ドル売り為替介入の会計的効果:日本政府に巨額の利益

これが本物の為替介入、といったところでしょうか。財務省が22日、24年ぶりに円買いの介入を実施し、1ドル=145円台だったドル円は、現時点で一気に1ドル=140円台にまで買われています。そして、会計学的に見れば、これは平均して1ドル=100円で購入したドル資金を1ドル=145円で売却したようなものであり、それだけ巨額の利益を国庫にもたらした計算です。政府はこの為替介入で得た巨額の利益を国民に大盤振る舞いすべきでしょう。

財務省は22日、24年ぶりに「円買い」の為替介入を実施しました。

為替相場が1998年8月18日以来の最安値となる1ドル=145円台に突入するなかで、財務省の神田真人財務官が為替介入の事実を認めたものです。

政府・日銀が24年ぶり円買い介入、神田財務官「一方的な動き」

―――2022年9月22日17:25付 ロイターより

ちなみに財務省が公表する『外国為替平衡操作の実施状況』のデータに基づけば、財務省が前回、「ドル売り・円買い」の為替介入を実施したのは1998年6月17日のことであり、1ドル=138円となるなかで2312億円規模の為替介入を行っています。

また、データが存在する1991年5月13日以降、最後に為替介入が行われた2011年11月4日までの実績で見ると、日本政府の為替介入総額は85兆8664億円であり、売った通貨で最も多いのは日本円の80兆9038億円、買った通貨で最も多いのは米ドルの79兆8237億円です(図表)。

図表 日本政府による為替介入実績(1991年5月13日~2022年9月21日)
通貨買い売り
日本円4兆8794億円80兆9038億円
ユーロ1兆0753億円0億円
インドネシアルピア693億円0億円
独マルク187億円0億円
米ドル79兆8237億円4兆9626億円
合計85兆8664億円85兆8664億円

(【出所】財務省『外国為替平衡操作の実施状況』より著者集計)

また、国際決済銀行(BIS)が公表する為替相場をもとに、このうちの米ドルの売買額をドル換算したものを求めると、ドルの買入額が7847億ドル、ドルの売却額が377億ドルで、差し引き7470億ドルを購入した計算です。要するに、ドルの買入額の方が売却額を遥かに上回っていた、ということです。

図表に示した米ドルの過去の純買入額は74兆8611億円相当ですので、取得原価はざっくり1ドル=100円、といったところでしょうか。

言い方を変えれば、日本政府は今回の為替介入の結果、過去に安値で仕入れた米ドルを高値で売り抜けた、という意味でもあります。

為替介入の今回の規模は、おそらく今月末に公表されるであろうデータを見てみないとなんともわからないのですが、かりに100億ドル程度を145円で売却した(つまり1兆4500億円程度で売却した)のであれば、それだけで少なくとも4500億円の為替差益が生じた計算です。

というのも、上記図表より、日本の外貨準備のうちのドル建ての資産は、平均して1ドル=100円前後で取得していると想定されるため、100億ドルの取得原価は1兆円という計算であり、これを1兆4500億円で売却すれば、当然、4500億円が「儲け」、という計算です。

しかも、現実の日本政府の外貨準備高は今年8月末時点で1兆2921億ドルにも達しています。つまり、現在の日本の外貨準備高は、過去の円高だった時期に買い入れた7470億ドルという巨額の資金を、米国債などで運用しているうちに膨らんだのに加え、昨今の円安でも円換算額が膨れ上がった格好です。

この点、先日の『【速報】円安の恩恵受け日本の外貨準備高は過去最大に』では、昨今のドル高を受け、日本の外貨準備高が過去最大を更新した、などとする話題を取り上げましたので、具体的な円換算額の恩恵についてはそちらもご参照くださると幸いです。

いずれにせよ、財務省が「財政危機」を騙るのであれば、昨今の円安局面は「円の防衛」に見せかけた外貨準備の処分という好機ではあります。仮に1000億ドル(取得原価10兆円)のドル資産を15兆円で売れば、10兆円分の国庫短期証券(TDB)を圧縮したうえ、5兆円もの利益が入るのです。

5兆円といえば年間の申告所得税の税収(約3兆円)を大きく上回りますし、消費税の税収(22兆円)の4分の1にも相当する額です(ついでにいえば、2019年10月に無理をして消費税の税率を上げる必要があったのかは大いに疑問でもあります)。

いずれにせよ、政府は「為替介入還元」と称し、大盤振る舞いをしていただきたいと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. CRUSH より:

    現政権の大金星ですやん。
    なんで大手のメディアは、報道せんのかな?

    そういえば年金の運用も、損したときは大騒ぎだけど、益を叩き出したときには黙ってるのですよね、彼らは。

    1. KY より:

       Z省の犬たるマスゴミは国の財政にプラスになるようなことは絶対報道しないでしょう。
       これから先も「円安悪玉論」と言うデマを性懲りもなく流し続けるでしょう。

  2. カズ より:

    机上の評価益(含み益)を現実の確定利益に変え、国内社会にどんどん還元して欲しいですね。
    活用してこその財産です。

    1. 伊江太 より:

      カズ様

      御説に全面的に賛成。

      少子化対策(出産子育て支援)、返還なしの奨学金制度の拡充、大学等への教育研究資金の投入、未来産業への先行投資、等々。

      不必要に多額の外貨準備をこの機会の取り崩して、やって欲しいことは幾らでもあります。

      1. 匿名 より:

        いやあ、真面目に日本のことを考えている人は、同じ事考えてますね。
        わたしもわたしの友人も同じ事考えてます。酒を一緒に呑むとこの話題が出てきます。
        日本は、格差社会になってしまいました。
        この格差を埋めることが出来るものは、教育です。
        前世紀の貧しくて教育が受けられない、という社会は無くさなければなりません。
        公的教育は、高校まで無料、大学の奨学金は、無償。
        更に、高校以降は、個性と適正に合った教育プログラムとする、等。
        話せばキリが無くなりますので、この辺で。

    2. 匿名 より:

      長期金利が上がり気味だから、全部国債行なんだろうな・・・

  3. がみ より:

    そんなに儲かるなら、もう少し円安になってからでも良かったな。

    ウォンの方むいてたハゲタカさんがこっち見ないように。
    まだ全然我慢出来たし…

  4. 匿名 より:

    国民への還元?
    無い無い(ヾノ・ω・`)
    キシダが日本のためになることをするわけがない。

  5. クマ より:

    円安の差益をなぜ還元しないか。大企業が収益好調の時に社員の給与を上げない言い訳がそのまま通用します。

    1. 名無しのPCパーツ より:

      終身雇用が給料上げない言い訳に使われるんだよね。
      「不景気でも解雇しないために内部留保増やしておきます」って言われたら労働者は何も言えない。
      「整理解雇していいから今の給料上げろ」なんて言う労働者は皆無。

  6. 朝日新聞縮小団 より:

    えー、マネタリーベースが増えて円安に振れ為替介入した意味が消失するので還元はしませーん。
    と国庫に入れておしまいでしょう。

  7. 墺を見倣え より:

    貯め込み過ぎた米国債を、整理する良い機会です。

  8. 墺を見倣え より:

    貯め込み過ぎた米国債を、整理する良い機会です。

    1. 墺を見倣え より:

      1回しか投稿していないのに、同時刻で2つ入っているのは何故?

  9. CRUSH より:

    そういえば、原油の戦略備蓄の放出でも同じことが起きていたような。
    安値で仕入れた原油を、高騰時に払い下げるのだから、ぼろもうけ。(笑)
    まあ、こちらは設備の維持管理に充当するのでも構いませんけども。

  10. 匿名 より:

    ブログで触れない内容?

    それマクドナルドだ!

  11. sqsq より:

    今回の日銀介入、ドル買いにかけてロスカットされたFXディーラー多かったはず。
    30分かそこらで5円の円高。ちょっとトイレ行ってる間にすべてを失う。

  12. Naga より:

    日本の場合外貨準備はいくら程有れば良いのでしょうか? 全く不要なんでしょうか。

    1. 新宿会計士 より:

      ODAなんかもあるので、全くゼロで良いというわけではないにせよ、流石に200兆円近い外準は不要かと。

      1. 匿名 より:

        ご返信ありがとうございます。
        ODAn

      2. Naga より:

        ご返信ありがとうございます。
        すいません。↑はミスです。
        ODAなどにも使うのですね。何に、あるいはどう使用するのか知らないもので(為替介入は知ってましたが)、このような質問になりました。
        会社で言うと

  13. 元ジェネラリスト より:

    日本の市場介入をたまたまチャートで見ていましたが、ものすごかった・・・
    日銀・財務省は、しばらく介入していないのでその筋の人々からノウハウが失われているのではないかとの指摘もあったのですが、相場の呼吸に合わせてうまくやってる感じでした。
    昨日一日の短期戦はやれる範囲でうまくやったように思います。
    今日の米国時間次第でしょうけど、2,3週間は時間を稼げたんじゃないでしょうか。相場次第で次の手も打ってくると思います。

    1. 元ジェネラリスト より:

      あ、最終的に146円を防衛しきれるかどうかはわかりませんよ。
      日銀・財務省はやれることをやっているだけで、万能ではないので。

  14. ゴミトレーダー より:

    9月22日18時30からの財務相と財務官の会見を見ていましたが、
    介入規模や回数、今後の予定等テクニカルなことには「手の内を晒すことになる」と当然答えてもらえなかったことや、介入のきっかけは価格水準ではないと言明されたこともあってか、財務官への記者からの質問は、「他国の承認を得ているのか」がほとんどで「差益」のことにはまったく触れられていませんでしたね。
    面白かったのは、先日の韓国の介入を参考にしたかという質問に、財務官が「まったくしていません」と即座に答え、「韓国は相対的に重要な国であり、アジア通貨危機の発火点になっているからしっかりと監視している」と答えたことですね。
    財務官はいかにも切れ者現場責任者というような人で、最後は「仕事仕事」と言いながら去って行きました。

  15. 匿名 より:

    なんか東京新聞におかしな記事が出てたようですよ
    日本の外国為替市場の取引高は1日あたり約54兆円で
    介入の原資である外貨準備高は200兆円だから
    原資は4日間分に満たないそうですw

    1. 古いほうの愛読者 より:

      > 日本の外国為替市場の取引高は1日あたり約54兆円介入の原資である外貨準備高は200兆円
      54兆円といっても,同じお金が行き来しているのが大半で,そこに外部から少し新規資金が入ってくるだけで,相場は結構動くのです。それに,円は底値圏なので,ちょっとのことで方向性が変わります。

  16. 赤ずきん より:

    米国のインフレ防止目的の利上げって 本当にそれだけかと感じています。これが対中政策に与える影響はどうなのか知りたいところです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。