化するための手段」である、という大前提を忘れてはなりません。「国益を損ねるような付き合い方」をすれば、究極的にはお互いにとって不幸です。

韓国に関していえば、私自身の母親(故人)が在日韓国人二世(生前に日本に帰化済み)だったという事情もあり、血統的には親しみを感じなければならないはずの相手です。しかし、韓国に対し、「血統による親しみ」を、私には一切感じることができません。

その理由は、簡単です。

韓国が「自分らしさ」、「アイデンティティ」について、あまりにも無頓着だからです。

韓国人に対し、「韓国とは、どういう国ですか」と尋ねたら、たいていは「東方礼儀の国」「日本に軍事占領され、支配されたが、自力で独立を成し遂げた偉大な国だ」、という答えが返って来ます。しかし、そこには必ず「中華」、「日本」というファクターが存在しています。

韓国、朝鮮は千年以上、中華帝国の支配を受けて来たのですが、「東方礼儀の国」とは、中華帝国から見て東方にある、中華帝国に礼節を欠かさない国、という意味でしょうか。中華帝国の苛烈な支配を受けていながら、中国に対しては何も恨まず、ただ、日本に対する恨みをぶつけてくるのが韓国です。

それでも、過去は過去として水に流し、未来に向けて手を取り合い、ともに発展して行けるような関係であれば、まだ韓国とはお付き合いする余地があります。

しかし、現在自分たちが置かれている状況から目をそむけ、中国を主と仰ぎ、日本を恨むような国と、「対等な友好関係」が成立するとは、どうも私には考えられないというのが実情なのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



北朝鮮に擦り寄った文在寅の判断が凶と出た

文在寅政権発足後の北への擦り寄り

さて、前置きが長くなりましたが、私が言いたいことは、「韓国がどういう困難な状況に置かれたとしても、日本がそれに対して安易に手を差し伸べたら、日本が巻き込まれる可能性がある」、ということです。

くどいようですが、外交とは「国益の最大化の手段」に過ぎません。日本が韓国を助けることが日本の国益を害するのなら、日本としては韓国から距離を置くことが正解なのだ、という、ごく当たり前のことを申し上げているつもりです。

では、「韓国が困難な状況に置かれている」とは、どういうことでしょうか?

端的に言えば、韓国が北朝鮮にあまりにも近寄り過ぎたことで、米国からも中国からも日本からも孤立している、という状況でしょう。それは、ある意味で韓国自身の自業自得ですが、ここで韓国を助けたところで、韓国が改心して米国や日本との関係を大切にするようになるかと言えば、そうとも思えません。

2017年5月に成立した文在寅(ぶん・ざいいん)政権は、発足以来、常に北朝鮮との国交改善を図って来ました。たとえば、同年7月にはベルリンで文在寅大統領自身が北朝鮮に赤十字会談などの対話を呼びかけましたし(北朝鮮側はこれを無視)、そのことで早速、米国などの不興を買いました。

北朝鮮に対する擦り寄りはその後も続き、今年1月には初の南北高官級協議が実現。そこからとんとん拍子に南北関係の改善が続き、2月の平昌(へいしょう)冬季五輪への北朝鮮代表団派遣、3月の高官級協議を経て、4月27日には板門店で南北首脳会談が開かれています。

さらには、9月には文在寅氏自身が北朝鮮の首都・平壌(へいじょう)を訪問し、北の独裁者・金正恩(きん・しょうおん)との3回目の南北首脳会談を実施することが予定されています(『何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚』参照)。

何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚

韓国側が勝手に武装解除

こうした中、先週までに、韓国が北に対して「勝手に武装解除」しているという報道が相次いでいます。

まず、先週の『AFPBBニュース』(日本語版)の報道によれば、南北朝鮮は軍事境界線上に沿って設けられている見張所の一部を撤収することで合意したとされています。南北、非武装地帯の見張り所一部撤収で合意 韓国国防相発表(2018年8月21日 17:51付 AFPBBニュースより)

AFPBBニュースはこれについて、「南北の急速な雪解けムードを反映したものとみられる」としていますが、「雪解け」というよりは「韓国側の北朝鮮に対する一方的武装解除」という気がしてなりません。実際、北朝鮮が突発的に南侵するリスクは韓国が突発的に北侵するリスクよりも高いからです。

