鈴置論考が示唆する「日韓関係破綻」の在り方

鈴置高史氏といえば、日本を代表する優れた韓国観察者であるとともに、深い学識を有し、優れた文章を執筆する人物でもあります。その鈴置氏が、いつになく刺激的なことを述べています。それは、「米韓同盟消滅には、韓国の核武装が伴う可能性が高い」、「日本人もそれを知ったら、韓国に対する姿勢を変えるだろう」、そして「米国以上に熱心に焦土化作戦に取り組むのではないか」、というものです。当ウェブサイトでかなり以前から展開してきた「日韓関係破綻論」の答えの一部が、おぼろげながら見えてきた気がします。

日韓関係はいかに破綻するか

日韓関係の「3つの落としどころ」

これまで当ウェブサイトでしばしば言及してきたとおり、著者自身は日韓関係について、常々、その最終的な落としどころは次の3つではないかと考えてきました。

日韓関係の「3つの落としどころ」
  • ①韓国が国際法や約束をきちんと守る方向に舵を切ることで、日韓関係の破綻を避ける
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ③韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する

というのも、日韓間には現在、自称元徴用工問題に始まり、対日WTO提訴問題、慰安婦合意問題、レーダー照射問題、前国会議長による現在の上皇陛下に対する侮辱発言問題など、未解決の問題がいくつも積み重なっているからです。

【参考】韓国で土下座するどっかの国の元首相

(【出所】韓国政府系ウェブサイトのブログ記事より。なお、写真と本文はあまり関係ありません。)

しかも、ここで極めて重要な点は、韓国が一貫して日本に対する加害者であり、日本が一貫して韓国に対する被害者である、という事実です。本来、韓国がやらなければならないことは、みずからが日本に対して与えた被害の回復、適切な謝罪、再発防止策の確約と実行(つまり①)です。

ただ、日本はこれまで、得てしてこれらの問題について、きちんと追及せずになあなあで済ませてきてしまいましたし、過去には有耶無耶のうちに終わってしまった問題も数多くあります(その典型例が、いわゆる「慰安婦問題」でしょう)。

そして、こうした過去の日本の態度は、韓国に対して「日本は押せば引く国だ」、「日本が相手ならば、どんなウソ、偽りを仕掛けても絶対に先方が折れてくる」という、奇妙な成功体験を植え付けてきてしまったのです。

実際、自称元徴用工判決問題でも、韓国側では依然として「日本が財団方式などで韓国に譲歩してくれるに違いない」といった間違った期待感が蔓延しています(昨日の『Q&Aで読む、「韓日は対話で破局を避けよ」の間違い』で触れたフォーラムなど、その典型例でしょう)。

その意味で、私たち日本国民は日本政府に対し、「今度こそ間違っても絶対に②の選択肢を取るな」と圧力を掛けていく必要がありますし、また、一部の経団連所属企業などを中心に、ビジネス上の理由で韓国に無用な譲歩を図ろうとする企業が出現することを牽制・監視しなければなりません。

日韓関係破綻に備える

ただし、国際社会においては「相手を変える」ことなどできませんし、私たち日本の側から韓国に対し、「国際法を守れ」と強要することもできません。国際法を破るというのが韓国の選択なのだとしたら、それは彼らの選択として尊重してあげなければならないのです。

だからこそ、韓国が①の選択を取らず、また、日本が②の選択を取らなければ、最終的には③の選択しか残されていない、というわけです。

もっとも、最終的に③の帰結に至る前に、日韓関係破綻の瀬戸際になって、韓国が突如、一部の問題で①の選択をするという可能性は十分にあります。というのも、韓国はウソツキ・瀬戸際外交に代表されるインチキ外交が大得意であり、本当の破綻の間際でうまく方針転換できる狡猾な国だからです。

この場合、日韓関係の破綻はギリギリで避けられるわけですが、このような結論、なんだかスッキリしません。ウソツキ・インチキ外交を繰り返してきた韓国と、今後もこんな気疲れするやり取りを続けなければならなくなるからです。

【参考】韓国や北朝鮮が大好きな5つのインチキ外交
  • ①ウソツキ外交…あることないこと織り交ぜて相手国を揺さぶる外交
  • ②告げ口外交…国際社会に対してロビー活動を行い、相手国を貶める外交
  • ③瀬戸際外交…協定・条約の破棄、ミサイル発射、資産売却などの不法行為をチラつかせる外交
  • ④コウモリ外交…主要国間でどっちつかずの態度を取り、それぞれの国に良い顔をする外交
  • ⑤食い逃げ外交…先に権利だけ行使して義務を果たさない外交、あるいはドロボー外交

