トルコに続き、南米・ベネズエラでも通貨危機です。ただ、ベネズエラの場合はもはや経済が崩壊状態にあるとのこと。このような議論が出てくると、必ず、「日本も今のように紙幣を刷りまくっているとすぐにハイパー・インフレになる」、といった現実を見ない暴論が出てくる気がするのですが、その前に、まずは現実に通貨危機について正しく学ぶ必要があります。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

南米・ベネズエラの危機

WSJ、「ベネズエラ経済が崩壊」

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日本時間の昨日、経済が実質的に崩壊状態にあるベネズエラから近隣諸国への難民が問題化していると報じています。

Venezuelan Crisis Escalates as President’s Economic Plans Fuel Tensions(米国夏時間2018/08/19(日) 20:01付=日本時間2018/08/20(月) 09:01付 WSJより)

これがもう壮絶な状況です。

リンク先のWSJ記事は英語版であり、かつ、契約をしていないと全文を読むことができないため、全文の引用は控えますが、簡単に要点を紹介すると、次のとおりです。

  • ニコラス・マドゥーロ大統領は経済崩壊への対策として、最低賃金の大幅な引き上げ、新税の導入、通貨のデノミなどを検討しているが、事業者らからは経済の麻痺と難民流出が加速する恐れがあると警告を発している
  • 国連の推計では2014年以降の難民は230万人にも達すると見られている
  • ブラジルでは国内の治安維持などを目的に120人の兵士が国境付近で哨戒に当たる一方、エクアドルではベネズエラからの入国者にパスポートを徴求し始めた
  • ペルーでは銀行強盗を計画したとして5人のベネズエラ人が拘束されている
  • なかでもコロンビアは100万人ていどのベネズエラ人を受け入れており、米海軍の病院船に支援を要請している

…。

これこそまさに、経済の崩壊状態と呼ぶのに相応しいでしょう。

長引く停電により原油の生産も滞り、原油に依存したベネズエラ経済は深刻な打撃を受け、ベネズエラの通貨「ボリバル・フェルテ」(VEF)は1ドル=10ボリバル程度(公式レート)だったものが、今年の2月7日に、突如1ドル=24987ボリバルに急落しています(図表)。

図表 公式為替相場
日付 1ドルあたり 比較
2018/02/06 10.0643
2018/02/07 24987.4963 +248179%
2018/07/27 119850.0001 +380%
2018/08/17 248509.0002 +107%

(【出所】『マーケット・ウォッチ』より著者作成)

しかし、WSJの記事によれば、「ブラック・マーケット」で成立している闇相場は1ドル=500万ボリバルを超える通貨安であり、年率インフレ率は優に1000%を超えている状態にあるとされています。

では、なぜベネズエラ経済はここまでの状態になってしまったのでしょうか?

独裁政権による政権運営の失敗

これについては、金融面と政治面の両面から見てあげる必要があります。まずは外務省のウェブサイトなどを参考にしつつ、チャベス政権から続く「21世紀型の社会主義」の失敗を概観しておきましょう。

もともとベネズエラは民主的な二大政党制が継続して来ましたが、国内の貧困層に対する有効な対策を取らなかっただけでなく、政治、司法の私物化、汚職などへの貧困層の不満が高まり、クーデター未遂事件を経て、ウゴ・チャベスが大統領に就任します。

チャベスは1999年に大統領に就任すると、「21世紀型の社会主義」と反米を掲げ、貧困層から圧倒的な支持を得ました。途中、2002年4月には政変が発生したほか、大規模なゼネストに直面するなどしたもの、ベネズエラ石油公社を掌握するなどし、権力基盤を固めます。

ただ、チャベスが癌のため、2013年3月に死去すると、腹心でチャベスから後継者として指名されていたマドゥード現大統領が2013年4月の大統領選を僅差で制し、結果的には「チャベス路線」が継続されることになりました。

その後、経済の極度の悪化に伴い治安も悪化するなど、情勢は非常に悪く、2015年12月の議会選では野党が3分の2議席を獲得し、翌2016年には年内の大統領罷免投票の実施を目指したものの、政権の意向を受けた全国選挙評議会がこれを妨害し、結局は大統領罷免投票は実現していません。

