事実関係の確認:岸田首相は過去に韓国に2回騙された

岸田文雄首相といえば、2015年、韓国に2回も騙された政治家としても知られています。1回目は「世界遺産合意」、2回目は「慰安婦合意」です。岸田首相を敢えて擁護するなら、慰安婦合意自体、韓国によってあっけなく破られたことが日本にとって一概に悪いことだったとは言えない、という側面はあるかもしれません。いずれにせよ、岸田首相の対韓外交は「3度目の正直」となるのでしょうか、それとも「2度あることは3度ある」となるのでしょうか?

日韓首脳会談!?

すでにいくつかのメディアが報じていますが、本日(13日)、カンボジアで日韓首脳会談が開かれるそうです。ここでは韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の記事を紹介しておきましょう。

13日に韓日首脳会談開催 韓国大統領室

―――2022.11.12 17:03付 聯合ニュース日本語版より

自称元徴用工問題で目に見える進展がなにもないなかで、なぜここに来て岸田文雄首相が突如として尹錫悦(いん・しゃくえつ)韓国大統領との首脳会談に応じることにしたのか。

可能性が最も高いのは、北朝鮮情勢や台湾情勢が緊迫するなかで、日米韓3ヵ国連携の重要性を確認するために両首脳が急遽面会することにした、ということではないかと思いますが、当ウェブサイトとしては現時点でその内容を断定するのは避けたいと思います。

ただ、ネット界隈では日韓諸懸案を巡り、岸田首相が何らかの「譲歩」――たとえば自称元徴用工問題に関して「基金」ないし「財団」方式での「解決」を図る、など――を約束するのではないか、といった不安が出ているのも事実でしょう。

岸田首相巡る「事実」

韓国に2回騙された岸田文雄首相

こうしたなか、当ウェブサイトにも「社会的な役割」がひとつあるとすれば、そのひとつは「客観的な事実関係」を定期的に掘り起こし、誰でも確認ができるように時系列で並べておくことだと思います。

岸田首相が今回の首脳会談で何を話すのかはわかりませんが、今回「掘り起こす」論点は、岸田首相が過去に少なくとも2回、外国によって騙された経験がある、という事実です。

この「2回騙された」という評価は、優れた韓国観察者としても知られる鈴置高史氏が昨年10月18日付でウェブ評論サイト『デイリー新潮』に寄稿した記事のなかで出てくるものです。

岸田首相から3匹目のドジョウ狙う韓国 米中対立で日本の「輸出規制」が凶器に

韓国が国を挙げて岸田文雄新政権にラブコールを送る。米中対立の激化で日本の輸出管理強化が韓国経済の首を締め始めたから、と韓国観察者の鈴置高史氏は見る。<<…続きを読む>>
―――2021/10/18付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

この「3匹目のドジョウ」という表現、言い得て妙です。

「騙す側」としては、「過去2回騙せた」相手に対しては、「3匹目」を狙うのは当然だからです。

世界遺産登録に関する約束をたった2週間で破った韓国

では、この「過去2回」とは、いったい何でしょうか。

1回目は2015年、日本政府が明治期の産業革命関連施設のユネスコ世界遺産登録を目指した際、当時の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権がこれを全力で妨害した件に関連して発生しました。

東京を訪れた当時の尹炳世(いん・へいせい)外交部長官と会談した当時の岸田外相は「関係改善へ努力すること」で一致したうえ、韓国が推薦する「百済歴史遺跡地区」の世界遺産登録に日本が協力するかわり、この明治期の産業革命遺産の世界遺産登録に韓国が協力することで合意したのです。

日韓関係改善へ努力 世界遺産、両国登録で協力

―――2015年6月22日 1:22付 日本経済新聞電子版より

ところが、ふたを開けてみたらそのわずか2週間後、7月4日のユネスコ総会の場で、韓国側が突如としてこの約束を反故にし、日本の世界遺産登録に異を唱えたのです。しかもこのときは、外務省の佐藤地(さとう・くに)ユネスコ大使がこんなことを述べるというオマケまで付きました。

日本は、1940年代にいくつかのサイトにおいて、その意思に反して連れて来られ( brought against their will )、厳しい環境の下で( under harsh conditions )働かされた( forced to work )多くの朝鮮半島出身者等がいたこと、また、第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことについて理解できるような措置を講じる所存である」。

これも韓国側の完全なる勝利でしょう。なにせ「強制徴用・強制労働」という自分たちが作り出したウソを、日本の外交官に認めさせたのですから。

ウソツキ外務省による噴飯ものの言い訳

ではなぜ、この者はこんな発言をしてしまったのでしょうか。

これに対する外務省の言い訳が、噴飯ものです。

外務省が同年7月14日付で公表した記事によれば、この “brought against their will” や “forced to work” は、「朝鮮半島出身者については当時、朝鮮半島に適用された国民徴用令に基づき徴用が行われ、その政策の性質上、対象者の意思に反し徴用されたこともあった」という意味なのだそうです。

そのうえで「今回の日本側の発言は、違法な『強制労働』があったと認めるものではないことは繰り返し述べており、その旨は韓国側にも明確に伝達している」、などとするのが外務省の言い分です。

余談ですが、この外務省の言い訳を眺めていると、「さすが財務省と並ぶ、日本を代表するウソツキ官庁のひとつだ」、などと思わざるを得ませんし、正直、このような官庁、今すぐ廃止してこの文章を執筆した者とともに懲戒免職処分にするのが妥当ではないか、というのが個人的な感想ではあります。

ただ、岸田文雄氏が外相時代に韓国に騙されたというのは厳然たる事実です。

しかも日経新聞の6月22日付の報道によれば、21日に外務省板倉公館で開いた外相会談は夕食会も含めて3時間あまりに及び、両者はにこやかに握手を交わしていたにも関わらず、たった2週間でその約束が破られたというのは、少し深刻に受け止める必要があります。

次は慰安婦合意だが…

次に「2回目」は、当ウェブサイトの読者の皆さまであればだれでもご存じの、2015年12月28日、同じく岸田「外相」が尹炳世氏と取り交わした慰安婦合意です。著者自身の要約で恐縮ですが、この合意を要約すると、次の4項目から成り立っていると考えて良いでしょう。

【参考】いわゆる「日韓慰安婦合意」(2015年12月28日)のポイント
  • ①慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感し、安倍晋三総理大臣は日本国を代表して心からおわびと反省の気持ちを表明する。
  • ②韓国政府は元慰安婦の支援を目的とした財団を設立し、日本政府はその財団に対し、政府予算から10億円を一括で拠出する。
  • ③韓国政府は在韓国日本大使館前に慰安婦像が設置されている問題を巡って、適切に解決されるように努力する。
  • ④上記②の措置が実施されるとの前提で、日韓両国政府は、この問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認し、あわせて本問題について、国連等国際社会において互いに非難・批判することを控える。