したがって、『日韓関係を「自然消滅」させるというアイデア』でも述べたとおり、日韓間の膠着状況に関しては、日本側からは積極的なアクションを取らず、あえて戦略的に無視・放置し、韓国が国家破綻の瀬戸際に来たときに、わざと助けず見殺しにする、という選択肢が浮上してくるのです。

積極的放置+消極的制裁

もちろん、『米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由』でも報告したとおり、米中対立局面が深まってくるなどすれば、韓国が「コウモリ国家」としての本領を発揮し、日本に対してもよからぬ影響をもたらす危険性は否定できません。

ただし、あくまでも現状においては、韓国が仕掛けてくるさまざまな瀬戸際外交については、ときどき適度に牽制しつつも戦略的に放置し、消極的経済制裁やセルフ経済制裁、サイレント経済制裁などを仕掛けるタイミングを図る、というのが、対韓外交としては合理的です(「最善」とは言いませんが…)。

つまり、最終的には上記「3つの落としどころ」でいう3番目の「韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を一歩も逸脱しない状況が続き、やがては日韓関係が破綻に至る」というのが、日韓関係の未来としては不可避なのかもしれない、というのが、現時点における当ウェブサイトなりの考え方なのです。

日韓関係破綻は米韓関係破綻とセット?

では、「やがては日韓関係が破綻に至る」というのは、いったいどういう状況を指しているのでしょうか。

これについてはさまざまな可能性がありますが、ひとつの重要なヒントがあるとすれば、日韓関係はそれ単独で議論すべきものではなく、いまや米韓関係の付属物になり果てている、という考え方です。ということは、米韓関係が破綻すれば、自動的に日韓関係も破綻する可能性が高い、ということです。

そして、その米韓関係(米韓同盟)の先行きが暗いという点に関しては、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が、2018年10月に刊行された名著『米韓同盟消滅』のなかで、すでに指摘している点でもあります。

【参考】『米韓同盟消滅

(【出所】アマゾンアフィリエイトリンク)

ただし、鈴置氏の「予言」には、ひとつの大きな問題点があります。それは、「方向性」を読むことはできても、その具体的な時期まで特定することは難しい、という点です。米韓同盟がなくなるのは明日かもしれませんし、10年後かもしれません。

(※もっとも、これは「鈴置氏の」問題点というよりは、そもそも「評論という行為に内在する」問題点です。鈴置氏以外の誰がやっても、この「具体的な時期」の予測が難しいという点は変わりませんが…)。

鈴置氏の警告

韓国の「敵対国化」をおそれよ

そして、韓国が名実ともに日本の「敵対国」となった場合には、その距離的な近さから、日本にとってはさまざまな意味で深刻な脅威をもたらします。

軍事衝突のリスクもさることながらも、今まで以上に日本の技術が盗まれるかもしれませんし、かつての半導体産業のように、韓国のなりふり構わぬダンピング、為替安誘導政策などによって産業ごと潰され、韓国に奪われる、という事態が生じるおそれもあります。

そして、安全保障と経済はセットでもあります。

いままで日本が韓国に貴重な技術を惜しみなく提供してきたのも、また、何を血迷ったか、2004年から2019年まで韓国を輸出管理上の「(旧)ホワイト国」に指定していたのも、結局は韓国が日米同盟と米韓同盟を通じた間接的な同盟相手国だったという事情があったことは間違いないでしょう。

もしも名実ともに韓国が敵対国となるならば、技術漏洩は全力で防がなければなりません。

日本政府は昨年7月、韓国に対する輸出管理を強化し、韓国は「(旧)ホワイト国」(現在の「グループA」)構成国ではなくなりましたが、それでも依然として「グループB」という優遇措置を受け続けています。

なぜ日本がいまだに韓国を「グループC」以下に下げる、「グループK」を設けるなどの措置を講じていないのかはよくわかりませんが、もし米韓同盟が消滅するならば、いずれこのあたりについても大きな地殻変動が生じざるを得ないでしょう。

鈴置氏の最新稿「韓国の核武装と焦土化」

さて、鈴置氏といえば、現在、『デイリー新潮』というウェブ評論サイトに『鈴置高史 半島を読む』という連載シリーズを持っていますが、待望のその最新稿が昨日、公表されています。

米中対立激化で韓国「二股外交」の限界 国論分裂の先には「核武装」?

