興味深いことに、現在、韓国からは2つの「全く矛盾する動き」が同時に出て来ています。一つは「日本侮辱」の動き、もう一つは「日本への擦り寄り」の動きです。そこで、本日はこの「2つの全く矛盾する動き」について、私なりの「議論」を提示しておきたいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    日韓友好か、日韓非友好か?

    私のウェブサイトは、別に「韓国ネタ」を取り扱うサイトではないのですが、それでも先月6日の日本政府による「釜山慰安婦像への対抗措置」発動を契機に、アクセス数が激増しました。1月を通じた月間PV数は10万件近くに達していますが、それだけ「韓国」という「理解しがたい国」に対する人々の関心が高い証拠ではないかと思います。

    興味深いことに、現在、韓国からは2つの「全く矛盾する動き」が同時に出て来ています。一つは「日本侮辱」の動き、もう一つは「日本への擦り寄り」の動きです。そこで、本日は月の初日というタイミングでもありますので、主に先月までのメディアの報道をまとめるとともに、客観的な統計から垣間見える「未来の日韓関係」について、議論を行いたいと思います。

    「日韓友好」と韓国の狼藉行為

    終わらない韓国による日本に対する狼藉行為

    当ウェブサイトでは過去に何度も申しあげてきましたが、私の母親(故人)は「在日韓国人二世」でした(※生前に日本に帰化済み)。私自身がそうした出自であったためでしょうか、それとも「在日韓国・朝鮮人」が多く居住する神戸で育ったためでしょうか、若い頃の私は、「日韓両国は隣国同士で文化も似ているし、きっと仲良くやっていける」と勘違いしていたことも事実です。

    ただ、今になってみると、こうした若い頃の私の考えは、「甘かった」と言わざるを得ません。というのも、「日韓が古代から近い場所にいた」からといって「日韓両国が似た文化を持っている」とは限りませんし、さらには、日本がいくら「韓国と仲良くしたい」と思っていても、彼らは「日本と仲良くする」という発想を持っていないからです。

    韓国人が日本人に対して行ってきたこととは、ヒトコトで「狼藉(ろうぜき)行為の数々である」、と断言できます。韓国人の日本人に対する狼藉行為(明らかな不法行為や犯罪行為など)は、2011年以降に限定して思いつくままに列挙するだけでも、

    「◆韓国の市民団体がソウルの日本大使館前に慰安婦像を設置(2011年12月)、◆当時の李明博(り・めいはく)韓国大統領が日本領である島根県竹島に不法上陸(2012年8月)、◆韓国人窃盗団が長崎県対馬を中心に仏像などを窃盗(2012年10月)、◆米カリフォルニア州グレンデールの公有地に慰安婦像設置(2013年7月)、◆産経新聞ソウル支局の加藤支局長(当時)が『大統領に対する名誉棄損』という前代未聞の罪で在宅起訴(2014年8月)、◆韓国人が靖国神社の公衆便所に爆発物を仕掛けるテロ事件を起こす(2015年11月)」

    と、本当に枚挙に暇がない状態です。

    私が2011年以降に限定した理由は、別に「2011年以降に韓国政府、韓国国民らによる日本に対する狼藉行為が特に酷くなったから」、という理由ではありません。単に「韓国人から日本人に対する狼藉行為が、あまりにも多すぎ、いちいち列挙するのが面倒臭いから」です。たとえば「李承晩(り・しょうばん)ライン」の一方的宣言や竹島の不法占拠、慰安婦問題というウソを通じた日本人に対する侮辱行為の数々など、韓国は昔から日本に対して、一貫して加害者であり続けています(日韓関係の先行きを巡っては、『このままではいけない!日韓関係の先行きを危惧する』あたりをご参照ください)。

    韓国では歴史教育の中で、「日本は過去に韓国に対して非人道的な犯罪を働いた」と教えられているようであり、このため、韓国国民は「日本に対してなら何をやっても許される」と勘違いしている節もあるようです。そして、こうした韓国による日本に対する「狼藉行為」は、韓国国民、韓国政府を問わず、全く留まる気配を知りません。

    日本人の対韓感情の悪化原因は?

