韓国大統領にとって起死回生策は「日本の政権交代」?

菅総理が降板し「脇が甘い首相」が誕生するのは大きなリスク

ここ2~3日、文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の「訪日スルスル詐欺」に多くのニューズサイトなどが振り回された格好ですが、落ち着いてくると、少しずつ「次」も見えてくるように思えます。こうしたなか、本稿では昨日行われた日韓外務次官協議の概要を(いちおう)簡単に紹介するとともに、現在、個人的に強く懸念していることを、簡単に紹介しておきたいと思います。

文在寅氏は訪日を諦めていない

ここ1ヵ月ほど、日韓メディアはやたらと文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の訪日と日韓首脳会談に関する話題を報じ、挙句の果てには『文在寅氏訪日失敗:なぜ読売新聞は「間違えた」のか?』などでも報告したとおり、結局、文在寅氏は日韓首脳会談どころか、訪日自体を断念してしまう、というオチが付きました。

ただ、個人的には、文在寅氏は首脳会談の開催を諦めていないと思います。

実際、文在寅氏は昨年末、「日中韓サミット」開催を目論んだのを皮切りに、5月の訪米時には菅義偉総理を招いた「日米韓3ヵ国会談」のうわさもあり、6月の英国・コーンウォールG7サミットでも文在寅氏が菅総理に話しかけて首脳会談を試みました(※菅総理は挨拶に応じたのみでしたが…)。

今回の東京五輪開会式という機会を活かすことはできませんでしたが、次回は五輪閉会式、パラリンピック開会式、APEC、イタリアG20など、文在寅氏にとっての「チャンス」(?)は、まだまだいくらでもあるのです。

そして、それと同時に注意しなければならないのは(そしてメディアであまり語られないのは)、「なぜ、文在寅氏が日韓首脳会談を実施したいと思っているのか」、という点ではないかと思います。

これについては一部メディアないし一部ジャーナリストらが、「文在寅氏は日韓関係の改善を目指して日本を訪れようとしている」、などと能天気に述べることもあるのですが(『噴飯物:「文在寅氏歓迎しクアッド・プラスに入れよ」』等参照)、個人的にはこうした見解には賛同しません。

大抵の場合、文在寅氏の本質である「北朝鮮愛」を読み飛ばしているからです。

文在寅氏の韓国大統領としての残り任期はあと9ヵ月あまりですが、2017年5月に就任して以来の事績を要約すれば、「北朝鮮に始まり北朝鮮に終わる」、といったところではないかと思います。

その証拠のひとつが、『文在寅氏、米誌インタビューで日本への言及は実質ゼロ』でも触れた、米『タイム』誌へのインタビュー記事でしょう。

South Korean President Moon Jae-in Makes One Last Attempt to Heal His Homeland

―――2021/06/23 19:00 EDT付 TIMEより

文在寅氏は任期満了直前を迎え、同氏へのインタビューで、北朝鮮やその独裁者である金正恩(きん・しょうおん)には、かなりの時間を割いて誉めそやしているのですが、自身の政権下で関係を損ねた日本に関しては、実質的に言及はゼロでした。

鈴置論考で見る「文在寅=北朝鮮触媒説」

また、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏は、ウェブ評論サイト『デイリー新潮』に7月16日付で寄稿した『文在寅が菅首相をストーカーするのはなぜか 「北京五輪説」「米国圧力説」……やはり「監獄回避説」が有力』で、北朝鮮の存在感を強く示唆しています。

(※ちなみに『鈴置論考、「日韓の」ではなく「韓国の」特殊性に言及』でも指摘したとおり、この論考自体、「特殊なのは日韓関係ではなく韓国だ」と指摘したという意味においても、極めて価値が高いものです。まだ読まれていない方は、ぜひ、一読されることをお勧めします)。