さらに、2017年5月には、マドゥーロ政権が一方的に「制憲議会」の招集を発表し、7月30日に「制憲議会議員選挙」を実施したものの、野党側がこの選挙をボイコット。さらに、今年5月には大統領選が行われ、全国選挙評議会はマドゥーロ大統領の再選を宣言したとのことです。

マドゥーロ大統領の任期は来年1月までであり、大統領選が行われた5月のタイミングでは、まだ任期は9ヵ月近く残っていた計算です。また、この外務省の記述を見ても、大統領選挙における不正投票の疑いはかなり濃厚です。

実際、この「大統領選」を受けて米国側も直ちに反応。次の産経ニュースによれば、ドナルド・J・トランプ米大統領はベネズエラ大統領選を「自由でも公正でもない」としたうえで、同国政府の債券、政府系企業の株式などを米国人が取引することを禁止する大統領令を出しています。

米、ベネズエラ制裁の大統領令 マドゥロ氏再選認めず 資金調達規制で石油部門への影響必至(2018.5.22 08:55付 産経ニュースより)

独裁政権が民主主義的な手続を嫌い、反対派を抑圧するのは、古今東西の共通点ですが、それにしてもベネズエラのケースは酷いと言わざるを得ません。本来は豊かなはずの産油国でありながら、どうしてここまで国をめちゃくちゃにしたのかと考えてみると、やはり他国のことながら、本当に残念でなりません。

典型的な「通貨の刷り過ぎ」

一方、貨幣現象から見ると、ベネズエラは典型的な「通貨の刷り過ぎによるハイパー・インフレ」を起こした国です。国際通貨基金(IMF)のデータによれば、ベネズエラの今年のインフレ率(予想値)は13860%(!)であり、その異常さがよくわかるでしょう。

現地・ベネズエラでは、すでに2年半前の時点で、厳しい食糧事情について解説した記事がありました。

You Can Print Bolivars, But Not Food(2016/02/12付 Caracas Chroniclesより)

「紙幣は印刷できても食品は印刷できない」、という意味でしょうか。記事の副題に

Venezuela’s dependence on imported food has grown enormously since 2008. What happens when you just can’t afford to keep buying food abroad?

とあります。意訳すれば「2008年以降、ベネズエラの食糧の海外依存度が急上昇していた/外国から食品が買えなくなるとどうなるか?」という意味ですが、記事の写真を見ると、スーパーの精肉コーナーと思しき場所で、空っぽのショーケースに

“NO HAY CARNE” (肉はありません)

と記載されているという、実にシュールなものです。要するに、紙幣を沢山刷ったところで、国内で生産できないモノを外国から買ってくることはできないのです。考えてみればわかりますが、ベネズエラの通貨・ボリバルは、ベネズエラ国外では通用しないという、典型的な「ソフト・カレンシー」です。

ベネズエラが外国から製品を買うためには、外貨が必要です。しかし、現在のベネズエラは、米国からの経済制裁により、ダイレクトにドル建て債券などを発行することはできず、石油生産に必要な資本財のみならず、人々が日常的に食べる食事すら事欠いている状況にあるのです。

このような状態で無計画に紙幣を刷ればどうなるでしょうか?

国内にあるモノが限られた状態でカネだけが増えれば、需要と供給のバランスに従い、片方(モノ)の価格が上昇し、もう片方(=カネ)の価格が暴落するのは当たり前です。ジンバブエや北朝鮮で貨幣経済が崩壊したのも、基本的な原理は同じと考えて良いでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



まさに理論どおり

基本的にトルコ・ショックとは無関係

さて、先日、『「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質』と『トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか?』という論考の中で、「トルコ・ショック」について簡単にコメントしました。

「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質

トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか?