    ただ、こうした韓国政府・国民らによる日本に対する狼藉行為の数々にも関わらず、日本人の対韓感情は、2011年10月頃までは比較的良好でした。それを裏付ける調査が内閣府による「外交に関する世論調査」です(図表1)。

    図表1 日本国民の対韓感情の推移

    (【出所】過去の内閣府「外交に関する世論調査」より著者作成)

    内閣府ウェブサイトに公表されている調査を一番古いもの(1978年8月時点のもの)から調べてみると、日本人の対韓感情は一定していません。「韓国に対して親しみを感じる」、「感じない」という回答の比率は、しばしば逆転しているからです。たとえば、1999年10月から2011年10月まで、韓国に対して「親しみを感じる」とする回答が「感じない」とする回答を上回っていましたが、この期間はサッカーのW杯の日韓共催が行われたり、日本で「韓流ドラマ」が流行したり、と、比較的日韓両国が近づいた時期でもあります。

    ただ、この世論調査では、2012年10月時点で逆転し、「親しみを感じない」とする回答が「感じる」とする回答を大きく上回っている状況にあります。

    • 2011年10月時点…62.2%対35.3%(親しみを感じるvs.感じない)
    • 2012年10月時点…39.2%対59.0%(親しみを感じるvs.感じない)

    そして、日本人の対韓感情は、2012年10月調査時点以降、「外交に関する世論調査」が始まって以来の最悪水準にあります。

    2012年10月以降に日本の対韓感情が悪化した理由に関して、政府などの公式な説明はありません。では、なぜ日本人の対韓感情がここまで急速に悪化したのでしょうか?

    その理由として、考えられる要因の一つは、韓国側が日本の国民感情を刺激するような「狼藉行為」を、相次いで働いたことです。実際、2011年10月時点と2012年10月時点の間で、ソウルの日本大使館前の慰安婦像設置(2011年12月)、李明博の竹島不法侵入と天皇陛下侮辱発言(2012年8月)という、日本の国民感情を刺激する出来事が相次いで発生したことは事実です。

    ただ、別に韓国による日本に対する狼藉行為は、「今に始まった話」ではありません。このため、李明博の竹島不法侵入事件などが「日本人の対韓感情を著しく悪化させた決定的な要因」だと考えるのは、やや乱暴な議論です。

    インターネット普及と日本の国民感情

    日韓関係(あるいは日本の韓国に対する国民感情)が2012年10月以降、大きく悪化した要因として、私が考えている理由とは、「インターネットの普及」です。

    日本社会では、東日本大震災の前後でスマートフォンが急速に普及。さらに、東京(※)などの主要都市の地下鉄でもスマートフォンが常時接続可能になったこと(※東京の場合は2013年3月以降)に加えて、有料・無料のWiFi接続が増え、今やタブレットやノートPCなどのWiFi接続も容易になったことなどで、近年、ますますインターネットが身近な存在になっています。

    したがって、昨今の日本で、インターネットを通じて直接、情報を入手する人が増えていることは間違いないと考えて良いでしょう。

    では、なぜインターネットが普及すれば日本の国民感情が「韓国嫌い」に振れるのでしょうか?

    おそらく、日本のマス・メディア(新聞やテレビなど)の業界では、伝統的に、「韓国が日本に対して限度を超える狼藉を働いていたとしても、日韓関係に配慮するために、できるだけこうした報道を控える」という姿勢があるのではないかと考えています。しかし、インターネットを使えば、日本のマス・メディアがいくら隠したとしても、たとえば韓国のメディアの日本語版ウェブサイトを通じて、いくらでも情報が拡散してしまいます。

    このため、インターネット環境につながる日本人が増えたことが、対韓感情の悪化に、間違いなく寄与しているはずです。

    日本政府は「突然キレた」?

    ところで、日韓関係がさらに悪化するきっかけとなった「最近の象徴的事件」といえば、何といっても昨年12月末の釜山の日本領事館前に慰安婦像が違法設置されたことでしょう。日本政府は今年1月6日には大使・釜山総領事の一時帰国や日韓スワップ交渉の中断などの「対抗措置」を打ち出しました。

    さすがに日本政府も『突然キレた』のか?

