イランの主張を難癖でごり押しと批判する韓国メディア

本稿は、ショートメモです。韓国船舶がイランの革命防衛隊により拿捕された事件と、韓国政府がイランのウォン資金口座を凍結している問題に関連し、韓国メディア『中央日報』が「イランの主張はごり押し」などと批判的に報じる記事を掲載しています。普段から無責任かつ不誠実な態度を取り、理不尽にごり押しをする国が、外国のことをこうやって批判しているのを眺めると、イランだけを無碍に責めるのも気が引けるというのが偽らざる心境だと思う次第です。

当ウェブサイトでは先日より、イラン革命防衛隊による韓国船舶の拿捕事件について、韓国国内に凍結されているイランのウォン資金口座との関連性などを議論しています。

ことに、『イランが「韓国は理性的かつ責任感を持って行動せよ」』でも報告したとおり、イランの外務省のハティーブザーデ報道官が韓国に対し、「韓国政府の行動は理解できず、受け入れることもできない」、「韓国政府には理性的かつ責任感を持って対応してもらいたい」と述べたそうです。

韓国に対して「理性」だの、「責任感」だのという表現が通じるとも思えませんが、それをよりにもよってイラン政府の報道官にまで言われてしまうとは、なかなか強烈です。というよりも、べつにイランの肩を持つわけではありませんが、韓国政府の対応は客観的に見て大変に不誠実かつ無責任と言わざるを得ません。

現在、イラン名義のウォン資金口座には、米ドル換算で70億ドルにも達するとされる資金が溜まっています。これについて口座開設の経緯や凍結に至るまでの流れを踏まえると、韓国にもかなりの責任があるからです。

イランは産油国であるとはいえ、総務省統計局『世界の統計2020』(P67)によれば、イランの2017年におけるGDPは4610億ドルで日本の約10分の1です。そんな国にとっての70億ドルといえば、決して小さい額ではありません。

しかも、国際的に通用する通貨でもない韓国ウォンを使った決済をイランに強いていた理由は、もともとは米国の対イラン制裁を逃れるためです。それなのに、米国のイラン制裁に関連し、韓国は昨年9月に該当するウォン資金口座を凍結してしまったのです。

これを「不誠実」と言わずして、何と言うべきでしょうか。

うがった見方ですが、イラン革命防衛隊が海洋汚染を名目に韓国船舶を拿捕・抑留した狙いは、一種の「身代金」、あるいは「賠償金」にあるのではないでしょうか。つまり、凍結されているウォン資金口座の一部を回収する、という考え方です。

これに関連し、韓国メディア『中央日報』(日本語版)には昨日、こんな記事が掲載されていました。

イランの難癖…拿捕問題で韓国代表団が訪問したのに「凍結資金を議論」

―――2021.01.08 11:48付 中央日報日本語版より

中央日報によると、韓国政府代表団がイランに到着したものの、ハティーブザーデ報道官は現地時間7日、船舶拿捕問題について話し合うつもりはないなどと述べたのだそうです。

中央日報はこれについて、「韓国政府代表団は拿捕問題を議論するためにイランに到着した」が、「イラン政府は『凍結資金の議論が目的』として難癖をつけた」、などと報じています。自国にとって都合が悪いことを「難癖」と呼ぶあたり、普段の日本に対する行動とそっくりで、思わず苦笑してしまいます。

もっとも、ハティーブザーデ報道官の発言をそのまま読むと、イランの立場としては、最初から資金凍結問題を議論するための訪問であり、船舶の問題について議論するつもりはない、ということのようです。

つまり、今回やってきた韓国政府代表団は、10日からイランを訪問する韓国外交部第1次官の「先遣隊」、というのが、イラン政府としての認識なのでしょう。

この点、中央日報は「イランは彼らが到着するやいなや拿捕問題でなく韓国都市銀行に凍結されたイラン石油の輸入代金70億ドルの議論が目的だと一線を画した」、「このような差し迫った状況が発生したにもかかわらず、イランの主張はごり押しに近い」などと述べ、イラン政府の対応を批判しています。

しかし、ごり押しもなにも、イランの目的はおそらく70億ドルの行方にあるのでしょうし、船舶を拿捕したのもそれが目的なのだとしたら、「まずは70億ドル」とイランが要求するのは自然な流れでしょう。

もちろん、海洋汚染を名目に民間船舶を拿捕するイランの行為が褒められたものではないことは事実ですが、本件については韓国政府のこれまでの不誠実かつ無責任な対応を見る限り、イランだけを無碍に責めるのも気が引けるというのが偽らざる心境だと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    土曜日は割に更新多いですネ(笑)。話題も多いですから、当然そうなりますね。私も休みなので、サイトを開くのが愉しみ〜です。日曜日なら「あ〜更新ナシかぁ」が多いもんですから(笑)お忙しいのに、チャチャ入れてスミマヘン。

    イラン、頑張れヨー!ではない。ココは悪党国同士の駆け引きを勉強するケーススタディでしたね。しかし70億ドルを凍結させて、使い道の無いウォンとやらに変えさせ、怪しげなワクチン買えッとか、無茶苦茶ですね。

