外務省ウェブサイト上、韓国の「臨時代理大使」が就任

先日の『姜昌一氏、日韓関係の悪化の責任を日本に転嫁』でも触れた話題に続報がありましたのでフォローしておきます。外務省ウェブサイトの『駐日各国大使リスト』というページが昨日更新され、16日に日本を離れた南官杓氏が駐日大使から外れる一方、金容吉公使の名前が臨時大使欄に掲載されていました。外務省さんは、果たして本気で姜昌一氏の信任状を受け取るつもりなのでしょうか。

韓国の公使が「臨時代理大使」に

姜昌一(きょう・しょういち)氏といえば、「次期駐日韓国大使」として今月22日に来日したとされるものの、現時点において外務省の『駐日各国大使リスト』では「次期駐日大使」としては取り扱われていない、という話題について、当ウェブサイトではこれまでもしばしば言及してきました。

とくに、『姜昌一氏、日韓関係の悪化の責任を日本に転嫁』では、1月27日時点においてもなお、1月16日にすでに日本を離れた南官杓(なん・かんひょう)氏がいまだに駐日大使扱いされている、という事実を紹介しました。

ただ、外務省のリストは昨日・1月29日時点で、再び更新されました。その結果、南官杓氏の名前が削除されました。そのうえで金容吉(きん・ようきつ)公使が「臨時代理大使」欄に掲載されていて、しかも「任務開始日」は、南官杓氏が日本を離れた1月16日とされています。

一般に、大使が交代や一時帰国などによって任務地を離れるときには、臨時代理大使が選任されます。金容吉氏も、南官杓氏が離任してしまったため、次期大使の信任状捧呈が完了するまでは、臨時代理大使を務めるのでしょう。

また、この金容吉氏の名前は、外務省のリスト更新が行われた1月21日時点、27日時点でも見当たりませんでしたが、29日の時点でバックデートで日本政府から「臨時代理大使」として取り扱われているということでしょうか。なんだかすっきりしませんね。

姜昌一氏は「凄い人物」(※悪い意味で)

いずれにせよ、南官杓氏が日本政府から大使扱いされなくなったことで、「次期大使」(※既に本邦に着任し、信任状の「真正な写し」の外務省への提出は済ませたものの、信任状を天皇陛下に捧呈していない大使)の欄に姜昌一氏の名前が掲載されるのも時間の問題かもしれません。

なんともやりきれない思いがします。

姜昌一氏といえば、わが国の天皇陛下のことを「日王」呼ばわりしただけでなく、そのように侮辱して呼称することを積極的に先導した人物でもあります。また、現職の韓国国会議員として初めて、わが国の固有の領土である国後島に、日本政府の許可なく上陸した経歴も有しています。

正直、個人的には姜昌一氏に対してアグレマンが出されていないという可能性に期待をかけていたのですが、以前からしばしば申し上げているとおり、現に姜昌一氏が日本に来てしまっている以上、アグレマンが得られているという可能性も相応に高そうです。

(もっとも、姜昌一氏に対してアグレマンが出ていたとしても、国際法上は、これから彼に対してペルソナ・ノングラータを発動することは可能ですが…。)

そのうえ、この姜昌一氏という人物、『佐藤正久議員、姜昌一氏の過去の言動に「酷いもんだ」』などでも触れたとおり、なかなか良い感じで支離滅裂な御仁でもあります。自身の発言が問題になるやいなや、見え透いたウソで言い訳に終始するからです。

あまり言いたくはありませんが、悪い意味で「凄い人物」、というわけです。

何が凄いかといえば…

何が凄いかといえば、姜昌一氏の日韓関係の現状認識がぶっ飛んでいる点です。

ことに、『姜昌一氏、日韓関係の悪化の責任を日本に転嫁』でも報告したとおり、日本にやって来る直前に韓国メディア『ハンギョレ新聞』に対して語ったとされる内容については、一見の価値があります。あまりにもメチャクチャだからです。

たとえば、例の主権免除違反判決(『【総論】韓国主権免除違反判決の現時点におけるまとめ』等参照)に関しては、「被害者の司法正義が実現した」、「今後は両国政府が賢明に解決しなければならない」などと述べたそうですが、驚愕の認識です。

そもそも国際法に違反した判決を出したのは自分の国ですから、日韓関係を破綻させたくないのであれば、事態を収拾する責任はすべて韓国側のみにあります。それを「両国が」と騙ること自体、駐日大使という要職にある者の発言とは思えません。

さらに、2018年12月の火器管制レーダー照射事件、2019年7月の対韓輸出管理適正化措置などを巡っても、姜昌一氏は次のように述べています。

2018年12月には哨戒機事件が起きたが、これについての当時の日本政府の対応はよく理解できない。強制動員最高裁判決をどう解決するか、韓日両国の努力が必要な時に、安倍政権が哨戒機事件を拡大させてしまい、それから6~7ヵ月後には(輸出管理優遇国の)ホワイト国(グループA)から韓国を除外した。ホワイト国からの除外は安保的に非友好国という意味だから、韓国はGSOMIAを終了せざるを得なかった」

輸出管理強化を「輸出『規制』」だと言ってのけてしまうあたり、本気でそう思っているなら不勉強極まりない話ですし、わかって言っているのであれば悪質です。いずれにせよ、姜昌一氏の言い分は、「すべて日本が悪い」というものだと考えて間違いないでしょう。

天皇陛下の御前に立たせて良いのか

さて、外務省の方々が当ウェブサイトを読んでくださっているかはわかりませんが、あえてこのような人物を信任状捧呈式の場で天皇陛下の御前に立たせて良いのか、いま一度検討していただきたいと思う次第です(※もしも姜昌一氏へのアグレマンが出ているならば、ですが…)。

くどいようですが、天皇陛下は日本国の象徴であって、私たち日本人にとってはとても大切な存在です。そのような陛下に対し、「日王」と蔑み、国後島に不法上陸した御仁を引き合わせることが、外交的に何を意味するかは、外交のプロフェッショナルにわからないはずはないでしょう。

こうしたなか、22日に来日した姜昌一氏の待期期間は2週間とされているため、早ければ2月初旬にも待期期間が解除されるはずです。姜昌一氏による信任状捧呈がなされるのかどうか、なされるならいつ行われるのか、などについては、少なくない日本国民が関心を持っているのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    これは国際社会に誤解を招くかもしれませんね

    「やはり慰安婦問題も徴用工問題も本当のことであるから日本は韓国に強く出られないのだ、だから姜昌一氏を認めたのだ」と

    天安門事件の後に中国国家主席を天皇陛下に謁見させた失政を思い出します

  2. ちかの より:

    むしろ、マトモな現状認識が出来ていたら、そのほうがオ・ド・ロ・キ!ですね。
    「知日派の人物を日本へ送ったニダ」
    ということを日韓関係改善への意思表示、「ウリナラはこれほど努力しているニダ」と、形ばかりの取り繕いでしかないのに。

  3. 通行人 より:

    韓国大使館ホームページの公館長挨拶 http://overseas.mofa.go.kr/jp-ja/wpge/m_1043/contents.do  に以下の内容(第25代駐日大使の姜昌一です)がありました。ただし日付は解りません。

    1. だんな より:

      通行人さま
      読みました。
      虫唾が走りました。

  4. 匿名29号 より:

    案外、外務省の担当者が鼻毛を抜きながら外務省HPの大使欄が巷で話題になっているのを知り、「お、いけね、忘れてた」てなやつで、でも新大使はまだ正式になってないし、とりあえず代理の欄だけ埋めとこ、みたいなものかも知れませんよ。いままでの外務省の働きぶりをみても(誠に失礼ながら高給取りの事務屋)、そこまで高等な心理的戦術を使うとは思えませんし。 菅内閣からの差し金? うーん、それもちょっと。

    因みに、もし姜昌一氏が大使になったら自分は次回選挙は地方選も含めて ぜぇーったいに自民党には投票しないです。最高裁判事も全員✖にしてやる(関係ないけど)

    1. タナカ珈琲 より:

      匿名29号様

      本筋から乖離していますが、最高裁判事に反応します。
      30年前迄は、最高裁判事にペケを付けていました。
      ソレを亡妻に話ししたところ、こっぴどく叱られました。
      なんの落ち度も無いのに、不信任をするなんて、……。
      それ以降、最高裁判事の国民審査は、そのまま提出していました。
      (我が家では亡妻が取り仕切っていました。)
      で、10年前に長男に最高裁判事の話をしたところ、ペケに賛成してくれました。ワタシはヒトの意見にすぐに反応しますので、それ以降は最高裁判事の国民審査にはペケを付けています。
      長男が言ってた理由はワタシと同じでした。………てん、てん、テンです。

      1. 匿名29号 より:

        我が家は家内と息子・娘夫婦に、孫が選挙権を持つのはまだ当分先なので、厳命を下し(実際は平身低頭のお願い)たなら10票くらいはペケを付けられそうです。

    2. 名無しのPCパーツ より:

      >ぜぇーったいに自民党には投票しないです。

      その心意気があるなら、地元議員に抗議の電話したらいいんでない?
      自民の議席が減っても、更に左よりの政党しかいないわけで。
      立候補しろとは言わないけど、意見して自分好みの議員を作ってかないと状況が悪化する。

      1. 匿名29号 より:

        ぞの通り。

  5. 犬HK より:

    わかりきっていたことでしたが、外務省は外交のプロフェッショナルではない、ということが浮き彫りになっただけですよ。

    1. 赤ずきん より:

      自分の知っている駐某国大使は ソムリエ顔負けのワイン通でした。外交より鹿鳴館時代を引きずっている感じでした。

  6. マイナンバー より:

    姜昌一氏の大使就任は、日韓関係正常化に向けた歓迎すべき人事かと。文在寅氏が日韓関係正常化に避けて通れないこれまでの歪、異常な日韓関係をご破算にすることに邁進している真の親日大統領であるのとの認識に立てば、反日、侮日、蔑日、侮日の言動を続けてきた姜昌一氏が駐日大使となることは、文在寅大統領の日韓関係ご破算政策にブーストをかけてくれるのではと大いに期待すべきかと。
    頼みますよ、姜昌一閣下!

  7. 匿名 より:

    本件とまったく無関係だけど、今朝のYahooのニュースに『内閣不支持層ほど東京オリンピック・パラリンピックを「中止すべき」と回答 1月の選挙ドットコムリサーチ詳細解説』が掲載されていた。
    そこでは年齢別政党支持率の調査結果の説明もあったが、あまりにも予想した通りだったので驚いた。具体的には

    共産党の支持者は80代、70代で50代以下はほとんどいない。
    立憲民主党の支持者も80代、70代、60代までで50代以下はほとんどいない。

    これは朝日新聞の、おそらく他の新聞も、購読者とまったく同じ構図なのでは? おそらくシニア向け番組ばっかりやっているテレビ朝日の視聴者とも重なると思う。
    朝日新聞の論調は共産党や立憲民主党支持者に合わせるしか市場がない。変えたくても変えられない。また朝日新聞の部数が毎年40万部くらいコンスタントに減っているが、その数字だけ高齢者の新聞卒業者が出てきており、もうこれは抗うことができない現実なんだろうと思った。あと10年そこそこで消える運命。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e4469af2e7cdb6658014956ba4fcbaf969b1e5e8
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e4469af2e7cdb6658014956ba4fcbaf969b1e5e8/images/002

    1. 匿名29号 より:

      興味ある分析ですね。でも「10年そこそこで消滅」は願望のバイアスが少し掛かっているかと思います。
      総務省の人口統計によると2015年あたりから80歳以上の高齢者が全人口の10%を越えています。認知症を含め高齢者の選挙権はまだ認められており、今後どうするかは議論の最中ですが、10%といえば約1千万人分の票であり、人生100年時代とかが本当であれば、(乱暴な計算を承知で)あと20年は赤旗も朝日新聞も先細りとは言え安泰かもしれません。

    2. Naga より:

      朝日は不動産業は儲かっているとのことのようですが、不動産業の方も消費税8%なんでしょうかね?

      1. カズ より:

        土地売買、住宅用賃貸、未舗装青空月極駐車場の利用料は非課税だったと思います。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    やはり残念ですが日本政府は姜昌一氏にアグレマンを出して、韓国大使に就任ですか。アウェイの日本で、反日発言を繰り返すのは日本のアドバンテージになりますが、天皇陛下に信任状を捧呈する行為だけは阻止して欲しかった。

    まだ2週間(残り1週間)あるので、ペルソナ・ノングレータで追い返して欲しい!切にお願いいたします。

  9. 匿名 より:

    日本の韓国大使の赴任もまだでしょうから、それとバーターで同タイミングでの認証となるんでしょうね

    お互いに大使不在でいいと思うのですが、日本政府にはそんな覚悟は期待出来ないでしょう

  10. より:

    リストが更新された上でこうなっているというのであれば、1月29日現在の外務省の認識としては、前大使の離任は確認したが、次期大使の信任状の写しはまだ受領していないということなんでしょうね。おそらくは、それ以上でも以下でもありません。
    姜昌一氏にアグレマンを出すことが適切かどうかという議論は残るでしょうが、どちらであっても、どうせ彼らの望む「改善」になど繋がりはしないのだから、大した問題ではないと思います。現時点で、日本側に即時断交という選択肢が事実上ない以上、暫く宙ぶらりんで放置する程度の嫌がらせはできますが、仮に姜昌一氏向けのアグレマンを拒絶したとしても、同レベルあるいはもっと酷い人物が指名されてくるだけです。アノ文在寅政権に何を期待しているのですか?

