韓国が国連安保理決議に違反して北朝鮮産の石炭を輸入していた問題を巡り、本日は、昨日の『北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も?』で言及しなかった記事、情報などを引用し、あらためてこの問題について状況を整理しておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/08/12 12:15 追記

この記事についてはさきほど、全体的に見直しをし、表現の欠落・不足を補うなどしています。したがって、この記事はさきほど改題し、末尾に「2訂版」と銘打っています。

韓国政府の謎の言い訳

韓国による北朝鮮産石炭輸入事件

韓国で金曜日、韓国電力公社の子会社が国連安保理制裁決議に反し、北朝鮮産の石炭を輸入していたことが判明した話題については、当ウェブサイトでは昨日も『北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も?』のなかで報告しました。

北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も?

この事件をごく簡単に振り返っておくと、韓国国内の業者が、北朝鮮産の石炭など3.5万トン(日本円換算で約6.5億円分)を、「ロシア産である」などと偽って違法に韓国国内に輸入し、韓国電力公社の子会社に販売していたとされるものです。

ただ、問題の石炭を購入していたのは、事実上の韓国政府の国有企業である韓国電力の子会社であり、韓国政府、韓国電力がこのことを感知していないとは考え辛いところです。これについて私は昨日の論考の中で、

韓国電力という、事実上の韓国の国有企業の子会社が、北朝鮮産であるという事実を知らずに石炭を購入するということは考え辛い。よって、北朝鮮産の石炭をロシア産と偽装して購入したことは、韓国が国ぐるみで行ったものである可能性が極めて濃厚だ

と主張。あわせて、今回、韓国関税庁が摘発した業者も、いわば、一種の「トカゲのしっぽ切り」である可能性を指摘しました。つまり、全責任を一部の業者に覆いかぶせ、韓国が国として米国から制裁を受けるということを避けようとしたものではないか、という仮説です。

本日はこの事件について、昨日拾いきれなかった情報を紹介しておきます。

韓国企業の謎の言い訳と「関与した企業」の範囲

最初に、金曜日に時事通信が報じた、次の記事を眺めてみましょう。

北朝鮮産石炭を不法輸入=業者摘発、6億円相当-韓国(2018/08/10-18:51付 時事通信より)

この記事には、次の下りが含まれています。

韓国関税庁は、北朝鮮産石炭の輸入は決議違反だと指摘しつつ、「積極的な捜査で制裁違反を確認した韓国を決議違反国と呼ぶことはできない」と主張した。

韓国関税庁が本当にこのように述べたのならば、私の予想は、極めて正解に近いと思います。要するに、「積極的な捜査で制裁違反を確認した」と言いながらも、事実上、韓国当局が摘発したのは「石炭を輸入した業者」に限られており、肝心の「石炭を購入していた韓国電力公社の子会社」については、一切「お咎めなし」だからです。

ただ、韓国政府のこの説明と、韓国電力の子会社に何1つとしてペナルティを与えなかったことに対し、米国側が納得するかどうかは、不透明です。

米国としては、北朝鮮の核・ミサイル関係での制裁は非常に広くとらえており、たとえば、国連安保理決議が採択する前の昨年8月の段階でも、中露両国の広範囲な企業、個人に対し、追加制裁(セカンダリー・サンクション)が科せられていることを忘れてはなりません(これについては次の日経の記事などもご参照ください)。

中ロ企業・個人に追加制裁 米、北朝鮮ミサイル関与で(2017/8/23 2:30付 日本経済新聞電子版より)

一方、今回の石炭密輸事件を巡っても、韓国が金曜日時点で「摘発」したのは、韓国人の個人3人と法人3社であり、また、運搬に関連した船舶に対する入港禁止措置などを発動したとしていますが、韓国電力の子会社に対しては何も制裁が科されていません。

この処分を巡って、私は大きく2つの疑問を感じます。

1つ目は、言うまでもなく、この3個人と3法人が単なる「スケープゴート」だったのではないか、という点です。実際には、韓国電力の関連法人がその石炭を購入していたわけですから、韓国電力グループともあろう組織が、「自分が買っている製品が北朝鮮産である」という事実を知らなかったことはあり得ません。

