イランと韓国の交渉決裂?日本の姿勢は「優しい虐待」

イラン革命防衛隊による韓国船の拿捕事件から1週間以上が経過します。こうしたなか、韓国メディア『中央日報』(日本語版)は昨日夕刻、イラン当局者が韓国に対し、資産凍結等を巡りてかなりの不信感を示した、とする記事を配信しました。考えてみれば、これなど韓国の外国に対する横柄な態度そのものです。ただ、こうした「モンスター国家」を育てた一因は、日本にあるのかもしれません。

イラン対韓国:ウォン資金口座と船舶拿捕問題

先週の『イランによる韓国船拿捕の裏にある両国の浅からぬ因縁』などでも取り上げた話題が、イランによる韓国船舶の拿捕事件です。

これは、現地時間の今月4日、ペルシャ湾を航行中の韓国船籍の船舶1隻をイラン革命防衛隊が化学物質汚染を理由に拿捕し、そのまま自国の港であるバンダルアバスに移動させたとされるものですが、それだけではありません。

おそらく背景にあるのは、イランの積年の韓国に対する不信感、とりわけ韓国国内で凍結されている原油輸出代金のウォン資金口座でしょう。報道等によれば、米ドル換算でおよそ70億ドルを超えるともされています。

しかも、もともとこれは米国の対イラン制裁を回避する目的で考え出したスキームです。米ドルを使用せず、韓国国内のウォン資金口座を使うことで、米国の銀行システムによる資金凍結を回避することができる、というわけです。

ところが、2019年9月に米国政府がイラン中央銀行を特別指定制裁対象(SDN)で国際テロ支援組織(SDGT)として制裁水準を引き上げたことに伴い、韓国はこれらのウォン資金口座を凍結してしまい、現在に至るまで資金はイランに返還されていません。

イランに必ずしも同情できるわけではないにせよ…

もちろん、ウラン濃縮活動など、米国から経済制裁を受けるようなことをするイランにも問題はあるのでしょうが、それにしても「米国の経済制裁の穴を突く」と言ってウォン資金取引を持ち掛けておきながら、その資金を凍結してしまう韓国の不誠実さにも呆れます。

しかも、一部メディアの報道によれば、韓国側は凍結されている資金口座に対し、ろくに金利も付していないだけでなく、手数料や年間の維持管理費なども要求しているそうであり、これらの報道が事実ならば、厚顔無恥と言わざるを得ません。

だからこそ、韓国が「あの」イランから、「理性的勝つ責任感を持って行動せよ」と注文を付けられてしまうのでしょう(『イランが「韓国は理性的かつ責任感を持って行動せよ」』等参照)。

ちなみにウォンは国際的に通用する通貨(いわゆるハード・カレンシー)ではありません。韓国でしか通用しないローカル通貨です。イランにとってはもしも資金凍結が解除されたとしても、それを国際的に通用する通貨(たとえば米ドル、ユーロ、日本円など)に両替するのにコストがかかるでしょう。

あるいは、外為市場における市場参加者層の薄い韓国ウォンのこと、100億ドル近い資金を一気にドル転すれば、ウォンを売り崩すこともできるかもしれません。イラン側は凍結解除で一気に資金を売り浴びせるくらいのことは、やっても良いのではないかと思ってしまいます。

不毛なイラン・韓国対話

さて、『イランの主張を難癖でごり押しと批判する韓国メディア』でも取り上げましたが、イランの外務省のハティーブザーデ報道官は7日、韓国政府代表団がイランに到着したことを受け、「船舶拿捕問題に関しては話し合うことはない」と述べました。

これに関連し、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には昨日、こんな記事が掲載されていました。

韓国外交次官に不満浴びせたイラン「凍結資金の利子も受け取れていない」

―――2021.01.12 17:52付 中央日報日本語版より

全体でちょうど1000文字ほどの記事です。

これは、10日にイランを訪問した崔鍾建(さい・しょうけん)韓国外交部第1次官に対し、イラン側は拘束した韓国人の開放には応じないばかりか、韓国国内にある凍結資金を巡っては「利子も受け取れずにいる」などと不満を示した、というものです。