    と思う人もいるかもしれません。私自身もそう思いました。

    ただ、その後の報道を調べてみると、どうやら日本政府(あるいは安倍政権内)でも温度差があって、外務省などを中心に「日本が譲歩する形で、できるだけ穏便に終わらせよう」とする従来の「大人の対応論」も根強い一方、安倍総理周辺を中心に「(この問題を巡って)日本から譲歩する必要などない」と強硬な意見もあるなど、日本側も決して「一枚岩」ではありません。

    しかし、日本政府が発動した「大使一時帰国措置」などを巡っては、日経の調査では国民の72%が、産経の調査では80.4%が支持。さらに、安倍政権に対して極めて批判的な報道姿勢で知られる毎日新聞の調査でさえ、74%の人が支持している状況です(ちなみに不支持は日経で18%、毎日で17%、産経調査には記載なし)。

    駐韓大使の一時帰国「支持」72% 本社世論調査(2017/1/29 22:00付 日本経済新聞電子版より)
    内閣支持率微増60・7% 自民党1・0ポイント増 民進党1・1ポイント減 トランプ大統領への懸念84%(2017.1.30 11:44付 産経ニュースより)
    日米関係「今より悪くなる」56%(2017年1月22日 21時40分付 毎日新聞より)

    このように、各種メディアの調査で見る限り、少なくとも現時点では、日本国民の大多数が駐韓大使らの一時帰国措置などの対応を「支持」している格好です。

    これに加えて、さらに、こんな報道も出ています。

    77%が「韓国を外交、経済活動の相手国として信頼できない」(2017.1.30 18:57付 産経ニュースより)

    産経ニュースによると、28日から29日にかけて実施した、「韓国を外交や経済活動の相手国として信頼できるかどうか」を尋ねる世論調査で、

    • 信頼できる…17.0%
    • 信頼できない…77.9%

    と、圧倒的多数が「信頼できない」と答えたそうです。

    以上の報道を総合すると、現在の日本人の間では韓国に対する不信感が広がっており、しかも先月6日の日本政府による「対抗措置」に関しても、圧倒的多数の人々が支持しているということは、どうやら間違いなさそうです。

    私も、日本政府による「対抗措置」については、日本政府が従来の「大人の対応(と称した事なかれ主義的対韓外交)」から脱皮したこと自体、画期的なことだと評価して良いと考えています。ただ、それと同時に以前から繰り返している通り、私は日本政府の措置については「遅すぎるし、甘すぎる」と考えています。そして、その懸念は、残念ながら実現しつつあります。

    事実は小説より奇なり

    「事実は小説より奇なり」という言葉がありますが、韓国の日本に対する「狼藉行為」は、1月6日の日本側の「対抗措置」によって終わるどころか、むしろ「加速」しています。私自身が1月以降に当ウェブサイトで取り上げた「時事ネタ」を列挙しただけでも、次の通り、「ネタ」は大量にあります(※日付は私が記事に取り上げた時点であり、出来事があった時点ではありません)。

    • 1月13日 同日、次期大統領有力候補の潘基文(はん・きぶん)前事務総長が「慰安婦合意破棄」を主張。有力大統領候補のほぼ全員が「慰安婦合意破棄」を言い出した格好となる
    • 1月14日 中央日報が「ソウル近郊に次々と少女像設置」と報道
    • 1月19日 韓国政府・「企画財政部」次官補が17日、「韓国側から先に(日韓スワップの再開の)要請はしない」と述べた
    • 1月20日 韓国が不法占拠中の日本固有の領土である島根県竹島に、日本を侮辱する目的で慰安婦像を設置するという動きが浮上
    • 1月20日 平昌冬季五輪の公式HPに「独島」の記載がなされていた件で、1月19日に日本政府・外務省が抗議
    • 1月25日 韓国・中央日報日本語版に1月24日付で掲載された「日本のAPAホテルの会長が『中国人からの予約は受け付けない』と述べた」という捏造記事が、翌25日に削除される
    • 1月25日 菅義偉(すが・よしひで)官房長官、同日の記者会見で日韓関係巡る膠着の打開は「韓国が考えること」と一蹴
    • 1月27日 韓国の裁判所が1月26日、対馬から盗み出された仏像を韓国の寺に引き渡せという非常識な判決を下す