2つ目の疑問点は、北朝鮮産品を輸入したのは、今回摘発された業者だけではないのではないか、というものです。今回摘発された密輸案件は、金額ベースで日本円換算して6億円少々ですが、現実には、もっと多額の北朝鮮産品が輸入されている可能性は否定できません。

その意味で、私自身は今回の韓国政府・関税庁の発表については「単なる言い訳」に過ぎず、実は北朝鮮産品の密輸については、国ぐるみで、もっと大がかりに行われているのではないか、との疑念を強く抱いているのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



米国の反応

ナウアート氏と記者との丁々発止

一方で、数日前には、米国務省(U.S. Dept. of State)のウェブサイトに、ヘザー・ナウアート報道官と記者との質疑が掲載されています。

Department Press Briefing – August 9, 2018(2018/08/09付 米国務省ウェブサイトより)

このなかで私が興味を感じたのは次の下りです。

QUESTION: Thank you, thank you, Heather. On North Korean and South Korean issues.

MS NAUERT: Okay.

QUESTION: And – recently, South Korea imported North Korean coal. What is the U.S. position on the smuggling of North Korean coal into South Korea? Is that – do you think this is the – South Korea has violated sanctions?

MS NAUERT: I think – we’d say this: that we have a great relationship with the Government of South Korea. My understanding is that they are looking into reports of this. We encourage all countries to maintain sanctions, and to not skirt sanctions and make sure that sanctions are adhered to.

QUESTION: But two days ago, John Bolton, national security advisor, and South Korean national security advisor Chung Eui-yong, they had telephone conversation and John Bolton said that he trust or believe in the South Korean Government. What does it mean that you trust the South Korean Government, so —

MS NAUERT: Well, the Government of the Republic of Korea is an ally and longstanding partner of ours, and we closely coordinate with that government.

QUESTION: But allies – but they do something behind the United States is smuggling something else, so how you going to trust them?

MS NAUERT: Look, we trust when they say that they will investigate that they will investigate. We closely coordinate with them. They’ve been longstanding allies and partners, and we have a strong relationship with them.

QUESTION: Are you still investigations or waiting —

MS NAUERT: I don’t have anything more for you on that, okay?

QUESTION: All right, thank you.

MS NAUERT: Thanks.

あえて臨場感を出すために、気になった下りをすべて抜粋してみましたが、この中核の部分に参考訳を付すと、次のとおりでしょうか。

(問)最近、南朝鮮が北朝鮮の石炭を輸入していたことが明らかになった。北朝鮮の石炭が南朝鮮へ密輸されていたことに関する米国の立場は?南朝鮮が制裁違反を犯したということか?

(答)米国政府は南朝鮮と緊密な協力関係にある。私の理解では彼らはこの詳細をこれから報告しようとしている。我々としてはすべての国が制裁を維持しなければならないと考えており、制裁逃れは許されない。

(問)2日前、ジョン・ボルトン大統領補佐官は南朝鮮の鄭義溶(てい・ぎよう)国家安全保障室長と電話会談を行い、ボルトン氏は南朝鮮政府を信頼していると述べた。南朝鮮政府を信頼するという意味は…

(答)南朝鮮政府は長年の同盟関係にあり、我々は彼らと密接な協力関係にある。

(問)しかしいくら同盟関係にあったとしても、彼らが合衆国に内緒で何らかを密輸していたとしても、彼らを信頼するのか?

(答)彼ら自身がこの問題について捜査を行っていることがその証拠だ。我々は彼らと緊密に協力する。彼らは長年の友好国であり、我々は彼らと強い関係を持っている。

これをどう見るべきでしょうか?

「同盟国」を繰り返した理由

ナウアート報道官の回答を読むと、やたらと「我々の長年の同盟国であり、パートナーだ (“an ally and longstanding partner of ours”) 」といった言葉が目につくのですが、これは、ナウアート氏が韓国(英語の原文では “South Korea” 、つまり「南朝鮮」)を友好国と見ている証拠でしょうか?