    赴任国のアグレマンを受ける前に人事を発表するなどという外交儀礼に反する真似をしでかしてくれたのですから、何らかのペナルティは課して然るべきだと思いますが、どうせ誰が来ようが不愉快度は五十歩百歩です。どうせならば、姜昌一新大使(見込)には、期待に違わぬよう、ますますの日韓関係の破壊に邁進してもらえばよいとすら思っています。その意味では、日韓断交を願う人たちにとって、むしろ歓迎すべき人事なのではないでしょうか?

    いずれにしても、姜昌一氏の言動に一々驚いたり、腹を立てたりなんかする価値などありません。同様に、彼にアグレマンを出そうが出すまいが、どうでもいいことであると思います。

    1. 匿名29号 より:

      一理あるとは思います。 しかし、そのような些事はどうでもよいという事を20年近く積み上げた結果が今日の慰安婦問題を生み出していると考えています。
      特に、今回は領土という人間の本能が強く反応する点を犯した人物であっても承諾するという実績になり、更に次の一歩へエスカレートしてゆくと思います。

      もっと酷いレベルの人物が来るのは龍様の言う通り逆説的にもっと歓迎ですが、少なくとも領土に関して問題行動をした人物は跳ね返したいです。 反日言動にまで範囲を広げると、候補者がいなくなるので無理でしょうが。

      1. 匿名 より:

        北方領土にロシア側から上陸経験あるということで日韓二国の問題じゃなくなってるんですよね
        ここで変に妥協してしまい、ロシアに口実を与えてしまうのはよろしくない

      2. より:

        個人的には、アグレマンを拒絶し、文在寅政権のメンツを叩き潰し、姜昌一氏に大恥をかかせるというのは「面白い」と思いますし、反対する理由は何もありません。
        しかし、「面白い」以降の展望がありません。拒絶することで文在寅政権の姿勢が変わるというのであれば(=国際法を遵守する方向に転向する)、そうするべきでしょうが、そんなことはまず期待できません。別の不愉快な人物を送り込もうとするか、あるいは拗ねて大使の指名そのものを当面行わないかのいずれかでしょう。本国がアレである以上、どちらであろうが、特に日本にとって都合がよくなるなんてことはありません。つまりは、駐日韓国大使がいようがいまいが、誰であろうが、どうでもいいことであると考えます。

        というわけで、姜昌一氏へのアグレマンを拒絶すれば「面白い」と思いますし、受け入れたとしても、そのことをもってして外務省や菅政権を非難しようとは思いません。この程度のことで「対韓姿勢が後退した!」と騒ぐ方がどうかしてる、と思います。

        1. タナカ珈琲 より:

          龍様

          私は敵の嫌がる事は思いつく限り何でもやる。たとえ、其れが失敗しても、です。
          ヘタな鉄砲も……、です。
          ヘタな鉄砲を……、撃てば、当たらなくても、楽しいです。人生は楽しんで、ナンボだと思っています。
          エンタメは楽しまなくては…です。

        2. 青色労働者 より:

          対韓国への姿勢云々よりは、北方領土の帰属主張に関して対ロシアで大失点になるだろうなと思います。
          ロシアのビザによって我が国の北方領土に足を踏み入れたことが公然視されている人物を駐日全権大使として認めてしまうということは、遺憾砲が文字通り花火以下の空砲にすぎないということを内外に改めて示してしまうことになろう、と。
          彼を駐日大使として受け入れてしまうということは、ロシアに機会を見つけるたびに日本と外交関係のある国の政治家達を北方領土に招待し続けるだけで、日本の主張を弱めていくことができるというカードを入手させるに等しい、と。

          1. より:

            確かに、対ロシアという点ではマイナスでしょうね。些細なことで因縁を付けるのが得意というお国柄ですから。
            ただ、対ロシアという点では、あれほど熱意を込めていた安倍前首相でも結局何もできませんでした。その意味では大した影響はないとも言えます。

            でも、姜昌一氏の着任を拒絶するのであれば、一番適当な理由ではあると思います。

  11. j より:

    ユーチューブのケンケン先生ではないけど、人相が良くない。と私は感じました。
    「私を任命したら、むちゃくちゃな言動を日本は認めた。」となるならやりきれない。
    任命されたから、むちゃくちゃ言っているかも知れない。
    まあとにかく、人相が悪い。

  12. はるちゃん より:

    私は文大統領が北方領土に対する日本の主権を否定し、天皇陛下を愚弄するような人物を駐日大使に任命したのは、日本及び天皇陛下に対するマウンティングだと理解しています。

    このような反日的行為を繰り返す人物を大使として受け入れるという事は、日本が韓国の歴史認識を受け入れたと諸外国に認識されるでしょう。
    過去日本は不当に韓国を支配し、少女を凌辱し、労働者を酷使したと。

    日本は韓国が仕掛けている数々の歴史問題で今まで以上に国際的に劣勢に立たされることになります。
    河野談話の二の舞は何としても避けなければいけません。

    このような人物を、自らの基本的人権を放棄して懸命に日本国民のために尽くされている天皇陛下の御前に立たせてはなりません。

    今回姜昌一氏の駐日大使指名を拒否し韓国に追い返すことは韓国にカウンターパンチを食らわせる良い機会だと思うのですが。

    1. より:

      そこまでの知恵や深慮遠謀など文在寅政権にはないと思います。
      せいぜい、「行き詰っている対北関係を改善するために日本を利用したい。そのためには、日本にちょっとだけ宥和的な姿勢を見せる必要がある。ならば日本の最高学府たる東大に留学経験のある人間を起用すれば、日本側も歓迎するだろう」くらいの考えしかなく、日本側からこれほどまでに姜昌一氏への逆風が吹くなどとは夢にも思ってなかったでしょう。

      文在寅政権の識見や能力なんて、その程度の幼稚さだと見るべきだと考えます。

  13. めたぼーん より:

    敢えて善人として毒を飲み、それを菅に吐き出して、韓国は大使という手段で毒を盛る,しょうも無い国だと世界に広める戦略なら、ちょっとだけ理解します。また、2F派のゴリ押しなら、派閥もろとも葬れないかな。

  14. G より:

    バックデートで公使が臨時代理大使に記載されたと言うことは期限までに信任状の写しが提出されなかったということなのでしょうと私は解釈しました。少なくとも前大使離任以降日本の外務省目線でなんらイベントは起こっていない。だからバックデート。

    前大使が離任する際、公使なりを臨時代理大使に指名して通知しておくのは必須でしょうから、本来は離任した次の日から臨時代理大使が職務を行っているはずです。ただ、次の大使が時間をおかず赴任して信任状の写しを提出すれば、ごく短期の臨時代理大使の存在は出さず、前大使から「次期大使」へ継ぎ目なく引き継がれたように公表する。その期限が約2週間ということだと私は解釈しました。

    そもそも韓国としては新大使(候補)が着任できる前提ですから、前大使離任から新大使着任までの短期間公使が臨時代理大使を務めることになんの違和感も無いと思います。また、日本の外務省としても、新大使のアグレマンを出していたかどうかに関係なく、前大使離任時の臨時代理大使人事の通知を受ければ、はいそうですかと受け取ると思います。