    つまり、当初は韓国政府・韓国社会も日本政府の対抗措置に驚いていた節もありますが、1月6日以降も日本を愚弄する、様々なネタが次々と出て来ている始末です。

    これを「事実は小説より奇なり」と言わずしてどうすれば良いのでしょうか?

    韓国の日本への擦り寄り

    韓国の現在の苦境

    ただ、それと同時に、韓国が現在、猛烈な「経済的苦境」にあることは間違いありません。

    ここで、韓国の「外貨ポジション」を見ておきましょう(図表2)。

    図表2 韓国の「外貨ポジション」(2016年9月末時点)
    項目 金額  出所・備考
    ①外貨準備高 3,729億ドル 出所:国際通貨基金(IMF)
    ②韓国政府が保有する米国債の最大値 726億ドル 出所:米財務省統計(TIC)
    ③外貨準備高のうち、内訳不明部分 3,003億ドル ①-②
    ④外国との通貨スワップ 735億ドル 出所:スワップ協定全般アップデート図表6
    ⑤CMIM 384億ドル 出所:スワップ協定全般アップデート図表3

    まず、韓国が発表する外貨準備高は、3,729億ドル(約44兆円)です(①。ただし、2016年9月末基準。以下同じ)。しかし、一般的に「外貨準備の大部分を占める」と考えられる米国債の保有残高は、最大でも726億ドル(9兆円弱相当、②)に過ぎず、「通貨の売り浴びせ」には非常に脆弱です(※ただし、この金額は毎月変動しているようです)。なお、公式発表値と米国債保有額の差額3,003億ドル(③)については、内訳は全く不明です。

    では、韓国が通貨危機に陥った場合、韓国の通貨・ウォンを買い支えるために必要な外貨準備を使い果たしてしまうと、韓国はどうなってしまうのでしょうか?これを予防するための仕組みが外国との「通貨スワップ」です。

    ただ、韓国が「イザというときに頼みにする」はずの諸外国との通貨スワップ協定については、米ドルに換算すれば735億ドル程度ですが(④)、このうち豪州との50億豪ドルのスワップを除けば、いずれも「ソフト・カレンシー」(国際的に通用しない通貨)とのスワップばかりであり、役に立ちません(内訳の詳細については図表3)。残る「頼みの綱」は「CMIM(チェンマイ・イニシアティブ・マルチ化協定)」ですが、これについては韓国が「イザというときに」CMIMからお金を引き出すことは、事実上困難です(その理由については、『CMIMスワップは「使えない」』あたりをご参照ください)。

    図表3 韓国と韓国以外の国との通貨スワップ協定(失効分も含む)
    締結日 失効日 相手国 韓国ウォン 相手国通貨
    2014/2/23 2017/2/22 オーストラリア 5兆ウォン 50億豪ドル
    2013/10/13 2016/10/12 UAE 5.8兆ウォン 200億ディルハム
    2017/1/25 2020/1/24 マレーシア 5兆ウォン 150億リンギット
    2014/3/6 2017/3/5 インドネシア 10.7兆ウォン 115兆ルピア
    2011/10/10 2017/10/10 中国 64兆ウォン 3600億元
    (合計) 90.5兆ウォン 約735億米ドル

    (【出所】韓国銀行ウェブサイト、各国中央銀行ウェブサイト等より著者作成。ただし、「失効日」について明文記載がないものについては応当日の前日を「失効日」とみなしている。また、「相手国通貨」の米ドル換算額については、各通貨を2017年1月26日時点でダウジョーンズから入手した為替相場終値で試算している。また、UAEとの通貨スワップ(200億ディルハム、約54億ドル相当)については、UAE側の報道発表に「更新」(extention/renewal)という情報がないため、現時点で失効していると考えられる。)

