韓国軍「日本の北朝鮮への反撃には韓国の承認が必要」

「大韓民国憲法」では北朝鮮は韓国領らしい:それならば…

「大韓民国憲法上、北朝鮮は韓国の領土だ。したがって日本が反撃能力をもとに北朝鮮攻撃をするなら、韓国の承認が必要だ」。まったく驚くべき見解です。これは韓国軍が16日に出してきたものだそうですが、強烈です。もしこの論法が通用するなら、日本人拉致事件の解決責任が韓国にもある、ということにもなりかねないのですが、大丈夫なのでしょうか?

安保関連文書での韓国の扱い

安保関連3文書の閣議決定:違和感の中心は韓国の扱い

政府は昨日、安全保障関連の3文書(『防衛力整備計画』、『国家防衛戦略』、『国家安全保障戦略』)を閣議決定しました。いずれも原文はPDFファイルで首相官邸ウェブサイトなどにおいて公表されています。

安倍晋三総理大臣、あるいは菅義偉総理大臣の時代と比べて、やはり大きな変化があったとしたら、それは韓国の取扱いでしょう。

たとえば国家安全保障戦略の14ページ目から15ページ目にかけては、こんな記述があります。

我が国は、インド太平洋地域に位置する国家として、日米同盟を基軸としつつ、日米豪印(クアッド)等の取組を通じて、同志国との協力を深化し、FOIPの実現に向けた取組を更に進める。そのために、FOIPというビジョンの国際社会における更なる普遍化、自由で公正な経済圏を広げるためのルール作り、連結性の向上、各国・国際機関のガバナンスの強化、海洋安全保障の確保等の取組を拡充していく。

また、経済的にも発展し、国際社会における影響力が高まっている途上国等への外交的な関与を更に強化する。そのことにより、できるだけ多くの国と共に、法の支配に基づく自由で開かれた国際秩序を強化する。

さらに、同盟国・同志国間のネットワークを重層的に構築するとともに、それを拡大し、抑止力を強化していく。そのために、日米韓、日米豪等の枠組みを活用しつつ、オーストラリア、インド、韓国、欧州諸国、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国、カナダ、北大西洋条約機構(NATO)、欧州連合(EU)等との安全保障上の協力を強化する。具体的には、二国間・多国間の対話を通じた同志国等のインド太平洋地域への関与の強化の促進、共同訓練、情報保護協定・物品役務相互提供協定(ACSA)・円滑化協定(RAA)の締結、防衛装備品の共同開発、防衛装備品の移転、能力構築支援、戦略的コミュニケーション、柔軟に選択される抑止措置(FDO)等の取組を進める。

韓国は日本と価値を共有しているのか?

日本が安全保障上の協力を強化する対象国として、韓国がシレッと含まれています。

今から4年前に火器管制(FC)レーダー照射事件を発生させ、いまだにその事実を認めていないばかりか、「むしろ日本こそ低空威嚇飛行を仕掛けてきた」などと「逆ギレ」している国と「安全保障上の協力を強化する」とは、じつに面黒い発想です。

このあたり、これまでの「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」の概念を思い出してみると、なんだか違和感がアリアリです(図表)。

図表 FOIPに関するこれまでの説明図

(【図表】令和4年版防衛白書等)

このFOIP自体、著者の理解に基づけば、故・安倍晋三総理が提唱し、菅義偉総理が発展させたものです。わかりやすくいえば、「自由・民主主義・基本的人権の尊重・法の支配」といった「普遍的価値」を信奉する国同士で連携し、インド洋と太平洋を自由で開かれた場にしようとする構想です。

当然、この構想に含まれるべき国は、こうした普遍的価値を現に尊重する国であったり、現在は不完全であっても、将来的にはこの理念に賛同する可能性が高い国であるべきであり、現在進行形で国際法を蹂躙する韓国がここに含まれたこと自体、理解できるものではありません。

前回の文書と比べれば、「普遍的価値の共有」の記述は抜ける

といっても、今回閣議決定された『国家安全保障戦略』のひとつ前のバージョン、すなわち2013年12月17日付のものでも、やはり韓国は日本が「協力関係を強化すべき相手国」として挙げられていました。例えば同文書の21ページ目に、こんな記述が出て来ています。

韓国、オーストラリア、ASEAN諸国及びインドといった我が国と普遍的価値と戦略的利益を共有する国との協力関係を、以下のとおり強化する<略>」

この頃の記述だと、日本は韓国を豪州、ASEAN諸国、インドと並び、「普遍的価値・戦略的利益」をわが国と共有している相手国に位置付けていたことがわかります。

したがって、現在の国家安全保障戦略上の韓国の位置づけからは、2013年の頃と異なり、「わが国と価値・利益を共有している」という文言が抜けていることは間違いありません。

反撃能力と韓国の反応

中途半端ながらも反撃能力具備については歓迎したい

もっとも、今回の安保3文書では、中途半端ながらも反撃能力の保持が明記されたことについては、高く評価して良いでしょう。

たとえば『国家安全保障戦略』の20ページ目には、こんな記述が出てきます。

相手からミサイルによる攻撃がなされた場合、ミサイル防衛網により、飛来するミサイルを防ぎつつ、相手からの更なる武力攻撃を防ぐために、我が国から有効な反撃を相手に加える能力、すなわち反撃能力を保有する必要がある」。

