北朝鮮の韓国公務員射殺に見る「無責任国家・韓国」

「外交とは、なにか」。あるいは、「国家とは、なにか」。これについて考えさせられる事件が発生しました。韓国の公務員が北朝鮮当局者によって殺害されたというのです。ただ、問題はそれだけではありません。相変わらず、韓国政府関係者の無責任な発言が続いていることにあります。韓国政府の行動を眺めていると、どうしてもエドワード・ルトワック氏の名著『自滅する中国』でいうところの「韓国政府の無責任さ」に思いを致さざるを得ません。

改めて、外交について考えてみる

意思も能力もない中立には、意味がない

私たち現代に生きる日本人が心しておかねばならないことがあるとすれば、「意思も能力もない中立」という行動には、まったく意味がない、ということです。

これについて考察するうえで、非常に重要な事例がひとつあるとしたら、それは日中関係でしょう。ことに、中国が台頭し、米国に伍していくだけの力を身に着けようとするなかで、中国に非常に近い私たちの国・日本としては、かならず米中対立の影響を受けざるを得ないことを忘れてはなりません。

もちろん、日本が「米国と中国のどちらを選ぶか」については、疑問の余地はありません。日本にとって米国は、基本的な価値と戦略的な利益を共有する最も大切な友人であり、パートナーですが、中国は少なくとも日本とは基本的価値を共有していないからです。

そもそも普段から当ウェブサイトで報告している話ですが、人間関係において他人同士がお付き合いするためには、「ウマが合うかどうか」と、「利害関係上、仲良くせざるを得ないかどうか」という2つの軸がありますが、国同士の付き合いに関しても、まったく同じことがいえます。

通常、外交関係においては「基本的価値を共有しているかどうか」と、「戦略的利益の観点からその国と付き合わざるを得ないかどうか」という視点が大事です。

このうち「戦略的利益」(あるいは「利害関係」)という点では、現在の日本にとって中国は、否が応でも付き合わざるを得ない国です。なぜなら、いまや中国はわが国の産業のサプライチェーン上も無視できない国になってしまいましたし、地理的にも日本は中国と非常に近い場所にあるからです。

中国は日本と「基本的価値」共有しない国

しかし、「基本的価値」という点では、そもそも日本が中国と深く付き合って良かったのか、検証が必要です。なぜなら、日本は明治以来200年近い「近代国家」としての歴史を持っているのに対し、中国はいまだに共産党一党独裁を維持している国であり、基本的価値をまったく共有していないからです(図表)。

図表 日本と中国の基本的な価値
区分日本中国
政治体制議会制民主主義共産党一党独裁
経済体制自由主義社会主義計画経済
法の考え法治主義人治主義
人権基本的人権尊重人権は存在しない
戦争積極的平和主義台湾等への武力侵攻を公言

(【出所】著者作成)

あくまでも個人的な意見を述べるならば、近代的な価値観を受け入れない中国とは、日本は深くお付き合いすべきではなかったと思いますし、産業面でも、ここまで中国との関係を深めてしまったことについては過去の失敗として猛省し、今後はサプライチェーンの組み直しを急ぐべきでしょう。

その意味では、一部の企業経営者が、この期に及んで中国との関係を深めようとしていることに対し、個人的には強い違和感を覚えていることもまた事実です。

さらに、現在の日本の政権与党である自民党には、二階俊博幹事長のように、一般には「媚中派」とみられる政治家もいますし、二階氏を含め、残念ながら日本の国益を中国に売り渡そうとする政治家はあとを絶ちません。

だからこそ、当ウェブサイトとしては今後も、できる範囲において、中国とは「距離を置いたお付き合い」をすることが重要であると訴え続けていきたいと考えている次第です。

日本の中国離れとルトワック氏の著書

もっとも、当ウェブサイトごときが一生懸命に喧伝しなくても、現在の日本では、徐々にではありますが、「中国が基本的価値を共有しない国である」という点についての認識が浸透しつつあるように思えます。

すなわち、「基本的価値を共有する国・米国との同盟を基軸に据えつつ、基本的価値を共有していない中国とは是々非々で付き合う」というスタンスが、徐々に日本の基本的な方向性として固まりつつあると考えて良いでしょう。

その意味では、まだ安心するのは早いものの、日本が米中対立局面で「米国を裏切り、中国になびく」という可能性は非常に低くなったと考えて良いでしょうし、しかもその大きな原因はおもに中国の自滅によるものでもあります。

これについて参考になる書籍があります。

当ウェブサイトでもこれまで、米戦略国際問題研究所(CSIS)上級顧問のエドワード・ルトワック氏が今から8年前の2012年に刊行した “The rise of China vs. the logic of strategy” とその邦訳版『自滅する中国』(※邦訳版の出版は2013年)について、ときどき紹介してきました。

【参考】『自滅する中国

(【出所】アマゾンアフィリエイトリンク)

書名のとおり、内容は中国の台頭と、これに対する諸外国の反応について執筆されたものですが現在、、あらためて読み返してみても、内容的にはまったく色あせていません。これを10年近く前の時点で執筆したルトワック氏(と訳者の奥山真司氏)の慧眼には驚きます。

余談ですが、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏の著書『米韓同盟消滅』にも言えることですが、やはり、本質を突いた議論というものは、いつまで経っても色あせないものなのだと思う次第です。

中国におもねらなかった安倍外交の成功

それはともかくとして、ルトワック氏は民主党政権時代の日本が中国とどう向き合うかを巡り、若干の混乱があったことを認めているものの、国の意思として、中国にはなびかない道を選択しつつあることを指摘しています。

出版されたのが英語版で2012年のことでしたが、その後、第二次安倍政権が発足し、日本が中国との関係改善を図りつつも、基本的には米国と強くタッグを組み、中国の「力による現状変更」の企てには強く反対してきたと評して問題ないでしょう。

また、古くは麻生太郎総理の「自由と繁栄の弧」というイニシアティブに始まり、これが安倍総理の「セキュリティ・ダイヤモンド」構想に引き継がれ、ドナルド・J・トランプ米大統領の「自由で開かれたインド太平洋」構想に結実しました。