(【出所】外務省HP『日韓外相会談』より著者作成)

当時、日本国内の、決して「ウヨク」とはいえないような一般国民の間でも、この合意は極めて評判が悪いものでした。なぜなら安倍晋三総理が自称元徴用工問題を「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題」と位置付けたうえで、韓国に対して謝罪してしまったからです。

たとえば、朝日新聞は2021年5月21日付で、この慰安婦合意の直後から、首相官邸には安倍総理の支持基盤である保守層からの抗議のメールが続々と届いたと報じています(『慰安婦合意で振り返る「岩盤支持層を敵に回すリスク」』等参照)。

これに加えて著者自身が当時、岸田文雄氏個人のフェイスブックを覗いてみたところ、嬉々として慰安婦合意の成果を報告していた記事に対し、数千件という抗議の声が殺到していたことを、昨日のことのように思い出します。

岸田首相、当時のフェイスブック記事を削除!

ここで、少しだけ余談です。

現時点で岸田首相のフェイスブックを検索してみたところ、なんと該当する記事を発見することができませんでした。具体的には、フェイスブックで岸田文雄氏個人のアカウントから「2015年」指定すると、「一致する結果はありませんでした」と表示されるのです(図表)。

図表 フェイスブック「岸田文雄」「2015年」の検索結果

(【出所】フェイスブックの岸田文雄氏のページ

というよりも、不思議なことに、岸田氏は過去のフェイスブックの記事をほとんど削除しているらしく、2019年以前の投稿を確認することはできませんでした。自身の過去の投稿を削除するというのは、なにか合理的な理由があってやっていることなのでしょうか?謎です。

慰安婦合意は日本にとって悪いことばかりではなかった(結果論だが)

なお、慰安婦合意の件に関して、岸田首相のことを少しだけ擁護しておくならば、この合意を形成するうえで実務的に動いていたのは、おそらくは岸田首相ではなく、安倍総理のもとで官房長官を務めていた菅義偉総理ではないかと考えられます。

というのも、慰安婦合意の4項目については、それなりに精緻に練られていたものだからです。

項目の①と②については日本側に課せられた義務ですが、③と④はおもに韓国側に課せられた義務であり、違約すれば、「安倍総理も謝罪したし、10億円も支払うから、それで今後二度と自称元慰安婦問題を蒸し返さない」という意味です。

それに、この合意については日本だけでなく、当時の米国政府も積極的に動いていました。その中心となったのが、バラク・オバマ政権下で副大統領を務めていたジョー・バイデン現米大統領、あるいは国務副長官だったアントニー・ブリンケン現国務長官でしょう。

そして、米国政府が現在でも、この合意を支持していることは明らかです。『アジア系女性記者に報道官「米国は慰安婦合意を歓迎」』でも取り上げましたが、米国務省のネッド・プライス報道官は2021年7月20日のブリーフィングで、慰安婦合意について次のように述べているからです。

“As we stated at the time in 2015, we welcome efforts such as the 2015 agreement between the two countries as an example of their commitment to forging a more productive and constructive bilateral relationship.”

意訳すれば、プライス氏は2015年の日韓慰安婦合意を「日韓両国がより生産的でより建設的な二国関係の構築で合意したものである」と認識していることを意味します。

実際、この合意が文在寅(ぶん・ざいいん)政権であっけなく反故にされたこともあってか、米国政府が日本政府に対し、少なくとも表向きは「韓国に対して譲歩せよ」と要求してこなくなったことも事実でしょう。

さらにいえば、慰安婦合意の項目の③については、韓国側がいっさい履行していません。日本大使館(跡地)前にあるあの慰安婦像は、いまだに日本大使館(跡地)を睨みつけているからです(※当たり前ですが、外国公館前にその国を侮辱する構築物を設置すること自体が国際法違反です)。

したがって、慰安婦合意自体は世界遺産登録の件と異なり、韓国に騙されたことが単純に「悪いことだった」、という話ではありません。

なぜなら、韓国側がこの慰安婦合意を反故にしたことで、慰安婦合意を仲介した当時のジョー・バイデン副大統領(つまり現在の大統領)のメンツをつぶしたからです。あるいは、「韓国は約束を守らない国である」という事実が、米国を含め、全世界に伝わったという意味でもあります。

いわば、慰安婦合意は「肉を切らせて骨を断つ」という意味においては、結果的には安倍総理、あるいは菅総理が遺した大いなるしかけのひとつでもあったのでしょう。

日本は無理に韓国に譲歩するな

いずれにせよ、2015年になされた日韓外相間の2つの合意――6月の「世界遺産合意」と12月の「慰安婦合意」――は、非常に重要です。

これらの合意については、岸田氏が政治家として「韓国に2度と騙されないような慎重さを身に着けたのではないか」と解釈する人もいるかもしれませんが、それと同時に、「韓国に2回も騙された」という岸田文雄氏の政治家としての能力の限界を示すものだ、という解釈をする人もいるかもしれません。

「3度目の正直」なのか、「2度あることは3度ある」なのか、という違いです。

ただ、もしも前者だとしたら、岸田首相が2015年当時のものも含め、フェイスブックの過去記事をどうやら削除してしまった可能性が非常に高い、という点とは整合性が取れません。政治家としての失敗を記憶にとどめるのであれば、あえて自身の失敗の記録を削除するはずがないからです。

あるいは、野党やオールドメディアが「(旧)統一教会問題」での攻撃を仕掛けてきているなか、ただでさえ自民党政権に逆風が吹きやすいという状況にあるにも関わらず、自身の長男を首相秘書官に任命してしまうほどの政治センスを眺めていると、やはり不安を覚える人も多いのではないでしょうか。

日韓首脳会談を巡っても、日本が韓国に無用な譲歩をするのではないか、といった懸念が出てくるゆえんです。

鈴置氏も「日本が韓国に譲歩しようがしまいが、『日米韓3ヵ国軍事協力』の進展にまったく影響は生じない」と指摘している(『対韓譲歩は無駄!鈴置氏「日本に韓国を動かす力なし」』等参照)とおり、日韓諸懸案については、日本の側が無理して解決を図るべき筋合いのものではありません。

正直、米韓関係自体がどうなるかわからないなかで、日本がわざわざ韓国に対して譲歩する意味はありませんし、また、韓国の側のグダグダぶりを眺めている限り、自称元徴用工問題で日本が譲歩するかたちでの解決で最終合意に至るのは、やめておいた方が良いとしか言いようがありません。

(※そもそも岸田文雄・現首相にそこまでの政治力があるのかどうかは別問題ですが…。)

あるいは、無理にでも合意に至ったとしても、どうせ2015年12月の日韓慰安婦合意の二の舞になることは火を見るより明らかでしょう。

個人的には最近、岸田首相、あるいは尹錫悦(いん・しゃくえつ)韓国大統領の任期中に「解決策」で合意できる可能性がどれだけあるのかが疑問ですし、無理やり合意をすればどちらかの政権(あるいはどちらも?)が吹き飛ぶように思えてならないのですが、いかがでしょうか?