    つまり、韓国からの「資本逃避(キャピタル・フライト)」が始まった時に、韓国政府が使えるお金は、せいぜい1,000億ドル(12兆円)か、多く見積もっても1,200億ドル(14兆円)程度です。私は以前、『韓国からの資金流出リスクは29兆円』と述べましたが、これでは到底、足りません。

    これに加えて、昨年秋の韓進海運の経営破綻、サムスン社の「ギャラクシーノート7」の発火事件、日韓スワップ協定の再開交渉の打ち切りなど、韓国を取り巻く経済環境は急速に悪化しています。

    擦り寄り①日韓FTA構想

    こうした中、思わず「わが目を疑う」ような報道を、「あの新聞」から2つも見つけてしまいました。

    一つは、「日韓FTA構想」です。

    韓経:【社説】トランプ大統領のTPP離脱…韓日FTA締結を可視化しよう(2017年01月25日13時15分付 中央日報日本語版より)

    この記事は「韓国経済新聞」の配信記事ですが、主張内容を私の言葉で要約すれば、

    「日本もTPP構想の停滞で困っているはずだから、そこに付け込んで韓日(日韓)FTAを成立させよう」

    というものです。あそこまで日本のことを侮辱しておきながら、平気で「日本とのFTA(自由貿易協定)を締結しよう」などという厚顔無恥な主張が出てくること自体、私にとっては新鮮な衝撃です。

    擦り寄り②日韓海底トンネル構想

    そして、もう一つの「擦り寄り」は、日韓海底トンネル構想です。

    釜山市、3月から「韓日海底トンネル」妥当性を研究(2017年01月13日08時19分付 中央日報日本語版より)

    中央日報によると、韓国・釜山市が3月から「韓日(日韓)海底トンネル建設の妥当性を分析する研究」を始めるのだそうです。釜山市といえば、日本総領事館前の公道上に日本を侮辱する慰安婦像を建立し、撤去していない当局者であり、いわば、日韓関係を進んで破壊した当事者でもあります。

    「日韓トンネルより先に慰安婦像の撤去をしなさいよ」

    と忠告したくなってしまうのは、決して私だけではないでしょう。

    自然な考え

    以上、1月に入ってから、韓国による「日本人を愚弄する行為」が加速している印象が強い一方で、それと同時に現在の韓国では、「困った時の日本頼み」も表面化しているようにも見受けられます。

    ただ、自然に考えてみて、慰安婦像の撤去すら完了していないどころか、世界中で次々と新たな銅像が設置され、次期大統領の有力候補がことごとく「慰安婦合意の撤回」を言い出している状況で、平昌冬季五輪の公式HPに「独島観光案内」を掲載され、さらには日本から盗まれた仏像を返還しないとする判決まで出ている状況で、「日韓友好」に関わるいかなるプロジェクトも進まないであろうことくらい、素人ででもわかります。

    以前であれば日本のマス・メディアが「報道しない自由」を駆使したために、韓国の狼藉行為が日本で報道されませんでしたが、現代ではインターネットを通じて韓国メディアから直接、事実がダイレクトに伝わってくる状況です。事実、本記事(あるは本記事が引用している以前の記事)では、情報源はいずれも韓国のメディア(中央日報日本語版が多いです)から直接引っ張っており、「韓国が国を挙げて日本を侮辱している」という私の主張の信憑性は極めて高いものです。

    いつもと同じ結論で恐縮ですが、私は「日韓関係は最終的に落ち着くべきところに落ち着く」と見ています。つまり、いつもの日韓関係の類型(図表4)でいうところの④~⑥のいずれかです。