    つまり、金曜日の臨時代理大使の件は新大使の赴任云々に全く関係ないと私は判断します。

    まあ、これから信任状の真正な写しが提出されて例の方が「次期大使」に名を連ねる可能性は高いです。ただ、だとしても金曜日の臨時代理大使の表記の件はなんら我々に情報を与えるものではないです

    バックデートってそういうことですよね。

    1. G より:

      一応今のところのメインシナリオは
      「アグレマンは出ていて、じきに「次期大使」として外務省HPに掲載される」
      のままです。ただ、若干信任状の写しの提出が遅れていることから、我々草韓国ウオッチャー期待シナリオであるところの
      「アグレマンは出ていない。あの方はヒラ大使館員のステータスで入国しただけ」
      の可能性も少し増してるように思います。

      遅延しているのは、信任状は写しといえども大切で本人が持参しなければいけないから、コロナ隔離でそれができないでいるだけ。と言ったところでしょうか。ただ、単なる書面ですし、お使いの人が持っていってもいいと思いますけどね。書類の真正性は本人が持っていかなくても確認できます。少なくとも韓国側は一刻も早く提出したいでしょうし。

      期待シナリオ側の見方ですけど、「外務省目線でイベントがない」なんて嘘っぱちで、既に信任状の写しを提出しようとして外務省が受取拒否してるといったバトルの展開が起こっているやもしれません。

      このシナリオの想定なら、隔離終了後本人が外務省に直談判に行くような話になるかと思います。ただ、外務省の下っ端は会っても外務大臣や総理といった権限を持って状況を変えられる人は報道通りで面会拒否。。。

      すみません妄想が過ぎましたw

  15. 迷王星 より:

    >(もっとも、姜昌一氏に対してアグレマンが出ていたとしても、国際法上は、これから彼に対してペルソナ・ノングラータを発動することは可能ですが…。)

    国際法からは、つまり原理的にはもちろん可能ですね。

    但し、実際にそれをやれば世界中の外交官から日本は嗤い者にされるのが必定で、それに加えて日本外交の国際的な信用を失墜させ、日本外交(対韓でなく他の国々に対する外交)の将来にどれほど大きなマイナスの影響を与えるか計り知れませんが。

    姜氏に実際にアグレマンを与えてしまっていたならば、その時点で菅-茂木路線は文政権の姜氏の駐日大使の既成事実化戦術に対して愚かにも外交的に敗北したのです。その敗北を姜氏を国外追放することで取り消すことは出来ません。そんなことをすれば、この愚かな敗北でついた日本自身の傷を大きくする(韓国に対するだけの傷が世界中に馬鹿にされ信用失墜するという国際的な傷になる)だけです。

    姜氏に対するアグレマンの扱いは、韓国文政権の反日活動に関して日本がどれほど頭に来ているかを世界にアピールし、同時に世界中の面前で韓国の面子を潰して痛い目に遭わせる最良のチャンスだったのですがね。

    もちろん姜氏が駐日大使として正式に着任後に、過去の暴挙・暴言と同レベルの行為、例えば北方領土にロシア側から上陸するとか天皇陛下を日王呼ばわりするとか竹島に上陸する(これは過去にはやってなかったと思いますが日本にとっては過去のと同レベルの暴挙)を行えば話は全く違って来ます。その場合には、単なる韓国内の一政治家でなく日韓親善を推進すべき立場にある駐日大使が極めて悪質な反日行為をしたことに対する日本の怒りを表明する手段として、大使をペルソナ・ノングラータに指定し国外追放するのはアリだと思いますよ。そしてそれに対しては海外から嗤われることはないでしょう。ですが、アグレマンを与え日本国として姜氏の駐日大使就任を認めたのに実際に入国したら国外追放するのでは、世界中からは日本のやっていることは支離滅裂としか見えません。

    外交が世界の舞台でプレイされる以上、外交上の活動は、相手国からどう思われるか(言い換えれば相手国にどう思わせるか)だけでなく、世界中の国々からはどの様に見えどの様に思われるか(言い換えれば世界中の国々にどの様に理解させるか)にも注意して行わねばならない。

    姜氏が本当に駐日大使となったならば(つまりアグレマンを日本政府が出してしまっていたのならば、その過ちをキャンセルするために)ペルソナ・ノングラータで速やかに追放しろなどと言う主張は、向きは逆だが9条教徒や非武装中立論者(一国平和主義者)と同レベルの現実無視の脳内お花畑としか私には思えません。

    1. 迷王星 より:

      補足しておくと、姜氏が我が外務省の駐日大使のリストに韓国大使として記載されていない現時点では、姜氏に対するアグレマンを日本政府が出していない可能性は僅かですが残っていると私は考えています。

      つまり姜氏の来日も韓国政府による既成事実化戦術の一貫と理解することは不可能ではありませんから。駐日大使としてのアグレマンを得ていないのに駐日大使と称して来日する行為は極めて非常識な行為だと思いますが、韓国とくに文政権の外交の非常識さは今に始まったことではありませんから。

      ただ、仮にですが、日本が姜氏にアグレマンを出していないのであれば、日本政府はその事実とその理由(姜氏の過去の反日行為でも特に重大な北方領土の件などの幾つか)を世界に対して「姜氏の××という過去の重大な反日行為は日本政府として看過できない。従って姜氏の駐日大使としての着任に対するアグレマンを日本政府は発行しない」と世界に対して公表すべきですね。失礼なことをすれば痛い思いをすると韓国を躾ける良い機会ですから。

    2. G より:

      >実際にそれをやれば世界中の外交官から日本は嗤い者にされるのが必定で

      これは何か実例をもって書かれていますか?私にはそう思えません。
      ペルソナ・ノン・グラータというのは、他国の好ましくない大使館員といえど逮捕、拘束したり危害を加えてはいけない、その代償措置として理由を告げずに出ていってもらう、というものです。
      ペルソナ・ノン・グラータのルールがあるのは、「大使館員として好ましい人物だけを選んでいい」という意味だと理解してます。この原則がなくて好ましくない人物を我慢して受け入れてると、次は逮捕拘束、もしくは暗殺といったことになりかねない。逆にそれが外交の常識なような気がします。

      理由の要らないペルソナ・ノン・グラータに敢えて理由をつけるなら「受け入れていると内閣支持率が下がる」。他国の外交官だって、国民に不評の人物を放置しておくことで政権交代までいく可能性をペルソナ・ノン・グラータで穏便に摘んだと聞けば納得するでしょう。

      そもそも他国の外交官の笑い物になるかどうかなんて気にする必要ないとは思いますけどね。外交ってそんな他国の対応を笑える暇があるほど緩い世界じゃないはずです。

      1. 迷王星 より:

        日本に滞在することさえも望ましいと思わず国外追放する人間に対して、その直前に大使就任のアグレマンを出したことが支離滅裂でなければ何なのですか?