読者コメント一覧

  1. はにわファクトリー より:

    どんな会見写真が報道になるのか見ものです。
    広島に錦を飾ることで頭がいっぱいの岸田首相は、きっちり足元を見られてハメられる(誰に?)危惧を感じます。今は平時でないので、カネのばら撒きで人気が取れるはずがありません。

  2. 土地家屋調査士 より:

    おはようございます。
    早朝からの記事更新をありがとうございます。

    韓国の経済状況が悪いと言われ、麻生元総理が訪問してからの日韓首脳会談。通貨スワップを締結しないことを祈るばかりです。

  3. クロワッサン より:

    誤記部分です。

    >なぜなら安倍晋三総理が自称元徴用工問題を「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた問題」と位置付けたうえで、韓国に対して謝罪してしまったからです。

    自称元徴用工問題ではなく、いわゆる元日本軍慰安婦問題です。

  4. 匿名 より:

    誰かが言っておられたのですが、安倍内閣の本当の外交は安倍総理自身が行っていた。
    岸田外相としては、この騙された事案しか印象にないのですが。
    日韓よりも更に不安なのが日中首脳会談でEEZへのミサイル攻撃についても発言せず、
    沖縄・与那国近海は中国の勢力圏だと実質的に認めてしまいそうな事です。

  5. クロワッサン より:

    >あるいは、野党やオールドメディアが「(旧)統一教会問題」での攻撃を仕掛けてきているなか、ただでさえ自民党政権に逆風が吹きやすいという状況にあるにも関わらず、自身の長男を首相秘書官に任命してしまうほどの政治センスを眺めていると、やはり不安を覚える人も多いのではないでしょうか。

    そうですね。

    旧統一教会問題に関して「政商ならぬ政宗」の問題として粛々と対処すれば良いのに、安倍一強時代が長く続いた所為なのか分かりませんが、自民党の議員側はこの問題の「破壊力」「影響力」を甘く考えて、軽症で済んだところが致命傷になる議員も出て。

    福岡県での「選挙活動に協力する事で得られた名簿を信者獲得に利用する」という事例がニュースで取り上げられましたが、「政治家が宗教を利用する事」や「宗教家が政治を利用する事」に関し、今まで脇が甘かったのは事実なので、今後一層きっちりと対処しないと駄目ですね。

    1. はにわファクトリー より:

      クロワッサン さま

      >選挙活動に協力する事で得られた名簿を

      当方ザンゲします。かつて市議会選初立候補の旧知のかたの依頼を受けて選挙事務所でPC操作をやった経験があります。名簿作りはヤミヤミでした。協力して得たじゃなくて提供される名簿です。名簿屋ビジネスの世界です。違法じゃないけどどうかな。選挙事務所が持っている情報が「抜かれて」ネットに晒されると難儀する議員は少なくないはず。

      1. クロワッサン より:

        はにわファクトリー さん

        そうなんですね。

        正直なところ、妥協や切り捨てが仕事となる政治の世界が綺麗事で済まないのは分かりますが、綺麗に見せる必要はある訳で、其れが出来ていない瀬戸際元大臣は首を獲られて当然な無能だと考えています。

        ただ、反省し、閑職であろうとしっかり仕事をし、ミスを繰り返さない事と有能である事を示す事が、政治家であり続ける為には必要だと考えています。

      2. はにわファクトリー より:

        選挙は民度の顕れです。

        問題提起こそ虚構ホールディング社の中期経営計画書に含めるべきスローガンの健闘素材、並列世界からの虚数通信、虚構報道社の次の特集記事は
         『もう駄目だ 限界代議士の限界選挙区』
        これでどうでしょうか。

        1. クロワッサン より:

          >選挙は民度の顕れです。

          その通りです。

          なので、旧統一教会問題を他人事と捉えて、解決を求めて来なかった有権者にも問題があるとは言えます。

          90年代?に旧統一教会問題が大きく扱われた時、解決してないのに社会の関心が薄れ、旧統一教会の問題性を報じるジャーナリストは旧統一教会によるSLAPP訴訟などの報復が怖くて取り上げる事に躊躇する雰囲気になった、とも聞きます。

          なので、今此処で旧統一教会とキッチリエンガチョしておかないとですね。

    2. クロワッサン より:

      >個人的には最近、岸田首相、あるいは尹錫悦(いん・しゃくえつ)韓国大統領の任期中に「解決策」で合意できる可能性がどれだけあるのかが疑問ですし、無理やり合意をすればどちらかの政権(あるいはどちらも?)が吹き飛ぶように思えてならないのですが、いかがでしょうか?

      韓国の方は、支持率が低下した政権が対日レイシズムに阿った言動を取り始め、でも支持率はロクに上昇せずに終わる…というケースが多々起きるようですが、日本の場合は支持率が低下した政権が外交での成果を使って支持率の維持や上昇を狙うケースがどの程度起きてるのか知らないんですよね。

      岸田政権の場合、合意しても合意しなくても政権がそろそろ吹っ飛びそうではあります。
      ただ、発足時から岸田政権の長続きを望んでいなかった身としては、ある意味好都合ではあります。

      1. 呆け老人 より:

        >発足時から岸田政権の長続きを望んでいなかった身としては、ある意味好都合ではあります。

         このご意見に激しく同意します。
         
         私は広島生まれですが、無知無能、気力も迫力も度胸も感じられず、後ろから鉄砲を撃ってでも故郷に錦を飾ることしか目的を持たないと思える岸田政権には期待していません。しかし、広島の方々は「おらが村のセンセイ」と言うことで大いに期待しているようですので、魑魅魍魎な国会のセンセイ方のご意向一つに掛かりますが、以外と長続きする可能性も否定できないかも知れません(正直な心境としては個人的な感想として岸田クンにはそれだけの能力を感じられませんが)。そうなると日本には不幸な結果しかもたらすことが無いように思いますが、全て有権者が正当な方法で選んだセンセイ方が行う行動ですから、文句の言い様がないでしょう。

         文句があるなら悪質なセンセイを落とすことですがこれが容易なことではないのは前回の東京都知事選挙を見ても無理なことがおわかりかと思います。庶民は前都知事が起こした風に煽られて「これぞ誠の東京都知事」と投票した結果、ご存じの結果になっているのですが、気がついているのかいないのか?選んだ後の結果を悔やむ前に投票直前までの結果を考えて投票してくれればな~~~と思うところですが。