ごく簡単に申し上げれば、トルコの通貨・リラが対ドルで急落した直接のきっかけは、あくまでもドナルド・トランプ大統領によるトルコに対する経済制裁にありますが、実は、トルコという国自体、エルドアン大統領の個性が強すぎるためでしょうか、中央銀行の独立が確保されておらず、もともと通貨は脆弱でした。

このため、「トランプ大統領が通貨安の原因」と見るのは正しくありません。あくまでも、「過大なインフレ状態にあるのに、必要な金融引締めをやらないトルコ中央銀行の無能さ」にあります。それが「トランプ・ショック」で表面化したに過ぎません。

ここで、「金融引締め」とは、何でしょうか?

ごく簡単にいえば、世の中のおカネの量を減らすことです。あるいは、おカネを借りるコスト(金利)を引き上げること(つまり「利上げ」)も、「金融引締め」のやり方の1つです。

現代社会では、中央銀行がおカネを発行しています。これはトルコでもアルゼンチンでも米国でも日本でもまったく同じです。そして、中央銀行はおカネの量を調節することで、インフレ率や失業率などをコントロールすることが可能です。

脆弱な国が狙い撃ちにされる

ベネズエラのケースを要約すれば、もともと、政府の汚職、司法の私物化などが激しく、貧困層対策も不十分だったところに、チャベスのような極端な「社会主義者」が出現し、企業を国有化するなどめちゃくちゃな経済政策をやって、経済が破綻寸前になっている、と考えれば良いでしょう。

一方、トルコの場合は、曲がりなりにも強力な指導力を持つエルドアンという指導者が出現し、一応、社会全体は安定しているものの、エルドアン大統領自身が金融政策を決定的に理解していないため、やがてベネズエラのような将来が待っていないとは限りません。

実は、すでに全世界の為替市場は市場経済原理に組み込まれており、経済合理性に反する政権が出現すれば、その国の通貨は徐々に信認を失っていきます。全世界のどの国も、この経済合理性という枷から逃れることはできません。

そして、通貨危機が発生する国には共通点があります。

まずは自国通貨が「ハード・カレンシー」ではなく、「ソフト・カレンシー」、つまりローカル通貨であること。日本のようなハード・カレンシー国の場合だと、通貨を刷れば外国からいくらでもモノを買ってくることができますが、ベネズエラやトルコの場合は、そういうわけにはいきません。

次に、基本的に需要過多・供給過少であること。これは、工業生産力、農業生産力などの「生産力」の合計が、その国が求めている「需要」を上回っている状態のことを指します。ベネズエラ、トルコはいずれもこの条件を満たしています。

さらに、政府が強権的であったり、腐敗していたりするなど、民主主義の運営に、何らかの問題を抱えていることです。民主主義国だと、経済合理性に反した政権は選挙で追放されますが、完全な形での民主主義が期待できない国だと、ベネズエラのように、独裁政権が居座ってしまうということが発生します。

もっとも、政権基盤が脆弱過ぎて、コロコロ政権が代わるイタリアのような国も、逆の意味でリスクは高いといえますが…。

次に危ない国は、インドネシア?アルゼンチン?

さて、私自身、この3つの要件に当てはまって、次に「危ない国」とは、ずばり、インドネシアだと考えています。インドネシア自体が貿易赤字国であること、通貨・ルピアがソフト・カレンシーであること、何よりジョコウィドド大統領が極端なポピュリストであり、国際的な約束を反故にすること――がその根拠です。

もちろん、同じ意味ではアルゼンチンもこの条件に当てはまる可能性もありますが、アルゼンチンの場合はすでにドル債のデフォルトを経験しており、また、「トルコ・ショック」の直後に緊急利上げを実施したという経緯もあるため、今すぐ新たな危機が発生するとは限りません。

ただ、貿易黒字国であったとしても、突発的な通貨危機に見舞われる可能性はあります。

まず、中国のように、貿易黒字国であれば、「ベネズエラ型の破綻」(つまり外国からモノが買えなくなるようなタイプの経済破綻)は考え辛いのですが、まったく別の形の危機、もっと具体的に言えば、人民元と米ドルの為替相場と国内の金融政策がリンクする形で経済運営に行き詰まるケースはあるでしょう。

また、韓国の場合も貿易黒字国ですが、同時に外貨での借入額が多く、また、外貨準備も下手すると8割がウソかもしれないため(『数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか?』参照)、ベネズエラ型の経済破綻は発生しなくても、突発的な通貨危機に晒されるリスクはあります。

(※なお、為替政策と金融政策のリンクについては、『トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか?』などですでに議論していますので、そちらをご参照ください。)

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



経済学を知らないで何を議論するのか?