たしかにナウアート氏は韓国を「同盟国だ」と述べましたし、記者からの「ボルトン氏が南朝鮮(=韓国)政府を信頼していると述べたことはどう考えるべきか」といった質問に対しても、正面切って否定したりしていません。

しかし、これについては額面どおりに受け取るべきではありません。なぜなら、法的には米韓両国は同盟関係にあるため、「国務省の報道官」という重責を担っている以上、公式の立場としては「同盟国」「友好国」「パートナー」といった言葉を繰り返すより方法がないからです。

もちろん、ドナルド・J・トランプ米大統領が日本を「友人」と呼ぶのは、おそらく本心からでしょう。しかし、外交の現場においては、ときとして、政治家らが発言する内容を額面どおりに受け取るべきではないこともあります。

今回のケースはまさにその典型例だと私は思います。

もし私自身が米国務省や米財務省の担当者だったとすれば、実際に韓国に対する制裁を加えるとしても、いきなり大々的に制裁対象に指定するようなことはなく、最初は警告し、相手国の出方を見極めるのが自然でしょう。

制裁の可能性が否定されたわけではない

何より、韓国の場合は、すでに複数回、米国側から北朝鮮制裁違反を指摘されています。ということは、可能性としては、

  • ①完全に様子見をする
  • ②いきなり大々的に制裁するのではなく、牽制の意味も込めて、手始めに実質的な打撃が少ない形で象徴的に制裁を加える

という2つが考えられます。

たとえば、直接、北朝鮮産の石炭を購入していたのが韓国電力本体ではなく、あくまでもその子会社であることから、米国が「セカンダリー・サンクション」を科すとしても、最初はその子会社に対して適用される(つまり上記②でいう「実効性がない牽制」に留まる)という可能性は高いと思います。

ただ、何度も申し上げているとおり、韓国電力自体が韓国政府の事実上の子会社のようなものです。その韓国政府の強い影響下にある会社が、「北朝鮮産であることを知らずに石炭を購入した」ということは考え辛いのです。

このように考えていくならば、韓国電力自体に対して何らかの制裁措置が発動される可能性はゼロではありません。いや、昨日も指摘しましたが、もっと端的に、韓国電力の親会社である韓国開発銀行(KDB)に対して、遅かれ早かれ、金融制裁が科される可能性はあります。

この場合、韓国全体に対する影響は甚大です。下手をすると、1997年、2008年のような通貨危機が韓国に襲い掛かる可能性だってあります。

このように考えたら、米国側は政治決着として、「今回はお咎めなし、次回からは有無を言わさずセカンダリー・制裁」とするのかもしれません。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



「通貨」という武器を持つ日米

「外貨ショック」に極端に弱い国

ただし、言い換えれば、米国としては、韓国の「通貨危機」を人為的に発生させることができることになった状態でもあります。

昨日の繰り返しですが、韓国電力の株主には韓国開発銀行(KDB)がいます。そして、KDBを含めた韓国の金融機関は、米国などで債券を発行し、外貨を調達しているのです。仮に韓国の銀行をドル債市場から追放すれば、韓国の銀行のなかには、たちまち資金繰りに窮するところもあります。

つまり、米国としては、「北朝鮮との取引」を理由に、いつでも韓国の銀行に対するセカンダリー・サンクションを発動することができることになった、ということです。

この、「韓国を資本市場から締め出し、人為的に通貨危機を作り出す能力を持っている」という点では、日本も同じです。いや、もう少し正確に言えば、「日米が連携して韓国の銀行を債券市場から締め出す」ということをやれば、韓国はほぼ間違いなく、通貨危機に見舞われるでしょう。

ただ、冷静に考えてみれば、韓国はOECD加盟国であり、そのような国の一部の銀行が外国の債券市場から締め出されただけで通貨危機になるとは、「何を大げさな!」と思う方もいるかもしれません。

しかし、韓国が自国通貨「韓国ウォン」の国際化を怠って来たという事情を無視してはなりません。主だった企業は外貨(とくに米ドルや日本円)がなければ生産活動すらままならず、そして、韓国の銀行が外貨調達できなくなれば、韓国経済全体の死を意味するのです。

したがって、韓国経済は米国(と日本)に「生殺与奪の権」を事実上、握られている格好なのです。

韓国が北朝鮮との密貿易をやめるのか?