韓国が米国の了解なく北朝鮮に軍事侵攻することは極めて困難ですが、北朝鮮は突如として韓国に対して攻撃をする可能性はあります。実際、2010年11月に、対岸の韓国領・延坪島を突如として砲撃した過去もあります。

それだけではありません。こうした物理的な武装解除に加え、韓国政府は「精神的にも」武装解除を進めています。

「北は敵」の文言削除検討 18年版国防白書=韓国(2018/08/22 08:42付 聯合ニュースより)

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の報道によれば、韓国政府が2年ごとに発刊する「国防白書」から、「北の政権と北の軍はわれわれの敵」との文言を削除することを、「積極的に検討」しているのだそうです。複数の韓国政府高官が22日、聯合ニュースに対して明らかにしたそうです。

一般に「白書」といえば、その国の政府の公式見解を示す文書ですが、この聯合ニュースの報道が事実ならば、韓国は北朝鮮に対し、精神的・心理的にも武装解除をしようとしている、と断言して間違いないでしょう。

韓国社会がフニャフニャだからこうなる

どうしてこうなったのか――。考えてみれば、不思議です。

どんな国でも、自力で独立を達成した国であれば、最低限、国家の目的が「軍事的安全と経済的発展の確保」にあると知っています。合理的に考えたら、韓国の「軍事的安全」に資する国は米国、「経済的発展」に資する国は日本であり、日米両国と仲良くするのが韓国の最善の道です。

それなのに、韓国は日本を敵視し、米国との同盟をないがしろにしながら、中国に近寄ったり(金泳三、李明博、朴槿恵の各政権)、北朝鮮に近寄ったり(金大中、盧武鉉、文在寅の各政権)という違いはありますが、民政移管後はひたすら、日米を裏切り続けて来たことは間違いありません。

これについては、私自身、正直よくわかりません。

しかし、敢えて言えば、韓国が強烈な「反日」を国家的なアイデンティティにしていることは間違いなく、かつ、米国が日本と同盟国であるため、「敵の味方は敵」とばかりに、米国も同時に敵視してしまっていることが、今日の韓国社会の間違いなのだと思います。

繰り返しになりますが、私は韓国社会が更生し、日米と連携し、基本的価値と利益を共有する「海洋同盟国家」として、未来に向けてともに発展していける国であれば、今すぐにでも韓国との関係を改善すべきだと思います。

しかし、その前提条件が成り立っていない以上は、私たちの方から韓国に対し、関係改善を提案すべきでもありません。「今すぐ日韓断交」という極論を申し上げるつもりもありませんが、性急な「日韓関係改善」よりも、当面、韓国との関係については現状維持を目標に「マネージ」するのが正しいでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



破綻する南北朝鮮の戦略

トランプ大統領、ポンペオ氏に北朝鮮行きを禁止

さて、米国のドナルド・J・トランプ大統領といえば、自分の考え方を何でもかんでもツイッターに投稿してしまう人物です。そんなトランプ氏が、数日前、気になるツイートを発しています。

140文字を超える投稿ができないというツイッターの性質上、文章は3つのツイートにまたがっていますが、これらを合わせると、次のとおりです(カッコ内は私の文責による意訳)。

I have asked Secretary of State Mike Pompeo not to go to North Korea, at this time, because I feel we are not making sufficient progress with respect to the denuclearization of the Korean Peninsula. (私はマイク・ポンペオ国務長官に、現段階での北朝鮮行きを取りやめるよう求めた。朝鮮半島の非核化という点で重要な進展が見られないと感じたからだ。)

Additionally, because of our much tougher Trading stance with China, I do not believe they are helping with the process of denuclearization as they once were (despite the UN Sanctions which are in place). (これに加えて、現在のわが国が中国に貿易問題で強硬に出ている点を踏まえると、(国連の制裁にも関わらず)中国がかつてと比べて、北朝鮮に対して非核化を求めるという姿勢が期待できなくなっている。)

Secretary Pompeo looks forward to going to North Korea in the near future, most likely after our Trading relationship with China is resolved. In the meantime I would like to send my warmest regards and respect to Chairman Kim. I look forward to seeing him soon! (ポンペオ長官が近日中に北朝鮮に行きたがっているが、それは中国との貿易問題が解決したあとになるだろう。金委員長に対してはよろしくお伝えしたい。また彼に会えることを楽しみにしている。)