        国外追放しなきゃならないほど彼の滞在が日本の国益に反する人間ならば最初から駐日大使として認めない、つまり最初からアグレマンを与えなければ良いだけの話ですからね。

        そんな支離滅裂を実際に行えば、世界中の外交官や外交に明るい政治家からは嗤い者にされて当然です。

      2. 迷王星 より:

        一つ反論し忘れました。

        >そもそも他国の外交官の笑い物になるかどうかなんて気にする必要ないとは思いますけどね。外交ってそんな他国の対応を笑える暇があるほど緩い世界じゃないはずです。

        嗤い者になるのが問題なのではなく、「日本はとんでもない非常識な支離滅裂を平気で行う国だ」と海外から認識されるのが問題なのですよ。

        一旦、日本に対して海外の外交部署や政治家からそういう認識をされてしまうと、日本の主張を信用して貰えなくなる=日本が何を主張しようと真剣に相手にして貰えなくなる危険性が極めて大きい。

        何故ならば支離滅裂なことを平気でする国の主張なんて、いつ突然に正反対の主張に翻すかも分かったものではありませんからね。

        要するに、我々日本人が日韓基本条約や慰安婦合意を簡単に覆す主張をする韓国を信頼できないように、支離滅裂なことを日本がすれば日本の主張など信頼できず真剣に検討するに値せず無視するに限ると海外の国々から看做されかねないということです。

        1. 匿名29号 より:

          自分も、一度アグレマンを与えているならば、いくら説明はしないでよいとは言え、アグレマン後に特段問題を起こしたわけでもないのにペルソナ云々で追い返すのは出来ないと思っています。 そんなことをすると、駐韓日本大使のみならず世界中の日本大使が同じ憂き目に会う、とは外務省官僚が言いそうな事だけど、それはそうです。(日本大使が笑われようと どうなろうと知ったこっちゃないのですがね。お世話になったこともないし)
          アグレマンを与えているのなら、その段階で菅内閣、外務省の失策が確定しています。追い返したところで、リカバリーショットにはなりません。
          来週には、答えが分かるだろうからワクワクしながら待ってましょう。

        2. G より:

          そもそもアグレマンは外務省の言うには、出したか出さなかったについて公開する性質のものではないとのことです。であれば「一旦アグレマンを出してしまったら」的議論は通用しません。
          公開しないということは一旦出してしまったアグレマンでも、いつでも撤回可能ということです。アグレマンを出したことを公開したうえで撤回したら仰る通り信義則に反します。「いつでも予告なく撤回出来る権利を留保したいので厳に非公開でお願いします」という意味だと私は認識しています。むしろ年末にアグレマンが出たことを漏らしてしまった韓国の方が信義則に反していて「嗤いもの」になるべきです。

          現に非公開であるべきアグレマンをメディアに漏らした韓国への「お仕置き」としてアグレマン撤回を内々に伝達。ただ韓国はそれを押し切らんとして強引に来日。ありうる展開です。

          じゃあいつからアグレマン撤回が出来なくなるか。それは何かしら大使候補者であることを日本から公表した瞬間、つまり、信任状の真正なる写しを日本が受け取り、外務省HPに「次期大使」欄に名前が載った瞬間が期限です。
          だから私も外務省HPには注目しています。金曜日のバックデート臨時代理大使の記述はそれとは関係ないというのが私の見解です。

          まあ「ペルソナ・ノン・グラータ」が大袈裟すぎるという部分は私も同意です。別に日本から追い出す必要はなく、そもそも非公表のアグレマンを内々に撤回して大使としての信任状の受け取りを拒絶すれば良いだけです。韓国の公用旅券で来日した韓国大使館関係者として日本に残っていただく分には問題ありません。

          1. 門外漢 より:

            G 様

            >内々に伝達。ただ韓国はそれを押し切らんとして強引に来日

            私の経験からで恐縮ですが、人事と言うのは如何にベストなものであっても、事前に洩れた時点で「無かった事になる」ものなのです。
            発令前だから取り消し可能だという巻き返し派と、そうはさせじという推進派の激突になり、仕事もしないうちから当人に瑕が付くし、人事の公正性に疑問を持たれるからです。
            発令してしまえば不満はあっても一旦は落ち着くものなのです。
            事前に大揉めしていたのに、蓋を開けたら予想とは全くの別人で、両派とも拍子抜けして一件落着というのもありました。
            大使人事も同様だという気はありませんが、お互いに事前に漏らさないことになってるアグレマン、の事前発表をやらかしてしまった時点で「無かった事」にされても仕方無いと思います。

            なので、G 様ご指摘のようなやり取りがあっても不思議では無いと思ってます。若干の希望が入ってますが。

    3. gommer より:

      姜昌一氏のような小物の人物像を各国の外交部門が詳細に把握しているでしょうか。
      大統領の人物像さえあまり関心を持たれていないのに。

      そんな小物にたいして日本がアグレマンを出さない事を、当然だと理解する国があるかと考えると、私は皆無だと思います。
      つまり、日本が韓国に何か仕掛けているとしか映らないと思うのです。

      問題のある人物だから、今後も必ず問題を起こします。(もし起こさないならそれはそれで良し)
      それは大使の行為として認識されます。諸外国が日本の判断を理解する上で、大きな助けになるでしょう。

      大使を拒否するより、認めてカードにする方がよほど日本のメリットになると考えます。言うなれば嵌め手ですね。

    4. 名無しさん より:

      > 但し、実際にそれをやれば世界中の外交官から日本は嗤い者にされるのが必定で

      当方は、世界中の外交官から日本がこの件で嗤い者にはならないとおもいます。そんなに第三国同士の諍いに骨折りして中身を分析する暇は無い。自意識過剰なのでは無いか。
      韓国側が被害者面で必死になって「日本はおかしい!お笑い沙汰だ!」とふれて回るのも韓国的に天に唾するだけの行為な気もします。
      ただアグレマンを出して置いて後から拒否は後手後手で手順としてスマートさに欠けるとは私も思います。それでも民意として、自称次期大使の発言が知られる様になって「何だこいつは?」と言う事になり、北方領土も絡み、次善の策として、泥棒捕まえてから縄を綯う式ではあるが天皇陛下への奉呈式よりも前に滑り込みで、天下に晒して自称次期大使には帰国して頂く。それぐらい大ごとにした方が外交的には良いと思います。

  16. 匿名 より:

    親韓派の二階、河村、額賀が暗躍出来なくなる方策は無いものでしょうか。彼等には国家観が無いと言われていますから、また、外務省も国家観より個人を優先する品性の価値が先行しそうで、中韓北には歯も立たないでしょう。ここは政府の踏ん張りどころですが国防委員会の力に期待したい。メディアが煽りに煽ったパンダや韓流は何か益が有ったでしょうか? 我々の子孫にこの無益さを伝えたい。有権者として選挙で選ぶ党・議員の思想信条から真面な議員を選出するしか方法はないですね。

  17. 匿名 より:

    目立ちたがり屋のようだから皇居へは馬車を希望しそうですね。
    馬が察して暴れなきゃいいけどw

    1. イーシャ より:

      馬車ではなく、馬に乗せ市中引き回しの上国外追放して欲しいな。

      1. 門外漢 より:

        いやいや、猫車一択で。

        1. 門外漢 より:

          因みにこういうイメージです。

          https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BB%BA%E8%BB%92

          一説には、揃った車輪を複数作れないから、であるそうです。

  18. クロワッサン より:

    >正直、個人的には姜昌一氏に対してアグレマンが出されていないという可能性に期待をかけていたのですが、以前からしばしば申し上げているとおり、現に姜昌一氏が日本に来てしまっている以上、アグレマンが得られているという可能性も相応に高そうです。

    文在寅大統領が「取り敢えず会ってみればなんとかなる!」的な思考回路だったので、この自称韓国大使も「取り敢えず日本に行ってみればなんとかなる!」的な思考回路なのかも、と。

    1. クロワッサン より:

      自己レスです。

      >強制動員最高裁判決をどう解決するか、韓日両国の努力が必要な時に、安倍政権が哨戒機事件を拡大させてしまい、

      この「安倍政権が〜拡大させてしまい」という言い方がスゴいですよね。
      こういうのをサイコパスって言うんでしたっけ?

  19. 心配性のおばさん より:

    中韓ビジネストラックについては、日本国内にコロナが充分蔓延してから、菅政権は引っ込めました。私ね。信じていただけに、この裏切りは許せないのですよ。日本国民の命より、中韓国交を優先させた菅政権の裏切りが許せない。

    さて、K国からのトンデモ大使のアグレマンを、菅政権が出したかどうかですが、外務省ホームページなどから当たり前に考えれば、菅政権は、K国からのトンデモ大使にアグレマンを出していないと考えられます。現時点ではです。中韓ビジネストラックについての菅政権の姿勢から、これからどうなるかは判りません。

    菅政権が引き継ぐと約束した安倍外交ですが、引き継いでないですよね。

    パートナーであるA国の新政権は信頼できないのは判ります。
    でもね、安倍外交の中国包囲網は最初からA国ありきじゃなかったハズです。日本は中国チームに入ることが出来ませんよね。日本という国体が消滅してしまいます。

    K国とのデカップリングについては、皮肉にも文在寅政権が安倍外交の背を押しました。制裁中の北朝鮮にすり寄り、制裁違反を隠せていないK国と運命を共になんてできません。

    中韓に対する菅外交には、これら安倍外交の指針が継承されていません。

    安倍外交は、日本の国益から出発していました。菅外交はそれを見失っていると私は思います。

    1. 門外漢 より:

      おばさんへ
      コロナのお陰でこのままでは五輪中止(延期?)で、解散・総選挙です。多分。
      第3次安倍内閣に期待しましょう。

      1. 心配性のおばさん より:

        門外漢様

        このところのマスコミの統計なんて何の保証にもなりませんが、菅政権の支持率低下は、リアルだと思っております。なぜなら、中韓国交に対する菅政権の背信に国民が反応しているからと考えるからです。この背信により、国民は命を代償とさせられておるのですから、当然です。

        門外漢様は、第3次安倍内閣とおっしゃいますが、それがないとすると、選挙で自民党は勝てると思われます?

        いくら、菅政権の中韓外交に対する怒りが深くとも、日本人は、再び○○民主党に票を入れるような愚民ではないと信じたいところですが・・・。
        でも、それに胡座をかいているととんでもない結果を見ると存じます。

        1. 門外漢 より:

          さすが心配性を自認される小母さまです。
          先週のR4の質疑をみて苦言を呈する人続出です。こんなことでマスゴミがいくら持ち上げても、立民が政権を取るとは思えません。
          勿論議員数は減らすでしょうけど、政権を失うことは無いと思います。
          でもガースーは責任を取って総裁を辞任、次の総裁は誰?となって、誰が居ますか?
          安倍内閣がならなくても、岸田(河野?)総理・安倍副総理兼外相くらいにはなるでしょうよ。

    2. より:

      > 中韓ビジネストラックについては、日本国内にコロナが充分蔓延してから、菅政権は引っ込めました。私ね。信じていただけに、この裏切りは許せないのですよ。日本国民の命より、中韓国交を優先させた菅政権の裏切りが許せない。

      申し訳ありませんが、この点については必ずしも同意できません。
      ビジネストラックの対象となったのは、いわゆるビジネスマンだけではなく、正規の在留資格を持つ留学生や技能実習生も含まれています。留学生はまだしも、技能実習生の来日が止まったことによって、地方の中小企業や農業生産などにどれほどの打撃があったかご存知でしょうか?
      技能実習生という制度には山ほど問題があり、廃止を含めて様々な検討が必要であるのは間違いありませんが、現実問題として、大規模農園での収穫などの農作業などを支える低賃金労働者として大きな役割を担っています。将来的な制度の在り方はともかく、現時点で突然技能実習生受け入れを停止することは、そういった技能実習生の労働力に依存する中小企業や農業にとって、大きなダメージになります。

      ならば、対中韓だけ停止できるかというと、実態はともかく、公式には新型コロナを抑制することに成功したと喧伝している両国だけを別扱いするのは難しいでしょう。差別と見做される可能性も否定できません。それは日本外交にとって、無視できないリスクになります。従って、停止するのであれば全ての国に対して停止する必要がありますし、継続するのであれば、中韓を含むすべての国に対して継続する必要があるのです。

      以上から、中韓を対象としたビジネストラックを最近まで停止しないとした判断は十分妥当性があったと考えますし、中韓両国を特別に優遇したものだとも考えません。ですので、この措置によって日本政府の対中韓姿勢が後退したとか、宥和的になったとは考えておらず、裏切られたなどとも思っていないのです。

      1. 心配性のおばさん より:

        龍様

        >留学生はまだしも、技能実習生の来日が止まったことによって、地方の中小企業や農業生産などにどれほどの打撃があったかご存知でしょうか?
        >そういった技能実習生の労働力に依存する中小企業や農業にとって、大きなダメージになります。

        たしかに、医療と経済、どちらを止めても、日本という国の命は危ういですわね。
        でもね、技能実習生の労働力に依存する業種だけのために、全日本人の命を代償にするんですの?それら業種が安価な技能実習生の労働力に頼っている根本問題を先送りにしてです。

        菅政権は地方銀行の再編に着手したと聞いています。
        これは乱暴な言い方をすると「自立する能力のない地方銀行は、再編に応じよ。」ということだと理解しております。

        乱暴なと申し上げましたが、これから予想されるアフターコロナの世界的嵐に備えなくてはならない急務だからと理解しております。

        地方銀行に発破をかけられたのに、中小企業や農業については、全日本人の命を危険に晒しても、根本問題の先送りをするのでしょうか?

        蛇足ながら付け加えると、同じビジネストラックでも、C国のそれは、入国者に2週間の隔離措置を課しています。日本は違うそうですね。龍様はこれをどうお考えになります?

        1. より:

          > 全日本人の命を代償にするんですの?