その意味では、7年8ヵ月の安倍政権の「最大の成果」とは、日本が主導した構想が米国に受け入れられたことにあるといえますし、戦後長らく米国が主導してきた日米関係が、より対等な形に変質したという点にあると考えて良いでしょう。

その一方で、もうひとつ重要な点は、安倍政権が「親米」的な政策をとったことで、果たして日中関係が極端に悪化したのか、という疑問です。

結論から言えば、不思議なことに、民主党・野田政権末期のころと比べ、中国の日本に対する当たりは弱くなっているのです。その典型例が、安倍総理の靖国参拝に対する反応でしょう。

安倍総理は第二次政権発足からちょうど1年後の2013年12月26日に靖国参拝に踏み切りましたが、そのときには、中国外務省の秦剛(しん・ごう)報道官が

「日本に対し、侵略の歴史を反省するとした誓約を守り、誤りを正す措置を講じ、悪い影響を取り除き、具体的な行動をもってアジアの隣国や国際社会の信頼を得るよう、厳粛に求める」

などと批判したと伝えられます(2013年12月26日 19:37付 ロイター『安倍首相の靖国参拝に米国が「失望」を表明、中韓は強く反発』参照)。

しかし、その安倍晋三総理は、今月、辞職直後に靖国神社に参拝していますが(『後世に莫大な遺産を残して靖国参拝の安倍総理に感謝!』等参照)、個人的に調べた限りでは、中国当局はこの安倍総理の参拝について、特段、文句をつけていないようです。

つまり、安倍政権が歴代のわが国の政権と比べ、中国に対してさほど譲歩していないにも関わらず、日中関係が(表面上は)改善したかに見えるのは、外交において、必ずしも相手国の言い分を丸呑みするのが正解とは限らないという重要な証拠であるように思えてなりません。

あるいは、中国に対しては、強く自国の権利を主張する政治家の方が、結果として日中関係が円滑に進むのだ、という言い方もできるのかもしれません。

いずれにせよ、下手に相手に配慮するのではなく、「どちらの側に着いているのか」を明確にしつつ、基本的価値を共有しない国に対しても、原理原則を譲らず、一貫性のある態度を貫くことが、外交上の成功を導く近道であることを、安倍総理が身をもって教えてくれたのではないでしょうか。

そして、菅義偉総理大臣が昨日の習近平(しゅう・きんぺい)中国国家主席との会談で、連携すべきは連携するとしつつも、同氏の国賓訪日については「特にやりとりはなかった」と述べたのも、安倍路線を引き継いでいるという証拠と考えて良いのではないでしょうか。

(なお、菅総理の会見内容については『菅総理、習近平氏の訪日「とくにやりとりなし」と明言』で収録していますので、あわせてご参照ください。)

韓国という壮大な失敗事例

公務員殺害事件

さて、せっかくルトワック氏の著書を紹介したついでに、「国としての腰が定まっていない」という事例をひとつ、紹介しておきましょう。

韓国外交長官「北のような閉鎖的な国は対応難しい…忍耐が必要」

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が25日、北朝鮮への対応について「忍耐が必要だ」という立場を明らかにした。<<…続きを読む>>
―――2020.09.25 11:55付 中央日報日本語版より

韓国メディア『中央日報』(日本語版)の昨日付の記事によれば、韓国の康京和(こう・きょうわ)外交部長官は25日、北朝鮮への対応について、「数日前のような事件が発生」したとしても、「我々は平和的接近方式を維持しなければならない」などと述べたのだそうです。

この発言の何が問題なのかについて考える以前に、康京和氏のいう「数日前の事件」について触れておきましょう。

これは、韓国政府・海洋水産部の公務員が22日、同国北西部の海域で北朝鮮に射殺されたとされる事件のことで、25日付の産経ニュース『金正恩氏が韓国公務員射殺で異例の謝罪』によれば、北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)とされる者が謝罪したとされているようです。

もっとも、この事件、そもそもの事実関係からして各報道の内容も錯綜しているなど、いまひとつ全容が見えません。おそらく犠牲となった公務員は「職務遂行中」だったのだと思いますが、いちおう、「北朝鮮に亡命しようとしていた」という可能性は否定できません。

しかし、仮にこの人物が職務中に被害に遭ったのだとしたら、これは韓国政府にとっては「自国政府の公務員が職務遂行中に危害を加えられた」ということであり、深刻な主権侵害です。ときと場合によっては、こうした事件を契機に戦争が始まっても不思議ではありません。

弱腰も弱腰

この点、本来的な「あるべき論」だけを述べるのであれば、韓国政府としては断固として北朝鮮に対し事情説明を求めるべきでしょうし、その内容について納得ができない場合などには北朝鮮に制裁・反撃を加えてもしかるべきでしょう。

ただ、これまでの類似の事件から判断して、ひとつ明らかなことがあるとすれば、北朝鮮と何らかのトラブルが生じても、韓国政府は驚くほど何もしないということでしょう。

たとえば、北朝鮮は金正恩の実妹である金与正(きん・よしょう)の命令により、開城(かいじょう)にある南北連絡事務所を今年6月に爆破しましたが(『北朝鮮による事務所爆破と金正恩危篤説はつながるのか』等参照)、これに対し韓国政府が何らかの制裁を発表したという報道はありません。

これについては「現在の文在寅(ぶん・ざいいん)政権が北朝鮮にやたらと配慮する親北派だからだ」、という反論もあるかもしれませんが、「親北派」ではない政権下でも、韓国は北朝鮮に対し、何ら反撃していないという事例があります。

それが、李明博(り・めいはく)元大統領です。

李明博政権下では、2010年3月26日には哨戒艇の「天安(てんあん)」が北朝鮮の魚雷攻撃で撃沈される事件が発生しましたし、同年11月23日には延坪島(えんびょうとう)に対し、北朝鮮が砲撃を加えて来た事件も発生しました。

これらの事件への対応こそが、韓国という国を象徴しているのです。

原理原則から逸脱しまくった韓国

もしも李明博元大統領が勇敢かつ有能で責任感にあふれた人物だったとすれば、天安鑑の撃沈ないしは延坪島砲撃のいずれかの事件が発生した段階で、北朝鮮に厳しい態度をとっていたに違いありませんし、もしかしたらこれを名目に北朝鮮へ軍事侵攻していたかもしれません。

