【夕刊】新手の「媚韓論」を警戒せよ

「媚韓論」も新たなフェーズに入りました。一見するとバランスが取れているものの、さりげなく議論を換骨奪胎し、最後は日本を貶める方向に持って行くという議論が出てきたのです。

新手の媚韓論

本日2本目の配信は、この話題です。

新手の「媚韓論」を発見しました。非常に危険な意見です。

安倍首相は訪韓で、あえて元慰安婦の方々と面会してはどうか(2018.1.30付 ダイヤモンドオンラインより)

記事を執筆したのは立命館大学の上久保誠人教授です。

ダイヤモンドのプロフィール欄によれば、次のような記載があります。

上久保誠人のクリティカル・アナリティクス

国際関係、国内政治で起きているさまざまな出来事を、通説に捉われず批判的思考を持ち、人間の合理的行動や、その背景の歴史、文化、構造、慣習などさまざまな枠組を使い分析する。

しかし、結論的に言えば、同氏の今回の議論には色々と重要な前提が欠落しており、とんでもない結論が導かれているものです。

根底にあるのは根本的な誤解

無駄に長い記事の主題は「媚韓論」

リンク先の記事は全部で7ページあり、小見出しが5つついています。

  • ムチャクチャと言うしかない文大統領の日韓合意「新方針」
  • 「日本を孤立させようとする動き」に絶対に乗ってはいけない
  • 首相は「保守の矜持」で元慰安婦に直接「過去の不幸な歴史に心が痛む」と伝えるべき
  • 過去について余計な反論をせず現代日本の「女性の人権尊重」アピールを
  • 世界的に知名度が高い安倍首相が行動することの意義

上久保氏は記事の冒頭で、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領が打ち出した「慰安婦合意巡る新方針」を「ムチャクチャと言うしかない」と批判。こうした「新方針」に日本国内で猛反発が広がっていることに理解を示しつつも、

それでもなお、首相はリスクを取って訪韓すべきだと主張したい。

と述べます。

なぜでしょうか?

その理由は、「日本を孤立しようとする動きに絶対に乗ってはいけない」から、なのだそうです。

上久保氏は国際アナリストの北野幸伯氏のメルマガ『あえて言おう。安倍総理の韓国・五輪出席は「戦略的」に正しいと』を引用したうえで、中国の対日戦略が「日本を孤立させようとすること」にあると主張。

端的に言えば、北朝鮮の核・ミサイル開発問題について、日本が「除け者」になるリスクがあるので、これを避けるために、リスクを取って訪韓すべきだ、結論になるようです。

(なお、北野幸伯氏の議論については本稿では触れません。興味があれば同氏のメルマガを読んで下さい。ここでは、「上久保氏に議論を都合よく引用された北野幸伯氏からすれば、迷惑この上ない話かもしれない」とだけ申し上げておきたいと思います。)

大前提が見えていなければ結論を誤る

実際、私は安倍総理が今回、訪韓する最大の目的は、慰安婦合意云々ではなく、北朝鮮の核開発問題と米韓同盟の先行きそのものについて議論することにあると考えています。

これについては明日掲載を予定している『日本を敵視しているうちに米韓同盟は消滅へ(仮題)』(※リンクは明日つながる予定です)という論考の中できちんと議論したいと思いますが、前提条件を踏まえておかなければ、上久保氏のように、結論を誤ってしまいます。

上久保氏は、安倍総理が訪韓した際に元慰安婦らに直接会い、謝罪する必要はないものの、天皇陛下のお言葉を参考にして

過去、日本と韓国の間に、不幸な歴史があったことに、心が痛みます

などとメッセージを伝えるべきだと主張します。

上久保氏に言わせれば、これは謝罪ではないし、「『不幸な歴史』だったということくらい、認めても良いのではないか」、という主張ですが、これはとんでもない話です。

このメッセージだけ、シンプルに元慰安婦の方々に直接話し、世界中に発信するのだ。日本は「河野談話」を出した。安倍首相が謝罪のメッセージも出した。10億円の基金も拠出した。元慰安婦の支援事業も行うことを決めた。では、なにが足りないかといえば、感情の部分だ。それを埋めるために、首相が過去の歴史に対して「心を痛めている」ということを直接示すのだ。

いえいえ。

それをやれば、安倍総理自身が、2015年12月の「日韓慰安婦合意」を根底から覆すことになります。

いかなる言葉であれ、安倍総理が元慰安婦らに直接会った時点で、韓国政府はこれを「慰安婦合意に対する追加措置」として、全世界に喧伝するでしょう。

さらに、上久保氏が敢えて無視している事実があります。

それは、そもそも慰安婦問題自体が朝日新聞社による捏造である、という事実です。

捏造された問題で謝罪すること自体、明らかに間違っている話であり、私はその観点から安倍総理と2015年12月の慰安婦合意を批判し続けて来ましたし、あの合意は安倍政権の致命的な判断ミスだったと今でも考えています。