ただ、米国に生殺与奪の権を握られているからといって、韓国が北朝鮮への制裁破りをやめるのかと言われれば、それはそれで疑問です。やはり、「バレてない」と思いながら北朝鮮制裁破りを継続し、ある日、いきなり米国から致命的な制裁を科せられる、というのが、可能性としては非常に高い気がするのです。

こうした私の見方が正しいかどうかは、意外と早く判明するかもしれません。そして、この問題を巡っては、しばらく関心を持って追いかける価値がありそうです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/08/22 12:00 【時事|外交
    米国への提案:制裁破り続ける韓国を捨て、台湾との同盟を!
  • 2018/08/22 10:00 【時事|国内政治|金融
    野田聖子さん、総裁選の前に「GACKTコイン」の説明は? (1コメント)
  • 2018/08/22 05:00 【時事|金融
    「決壊したラオスのダムは日本の資金」記事の事実誤認が酷い (3コメント)
  • 2018/08/21 12:00 【時事|外交
    北朝鮮との外交は「封じ込め」一択、それを助ける日英同盟 (1コメント)
  • 2018/08/21 10:00 【マスメディア論|時事
    国民の信託なき「ウソの新聞」・朝日新聞こそが「国民の敵」 (3コメント)
  • 2018/08/21 05:00 【時事|金融
    ベネズエラ・ショックに見る経済理論の正しさ
  • 2018/08/20 14:15 【時事|国内政治
    文科省汚職と吉田・羽田両議員の疑惑、現時点での検証結果 (3コメント)
  • 2018/08/20 11:40 【時事|国内政治
    野党問題とはマスコミ問題のこと、日本の問題は繋がっている
  • 2018/08/20 05:00 【時事|外交
    慰安婦問題巡り、日本の外務省が少しずつだが変わり始めた! (6コメント)
  • 2018/08/19 05:00 【時事|外交
    改めて主張する、日本は「圧力一辺倒」で北朝鮮の破綻を待て (3コメント)
  • 2018/08/18 10:00 【韓国崩壊
    中央日報記事に違和感、「30年後の韓国」があると思えない (4コメント)
  • 2018/08/18 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞AI」、すでに実現しているのではないでしょうか (3コメント)
  • 2018/08/17 12:00 【時事|国内政治
    ジリ貧の石破茂氏と国民民主党、夢のコラボはいかがですか? (2コメント)
  • 2018/08/17 10:00 【マスメディア論|時事
    マスコミ報道、「ラオス・野田・吉田」の3点セットの共通点 (13コメント)
  • 2018/08/17 05:00 【マスメディア論|外交
    日経の荒唐無稽な「北朝鮮支援1兆円」説と「はしたカネ」論 (6コメント)
  • 2018/08/16 15:00 【マスメディア論|時事
    相変わらず立憲民主党・吉田統彦氏の疑惑を報じないマスコミ (2コメント)
  • 2018/08/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    「日本が南北朝鮮と対峙する正しい方法」、実はまったく同じ (4コメント)
  • 2018/08/16 10:00 【政治
    終戦記念日、本当に大事なのは原因究明と「国民の敵」の駆除 (7コメント)
  • 2018/08/16 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅「慰安婦問題が外交紛争化しないこと望む」の支離滅裂 (3コメント)
  • 2018/08/15 12:00 【国内政治
    国民民主党が「生き残る」ためには、何を目指すのが正解か? (6コメント)
  • 2018/08/15 10:00 【韓国崩壊|外交
    韓国人教授「韓国は日米と連携すべき」、正論だがもう手遅れ (3コメント)
  • 2018/08/15 05:00 【日韓スワップ|金融
    トルコ・ショックはアルゼンチン、韓国などに波及するのか? (1コメント)
  • 2018/08/14 12:00 【時事|国内政治
    文科省汚職でマスコミが立憲民主党の吉田統彦議員を擁護か? (2コメント)
  • 2018/08/14 10:00 【時事|外交
    「自己責任」の問題では済まされない北朝鮮旅行者問題の本質 (4コメント)
  • 2018/08/14 05:00 【韓国崩壊|外交
    何ら成果が出ていないのに3回目の南北首脳会談を開催する愚 (5コメント)
  • 2018/08/13 12:00 【時事|金融
    「国際収支のトリレンマ」から見るトルコ・ショックの本質 (1コメント)
  • 2018/08/13 10:00 【時事|金融
    韓国の北朝鮮産石炭密輸事件、韓国メディアの苦し紛れの説明 (6コメント)
  • 2018/08/13 05:00 【金融
    「日本は財政再建が必要」という世紀の大ウソに騙されるな! (1コメント)