    3. はにわファクトリー より:

      得意のにたにた顔で、手土産外交をする危険は相当あります。
       『前科2犯 仏の顔も三度まで 岸田首相の危うい外交手腕』
      オレンジ色のニクイやつ今日の夕刊虚構ポストの1面見出しはこれだ。

      1. クロワッサン より:

        はにわファクトリー さん

        手土産外交となる可能性はそれなりに低いかもですね。

        ただ、自称元徴用工問題での財団方式は、「この問題は完全に韓国の国内問題であり、日本側は一切無関係である」と日韓両政府が公式見解を出すなら、毒饅頭となった自称元日本軍慰安婦問題での財団方式同様に「アリ」かと。

        日本政府は「既に解決済みの問題である」との見解なのだから、「韓国政府が勝手にやっただけで、これで解決しても解決しなくても日本側は完全に無関係」って事で、財団方式に同意したとか賛成したとかは一切触れないのが良いかと。

        ただ、自称元徴用工問題での日本企業側の金銭負担は、過去現在将来含め全て韓国政府が負担する、とかも含めて欲しいところ。

      2. 名無しの権兵衛 より:

        はにわファクトリー 様へ
         「仏の顔も三度まで」というと、「三度目までは許される」と解釈されそうですが、この用法は誤りで「仏の顔も三度」が正しいそうです。
         このことわざの元となったのは「仏の顔も三度撫ずれば腹立つ」という言葉で、どんなに仏のように温厚な人でも三度も顔をなでたら怒りますよ、という意味ですから「三度目まで怒らない」ではなく、「三度目は怒る」という意味だそうです。

      3. はにわファクトリー より:

        名無しの権兵衛 さま

        『大魔神降臨 慌てる首相官邸と内閣府官僚』

        という見出しの幻影を視ました。

    4. KY より:

       >軽症で済んだところが致命傷になる議員も出て

       これもマスゴミの匙加減次第ですね。野党が同様の立場なら露骨なまでにスルーでしたから(怒)。

      1. クロワッサン より:

        KY さん

        マスゴミの匙加減次第なところはありますが、マスゴミが自民党に厳しく野合政党には激甘なのは前々から分かっている事なので、やはり瀬戸際元大臣はとてつもなく無能だったと言わざるを得ないかと。

        あれで総理大臣を目指していたとの事なので、そうなる前に問題化してある意味良かったです。

        第二の安倍元総理になってたかもですし。

        今後は、旧統一教会含め社会的問題を持つ連中とは関わりを持たない様、自らを厳しく律していって貰いたいですね。

  6. つるかめ より:

    おはようございます。
    岸田総理は対韓宥和に舵を切ったのかもしれません。
    先日の国際観艦式でも韓国を招待しました。
    レーダー照射事件はなにも解決していないにもかかわらずです。
    やはりこれは外交行為なので総理の意思だと考えます。

    それに観艦式における総理の服装です。
    ただのスーツでした。
    安倍総理の時はシルクハットをかぶっていたと思います。
    こういう時には過去のやりかたを参考にするものですが。
    総理のブレーンはなにをやっているのでしょうか。

    しかし自民党が近年の問題を先送りして譲歩するのなら、私は投票できる政党がなくなってしまいます。
    安倍、菅政権からの路線を変更するなら、相応の説明が欲しいです。

  7. 一之介 より:

    私は、この財務省の極めて無能なポチ男なら
    2度あることは3度どころか何度でもあると思います。
    一刻も早く首相辞任か内閣総辞職を望みます。

  8. マイナンバー より:

    間もなく行われる日韓首脳会談は、『未来志向』と『北朝鮮』という誤魔化しワードをちりばめながら、実質的にはこれまで何度も何度も繰り返されてきた日本政府の対韓国譲歩となる、と予想します。
    二度あることは三度ある。
    総理大臣が岸田文雄氏、外務大臣が林芳正氏ですから。

    1. 引きこもり中年 より:

      もし、本日の日韓首脳会談で、世論の批判が高まれば、岸田総理は林外務大臣を更迭するのでしょうか。もっとも、岸田総理が岸田総理を更迭するかもしれませんが。

  9. めがねのおやじ より:

    岸田首相の支持率が低迷する理由が、もひとつ腑に落ちなかったが、最近ようやく理解出来ました。この方は優柔不断、信念無し、安倍総理の監視が無くなったからか、財務省に抗う事は出来ず、外務省には言いなり。

    本来、今この時点で「日韓首脳会談」は、やるべきではありません。というか、何も変わらずなら永年会う必要無し。相手はその岸田首相を、今までの対応で与しやすしと見ている。中途半端な返事、相手にいいように解釈される発言は、絶対に言ってはならない。相手が成果を持って来るまで、会う必要ナシ。中国の習近平も同じです。

    今、会談すべきは、米国バイデン、台湾蔡、次いで豪、英、仏、加。またタイ、印、ベトナム、マレーシア、シンガポールらではないか。

    岸田首相は誤解を恐れずに言えば、印象に残らぬ総理だ。何もしなくていいから、次期政権にスムースにバトンを渡せるよう、発言行動には気をつけるべきだ。ぜんぜん期待はしてないよ。

  10. taku より:

    およそ3年ぶりの日韓首脳会談開催(韓国による観艦式出席への見返り)で、ユンソンニョル政権誕生以降のいわゆる徴用工問題をめぐる外交交渉は、一段落だと(徴用工は膠着のまま棚上げ、現金化も決着もしない、但し日韓関係はこれ以上の悪化は防ぐ)思いますので、日韓のメリット・デメリットにつき、考えてみました。
    まず、日本は大したメリットもありませんでしたが、(現金化されないのであれば)デメリットもないでしょう。あえて言えば、過去の植民地支配に対する過度な贖罪意識に囚われる朝毎東やサンモニのような対韓宥和派が、さらにその勢力を減ずる結果となったことが、メリットですかね。
    次に、韓国ですが、何も得られたものはありませんでしたし、デメリットとしては「司法が独立していない」(慰安婦合意の破棄も相俟って)「国家間の約束を守れない」という国際的信用を失ったと評価できるのではないでしょうか。まあそんなことを気にもかけないかの国の国民からすれば、何も失ったものはない、ともいえるのですが。
    日韓関係における米国の役割ですが、かねてより日本は米国に対し「明確に日本の立場につくのでなければ、日韓関係は日本に任せてくれ(中途半端な介入は控えてくれ)」と主張してきました。今回、韓国の保守政権と一定の”合意”に達したことにより、日本の主張の正しさが証明されたことになると考えます。米国が慰安婦合意のように日韓関係に介入するリスクは大きく減少したものと、評価します。
    日韓の交渉手続きですが、これまでは、日韓政府で交渉し一定の合意→マスコミに漏れ韓国民が激高→韓国政府が更なる譲歩を要求→過去の植民地支配にも配慮し日本が譲歩→韓国民が渋々応諾という経緯をたどったことが多かったように思います。今後は、「韓国が答案を作成し、日本が採点する」方式が定着していくのではないでしょうか。そして今回と同じく、「話にならない」案しか出てこず、何も決まらない状況が続くと考えます。日本にとっては、韓国の国内事情により解決できない、のですから、これはこれでよろしいのではないでしょうか。
    そのうえで、今後の日韓関係をどうするか、ですが、私なりに整理すると、次の5パターンだと考えます。
    A案(積極主義)…利害の反することは棚上げし、一致することについては推進する
    B案(是々非々)…現状維持を原則とするが、日本にメリットがあることのみ、推進する
    C案(現状維持)…既存の関係は維持するが、新たな関係構築は控える
    D案(消極的現状維持)…新たな関係構築は控えるし、現状の関係も段階的に縮小させる
    E案(即時解消)…既存の関係についても、可能な限り早期に解消させていく
    私としては、D案が良いと思うのですが、やはり気分・感情に流されて、国益に反していますかね。皆さんはどのように思われますか?