ただ、これについてはイラン、韓国のどちらにも関係がないという立場で言わせていただくならば、韓国がイランの凍結資金問題に対し、ちゃんと誠意をもって対応していないからこそ、ここまで事態がこじれた、ということに尽きるように思えてなりません。

中央日報はイランのファルス通信の記事を引用する形で、イランのアラグチ外務次官が崔鍾建氏との10日の会談で、次のように述べたと報じています。

韓国の政治的意志が不足し凍結資金問題が解決されずにいる。この問題が解決されてこそ両国関係が発展するだろう」。

このアラグチ次官の発言対し崔鍾建氏は「イラン側に韓国国内の凍結資金接近権を提供することを韓国政府の優先課題に設定する」、「凍結資金問題の最終的解決策を見出すために努力したい」と答えたそうですが、約束を守らない国の約束などだれが信じるのか不明です。

実際、、中央日報の記事によると、イラン中央銀行のヘンマティ総裁は11日の崔次官との会談で、「▼イランの資金70億ドルが2年以上韓国に足止めされていること、▼韓国の銀行はこの資金を凍結しただけでなく利子すら支払わずにいる」と話したと述べたのだそうです。

そのうえでヘンマティ氏は「1年6ヵ月前に韓国の経済副首相など主要人物が凍結資金問題に対する支援と協力を約束したが守られなかった」と抗議したのだそうですが、このあたり、韓国の約束破りは日本に対してだけ適用されるのではないということが、なんとなく見えてくる気がします。

「ごねたら何とかなる」と思わせたのは日本?

さて、ふと感じたことがあります。

批判を覚悟で申し上げるならば、日本がこれまで韓国に対し、やたらと甘く接してきた事実こそが、じつは最大の対韓経済制裁だったのかもしれません。

韓国にとっては、「外交の現場で大騒ぎしてゴネれば、だいたいのケースでは日本が譲歩してくれる」ということを経験則として知ってしまいました。そして、何を勘違いしたのか、日本以外の国に対しても同じように横柄で不誠実な態度を取ったのが、今回の事例だったのではないか、という仮説が成り立ちそうです。

もしその見立てが正しければ、日本が韓国を甘やかしたことこそ、日本の韓国に対する一種の「優しい虐待」だったのかもしれませんね。

読者コメント一覧

  1. 鬼の子 より:

    「ごねたら何とかなる」と思わせたのは日本?
    ロンドンオリンピックで判定に不服の韓国の女子フェンシング選手が抗議の座り込みをしたことを思い出しました。
    「ごねたら何とかなる」は、韓国人の習性ではないでしょうか?

  2. イーシャ より:

    > 「ごねたら何とかなる」と思わせたのは日本?
    「泣く子は餅を一つ多くもらえる」なんて諺があるくらい。
    朝鮮人の民族性でしょう。

  3. めたぼーん より:

    民族性だと思います。息をするように嘘をつけるという。やるやる詐欺もその展開かと。会計士様が仰る日本の譲歩も、しょうもない成功体験のテンプレートを作ったとも言えますが。

  4. れんげ草 より:

    >原油輸出代金は韓国以外の国にもあったとして、米国の制裁の中でも他の国の資産は引き出すことができたが、韓国だけはそうではなかったと主張した。
    http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2021011280194

    米国の制裁で支払えなかったのではなく、猶予期間中に支払わなかったのは「韓国だけ!」ということですわな!

    さて、両国は今後どう動くと予想できるのか素人には全く想像できません。
    是非、皆さんの逞しい想像力で今後の展開を予想していただき、ご教授いただけないものかと切に願っております。

    想像力のない私に言えることは只ひとつ。
    日本政府並びに各省庁はイランのやり方をよく見て学びなさいということに尽きます。

    1. より:

      > 米国の制裁で支払えなかったのではなく、猶予期間中に支払わなかったのは「韓国だけ!」ということですわな!