この鈴置説では、文在寅氏が日韓首脳会談を強く求める理由について、「北朝鮮」を触媒にすれば見えてくる、と説きます。たとえば、日本が北朝鮮と単独で何らかの交渉を始めるときに、韓国自身が「蚊帳の外」に置かれるリスクを意識する、といった具合です。

ただ、たとえ文在寅氏がそれを欲していたとしても、日本(や米国)がそれを許すかどうかは別問題でしょう。

というよりも、あくまでも個人的な見方に基づけば、日米両国とも、すでに文在寅政権を相手にしていないというフシもあります。

ことに、日本にとっては文在寅政権の4年少々で、韓国が自称元徴用工問題、自称元慰安婦問題など、多数の懸案を作るだけ作っておいて逃げるという姿勢に、不信感を抱かないはずがありません。

さらには『駐韓公使「暴言」問題で期待する日本政府の「塩対応」』でも紹介した、相馬弘尚総括公使の「問題発言」(発言内容自体は当ウェブサイトで引用することはしません)に関しても、もしかすると、駐韓日本大使館の現場では、韓国に対してかなりの不満が溜まっていた可能性があります。

まったく進展のない外務次官協議

こうしたなか、昨日は森健良外務事務次官は、韓国の崔鍾建(さい・しょうけん)外交部第1次官と東京で協議を開催しました。

森健良外務事務次官と崔鍾建(チェ・ジョンゴン)韓国外交部第1次官との協議

7月20日、森健良外務事務次官は、日米韓次官協議に出席するために来日した崔鍾建(チェ・ジョンゴン)韓国外交部第1次官との間で協議を行いました。

  1. 我が方からは、現在の日韓関係は、慰安婦問題や旧朝鮮半島出身労働者問題に関する韓国側の動きにより非常に厳しい状況にある旨述べました。その上で、我が方から、これらを含む両国間の懸案に関する原理原則に基づく日本の一貫した立場をしっかりと伝達しつつ、両国間の懸案の解決のためには、韓国側が責任を持って対応する必要があるとして、韓国側に適切な対応を強く求めました。
  2. 先方からは、これらに関し、韓国側の立場に基づく説明がありました。
  3. この他、日韓双方の関心の高い事項についても率直な意見交換が行われ、両次官は、日韓関係の現状をこのまま放置してはならない点を確認した上で、今後とも、日韓関係を健全な関係に戻すべく、外交当局間の意思疎通を継続していくことで一致しました。
  4. 両次官は、北朝鮮への対応を始め、地域の安定にとって日韓・日米韓協力が重要であることで一致し、引き続き、日韓、日米韓三か国で緊密に連携していくことを確認しました。また、森次官から、崔次官に対し、拉致問題について、引き続きの理解と協力を求め、支持を得ました。

―――2021/07/20付 外務省HPより

相変わらず、壊れたレコードのように、「日韓関係を健全な関係に戻すべく」、「日米韓3ヵ国連携が」云々の記述が続きます。

ついでに、これに関する韓国メディアの報道に関しても紹介しておきましょう。紹介するのは『聯合ニュース』(日本語版)の記事です。

韓日外務次官が東京で協議 歩み寄りなし

―――2021.07.20 20:59付 聯合ニュース日本語版より

記事タイトルに「歩み寄りなし」とありますが、逆にこの状況で、いったい何の歩み寄りを期待しているというのでしょうか。

一般的に、どんなに関係がギクシャクしていたとしても、両国の対話のチャネルは維持すべきではありますし、それは事務方同士であっても同じことが言えます。

ただ、さすがに文在寅政権が続く限りは、何回やっても結論は変わらないように思えますし、記事タイトルに「歩み寄りなし」とありますが、逆に、この状況で「歩み寄り」があり得るとも思えません。

ことに、日本も法の支配を大切にするならば、自称元徴用工問題や自称元慰安婦問題を巡っては、日本がただの一歩でも譲歩することは考え辛いですし、それがあってはなりません。また、老婆心ながら、韓国自身も現在のふるまいを続けていれば、国際的な信用を自ら落としていくことは避けられないでしょう。

これに関し、先ほども紹介した鈴置論考の一節を再掲しておきましょう。

平気で約束を破り、堂々と他人を裏切る韓国と首脳会談を開こうとする国はまず出てこない。何を取りきめようが、すぐに反故にされるからです。日本と韓国がうまくいかない原因は『日韓関係の特殊性』ではなく『韓国の特殊性』にあるのです」。

まさに、至言ですね。

韓国の希望は「政権交代」?