もし韓国がみずからそのようなリスクを取るような国であれば、日本も米国も全面的に韓国をバックアップしたのではないでしょうか。なにせ、日本は北朝鮮当局の手によって、無辜の日本国民を拉致されたという、純然たる「被害国」です。

そして、韓国が国としての意思に基づき、北朝鮮を軍事侵攻して併合し、当時の独裁者だった金正日を拘束するつもりがあったのなら、拉致事件の全容を知りたい日本としても、韓国を様々な面で支えていたに違いありません。

さらにいえば、仮に韓国が北朝鮮に軍事侵攻したことにより、南北統一が実現したのだとすれば、数十から数百兆ともいわれる巨額の朝鮮半島復興費用の一部を、日本としても喜んで負担していたに違いありません。北朝鮮という敵対国家が地球上から消滅することの恩恵は計り知れないからです。

それなのに、現実の李明伯政権下の韓国は、北朝鮮に対し、驚くほど何も反撃しなかったのです。韓国が米国の同盟国であり、日本にとっても日米韓3ヵ国連携の相手国であることを考えると、これはじつに驚異的な話でしょう。

「日本を」攻撃する韓国という無責任な国

それどころか、驚くべきことに、2011年12月、韓国では日本大使館前に、あの有名な「慰安婦像」が設置されました。日本といえば、韓国にとっては安全保障に何ら脅威をもたらさない、極めて平和的な友好国であるにも関わらず、です。

当たり前の話ですが、外国の大使館の名誉や尊厳を傷つけるような造形物を放置すること自体、韓国政府が『外交に関するウィーン条約』(第22条第2項)に違反する行為をしているのとまったく同じことです。

外交関係に関するウィーン条約 第22条
  1. 使節団の公館は、不可侵とする。接受国の官吏は、使節団の長が同意した場合を除くほか、公館に立ち入ることができない。
  2. 接受国は、侵入又は損壊に対し使節団の公館を保護するため及び公館の安寧の妨害または公館の威厳の侵害を防止するため適当なすべての措置を執る特別の責務を有する。
  3. 使節団の公館、公館内にある用具類その他の財産及び使節団の輸送手段は、捜索、徴発、差押え又は強制執行を免除される。

(【出所】外務省ウェブサイト『外交関係に関するウィーン条約』)

すなわち、李明博元大統領は、北朝鮮という自国にとっての最大の脅威から目を背け、自国に対してなんら脅威をもたらさない日本を竹島上陸や天皇陛下侮辱などでさんざん挑発したのです。無責任というほかない行動です。

ちなみに、先ほど紹介したルトワック氏の『自滅する中国』によると、234ページで指摘した、「自国に全く脅威をもたらさない国を最も苛立たせるような行為」を繰り返すのは「日本との争いを欲する歪んだ熱意」のあらわれだ、とあります。

この指摘がそのまま現在にも生きているとしか言わざるを得ません。

日本は日本の国益追求を

さて、昨日の『韓国「日本は友でパートナー」→日本「韓国は隣国」』などでも報告しましたが、24日、菅義偉総理は韓国の文在寅大統領と電話首脳会談を実施しました。

各種報道を総合すれば、今回の会談は韓国側の求めで開かれたものですが、時間にして約20分に過ぎず、「日本は友でパートナー」と述べた文在寅氏に対し、菅総理は「韓国は重要な隣人」と返した、などと伝えられています。

菅総理は前政権下では官房長官として安倍総理をしっかり支えた人物ですし、韓国の国際常識を逸した振る舞いについては、政権の最前線でリアルタイムに見つめていたはずです。

当然、対韓輸出管理適正化措置を発動するに際しての原因となった「不適切な事例」などについてもご存じでしょうし、韓国が国際法破りを行っている現実を深刻に受け止めているはずです。

その意味では、「日本は友達」と騙る韓国に、「あんたらは単なる隣人だ」と言い放つような菅総理の姿勢には、とりあえずは安心して良いとは思いますが、話はそこに留まりません。韓国が日韓関係を破壊しようとしていることで、結果的に北朝鮮や中国を利するからです。

日本は、中国とは基本的価値を一切共有していませんが、韓国とは一見するとそれらの価値を共有しているかにも見えてしまいます。だからこそタチが悪いのです。

ただ、日韓関係の断絶が中国や北朝鮮を喜ばせることにつながることは間違いないのですが、それが日本にとって悪いことかどうかはまた別問題でしょう。

個人的には、安倍総理が中国に対し、原理原則的な立場を譲らなかった外交こそ、日本が今後取るべき方針だと考えていますし、中途半端に日米両国の味方のフリをした韓国との安全保障上の連携がいつまでもできるとも思えません。なにより、米韓同盟消滅は日韓関係リセットのチャンスでもあります。

その意味では、菅政権においても、無責任国家・韓国を中途半端に甘やかしたりせず、原理原則を貫き、突き放すべきはきっぱり突き放す姿勢を堅持してほしいと望む次第です。

読者コメント一覧

  1. 匿名 より:

    でもまあ、実際のところ右往左往しながらあちこちから頭を小突かれながら頭を抱えてうずくまっている方が韓国みたいな国にとっては生存に有利なんじゃないでしょうかね。そうやって生き延びてきたわけですし。下手に矢面に立つとクジラの対決で知らないうちに潰されてるかもしれません。今みたいなやり方のほうが身の丈にあった戦略なんだと思います。

    1. おっさん より:

      そういった面はあると思います。

      が、その腹いせと言っては語弊がありますが、国・民族の威信・プライドを保つため、異常な反日に走っているのはいただけませんね。

      彼ら、そもそもとち狂ってるので仕方ないですが。

  2. イーシャ より:

    > 無責任国家
    ある意味、皮肉な表現ですね。
    棚ぼたで独立させてもらった下朝鮮には、独立国家たる認識も責任感もないのですよ。一言で言えば属国根性。宗主国と陸続きの上朝鮮は下朝鮮より序列が上。それだけのことです。
    そんな序列は朝鮮半島までしか通用しないのに、それを認めると自国が一番下になってしまう。認めたくないから、日本を始め世界中に適用しようとして暴走する。劣等感に苛まれる下朝鮮の憐れな本能です。