ちなみにこの「反撃能力」、「わが国に対する武力攻撃が発生し、その手段として弾道ミサイル等による攻撃が行われた場合」に、「やむを得ない必要最小限度の自衛の措置として、相手の領域において、わが国が有効な反撃を加える」能力のことを指します。

また、『防衛力整備計画』でも、たとえば次のような項目が含まれています。

  • 相手の領域において、我が国が有効な反撃を加えることを可能とする、スタンド・オフ防衛能力等を活用した自衛隊の能力を反撃能力として用いる(P9)
  • 我が国による反撃能力の行使に係る協力、防空、対水上戦・潜水艦戦、機雷戦、水陸両用作戦、空挺作戦、情報収集・警戒監視・偵察・ターゲティング(ISRT)、アセットや施設の防護、後方支援等における日米連携の推進(P21)
  • 自衛隊員に対する反撃能力などの新たな任務を踏まえた処遇の向上(P32)

さらには、『国家防衛戦略』の9ページ目でも「わが国への侵攻を抑止する上で鍵となるのは、スタンド・オフ防衛能力等を活用した反撃能力である」と指摘されています。

正直、この反撃能力を「やむを得ない必要最小限度の自衛措置」として保有するというのも、じつにもどかしいところではありますが、いずれにせよ反撃能力の行使が可能になることは、わが国の防衛戦略上、小さいながらも一歩前進、といえるでしょう。

竹島領有権の記載に韓国が反発:即時削除を要求

ところが、これに関する韓国側の反応が、何やら興味深いものでもあります。

紹介したい記事は2つあるのですが、1つ目がこれです。

韓国政府が日本の安保文書に抗議 独島領有権主張の即時削除を要求

―――2022.12.16 19:25付 聯合ニュース日本語版より

韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)によると、韓国政府は16日、外交部報道官名義の論評で、『国家安全保障戦略』で「独島」(※島根県竹島のこと)の領有権主張を盛り込んだことに対し、次のように即時削除を要求したそうです。

歴史的、地理的、国際法的に明白なわが国固有の領土である独島に対する不当な領有権主張を盛り込んだことに対して強く抗議する」。

島根県竹島を不法占拠しておいて、「独島(どくとう)」なる名称を捏造して自国領だと言い張っている韓国の行為は、れっきとした侵略であり、不法行為です。「国際法的に明白な韓国領土だ」と言い張るなら、潔く国際司法裁判所(ICJ)の付託に応じるべきでしょう。

ただ、韓国が竹島問題でこのように大騒ぎするのは今に始まったことではありません。

え?北朝鮮は「韓国の領土」!?それならば…

それよりももっと強烈なのが、次の記事ではないでしょうか。

北朝鮮は憲法上「韓国領土」 日本が反撃するには承認必要=韓国軍

―――2022.12.16 19:07付 聯合ニュース日本語版より

同じく聯合ニュースの記事ですが、日本の反撃能力を巡り、韓国軍が16日、「日本が有事の際に北朝鮮を攻撃する場合は韓国の承認が必要」との立場を示した、とするものです。「韓国の領土は朝鮮半島とその付属島嶼」と明記した大韓民国憲法第3条に基づき、北朝鮮は韓国の領土となっているからだそうです。

このため、韓国の承認を得ず北朝鮮を攻撃することはできない」。

なかなかに面白い見解です。

もちろん、大韓民国憲法で北朝鮮が韓国領に含まれているという点は、そのとおりでしょう。したがって、日本が北朝鮮を攻撃した場合、「韓国の憲法上」、日本が韓国を攻撃しているのと同じである、という構図も成り立ちうるのです。

ただ、もしも韓国軍がそのように主張するのなら、もっと責任を果たさなければなりません。もし「北朝鮮を攻撃するのに韓国の承認が必要だ」と言い張るのなら、「北朝鮮が韓国の一部であることを認めよ」と要求しているようなものだからです。

ほんの一例を挙げるなら、日本政府が現在、北朝鮮に対して解決を要求している日本人拉致事件を巡って、「韓国に対して」解決を要求しても良い、という話になります。何なら、北朝鮮に対して科している経済制裁を、韓国に対しても科しても良いかもしれません。

無責任な韓国にそれを要求する資格はない

じっさいのところ、韓国政府は日本人拉致事件の解決のために、これまでどれだけ尽力してくれたのでしょうか?あるいは日韓双方の共通の脅威となっている核・ミサイル問題の解決のために、韓国政府はどれだけ努力してきたのでしょうか?

むしろ、韓国も北朝鮮による拉致事件の被害国ですが、その韓国では北朝鮮に拉致された自国民の救出には、見たところ、じつに無関心です。こうした「実績」を踏まえるなら、正直、韓国が「北朝鮮攻撃の際にわが国の承認を取れ」、などと偉そうに日本に要求する資格はありません。

というよりも、韓国のこれまでの安全保障における態度は、あまりにも無責任に過ぎました。なぜなら、韓国は本来立ち向かうべき「自国に最も脅威をもたらす国」に立ち向かわず、「自国に最も脅威をもたらさない国」を激怒させるような行動を取ってきたのです。

ここでは米国の政治学者で米戦略国際問題研究所(CSIS)のシニアアドバイザーでもあるエドワード・ルトワック氏が10年前に執筆した『自滅する中国』の一節から、こんな記述を再掲しておきましょう。