もっとも、先ほども述べたとおり、文在寅氏が日韓首脳会談をすごすご諦めるとも思えません。

とくに、この9月の自民党総裁選で菅総理が再選されなかった場合、あるいは10月までに行われる衆院選で、万が一、自民党が政権を失った場合には、韓国にとって展開が変わって来るかもしれません。

むしろ、文在寅氏が起死回生策を練っているとしたら、「政権の再交代」ではないでしょうか。

実際、先ほど紹介した鈴置論考でも、こんな記述がありました。

――来年5月、韓国に新しい大統領が誕生したら、菅首相は首脳会談を開くのでしょうか。

鈴置:日本政府は国際法違反状態の是正を強く求めているので、誰がなろうが『是正』なしで首脳会談に応じるのは難しい。菅首相が降板して脇の甘い人が首相になれば、変わるかもしれませんが。

「脇が甘い人間が次期首相に就任」、何とも恐ろしい話ですね。

その意味では、自民党総裁選と衆院選は、下手をすると日韓関係を含めた日本の将来を決める、大変に重要な選挙となるかもしれないと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. G より:

    オリンピック終わっても支持率が上向かないなら、安倍総理が再登板して衆院選って展開もあるかも知れませんね。とにかく政権交代は避けなきゃいけないので。
    自民党総裁に安倍総理が規定上戻れるのかとかよくわからないですが(場合によっては総総分離?)。

    1. 門外漢 より:

      第三次安倍内閣を希望します。

  2. G より:

    もう一つ、少し現実みが高いアイデアとしては「安倍幹事長」というのもありですね。
    オリパラ後の内閣改造、党役員人事の目玉としてこれを掲げて選挙に挑むのです。
    二階氏と候補擁立で対立している安倍総理ですから、受けてはいただけると思います。もちろん二階氏にとっては失脚になるわけで、激しい抵抗があるでしょうが、「選挙に勝つため」の美名のもと致し方ない状況に持ち込めると思います。

  3. だんな より:

    東京オリンピックには、200カ国以上が参加しますが、日本の食事や選手村にクレームをつけ、垂れ幕を掲げるのは、韓国一国のみで十分「特殊な国」と言えるでしょう。
    その国が日本との関係改善を、時間がたてばうやむやになり元に戻ると考えることは、異常だと思います。

    文政権は、中朝工作機関により作られた政権で、工作機関の目標は日本の分断となっています。コロナにより、様々な分断工作を行っている政党、マスコミが、自民党政権を倒すことを目指しているのです。立憲が政権をとるようなことが有れば、日韓関係改善という面目で、売国行為を行うことは間違いありません。

    現在ビジネスから。
    韓国メディアが報じない「文在寅五輪訪日キャンセル」本当の理由
    https://news.yahoo.co.jp/articles/3ee1b9dc57c46f32da4e985763ef07d20b76c9d4?page=1
    >ただ、東京五輪を機に、韓国国民の反日感情が再び最高潮に達していることは、文在寅政権や与党「共に民主党」にとって、決して悪い材料ではない。むしろ好都合とも言える。保守政治勢力を親日派と罵倒することで、「保守vs.進歩」を「親日vs.反日」の構図にすり替える民主党の選挙戦略は、これまでの選挙でも大いに役立ってきたからだ。
    文在寅大統領の対日外交を批判した尹錫悦(ユン・ソクヨル)候補に対しては、すでに「現代版親日派」というレッテルが張られた。日韓両政府が「嫌韓」や「反日」を内治や選挙に利用している限り、日韓関係の改善は実現できないだろう。
    これで来年の大統領選も韓国民の反日感情が文在寅政権の最大の武器になる可能性が高くなってしまった。

