イランが「韓国は理性的かつ責任感を持って行動せよ」

不謹慎を承知で申し上げるなら、なかなか興味深いことになってきました。崔鐘建・韓国外交部第1次官が10日にイランを訪問するのに先立って、イラン外務省の報道官が韓国に対し、「理性的かつ責任感を持って対応せよ」と要求したからです。無法国家同士の争いでもありますが、ウソツキ・約束破りの常習犯である韓国と向き合う日本にとって、イランの対応は、ある意味では参考になるかもしれません。

イランが韓国に「理性的かつ責任感持って対応せよ」

イランによる韓国船拿捕の裏にある両国の浅からぬ因縁』で取り上げたとおり、イラン革命防衛隊が今月4日にペルシャ湾で航行中の韓国船舶を拿捕し、イランのバンダルアバス港に曳航したという事件については、背景にウォン資金口座などを巡る両国の「浅からぬ因縁」があると睨んでいます。

一方、一昨日には韓国船舶拿捕事件を受け、韓国は日本時間の5日未明、海軍「清海部隊」の駆逐艦「崔瑩(さいえい)」をホルムズ海峡に派遣した、とする報道もありました。

イランでタンカー拿捕 韓国海軍駆逐艦が現地に到着

―――2021.01.05 08:37付 聯合ニュース日本語版より

すなわち、イランと韓国の間の緊張が非常に高まっている格好ですが、正直、事態がここまでこじれた要因は、韓国のイランに対する不誠実な態度にもあると考えざるを得ません。

昨日の『ウラン濃縮を再開も韓国ウォンを持てあますイラン』でも触れたとおり、韓国はイランが保有する約70億ドル相当のウォン資金を凍結している問題に加え、イランの投資家ダヤニ家に対し、ISD訴訟の敗訴金を支払っていないなどの問題も抱えているからです。

こうしたなか、不謹慎を覚悟で申し上げるならば、「少し面白い展開」となってきました。イラン外務省の報道官が韓国政府に対し、「理性的かつ責任感を持って対応せよ」と要求したからです。ここでは、韓国メディア『中央日報』(日本語版)の今朝の報道を紹介しておきましょう。

イラン「来なくてもいい」反抗に…それでも行くという韓国外交次官「勝負の一手」(1)

海洋環境汚染という釈然としない理由で韓国船舶を拿捕したイランが6日(現地時間)、むしろ韓国に対して「理性的に行動しろ」と促した。<<…続きを読む>>
―――2021.01.07 09:15付 中央日報日本語版より

中央日報によると、イラン外務省のサイード・ハティーブザーデ報道官は現地時間の6日、「韓国政府の行動は理解できず、受け入れることもできない」、「韓国政府には技術的問題に対し、理性的かつ責任感を持って対応してもらいたい」と述べたそうです。

中央日報はこの発言について、「韓国政府が駆逐艦をホルムズ海峡に派遣したことや、韓国外交部が駐韓イラン大使を通じて強い遺憾と抗議の意を伝えたことを念頭に置いたものとみられる」としています。

なかなか強烈な皮肉

韓国に対し、「理性的かつ責任感を持った対応」を求めるというのも、なかなか強烈な皮肉です。

実際、これについて報じている中央日報の記事の記載を眺めていると、一種の「既視感」を覚える部分もいくつかあります。そのひとつが、韓国の崔鍾建(さい・しょうけん)外交部第1次官が10日にイランを訪問する件に関する、ハティーブザーデ報道官の次の発言です。

(崔鐘建氏のイラン訪問は)以前から予定されていたもので、今回の船舶拿捕とは関係がない。船舶拿捕の問題は法律的手続に沿って進めるため、外交的訪問が行われる必要はなく、両国が別途の訪問が必要だと合意したこともない

このあたり、どこかで見たやりとりですね。

2019年7月に日本政府が韓国に対する輸出管理適正化措置を発表した際、韓国が産業通商資源部の担当者を2人東京に派遣し、これを経産省の担当者は「事務的説明会」という張り紙をした部屋で迎えたという事例を思い出します。

このときも、韓国政府は「日本政府と輸出『規制』を巡る協議を行った」などと騙ったのですが、経産省、あるいは当時の世耕弘成経産大臣が即座にこれを否定する情報を発信するなどして、韓国のウソを封じ込めて行ったという経緯があります。