2011年12月14日には『従軍慰安婦』を表現する上品ぶった韓国人少女の像が日本大使館の向かい側で除幕された。<中略>これは韓国に全く脅威をもたらさない国を最も苛立たせるような行為であった。<中略>戦略面で現実逃避に走るのは<中略>、国際政治に携わる実務家たちの力や、同盟国としての影響力を損なうものだ。さらにいえば、これによって実際に脅威をもたらしている国に威嚇されやすくなってしまうのだ」。

これは、韓国が自国にとってまったく害をもたらさない相手国である日本を最大限苛立たせ、挑発するような行動を取っていながら、自国にとって大きな害をもたらしている相手国である中国や北朝鮮に立ち向かおうとしていないとする指摘です。

そして、ルトワック氏はこうした韓国の行動を巡り、極めて無責任であるだけでなく、同盟国にとっても脅威を高めることにつながる行動だと喝破しているのです。このルトワック氏の10年前の指摘が、現在でもそのまま生きていることに対し、著者としては注目したいと思います。

そういえば、韓国は島根県竹島を「わが国固有の領土・独島だ」などと言いながら不法占拠し続けているわりに、「大韓民国憲法」において韓国領であるとされている北朝鮮を軍事占領しようとする動きは見られません。

「日本は絶対に反撃してこない」とタカを括っているからなのでしょうか?

いずれにせよ、ルトワック氏の指摘するとおり、韓国にとっては本来、日本は最も軍事的脅威をもたらさない国であり、北朝鮮は最も軍事的脅威をもたらす国です。

竹島を占領するだけの軍事的リソースがあるならば、どうしてそのリソースをほんの一部分でも、北朝鮮の同胞を圧制から「解放」するだけの努力に割こうとしないのでしょうか?

本当に謎です。

連携を深めるべき相手国

もちろん、日本政府は現在、韓国を「日韓/日米韓連携」の相手国と見ていますし、北朝鮮対応などでは韓国との連携は必要ですが、その反面、これまでの実績に照らすなら、韓国は日本が防衛協力であまり深く連携すべき相手でもないのです。

自由、民主主義、人権、法の支配といった「普遍的価値」以前の問題として、「ウソをつかない」、「ルールを守る」など、国としての基本的な態度も大切です。

結局のところ、安倍総理の教えどおり、日本は日米同盟を基軸に置きながら、その同盟を重層化していく努力を重ねていかねばなりません。具体的には日米豪3ヵ国連携や日米豪印「クアッド」に加え、「AUKUS」に日本を加えた「JAUKUS」、「ファイブアイズ」に日本を加えた「シックスアイズ」であるべきでしょう。

さらには米国の同盟国・友好国である英国との関係も強化すべきでしょうし、これに加えてカナダ、フランス、台湾、ASEAN諸国などとの連携もさらに図っていくべきであり、こうした諸国との連携を格上げしていくことが重要でしょう。

このように考えていくならば、日本が信頼できる相手国は、世界には意外とたくさんあります。

「国としての基本的な態度」すら守れないような相手国との連携を必要以上に深めず、信頼できる相手国との連携を図っていく姿勢こそが、重要ではないでしょうか。

※なお、本当は岸田首相の会見の模様についても触れたかったのですが、これについてはもし可能であれば、一両日中に別稿にて紹介したいと思います。

読者コメント一覧

  1. 名無しの権兵衛 より:

     韓国軍は16日、日本が敵基地攻撃能力(反撃能力)の保有を明記した国家安全保障戦略など安全保障関連3文書を閣議決定したことに関連して、日本が有事の際に北朝鮮を攻撃する場合は韓国の承認が必要との立場を示した。北朝鮮は韓国の領土を「朝鮮半島とその付属島しょ」と明記した憲法第3条に基づき、韓国の領土となっている。このため、韓国の承認を得ず北朝鮮を攻撃することはできないという。
    ⇒言いたいことは分かったけど、それを言うなら、まずアメリカに同じことを言って承諾させた上で日本に言わないと、意味が無いと思うんですけどね。

    1. 匿名 より:

      それなら、国連で決めた対北朝鮮の貿易制裁を韓国にも適用する事に一票。

    2. 匿名 より:

      島根県の竹島は日本領土ですので韓国人が上陸するときは日本の許可を受けて下さいな。

  2. G より:

    韓国の法律では日本は北朝鮮に反撃できない。これは別におかしいことではありません。韓国の法律は韓国が自由に制定出来ますから。

    だから、それに基づいて何か発言しようが要求しようが勝手です。ただ日本側にそれに対応する義務もありません。話を聞くかどうかは、相手国の国力と、相手との条約の中身によります。もし相手がアメリカだったら日本は話を聞くでしょうし、そもそも異議をとなえられるような政策を掲げません。もちろん国力もありますし、主要なところは日米安保条約に規定があるでしょうから。

    韓国を華麗に無視して終わりです。韓国も無視されることを知ってて、国内向けにアピールしなければいけないのでやっているのでしょう。

    実務的にも、北朝鮮への反撃に韓国の同意を求めるなんてしないでしょう。時間的な問題もありますし、北朝鮮に実質汚染されている韓国が適切な判断が出来るわけがありません。

    そもそも北朝鮮に反撃すべき事態の時、攻撃対象に韓国が含まれる可能性、北朝鮮と韓国が実質一体となっている可能性は極めて高いと私は考えます。

    そもそも韓国とは棄損されまくりの1965年の条約があるだけ。韓国が棄損しまくってのですから、日本側からもこれを積極的に遵守しようって意欲も湧かないのは当然です。これこそ自業自得だと思いますよ。