    中国は、弱い相手にはとことん強く出る国です。
    「譲歩=弱い」と解釈する国です。
    主張すべきは主張しないと、要求がどんどん大きくなります。
    日本が下朝鮮をどうするかを中国は大きな関心をもって見ているでしょうが、叩き潰すことになっても大きなマイナスにはならないと思います。
    「普段は腰が低いが、怒らせると恐い国」。
    そう認識させる方が対等な関係を築けると思うのです。

  3. 貧乏暇だけ より:

    おはようございます。いつも勉強させていただいております。有難う御座います。
    私、天安門事件の1~2年後に中国に遊びに行ったです。みんな良い人でしたよ。人治主義。意味が分からないので検索してみましたが、まさにそんな国だったんだと思いました。みんな諦めてるんですよ国民は。中国共産党と中国国民は別だと思います。

    1. はるちゃん より:

      韓国に対しても同じようなことを言っている元韓国大使がいますね。
      韓国人は親日が多いとか相変わらずテレビで発言していますが外務省の事なかれ主義を代表している方ですね。
      脳内お花畑と言うべきでしょう。

  4. カズ より:

    「無理を通せば道理が引っ込む」のが世の中の道理なのですから、原理原則を曲げてまでの無理な決着は長続きしないのだと思います。

    外務省の「事なかれ主義」に限界が露呈してしまうのは、食い違う利害関係を「理・外の関係」で収めてしまってるからではないのでしょうか?(是々非々を曲げた安易な譲歩は思考停止と同義)

    *官邸主導の毅然とした外交に期待します。

  5. 農民 より:

     いやいや、延坪島事件では名品K9自走砲で果敢に応戦し、世界4大陸軍たる韓国軍の精髄を見せつけていましたよ。仕様上は砲撃開始5分で20発超を発射できる名品K9を擁しながら、実際には5分で僅か4発しか撃たないという余裕を見せつけ、砲台への反撃と見せかけて食糧難にあえぐ北朝鮮にとって超重要施設である田畑に損害を与えるという狡猾な大戦果。砲撃を続けて半数弱を海面に着弾させ、海軍も牽制。さらに非公式の民間報告によれば将校も殺害したとか。まるで青山里戦闘の大勝利を彷彿とさせます。
     ゼェゼェこんなもんでいいですかね。日本側から過剰に手を差し伸べる必要はないですね。

    1. めがねのおやじ より:

      農民様

      何時もご意見拝読しております。

      「こんなもんでいいですかね。日本側から過剰に手を差し伸べる必要はないですね。」まったく仰る通りです。ところで名品K9自走砲で果敢に奮戦した(嘲笑)そうですが、当時はケツ(K2戦車)はまだ配備されてなかったのでしょうか?

      出来る限り何も無い所に射撃したとか、登坂能力低くて、タコツボにハマったとか言う逸話があれば聞かせて下さい。ご無理を言い、すみません。

      1. 農民 より:

        めがねのおやじ 様
         パワーパックを国産化したいという我欲を制してトランスミッション部をドイツ製にする懐の深さを見せつけ、加速性能が規定に満たないので規定を下げて製造元にも慈悲を見せるなどの、K-2戦車の輝かしい開発経緯は楽韓さんなどでも詳細に追われているのでご存知と思います。これの戦力化が2014年ごろかららしいので、事件の後ですね。
         そもそも延坪島は半島のクビレ部分、韓国領北端からかなり西に離れていて、北朝鮮領南岸からの方が近く、その距離14km程で小さな島です。(アレ、独島は日本より韓国に近いので韓国領なんじゃなかったっけ…?)戦車で防衛する意味は薄いですし、事件後にM48(50年代製!)を海岸に並べてアピってたくらいなので、K-1も無いのではないでしょうか。K-1も演習で段差を踏破する展示をしようとしたところ、登れなかったので迂回してみせるという機動性を誇示した素晴らしい戦車ですね。米M1エイブラムスの輸出モンキーなのですが、砲を不相応に強化するなど実に韓国軍的な改造をしてバランスが狂ったのだとか。

         最新のK-2はまだまだこれからですから、実用での逸話はまだ知りません。開発経緯くらいですかね。上記のパワーパック、装甲がなんか不合理だとか、リアヘビーだとか、完成もしてないのに兄弟国()トルコの新戦車のベースに売りつけてみたり、一時ソレに開発進捗が抜かれたり、主砲性能アピールのひきあいに北朝鮮軍やロシア製戦車を出さずに「90式戦車の横なら2輛はブチ抜けるゼ!」となぜか日本に敵意を示したり……今後に期待です。

  6. ジャムおじさん より:

    金正恩が謝罪したとか、韓国はうれしくて小躍りしており、日本のメディアにも掲載されているようですが、よく調べるとこういう感じなんですね。
    https://sincereleeblog.com/2020/09/26/mengo/
    WEB時代、こういう発信が色々あって勉強になります

    1. 匿名 より:

      金正恩「いやー、メンゴメンゴ!」

      こんな感じですかね。

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        >金正恩「いやー、メンゴメンゴ!」
        文在寅「んもぅ、いっつもチョーシいいんだからぁ♡」
        こんな感じですか?(吐き気が)

  7. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    またもや韓国の無責任な行動が注目される事件ですね。自国公務員が就業中に北朝鮮軍(または警備隊)によって連行され、尋問数時間の後に射殺。ガソリン撒いて死体を焼くという野蛮極まりない方法で、抹殺しました。

    監視所或いはレーダーサイトに炎が映ってたという証言もありますし、文大統領がこのコトを10時間後に知っても、何の行動も起こさない。青瓦台も事実把握と指示のスローモーな事!