    図表4 日韓関係を巡る6類型
    カテゴリ 分類 概要
    日韓友好推進派 ①対等な日韓関係 日本は韓国と、価値を共有する対等な主権国家同士として、友誼を深め、ともに手を取り合って未来に向けて発展していくことを目指す考え方
    ②対韓配慮型関係 日本は過去の歴史問題などに多少は配慮し、謝るべきところは謝り、賠償するところは賠償するなどしつつも、韓国と対等な関係構築を目指す
    ③対韓追従型関係 韓国が求める「正しい歴史認識」を全面的に受け入れ、韓国が「もう良い」と言うまで全面的に謝り続ける
    日韓友好非推進派 ④韓国放置論 韓国が日本に対して突きつけてくる不当な要求を無視し、敢えて日韓関係の改善を先送りにする
    ⑤日韓断交論 韓国との関係を断ち切る
    ⑥誅韓論 韓国という国を、むしろ積極的に滅亡させる

    ただし、私が『このままではいけない!日韓関係の先行きを危惧する』の中で申し上げたとおり、私は現在の日韓関係の先行きについては、決して「楽観視」していません。日本人のマジョリティが、もはや「日韓友好推進論」(上記①~③)を信じていない点については、ほぼ間違いないでしょう。しかし、「日韓友好非推進論」の立場を取るにせよ、上記④~⑥のいずれが適切であるかについてのコンセンサスが形成されているとは言い難いのが実情です。

    私の個人的な意見としては、やはり本日議論したとおり、「苦境に陥ったら日本を侮辱し、日本に擦り寄る」というのが韓国の「習性」のようなものでしょう。よって、「韓国を放置する」という上記④の姿勢には大きな問題があるといわざるを得ません。このため、結局は⑤か⑥、あるいはそのミックス(韓国を単体で見るのではなく、日中関係の全体に位置付けること)などの検討が、日本国民のレベルで必要になっていると、私は考えています。

    いずれにせよ、この論点については引き続き国民的議論が必要です。私も一人の「ビジネスマン評論家」として、拙いなりにも議論の題材を提供していきたいと考えております。

     