    1. 誤星紅旗 より:

      本来はマスメディア、少なくとも読売や産経あたりが繰り返し述べるべことでありますね。

  3. 引きこもり中年 より:

    素朴な疑問ですけど、もし韓国が北朝鮮を自国領というのなら、北朝鮮が第三国に行ったサイバー犯罪や、(国連決議違反の)ミサイル発射を取り締まるために、韓国は警察権を行使しなければならないのではないでしょうか。(さあ、韓国の警察は、北朝鮮に家宅捜索に入りましょう)
    蛇足ですが、もし北朝鮮がロシアに弾薬などを供給しているのなら、「韓国国内からロシアに弾薬を供給している」ということになりますね。

    1. 匿名 より:

      素朴な疑問ですけど、もし韓国が北朝鮮を自国領というのなら、2兆円だとかいう賠償金もすでに韓国に支払い済みということになりますね。

      1. 通りすがり より:

        素朴な疑問ですけど、北朝鮮が韓国領土内でやらかしたおイタの数々、警察権の行使だけでなく発生した被害の責任もまとめて韓国が謝罪と賠償を行わなくてはならない、ということになりませんかね?w

        ライダイハンなどがいい例ですが、てめぇの尻拭いすらできない連中が何を言い出すのやらw

      2. ひろやま より:

        日韓請求権協定の際に北朝鮮分も含めて韓国にすでに支払い済みです。
        韓国主導で南北統一がされた場合、日本は一銭も支払う必要はありません。
        北朝鮮主導で統一がされた場合は少しややこしそうですが、南側に支払い済みで、そこから搾取しろと言えば良いのですが・・・

    2. 匿名 より:

      素朴な疑問ですけど、もし韓国が北朝鮮を自国領というのなら、論理的には自国領を攻撃された韓国は日本に対して反撃してくる可能性があるということになりますね。

      1. 引きこもり中年 より:

        もし北朝鮮が(日本に限りませんが)第三国をミサイル攻撃して、その報復攻撃をする場合、相手国の首都であるソウルを(在韓米軍を外して)攻撃できる、ということでしょうか。なにしろ、北朝鮮は(ソウルを首都とする)韓国の一部なのですから。
        蛇足ですが、もし北朝鮮がアメリカを攻撃した場合、在韓米軍はソウルを攻撃するのでしょうか。

      2. 通りすがり より:

        素朴な疑問ですが、もしこれが日本からでなくアメリカからの攻撃だった場合、韓国はアメリカに反撃するんですかね?
        奴等のことだから、アメリカにやられても「日本を相手に戦う!」とか言いそうですがw

    3. 匿名 より:

      素朴な疑問ですけど、韓国は北朝鮮になされている国連による制裁をいつでも受け入れる準備があるということでしょうか

    4. とおる より:

      >もし韓国が北朝鮮を自国領というのなら、北朝鮮が第三国に行ったサイバー犯罪や、(国連決議違反の)ミサイル発射を取り締まるために、韓国は警察権を行使しなければならないのではないでしょうか

      これはおっしゃる通りだと思います。

      アラバマ号事件判決やコルフ海峡事件判決、そしてトレイル溶鉱所事件判決などで判示されているんですが、国家は「領域使用の管理責任」という一般国際法上の義務を負っているとされています。

      ザックリ説明すると、「国家はその領域を自ら使用するとき、または私人や第三者にその使用を許可するとき、結果として他国の国際法上の権利を侵害することがないよう注意を払うことを国際法上要求されている」というわけです。

      「北朝鮮に領域使用の許可は出していない」と韓国は言い出すかもしれませんけど、領域主権の排他性に照らして、韓国にはその領域を第三者によって他国の法益を侵害する行為に勝手に使用されることがないよう注意を払う義務があり、それを怠った場合、国家責任を負うことになります。

      北朝鮮を国家として承認する立場であったり、朝鮮半島北部が現状北朝鮮によって実効支配されていることを認める立場であれば、韓国が領域使用の管理責任を問われることもないでしょうが、あくまで現状朝鮮半島全域に韓国の主権が及び、「朝鮮半島北部からの違法な侵害行為に対して被害国がとる自衛権の行使には韓国の同意が必要」などというのであれば、今後北朝鮮による同様の侵害行為がないよう被害国に保証し、またこれまでの侵害行為で生じた損害について被害国に補償するといった、原状回復の義務を韓国は負っていると言えるでしょうね。

    5. G より:

      素朴な疑問ですけど、北朝鮮が韓国領土なら北朝鮮が日本に行った拉致などの犯罪行為について韓国は賠償しなければならないはずです。あと北朝鮮には日本に対する未払い債務があるはずで、こちらの請求を韓国に対してする必要がありますね(確か総連のビルを差し押さえるとかありましたね

  4. ねこ大好き より:

    いつもながら、韓国の悪辣な対日行為を冷静に論評されている新宿会計士さんに、心から尊敬の念を抱きます。私などは最初の一文章で頭にきて、最後まで冷静に読むのが困難で、時間を置いて読み切っています。
    韓国が何をしようが、どう日本を侮辱しようが、正直、どうでもいいです。「丁寧な無視」をすればいいだけ。頭にくるのは、日本政府や日本の財界、日本の芸能界が、これらの行為に何ら反論や制裁、拒否をせず、むしろ日本から仲良くしようとしている事です。安倍首相や菅首相の頃は、やや安心していましたが、今はイライラ、カッカし放しです。
    外交も✖️、内政も✖️、政治センスも✖️、リーダーシップも✖️、国民への説明力は✖️✖️。これで良く総理大臣は勿論、派閥の長になれたものですね。自民党や宏池会は相当な人材難なのでしょうか。山崎派→石原派はほぼ消滅したし、宏池会も消えるべき派閥です。

    1. オタク歴40年の会社員です、よろしくお願いいたします より:

      「バ韓国への返信はどうなさいますか?」

      「バカメと言ってやれ」

      「は?」

      「バカメだ‼️」、

      1. 匿名 より:

        ヤマト😁

      2. ちょろんぼ より:

        オタク歴40年の会社員です。様

        南国の人達は日本語がよく解らないので
        第二次大戦時の「nuts」の方が
        良いと思います。 これが「バカメ」の
        由来です。
        アサヒ新聞等によれば
        南国人は日本人より英語が話せるとされて
        いますので。 でも、何で見本に変な記号が
        溢れているのかは、運輸省の役人があっち系の
        人だからという疑惑があります。

        1. オタク歴40年の会社員です、よろしくお願いいたします より:

          じょんうん
          「日本め、
          半島に我々がいるのを知らないな」

          ユンユン
          「将軍、
          いかがいたしましょう?」

          じょんうん
          「テ◯ドン発射‼️」

          ユンユン
          「あ~っ‼️、に、日本から1000発ほどのお返しか‼️、
          ぎゃああああ~っ‼️」

          キッシー
          「こんなこともあろうかと、
          反撃能力を整備しておいて良かったよ」

  5. 名古屋人 より:

    かれらの発言や行動基準は「相手が殴り返してくるかどうか」という実に単純なもの。中国や北朝鮮は実際に殴ってくる可能性があるので強く出られないが、絶対に殴り返してこない日本に対してはとことん強く出てくる。対馬の仏像事件や慰安婦問題、レーダー照射事件、旭日旗や竹島など、すべてが一連の流れ。今回の韓国軍の発言もしかり。「半島有事の際には、後方支援を含め自衛隊は一切関与しない」程度の発言をすればいいのに。岸田さんには無理か。
    唯一、韓国政府が懸念しているのが徴用工問題。理由は日本政府が実際に報復を示唆しているから。そこで大統領様は、「じゃあついでにそのほかの課題も、まじぇまじぇビビンバにして、一挙解決ということでヨロシク」。小学生のケンカの仲直りじゃあるまいし、ねぇ…。これが幼稚極まりない計画だとしても、過去の日本政府はそれに付き合ってきたわけだから、どっちもどっち、情けない話で…。次期ウルトラ左翼政権の誕生に期待することにしようか。
    韓国国民は事あるごとに日本を愚弄して痛快感を味わいながら、平気で日本旅行を楽しむ。この精神性は日本人には理解しがたいところ。良識ある日本人なら誰もが不快に感じることでしょう。しかしまあ、相手を対等な人間として理解しようと思うから腹も立つのであって、「ただの未開な蛮族」と考えたほうが健康的かと。
    どうせ紅白なんて見ないけど、毎年楽しみにしているお年寄りが気の毒で…。

  6. クロワッサン より:

    2016年には、統一朝鮮になったら一国2体制で行こうとの記事が韓国にて出てました。

    韓国の1人当たり所得が統一後15~30%減少 ソウル女子大教授らが分析
    登録:2016-08-08 23:31 修正:2016-08-09 07:16
    http://japan.hani.co.kr/arti/economy/24842.html

    バブルが弾ければ南北格差は縮小するだろうから、統一のチャンスだと考えるんですけどね。

    北朝鮮の核を民族の核へと昇華出来ますし。

    核で脅せば金を出しそうなキシダジャパンも居ますし。

  7. 通りすがり より:

    >大韓民国憲法上、北朝鮮は韓国の領土だ。

    これ、黒電話がまたファビョるんじゃないの?w
    この発言した韓国人に無慈悲な鉄槌が下って地獄の業火で焼かれても知らないぞw

  8. 引きこもり中年 より:

    みなさんにお尋ねします。
    もし北朝鮮が韓国の一部(または韓国が北朝鮮の一部)で、その双方と中国が国交を結んでいる以上、理屈上は、(中国のいうところの中国の一部である)台湾と中国の双方と国交を結ぶことが出来るということでしょうか。なにしろ、中国が(相手国の主張を無視して)そのなかの一部地域と国交を結んでいるのですから。(少ないなが台湾と国交を結んでいる国があります。つまり、国際社会の一部は、台湾を国として認めているのです)

  9. 通勤嫌いな不良サラリーマン より:

    不幸なことに、日本近隣国の、韓国、北朝鮮、中国、ロシアが、日本と価値観が共有できない「国としての基本的な態度」すら守れない「敵国」のようです。
    「反撃能力」を保持し準備しないと、ウクライナの実例から「侵攻・蹂躙」されるのは明白。
    なのに、お花畑な「憲法9条真理教」の方々は、これがワカラナイ(敵国応援で知らんぷり?)