    やはり、「ひとり殺害されたぐらいなら、誤って発砲されたのかも知れない」なんでしょうか(失笑)?人命の軽さは自由主義民主主義を謳う国家として、ワーストですね。

    北朝鮮を刺激したくないから穏便に済まそう、公務員が越北した(確認されてません)事にする。違う。韓国は、やる事が無責任過ぎる。

    ココは西海の海域に艦艇、航空機を集中させ、総攻撃に打って出るべきです。北朝鮮もまさか南朝鮮にそんな肚は座ってないと舐めているので、大打撃を与え上陸出来ます。

    在韓米軍には事前に応援依頼する。一気に平壌目指す。核発射台、製造工場を叩き潰す。骨無しの南朝鮮にそれを求めるのは無理なハナシでしょうが。

    ですので私は会計士さんの言われる「韓国がみずからそのようなリスクを取るような国であれば、日本も米国も全面的に韓国をバックアップしたのではないか。」

    「仮に韓国が北朝鮮に軍事侵攻し、南北統一が実現したのだとすれば、数十から数百兆ともいわれる巨額の朝鮮半島復興費用の一部を、日本としても喜んで負担していたに違いない。北朝鮮という敵対国家が地球上から消滅することの恩恵は計り知れないからです」。

    確かにその通りなんですが、「喜んで差し出す」は国民感情から言っても無いと思います。過去はともかく今の韓国は文政権以後も用日か徹底した極度な反日で、心底、友邦国になるとは思えません。数十兆の巨費を負担すれば、更にオカワリをタカリに来ます。

    私は極論すれば、北を潰して南北統一しても「日本憎し行動」は変わらない。だから関知しない。生活水準、ライフラインも65年の日韓基本条約締結前を目標にすれば、そんな巨費を日本がまた「北復興」「賠償名目」で支援する必要は無いと思います。

    既に北の分も朴正煕に渡しているのですから。基本、韓国が全面的に北朝鮮の復興に尽力する。

    加えて米国が日本に圧力をかけて、援助を言って来ても、ごく一部を日米で支援する(医療費、食糧で1兆円程度。但し親中派に使われないよう監視団を設ける)ぐらいの協力は、しても良いと思います。まあ、現実を見たら夢のままですね。

    1. タナカ珈琲 より:

      めがねのおやじ様

      もし、南が北に侵攻シテ、統一したら、ワタシは復興費用の寄付を考えています。ワタシって優しいでしょ。机の引出しに100W有ったと、記憶シテいます。再度言いますが、ワタシって優しいでしょ。ワタシって優しいでしょ。

      1. めがねのおやじ より:

        タナカ珈琲 様

        とっても優しいお気配りですこと!
        私もまた駅前に朝鮮学校無償化の署名が立ってましたら、「統一やから廃校」と書きます。あ、相手が違うか(笑)。

      2. 老害 より:

        タナカ珈琲 さま

        >ワタシって優しいでしょ。

        その通りです。手数料の方が高く付くかも知れませんもの。

    2. より:

      > 在韓米軍には事前に応援依頼する。一気に平壌目指す。核発射台、製造工場を叩き潰す。
      韓国軍にそんな根性があるのなら、とっくに軍事クーデターの一つや二つ起こしてるでしょうよ。越北攻撃の最大の障害物は青瓦台なのですから。

      1. めがねのおやじ より:

        龍様

        だから、「夢」なんです(笑)。そんな心意気、肚、肝なーんにもありません。夢を恨に替えて貰っても困りますが。でも日本がATMでは無くなってさぞかしお困りでしょうなぁ。

  8. だんな より:

    まあ、韓国を良くする為に大統領になった訳じゃ無い事は、知ってましたが、国民の生命を守れずに、北朝鮮に媚びを売る姿勢は、無責任だと思います。
    昨日、青瓦台の発表は「嘘でした」になると書きましたが、通知文が届いたのは、事実のようです。
    しかしながら、「謝罪」と言うレベルかどうかは、?です。韓国政府が、盛んに北朝鮮から謝罪が有ったとしており、韓国政府が北朝鮮を庇っているのは、正しいようです。
    今回、韓国政府は、「ごめんな」程度を謝罪として、北朝鮮責任者の処罰は、無さそうです、
    結果的に「一人だけなら誤死ニダ」に、なるのではと思います。
    これで、被害者は、納得するニカ?被害者目線の政府だと言えるニカ?

    1. より:

      > 北朝鮮に媚びを売る姿勢は、無責任だと思います。
      当初から韓国を北朝鮮に献呈するために大統領になり、そのための環境づくりに邁進してきたのだと考えれば、別に無責任でもなんでもないでしょう。
      文在寅大統領が責任を負っているのは北朝鮮に対してであり、韓国国民の生命や財産などは北朝鮮に捧げるための供物に過ぎません。一応、いまだに残っている愚昧な土着倭寇どもの手前、ちょっとした遺憾の意を表明してみせましたが、実際には些細な事故程度にしか思ってないものと思われます。

      1. 名無Uさん より:

        龍様へ

        ≫文在寅大統領が責任を負っているのは北朝鮮に対してであり、韓国国民の生命や財産などは北朝鮮に捧げるための供物に過ぎません。

        至言だと思います。
        文在寅大統領の政治姿勢の根本は、この一文に集約されているように思います。

  9. 匿名 より:

    >安倍総理が中国に対し、原理原則的な立場を譲らなかった外交

    原理原則は譲っていると思うけど。

    1. めがねのおやじ より:

      匿名 様

      失礼します。『原理原則は譲っていると思うけど。』
      というご発言、具体的にはどのような部分でしょうか?安倍総理政権時、分かりやすく具体的に教授していただければと思います。

      1. 阿野煮鱒 より:

        「匿名」で書き捨てる「お客様」は、まともな説明能力がありませんよ。

        1. めがねのおやじ より:

          阿野煮鱒様

          御意。匿名は所詮ザコでした。個人的には匿名は「輸出管理」すべきと思います(笑)。

      2. 匿名かも より:

        譲る〔ゆずる〕を護る〔まもる〕と読んでのコメントなら解らなくもない。
        漢字をコピペして使い回すとこうなるのかも。
        なんてネ。

  10. 阿野煮鱒 より:

    > さらにいえば、仮に韓国が北朝鮮に軍事侵攻したことにより、南北統一が実現したのだとすれば、数十から数百兆ともいわれる巨額の朝鮮半島復興費用の一部を、日本としても喜んで負担していたに違いありません。北朝鮮という敵対国家が地球上から消滅することの恩恵は計り知れないからです。

