「残念」なのは二階氏の「政治家としての資質」では?

本稿は、ちょっとした雑文です。文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の訪日断念を巡っては、『文在寅氏訪日失敗:なぜ読売新聞は「間違えた」のか?』などですでに詳しく議論したところですが、これに関連し、二階俊博・自民党幹事長が20日の会見で、「残念だ」などと述べたのだそうです。「残念」なのは二階氏の政治家としての資質のなさではないかという気持ちとともに、二階氏と官邸の距離を測るうえでは一種の興味深い材料だという気がしてなりません。

文在寅氏の訪日、本邦メディアのリーク合戦

本稿は、ショートメモです。

文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の訪日が断念に追い込まれた点については、『文在寅氏訪日失敗:なぜ読売新聞は「間違えた」のか?』や『文在寅氏訪日断念で韓国メディアが「日本政府を」批判』などでも紹介したとおりです。

ただ、これに関して冷静になって振り返ってみると、なかなか興味深い事実が浮かんできます。

そもそも、今回の「東京五輪を契機に文在寅氏が訪日」という話題自体、わが国では日本政府からの公式発表ではなく、おもにメディアが報じたことで浮上した話題でもあったのです。

たとえば、『FOIP重視する日本、韓国との合同訓練は「ゼロ回」』や『「東京五輪で文在寅氏の来日を調整中」、官房長官否定』などでも触れたとおり、NNN(※日テレ系列)や読売新聞などが先月、文在寅氏の来日について、相次いで報じました。

また、『唐突に出て来た、文在寅氏来日と「日韓首脳会談」報道』で触れたとおり、7月初旬には、今度は産経新聞やFNN(※フジ系列)が相次いで、「文在寅氏が五輪開会式に出席し、菅義偉総理との首脳会談の意向」などと報じています。

さらには、産経やFNNの報道をきっかけにして、毎日新聞、日経新聞、共同通信などが、それこそ「順繰り」(?)に、この話題について報じて行ったのです。

それも、韓国側で「韓日首脳会談では韓日問題を包括的に協議する」、などとする報道が出ると、これに対応するがごとく、「文在寅氏が来日しても、日本側は儀礼的な対応に留める考えだ」、などとするカウンター報道が出てくる、という具合です。

なんだか、日韓双方が「メディアリーク」合戦を繰り広げていたような違和感もありました。

それにしても唐突だった、読売の虚報

もっとも、『読売「日韓首脳会談で徴用工など協議へ」をどう見るか』でも触れた、「赤坂迎賓館で日韓首脳会談決定、徴用工など協議、相馬公使更迭」などとする昨日の読売新聞の報道に関しては、正直、これまで日本政府の公式な立場からも大きく逸脱するものであり、唐突感がありました。

日韓首脳、23日に初の対面会談…「外交官としてあるまじき発言」の駐韓公使は更迭へ

―――2021/7/19 1:17付 Yahoo!ニュースより【読売新聞配信】

読売新聞の報道、要点は次の3つです。

  • ①日韓両政府は東京五輪にあわせて23日に初の日韓首脳会談を行う方針を固めた
  • ②会談は東京・元赤坂の迎賓館で行われ、慰安婦問題や元徴用工問題などについて協議する見通し
  • ③日本政府は相馬公使を更迭する構え

韓国側から日韓関係改善の手掛かりが何も出て来ていないのに、いきなり最高級の元赤坂の迎賓館で自称元徴用工などを「協議する」とは、唐突にもほどがあります。

ちなみに、この読売新聞の報道が出たのと同じ日に、結局は文在寅氏の訪日断念が明らかになったわけですが、これに関連して読売新聞は昨晩、こんな記事も掲載しています。

文大統領が訪日見送り、首脳会談の成果見込めないと判断…元慰安婦・徴用工で隔たり埋まらず

―――2021/07/19 20:58付 読売新聞オンラインより

読売新聞は性懲りもなく、こう主張します。

日本政府は、文氏が来日すれば、開会式が行われる23日に東京・元赤坂の迎賓館で首脳会談を行う準備をしていた。ただ、(中略)立場の隔たりは縮まっておらず、日本側は首脳会談で具体的な成果を上げるのは難しいとみていた」。