    今後の韓国の流れは、この記事に近いものとなるでしょう。
    韓国が、反日を国内統治、選挙に利用してきたのは間違いありませんが、日本が嫌韓を利用したかについては、嫌韓、韓国にそれほどの価値が無いというのが実態だと思います。

    1. 農家の三男坊 より:

      だんな 様

      >今後の韓国の流れは、この記事に近いものとなるでしょう。

      そうなってくれることを期待します。

      今回の訪日騒動も、本当に訪日したいと思っているとは思えない能天気な”条約・合意を守らない国”の姿勢・要求でしたが、三文芝居の結果、反日世論を高めるのが目的であれば、”なるほど”と腑に落ちます。

      その結果”条約・合意を守らない国”の評価(彼らの好きな言葉で言えば国格)を落としたことも、北よりも”条約・合意を守らない国”を下に置く彼らに狙いだったかもしれません。(だからと言って日本政府が妥協した方が良いとは言っていません。)

      ただ、単に扇動に乗っているだけの愚民なので、持続力が大統領選挙まで持つのか楽心配です。

      また、
      >北朝鮮核ミサイル問題や、拡大路線をひた走る中国への対応など、東アジアの平和・安定のために韓国と険悪な関係にあり続けるのは、安全保障の観点からもマイナスであることは自明です。

      という、”現状分析のできていない”周回遅れの意見が力を持ってくることが心配。
      その為にも、今回の対応に合わせて、”条約・合意を守らない国”を世界の共通認識に持ってゆくよう広報頑張ってほしい。

      次期衆議院選挙は、”ワクチンパスポート導入による経済活性化”か”ゼロコロナによる死か”で戦ってほしいと思います。

    2. より:

      > 嫌韓、韓国にそれほどの価値が無い

      韓国メディアにはよくその手の表現がみられますね。「支持率低下に悩む菅首相は、嫌韓を煽り、政治的に利用しているのだ」とか。安倍前総理の頃もさんざん言われてました。
      まあ、見本のような自意識過剰、または自己過大評価の産物としか言いようがありません。確かに、原理原則を踏み外してまで韓国に阿るような発言をすれば猛反発を浴び、支持率低下に繋がるでしょうが、原理原則に従って発言している限り、それがどれほど韓国にとって都合が悪かろうと、支持率が上がるなんてことはまずありません。多くの日本国民にとって、韓国なんぞどーでもいー国、またはそもそも関心など持ってない国でしかないからです。まずは、そのことが気に入らない、許せないのでしょうけどね。

      また、韓国人は自分たちならば何のためらいもなく実行するであろう姑息な策動を、日本もしているに違いないと思い込んでいます。よくある例としては、国際機関などで自分たちに都合が良い判断が下されないと、「ロビー活動ガー」とか「金をたくさん貰ったに違いない」という声が韓国中に溢れかえります。なんのことはない、自分たちがそうやって判断を捻じ曲げさせてきたということ、そしてそれを良しとしていることの告白でしかないのですが、韓国人たちはそのことには気づいていないようです。
      残念ながら、日本人から見れば、日本はその手の工作がとても下手な国という印象しかありません。日露戦争の頃まではそれなりの工作活動を行ってましたし、戦時中でも、巧拙はともかく、様々な工作活動を実施してきましたが、戦後はほぼ壊滅状態と言って良いように思います。なので、韓国人がことあるごとに「日本のロビー工作ガー」とか言う度に、そんなに外務省が有能だったら、今頃日本国民はこんなに苦労してない、と苦笑せざるを得ません。