さて、私自身は金融規制の専門家として、ごく小規模ながらもコンサルティング・ファームを営んでいます。ただ、日経新聞を筆頭に、世の中のメディアの金融報道を読んでいると、いつも苦々しい思いを禁じ得ないのも事実です。

はっきり申し上げて、経済学の基本知識がまったくない人たちが、「国の借金」だの「財政再建」だのと主張しているのは迷惑です。今回のベネズエラ・ショックを受けて、おそらく、「日本もおカネを刷り過ぎれば、いずれベネズエラのようなハイパー・インフレになる」とするトンデモ論を唱える人も出てくるかもしれません。

予め申し上げておくと、日本のように、世の中に出回るおカネの量が足りていない国の場合だと、日本銀行が積極的な量的緩和(QQE)を行い、資金(日銀当預)を増発し、それにより生じた余力をもって日本政府が大胆な財政政策を打てば、理論上はデフレから脱却できるはずです。

しかし、日本の問題点は、財政再建原理主義の財務省が「国の借金が多すぎる」というウソをばら撒いていることです。むしろ日本に必要な処方箋は「政府財政支出を拡大すること」ですが、これについては『「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな!』で解説しています。

「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな!

ただ、以前から私は、もう少し丁寧に、「資金循環統計」を使って「日本経済の全体像」を解説したいと考えて来ました。そこで、近いうちにもう1本、解説記事を執筆する予定です。どうかご期待ください。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/09/24 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選、石破氏の「得票45%」を巡る別の解釈 (5コメント)
  • 2018/09/23 05:00 【政治
    ラオスのダム事故巡る事実誤認記事の続報も事実誤認だらけ (29コメント)
  • 2018/09/22 05:00 【マスメディア論
    スパム・コメントは言論の敵!今後は削除基準を厳格に運用します (13コメント)
  • 2018/09/21 05:00 【国内政治
    マスコミ、卑劣なり 石破氏に猛烈な追い上げを許した背景 (15コメント)
  • 2018/09/20 14:22 【時事
    【速報】安倍晋三総理大臣、553対254で総裁選を制する (5コメント)
  • 2018/09/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    あれれ?トランプ大統領が南北首脳会談の結果を大絶賛中! (4コメント)
  • 2018/09/20 05:00 【政治
    外貨準備統計巡る韓国のウソと通貨スワップ、そして通貨制裁 (5コメント)
  • 2018/09/19 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】あまりに予想通りだった南北首脳会談 (6コメント)
  • 2018/09/19 10:00 【マスメディア論|時事
    ついに主要メディア調査で軒並み支持率が不支持率を上回った (1コメント)
  • 2018/09/19 05:00 【国内政治
    しんぶん赤旗と「日本国民の敵」・日本共産党 (7コメント)
  • 2018/09/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領がこの時期に平壌を訪問したことの対価 (12コメント)
  • 2018/09/18 05:00 【マスメディア論
    ホームレスが朝日新聞を愛読?「国民の敵」としてのマスコミ (6コメント)
  • 2018/09/17 05:00 【国内政治
    最近の読者投稿などから、「議論することの大切さ」を考える (11コメント)
  • 2018/09/16 05:00 【時事|国内政治
    自民党総裁選でもマスコミ偏向報道が影響しているのは確実 (12コメント)
  • 2018/09/15 05:00 【時事|経済全般|外交
    「ステンレス条鋼WTO提訴」は日韓関係を根底から変える? (20コメント)
  • 2018/09/14 12:00 【マスメディア論|時事
    「いけがmetoo」運動を招いたテレビ業界の驕り、高ぶり (15コメント)
  • 2018/09/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    日韓は隣り合っているが、「他人」であって「兄弟」ではない (5コメント)