  • 2018/08/12 10:00 【マスメディア論
    「安倍1強」批判をゴリ押しする朝日新聞こそ、反省が必要だ (4コメント)
  • 2018/08/12 05:00 【日韓スワップ|時事|外交
    北朝鮮石炭輸入問題、米国は「とりあえず様子見」なのか?(※2訂版) (3コメント)
  • 2018/08/11 10:00 【時事|外交
    原爆投下の非人道性と、筋が違う朝鮮人被爆者救済問題 (4コメント)
  • 2018/08/11 05:00 【日韓スワップ|金融
    北朝鮮石炭輸入問題受け、最悪、韓国の銀行への金融制裁も? (3コメント)
  • 2018/08/10 13:25 【時事
    日本のメディアが報じないODAと、ラオスのダム事故の続報 (16コメント)
  • 2018/08/10 11:30 【時事|国内政治
    野田聖子氏のGACKTコイン疑惑をスルーするマスコミの怪 (4コメント)
  • 2018/08/10 10:00 【韓国崩壊|外交
    邪悪な「旭日旗根絶計画」に、私たちはどう立ち向かうべきか (3コメント)
  • 2018/08/10 05:00 【マスメディア論
    「一方的に批判する権利がある」?アベノセイダーズの勘違い (1コメント)
  • 2018/08/09 16:00 【マスメディア論
    中央日報の「歪曲」主張は、究極的に沖縄タイムスと同じ (11コメント)
  • 2018/08/09 10:00 【マスメディア論|政治
    朝日新聞の社説は印象操作を通り越して「恥知らず」 (10コメント)
  • 2018/08/09 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    朝鮮戦争を終わらせたい南北朝鮮の思惑と米韓同盟破棄への道 (3コメント)
  • 2018/08/09 00:00 【政治
    長崎原爆忌に思う (2コメント)
  • 2018/08/08 15:40 【時事|外交
    ラオスのダム新設棚上げ、まじめにやっている日本には大迷惑 (7コメント)
  • 2018/08/08 10:00 【マスメディア論|時事
    「安倍叩きネタ」が切れた途端に上昇する内閣支持率の不思議 (2コメント)
  • 2018/08/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    堂々と「ツートラック外交」を主張する韓国メディアの不見識 (6コメント)
  • 2018/08/07 16:00 【時事|国内政治
    朝日の調査ですら、8割の人が野党には期待しないという事実 (5コメント)
  • 2018/08/07 10:00 【政治
    自由と繁栄の弧:ASEAN外交で米国に先行する日本の活躍 (5コメント)
  • 2018/08/07 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜか新宿会計士の政治経済評論が政治部門でPV数1位に (5コメント)
  • 2018/08/06 14:00 【RMB|時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊、遅まきながら事故調査委が立ち上がるか? (6コメント)
  • 2018/08/06 10:20 【時事|韓国崩壊|外交
    韓国に対する「セカンダリー制裁」が現実味を帯びてきた (2コメント)
  • 2018/08/06 05:00 【時事|外交
    米国の戦争犯罪、なぜ原爆は広島市に投下されたのか? (8コメント)
  • 2018/08/05 10:00 【日韓スワップ|金融
    数字で見る外貨準備 韓国の外貨準備高の8割はウソなのか? (2コメント)
  • 2018/08/05 05:00 【政治
    ラオスのダム決壊事故の続報はなぜ出てこない? (16コメント)
  • 2018/08/04 10:00 【時事|外交
    ユネスコ世界遺産登録は、今からでも謹んで返上した方が良い (5コメント)
  • 2018/08/04 05:00 【時事|国内政治
    安倍3選は確実としても、それで問題が解決するわけではない (3コメント)
  • 2018/08/03 16:00 【マスメディア論|時事
    フェイク・ニュース「韓国がダム決壊を鹿島建設に責任転嫁」 (2コメント)
  • 2018/08/03 10:00 【韓国崩壊
    北朝鮮から経済支援を強要される韓国政府の自業自得 (4コメント)
  • 2018/08/03 05:00 【政治
    立憲民主党に杉田水脈氏のことを責める資格はない (2コメント)
  • 2018/08/02 16:00 【日韓スワップ|金融
    韓国メディアの報道は通貨危機の危険度を知るバロメーター (2コメント)
  • 2018/08/02 10:00 【時事|国内政治
    野党連携から国民民主党が外れたことに希望を感じる理由
  • 2018/08/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム決壊が日本のせい?「韓国の世論操作」説 (10コメント)