      いかん、話が逸れた。
      文在寅大統領の対日接近姿勢の目的が、要するにアメリカを動かして制裁を緩和させ、一刻も早く北朝鮮に対する大規模な”人道的支援”を行うためと仮定した場合、文大統領に残された機会、残された時間はほとんどありません。北朝鮮の窮状が、一部で伝えられているほど酷かった場合、秋まで待つ余裕はないはずです。従って、五輪閉幕式、あるいはパラ開幕式を狙って「来ちゃった♥」をやらかしてくれる可能性はゼロではないかもしれません。しかし、その場合であっても、菅総理がお土産を呉れる可能性はほぼありませんので、挨拶だけでも菅総理と顔合わせをしたことで「関係改善への一歩を踏み出した」とアメリカに訴えようとするくらいのことしかできそうもありません。その程度のことでアメリカが即時制裁緩和に動いてくれる可能性は限りなくゼロに近いと思われますが、「ゼロではない可能性もある」→「ゼロではないかもしれない」→「ゼロではないに違いない」→「ある程度可能性があるかもしれない」→「可能性は十分にある」という韓国式思考変換で、動き出そうとする可能性はあるでしょう。

      そして、もう一つの可能性は、日本経由アメリカ行きを諦め、中国に一層接近しようとする可能性です。実際、北朝鮮に対して大規模な”人道的支援”を実施するのであれば、中国を動かした方がより迅速に実施できるのは明らかです。支援物資の実物は全て韓国持ちという条件+αで交渉できるかもしれません。ただし、当然足元を見られるので、「+α」のところで、相当キビシイ要求が突きつけられるでしょう。

      なお、秋以降、韓国は完全に大統領選モードに突入します。現状、左派にとって得点になる見込みがあるのは「反日」だけです。ゆえに、秋以降、青瓦台の反日煽動は一層強化されると見込まれます。その時に、日本の首相が「脇の甘い人」だったりすると、韓国に振り回される可能性が高くなります。韓国の内政事情など知ったことではありませんが、そんなもんに日本が振り回されるのは避けねばなりません。おそらく今後、さまざまな人心を惑わせる情報が流されるでしょうが、日本国民には一々動揺しないことが必要になるかと思います。

  4. きたたろう より:

    >2.先方からは、これらに関し、韓国側の立場に基づく説明がありました

    立場?韓国の政治家の立場など知ったこっちゃないですよ。
    1965年に請求権問題は解決、韓国は解決してないと言うので2015年に慰安婦問題に関してはもう一度解決。それでも解決してないと言うなら、何をしたら解決なのか?
    国家同士として外交的には決着してるでしょ?
    そもそも解決した問題を解決することは出来ない相談です。
    もう何回「解決」って言ったかな?
    あんたは「解決ゾロ」か?って言われそう!(ちょっと古いかなぁ..)

    1. 門外漢 より:

      >解決ゾロ

      懐かしいです(^^♪

  5. めがねのおやじ より:

    鈴置氏の言う「菅義偉首相が降板して脇の甘い方が〜」今のところ、そんな方がなられる可能性は極めて低いと思います。脇が甘い、求心力がない、決断力がない、風見鶏である、、、思い出せば誰だろう。

    私見ですから偏見込みで。一番にマスコミがヨイショしまくる石破氏(なんでポスト菅でNO.1なんだ)、次いで日韓慰安婦で締結に動いた外務大臣岸田氏、三番手二階氏(老害、末期癌)。この辺が総理総裁になれば、韓国は喜ぶでしょうが、100%無い。

    次期も菅氏で、その次に安倍総理、その先は河野氏、世耕氏、小野寺氏、加藤氏らで争って下さい。韓国は、日韓関係がお先真っ暗です。

    1. めがねのおやじ より:

      おっと岸氏を忘れてた!