  • 2018/09/13 16:45 【時事|国内政治
    石破さん、今さらですが「次につながる負け方」模索しては? (6コメント)
  • 2018/09/13 10:00 【政治
    「安倍3選」控えた朝日新聞の不気味な沈黙と内閣支持率 (2コメント)
  • 2018/09/13 05:00 【政治
    中国が日本に擦り寄って来た!その真意とわが国の取るべき対応 (10コメント)
  • 2018/09/12 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の文在寅大統領にはコミュニケーション能力がないのか? (10コメント)
  • 2018/09/12 05:00 【マスメディア論
    「体操選手のパワハラ疑惑」を公共電波で延々報じる無意味さ (3コメント)
  • 2018/09/11 14:30 【時事|外交
    「安倍総理が金正恩に対話呼びかけ」。これをどう読むべきか (1コメント)
  • 2018/09/11 05:00 【韓国崩壊
    相次ぐ「コリア・パッシング」の兆候は日本正常化の証拠か? (1コメント)
  • 2018/09/10 10:30 【時事|韓国崩壊
    「震度ゼロ」での崩落が相次ぐ韓国社会の病理と嫌韓ブログ (9コメント)
  • 2018/09/10 05:00 【マスメディア論|時事
    「noindexタグ」事件の朝日新聞は明らかに国民の敵 (8コメント)
  • 2018/09/09 05:00 【マスメディア論|時事
    「報道ヘリを撃墜せよ」?北海道地震で見えた「国民の敵」 (12コメント)
  • 2018/09/08 05:00 【経済全般
    北海道と関西の大災害を機に、公共事業悪玉論を検証してみる (10コメント)
  • 2018/09/07 16:00 【時事|国内政治
    マスコミさん、カツカレー食べた石破氏を批判しないのですか? (2コメント)
  • 2018/09/07 12:15 【時事|国内政治
    改めて強調する、「立憲民主党・吉田統彦疑惑」の怪しさ (2コメント)
  • 2018/09/07 10:00 【韓国崩壊|外交
    朝鮮半島8つのシナリオ・2018年9月版、大幅な確率修正 (2コメント)
  • 2018/09/07 05:00 【マスメディア論
    節操なき朝日新聞グループ、「アベ嫌い」が高じて支離滅裂に (1コメント)
  • 2018/09/06 12:00 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮特使団、雰囲気悪くない」。韓国さん、正気ですか? (3コメント)
  • 2018/09/06 10:00 【国内政治
    「自民党総裁選で誰が勝つか」ではなく「安倍3選後」が大事 (9コメント)
  • 2018/09/06 05:00 【外交
    サーチナ、日本が中国との関係で「韓国化」?ご冗談を(笑) (5コメント)
  • 2018/09/05 10:00 【外交
    日韓問題とは、究極的には日本国内の反日勢力の問題だ (16コメント)
  • 2018/09/05 05:00 【時事|国内政治
    「知見がない」を繰り返す立憲民主党・枝野代表の不誠実さ (5コメント)
  • 2018/09/04 16:30 【時事|国内政治
    タマキード事件の玉木さん、国民民主党の新代表に就任 (3コメント)
  • 2018/09/04 10:00 【マスメディア論
    朝日新聞社説批判 「国民が視野にない」のは朝日新聞の方だ (6コメント)
  • 2018/09/04 05:00 【国内政治
    「辻元生コン疑惑」と絶望的に頭が悪い人罪の宝庫・立憲民主党 (7コメント)
  • 2018/09/03 12:00 【政治
    開城連絡事務所巡り、米国は韓国を「金融」で締め上げるのか? (3コメント)
  • 2018/09/03 05:00 【外交
    「国連から来ました詐欺」と良い意味で変わり始めた日本外交 (5コメント)
  • 2018/09/02 05:00 【マスメディア論
    出張先のホテルで、レベルが低すぎる地上波テレビを見て驚く (17コメント)
  • 2018/09/01 05:00 【マスメディア論
    【御礼】30万PVを達成した「テクニック」と言論の本質 (3コメント)
  • 2018/08/31 05:00 【金融
    図表で見る日本経済の資金循環構造と「財政再建」論の間違い (20コメント)