    ダメ。ゼッタイ。
    恩を仇で返す民族には。貴重な国民の血税を一円たりとも恵んではなりません。

    強い反日性向を持つ巨大国家が隣にできるのす。何十兆円も使うなら、我が国の防衛強化に使うべきです。

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      阿野煮鱒様

      北と南が潰しあって対消滅してくれるなら、香典は弾むんですがねぇ。

      1. はるちゃん より:

        私も100ウォンくらいは寄付してもいいと思っています。
        いつも南北朝鮮のバカさ加減を楽しませて頂いていますので。
        心ばかりのお礼です。

    2. 阿野煮鱒 より:

      たまにはキツい事を申し上げましょうか。

      新宿会計士様は、あまりにも日本人的優しさに満ちあふれていて、邪悪なかの国の行動を日本人の感性で推し量り評価しようとする悪癖があります。

      こうした悪癖により、日本人は明治以来膨大な国富をかの国に吸い上げられてきました。その反省無く「日本としても喜んで負担」などと性懲りも無く発言することは、歴史に学ばない愚行である、内なる敵であると申し上げます。

      現在の韓国は、本来の朝鮮人の姿に帰りたがっているのです。日韓併合前のうんこまみれの町並みこそ、彼らのあるべき姿であり、南北揃ってあの状態になりたいのです。それを邪魔してはいけません。

      戦後の韓国は、米国によって「西側のショウウィンドウ」とするため、日本に資金を注ぎ込ませて無理矢理にドーピングしたいびつな国家です。『アルジャーノンに花束を』の主人公チャーリイ・ゴードンです。朝鮮半島は、世界最貧国に戻って要ってこそ、かの民族の安定と幸福があるのです。

      ドーピング、ダメ。ゼッタイ!

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        阿野煮鱒様

        「アルジャーノンに花束を」名作です。触発されてちょっと考えました。
        韓国は、どちらかと言えば主人公チャーリィというよりネズミのアルジャーノンであるような気がします。アルジャーノンはネズミとして生き、ネズミとして死にたかったのだろうに、人間が勝手に知能を向上させてしまいました。同様に朝鮮人も「日韓併合前のうんこまみれの町並み」で生き、汚わいに塗れて死にたかったのです。きっとそうです。それに文明化を推しつけるとは、日本を含む諸外国はなんと傲慢なことだったでしょうか。

        「韓国人よ、魂のふるさとへ帰れ!糞便に飢えて乾いた心よ!わたしに求めよ、さらば与えん!そして魂のふるさとへ帰るのだ!」
        「オロカモノメ」

        1. Sky より:

          そういえば、トンスルというのがありましたね。

        2. 夕刻 より:

          汚ネタついでにひとつ…
          以前,「キムチの起源」で調べていたら面白いハナシがありました。
          https://nezu3344.com/blog-entry-2295.html
          キムチ,喰えたくなっても知りませんがね。(笑)

      2. 簿記3級 より:

        昇り龍の如く栄華を極め花火のように散る。その儚い存在の断末魔を聞くにはもう数年必要そうですね。糞便と核と呪われし大地。土地が荒廃してもkpopのごり押しは不滅ニダ。

      3. 頓珍韓 より:

        韓国をネズミに例えるとすれば、宮沢賢治の「ツェねずみ」が随一です。
        ネズミにも色々と居ますから、ご参考まで。
        https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/1949_18526.html

      4. 頓珍韓 より:

        韓国をネズミに例えるとすれば、宮沢賢治の「ツェねずみ」が随一です。
        ネズミにも色々と居ますから、ご参考まで。
        https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/1949_18526.html

  11. 豆鉄砲 より:

    朝鮮戦争においてアメリカが手を出さなければ現在のような分断は生まれなかったというような事を仰る政府ですからねぇ。国民ひとりが射殺される位はご愛嬌なのでしょう。まぁ、日本としては国際協定違反状態を解消して下さらない限りは対岸の火事。記事を読んで感想を述べるくらいしか出来ませんね。差し押さえ資産の行方がどうなるか、位しかネタがありません。

    1. はるちゃん より:

      先日タクシーで運転手さんとたまたま朝鮮半島情勢についての会話がありました。
      私が「韓国はアメリカが造った国」ですよねと言ったら運転手さんが大変憤慨したので驚きました。
      この運転手さんは「アメリカに造ってもらった国」というのがどうやら許せないようです。
      多分韓国出身の方ではないかと感じました。
      韓国人の心情も分からなくもありませんが過去と同じ失敗をしないためにはまずは歴史を直視することから始めるべきではないかと思うのですが如何でしょうか?
      歴史を捏造するばかりでは将来は暗いと思います。

  12. 名無しの権兵衛 より:

    「意思も能力も無い中立には意味が無い」
    良い言葉です。私も真似て作ってみました。
    「意思も能力も無い大法院判決には意味が無い」
    「意思も能力も無い差押には意味が無い」
    「意思も能力も無い瀬戸際外交には意味が無い」
    「意思も能力も無い二股外交には意味が無い」
    「意思も能力も無い南北統一には意味が無い」
    失礼しました。

    1. より:

      そこまで行くのであれば、いっそこうすべきかと思います。
      「大韓民国には意味がない」

  13. 門外漢 より:

    > さらにいえば、仮に韓国が北朝鮮に軍事侵攻したことにより、南北統一が実現したのだとすれば、数十から数百兆ともいわれる巨額の朝鮮半島復興費用の一部を、日本としても喜んで負担していたに違いありません。北朝鮮という敵対国家が地球上から消滅することの恩恵は計り知れないからです。

    65年の基本協定の際に、南北合わせた復興資金として韓国に供与した、と聞いたように思うのです。
    だとしたら、統一後の復興資金は既に渡してある訳で、今更統一したからと言って重ねて出す筋合いはありませんね。当然韓国が負担するでしょう。
    この辺の事情に詳しい方の解説を希望します。

    1. だんな より:

      門外漢さま
      韓国に日韓協定で北朝鮮の分も払った事になっているのは、間違い有りません。
      日本政府は、公式に北朝鮮を国と認めておらず、正式な国交も有りません。しかしながら現実的には、北朝鮮は国として存在しています。
      南北統一とは別に、日朝問題を解決させるという、日朝平壌宣言を2002年に、小泉首相が締結して、日本政府は現在も有効というスタンスです。
      その中に、国交正常化交渉において、経済協力をする文言が有り、交渉時の金額が100億ドル(諸説あり)と言われているというのが、私の理解です。 
      以下、平壌宣言の日本政府リンクです。
      https://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_koi/n_korea_02/sengen.html

      1. 門外漢 より:

        だんな 様へ
        ご教示有難うございます。
        南北分併せて渡してあるが、さらに北に100億ドル出してやろうと言うことですか。
        100億ドルを韓国から取り返して北に遣れれば良いのですが、それこそハチの巣を突っついたようになるでしょうね。考えただけでも鬱陶しいので、スッパリ呉れて遣って下さい。
        ちょっと勿体ない様にも思いますが、身代金と思えば仕方ありませんね(個人的には拉致被害者解放に身代金支払いも止む無しと思っていますので)。

  14. より:

    ただの茶々であると予めお断りしておきます。

    韓国が無責任国家であるとするならば、当然ながら韓国大統領とは「韓国一の無責任男」であるということになります。ならば、韓国次期大統領は故植木等氏で決まりです。

    え?故人は大統領になれない?
    心配すんな 見ろよ青い空 白い雲 そのうちなんとかなるだろう!

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      龍様

      >植木等氏で決まりです。
      やはりそこに来ましたか。無責任と言えば植木等。全く同感です。
      でも彼の国には植木氏のような愛嬌がないのが残念です。
      ♪ねらった政策 見事にハズレ
      ♪頭カッときて GSOMIA撤廃
      ♪気がつきゃ 国庫は すっからかんのカラカラ
      ♪大統領 やめて無事な奴ぁないよ
      ♪わかっちゃいるから やめられねぇ
      ♪ア ホレ スイスイスーダララッタ
      ♪スラスラスイスイスイ…(以下略)

      1. 自転車の修理ばかりしている より:

        他のスレッドを見ると真面目な話ばかり…なんだか申し訳ないです。

        お呼びでない?お呼びでない?こりゃまた失礼しました!

      2. 門外漢 より:

        自転車の修理ばかりしている 様へ

        ♪バカにバカ足しゃ バカばかり
        ♪バカからバカ引きゃあ うすらバカ
        ♪掛けたり割ったりしてみても 阿呆と間抜けが チョイと顔を出す~

        なんてのもありましたね。
        時代を先取りしてたんでしょうか。

  15. H より:

    〉菅政権においても、無責任国家・韓国を
    中途半端に甘やかしたりせず、原理原則を貫き、
    突き放すべきはきっぱり突き放す姿勢を堅持

    殴ってこないとわかっているから調子にのる
    原理原則を貫くだけでも甘いと思います
    殴られるかもしれないと思わせ続けないと
    いけません、それが突き放すということ
    ではないでしょうか

    1. 老害 より:

      H さま

      賛成です。調子に乗りすぎる輩は、一度痛い目に合わせないと学習できません。
      半島の場合は学習効果が薄いかもしれませんが、中国を恐れるところを見ると、何回か躾ければOKかと。

  16. サムライアベンジャー より:

     日本人的には、あの「親北」に走ることがちょっと理解しにくいのですが。

    【CGS 宮脇淳子】第21話 日清戦争直前!その時の朝鮮は?
    https://www.youtube.com/watch?v=emB1HAIqmYg

     と、ぶらっと専門家の大まかな話を聞くと、「北朝鮮のほうがいろいろ成功させている」と韓国人は感じざるを得ない事情があるようです。分かるような、分からないような。

     「強制収容所」暮らしを覚悟しても、北朝鮮に吸収されたいと、韓国人は本気で思っているのでしょうか?

    1. より:

      韓国人は、というか従北左派は、政権の正統性という点に関して、北の方がより正統性を持っていると考えているのです。
      北は戦時中抗日ゲリラを率いて戦い続けた”金日成将軍”が建国し、しかも親日派を全て粛清したのに較べて、南はアメリカがどさくさ紛れに建国したに過ぎず、さらに親日派を重用し続けたではないか、というわけです。仕方がないので、従北左派は大韓民国臨時政府という怪しげなサークルを政権の起源としていますが、北に較べれば正統性を主張するには弱いと彼らは感じています。朝鮮式朱子学に染まり切った朝鮮脳では、政権の正統性(法統とも言います)の問題は極めて重大であり、その点で弱みがある、引け目がある(と彼らが思っている)南よりも北の方が良いと真面目にそう考えているのです。

      韓国人の多くが収容所国家に吸収されることを望んでいるとはさすがに思いませんが、文在寅大統領以下の従北左派は北の暗部には一切目をつむり、胸を張って政権の正統性を主張できる(と彼らが考えている)北との合流を望んでいます。愚民どもも所詮は朝鮮脳なので、法統と言われると逆らえません。結局、自分が収容所にぶち込まれるまで目が覚めることはないでしょう。

      1. サムライアベンジャー より:

        >>龍さま
         はい、まさしくその韓国・朝鮮人が考える「正当性」がキーポイントかと思います。

         韓国人ブロガーのシンシアリーさんがブログや書籍『韓国人が暴く黒韓史』の中で、日本人が思う正(統)当性と違って、朱子学における正統性についてわかりやすく解説されていたかと思います。ここが理解のポイントですよー、という感じで。

         日本で言うところの日教組は韓国では全共連と言いはるかに力を持っているそうです。彼らが浸透させている(教科書にもなっている?)考え方は、「北朝鮮こそ朝鮮半島で正統性を持っている国家であり、韓国は正統性のない汚れた国である※」と記述させているそうです。
        ※かつて中央日報の記者・朴ソヨンさんが自社の掲示板でこのように暴露しておりました。たぶん彼女の書いた記述ほぼそのママです。どうやら、彼女のコメントを見かけることがなくなりましたが。

      2. 門外漢 より:

        龍様へ
        北支派遣軍に居た爺さんが、金日成というのは白髭の将軍で何度か戦闘もしたと言ってました。
        とすると、歳の合わないソ連軍将校の造った国にも正当性は無いと思うんですがねえww