      1. たろうちゃん より:

        初めまして。いつもキレのあるコメント拝読させていただいております。あとひとり。衆参鞍替えで二階に反旗を翻した自民党屈指の政策通にして人格者の林芳正氏はいかがでしょうか。私は林芳正氏、岸信夫氏、世耕弘成氏、小野寺五典氏が希望です。河野太郎氏は少し早いかな。岸田文雄氏は賞味期限切れ。石破茂氏は論外。

        1. 名無しの権兵衛 より:

          たろうちゃん様へ
           仮定の話ですが、林芳正氏が日本の総理大臣になり、尹錫悦氏(元検察総長)が韓国大統領になった場合、顔がよく似ているので間違えてしまいそうですね。
           個人的には、林芳正氏と岸信夫氏に加えて安倍晋三氏の山口県選出トリオを応援しています。

    2. 門外漢 より:

      一旦党外に出た人は総裁に成れないという不文律があるって聞きましたが?

      1. より:

        河野洋平氏が総裁になってますので、そんなことはないでしょう。
        不利には働くでしょうが。

      2. 頓珍韓 より:

        門外漢様

        河野洋平 新自由クラブ

      3. 門外漢 より:

        じゃゲルに頑張って貰いましょうか、知らんけど。

    3. 匿名 より:

      河野は無しで
      皇統が1000年以上とか、女系天皇とか、致命的な親父の影響が見受けられます。

      皇統:2600年以上続いとるがな
      女系天皇:皇室の断絶だわな

      ttps://www.jiji.com/jc/article?k=2020082500979&g=pol

      他の方の信条は、把握しとりませんが、河野は無しで。
      (大事なので以下略)

      1. 阿野煮鱒 より:

        釣れますか?

        1. 匿名 より:

          何を釣るんですかね?
          ちょっと意図が分かりかねます。

          私は、過去の河野太郎の発言から、総理大臣に不適格だと思いますと言ってるだけです。

  6. sey g より:

    今回の文大統領日本訪問事件は、会計士様の考えに異を唱えます。

    北朝鮮の補助線を引かずとも、ただ単にオリンピック訪問を武器に数々の外交問題を解決し、外交の天災ウリナラマンセーをしたかっただけだと思います。

    日本のやんわりとした拒否を条件闘争と勘違いし、なら倍プッシュだなどと一人芝居してただけではないか。

    ただ、彼等は今この瞬間を生きる、過去をかえりみない民族なので、今回の失敗を忘れて何度でも日本に粘着するに違いないと思います。

  7. 匿名 より:

    そうか!
    それでマスコミが必死で2009年の再来を狙うべくなりふり構わず政権攻撃をしているのか。
    当然裏で実行部隊として在日の存在はあるのだろう。

  8. taku より:

    日本国民の多数派の、韓国対応への認識が、「過去に迷惑をかけたから多少のわがままは聞いてあげよう」から、「好意で譲っていたら相手はそれを当然と思い込む」に変わった以上、政権が変わろうとも、基本的方針は変わらないと思います。そんなことをしたら、自民党の支持層から猛反発を受けますから。今後、日本が韓国を特別視することはない。ただ特別視に慣れてきた韓国が、そのことを認めるには時間がかかります。日韓関係の劣悪状況の継続→両国経済への悪影響→経済規模の小さい韓国の方がダメージが大きい→韓国で見直し気運が生ずる、という展開を予想(期待?)しております。それには30年くらいはかかりますよ(なんせ戦後70年以上譲ってきたんですから)。従って、本サイトの存在価値も当面高いと思っています。

  9. なんでかな より:

    文氏は大統領なので、権限も大きく、来日し問題に踏み込んで発言して日本の首相を切り崩し、後日両国の外相がまとめればよいと考えていたのではないかと思われ。それに対し日本は予防線を張り対応したのかと思う。トランプもそのスタイルだったが、国力が違うので外交に関しては結果に差がありますね。韓国は国力の差を慰安婦などをテコにして埋めようとしているが、それはすでにテコとはなず、それ自体が外交の足枷となっているように見えるのだか、日本人の見方に過ぎないのかな。

  10. よし より:

    マス何ちゃらの失言は次使えないから
    リスカにしときましょう!