    韓国は、米国と同盟していながら、中国に擦り寄り「後ろから鉄砲撃つ」詐欺大国
    「丁寧な無視」を継続しつつ、「ここぞ!」という時に、米国と連携し「引導」(信用状発行停止・ビザ免除廃止等)を渡すがのベストソリューションかと。

    p.s.
    中国・韓国推しの「マスゴミ」に至っては、日本を貶める(「敵国」侵攻応援歌を流布)ばかり(切り取りによる印象操作&報道しない自由をフル行使中・・・)
    もう、サイレントインベージョンの手段と成り果て、それ隠すことすら放棄してるみたい・・・

  10. カズ より:

    >スタンド・オフ防衛能力等を活用した自衛隊の能力を反撃能力として用いる

    北京にまで射程が伸びれば、必然的にンウルも含まれることになるんですよね。
    少しはおとなしくなってくれればいいんですけど・・。

  11. 農民 より:

    「我が国領土へ反撃をするには我が国への許可が必要だ。」

     主権侵害のことを言いたいのでしょうが、普通に考えてこんなお粗末な理屈が成り立つ「戦争」がありますかね。憲法で戦争を禁止したら戦争が起きなくなる9条教並みです。
     やはり韓国は、権利と責任の関係を理解できておらず、その上に戦争中であるにもかかわらず戦争に対する覚悟も、戦争に近い事故を起こし戦争に至りかねない挑発をしまくっているという認識も、絶望的に無いようです。

    1. 匿名 より:

      日米の軍人さん達はこんなのを相手にしなければならないなんて本当にお気の毒です。あいつら日米の足を引っ張る事しかできないのかね。

  12. 峠のクロ より:

    虚言を言って恥じない者は、どんな悪事もやりかねない

    お釈迦様

  13. マスオ より:

    > 日本の北朝鮮への反撃には韓国の承認が必要
    日本の社民党、立憲民主党の一部の議員が言いそうで苦笑してましたw
    (北朝鮮にミサイルを撃つには、北朝鮮の承認を取れ!とかww)

    こう言う発言が出てくることは、個人的には頭に来ますが、日本と韓国を分断する発言として歓迎したいです。もっと過激な発言しないかな、とすら思います。すり寄ってきたら気持ち悪いですしね。

  14. . より:

    北朝鮮について、韓国のみならず、わが国もアメリカも国家として承認していない。反政府集団として扱うことになる。ただし韓国政府には北朝鮮を征伐する力がなく、それどころか韓国国内には北朝鮮の意を汲む政治勢力がある。
    こういうことだから、仮定の話として、わが国が北朝鮮を攻撃するのであれば、韓国政府、および在韓国連軍の主体であるアメリカに知らせる努力義務がある。

    ややこしいのは、世界には北朝鮮を国家として承認する国が多く、そういった国々が国連を通じて北朝鮮制裁決議したのであるから、これは韓国には適用されないと理解するのが常識ではある。

    いまできることといえば、学校で用いる補助教材の地図帳のほとんどが「朝鮮民主主義人民共和国」と表記されているのだが、これは我が国の方針に反するものであるから取り締まるべきだと思う。あるいは文科省の怠慢か。

  15. 元ジェネラリスト より:

    韓国話ではなく野党話ですが、
    最近、立憲が反撃能力を容認するとかしないとか、苦しい屁理屈を並べ始めてる(右と左の板挟み)のを見て思い始めたんですが、
    「反撃能力は必要だが憲法上はここまでしか許されない」
    という主張をしてくれないかなぁと。

    憲法審査会での立憲の主張は確か「急いで改憲する必要がない」だったかと思いますが、その論拠が崩れると思うんですよね。
    ポロッと言いそうな勢いは感じてるんですが。

    まあどっちにしても、政府の出す方針に合わせて言うのではなくて、十分な防衛力とは何かを自分らなりに定義してほしいもんです。(意思も能力もないでしょうけど)

  16. Naga より:

    韓国の承認が必要と言うなら、その前に北朝鮮をちゃんと押さえ込めよと言う話です。
    それに尽きる。

  17. 名無しの権兵衛 より:

    日韓請求権協定の「日韓両国および両国民間の請求権は完全かつ最終的に解決した。」の『韓』には北朝鮮を含むという約束だったことを忘れてもらっては困ります。

    1. . より:

      御指摘の件は重要で、文政権の際に、南北合同の暁には北朝鮮の分として日本に賠償を請求しようという議論がおきた(いまでもあるかもしれない)。ゆえに、わが国が北朝鮮を国家として認めることはないのだが、あぶないのは、将来にアメリカが北朝鮮と和解して朝鮮戦争の終結宣言を出すときだろう。
      このようなことがおきると、その瞬間にわが国は極東地域で孤児になる。トランプ政権のときは、実にハラハラした。このようなことが現実化するときに、わが国は北朝鮮を含めてすでに解決していることを主張しつづけることができるだろうか。

    2. 匿名 より:

      日本政府、というか自民党は含まれているとは考えていなくて、北とは別に請求権協定を結ぶ気満々でしたよ。小泉とか見てるとわかるでしょ。

      元々北の分も含まれていると言い出したのは韓国の方で、日本は北とは別に講和する気満々だったんだけど、2000年頃から請求権資金をナイスに使って漢江の奇跡を成し遂げた優秀なウリたちのテクを北に伝授して日本からかっぱらった請求権資金で北も発展させてやると韓国が言い出したり、日本の右翼が韓国の軍事政権の真似をして日韓請求権資金には北の分も含まれていると言い出したり、っていうひっくり返った状況に現在なってますね。時の流れとは得てしてそういうものなんでしょう。