      この点が非常に重要であると思います。韓国はこの件に限らず、自分たちは特別扱いを受けて然るべきだ、受けるに違いないと思い込んで墓穴を掘ることが良くあります。これなんかその典型でしょう。だからこそ、通常あのような口実で船舶を拿捕すれば「良い子ぶりっこ」をしたがる国々からイランを非難する声明くらいは出そうなもんですが、さすがにイランを支持するようなコメントは出ないものの、誰一人韓国を支持し、イランを非難するコメントなど出していません。日本はもちろん、イランと明確に敵対するイスラエルやサウジアラビアからさえも、公式なコメントは出ていないでしょう。想像される各国の内心での反応は、「あ~あ、遂にやっちまったか」「わはははは、面白い、面白い」くらいのものと思われます。わはははは。

      さて、今後の想定される展開ですが、一番穏当な展開だと、バイデン新政権がイラン核合意に復帰し、イランに対する経済制裁を一部または全部解除するというケースで、その場合、韓国政府は大慌てで70億ドルをイランに支払うでしょう。即金で払えば、利子分くらいはオマケしてもらえるかもしれませんし。
      不穏当な展開だと……さて、どうなりますかねえ。手形割引よろしく、イランが債権を中国に8掛けくらいで売り渡したりなんかすると面白そうではありますけど。

      1. わんわん より:

        >一番穏当な展開だと、バイデン新政権がイラン核合意に復帰し、イランに対する経済制裁を一部または全部解除するというケースで、その場合、韓国政府は大慌てで70億ドルをイランに支払うでしょう。

         一番穏当であることは確かですが

        >韓国政府は大慌てで70億ドルをイランに支払うでしょう。

        はないのではないでしょうか?
        かの国は「ごねまく」って支払い期限を伸ばそうとしますよ
        まったくあてのない「ワクチン」で支払うと言いかねません

        1. ぷー より:

          >まったくあてのない「ワクチン」で支払うと言いかねません

          検査キットと救急車で支払うと提案して断られた模様です。Money1に出てました。

          1. 欧州某国駐在 より:

            70億ドル分の検査キットの数と救急車の台数をふと想像しただけで笑えました。しかし韓国が本気で言っているのかどうか知りませんが、イランでなくてもこの状況下、そのようなこと言われたらそりゃアタマ来るでしょうなぁ。

        2. より:

          ごねることを試みる可能性は高いですが、イランはそれほど甘くないでしょう。日頃イランと対立しているサウジアラビアなどのスンニ派諸国ですらこの件で韓国の肩を持つことはあり得ませんし、原油代金の踏み倒しなど試みたら、本気で誰にも原油を売ってもらえなくなります。

          まあ、それならそれで面白いという話もありますけど(黒い笑い)

    2. 団塊 より:

      龍さんへ
      >韓国政府は大慌てで70億ドルをイランに支払う

      金(ドル)など最初からない…最初から踏み倒し前提ですよ!

      1. より:

        さすがにそれはないでしょう。上でも書きましたが、原油代金の踏み倒しなど試みようものなら、誰にも原油を売ってもらえなくなりますから。
        韓国政府などが使い込んでいる可能性は否定できませんが、口座がウォン建てである以上、輪転機を回せば補填可能です。

        ただ、規模の小さなソウルの外為市場で、70億ドル相当のウォンが売りに出されたら、かなーり影響があるでしょうねえ(棒)

  5. 阿野煮鱒 より:

    戦後の日本は、北朝鮮と韓国に対する接し方を変えざるを得ませんでした。日本が米国を甘やかしたのは米国の意向に従ったからです。

    しかし、南北朝鮮ともに「ごねたら何とかなる」という行動様式は変わりません。北朝鮮に対して主に甘やかしたのは中国・ソ連・米国でした。その結果、北朝鮮を核保有国にまでしまいました。

    日本のみに「優しい虐待」の罪を着せるのは納得がいきません。朝鮮から見れば、世界中がチョロいのです。

    1. 匿名 より:

      アメリカもアホ チョロすぎ

    2. 阿野煮鱒 より:

      今頃気付きました。

      > 日本が米国を甘やかしたのは米国の意向に従ったからです。

      日本が韓国を甘やかしたのは米国の意向に従ったからです。

      でした。すみません。

  6. 匿名 より:

    使い込んでそう。

  7. JJ朝日 より:

    韓国円(ウォン)で払おうが、韓国がドルで払おうが、いずれ通過上ウォンがドルに変換される。それに耐えられる外貨準備高(為替操作に忙しい中で、為替スワップでドルを借金している中で、もう余っているドル)が無いのでしょうかね。

    1. 団塊 より:

      Jj朝日さんへ
      >韓国円(ウォン)で払おうが、…いずれ通過上ウォンがドルに変換
      は、
      できないのですよ!
       70億ドルもの通貨を売る市場の超大金持ちが、命より大切な基軸通貨ドルをそれも70億ドルもの大金を紙屑(ウォン)と交換しないわなあ。
       それにウォンの売買はドルでしかできないし、ウォンとドルを交換する市場など地球上に存在しない。
      (ウォンを買って70億ドル支払う(70億ドルと交換する)のは大韓民国しかないが、そんなことするなら最初から70億ドル払ってますね)
       この地球上に
      イランが一兆ウォンの紙屑を受け取ってもドルに交換する方法は全く存在しない。
       

  8. マスオ より:

    「食べ物の恨みは恐ろしい」
    身をもって体験したことではありますが、お金の恨みはどうでしょうか。

    お上品な日本人は「信じて預けた俺がバカった」っであきらめもするのでしょうが、額が額ですし、イランがあきらめるとは到底思えません。
    支払いが済むまで、人質を一人ずつ・・・なんてことにはならなければいいのですがね。

  9. 匿名 より:

    平成や昭和のおっさんおばさんは一体何をやってたのか
    媚韓政治家が悪いとはいえ、そういう奴らを選んだのも有権者である

  10. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    イラン対韓国、、まあどちらの肩を持つかではないですが国際法無視、ド厚かましい韓国は煮湯を飲まされても良いと思います。日本が優しくしたから?イヤイヤ、タダのタカリ屋ですやん。

    ヘンマティ氏は1年6ヵ月前に抗議したのだそうですが、韓国の約束破りは日本みたいな優しい国だけでなく、テロリスト養成する中東でも平気で喧嘩売るんですね。

    韓国銀行に、イランの70億ドルの預金は、もう空っぽじゃないの(笑)?利子?払おうにも無いでしょ(笑)。ウォンで渡すか、何か考えないと(知恵を出せ 笑)、イランはキツイよ〜。文の抹殺ぐらい平気だと思う。

    あと、昭和や平成のおっさん、オバサン何してたの?とコメントがありますが、その時代には二階や河村は三下議員です。もっと上の大正、明治生まれの親韓親中議員の派閥の領袖やフィクサーが居たんで、何ともなりませんでした。連綿と続いているのが腹立ちますネ。

  11. りょうちん より:

    韓国人の金儲けの秘訣

    その33 一回ごねてみても金はかからない。

    1. だんな より:

      りようちんさま
      言うのは、タダですからね。
      金儲けだけじゃ無いと思います。

  12. 頓珍韓 より:

    やはり、韓国は両班の国だからでしょう。
    搾取する、嘯くという行為は、彼らの生い立ちから生じたもの。

    一般的に、歴史・文化に根差した生い立ちというのは、多少のことでは廃れないものなのだと感じますし、急激な社会様式の変化・矯正というものは、性格的な長所を希薄化し短所を濃厚にするのではないかと私は思います。
    「カニが美味い」といってもアレルギーのある人に食べさせてはいけません。
    彼らにとって民主主義はカニみたいなもので、日本が明治維新よりも以前から培っていた民主主義は、彼らの体質に合わなかったのでしょう。
    イザベラバードには見つけられなかったけど、古えの朝鮮人にも未開人なりの魅力があったのではないかと想像します。
    日本人の合理性・型にはめるや親切心・おせっかいは良い面ばかりではないという証左です。
    彼らとは生い立ちが違い過ぎます。
    そうであれば、日本は悪者といえるでしょう。