前後でこんなにつながりが悪い文章、あまり見かけません。

これだと、読売が朝の誤報を誤報と認めず、無理やり、「赤坂の迎賓館での首脳会談を行う準備をしていた」ということにしたいのではないかと思われても不思議はありません。

文在寅氏訪日断念を二階氏が「残念」

ただ、この読売の報道については、もしかすると、情報源は日本政府ではなく、日韓議連あたりではないか、という気もしています。

実際、『二階俊博氏が韓日議連一行に文在寅大統領の訪日を要請』でも触れたとおり、二階俊博・自民党幹事長は来日していた韓日議連一行に対し、「文在寅氏の訪日」を要請した、という話題がありました。

(※当ウェブサイトとしての、二階俊博氏や河村建夫氏に対する見解については、『二階派が自民党の膿?河村建夫氏の落選に期待する理由』でも述べたとおりなので、本稿では繰り返しません。)

二階氏が「親韓派」かどうかは置いておくとして、少なくとも二階派の河村建夫氏は日韓議連の幹事長を務めているほどの人物でもあります。そして、今回の文在寅氏の訪日を推進した議員は、二階派ないし日韓議連の界隈にも多数存在している可能性には注意が必要です。

また、確たる証拠があるわけではありませんが、読売新聞の報道自体も、「親韓派周辺」が希望的観測として漏らした、という可能性もあるのかもしれません。

いずれにせよ、日韓関係についてのこれまでの経緯、法的な問題点などの通常レベルの知識さえあれば、こんな派手な誤報をしでかすことはなかったのではないかと思います。

それよりも重要なのは、今回の文在寅氏の訪問を巡るドタバタ、じつは二階俊博氏自身と官邸の関係を測るうえでも興味深い、という点です。

産経ニュースに本日、こんな記事が掲載されていました。

韓国大統領の訪日「断念は残念」 自民・二階氏

―――2021/7/20 13:05付 産経ニュースより

産経によると、二階氏は20日の記者会見で、「(文在寅氏が訪日を)断念されたことは残念だ」、「その上でもなければ、下でもない」などと述べたそうです。

自身が訪日を要請しておきながら、それが実現しなかったこと自体、二階氏自身に政治的な調整力や時流を読む力などが根本的に欠落しているのではないかとの疑念を抱かざるを得ません。あるいは、二階氏には、官邸や外務省に対し、文在寅氏の訪日日程を「ねじ込む」だけの政治力もない、ということでしょう。

「残念なのは文在寅氏の来日が実現しなかったことではなく、二階氏の政治家としての資質のなさではないか」、とツッコミを入れたくなってしまうのは、ここだけの話です。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

当ウェブサイトでは、「政局」について述べるのがあまり得意ではありません。

ただ、それと同時に、自民党議員の不祥事は大抵、二階氏につながっていること、著者個人は昨年の東京都知事選などにおける二階氏の政治的な調整能力にはかなりの疑念を抱いているところでもあります。

自民党のためにも、二階氏には少なくとも幹事長の職を退いていただくのが望ましいと思いますし、また、世耕弘成参議院議員(元経産相)あたりが地元・和歌山で衆院に鞍替えし、二階氏の選挙区である和歌山3区から出馬する、などの展開を、少しだけ期待している、というわけです。

読者コメント一覧

  1. 匿名z より:

    新宿会計士さんの趣旨に大賛成です。来たるべき衆院選の前に 実行に移さないと 悪魔の民主党政権の蘇りが心配で夜も寝られません。

    1. Naga より:

      民主党や立憲共産党って 二F や K村(ついでに石破壊) のような者、或いはそれを上回るのばかりがうようよしてますよね。

  2. 匿名 より:

    それにしても、読売は二階や議連に踊らされただけか。
    残ったのは、信用できない三流メディアの評価だけ。
    前途の厳しい業界なのに、読売はこれからどうすんだ。

    1. ちょろんぼ より:

      匿名さま

      読売新聞は変わりません。
      読売新聞は「不滅」なのです。
      子会社に「軍」もありますし。

  3. だんな より:

    ウリも文大統領が来日せずに、残念ニダ。

    1. 門外漢 より:

      だんな 様
      ただネタが減ったという意味での「残念」ですねww

  4. カズ より:

    読売の記事は、誤報化を狙ってのものだったのかもですね。

    韓国大統領の訪日「断念は残念」
    二階氏の政治生命「残念な断念」か・・?