ただし、この点については、明日掲載予定の『日本を敵視しているうちに米韓同盟は消滅へ(仮題)』などでも議論したいと思います。

韓国は慰安婦問題を解決させたくない

それから、韓国自身が慰安婦問題を解決させたがっていないという事実についても、上久保氏は無視しています。

日本には、従軍慰安婦問題について世界中が誤解していると言う人が少なくない。だが一方で、韓国が「日韓合意」という国家間の公式な合意を反故にしてまで「感情の問題」とし続けることに、世界的な理解があるわけでもないのだ。この「韓国の感情」を別にして、世界から見れば、二国間の合意があり、日本が10億円を拠出し、安倍首相が元慰安婦に直接面会すれば、過去の問題は解決だというのが常識だろう。」(下線部は引用者による加工)

いえいえ。

そうおっしゃるならば、上久保氏自身、全世界に行って、「慰安婦問題は解決済みなんだよ!」と宣伝して行ってくださいよ。

韓国は2015年12月の日韓慰安婦合意以降も、慰安婦問題を全世界に広めることをやめていません。要するに、韓国にとっては慰安婦問題は数少ない「日本に対して道徳的優位に立てる問題」なのです。

慰安婦問題が解決して困るのは韓国であり、その意味で、韓国は慰安婦問題は解決させたくないのです。

つまり、「慰安婦問題は韓国政府と韓国国民が日本人の名誉と尊厳を傷つけるために日本に対して仕掛けて来ている歴史プロパガンダ」なのです。

では、何をすれば慰安婦問題が完全に解決したと言えるのでしょうか?

それは簡単。韓国がこれ以上、日本に対してウソの罪を擦り付けることをやめることです。

韓国国民と韓国政府が加害者として、日本に対して真摯に謝罪し、全世界で日本人の名誉を回復すれば、それによって慰安婦問題が解決されたことになります。

しかし、韓国にそのようなことは期待できません。

よって、私は日本国民が、韓国という国自体が名実ともに日本の敵対国であるという事実をきちんと認識し、国を挙げて韓国のウソと戦うという決意を示すことが必要だと考えているのです。

無能な味方は有能な敵よりも脅威!

さて、現在の日本が韓国を敵に回すだけの余裕がないという点については、まったくその通りです。

たとえば、6万人に達すると考えられる在韓邦人の身の安全を確保するためには、日韓安保対話が必須ですし、朝鮮半島有事の際には米国、日本、豪州、英国などの海洋同盟諸国にとって、韓国が軍事協力に応じないことは厄介です。

しかし、それと同時に強く申し上げたいことがあります。それは、

無能な味方は有能な敵よりも脅威である

という事実です。

そのことを、私は何度でも繰り返し、強く申し上げたいと思うのです。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    < 本日も恒例の夕刊発信ありがとうございます(最近夕刊早いですね)。
    < 媚韓論—なぜ韓国に媚びる必要があるのだろう?何か日本が不行き届きで相手を不機嫌にする理由があるのだろうか? 媚米論などないし、媚台論もないし、その他友好国には付かない文字。媚びがつくのは韓国と中華か。もう基本条約、友好条約結んで50年前後経つが、やはりホンネ敵国はカードにして置いておきたいのか?それをまた訳知り顔で『対処法として、少し日本も寄ってあげたら、聞いてあげたらどうですか』なんてのが、【無能な味方>敵】なんですな。
    < 上久保誠人 立命館大学教授はズバリ(というほどでもないが)無能な味方。学校で何を教えているか知らないが、地方出身の多い立命館で邪な論を教えているんだろう(因みに立命館の近畿地区出身者は47.8%に過ぎない。半分以上が他地方出身。同志社は近畿が63.5%、関西大75.0%、関西学院76.0%、関東なら慶応義塾の関東出身者が77.9%、早稲田77.5%、立教85.1%、明治77.5%、上智80.0%。つまり関東関西とも私大は地元出身者が殆どなんです。国立もほぼ同じ傾向。*出所は各大学のHPより。どうでもいい関係のない話、すみません)。
    < 上久保氏は「日本を孤立させようとする動きに絶対乗ってはいけない」そうですが、私は逆にドンドン友好国が増えていると見ています。また北野幸伯氏の言質を利用して『韓国五輪出席は正しい』と述べてます。日本が除け者になる?何を見て上久保教授はそう言うのか。訳わかりません。更に安倍首相が慰安婦婆に「会って一言不幸な歴史があったこと、心が痛みますとメッセージだせ」とも。
    < これは追加の謝罪でしょ。慰安婦問題にもう何も足りないものはない。『感情』は、朝鮮人の得意とするところ。卑怯千万なやり口。打つ手が無くなったら、必ず『感情』で来る。埋める必要はないです。「心を痛めている」のは今や、日本人だ。吉田と言う一文筆家の書いたことを我が意を得たりとキャンペーンを張った朝日新聞と、それを突きまくる韓国に罪がある。
    < 韓国は「慰安婦合意」を合意解決したくないのだ。安倍首相は文大統領に2月9日に会っても、「合意履行」を求めるだけ。「早よせい!」と。話の蒸し返し、追加措置は許さない。むしろ会うのは有事が迫っている為、6万人の邦人保護、25万人の米国人始め加、豪、印、台、尼、比などの民間人の救出問題である。日本機、日本船、自衛隊の救出部隊を上陸させろと。五輪など正直いってどうでもいい、2か国でしてろ、です。
    < こういう媚韓論を言い出す教授が出てくるのは、この作られた『デッチ上げ歴史問題』が長引いているため。もう今回の訪韓で文の合意追加措置ナシに対して、返事がノーでもイミフでも、 韓国から国同士の合意を踏みにじった事になる。大いにその時は世界へ喧伝しましょう。おっと、日米韓の枠組みも日米になる。最前線が対馬、日本海になるが、返って清々しいわ。
    < 失礼しました。