なんだかこのハティーブザーデ報道官の発言を見ていると、短いながらも韓国に対する的を射た対応という気がしてなりません。

中央日報の報道への違和感

これについて中央日報の記事は、「イランの主張は前後が合わない」として、次のように批判します。

  • イランは崔鐘建氏の10日の訪問について、韓国の銀行に凍結されている原油代金70億ドル関連の議論が目的だと明らかにしているが、今回の事件のように突然の事情変更があれば会談の現場でも(議題は)変わることがある
  • イランが本当にこれを議題で取り扱いたくないのであれば、最初から崔鐘建氏の訪問を取り消せば良いことだが、現在、そのような兆しもない

これこそ「逆ギレ」のようなものでしょう。

というよりも、「ウォン資金口座」、「ダヤニ一族への未払金」などの問題は、今回の拿捕と関連していると見るべきではないでしょうか。イランが韓国船舶を拿捕した表向きの理由は「海洋汚染」ですが、事実上は「身代金目的」という可能性もあるからです。

該当する韓国船舶に対し、「海洋汚染の賠償金」という名目で金銭を支払わせ、凍結されているウォン資金口座の一部を回収するというのも、ひとつの考え方でしょう。

また、韓国政府は該当する凍結口座の資金を使い、新型コロナウィルスのワクチンをイランに供与することを提案しているようですが、イラン側がこうした案で納得するという保証はないでしょう。

対韓外交のモデルケース?

もちろん、今回のイランによる韓国船舶の拿捕自体は、国際法に違反するものである可能性も十分にあります。その意味では、「建前論」だけを言えば、「イランは国際法を守り、拘束されている韓国船と船員を即座に解放すべきだ」、と述べるべきでしょう。

ただ、あくまでも個人的な感想に基づけば、今回のイランの行動は、これまでの韓国による度重なる不誠実な行動が積み重なり、イラン革命防衛隊が「実力行使」に出た、という側面が強いように思えてなりません。

実際、先ほど紹介した中央日報の記事にもあるとおり、イラン革命防衛隊はイラン政府とは独自に行動することが多いとされ、今回の拿捕もイラン政府の意向というよりはイラン革命防衛隊による独自行動と見るべきでしょう。

つまり、韓国にとっては「国際法や外交ルートに従った解決が難しい」という事例であり、韓国政府にとっては困った事態でもあります。

また、文在寅(ぶん・ざいいん)政権下の韓国の行動を見るに、米国が米韓同盟をタテに、イランに対して実力行使をチラつかせてまで、船舶の解放に向けた圧力を掛けるとは限りません。米国は韓国に対する信頼を失っているからです。

いずれにせよ、イランと韓国の外交的なやりとりについては、無法国家・韓国を相手にしなければならない私たちの国・日本にとっても、何らかのモデルケースとして参考になるのではないかと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. 門外漢 より:

    >韓国は理性的かつ責任感を持って行動せよ

    無茶言いよんなあ( ;∀;)

    1. れんげ草 より:

      出来ないことをやれと言うのは死ねと言うも同じですね。
      来なくてよいと言っているのに押しかけてくる外交次官とやらの話が理解できなければイランは韓国の駆逐艦を駆逐すべきかと存じます。

  2. はにわファクトリー より:

    安倍前首相に特使コールが掛かるのでしょうか。いぇ、嫌味で言ってます(もちろん)

    1. 伊江太 より:

      はにわファクトリー様

      イヤイヤ、いよいよ困うじ果てれば、可能性なきにしもあらずカモ、ですよ。

      なにしろ、情勢緊迫の折に、アチラの首脳、最高指導者とサシで話をしてきたという実績をお持ちの方ですからね。もちろん、絶対に内緒でお願いという、厚かましい要望込みで。

      そんなことを考えざるを得なくなった時点で、変な人物を駐日大使に押し込もうとしたことが、とんだ悪手だったことに気が付くんじゃないかな(笑)。

  3. 雪国の会計士 より:

    「韓国は理性的かつ責任感を持って行動せよ」
    ってことは、実際は、真逆の行動をしている国だ、というですね。
    どういう行動だと表現できるのでしょうか?
    感情的かつ無責任?

    1. カズ より:

      雪国の会計士さま

      >感情的かつ無責任(その通りだと思います)

      そんな人たちが存在するのにもかかわらず巷が交通事故で溢れないのは、その他大多数が理性的に責任をもって回避してるからなんですよね。

      感情的かつ無責任な似た者同士が対峙すればトラブルの発生は偶然ではなく必然なのかと・・。(さてさて、どうなるのかな?