    1. りょうちん より:

      前にも書きましたが、自傷行為・リストカットは、他人の気を引くために行われることはほとんどありません。
      他人の気を引くために「死んでやる!」と自殺をほのめかす輩は、実際には実行することがないのに対して、リストカットは本当に自分を傷付けることでやり場のないストレスを解消する病気なのです。
      元々の小説家の誤用から始まった表現ですが、医学的にも手首を切って死ぬのは相当難しいのです。

  11. Naga より:

    日本には脇が甘いというか、国益や国の名誉や品格をを考えない極めて変な政治家、官僚、経済人が多過ぎですね。
    政権ももっと気軽に変えることができればいいのですが、日本を外国に売り渡すんではないかというような政党が多くために選択の範囲が極めて少ない。そこが他国との違いです。
    かつてのソ連にいた反体制作家と言われたソルジェニーツインは、ソ連の体制に反対でも外国に言われると親の悪口を言われたようで嫌だと言ったそうですが、日本の指導的立場にある人にそのような人が少ないですね。

  12. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (そう自分に言い聞かせないと、素人が舞い上がってしまうので)
     日米が次期韓国大統領に、まともな人がなることを期待するように、韓国の文大統領も、(いつになるかは分かりませんが)次期日本総理には、韓国にとって都合のよい人に、なって欲しいのでしょう。しかし、(自民党政権になるのか、別の党の政権になるのかは分かりませんが)次期総理が、日韓断交主義者になる可能性もあるのではないでしょうか。
     蛇足ですが、韓国は、民主党鳩山民主党政権の再来を期待しているのでしょう。
     駄文にて失礼しました。

  13. ちょろんぼ より:

    在韓国公使相馬氏が名誉棄損で告訴されたそうです。
    前の産経新聞記者と同じく韓国で「禁固刑」になるのでしょうか?
    非常に心配です。 一応、公使に治外法権があるとするものの、
    それが通用するのは、韓国以外の国だけですからね。

    次期自民党総裁は、現総裁の菅首相で問題無いと思います。
    宣伝能力が無いと言う人達が多いようですが、それを行う機関は
    本来NHKである事を忘れてはいませんか?
    旧ドイツでゲッペルスがナチスの宣伝を行った事を真似て造られたのが
    NHKであります。
    NHKが本来の役目を忘れ、他国の報道機関になっている事こそが
    問題なのです。 又、視聴料を徴収する事もです。
    本来の義務を忘れた機関は、不必要なのです。

  14. 名無しの権兵衛 より:

     「脇が甘い総理大臣」を具体的に言えば、自称元徴用工問題で、「日韓両国の関係企業(+両国政府)が資金を拠出して財団を設立する」とか「韓国政府が自称元徴用工に代位弁済した後に、日本企業に求償(請求)する」とかいう韓国政府の解決策を承認するような総理大臣になると思います。
     しかし、その可能性は極めて小さいと思います。何故なら、このような解決策は、韓国政府が認定した22万6千人の元徴用工またはその遺族に対して、1人当たり約1千万円の損害賠償(総額約2兆3千億円)を認める結果になるからです。役人からこのことを説明されても上記の解決策を承認するような馬鹿な政治家はいないと思いますし、安倍総理や麻生副総理などが絶対に認めないと思うからです。

  15. がみ より:

    東京五輪騒動が終わって新型コロナもワクチン接種が進み抗ウィルス薬がもうすぐ登場して終息方向…

    韓国が政権交代望むのなら、体調戻り次第第三次安倍内閣でもいいですね。

    岸氏や小野寺氏や河野息子氏がスタンバイすりにはちょっと早いかな?