          すいませんが、このように仰る根拠が判りません。中韓からの技能実習生を受け入れることが日本の存立に関わるというのであれば、その根拠を示したうえで、両国を受け入れ対象から外す必要があります。その根拠はなんですか?

          > C国のそれは、入国者に2週間の隔離措置を課しています

          単純な相互主義というのであれば、同等の対処を取るべきでしょうね。しかしながら、防疫上の措置と言われた場合(実際、中国はそう言ってますね)、日本ではマスメディアが連日嬉々として報じているように第二波、第三波が押し寄せており、医療崩壊の危機が伝えられる一方、中国は公式には感染拡大を抑止したと宣言しておりますので、措置の非対称性があったとしても、それを不当と言い張るのはなかなか難しいでしょう。
          もちろん、中国の公式発表なんぞをそのまま信じるような人は誰もいません。しかし、戦争でもするつもりならばともかく、それもなしに一国の公式発表を「嘘だから信じない」と政府レベルで公言するのは非常に危険です。
          また、中国が日本国民だけを対象にそのような措置を取っているのであれば、対抗措置もとれるでしょうが、そうでないのであれば、不公平とか差別だと訴えることもできません。同様に、日本としても、中韓相手だけに隔離期間を設定することはできないのです(対抗措置の発動が正当化されない限り)。

          何かと腹立たしいと思われる感情は十分理解しているつもりですが、政府の政策や行動を感情論で決めるのには賛成しません。あくまでも国益に基づき、さまざまな利害得失を計算した上で決定、実行されるべきであると考えます。日本がアメリカのような覇権国であれば、「気に入らん」というだけで行動を起こせるでしょうが、残念ながらそうではないのです。
          もちろん、これは政府のすることに文句を言うなとか、政府に不満の声を上げるなということなんかではありません。声を上げるべき時には大いに上げるべきでしょう。ただ、私はビジネストラックの問題にしても、あるいはアグレマンの問題にしても、声を大にして政府を非難するほどの話ではない(理由はすでに示しました)と考えているというだけのことです。
          ただし、それらの措置に賛成しているかといえば、また別の話ですよ。

          1. 心配性のおばさん より:

            龍様

            ≫ 全日本人の命を代償にするんですの?

            たしかなエビデンスを提示せよと言われると一介のおばさんにはできないのですが、このところのコロナ第二次感染爆発は、日本が中韓にゆるゆるでビジネストラック開始をしてから起こっているような気がしております。

            コロナ自体がデザインウイルスで、第一次の武漢株が世界各地で同時に変異しているとかいう陰謀論(魅力的ですが・・)を外すと、感染爆発が顕著な北海道、東京、大阪などは、中韓のビジネスマンが好んで降り立つ地域ですよね。

            >中国は公式には感染拡大を抑止したと宣言しておりますので、措置の非対称性があったとしても、それを不当と言い張るのはなかなか難しいでしょう。

            中国自身は面の皮の千枚張りで「我国のコロナは収束している。」とか公式発表しているので、外交的に「それは嘘ですよね。」とかは言えない。それは判りました。

            でも、韓国については、日本より先にゆるゆるビジネストラック開始をしており、感染爆発が報じられていました。それを中国と同等に「いらっしゃいませぇー」は、なんとも無策です。

            グループ対応というのであれば、「中国は収束しているとのことだが、地域グループである韓国の感染爆発が報じられているので、韓国と同等の防疫体制を取らせて頂きたい。」ぐらいの外交をして頂きたいわ。ムリなお願いかしら?

          2. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

            心配性のおばさん様

            「日本が中韓にゆるゆるでビジネストラック開始をしてから起こっている」

            根拠に乏しいと思います。
            寒くなると、体調を崩す人が多くなると同時に、屋内に籠ることにより、
            風邪がはやるのは例年のこと。

            日本国内の武漢風邪は集団ヒステリーの領域かと。

            米欧より、一桁以上少ないのに大騒ぎ。
            自治体首脳と医師会が無能を政府に押し付けているだけのよう。

            日本では毎年、130万人強が亡くなっています。
            肺炎で亡くなる方は10万人以上。
            武漢肺炎で亡くなる方は、最大限に水増ししても、5千人くらい。

            冷静に数字を並べて考えるべきかと…。

          3. 心配性のおばさん より:

            成功できなかった新薬開発経験者様 テーコー致します(笑)。

            笑い事じゃありませんよね。失礼。

            私、毎日のように速報される感染者数などには注目しておりませんの。注目し、おぞけを振るっているのは、二次になってから爆発している死者の数とその年齢ですの。

            昨日なんかは、20代の死者が出たとかで、「既往症があったか報道しなさいよぅ。」とTVに喚いておりました。

            >米欧より、一桁以上少ないのに大騒ぎ。

            現段階ではそうでも明日は判りません。そんな不気味さを感じております。

            自治体と医師会の無能無策は、別途の話として、菅政権がこれからも中韓寄りの政策をとるとすれば、国民の命より感染源である(と私が見ている)中韓の国交を優先させるということになります。そこに明るい日本の未来はみえません。

          4. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

            心配性のおばさん様

            そうですね。

            論点が二つ、
            最初の論点、
            「武漢風邪が爆発的に増えているか」

            これは、昨年の春、秋と同様に、
            「指数関数的増加が懸念される状況にみられたが、落ち着き始めた。」
            これで間違いないと思っています。

            二番目の論点、中韓に対する外交姿勢については、
            「判断材料が少ないのでもう少し注視します。」かな。

            尖閣とか、のんびりしていられないとも思うのですが、即、撃沈せよとも言えないし。

          5. より:

            心配性のおばさん様

            > 日本が中韓にゆるゆるでビジネストラック開始をしてから起こっているような気がしております。

            残念ながら、それでは私の所説への反論にはなっていません。単なる印象論、思い込み、決めつけだと言われても反論できないでしょう?
            中韓が全く信用ならない警戒すべき相手であるという点について異論はありませんが、それならばそれなりの対応があり、一事をもって判断すべきではないと思います。
            なお、ビジネストラックについて付論すれば、これが以前のように観光客までフリーパスというのであれば、私も断固反対しますし、なんだったら将来的にもお断りでも構わないと思いますが、通商関係などを即時停止するとでもいうのでない限り、感染状況がある程度の落ち着きをみせているのであればという条件がありますけど、最小限の行き来まで停止するのは必ずしも賛成できません。

            要するに、「中韓は嫌いだ!!敵だ!!」といきり立つだけでは何も国益に資することはないし、その前に為すべきこと(防諜法制定とか、憲法改正とか)がたくさんあるということだと考えています。

          6. 匿名 より:

            龍様のコメントに意見するです。

            ・出入国について
            相手国の主張を受け入れるのは忖度であって相互主義じゃないです。
            あと、国別に差をつけるのは別に差別じゃないですし、コロナ時代どこの国もしてます。外務省の各国の入国制限措置ページの通りです。
            実際、結構な国が中国に制限を課してます。武漢ウイルスってもんで、そりゃそうだって話です。
            結果論ですけど台湾とかシンガポールとかうまくやってますよね。