    1. 門外漢 より:

      カズ 様
      2℉は和歌山出身ですから、残念と断念の区別はつかないと思います(和歌山県民へのヘイトに非ず)。

      1. カズ より:

        門外漢様
        ナチュラルに「だんねんはだんねん」だったのですね。
        仰られるように紀州弁に罪はないですね。

  5. 匿名007 より:

    二階さんは、現職優先で、それが当然とおっしゃったそうですが、どこかでは、地元の意見を聞く、などとおっしゃったそうですね。
    結局は自派優先であって、これはすなわちダブルスタンダードということですね。
    理念や原則がなくて、いつでも自分が(根拠なく)正しい、というのは、どこかで聞いたことがあります。
    つながりがあるから、やり方も似てくるのでしょうか。

  6. はるちゃん より:

    二階氏の政治手法を眺めていて思う事は、「来る者は拒まず」です。
    恩を売っておけば後で何かの役に立つかもという発想です。
    この「何かの役に立つ」は自分の利益が目的であって国や国民の利益ではありません。

    中国、韓国に対しても自分の損得で判断しますので、国益を損なう行為も平然と行うのでは無いかと思います。

    菅総理もさすがに今回の日韓会談実施については譲歩出来なかったように感じます。
    自民党の支持率を下げている張本人はこの方ではないでしょうか?

    1. 迷王星 より:

      >自民党の支持率を下げている張本人

      自民党の支持率を下げている原因に関して言えば,何よりも大きいのはマスゴミによる世論誘導的な報道姿勢ですがそれを別にすると,直接的には菅首相ご本人だと私は思います.

      右顧左眄して腰の据わらないのを彼の判断から感じることが少なくない(それと首相自身による記者会見の際に国民への説明力が「しゃべりたがり」の安倍前首相に比べると,かなり劣ると感じています)点が私だけでなく少なからずの国民に不満を感じさせて支持率低下の原因になっていると私個人は推測しています.

      但し,菅首相が右顧左眄する原因は自分を首相の座に押し上げてくれた(と菅さん自身が思っているであろう)二階幹事長への忖度なのはまず間違いないでしょう.

      ですので,自民党支持率低下の根源は二階さんにあると言うべきだと私も思います.

      キングメーカー気取りの二階さんを切れれば自民党が良いのですが,現実問題としては極めて難しいでしょうね.

      1. 迷王星 より:

        失礼,フレーズを移動させる際にペースト位置を間違って日本語が変でした.

        誤>キングメーカー気取りの二階さんを切れれば自民党が良いのですが,
        正>キングメーカー気取りの二階さんを自民党が切れれば良いのですが,

        1. 福岡在住者 より:

          >二階さんを切れれば自民党が良いのですが,現実問題としては極めて難しいでしょうね

          短期的には、残酷に切ってあげれば小泉劇場で選挙大勝利ですが、その役者がいない(国賊役者がいないのが幸いです) 私が言っているヨゴレなのです。自民党が強いのは、この辺の表には出にくい必死の「少しだけ大金持ち」を許しているところだと思います。 

          しかし、ヨゴレ(汚れ)が目立ちすぎると憤りを感じますね。 
          私が思うには、二階さんは腹話術の人形、取り合えず動かしてるのが人形師は林幹夫さんですが、脚本家は誰なのでしょう?

      2. はるちゃん より:

        菅総理が「右顧左眄」しているかどうかは元々発信力が無いので私は判断しかねています。
        二階さんの発言を聞き流しているだけかも知れませんので。

        今回の文大統領訪問で韓国側の要求に沿った議題での会談を実施するなら私としては菅総理に見切りをつける積りでした。
        結果は韓国の要求に対する塩対応でした。
        今のところ菅総理の二階さんに対する対応も韓国への対応と整合性が取れるものであると一応評価しています。

        ただ菅総理の発信力不足にはストレスを感じる今日この頃です。

  7. より:

    二階氏が今や自民党内でも絶滅危惧種であるオールドタイプのせいじかであるということと、できれば早々にご退場願いたいという点については全く異論はないのですが、彼ほどのキャリアを積んだ政治家の発言を、額面通りそのまま受け取ることは危険であると思います。何らかの裏の思惑、裏の裏、さらにはその裏くらいの思惑が込められていたとしても不思議ではありません。表面化した発言の字面通りのことしか考えていないなどと言う単純な頭の持ち主では、政治家として生き残ることすらできなかったでしょう。特に、彼のようなオールドタイプであれば、常に裏があるくらいに考えておくべきです。

    もちろん、だからと言って、二階氏が立派な政治家だとか、国家にとって有用であるなどというつもりはありません。アメリカからも名指しで媚中派と指弾されるほどですし、いろいろと怪しげであることは確かです。それでも、彼の発言をそのままに評価するのは危険であると思います。裏の思惑はもっとヤバいかもしれないからです。

    # 多くの人が考えているよりも、遥かにマトモな人である可能性も全くのゼロではありま
    # せん。意識的に悪役を演じている可能性も同様に全くのゼロではありません。全くのゼ
    # ロではないんですが……ちょっとありそうな気がしませんよねぇ。

  8. めがねのおやじ より:

    もう、かつての剛腕は無いのよ、二階サン。「残念だ」はこっちのセリフ。アンタが派閥の領袖で、また親韓議員の頭領とは。もう引退しなさい。自分の立場がまだ分からぬと思うねえ。二階派は数は多いが、いつ分断されてもおかしくない烏合の衆、もしくは「議員で居たいだけの集まり」です。アレッ?何処かにそんな党があったような、、、そうです、同じ穴の狢です。

    それと菅内閣の主要メンバーや安倍総理や前任の主要閣僚と、どれだけ遠い存在かと言う事。
    普段の読売新聞の論調と比べ、違和感アリアリでしたもんネ。「元赤坂の迎賓館で23日にまた土下座外交する予定」と聞いたときは、忸怩たる思いでしたし、「そんなはずがない」でした。

    日韓議員連盟など解散しろ。な~んの役にも立たないわ。

  9. 引きこもり中年 より:

     素朴な疑問ですけど、本心かは別にして、二階幹事長としては、外交儀礼上、「韓国の文大統領の訪日断念をどう思うか」と尋ねられたら、「残念です」と答えるしかないのではないでしょうか。日本としても、余計な発言で韓国との対立を煽る必要はありませんから。(つまり、必要な発言で煽るなら、よいのです)
     駄文にて失礼しました。

  10. 匿名U より:

    選出の二階代議士が、きちんと「残念」と「断念」を区別して
    発音されているのか興味が持たれるところです。そのことは、さておい
    て、ここまでの行いを見せるということは、もしかしたらご自身を悪役
    に仕立てあげ、解散前に引退を宣言して一気に自民党の支持回復を狙う
    捨て身の策を考えておられるのではとさえ思ってしまいます。

  11. 無病息災の男 より:

    >二階氏は14日、・・・・・韓日議員連盟と党本部で会談をした際、文氏の訪日を「歓迎する」と述べ、菅義偉首相との日韓首脳会談の開催に向けて働きかけていく考えを示していた。

    と、産経の記事中にありますが、日韓首脳会談の開催はなかったという結果からその事前事象を推定すると、
    (1)二階俊博幹事長は、実際には菅義偉首相への働きかけを行わなかった。
    (2)二階俊博幹事長は、菅義偉首相への働きかけは行なったが、それは菅首相には受け入れられなかった。
    (3)そもそも、二階俊博幹事長が菅義偉首相へ日韓首脳会談の開催に向けて働きかけていくという記事が虚報であった。
    ということになるでしょう。(もっとあるかもしれませんが・・)

    ヤマ勘で、私は、この(1)か(3)だと思っています。最近、常にその記事が虚報かもしれないという目で見ていますので。

    なお、文大統領が来日すれば、彼は何の成果も得ることなく、恥をかいて帰国することになるのですけど、二階氏はそこまでは分かっていらっしゃらないようですね。お分かりになっていれば 「文大統領は来日しなくなってよかったのだ」 と発言されたはずです。
    やはり、二階氏には政治家としての資質がないのかもしれません。

  12. 田舎人 より:

    >>党巨都知事選

    これなんか、会計士様一流の冗談なのか、単なる変換ミスなのか、最近判断に迷うようになりました。

    1. 新宿会計士 より:

      田舎人 様

      ご指摘大変ありがとうございます。早速修正します。

      引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

  13. マスオ より:

    「それ以上でも以下でもない」を自分なりに解釈すると、『ぜひお越しください』は、ただのリップサービスだった、ってことでしょう。
    そういうところが、日韓関係をダメにしてきたという事にそろそろ気付いてほしいですね。

    どうでもいいことですが、この論考のアイキャッチが「家の二階」を採用しているあたり、会計士様のセンスを感じます(笑)

  14. taku より:

    二階幹事長は、いまどき珍しいくらいの”古い”型を持った政治家です。政策ではなく自分にとっての利害で判断し、仲間や古くからの付き合いを大事にする”義理人情に厚い”タイプです。当然地元への利益誘導はとても熱心で、彼が出馬する限り、和歌山3区で、新宿会計士さんが懇望されても、世耕参院幹事長に勝ち目はありません(但し彼が引退し息子が後継に出る場合は別)。彼にとって、韓国はパク・チウォンなど古くからの友人がいる国です。頼まれれば出来ることはやってあげるでしょう。対韓感情が悪化し誰も手助けしづらい局面こそ彼の出番です。ただそれだけです(リップサービスみたいなもの)。何らかの信念を持ってやっているわけではありません。こういう政治家によくあるように、政局や内政とは異なり、外交への影響力はほとんどありません(彼も興味はないでしょう)。腹立たしいかもしれませんが、放っておきましょう。総選挙後の党役員改選で、副総裁に祭り上げられる可能性はかなり高い。小池都知事の国政復帰をほのめかしたり(この辺の嗅覚が彼のすごいところ)してますが、副総裁+内閣改造での二階派優遇で手を打つのではないでしょうか(所詮、数では安倍麻生連合には遠く及ばない)。大騒ぎすることはないと思いますよ。

  15. 簿記3級 より:

    二階氏って一応、喋るんですね。
    本人は寝ていて周りの者が勝手に意思を汲み取って政治をしているものとばかり思っていました。
    100歳超えても現役でいそうなスタイルです。

  16. 玉ねぎ999号 より:

    中央政界の動きに注目しがちですが、地方にもこのような活動をしている議連があることを知り少し驚いております。

    日韓友好議員連盟が総領事と会談 自治体レベルで交流活発化を
    |2021/07/20 20:26 NHK 北海道のニュース
    https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210720/7000036743.html

  17. まんなっか より:

    多分珍しいだろうと自覚してますが、個人的には二階氏を結構評価しています。
    安倍長期政権を支えた鼎の足として、彼無くして長期政権は無かったでしょう。菅官房長官が内閣、麻生財務大臣が官僚、二階(谷垣)幹事長が党内を抑えたと。
    触れている方もいますが、政治家の喋っている事なんぞ話半分に聞いておけばよく、どう動くか・何を成すかが大事であると思います。
    今までの動きの見えるところを見てる限り、外交としての表門は全く無縁ですが対中韓の裏口・現場としての仕事はなさってたように見えます。中国側からも二階氏に任せておけば安心だ、との高い評価を得ていたという話を目にしました。逆説的ですが、裏口が機能してるからこそFOIPみたいな話を進められるとも言えます。小競り合いから本当に国交断絶まで進む覚悟があるならいなくてもいいですが。
    で今回新宿会計士様が指摘している点ですが、二階派がごろつき揃いというのは因果が逆で、ごろつきの引き取り手の多くが二階幹事長だと言えます。自民党の多様性の一端でもあるのでは。あと二階氏は良い意味でも古い人で、公共事業大好きの積極財政主義者で増税反対で財務省の敵ですから、新宿会計士様的には敵の敵は味方、ってことになるかもしれません。
    ただ幹事長としての最後の仕事はもうすぐでしょう。選挙で負けて責任を取るという大役があります。前回衆院選は小池都知事と前原氏の策謀が裏目に出たから大勝できただけで、それが無ければ安倍長期政権は終わってた可能性があります。今回は安倍総理も退かれ、COVIDとオリンピックの呪詛に対抗する力は今の自民党・内閣には無いでしょう。今総理や党三役を変えたところでその隙をまた小池都知事あたりに突かれるだけです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。