  18. 匿名 より:

    中国「韓国よ何を言っている、朝鮮半島は我が領土、日本が我が領土にミサイルを撃つなど言語道断。」
    韓国「…。」

  19. 墺を見倣え より:

    韓国の主張は、北朝鮮をダシに使っているだけで、その内容は、「朝鮮半島のどこから攻撃をうけても、日本が反撃するには、予め韓国政府の許可が必要。」という話であり、突き詰めれば、「韓国も北朝鮮も日本にミサイル撃ち込み放題、且つ、(韓国政府が事前に許可しない限り)日本は一切反撃してはならない。」というトンデモな内容。

  20. 七味 より:

    韓国政府「日本が北朝鮮を攻撃する場合、韓国政府の事前同意が必要だ」→日本政府「そんな予定はない」https://rakukan.net/article/494908219.html

    楽韓さんの記事だけど、政府は韓国の許可なんか取るつもりはないみたいですね♪

    それはそうと韓国にとっては北朝鮮は韓国領だから、引き下がる訳にはいかないと思うのです♪
    そこで、
    「反撃自体は日本の単独判断で行うけど、反撃の費用なんかは、その原因となったとこを領土としてるとこに請求する」
    とすれば、韓国の顔も立てることができるんじゃないかな?

    それにしても、本当に北朝鮮有事が起こると
    北朝鮮に日本が反撃→自国領を攻撃された韓国が日本に宣戦布告→日韓両方と同盟してる米国が驚く
    って、トンデモ展開になるのでしょうか?

    以前、北朝鮮が攻めてきたら日本に攻め込むとインタビューに応えてた韓国人がいたけど、こういうことを想定してたんですね♪
    ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク
       ワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク

    はいそうです

  21. ムッシュ林 より:

    北朝鮮から日本に対する武力攻撃があれば、当然自衛権の行使として反撃できます。自衛権の行使に他国の同意など必要ありません。仮にそれを韓国領土からの攻撃と韓国が主張するなら、論理的には韓国に対して日本が自衛権を行使することも国際法上問題ないわけです。
    韓国の外交部にはまたもに国際法を理解している職員はいないのでしょうか。

    1. 匿名の人 より:

      個人的には北朝鮮が韓国を攻めた場合、韓国軍的には軍事侵攻ではなくクーデターとなり、アメリカ軍がそれを止めに入るのは内政干渉となってしまうのではないのかなと思う所存です。

  22. めがねのおやじ より:

    安保関連文書を見ると、「日米韓」「韓国」と2回も韓国が出て来ます。必要無いだろうこんな記述。彼らを増長させ、誤った信号を受け取らすだけだ。そう、自国の都合の良いように。
    米国、台湾はじめ欧州連合、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国、カナダ、NATOとの安全保障協力を強化するのはわかりますが。正直言って、韓国に対しては最近、手緩いと思う。大統領が尹氏に変わったからなのか、でも基本は反日、侮日、告げ口野郎です。最低限の付き合い=目は合わさず、友好国を優先する外交で頼む。

  23. WindKnight.jp より:

    こんな話を持ち出すと、
    北朝鮮の行動についての責任を韓国が取らないといけなくなるのだが。
    大丈夫ですかね。

  24. sey g より:

    おそらくですが、北朝鮮への反撃を許可してほしければ、徴用工輸出規制(韓国の妄想)に対して譲歩しろと、交渉の材料にしてるのでしょう。
    それをいうなら北のお痛に対して韓国に賠償義務が生じる筈ですが。
    さすが権利を主張し義務から逃げるお国ですな。

  25. 生え際 より:

    なるほど。つまり韓国の領土から日本へ日常的にミサイル撃って挑発を繰り返しているんですね。

    じゃあ明確な敵対国家なんですけど。

  26. ななっしー より:

    毎日まいにち義務も果たさず権利ばっかり主張してんなー。
    憲法ケンポーと言うが


    第3条。大韓民国の領土は韓半島とその付随島嶼とする。
    第4条。大韓民国は統一を指向し、自由民主的な基本秩序に即した平和的統一政策を樹立してこれを推進する。
    」(Wikipedia)

    訳が分からないよ。
    主語がおかしくないか?
    統一の目的語が無いよ。
    ここでも戦略的あいまいさでおいしいとこ取りを狙うのかよ。

    批判するだけでなく実例を示そう。
    ドイツを見ならえw

    ドイツ連邦共和国基本法(1949年版)第23条
    「この基本法は、まずバーデン、バイエルン、ブレーメン、グレーター・ベルリン、ハンブルク、ヘッセン、ニーダーザクセン、ノルトライン・ヴェストファーレン、ラインラント・プファルツ、シュレスヴィヒ・ホルシュタイン、ヴュルテンベルク・バーデンおよびヴュルテンベルク・ホーエンゾレンの諸州に適用されるものとします。ドイツの他の地域においては、加盟後に発効するものとする」(DeepL翻訳)

    ドイツの場合は「ドイツ」の範囲と基本法の適用範囲(義務の範囲)をちゃんと区別してるのよねえ。
    韓国は建国の時から義務も果たさず権利ばっか主張してんなー。

  27. 妖怪変化 より:

    今日は。
    何時も的確適時に日韓関係の問題について分析され、公開されており、楽しみにしています。
    コメ様もおおむね同意できる内容で、気持ちが収まります。

    気の付いた点を管見ながら、コメします。

    ①聯合ニュースの記事は読みましたが、TBSwebの流した記事は論旨をずらしていて「朝鮮半島に対する反撃」になっています。当初のことで間違っていなければ、北と思われる語彙は使われていません。びっくりしました。その後の記事は微妙に、北と韓国・半島とあいまいにしています。
     また実効支配領土圏外の夢物語に付き合う必要はありません。

    ②日本の防衛3文書・反撃うんぬんについての隣から聞こえてくる雑音はいつものことですが
    承認には、恐れ入りました。 承認はいりません。 日韓は非同盟、そのような取り決めをしていません。半島方面への反撃があったとして、基本日米間の集団的自衛の処理で、他国は関係ありません。 

    ③最近怪しい動きが、日米と韓の間で続いています。たとえば、日米韓のいわゆる対北重複制裁取り決めです。特に韓を含めたこのような取り決めは、悪手過ぎます。 そもそも輸出管理は、最低グループの敵国であるべきです。 日米の制裁がザルなのに、なぜ網しか打たない韓を含めるのか。 瀬取りについて国連機関の制裁関連報告書が、いかにザルであるか、証しているにもかかわらず、改善されたときいていません。 制裁する気もない者どうしがあつまって、拉致被害家族に恥ずかしくないのでしょうか。

  28. 世相マンボウ* より:

    >>韓国の法律では日本は北朝鮮に反撃できない。
    あららあ(笑) (^^)/

    まあ、このおちゃらけな主張は
    国際法違反を犯しての
    大法院自称徴用工判決にしても
    韓国の法律?とやらは、
    同じ「法律」との言葉を単語を使っても
    イスラム国の法律ト称するものや
    日本では英和な江戸時代の
    山賊追い剥ぎさんの主張と
    同じレベルのものとみなしてあげるのが
    妥当なものだと自ら行っているようなものと
    感じます。

    さあて、
    日本の半島御用達メディアのA新聞さんや
    吽国際政治学者を名乗る元首長さん、
    ならず者国家とは友愛結ぶ鳩ポッポさんや
    韓流政党立憲民主党さんの反応が
    とてもとても楽しみです (^^);

  29. 同業者 より:

    つまり、日本の領空・領海・領土に侵入してきたミサイルは、直ちに迎撃し、反撃するという意志を国内外に示したわけですね。
    実際にそれだけの覚悟があるかは別にしても、今後は断固たる対応をとる必要があります。

    それにしても、攻撃してきた敵国に反撃の承認を得なければならないとは驚きです。
    まさにルール無用の悪党が考えそうなことです。

  30. 攻撃型原潜#$%&〇X より:

    皆さん相当お怒りのようですが、「北朝鮮を攻撃する場合は先ず韓国を叩き潰してから、北朝鮮を攻撃してね」というメッセージだと考えればよいのではないでしょうか。実際のところ、そうしないと後ろから撃たれる可能性大です。

  31. CRUSH より:

    共産党中国もこの手のジレンマを抱えていますね。

    今の共産党政権が民や清など歴代王朝の正統な後継を謳うのであれば、米国に向けて清朝が発行した鉄道国債の召喚に応じないとならない。
    (100兆円以上なのだとか)

    国債召喚に応じる気がないなら、悠久4000年の歴史とかハッタリかまさず、過去の版図の正当性とか寝言せず、新興国として謙虚に国境を定めて大人しくしてるのが理窟のスジですわ。

  32. ちょろんぼ より:

    南国政府が日本に対し「北国への攻撃には
    南国の許可が必要」との事。
    南国の決意を高く評価します。
    つまり、日本の代りに南国が北国を攻撃するぞ!!
    との決意表明ですよね。 立派です。
    でも、南国の武器って使用可能なのでしょうか?
    北国との撃ちあいした時、2発目で大砲が使え
    なくなったでしょ? 米軍も根性あるよな~
    南国から砲弾を買うなんて、ウクライナに
    送るのかな? ISOなんて、南国では通用しないぞ。

    日本が米国と攻撃する場合、時間があれば
    南国に連絡する事もあるかと思いますが
    多分時間は無いと思います。 その時は、ゴメンね。

    さて、ここで問題です。
    第二次大戦前ベルギーの立場は何だったのかという問題です。
    当然答えは知っていると思いますが、中立国です。
    でも、独国は気にしませんでした。
    日本が北国を攻撃に南国の許可が必要なんて、
    戯言を言うようじゃ、すぐ歴史認識を!!と叫びますが、
    ほんの数十年前の事も学校で教えていないんですね。
    ま~南国では10年と言えば、「永遠の時間」を
    表すそうですから、もう無かった事になっているのでしょう。
    軍事において、寝言は誰の耳も貸しません。

  33. 匿名 より:

    「韓国は北朝鮮の領土」と読むと、すんなりと理解できそうです。

  34. 宇宙戦士バルディオス より:

     国際法学会の一員として発言させていただきます。
     反撃能力の行使を、自衛権の行使の一環として位置付けるならば、韓国の同意は必要ありません。
     何故なら、自衛権の行使の要件に、対象国の同意は入っていないからです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です