なるほど。これが良いか悪いかは別として、非常に合理的な戦略ですね。

米国としては北朝鮮に対し、「6月12日の首脳会談で共同声明文書に署名し、いったんは非核化の動きを北朝鮮に委ねる」という、きちんとしたプロセスを踏んだのに、北朝鮮がいつまで経ってもそれを履行しようとしないから、いったんは棚上げにする、ということでしょう。

また、少なくとも中国問題が片付くまでの間は北朝鮮との交渉は中断する、という話であり、北朝鮮としては非核化をチラつかせて米中両国で二股をかける、という戦略が封殺された格好です。

ついに経済制裁も現実味を帯びてきた

これと同時に、米国は韓国に対しても、「いい加減にしろ」と言い始めました。

米国務省、南北の連絡事務所設置に「制裁違反を検討」(2018/08/25 08:06付 東亜日報日本語版より)

昨日の韓国メディア『東亜日報』(日本語版)によれば、米国務省が韓国政府による開城への南北連絡事務所設置を巡り、「制裁違反の可能性」を「否定しなかった」と報じています。

東亜日報は、米国務省のヘザー・ナウアート報道官による現地時間23日の会見と、これに対する韓国大統領府関係者の反応を紹介することで

  • 米国側「南北関係の改善は北朝鮮の非核化よりも劣後すべきだ」
  • 韓国側「開城連絡事務所(の設置)は米国の承認を受けなければならない問題ではない」

という深刻なズレが発生していると指摘しています。

この東亜日報の報道を踏まえると、「韓国側が開城連絡事務所開設を強行すれば、米国が韓国に対するセカンダリー・サンクション(二次的制裁)を発動する可能性がある」、ということだと思います。

当ウェブサイトでは、韓国に対するセカンダリー・サンクションについては、すでに『韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた』のなかでその可能性があると指摘しているのですが、ようやく、韓国メディアも当ウェブサイトに追いついてきた、といったところでしょうか。

韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた

日本はどうすべきなのか?

さて、ここから先はあくまでも「仮定の議論」ですが、米国が韓国にセカンダリー・サンクションを発動した場合、日本はどうすれば良いのでしょうか?

これに対する答えは決まっています。

日本は日本として、最大限、日本の国益を最大化するように行動する

です。

とくに、米国が韓国に対する何らかの経済制裁を発動したならば、日本としても、竹島不法占拠問題、慰安婦捏造問題など、韓国に対する積もり積もった不法行為への制裁を含め、制裁措置を発動することが、心理的にも容易になるでしょう。

たとえば、今年の秋に文在寅大統領の訪日が予定されており、その際、1998年の小渕恵三首相、金大中大統領(※いずれも肩書きは当時)による「日韓共同宣言」の上書き保存も予定されているようです(『文在寅氏の来日を「普通の隣国関係」の契機にするなら歓迎』参照)。

文在寅氏の来日を「普通の隣国関係」の契機にするなら歓迎

この文在寅氏の訪日を、「制裁の一環」としてキャンセルしてしまう、というのも1つのやり方かもしれません。とくに、日本は北朝鮮との間で、核問題だけでなく、日本人拉致問題という、深刻な人権問題を抱えている状況にあります。

北朝鮮が拉致問題を「解決済み」だと居直っている状況の中で、韓国までもが北朝鮮を利するようなことをしているのであれば、韓国も間接的に、「日本人拉致問題の解決」を阻んでいるのと同じことであり、その意味で、韓国は日本にとって、北朝鮮と同類です。

日本にとっては、核開発問題に加え、日本人拉致問題の完全な解決が図られない限り、北朝鮮にビタ1文たりともカネを払うべきではありませんし、むしろさっさと日本国憲法を改正し、日本軍を北朝鮮に送り込んで金正恩を拘束し、強制的に拉致問題を査察できる体制を作る方が確実かつ安上がりです。