    鈴置さんがおっしゃることは明瞭で、現在の韓国は第二次世界大戦前夜ぐらいの民主主義熟成度しかないということです。
    韓国が先進国標準の民主主義体制に追いつくためには、「早くても」300年(江戸時代分)はかかるのではないでしょうか。
    遠回りしているうちに永遠に追いつかないか、消滅国家になるかもしれません。
    コウモリはウロチョロしますからこちらの方が確率高そうです。
    そしたら、彼らの生まれ持った刹那的楽観主義のケンナチョヨ精神で「易姓革命で国家を作りなおせばよい」と思うかもしれませんが、単に能のない実験国家の誕生で、性根は変わらずでしょう。
    そんな現在の韓国が先進国標準の民主主義国家を目指すのであれば、必然として彼らには敗戦(パージされること)を通らざるを得ないでしょう。
    なぜなら、価値観が違い過ぎるのですから(イランもびっくりでしょう)。
    そうなると、きっと「恨」が増幅されて、増々強烈な反日国家になるかもしれませんね。
    韓国ウォッチャーが歓喜です。

    近年、日本では社会変化に伴い婚姻や離婚にともなう家族制度の見直しが言われますが、日本人の良さを無くさない形で「漸次的に取り組む」べきだなぁと思う次第。
    日本の家族制度にも問題があるのは明確ですし、変化させることを否定はしませんが大切な文化って「漸次的に取り組む」べき、そういうもんだなぁと思います。

    1. 団塊 より:

      頓珍漢さんへ
      >韓国は両班の国だからでしょう。

       の両半も奴隷でしたよ!
       白丁やキーセン性奴隷のご主人様(上位奴隷)にも更なる上位奴隷がいた。
       そもそも李氏朝鮮の王が、下っぱ支那役人の奴隷でしたから朝鮮半島は奴隷(王)が管理する奴隷だけの奴隷半島!

      1. 頓珍韓 より:

        団塊様

        以下補足です。

        >韓国は両班の国だからでしょう。

        これについては、東京外国語大学大学院の趙義成氏が自身の系譜を交えてホームページで言及していますが、不正(「家名の売買」「突如として名前が出現する分派」)が横行していた、ということです。
        そもそも、特権階級が沢山いる社会はありえませんからね。
        ある資料によると、17世紀に9%、19世紀になると70%、現在では朝鮮全土が総両班化したとのことです。

        そして、なぜ国民全員が両班になろうとするかと言えば、搾取がひどすぎて特権階級にならないと生き辛すぎる社会だったからではないかと私は、思います。
        仁徳天皇の「煙立つ民のかまどは賑ひにけり」の日本とは大違いです。
        今でいうなら、「サムスンに入らないと人にはあらず」って感じでしょうか。
        結果、巨悪に対峙することなく、個々が利己的に「身分を偽り、お互いに搾取する」社会になったのだ考えます。
        また、過酷な社会故に身内への愛が強烈にありますから、それが「ウリ」であり、それに対峙して排除の思想として同時に湧き上がる「ナム」なのでしょう。

        しかし、大局から見ると全員が「身分を偽り、お互いに搾取する」社会というのは、「馴れ合いの社会」とも言えると思います。
        そのため、刹那的で本当の不公正・不平等についてしっかり考えない(ケンナチョヨ)、大きな変革は起きず常に内ゲバに終始し、食べるものが無くなれば共食いをし、個々が思考停止に陥り予測不能の行動をはじめる社会でもあるのだと私は愚考します。
        こう考えると、近年みられる韓国の姿とのつじつまが合います。
        これは、変革が必要な状況が発生すれば、明治維新しかり大東亜戦争しかり、民衆を率いてガチンコの対決の大乱を起こす日本とは大きな違いです。

        韓国は、全員が両班で全員が奴隷。
        嘘を通して階級が無い社会。
        なんて、いうと極端ですかね?