  • 2018/08/30 10:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪朝中止:「策士策に溺れる」を地で行く北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/08/30 05:00 【時事|韓国崩壊
    「米韓同盟破棄」の前に、米国は韓国に経済・金融制裁実施? (5コメント)
  • 2018/08/29 12:15 【RMB|金融
    日中スワップの「不都合な事実」、要点は「円・元」の交換 (10コメント)
  • 2018/08/29 05:00 【国内政治
    民主主義と相容れない「国民の敵」日本共産党の非合法化を! (5コメント)
  • 2018/08/28 12:30 【政治
    ラオスの事故「日本が救いの手」というスクープ記事の信憑性 (8コメント)
  • 2018/08/28 05:00 【国内政治
    危険水域なのは政権支持率ではなく「マスコミ支持率」では? (5コメント)
  • 2018/08/27 05:00 【時事|国内政治
    立憲民主党・福山幹事長、「吉田統彦議員」発言に目が泳ぐ (3コメント)
  • 2018/08/26 10:34 【時事|韓国崩壊
    経済制裁を受けたとしても、国家観を持たぬ韓国の自業自得だ (8コメント)
  • 2018/08/26 05:00 【時事|国内政治
    ついに反米発言の石破氏、総裁選出馬以前に自民党を去るべき (8コメント)
  • 2018/08/25 12:00 【マスメディア論|時事
    意味不明な記事を書き逃げする日刊ゲンダイを笑い飛ばそう (6コメント)
  • 2018/08/25 05:00 【マスメディア論
    読者コメントのレベルが高すぎる!新宿会計士の政治経済評論 (1コメント)
  • 2018/08/24 17:00 【時事|外交
    朴槿恵・前大統領の二審有罪判決を淡々と眺めるしかない理由 (6コメント)
  • 2018/08/24 05:00 【時事|外交
    文在寅氏の来日を「普通の隣国関係」の契機にするなら歓迎 (12コメント)
  • 2018/08/23 12:00 【日韓スワップ|金融
    日中通貨スワップをうらやむ韓国メディア:「除け者」の韓国 (2コメント)
  • 2018/08/23 10:15 【時事|国内政治
    柚木氏の国民民主党離党問題、真に責められるべきは有権者だ (6コメント)
  • 2018/08/23 05:00 【RMB|時事|金融
    日中通貨スワップを必要としているのは、残念ながら日本の側 (15コメント)
  • 2018/08/22 12:00 【時事|外交
    米国への提案:制裁破り続ける韓国を捨て、台湾との同盟を! (3コメント)
  • 2018/08/22 10:00 【時事|国内政治|金融
    野田聖子さん、総裁選の前に「GACKTコイン」の説明は? (1コメント)
  • 2018/08/22 05:00 【時事|金融
    「決壊したラオスのダムは日本の資金」記事の事実誤認が酷い (6コメント)
  • 2018/08/21 12:00 【時事|外交
    北朝鮮との外交は「封じ込め」一択、それを助ける日英同盟 (1コメント)
  • 2018/08/21 10:00 【マスメディア論|時事
    国民の信託なき「ウソの新聞」・朝日新聞こそが「国民の敵」 (4コメント)
  • 2018/08/21 05:00 【時事|金融
    ベネズエラ・ショックに見る経済理論の正しさ (1コメント)
  • 2018/08/20 14:15 【時事|国内政治
    文科省汚職と吉田・羽田両議員の疑惑、現時点での検証結果 (5コメント)
  • 2018/08/20 11:40 【時事|国内政治
    野党問題とはマスコミ問題のこと、日本の問題は繋がっている (1コメント)
  • 2018/08/20 05:00 【時事|外交
    慰安婦問題巡り、日本の外務省が少しずつだが変わり始めた! (6コメント)
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (3コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (3コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (3コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (17コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。