「日本は日本の国益を追求すべし」。

このごく当たり前のことを、日本国民には広く共有して欲しいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/11/21 06:00 【時事|韓国崩壊|金融
    慰安婦財団は今週解散?合意破棄なら日本政府は経済制裁せよ (4コメント)
  • 2018/11/20 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】聯合ニュース「今週中に慰安婦財団解散」と報道
  • 2018/11/20 13:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団と国連強制失踪委 もう「厳重抗議」段階ではない (31コメント)
  • 2018/11/20 10:45 【時事|経済全般
    カルロス・ゴーン氏の逮捕容疑「有報の虚偽記載」とは? (9コメント)
  • 2018/11/20 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が直面しているのは「奇跡的な機会」でなく「滅亡の危機」 (22コメント)
  • 2018/11/20 05:00 【時事|外交
    安倍総理が中韓に「言及しなかったこと」自体がメッセージだ (2コメント)
  • 2018/11/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓商工会議所の会談延期報道の真相:これぞ日韓新時代か? (16コメント)
  • 2018/11/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国ザマ見ろ」ではない、日本への打撃も覚悟の日韓断交論 (35コメント)
  • 2018/11/19 05:00 【マスメディア論|時事
    日テレ『イッテQ』捏造事件巡る、説得力のある朝日新聞社説 (32コメント)
  • 2018/11/18 12:00 【雑感オピニオン|過去ブログ
    「人間、いくつになっても努力は必要」。7年目の振り返り (9コメント)
  • 2018/11/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    「請求権消滅せず」?なら日本こそ韓国に請求権を行使しよう (18コメント)
  • 2018/11/17 12:00 【時事|国内政治
    改憲ももちろん大事だが、むしろ本丸の1つはマスコミ改革? (31コメント)
  • 2018/11/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    もし本当に韓国政府が今月中に「慰安婦財団」を解散したら? (27コメント)
  • 2018/11/16 22:15 【時事|韓国崩壊
    【予告編】「韓国政府が今月中に慰安婦財団解散」報道の真偽 (6コメント)
  • 2018/11/16 16:00 【マスメディア論|時事
    植村元記者の会見の感想とは「言論を訴訟に持ち込む愚劣さ」 (5コメント)
  • 2018/11/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    ダム、徴用工、日本企業撤退:国として終わりかけている韓国 (17コメント)
  • 2018/11/16 10:00 【時事|外交
    北方領土問題、最終的に時間が日本に味方する (32コメント)
  • 2018/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部の「徴用工判決に対する立場表明」の意味を考える (20コメント)
  • 2018/11/15 21:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国外交部が「強制徴用賠償判決」に対する立場表明 (15コメント)
  • 2018/11/15 16:15 【韓国崩壊
    【FAQ】どうして当ウェブサイトで人名を日本語読みするのか (24コメント)
  • 2018/11/15 14:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸輸出制限はおそらく事実 ではそれが意味するものは? (34コメント)
  • 2018/11/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    河野大臣の「ダメ出し」に怖気づく韓国 慰安婦財団解散は? (17コメント)
  • 2018/11/15 08:00 【雑感オピニオン
    「本当の民主主義社会」実現に向けて ウェブ評論サイトの流儀 (6コメント)
  • 2018/11/15 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    徴用工判決:日本共産党は日本への内政干渉を直ちにやめよ (7コメント)
  • 2018/11/14 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、今さら「徴用工静かに対応」 北朝鮮との共闘も? (44コメント)
  • 2018/11/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    現実に評論が追い付かない!米韓関係と日韓関係崩壊が加速? (12コメント)
  • 2018/11/14 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる (46コメント)
  • 2018/11/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮に呑まれる韓国:本気で日韓の往来制限も検討すべき? (9コメント)
  • 2018/11/13 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会は「戦犯企業資産没収法」でも作るつもりだろうか? (21コメント)
  • 2018/11/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    「山吹色のお菓子」?韓国への二次的制裁を真剣に検討すべき (6コメント)
  • 2018/11/13 08:00 【金融
    どうして「日本国債はデフォルトしない」のか、改めて考える (40コメント)