    1. 農家の三男坊 より:

      >(現金化されないのであれば)デメリットもないでしょう。

      これは違うと思います。
      実態は、外交上の各種・抑止力の棄損、民間企業の法務対策費増大等の損失を被っています。

      本を糺せば”事なかれ主義”で日和った歴代自民党政権の朝鮮半島政策が原因ですが、日韓基本条約交渉時に一旦妥協した線を踏み込まれて、何の現実的な対応も出来なかった。

      これにより、日本国との約束は守らなくても有耶無耶にできると世界に公言したようなもので、同じようなことが再発することを覚悟しなければなりません。

      良い例が、火器管制レーダー照射事件です。
       通常の国なら戦闘行為なので、反撃を受ける覚悟が必要で、余程のことが無ければやりません。 しかし、自衛隊の場合にはアホな政府見解(専守防衛)で縛られているので、弾なり、ミサイルなりを打ち込まれて撃墜・撃沈されてからでなければ反撃して来ないと高を括られているので、中・韓等のチンピラ国は火器管制レーダー照射をやってくるのです。

      首脳会談をするもしないも”そこで何を話すか”次第ですが、”お手手繋いで仲良く”しかできない”幼稚園児の様な岸田さん”にはあまり期待できないと思います。

      今後の対応は”キチンと躾をする”と言う視点で考えると
      B,C.D案のミックスで

      ”条約・合意を守らない、嘘つき・コソ泥推奨” 国 が悔い改めない限り
      常に負担(緩い鞭)を強いる、改善が見られなければより強い鞭を入れる。
      これ等とは独立に、日本にメリットがあることについてのみ推進する。

      各問題毎に、謝罪、関係者の処罰、再発防止策の実施を確認し、
      躾が出来ていると確認して初めて普通の国(優遇も冷遇もしない)として扱う。

      と思います。

  11. カズ より:

    日韓外交に導入して欲しいのは、食券機。
    食い逃げは未然に防止するのが肝要です。

    「三つ子の魂”(騙しい)百までも・・。」
    ひとは簡単に変わるものではありません。

    麻生氏は訪韓時に何を語ったのでしょう?

    1. はにわファクトリー より:

      カズ さま

      >麻生氏は訪韓時に何を語ったのでしょう?

      それがポイントです。
      フォロー情報は出てこなかった。知的好奇心を刺激するマッサージ機能を誇る当サイトの運営主どのがきっと話題に取り上げてくれるものと(ちら)

      1. taku より:

         2013年の就任式に出席し朴大統領と会談した際、米国の南北戦争を例に引き「歴史認識は一致しないもの」と正論を発し、韓国で大顰蹙となった麻生さんですもんね。期待しちゃいましたね。
         ただ今回は、”徴用工問題”で進展のないままの日韓首脳会談再開に対する、自民党保守派の異論封じのため、後楯となっている岸田首相からの依頼に応え、訪韓したんでしょう。差し障りのない発言のみであったろうと、推測します。

      2. カズ より:

        はにわファクトリー 様

        私も知的好奇心のシャワーを欲しています。

      3. はにわファクトリー より:

        裏縦貫線 さま

        学食と聞いただけでこみ上げる、じゃくて、吹き出す、でもなくて、形容したがたい懐かしさを感じます。字の読めない食券発行機、ぐっと来ます。中ブタの取れかけた塩コショー瓶、大き過ぎるドレッシング容器、ネタはいくらありそうです。
        「おばちゃん、お替わり、お願いねっ」
        「はいよー、大盛り一丁」

      4. はにわファクトリー より:

        米軍の得意戦術だった誤爆をまたやらかしました。
         裏縦貫線 さま 2022/11/13 10:04 10:04
        へのフォロー投稿でした。

        1. 裏縦貫線 より:

          はにわファクトリー様

          フォローありがとうございます。
          昔の大学は学食も購買も大学生協が一手に引き受けていて、学外とは別世界、とまで言うと大袈裟ですが独特の雰囲気がありました。確かにドレッシングは業務用と思われる大型ボトルそのままでした。問題の(?)食券販売機、値上げにあたり「明日からロール紙の色を変えるから食券買い溜めしないでね」と貼られていたのも記憶に残っています。
          ウン十年ぶりに行くと構内にコンビニやカフェが入っていて違和感ありありです…

    2. 元ジェネラリスト より:

      後にスワップの話が吹き出すのか吹き出さないのか、気になります。

    3. 裏縦貫線 より:

      > 日韓外交に導入して欲しいのは、食券機。
      三十うん年前、学食の食券販売機はインク切れで何も印字されていない紙片が出てくるので、自己申告で「定食!」「カレー!」と宣言していました。
      腫膿怪談では”冷奴”券で「特Aランチ超大盛スペシャルセットおかわり自由」を出す破目にならないか心配です。

  12. 匿名 より:

    >>岸田文雄氏が外相時代に韓国に騙されたというのは厳然たる事実です。
    岸田さん、世界遺産の件では韓国と言うより外務省に騙された分が大きいと感じているのでは、それも今は忘れ再び担ぎ手の意志のまま単純に踊らされて居るんじゃ無いかと、岸田さんただ神輿に乗ってるだけで意志を示さないタダ良い人だけだよね。

  13. より:

    「過去2回騙されたのだから、今回も必ず騙されるに違いない」と考えるか、「2回も騙されたのだから、いい加減学習したんじゃないの?」と考えるか、どちらも同程度に妥当性があるだろうと考えます。現時点でどちらかが正しいと決めつけるのは、無責任な陰謀論と同等です。
    ただし、間違いないのは、再び騙されるようであれば、いよいよ最高指導者としての資質と能力なしという烙印を押されることでしょうね。

    我が国は国際法と外交儀礼とを遵守する国です。従って、相手が中国であれ韓国であれ、多くの国の首脳が集まるような機会に、それぞれ首脳会談を開催すること自体には何の問題もありません。不必要な、あるいは偶発的な衝突を避けるという意味でも、意思疎通のルートを維持しておくのは決して悪いことではないからです。その意味では、全く成果のない儀礼的な会談であっても、全くの無意味ということはありません。
    もちろん、いらぬ、もしくはしてはならない譲歩をするような言質を与えるなどというのは論外です。国益を明らかに損ねるような真似をすれば、ただちにクビを飛ばすべきでしょう。でも、「するかもしれない」という懸念はまだしも、「するに違いない → 必ずする → だからその前にクビにしろ」というのは、ちょっと短絡的に過ぎるように思います。

    個人的には、韓国との首脳会談はどうでもよく、というのも、「成果」など何も出ないことは明らかですし、万が一「成果」なんぞ出れば、ロクでもないものにしかならないことは明白だからです。警戒すべき点があるとすれば、日韓メディアによる煽動ですね。韓国メディアが過剰な期待を煽ることは想定内ですが、日本メディアも、NHKなどを筆頭に、「隣国との関係は良いに越したことはない」という一般論で思考停止していますので、変な「関係改善ムード」を煽りそうです。けしてそのような「空気」を作らせてはなりません。
    でも、中国相手だと話はそんなに単純ではないでしょう。なぜならば、米中が本当に軍事衝突するような事態になれば、我が国が無傷ということはほぼあり得ないからです。もちろん、中国に迎合する必要などありませんし、するべきでもないと思いますが、だからといって、中国との間で徒に緊張を高めるようにすることが必ずしも得策とは思えないからです。その辺り、微妙な匙加減が必要とされそうです。

  14. 朝日新聞縮小団 より:

    慰安婦合意は岸田文雄氏が広島にオバマ大統領(当時)を来訪させるための交換条件にしたと個人的には推察しています。
    岸田氏は無能に見えますが自民党総裁に上り詰めた人なのでやはり強力な力を持った政治家なのです。
    安倍氏は人の話をよく聞きバランスを取る人なのでその岸田氏の強い要望に押されて不利な合意をしつつも変わりにそれ以降の韓国との付き合い方を今のように確定さることでバランスを取ったと。

  15. まんなっか より:

    というか新宿会計士様も個々の皆様もほとんど気にもしていないですが、普通は北朝鮮問題が首脳会談の主題でしょう。ましてや韓国報道で会談時間30分なら、日韓関係改善は具体論が出る段階では全くない気がするのですが…

    北朝鮮の核とミサイル実験に対する対応で、朝鮮半島情勢悪化した場合には日米韓3か国連携は日本にとって必須なのは誇張でも何でもないでしょう。ましてや台湾海峡の緊張が高まっている以上、同時にロシア・北朝鮮が強硬路線に舵を切ったら日本も韓国も生存をかけた話になるので、慰安婦合意とか徴用工問題とか言ってる場合では無くなります。

    無論、対中ではアレなのはどうにもなりませんし、韓国が反日が国是な以上協力できないところは無視するか殴りに行くかするしかないのですが…

    1. のりさん より:

      まんなっかさん、こんばんは。

      私も同意見で、北朝鮮問題が議題で騙される暇はないのではと考えております。
      後、「岸田首相も流石にもう韓国に騙されないのでは」
      と楽観している根拠は、秘書官で息子の翔太郎さんの存在です。
      側で教育するために秘書官に任命したと言われています。
      息子のすぐ側で、教育する方の父が騙されたら、首相は岸田家で父としての威厳が無くなってしまう。
      だから、韓国の甘言には乗らないと思います(と思いたい)。

  16. しおん より:

    人間には二種類いると思います。だまされた場合に「あつものに懲りてなますを吹く」人と「のどもと過ぎれば熱さを忘れる」の二通りです。

    ただ、詐欺被害者名簿や類似の名簿が高額で取引されている現状をみますと後者の人が多いのではないかと推測します(今回こそ大丈夫だ、とすることで、前回の失敗をとりもどし、自己肯定ができるのが2度3度騙される心理でしょう)。

    つまり、2度騙された岸田首相は、3度騙される可能性が非常に高いと危惧しています。まわりに止めてくれる人がいる事を願っています。

  17. 匿名 より:

    少し前の報道で、「麻生さんが11月7日の自民党役員会で『2日に訪韓して韓国大統領と会談し、岸田文雄首相・尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領会談が適切なタイミングで実現できるよう前さばきを担った』と述べた」という話がありました。

    この「前さばき」が具体的に何だったのかについて、ほとんど何にもわかっていない状況ですが、これが本日(13日)の日韓首脳会談での会談内容や合意事項などにどのような影響を及ぼしているのか、個人的には気がかりなものを感じています。

    岸田総理の総理としての資質については、気がかりを通り越してもはや危険なものを感じています。

    その理由を一言で言えば、「なかなか決断できないうえに、最終的には周りや世論に流されることが常態化している」からです。

    具体的な例を挙げれば、最近だけでも、宗教法人法に基づく解散命令請求の要件について一晩で法解釈を真逆にひっくり返したこと、突如として霊感商法救済法案の今国会提出を表明して政府内を大混乱に陥らせていること、問題を起こした閣僚の更迭を即断できなかった挙句に世論に押されて更迭せざるを得なくなったことなど、これでもかというぐらいに出てきます。

    岸田総理がもはや物事を主体的に判断して決断できず、糸の切れた凧状態になっており、周りの人のいうがまま、世論に流されるままの操り人形と化しているのではないかという懸念を強く持っています。

    このような精神状態の岸田総理が日韓首脳会談に臨んだ結果として何が出てくるのか、麻生さんの「前さばき」が功を奏して岸田総理が無用な譲歩をせずに日本の立ち位置をキープするのか、それとも麻生さんの「前さばき」で日韓首脳会談開催が実現した結果として、日本国内での仕込みや韓国の手練手管に篭絡されてあらぬ合意とかをしてしまうのか、不安ばかりが先に立って仕方がありません。

  18. ダージリン より:

    いわゆるATM(朝日、東京、毎日)新聞は、現政権を批判するなら「過去に韓国に2度も騙された岸田総理に、日本の総理の資格はあるのか? 3度目は許されないぞ!」とかやってくれればいいんですけどね。政治を監視する報道人の役目として。
    まあ、現状だと、日本の代弁者というより、大陸や半島国の代弁者と言われても仕方がありませんな。それだけ彼らの長い年月をかけた工作が上手くいってるということなんでしょうけど。