    ※本文は以上です。

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2017/03/25 00:00 : 犯罪正当化!日経ビジネスの非常識 (経済全般)
  • 2017/03/24 16:00 : 「籠池問題」補足:問題の本質は野党とマスゴミ (政治)
  • 2017/03/24 00:00 : 政局政治:野党とマスゴミに懲罰を! (マスメディア論|国内政治)
  • 2017/03/23 12:06 : 【速報】籠池氏、逃げる? (時事|国内政治)
  • 2017/03/23 09:45 : 補足論点:破綻する米韓関係と日韓スワップ (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/23 00:00 : 5月9日が「日本にとっても重要な日」である理由 (韓国崩壊)
  • 2017/03/22 00:00 : 月間10万PV御礼とウェブメディア雑感 (マスメディア論|雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 21:04 : 【緊急】コメント返信ができていないことに関するお詫びについて (雑感オピニオン)
  • 2017/03/21 09:00 : 石原元知事への「人民裁判」と小池劇場を批判する (時事|政治その他)
  • 2017/03/21 00:00 : 明らかに潮目が変わったG20 (金融)
  • 2017/03/20 14:30 : 日米中から捨てられる韓国 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/20 00:00 : 相変わらず「国の借金」と報じる日経 (政治)
  • 2017/03/19 13:15 : 「森友事件」は日本社会の変化の象徴 (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/19 00:00 : 減税こそ日本に必要 (金融)
  • 2017/03/18 18:00 : 孤立する韓国―日米外相会談レビュー (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/18 00:00 : 野党とマスゴミに責任を取らせろ! (マスメディア論)
  • 2017/03/17 12:45 : 日米外相、韓国を華麗にスルー ほか (時事)
  • 2017/03/17 00:00 : FRBの利上げと国際政治 (金融)
  • 2017/03/16 00:00 : 国の滅亡と国家のデフォルト (金融)
  • 2017/03/15 09:00 : 「ウソつき稲田は辞めろ~」(?) (時事)
  • 2017/03/15 00:00 : 『ニュース女子』問題 (マスメディア論)
  • 2017/03/14 16:15 : 5カ国協議と「ゴミ捨て場の韓国」 (時事)
  • 2017/03/14 08:00 : マス「ゴミ」と呼ばれるゆえん (マスメディア論|時事)
  • 2017/03/14 00:00 : 雑感アラカルト「備えあれば憂いなし」ほか (雑感オピニオン)
  • 2017/03/13 20:45 : 慰安婦問題の完全解決には韓国滅亡が必要? (時事|韓国崩壊)
  • 2017/03/13 17:00 : 中東の雄・サウジアラビアとインフラ金融大国の日本 (時事|金融)
  • 2017/03/13 00:00 : 国費を無駄にする低レベルな野党質疑 (国内政治)
  • 2017/03/12 20:58 : コメント・引用・転載は自由です! (お知らせ|雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 16:45 : 同情する気になれない朴槿恵氏の哀愁 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/12 14:15 : 東日本大震災直後の「ブログ記事」再録 (過去ブログ)
  • 2017/03/12 00:00 : 自壊する韓国への対応 (韓国崩壊)
  • 2017/03/11 00:00 : 反日国が自壊する、またとないチャンスが到来した! (韓国崩壊)
  • 2017/03/10 11:30 : 【速報】韓国大統領、失職へ (時事)
  • 2017/03/10 00:00 : 大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (韓国崩壊)
  • 2017/03/09 21:00 : 韓国社会に関する雑感 (雑感オピニオン)
  • 2017/03/09 12:15 : 【予告編】大統領の弾劾訴訟と韓国社会の破綻 (時事)
  • 2017/03/09 00:00 : 続・中国による「小出しの対韓制裁」の意味 (外交)
  • 2017/03/08 18:30 : 呆れて物も言えない徴用工像設置計画 (時事)
  • 2017/03/08 12:45 : 韓国、近日中に大統領弾劾が成立か? (時事|政治)
  • 2017/03/08 00:00 : 不当に市場ボラティリティを抑制する中韓両国 (金融)
  • 2017/03/07 18:30 : スワップに苦しむ韓国のメディア報道 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 08:00 : インドネシアとのスワップに喜ぶ韓国 (日韓スワップ|時事)
  • 2017/03/07 00:00 : 偽ニュースメディアが偽ニュースという (マスメディア論)
  • 2017/03/06 12:00 : 安倍政権は「歴代最長政権」を目指す? (時事|国内政治)
  • 2017/03/06 00:00 : 世界情勢から読む朝鮮半島 (韓国崩壊|外交)
  • 2017/03/05 00:00 : 6%と20%―日韓経済比較 (韓国崩壊|経済全般)
  • 2017/03/04 00:00 : AIIBと人民元―失敗しつつある中国の金融戦略 (RMB|金融)
  • 2017/03/03 13:15 : 違法民泊の実態調査 (経済全般)