      *彼らの「自分だけしか(他者は)不法行為をしない」って根拠のない自信も不思議なんですけどね。

      1. 故乃焼鯖 より:

        >彼らの「自分だけしか(他者は)不法行為をしない」って根拠のない自信も
        >不思議なんですけどね。

        組織・集団としての韓国には自己愛性パーソナリティ障害の疑いがあるとはよく言われる事です。

        世界保健機関(WHO)の『ICD-10』(『国際疾病分類』第10版)によると、以下のうち5項以上が存在すると、自己愛性パーソナリティ障害と診断されるそうです:

        (1)誇大な自尊心をもっていること(すなわり,業績や才能を実際よりも過大視し,相応の実績がないのに自分が優れていると認められているはずだと思う).

        (2)際限のない成功・能力・才気・美貌,あるいは理想の恋愛について,非現実的な考えにふけること.

        (3)自分は「特別」で比類がなく,他の特別な,あるいは地位の高い人々(または組織)だけが自分を理解でき,それらの人たちと付き合うべきだと信じている.

        (4)称賛を必要以上に要求する.

        (5)権利意識が強い.ありえないのに,自分に好都合な特別待遇を期待したり,または自分の要望がそのまま受け入れられることを期待する.

        (6)自分の目的を達成するために他人を利用する.

        (7)共感性の欠如.他人の感情や要求に気づいたり理解したりしようとしない.

        (8)よく他人をねたむ,あるいは他人が自分をねたんでいると確信する.

        (9)横柄で傲慢なふるまいや態度.

        1. カズ より:

          故乃焼鯖さま

          取り上げていただいた事例のうち、9項目が該当しそうですね。
          そして、発生した”あるべき姿と現実のギャップ”を(とある病状でもある)『とりつくろい』で埋めてるんですよね。きっと。

          *返信ありがとうございました。

        2. 門外漢 より:

          故乃焼鯖 様

          世界保健機関がわざわざ韓国の分析をしたんですか?

  4. イーシャ より:

    南朝鮮はせっかく駆逐艦を派遣したのだから、イランに対して火器管制レーダーを照射して威嚇するくらいのことをすればよいのに。
    いや、イランが照射されたと主張すれば事足りるか。

    1. 匿名29号 より:

      イラン革命防衛隊はK国駆逐艦を撃沈してしまうかもしれませんね。それで代金チャラだと。

      1. れんげ草 より:

        いえいえ、それで代金をチャラには出来ませんよ!
        撃沈はあくまで威嚇で
        「韓国は早急にタンカーの環境保全と駆逐艦の残骸回収を!」
        「石油代金を速やかに支払え!」
        「早急に完済が無理だと言うのなら、これまで通りケミカル製品を利息代わりによこせ!」
        と声明して貰えると幸いです。
        いや災いです。

        1. アッキー より:

          韓国が日本製の原材料を渡してやれば、めでたく解決でしょうか。

          1. アッキー より:

            すいませんが間違いで同一コメントの重複。どうか一個を削除ください。

          2. アッキー より:

            すいませんが間違いで同一コメントの重複。どうか一個を削除ください。お手数ですが、よろしく。

        2. アッキー より:

          韓国が、今までのように、日本製の原材料を、横流しで渡してやれば、めでたく解決でしょうか。

    2. はにわファクトリー より:

      >火器管制レーダーを照射して威嚇

      国軍もしくは革命防衛隊が即座にトビドグで反撃しそうです。

      外交部第1次官どのにはイラン国接待所にて厚遇のうえ、二国間懸案課題の円満解決まで滞在=人質になっていただくのが順当な流れとも思います。

      1. りょうちん より:

        >トビドグで反撃しそうです。

        すみません。聞いたことの無い兵器なんですがどんなのですか?
        イラン軍は対艦ミサイル積める機体は持っていないし、革命前に購入した旧式のフリゲートと高速ミサイル艇があるみたいですけどミサイルはまず西側のものは購入できないはずですから、マイナーな現地産兵器かなと思いましたが・・・。
        なにしろ独自のステルス戦闘機を開発していると主張する国だからなあ。

        1. イーシャ より:

          飛び道具のことじゃないでしょうか。
          勇猛なイラン兵士が高速艇で近づいてバズーカでも構えれば、お笑い軍は一斉に海へ飛び込んで逃げ出しそうな。あっ、泳げないんでしたっけ。

        2. はにわファクトリー より:

          ウクライナ行き民間旅客機を誤認撃墜しています。テヘラン空港離陸後上昇中に1発目を浴びせています。パイロットは機体を右旋回させ空港へ戻って緊急不時着を試みるも2発目ミサイルを喰らって乗客乗員全員死亡に終わったという痛ましい事件です。連装バズーカ砲を搭載した高速艇が韓国船へ突入を試みるかも知れません。

        3. Yaab より:

          単独行動している韓国の駆逐艦には飛び道具を使わなくても、イラン海軍のキロ級潜水艦からの魚雷の一本や二本で十分では?