            ・技能実習生について
            外国人技能実習機能の統計(R1)だと韓国は0、中国は36万人中7万人、2割です。で、中国人の実習生はH23に11万で年々減少してます。ちなみに半分はベトナムです。
            日本の農業従事者ざっくり136万人で中国人実習生5%は無視できませんけど、そんな数字です。
            深刻さの度合いでいえば観光とか飲食のほうが余程でして、その証拠に農業はなんも手当されてないです。
            実際は実習生は実習計画で年単位なのと中国の実習生がなんでか日本に残りたがるんであんまし問題じゃないです。

            と言う訳で、やっちゃえ日本!ってのは些か軽率ですけど、躊躇うほどでもないです。
            その意味でいえば尖閣でちょっかいを掛けられてんで相互主義といえば、おばさまのお考えも一概に否定できないです。
            ひとまとめにすんな、って話もありますけど、そんじゃあ個別ならって考えると上の通りなんで。

          7. より:

            匿名さんにはあまりコメントを付けないようにしているので、ごく簡単に。

            > 国別に差をつけるのは別に差別じゃないですし

            相手国の状況によって対応が変わるのは当然の話でしかありません。
            公式には「抑制に成功した」と宣言している国を狙い撃ちにすることの正当性はどのように主張しますか?

            > 深刻さの度合いでいえば観光とか飲食のほうが余程

            当然でしょう。しかし、観光や飲食は国内観光客である程度代替可能です(GoToなんちゃらは停止中ですが)が、技能実習生は代替不可能です。国内で労働力が賄えないからこそこんな制度ができたんですから。代替案のあるものとないものを同列に論じても無意味です。
            農業などに手当てが無いのは、単に政府の手落ちであって、問題が無いという意味ではありません。

          8. 匿名 より:

            匿名なのに返信ありがとうです。

            ある国を狙い撃ちすることの正当性=相手国の主張を受け入れる、と考えるです。そうすると、自称慰安婦・自称強制労働者を認めろとかいう国との対応が矛盾するです。

            観光庁の外国人観光収入だとH29でも4.5兆円、ほぼ丸々喪失ですが、国内である程度代替できるってマジですか。
            ともあれ農業は人手がなければ作らない、というか作れないです。でも、困らないです。去年は豊作で逆に困りましたが、なんでか売れないですし農産物の供給逼迫なんてニュースないです。
            だから実習生をビジネストラックの理由にするのは無理があるです。

            おばさまの自国民保護と龍様の外交上の利益はどっちも合理性があるです。麻生さんも昨日おばさま説に理解示してました。
            優劣を競う(所説への反論)を競う性格でないと思うです。
            コロナ下の対応に限定、結果論でよければいけるです。

  20. xf より:

    アグレマンを出さないとして、あるいは、ペルソナ・ノングラータを発動するとして、後任は誰が来るのが日本にとって都合が良いかを考えることも重要だと思いました。

    2020/12/02 07:00の記事で紹介のあった鈴置氏の見解にもあるように、韓国は、日本にとって好ましくない人物だからこそ、姜昌一氏を大使にしたのだと考えられます。

    その真意は、むしろ日本にアグレマンをださせないことにあり、それによってアメリカに「日本のせいで関係改善できない」と言い訳することにあると考えられます。

    姜昌一氏にペルソナ・ノングラータを出して、彼のメンツを潰して、日本に何の得があるでしょうか?私は、韓国にアメリカへの言い訳材料を与えることの方を恐れます。また、下手に追い返して、韓国がより巧妙な人選をしてくることも恐れます。

    国後島に上陸しやがりましたし、日王일왕と言いやがりましたし、汚いツラです。だがそれがいい。

    アメリカにとっては、ロシアへの対抗上、国後島は日本に帰属する方が都合が良いでしょう。国後島の前科はアメリカにとって、取るに足らないことかもしれませんが、少なくとも好印象ではないはずです。

    彼が今さら天皇陛下と言えば韓国内で批判され、よもや日王と言おうものなら、日本の反韓感情はさらに統一できます。

    もっと外面の良い人だったなら、好印象を持ってしまう人もいたかもしれません。

    文在寅氏は日本にとって素晴らしい大統領でした。私としては、姜昌一氏もきっと日本にとって素晴らしい大使になることかと期待している次第です。

    1. 匿名29号 より:

      >彼のメンツを潰して、日本に何の得があるでしょうか?
      メンツを潰すのが目的ではありません。 論点外しの言い回しです。

      >それによってアメリカに「日本のせいで関係改善できない」と言い訳する
      アメリカで日本の主張が認められず韓国の言い訳が通るという予想の確率が高すぎるというか、最初から日本の主張を認めさせる努力を放棄していませんか。

      こちらのサイトで見られる逆説的に日韓関係を破壊することに貢献するからとか好ましい説を巧妙に混ぜていますが、それは結果論であって、何もしないことがベストな理由にはなり得ないと思います。

      極度に世間体を気にするがため自縄自縛に陥って何も言えず、結果として他国の言い分を世界に通用させてしまうという、これまでの日本外交を象徴するような御説と感じました。

      1. 門外漢 より:

        匿名29号 様に同意。
        xf 様は何となく外務官僚の匂いがします(気の所為です)。

        1. 匿名29号 より:

          外務官僚様はもっと優秀でして、文書作成の訓練も受けている筈です。
          理屈の筋が一本に通っておらず、話があちこちに飛ぶ書き方はプロパガンダあるいは朝鮮型思考の匂いがします(勿論、気の所為です)。

      2. はるちゃん より:

        >極度に世間体を気にするがため自縄自縛に陥って何も言えず、結果として他国の言い分を世界に通用させてしまうという、これまでの日本外交を象徴するような御説と感じました。

        外務省の体質を見事に表現されていますね。

      3. 悪徳銀行員 より:

        今回の件、個人的には「姜昌一氏に対しそもそもアグレマン承認すべきではなかった」のが正解と考えているクチです。
        残念な結果になる可能性大ですが、逆説的に捉えることで留飲を下げざるを得ない精神状態です。
        なお今一番気になってるのは、
        ①韓国側が慣例を破って正式承認前に先行報道したのは、否認されてもよいという算段があったのではないか?
        ②アグレマン承認にあたり、外務省はその影響をどれほど熟慮・熟考したのか?
        ③アグレマン承認にあたり、二階ら親韓議員の影響力がどの程度であったのか?
        です。本当に嫌な気分です。

        1. 悪徳銀行員 より:

          一番と言いながら3つ書いてしました(汗

    2. xf より:

      匿名29号さん、
      門外漢さん、
      はるちゃんさん、
      悪徳銀行員さん、

      ご指摘をいただきありがとうございます。愚かなりに、みなさまのご批判を踏まえて、考えていく所存です。

      1. 匿名29号 より:

        理屈に一貫性がない などと無礼千万なコメントをして申し訳ありませんでした。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。