        1. より:

          しーーーっ!!
          南北問わず、朝鮮半島内ではそうではないことになっているのだから、そうではないのです、きっと。

  17. 匿名希望の平民 より:

    なんでも、かんでも責任転嫁する韓国!!
    北, 공무원 사살에 김원웅 광복회장 “친일세력 행태 이번 사건의 근본적 원인” 지적
    https://news.v.daum.net/v/20200925205107031

    韓国人殺害事件は親日派のせいニダー!!
    韓国独立運動家の子孫団体・光復会の金元雄会長は、北朝鮮が
    韓国人公務員を殺害した事件の原因が、南北を分断した親日派にあると声明を出した。
     この事件に全く日本は関係のないのに、いい迷惑ですねwww
     70年以上も解決に至らない朝鮮の南北分断は、愚かなそちらの民族内の問題。
     とりあえず、日本絡めとけばなんとかなる!っていう低能な朝鮮思考は
    やめていただきたいものです。
    何でも日本を絡めれば丸く収まると思う、低俗な朝鮮思考は、迷惑千万!
     経済悪化は、日本の輸出規制のせいニダ!
     北とうまくいかないのも日本のせいニダ!
     台風が半島に直撃したのも日本のせいニダ!
     犯罪も日本のせいニダ!
     女房とうまくいかないのも日本のせいニダ!
    日本は、韓国に謝罪と賠償をするニダー!!
    それでも日本が韓国を見放すなんて許せない!
    「日本は、韓国に愛は、ないニカ?」
    悪い事態に追いやられると、なんでもかんでも日本のせいだし、
    困った時には日本にたかるし、どうしようもない民族。

    1. より:

      今にして思えば、西郷隆盛は正しかったということなのかもしれません。

    2. だんな より:

      匿名希望の平民さま
      いずれこの問題で「日本が悪いニダ」が、出てくるのは、想定内。あまりひねりの無い、「日本が悪いニダ」ですね。やめて頂きたいと言っても、まだまだ出て来ます。
      今回の事件に対する韓国政府の対応は、韓国ネット民の強い顰蹙を買っています。今迄扇動されていた国民が、気がついてしまったかもしれません。
      私は、もう手遅れ派ですので、高見の見物です。
      カイカイさんのサイトをリンクしておきます。
      http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/57225374.html?p=2

      サムライアベンジャーさんが、疑問に思っていますが、韓国国民は、北朝鮮主導の統一を望んでいる訳では有りません。多くは、国格の上な韓国が、北朝鮮を安価な労働者として、利用して経済を良くする統一をイメージしていると思います。
      だけど工作員に反日扇動されて、国を北に献上するかもしれない大統領と、国会議員を選んでしまいました。
      久々に言いますが「愚民」の集合体なんだと思います。

      1. 宇宙戦士バルディオス より:

        >久々に言いますが「愚民」の集合体なんだと思います。
        「個人が自殺するように、国家が自殺することもある」(byヤン・ウェンリー)なのでしょうね。
         こんな国が、一人当たりのGDPで日本を上回るとは、なにかおかしい。統計上、何らかのトリックがあるとしか思えません。

        1. 阿野煮鱒 より:

          > 統計上、何らかのトリックがある

          よく聞く「韓国のGDPは、韓国資本の海外生産分も算入する計算方式」に対して、過去にりょうちん先生から鋭い考察が投稿されています。
          https://shinjukuacc.com/20190707-01/

          私はこの二十年弱コリア・ウォッチを続けてきましたが、毎日毎日飽きもせず「韓国経済はもうすぐ破綻する」と連呼する嫌韓日本人の声には疑問を持ち続けてきました。着実に経済成長を続けている韓国を目にしても、それを受け入れず、願望を垂れ流している姿は、「もうすぐ日本は沈む」と毎日言っている韓国人と同じではないか、と思っています。

          むしろ「なぜ韓国社会はあんなに無茶苦茶なのに経済成長が可能なのか」「我々は韓国経済の何を見逃しているのか」などという視点で考察すべきだと思っているのですが、悲しいかな経済に疎い私は、思っているだけで具体的な問題提起ができません。

          韓国が経済成長を続けられるには、それなりの仕組みがあるはずです。そこには日本と米国が深く関わっているはずです。その構造を変えない限り、韓国は成長し、日本は慢性的な低成長にあえぎます。その仕組みを解明し、政界と財界が明確な意思を持って構造を転換しない限り、韓国の増長は続きます。

      2. 七味 より:

        だんな様

        北朝鮮の謝罪文ってよくわかんないですね♪
        長々と「不法侵入がいたので射殺した」って事情説明してるけど、対応自体は間違って無いって言ってるように思えるのです♪
        それで、韓国の事件への言動を非難をしてから、唐突にごめんなさいしてるのです♪

        >我々は、北南間の関係に明らかによろしくないことが我が方水域で発生したことに対して貴側に申し訳ない気持ちを伝える。
        ここの部分がなければ、その前の段落で書いてる「起きてはならないことが発生した」ってのは、「ちゃんと死体を回収せずに、韓国からの余計な憶測を招いた」ってことだって思うのだけど、そうすると「申し訳ない気持ち」には、ならないと思うのです♪

        それとも単に、「漂流者をよく確かめないで不法侵入者として射殺しちゃって、ごめんなさい」って言ってるのかな??

  18. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (なにしろ、朝日新聞と違って自分が間違う存在であると自覚しているので)
     (スレ違いかもしれませんが)本日の朝日新聞の社説(?)に、「安倍前総理は、外交で韓国を無視していた」と批判していましたが、安倍外交の対韓国政策は、「朝日新聞がしでかした慰安婦報道の後始末に翻弄していた」のではないでしょうか。朝日新聞社内では、もはや慰安婦報道は過去のことになっているのかもしれませんが、韓国が財団を解散したことなどから、すべての問題は解決していません。また菅義偉新総理の対韓国外交は、引き続き「韓国の北朝鮮への向き合い方への懸念」、そしてそこから波及する問題への対処など、当面の問題への対応になるでしょう。
     駄文にて失礼しました。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。