          低強度軍事衝突ならば夜陰に乗じてドローンから駆逐艦艦橋に20キロ前後のタイマー発火装置の付いたテルミットの塊を落とせばかなりのダメージを与えられるハズです。

          (ちびっ子さんたち、こんな事をお家で試してはいけませんよ!)

          1. イーシャ より:

            テルミットは簡便で効果的でしょうね。
            やるなら弾薬庫か機関室の上に、もうちょっと多量に。

      2. 門外漢 より:

        一発だけなら誤射かもしれない。

    3. だんな より:

      イーシャさま
      韓国軍艦は、イラン領海内に入れないと思います。
      韓国ネット民は、イランに強行姿勢が多いけど、有事に韓国のタンカーが、無事に通れると思っているんでしょうかね。

      1. イーシャ より:

        だんな 様
        > 韓国軍艦は、イラン領海内に入れないと思います。
        世界中にウジャウジャいる朝鮮人売春婦を連れてきて海岸線に立たせておけば、ホイホイ寄ってきそうです。でも、イスラムの教えに反するか。

        ホルムズ海峡とか世界の地理なんて、朝鮮人は知らないでしょう。

      2. 匿名 より:

        >韓国ネット民は、イランに強行姿勢が多いけど、有事に韓国のタンカーが、
        >無事に通れると思っているんでしょうかね。

        韓国は「他人を攻撃する事」を考えますが、「他人に攻撃される事」は想定外なのだと思います。

        延坪島砲撃事件にしても、天安沈没事件にしても、開城南北共同連絡事務所爆破事件にしても、丸腰の強襲揚陸艦を航行(漂流でしたっけ…)させて国威発揚を図ったり。

        韓国の「後頭部思考」の賜物です。

  5. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、韓国と違って自分が間違う存在であると自覚しているので)
     文大統領としては、韓国の裁判所に「イランに金を支払う必要がない」との判決を出してもらえれば、解決するのではないでしょうか。(もっとも、自身の任期終了まで、先送りするかもしれません)
     蛇足ですが、韓国はバイデン次期大統領に、「テヘランの米大使館占拠と同じだ」と言い出すかもしれません。
     駄文にて失礼しました。

    1. きたたろう より:

       なるほど。そういう判決を出させて、イランが 何か言ってきたら
      「韓国は民主主義が非常に発達しているので、政府としては三権分立の見地から司法に介入出来ない」と言えば、すべてうまくいく⋅⋅⋅⋅⋅わけないわ!そんなもん!
      と、思わず叫んでしまいたい事になるわけですね。
      イランは 日本ほど優しくはないでしょう。どうなるか見ものですね。

      1. 引きこもり中年 より:

        きたたろう様へ
         すみません。もう一つ、ありました。
         「我々、韓国は、中国皇帝の習近平国家主席様から欧米の国際法を無視してよいとの許しを頂いた」と、言い張ることです。(もっとも、その中国から否定されるかもしれませんが)
         蛇足ですが、バイデン次期大統領が韓国国内のイランの資金に関して、なにか言っていたら教えていただけないでしょうか。
         駄文にて失礼しました。

        1. きたたろう より:

          韓国に対してバイデン氏が公式に何か政策を発表してる訳では有りませんが、バイデン氏は、当選した際にはイランとの関係改善に取り組むと公言してきたので、韓国はアメリカが何か韓国に有利になるように行動してくれると勝手に思ってると、とんでもないしっぺ返しが有るかも知れませんね。
          そもそも大統領が訪韓すると反米デモするような国に良い顔はしないのではないでしょうか?