  2. もう生理的にムリ より:

    読む価値もない低レベル記事でしょう(すみませんが時代遅れの内容の無い戯言を7ページも読むのは時間の無駄なので読んでません)
    昔から南朝鮮は自分が不利になるとどっちもどっち論に持っていきます
    また特亜の常套句は日本が世界からまたはアジアから孤立する、です
    更にはこれ位なら譲歩してあげれば南朝鮮も満足する・メンツが立つなどの擦り寄っての騙しです
    それぞれ例で言えば、
    南朝鮮の反日が周知されてくると日本にも嫌韓が酷いじゃないかと両成敗の方向に、更には嫌韓が差別だ論にまで
    AIIBで散々バスに乗り遅れる、日本は孤立すると騒ぎ、民間出資も可能なのに加入を絶賛推進したマスゴミが出資した話など聞いた事もない
    譲歩の例は言うまでもない河野談話です、これが日本と日本人にどれだけの被害と苦痛を与えた事か
    この一件だけでも南朝鮮を五万回くらいは殲滅し尽くさないと収まらない程です
    特亜の主張やそれに阿る売国奴の主張はほぼこれ等の換骨奪胎であり、正直その芸の無さに食傷気味ですらあります
    恐らくこの人は人材枯渇が激しいヒダリか朝鮮系が新しく取り込んだか金払った新人wなのでしょうが、概要を見る限りあまり朝鮮事情や情勢などに詳しくないようですね
    こんなレベルでは今の鍛え抜かれた朝鮮ウオッチャーからは鼻で笑われて終わりでしょう
    まぁ問題は朝鮮の実態を知らない日本人が一定数騙される点ですし、マスゴミ側ももう狙いはそこにしかないのは分かっているのですが
    しかし、どうにかしてこういう馬鹿や売国奴を公開の論争に引き込めませんかね、中身のない薄っぺらな主張ですぐ正体がバレるのですが
    まぁばれても火病(本当は微妙に誤用ですが)して喚いて終わるだけなのはわかってますが
    ついでに冷静に論理的に主張できる保守も少ないですね、ここ十年くらいで百年程度先までの日本の未来が決まると思います、まだ暫くは私も生きていると思うのでなんとか踏ん張って欲しいな

  3. むるむる より:

    恐らく今まで使って来た日本が悪い論が視聴者や読者に売れなくなったので内容を韓国に批判的にしつつも日本にとって韓国は切り捨てれない戦略的なカードなんだよってすり替えたいんでしょ。
    韓国に批判的であれば内容すり替えても売れると考えている時点で浅はかな事です。
    (てかプロフィールの批判的に見続けるって何だよ、NO以外考える事も判断することもできないのに自分の記事を読んでもらおうとするな)

    はっきり言って韓国を思い切りよく切り捨てれないのは米国であって日本ではありません。
    つーか邪魔、あの国がいなければレッドチームに囲まれた日本人は嫌でも安全保障環境の厳しさを痛感して憲法改正と国防軍の創設、軍事的にも米国と対等な交渉ができプラスでしょう。
    ツー訳でさっさと名実ともにレッドチームに入れよ韓国。

    あー憧れのフランスみたいにコミュニストを憲法で禁止して独房や断頭台の上に立たせてやりたいなぁ。
    (Hoi4って言うゲームの話であって現実世界の事じゃないから安心してね(白眼))

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。