  • 2018/11/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    ルール守らぬ韓国の無法も国際問題化に成功すれば日本の勝利 (13コメント)
  • 2018/11/12 15:45 【時事|韓国崩壊
    韓国は徴用工判決で自滅へ 新日鉄住金の門前払いを支持する (27コメント)
  • 2018/11/12 11:45 【時事|雑感オピニオン
    原爆投下、越えてはならない一線を越えるのはいかがなものか (18コメント)
  • 2018/11/12 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対するセカンダリー制裁はすでに始まっているのでは? (21コメント)
  • 2018/11/12 05:00 【マスメディア論|時事|政治
    後を絶たないマスコミ不祥事 捏造防ぐ特効薬は放送自由化 (22コメント)
  • 2018/11/11 11:11 【時事|金融
    「国民1人当たり878万円の借金になる」?なりません。 (15コメント)
  • 2018/11/11 05:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国へのフッ酸禁輸報道は北朝鮮核開発の関係があるのか? (16コメント)
  • 2018/11/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係はここが踏ん張りどころ 安易な妥協論を排除せよ (38コメント)
  • 2018/11/10 05:00 【韓国崩壊
    キレる、逃げる、責任転嫁 実体験に基づく韓国の傾向と対策 (17コメント)
  • 2018/11/09 17:00 【時事
    【速報】慰安婦問題・植村元記者の「捏造」主張を地裁が却下 (16コメント)
  • 2018/11/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸報道の真偽 資本財輸出を止めれば韓国産業壊滅も (40コメント)
  • 2018/11/09 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    中央日報『日商会頭「日韓関係早急な正常化を」』報道の真偽 (12コメント)
  • 2018/11/09 05:00 【マスメディア論
    新聞社の苦境は事実だが、まだウェブ評論では生きていけない (6コメント)
  • 2018/11/08 14:30 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国が南北鉄道連結事業着工を強行したら米国はどう動くのか (12コメント)
  • 2018/11/08 11:30 【時事|韓国崩壊
    逃げ腰で反論を試みる韓国首相と冷ややかに突き放す日本政府 (30コメント)
  • 2018/11/08 08:00 【時事|韓国崩壊|国内政治
    安易な日韓断交論は不適切にしても、日本が変わることは必要 (10コメント)
  • 2018/11/08 05:00 【マスメディア論
    赤坂の不動産屋さん、趣味の放送事業が遂に赤字転落 (13コメント)
  • 2018/11/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    都合悪いと相手を批判?徴用工判決巡り韓国大統領府が初反応 (32コメント)
  • 2018/11/07 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決と日本人拉致事件の共通点:最終的に制裁が必要 (14コメント)
  • 2018/11/07 05:00 【時事|経済全般
    国際ルール守らぬ中国に米国が対決姿勢 日中接近は慎重に (12コメント)
  • 2018/11/06 15:00 【時事|韓国崩壊
    「ICJ提訴」はそれほど過激な選択肢でなく、むしろ不十分 (14コメント)
  • 2018/11/06 11:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】産経ニュース「日本政府が韓国政府をICJ提訴」 (9コメント)
  • 2018/11/06 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決 日本政府は遅くとも今月末に「次のステップ」へ? (13コメント)
  • 2018/11/06 05:00 【雑感オピニオン
    改めて「国民の敵」とその対処法について考えてみる (15コメント)
  • 2018/11/05 10:30 【時事|韓国崩壊
    駐日大使らが「韓日双方が努力すべき」、そんな認識で大丈夫? (28コメント)
  • 2018/11/05 08:00 【時事|国内政治
    なぜ今、改憲を持ち出すのか?それは改憲阻止勢力が負けたから (4コメント)
  • 2018/11/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅大統領が破滅させるのは日韓関係ではなく韓国そのもの (24コメント)
  • 2018/11/04 08:00 【RMB|時事|金融
    通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する (19コメント)
  • 2018/11/04 05:00 【マスメディア論
    「国民の敵」としてのNHK いったい何が問題なのか? (12コメント)
  • 2018/11/03 08:00 【マスメディア論
    YouTuberがテレビを滅ぼす?ぜひ滅ぼして下さい (14コメント)
  • 2018/11/03 05:00 【韓国崩壊|外交
    「朝鮮半島の8つのシナリオ」赤化統一の確率が40%に! (19コメント)
  • 2018/11/02 17:00 【時事
    河野外相の100%発言を100%支持する (22コメント)
  • 2018/11/02 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工も慰安婦も韓国の問題 日本は一歩も譲歩する必要なし (59コメント)
  • 2018/11/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「ツートラック外交」追求のうちに米韓同盟は破綻へ? (26コメント)
  • 2018/11/02 05:00 【マスメディア論
    改めて当ウェブサイトの姿勢を説明し、活動内容を紹介します (12コメント)