  6. 伊江太 より:

    訳の分からない展開になりそうな予感で一杯ですが、一つありそうな可能性を挙げれば、この件に関しては、文在寅は全くの音無しの構え。一切表に出てこないし、何らの効果的対策も打たないってことじゃないでしょうか。

    何しろカノ国の無法な遣り口、挑発に遭っても、極めて微温的な対応しか採らない日本に対してすら、思惑通りの結果が出そうにないと見るや、姿をくらましてしまう御仁のことですから、況んや、無法の度合いではどっちこっち、腕力でははるかに格上のイランとの喧嘩に於いておや、であっても不思議ではありません。

    毅然とした対応を求めるマスコミなんかがうるさい間は、駆逐艦派遣だの、政府高官の訪問だのといった、屈服しないぞというポーズを見せる必要もあるでしょうが、あの忘れっぽい国民性を思えば、そのうちまるで何事もなかったかのように振る舞うのが、外交力のなさを曝け出さない最善の策ということに、自然になっていくような気がします。

    そうなると、イランにしても強硬な手を打った意味がなくなってしまいますね。「あんなグズグズな国とは思っても見なかった」と、改めて思い知ることになるんじゃないでしょうか。

    1. IVD より:

      伊江太様

      >>訳の分からない展開になりそうな予感で一杯
      同感です。

      >>あの忘れっぽい国民性を思えば
      またぞろ反日で目をそらせばちょろいもんですね。
      ちょうど明日と13日、元慰安婦裁判の地裁判決が相次いで出ますし。
      イランとしてはいっちょぶん殴ってやるつもりでいたのに、当の韓国は何故か日本に喧嘩を売りだして、いつの間にか「全部日本のせいだ」、、、になっても驚きません。

  7. 心配性のおばさん より:

    >イランが「韓国は理性的かつ責任感を持って行動せよ」

    不肖ながら、お答えいたします。「ムリ!」

    日本も他国(イラン)を責めることはできませんが、民度にないものを要求しても虚しいだけです。高い授業料だと思って諦めるか(日本は多分、これ。)、力を持って奪い取るか(C国、A国は多分、これ。)です。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    さあ、ハブ対マングースの闘いか?(笑)。失礼、ハブとマングースに謝ります。イランも犯罪国家ですが、こと朝鮮相手となると、「イランの頑張り」に期待したいですね。

    既に第1ラウンドは韓国船拿捕でイランの勝ち、第2ラウンド報道官の言葉のパンチ応酬では、俄然イラクがリード。第3ラウンドが韓国の崔鍾建外交部第1次官が10日に訪問して無理矢理議題にするのか?(けんもほろろ、無理でしょうネ)です。

    正直言って、今回の拿捕は「カネ払えッ」です。安ものの中流国が作る船など欲しくない(運搬物は別にして)。ウォン資金口座やダヤニー族への未払いをすぐやれ、という具体的行動。

    日本にはまたと無い勉強のチャンスです。応酬マニュアルを作成しましょう(笑)。

  9. 引っ掛かったオタク より:

    イランは「海洋法に関する国際連合条約」署名のみでまだ批准していなかったのでは?
    一応捕まえた名目も挙げてますし、拿捕した座標によっては国際法にも違反していない可能性ありませんか??

  10. 団塊 より:

    >>今回の拿捕もイラン政府の意向というよりはイラン革命防衛隊による独自行動と見るべきでしょう。

    これの矮小化が韓民国
     市民団体のやってるととだ、政府は関係ない
     司法の判決だ、政府は関係ない

    違うか! 
     革命防衛隊>>>>>政府

    ったかな!

    1. 門外漢 より:

      団塊 様

      > 革命防衛隊>>>>>政府 だ ったかな!

      そうです。革命防衛隊がイラン最精鋭で、イランそのもの(軍事では)です。
      知らんけど。

  11. 団塊 より:

    拿捕寸劇の続編軍用艦の拿捕だけじゃ
     まだまだ70億ドルには足らないか?

    韓民国の軍用艦、アメリカの軍事秘密たっぷり。拿捕される前に米軍に破壊されるね!
    う~ん、それ以前に中東までたどり着けないか!

    1. 引っ掛かったオタク より:

      派遣された駆逐艦はオマーン冲あたりに展開させていたヤツだそうで、みどるいーすとに元々居たっちゃあ居たんであります

  12. 名無しのPCパーツ より:

    どうやら、イランとも価値観を共有できないようですな。

  13. 欧州某国駐在 より:

    拿捕されたケミカルタンカーの乗組員20名の国籍は韓国籍の5名を除いてミャンマー、インドネシア、ベトナム国籍だそうですね。彼らはとんだとばっちりで気の毒。しかし言いがかりや名目ではなくこの船が本当に海洋を汚染していたら韓国政府の面目は丸つぶれですねぇ。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。