    米国のドル禁止に悪乗りして、一丁イランにかましたろ!という狙いだったと思います。韓国はね、いずれに対しても誠意が無い。

    イランに協議に行くなら、まずは70億ドルの話でしょう。まとまらなかったら、何するか分からんヨ。韓国外交部第1次官が行方不明に、、(笑)。貨物船は韓国人乗組員だけ拘束延長、、(笑)。

  2. 匿名29号 より:

    敵の敵は友達だ、ってところでしょうか。 どうしてもイランに味方したくなる誘惑に負けそうです。

    1. タナカ珈琲 より:

      匿名29号様

      ワタシも同じ思いです。

      座布団5枚です。

  3. 名無しの権兵衛 より:

    これこそが、まさに、国際法が認める「対抗措置」ではないでしょうか。
    「対抗措置」そのものは、国際法に違反する行為ですが、相手国の国際法違反行為に対しては、国際法違反行為で「対抗」することが認められています。
    手続きに問題があるかもしれませんけどね。

  4. だんな より:

    >かつて合意した議題だけを次官会談で扱うというイランの主張はごり押しに近い。

    合意していない議題を、話し合おうという方が、ごり押しだろう。

    1. 門外漢 より:

      そだね~

  5. カズ より:

    ・・。何というか、やりたい放題の国→KANKOKU
    彼らが遵守してる原則は「自己の例外だけは許される」くらいしか思いつかない。
    そして、責任は取らなくていいってんだから、話にならない。彼らは変わらない。

  6. きたたろう より:

    相手はイラン🇮🇷、日本の様に遺憾表明して、あとはモゴモゴ言ってる国とは違う。すでに拿捕されてる事が物凄い強行手段であることに気がついてない、アホな韓国政府とマスコミ。どうなるか見ものですよ!

    1. タナカ珈琲 より:

      きたたろう様

      まだ、一隻ですが、K国の出方次第では2、3…5…10隻とイランが拿捕するのはワタシの妄想でしょうか?

      1. きたたろう より:

        いやあ妄想とも限りません。あとは韓国への原油輸出停止とか、資産差し押さえとか色々有るかも知れませんね。

  7. 名無しのPCパーツ より:

    お得意のツートラックですね、わかります。
    「政治(船舶拿捕)と経済(70億)は別だ!」

  8. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

    ホルムズ海峡を韓国にだけ封鎖。
    これは韓国は持たないでしょう。
    韓国を応援して介入する国はあるのかな。

    1. 門外漢 より:

      成功できなかった新薬開発経験者 様

      >韓国を応援して介入する国はあるのかな

      当然日本に期待してるんだと思います(笑)。

  9. イジワルばあさん より:

    しかし、イランもえげつないですね。平常の時で米国が乗り出して来るという状況ならタンカーを拿捕するなどという強硬策は取れなかったでしょう。でも、今の米国は大統領選のゴタゴタで韓国のことどころではありませんからね。上手いタイミングです。我が政府にもこのくらいのえげつなさがあるといいんですが。だからといって我が国も国際法違反をすればと勧めるわけではありません。我が国はあくまでも国際法を遵守しつつ韓国に対抗しなければなりません。韓国の国際法違反を非難しつつ我が国が国際法を破ったらかの国と同類のネロナンブルになってしまいます。そうなると現在の国際的な地位を築いてきた努力が無になり我が国の国益が大きく損なわれてしまいますもの。

  10. 匿名 より:

    会談が前々から決まっていて『凍結資金の議論が目的』だから、拿捕事件があっても計画変更せずに会談すると言っていたのは韓国の方だったと思いますが。

  11. 電気屋さん より:

    海洋汚染は名目で有るとの見方が大勢だけど本当に海洋汚染をしていたかもよ?だって韓国だもの。
    軍艦だって平時に海洋投棄をする国ですからね。

  12. 元韓国在住日本人 より:

     イランが怒るのも無理はないです。

     原油購入代金の件に関しては、小生が以前にコメントした事があります(どの記事でのコメントか忘れてしまいました)。韓国はイランへの制裁が一旦解除された時(朴槿恵政権時)に、イラン政府からの代金支払要請に対し、なんやかんと言い訳をして誤魔化しました。そうやって時間稼ぎをしているうちに再度制裁となり、これ幸いとばかりに支払いを拒んだのです。

     イランからすれば、非常に不誠実な行為に見えたでしょう。

     韓国は日本に対する外交が、他国にも通用すると思っています。少なくとも、自国より下と見下した国家(日本を含む)に対しては、「何をしても良い」というレベルの考えは持っています。
     
     韓国は差別主義が酷い国です。欧米には一切逆らいません。ぎゃくに、東南アジア、アフリカ、中東等の人々に対しては、非常に高圧的です。これには中国人も含まれます。

     「イランごときが〜(怒)」というのが韓国人の本音でしょう。

     駄文にて失礼します

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。