        例えは変ですが、
        韓国は、「なめ茸汁だ!」「ワカメ汁だ!」と争っているアメリカ製造の即席お味噌汁。
        激熱なのでやけどに注意。
        食べるなら、冷めるまで放って置くか氷を入れるのが一番。
        しかも、出汁が無いので食っても旨くはない。

        ということで、つまらぬ話。
        失礼いたしました。

  13. 匿名 より:

    そもそもそんな大金が手つかずで残ってるのかな?

    1. G より:

      ウォンは刷ればいいので何の問題もないはずです。
      問題は返還したら必ず他の通貨に交換されるので、強烈なウォン売り圧力になってしまうこと。

      1. 団塊 より:

        >必ず他の通貨に交換されるので、強烈なウォン売り圧力に

        るかな?

        紙屑ウォンと交換に
         70億ドルもの基軸通貨を手放すお人好しの市場参加者(超大金持ち)などいませんよ。
         そもそもこの地球上にウォンを他通貨に交換できるウォン相場など存在しない。

         ドル円ユーロにポンドくらいかな
        70億ドル(約7200億円)をポンポン売買しているのは?
         まあ、兎に角、紙屑ウォンなど問題外!

  14. G より:

    まあ、現実論としてはイランは金あたりに変えて要求するでしょうね。ドルに替えたらアメリカの制裁に引っかかりますから。外貨準備の金があるでしょって。

    1. より:

      金の現物が韓国にあるとは限りません。というか、おそらく韓国銀行の金庫にあるのはごく一部でしょう。実は日本もそうだったりしますが、保有する金の多くはアメリカのフォート何とかというところに保管されているはずです。従って、金で支払うという手は使えないと思われます。

      金(gold)じゃなくて金(Kim)だったら、山ほどあるでしょうが、そんなもんで支払われても困りますしね。

  15. カズ より:

    通貨スワップを介したリレー決済はできないのだろうか?

    (スタート)
    韓国ウォン

    中国人民元

    トルコリラ

    イランリアル
    (ゴール)

    ほら、ドルを介さずに届けられるよ!・・。
    m(_ _)m

    1. 団塊 より:

      カズさんへ

      イランが必要なのはドル!
       紙屑リアルなどいくらでも発行できるのですよ、イランは。

      それに、次々へと通貨交換できるなら大韓民国がやれ!
       兎に角ドルを70億ドルに利息をつけてキッチリ払え!

      イランに言われてお仕舞い。

  16. 匿名 より:

    安倍総理をパクってムン君をイランに送れば良いのに
    そのまま亡命するかもしれんが

  17. だんな より:

    イランとの取引が、規制される前に日本は、支払いを進めましたので、借金が少ないはずです。
    韓国は、「アメリカから特例で許可されるニダ」と言い張って、支払いを進めずに、利子も払わず口座維持費を取ろうとしたくらいです。
    元々、払う気が無いのが一番の理由だと思います。
    イランが怒ったのも、尤もなプロセスを経た結果だと思います。

  18. 団塊 より:

    どなたかこと70億ドルも大韓民国の外貨準備金に云々

    ありましたが、その心配は無用でしょうね、最初から70億ドルはなかったのだから。

  19. 元マスコミ関係の匿名 より:

    私がイラン国防相だったら、通りかかる韓国の石油タンカーを残らず拿捕します。そしてそれでも韓国が支払いに応じなければ、海峡を封鎖して韓国向けのタンカーの航行を阻止します。これが一番効果的でしょうね。韓国はどうしようもないでしょう。

  20. 名無しのPCパーツ より:

    まあ、イランへの不誠実な対応もさることながら、
    アメリカへの不誠実な対応も原因やね。
    「アメリカが動かない」と見切られてるからこその拿捕。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。