  19. 匿名 より:

    ファクトとロジックに拘る一般人様の書き込みがファクトやロジックが部分的に破綻している点について。

    確かに岸田首相に日韓基本条約を破棄するだけの政治力はないことはブログ主氏も指摘している通りだろう。しかし「岸田が2回韓国に騙された」は事実だし、「岸田政権は発足以来韓国に対しては従来通りの一貫した態度を主張している」は所信表明演説の変遷を見る限りは事実ではない。

    長々コメントを書き込むのは良いが基本的な事実関係を誤認するのは如何なものかと。

    1. 匿名 より:

      >「岸田総理が二回韓国に騙された」を事実と主張するのなら、自分が不明としている情報について、事実と確認できる一次情報の提示をお願いします。

      本文を読めとしか…。

      >また、所信表明演説についても、あなたが何をどう読んでそう判断したかの説明がありません。なので、これもまた説明が無い強弁に過ぎません。

      すんげーブーメラン。

      >岸田総理は従来どおりの日本の立場を貫いているし、貫くしかない。

      これこそ何を持ってそう判断したのか提示していないのはあなたの方じゃね?

      >行動の実績に対して、演説の個人的解釈という主張を持ち出した論点すり替えであり、反論になっていません。

      つ鏡

  20. 引きこもり中年 より:

    素朴な疑問ですけど、岸田総理に、自身が自惚れる程の外交力があるのでしょうか。(人間は、自分の能力を客観的に見るのが苦手な生き物なのに。もっとも、自身の外交力を否定することは、岸田総理のアイデンティティを自分で否定することになるのかもしれませんが)
    また、いよいよ岸田総理への逆風が(これ以上)強くなった時に、自民党はもちろん、岸田派のなかで、岸田総裁を支えようとする人がどれだけいるでしょうか。(第四派閥が政権を維持しようとするなら、派閥の外にも仲間を作らなければなりませんが、総裁であることと、他派閥からの協力が得られるということは、別のことだと理解しているのでしょうか)

    1. 引きこもり中年 より:

      すみません。追加です。
      岸田総理が、日本の総理大臣でなく、外務省の代理人に見えてきました。

      1. 呆け老人 より:

        >岸田総理が、日本の総理大臣でなく、外務省の代理人に見えてきました。

         これって「岸田総理が、日本の総理大臣でなく、害務省と罪務省の代理人に見えてきました。」とする方が適切のような気がしますが。

        1. 引きこもり中年 より:

          呆け老人さま
          岸田総理:「自分は総理の椅子に座っているだけだ」
          は、どうでしょうか。(これはこれで、問題ですが)

    2. 引きこもり中年 より:

      イギリスのトラス(前)首相は、与党内部からの反発で、約1ヶ月半で辞任しました。近々に、こういう実例がある以上、1年以上やった岸田総理降ろしが起きても可笑しくないと思うのですが。(今、日本で (理由は、人によって様々かもしれませんが)岸田総理を辞めさせること自体に、反対の人はどれだけいるのでしょうか)

    3. 引きこもり中年 より:

      毎度、ばかばかしいお話しを。
      岸田総理:「俺は総理になりたかったんであって、総理の仕事をしたかった訳ではない」
      誰か。笑い話だと言ってくれ。

  21. Naga より:

    岸田氏の場合2度でも3度でもあるでしょう。
    ご自分の考えがあまり感じられないのと韓国だけで無く嘘つき外務省もあるからです。
    それにそもそも佐渡金山件で、3度目は騙されています。周りに押し止められて未遂き終わりましたが、「騙された」ということでは3回目にカウントされると思います。
    こんな首相でも野党を選ぶともっと悲惨なことになるのが日本の悲劇です。
    ヨーロッパのように日本のマスコミが極右と呼ぶ極右でない政党が出てきて欲しいです。

    1. 引きこもり中年 より:

      Nagaさま
      >岸田氏の場合2度でも3度でもあるでしょう
      岸田総理の場合(も)騙されたことを認めたくないのでしょう。だから、岸田総理としては、自分は1度も騙されていないのです。(「騙されていないのに、なぜ、みんなは騙された、と言うのか」と思っているのかもしれません)
      蛇足ですが、岸田総理は、「外務省の作ったマニュアルどおりの行動をしているのに、なぜ、自分は批判されなければならないのだ」と怒っているのではないでしょうか。

    2. 匿名 より:

      >ヨーロッパのように日本のマスコミが極右と呼ぶ極右でない政党が出てきて欲しいです。

      国民民主党はどうでしょうか?

  22. 匿名2 より:

    私は岸田さんのこと、2度ある事は3度ある派です。
    時系列で見ると、この人、いつも自分の意見を持たず、人がいいだけの人みたいに見えます。こういう人は人に利用されるだけで、何事も詰めが甘く、自覚も無いまま、国家を悲劇に導きそうな気がします。何か、戦前の近衛文麿のような感じです。因みに、岸田文雄=近衛文麿、麻生太郎=西園寺公望みたいな力学関係が感じられます。岸田、近衛、麻生、西園寺それぞれ、゛家ガラ” はよく、プリンス好みの国民に受けはいいが、実力はからっきし無く、大物気取りのパフォーマンスだけは旺盛です。よく人の話を聞かれるとは言いますが、をれを受けてベストの決断を導くのが首相の役目であって、そのためには自身の見識や意思決定フローが無ければなりませんが、どうもこの人はそういうものも無さそう。だから色々な意見が出てきたら右往左往し、朝令暮改をやったりする。自分の判断ならまだしも、人の判断を押し付けられて責任だけを負わされるトホホな人なんじゃないでしょうか。安倍さんの国葬問題なんか最たるもののような気がします。因みに、茂木を幹事長に任命した時、しきりに、「この男はよく仕事ができる」と持ち上げていましたね。まるで茂木にコンプレックスを抱いているような。安倍さんなら絶対にこんなことは言わないだろう。こういうところに岸田さんのお人よしさと同時に自信の無さ、ひ弱さを感じます。せいぜい、人におべっかばかり言って、利用されるだけの人だと思います。日韓首脳会議も官僚、財界の意を受けて麻生さんがお膳立てして、岸田さんは脚本通り、ただ演じるだけ。多分、徴用工問題もホワイト国復帰も通貨スワップも韓国の思い通りになることでしょう。岸田さんが開き直って、官僚ひいては財界の良き操り人形に徹することができるようなら、案外、長期政権になるかもですね。旧統一教会問題なんか見ていたら、自民党も相当な売国・腐れっぷりで、その無責任さは天晴です。さすがは岸田さんを首相に選ぶだけのことはある政党です。(因みに、立憲民主も財界の言うことをよく聞けば、官僚の取り込みも、もっとできるようになるでしょうし、自民党と肩を並べる立派な政党になると思います。)