  • 2018/11/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    マネージの本当の意味は、「日韓関係の秩序ある破綻処理」? (27コメント)
  • 2018/11/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    「債権差押」爆弾は日本企業撤退招く?徴用工巡る韓国式思考 (25コメント)
  • 2018/11/01 05:00 【雑感オピニオン
    何と月間PVが70万件に!保守系言論サイトの話題あれこれ (9コメント)
  • 2018/10/31 10:45 【時事|韓国崩壊
    事態収拾責任は韓国政府にあり 徴用工判決巡るメディアの反応 (37コメント)
  • 2018/10/31 08:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決「毅然たる措置」ビザ厳格化と外為法金融制裁は? (16コメント)
  • 2018/10/31 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    日中スワップと日印スワップ、性質も目的もまったくの別物 (6コメント)
  • 2018/10/30 15:20 【時事|韓国崩壊
    越えてはならない一線越えた韓国司法、日韓関係への影響必至 (50コメント)
  • 2018/10/30 14:25 【時事
    【速報】徴用工訴訟で日本企業の敗訴が確定 (9コメント)
  • 2018/10/30 11:30 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決を前に:「約束」の意味を理解しない韓国人記者 (7コメント)
  • 2018/10/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    いよいよ本日2時に徴用工判決:日韓関係は破綻するのか? (7コメント)
  • 2018/10/30 05:00 【時事|外交
    日中外交:テーブル上で握手し、テーブル下で足を蹴る関係へ (7コメント)
  • 2018/10/29 12:30 【時事|韓国崩壊
    日本が「米中二股外交」で失敗したことにしたい韓国メディア (4コメント)
  • 2018/10/29 10:00 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイが新潟市長選で大恥さらすも自民党は慢心するな (3コメント)
  • 2018/10/29 08:00 【時事|国内政治
    安倍総理の訪中を巡って、ツイッター上で右と左が大ゲンカ? (7コメント)
  • 2018/10/29 05:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【重要】お詫び:ユーザー登録機能の重要な機能の中止について (4コメント)
  • 2018/10/28 08:00 【時事|韓国崩壊
    混乱する日韓関係、ついに徴用工訴訟「介入疑惑」で逮捕者出現 (17コメント)
  • 2018/10/28 07:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ユーザー登録の手動修正につきまして (3コメント)
  • 2018/10/28 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係破綻が避けられないなら日本は米国と足並み揃えるべき (10コメント)
  • 2018/10/27 08:00 【日韓スワップ|時事|金融
    「日韓スワップ再開の可能性が高まった」?不思議な思考回路 (9コメント)
  • 2018/10/27 05:00 【雑感オピニオン
    月間PV数が50万件に到達 皆様に改めて御礼申し上げます (6コメント)
  • 2018/10/26 21:30 【RMB|時事|金融
    【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった! (7コメント)
  • 2018/10/26 12:00 【時事|金融
    安倍総理歓待する中国の気持ち悪さと日中スワップ巡る誤解 (7コメント)
  • 2018/10/26 08:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ついにユーザー登録ができるようになりました! (16コメント)
  • 2018/10/26 05:00 【韓国崩壊
    「日韓関係破綻の危機が迫っている」という現実に備えるべき (19コメント)
  • 2018/10/25 10:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える (14コメント)
  • 2018/10/25 08:00 【時事|経済全般
    読売新聞、歴代経団連会長がIT弱者だった疑いを報じてしまう (15コメント)
  • 2018/10/25 05:00 【時事|外交
    日中関係改善という幻想 日本に必要なのは是々非々の姿勢 (7コメント)
  • 2018/10/24 13:00 【時事|国内政治
    玉木雄一郎氏が「野党再編の主役」?間違ってもそれはない
  • 2018/10/24 08:00 【マスメディア論|時事
    臨時国会開幕 マスコミのプロパガンダが効かなくなってきた (6コメント)
  • 2018/10/24 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる (4コメント)
  • 2018/10/23 12:30 【日韓スワップ|時事
    韓銀総裁が日韓スワップ待望?まず約束守れ、話はそれからだ (44コメント)
  • 2018/10/23 10:00 【政治
    「国民の敵」日本共産党がついに「もりかけ問題」で本心露呈 (7コメント)
  • 2018/10/23 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決で大使一時帰国か 日韓新共同宣言無期限延期も? (7コメント)
  • 2018/10/23 05:00 【雑感オピニオン
    愛国、国益、国民の敵とは?ネット排外主義者は愛国者に非ず (16コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。