  • 2018/08/01 16:00 【時事|外交
    サンフランシスコ市の慰安婦像問題と戦う吉村市長を支持する (4コメント)
  • 2018/08/01 10:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「家計債務は破綻寸前」?数字で見る韓国経済破綻の危機 (3コメント)
  • 2018/08/01 05:00 【マスメディア論
    インターネットに完敗する新聞、視聴者が高齢者に偏るテレビ (4コメント)
  • 2018/07/31 17:10 【マスメディア論|時事
    「国民の敵」同士が結託して、審議拒否に見苦しい言い訳 (2コメント)
  • 2018/07/31 10:00 【時事|国内政治
    国民民主党、「もりかけ国会」の異常さにいまさら気付く? (7コメント)
  • 2018/07/31 05:00 【時事|国内政治
    事実確認のの大切さ、議論することの大切さ(自戒を込めて) (13コメント)
  • 2018/07/30 16:45 【時事|雑感オピニオン
    海外で本物の日本料理を探す冒険を楽しむのもまた人生
  • 2018/07/30 10:00 【マスメディア論|時事
    原文を読んだうえで、それでも杉田水脈氏の不見識を批判する (24コメント)
  • 2018/07/30 05:00 【時事|外交
    ラオスのダム決壊事故は、「セウォル号事件」の再来なのか? (10コメント)
  • 2018/07/29 05:00 【時事|国内政治
    杉田水脈議員の「LGBTは子供を作らない」発言の不見識 (16コメント)
  • 2018/07/28 00:00 【政治
    有権者よ野党議員の「バカッター」を読もう、そして考えよう (2コメント)
  • 2018/07/27 16:30 【時事|外交
    共同通信が報道した「日韓新共同宣言」構想、その背景は? (11コメント)
  • 2018/07/27 10:00 【時事|国内政治
    今度は「文部科学省の現役高官が飲食容疑で逮捕」の不自然さ (1コメント)
  • 2018/07/27 05:00 【マスメディア論|時事
    CNN記者のホワイトハウス締め出し事件とメディアの異常さ (5コメント)
  • 2018/07/26 10:00 【マスメディア論|時事
    日本共産党と朝日新聞社の主張は究極的にはまったく同じ (9コメント)
  • 2018/07/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国企業が関わるラオスのダム決壊事故に見る中央日報の報道 (7コメント)
  • 2018/07/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    日韓慰安婦合意の蒸し返しと韓国政府にとっての不都合な事実 (10コメント)
  • 2018/07/25 05:00 【マスメディア論|外交
    北朝鮮の日本人拉致犯罪に対する、共同通信の筋違いな分析 (3コメント)
  • 2018/07/24 16:15 【時事|国内政治
    内閣官房長官、「パチンコのギャンブル性をなくす」と明言 (5コメント)
  • 2018/07/24 10:00 【マスメディア論|時事
    中央日報日本語版を読んで、メディア・リテラシーを磨こう! (7コメント)
  • 2018/07/24 07:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    文在寅さん、支持率100%に向けて是非頑張ってください
  • 2018/07/24 00:00 【時事|お知らせ
    お知らせ:記事配信スタイル変更につきまして (6コメント)
  • 2018/07/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【朝日新聞批評】民主主義を根腐れさせるのはむしろ朝日新聞 (4コメント)
  • 2018/07/23 10:00 【マスメディア論|時事
    新聞・テレビを鵜呑みにしていると内閣不支持となるのは当然? (7コメント)
  • 2018/07/23 07:00 【マスメディア論|国内政治
    モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張 (7コメント)
  • 2018/07/23 00:00 【時事
    立憲民主党、「政策よりも選挙が大事だ」とつい認めてしまう (3コメント)
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (5コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (7コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (11コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。