  23. 匿名 より:

    「ファクトとロジックに拘る一般人」だってwww

  24. 匿名 より:

    財団方式で騙されると思いますよ。
    そしてまた慰安婦みたいになると。
    そもそも解決済みと言ってたのに、岸田と林は言わなくなりましたからね。

  25. 引きこもり中年 より:

    もしかして、ですが、落ち目の岸田総理にとって、日韓首脳会談をしたこと自体が批判の対象になるのではないでしょうか。というより、退潮になれば、何をしても上手くいかなく、それ故に一発逆転を狙って、危険な賭けにでやすいものです。

  26. CRUSH より:

    岸田さんのことを多くの人が、ハラハラ心配しつつ観察しているのですね。

    僕も心配です。
    ①騙されてきた実績と、②お坊ちゃまに見える性格から。

    もしポジティブ評価するならば、元近鉄バッファローズ梨田選手の
    「コンニャク打法」
    みたいに、岸田はわざとフラフラしてるふりをしている可能性はあると思います。

    と云うのも、前任の菅義偉首相の時には大手マスメディアによる
    「いじめ/いびり」
    が目に余りましたから。

    安倍晋三の時は、背が高く甘いマスクで当意即妙にアドリブを返してくれたので、大手メディアからすれば尺は稼げるし揚げ足とりのネタはくれるし、有難い相手でした。
    ところが菅義偉の時は、風采はパッとしないし活舌もよろしくない上にアドリブが苦手な真面目人間だったので、面白い絵が撮れない。

    メディア側がカリカリしてきっつい口調になればなるほど、菅義偉首相側は失言しないように予定稿から踏み出さない姿勢を強めて行く。
    加えて望月イソ子を筆頭に
    「バカにして揚げ足取りしかしない」
    スタイルで質疑応答に臨む連中まで湧いてくる始末。
    最後の方では、挙手しても指名されることすらなくなる状態でした。

    思うに、記者クラブ側と官邸側とでdeepなメンバーで手打ちをしたのではないかな?と思うのです。
    「紳士協定として、お互いに表面的だけでも愛想よくしようよ。」

    ・・・・話が長くなりましたが、そんなこんなで岸田は
    「話を聞きます!」(聞くだけだけどネ)
    という愛想ふりまきスタイルを装っているのではないかなぁ、とか。

  27. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    >岸田文雄首相といえば、2015年、韓国に2回も騙された政治家

    頭のてっぺんからつま先迄邪悪と悪意で出来た当方がひふみんアイで韓国の視点で見れば次の様に言えると思います。

    岸田文雄を窓口とした安倍晋三は2015年2度も約束を破っても序列が下故に偉大な韓国様に何も言えなかった「弱々な政治家」

    国際社会では約束とは「守ってイタダク」モノではありません。
    国際社会での約束は強制と約束相手等から制裁される恐怖で「守らせる」モノです。

    2016年から日本はFOIPやクアッドを通じて米国の世界戦略に貢献していきますが、2015年はそのようなメリットをアメリカは感じていません。
    今もアメリカ経由で韓国に約束を守らせる事を望むならばアメリカに相応のメリットを感じさせる必要がありますが、岸田文雄の外交はアメリカにそう感じさせる政治でしょうか(笑)。

    この視点で見るともっとシビアな議論が必要と思いますね。
    先ずは今の日本がアメリカの世界戦略に以前より役立っているのかです。

    以上です。駄文失礼しました。

  28. はるちゃん より:

    9時頃のニュースで岸田首相が、日韓会談の内容について話していました。
    関係改善に向けて作業を進めるよう外務省に指示したとのことです。
    どんな支持なのでしょうかね。
    日本に出来る事は無いと思うのですが。

    岸田さんが首相に就任した時から思うのですが、この方政治家になって何がしたいのでしょうかね?
    ポリシー、問題意識が全く感じられません。
    吉田、池田首相時代から全く進歩が無いように感じます。
    毎日何をお考えになって生きておられるのでしょうか?
    多分バイデン大統領にも嘗められているのでしょう。
    譲歩を迫られたと想像しています。
    日本危うしです。

  29. ねこ大好き より:

    どうやら3回目が来たようです。
    時計の針が20年前に戻りました。
    謝罪外交、リスタート!ここからはもう外務省の得意分野。外務省さん、スタンバイOK?

    などと、茶化している場合ではありません。
    盗人に追い銭のお人好しさんと同じで、岸田首相に何言っても無駄。韓国相手にやられるようじゃ、中国ロシア北朝鮮と渡り合えるはずがない。
    今夜は眠れそうに有りません。

  30. 美術好きのおばさん より:

    岸田総理は「日韓の間に徴用工問題が存在」することを、認めてしまいましたね。「岸田発言」は第二の「河野談話」となることでしょう。

    岸田総理
    「(徴用工問題は)ニューヨークでの私と尹大統領の指示を受けて、外交当局間での協議が加速していることを踏まえて、懸案の早期解決を図ることで改めて一致をした」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/291f20fea9d66e96d3298140e9b0aade2e265d26

    1. 美術好きのおばさん より:

      外務省のHPにも、同様の文言で発表されています。

      https://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page1_001401.html

  31. HN忘れた より:

    まず仏像を盗んだ事件あたりから一件ずつ話してあげたらどうでしょうか。直近の事件だけを言いつのるとそれが何らかの形で決着すると、ものすごいサイズの見返りを求めてくる人たちだと言うことを忘れてはなりません。あの人達ですからね。

  32. はにわファクトリー より:

    虚構ホールディング系列新日本経済新聞社1面記事の幻影を視ました

    加速社長全国連絡協議会が発足』
    全国に散らばる「加速企業」が合同して経営課題を検討する協議会が発足した。加速社長とは、取締役会を通じて組織のケツを叩く役回りをリーダーシップと取り違えている経営責任者の別名である。加速社長をいただく加速企業は当該人物の扱いにいちように苦慮しており、メンツをつぶさないよう、今朝もご機嫌麗しいよう、軽い神輿の操縦ノウハウのより広い全国共有が急がれていた。
    加速社長全国連絡協議会事務局長はこう語る。
    「対策を加速するため WEB 会議と slack チャネル分科会により迅速運営を目指します。そんなに加速を続けたら脱出速度を達成して惑星周回軌道に乗ってしまうのではないかと取引先から経営状態への問い合わせが相次いでいるのは事実で、会議録画およびチャットテキストはすべてネット公開し accountability 担保を第一目標に真摯な取り組みをします」

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です