    小泉息子? 論外。

    ゲル石破氏は言ってる事一見正論なんですが、綺麗事で世界に向かっての国政なんか出来ないし、どうしても本能的に人として信用出来ない。

  16. 迷王星 より:

    >「脇が甘い人間が次期首相に就任」、何とも恐ろしい話ですね。

    その恐ろしい状況を現実にしかねない脇が甘く(というよりも鳩山・菅の両元民主党政権首相らと同じく確信犯の売国奴なのではと思いたくなる韓国や共産チャイナ礼賛&卑日的な言動を繰り返し)同じ自民党政権の首相を背後から撃つことを繰り返している人間が居るではありませんか.

    そして同じく韓国や共産チャイナ礼賛&卑日的であることこそが「正義」だと言わんばかりのマスゴミは菅首相の国民受けの悪さを見て,その確信犯的な脇の甘い人間を次期首相にして韓国を利するチャンスとばかりに,一斉にその人間が次期首相候補No.1だと囃し立てています.例えば某マスゴミがごく最近に行った次期首相アンケートなる代物で大衆からの支持率1位を獲得したと報道したり.

    今の状況のままだと残念ながら総選挙で自民党は相当に議席を減らしてしまう事態が現実になってしまうでしょう.そうなれば菅さんが継続して首相の座に留まる目はほぼ無くなってしまいます.

    しかしその時,件の人間が次の首相になれば文字通り日本は終わりかねない.彼の普段の卑日&売国的な言動からすれば,日韓請求権協定を無効と日本が認めてしまう自称元徴用工や自称元慰安婦への慰謝料支払いを命じた韓国司法のトンデモ判決を受け容れ,その結果として「違法な植民地支配で自身または御先祖様が味わった苦痛」というフィクションに対する慰謝料として韓国民からの際限ない天井知らずの請求という地獄の扉を開く事態を,件の人間が率いる内閣ならば受け入れる危険性が極めて大きい.

    更に尖閣諸島への共産チャイナの侵略を誘発する可能性も高く,その際に件の人間が首相ならば自衛隊に奪還命令を出そうとはしないのでしょう.その結果,「日本軍=自衛隊が血を流そうとしないのに我々が血を流して奪還してやる義理など皆無だ」と在日米軍も全く動かず,尖閣諸島は共産チャイナの支配下に墜ち,遠からず人民解放軍による台湾侵攻が現実のものとなってしまう.その時も,彼が首相ならば「日本国への侵略ではなくチャイナの国内問題だ」と主張して自衛隊の台湾防衛戦への参戦を認めないどころか,在日米軍の台湾エリアへの出動も拒否するでしょう.

    そうして尖閣と台湾とに人民解放軍が展開すれば南西諸島は共産チャイナによって西側から順番に削り取られて行くことになる.これに対抗する手段を日本は持たないし在日米軍の力をもってしても南西諸島防衛は困難になる.

    人民解放軍による南西諸島削り取り作業が始まれば,沖縄駐留の米軍は(台湾防衛にも無関心で日本が自ら国防に血を流そうとしない以上,沖縄という最前線で遠からず侵攻を受ける可能性が極めて高い危険な地に大事な自国の兵士達を置いて危険に晒すことはないとばかりに)グアムか日本本土に撤収することになる.那覇空港にある空自の南西方面航空団だけでは西側の島々を順番に制圧してそこの飛行場を空軍基地化し迫り来る人民解放軍には対抗しようがなく遠からず蹴散らされて沖縄本島,そして奄美諸島も日本は奪われる.

    もちろん,その時には件の売国奴は首相ではないから高みの見物としゃれこんでいるでしょうが.

    自民党政権が続いてもそんな人間を首相にしてしまったら,以上のような流れの歴史を誘発する危険性が大きく,文字通り様々な意味で日本という国が終わる可能性は極めて高い.(確か彼は,日本の国体を根底から破壊する女系天皇に関しても支持派だったのでは)

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。