  • 2017/03/03 00:00 : 自由競争に晒されるテレビ局 (マスメディア論)
  • 2017/03/02 13:00 : ノーベル症と日本を貶める中央日報 (時事)
  • 2017/03/02 00:00 : 【続】破滅に向けて突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/03/01 00:00 : 民泊を巡る議論の整理 (経済全般)
  • 2017/02/28 09:15 : 韓国「歴史を忘れた民族に未来はない」 (時事|韓国崩壊)
  • 2017/02/28 00:00 : 韓国を待ち受ける「ギリシャ型破綻」 (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/27 00:00 : 韓国は為替操作国だ―外貨不足の末に… (日韓スワップ|韓国崩壊|金融)
  • 2017/02/26 00:00 : マス「ゴミ」の終焉 (政治)
  • 2017/02/25 20:30 : 「駐韓大使の帰国長期化」報道 (時事)
  • 2017/02/25 18:00 : 【速報】韓国は為替操作国だ!~韓国経済「4月危機説」の真相 (時事)
  • 2017/02/25 00:00 : 日韓関係巡る日本政府の「外交事なかれ主義」を切る (韓国崩壊)
  • 2017/02/24 00:00 : 100円札を発行せよ!~カジュアル通貨論~ (政治)
  • 2017/02/23 00:00 : まっすぐ崩壊に突き進む韓国社会 (韓国崩壊)
  • 2017/02/22 00:00 : ボルカー・ルールと「トランプ7原則」 (金融)
  • 2017/02/21 09:15 : 「韓日は切っても切れない関係」という珍説 (時事)
  • 2017/02/21 00:00 : むしろ日本は慰安婦問題で孤立している! (韓国崩壊)
  • 2017/02/20 00:00 : インドネシアとの通貨スワップはどうなった? (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/19 00:00 : 「日露2+2会合」再開のインパクト (外交)
  • 2017/02/18 18:00 : 慰安婦像問題を外国ニュースから眺める (時事)
  • 2017/02/18 00:00 : 「韓国崩壊」を冷静に議論する (韓国崩壊)
  • 2017/02/17 09:45 : 【過去コンテンツ再録】韓国の資本主義について考える (過去ブログ)
  • 2017/02/17 08:45 : 為替介入報道:FTに「抗議」する韓国政府の愚 (時事)
  • 2017/02/17 00:00 : 為替介入を考える (金融)
  • 2017/02/16 10:00 : 某電機大手の粉飾疑惑:朝日新聞よ「お前が言うな」 (時事)
  • 2017/02/16 00:00 : 政治家のSNS利用に噛み付くマスゴミ (マスメディア論)
  • 2017/02/15 20:45 : 金融政策と為替介入の違いが判らない韓国経済新聞 (時事)
  • 2017/02/15 00:00 : FT「韓国が為替介入」記事とトランプ通商戦争 (金融)
  • 2017/02/14 19:45 : 国単位で信頼を失うということ (時事)
  • 2017/02/14 08:15 : 日本の難民受入問題を考える (時事)
  • 2017/02/14 00:00 : 韓国社会の崩壊を防ぐには…? (韓国崩壊)
  • 2017/02/13 00:00 : 日米首脳会談の成果は完璧に近いが… (外交)
  • 2017/02/12 15:00 : 圧倒的存在感!北ミサイル受け日本が主役に!―韓国に言及なし (時事)
  • 2017/02/12 12:00 : メディアが報じない「安倍・トランプの共通点」 (マスメディア論)
  • 2017/02/12 00:00 : 日米首脳会談、異例にも世界中が注目 (外交)
  • 2017/02/11 15:00 : 【速報】ドナルド・トランプ大統領、日本を「べた褒め」 (時事)
  • 2017/02/11 00:00 : デタラメは必ず暴露される (マスメディア論)
  • 2017/02/10 12:15 : 官房長官会見の「駐韓大使帰任」と「日韓関係」 (時事)
  • 2017/02/10 00:00 : 中国の外貨準備統計は信頼に値するか (RMB|金融)
  • 2017/02/09 08:30 : 豪ドル・スワップは「焼け石に水」 (日韓スワップ|時事|金融)
  • 2017/02/09 00:00 : 役所の問題体質 (国内政治)
  • 2017/02/08 17:30 : 【速報】韓国、オーストラリアとのスワップを倍増 (日韓スワップ|金融)
  • 2017/02/08 00:00 : 崩壊する韓国社会と日本の対韓外交 (韓国崩壊)
  • 2017/02/07 00:00 : 鳴物入りのAIIB、どうなった? (RMB|金融)
  • 2017/02/06 17:15 : ニュース女子巡る長谷川氏見解 (時事)
  • 2017/02/06 13:45 : 日本政府による対抗措置から1か月が経過 (時事)
  • 2017/02/06 00:00 : 韓国崩壊の「3つのシナリオ」 (韓国崩壊)
  • 2017/02/05 20:30 : ブロガーのシンシアリーさん、来日へ (時事)
  • 2017/02/05 17:45 : 日韓往来逆転の衝撃 (経済全般)
  • 2017/02/05 00:00 : マティス国防相訪日と日本の「対韓外交」の問題点 (外交)
  • 2017/02/04 17:00 : 「人民元、カナダドルに追い抜かれる」産経報道の真相 (RMB|金融)
  • 2017/02/04 00:00 : 路上喫煙の害を考える (雑感オピニオン)
  • 2017/02/03 17:45 : AIIBの参加国は約60か国のままで全く増えていない! (RMB|金融)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告