中国におべっかを使うのをやめて米国側に戻るか、逆に米国との同盟をうち切るか――。米中対立が日増しに厳しくなる中、韓国の国論が分裂した。韓国観察者の鈴置高史氏が展開を読む。<<…続きを読む>>
―――2020年7月28日付 デイリー新潮『鈴置高史 半島を読む』より

文字数で8000字弱、ウェブページで4ページに及ぶ長編であり、かつ、古代ギリシャ史なども引用するなど、非常にレベルが高い議論ですが、いつもながら文章自体が平易であることに加え、実例も豊富でわかりやすく、読みやすいことこのうえありません。

(その全文を当ウェブサイトに転載することはしませんので、ご興味がある方は是非、リンク先記事を直接お読みください。)

ここではリンク先記事の前半部分で、個人的に気になった部分をいくつか紹介します。

「中立」はアテネが望む答ではない。「我が方でなければ敵」なのだ

これは、月刊朝鮮2020年7月号に掲載された論考で、紀元前のペロポネソス戦争の最中、アテナイとスパルタの間で中立を維持しようとしたミロスをアテナイが滅ぼした際の、アテナイの行動を分析したくだりを抜粋したものです。

アテナイとスパルタは米中両国、ミロスは韓国、といったところでしょうか。

ただ乗り外交の典型例

当ウェブサイトでは、韓国の「5つのインチキ外交」のひとつに「食い逃げ外交がある」と申し上げてきましたが、じつはこの「食い逃げ外交」、鈴置氏が過去に真田幸光・愛知淑徳大学教授と対談した際に出てきた用語を、当ウェブサイトが拝借して使わせていただいているものです。

この「食い逃げ外交」、言い換えれば、まさに「ただ乗り外交」なのですが、この場合は「米国の軍事力によって平和と繁栄を享受しながら、米中等距離外交を堂々と実践してきた」という韓国の外交姿勢のことを示しています。

米国が韓国経済を滅ぼす際は、日本も加勢する

鈴置氏によると、麗澤大学・客員教授の西岡力氏は2017年、米国の安全保障関係者から「我々が韓国から出ていくときは、韓国を焦土化してからだ」と聞かされたのだそうです。米韓同盟消滅時には中国が韓国の経済資源を利用できないよう、徹底的に破壊しておく、という意味でしょう。

韓国で始まった「米国回帰」論

こうしたなか、今回の鈴置論考では、韓国国内で「米国に回帰しよう」という主張が出てきた、という話題も出てくるのですが、このあたり、あくまでも個人的な理解に基づけば、韓国国内の「保守派」のあいだで、米韓同盟消滅への危機感が強まっている証拠だといえなくはありません。

鈴置氏によると、中央日報の7月15日付の『<韓中ビジョンフォーラム>「懸案ごとに米国か中国か選択しなくては…国益がカギ」』という記事は、タイトルと裏腹に、じつは「米国回帰」を主張したものだと指摘しているのですが、それだと、記事のタイトルと意味が全く異なります。

これについて鈴置氏は、こう述べるのです。

鈴置:そんな発言をした学者は中国から狙い撃ちされます。この記事の見出しが内容を誤解させるものなのも、そのためと思います。

見出しだけを読むと明らかに「米中二股外交の勧め」ですが、鈴置氏によれば、これは「どんなささいな問題でも、米中のどちらかを選ばざるを得なくなった」という趣旨であって、「ケースごとに対応すればうまくいく」という意味は含まれていないのです。

おそらく、このような状況自体、韓国がすでに中国の影響圏に入りつつある証拠でしょうし、また、韓国において左右両派の対立がいかに深刻であるかという証拠でもあります。

ハンギョレ新聞主著の真意は「日本」ではなく「米国」?

さらには、当ウェブサイトでは『韓国メディア「日韓の戦略的利害はもはや一致しない」』で紹介した、韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に7月15日付で掲載された『[キル・ユンヒョンの新冷戦韓日戦]「昔の良き時代」になぜ戻れないのか』を巡って、鈴置氏はこう指摘します。

『日本』を『米国』に置き換えても、この記事は完全に成立します。それどころか『米国』とした方がよりフィットします。中国との新冷戦を戦う主戦投手は米国なのですから。

このあたり、鈴置論考の歯切れの良さは、さすがですね。

さて、ほかにも気になる記述はたくさんあるのですが、韓国が米中二股外交のツケを支払わされ、米国、中国の双方から同時に殴られた場合、日本にとっては由々しき事態が生じかねません。

それが、「韓国の核武装」なのです。

――米中双方から「ボコボコ」に。韓国人はどうするのでしょうか。

鈴置:核武装する可能性が高い。多くの韓国人が、核さえ持てば周辺国からなめられない、と考えています。韓国のネット空間では、米中板挟みに陥るたびに核武装論が語られてきましたし、今また、そうなりました。

このあたり、いまだに平和ボケから冷めやらない人たちなどは、「荒唐無稽だ」と笑うかもしれません。いまから30年前に「北朝鮮が核武装しようとしている」と述べたときにゲラゲラ笑っていた人たちがいたほどですから。

しかし、インチキ外交しか取り柄がない小国が考えることは同じであり、ましてや相手は北朝鮮と同族の韓国です。できることならば明日にでもウラン濃縮を始めようとするかもしれませんし、なまじっか経済制裁を受けていないだけあって、その気になれば材料自体は整えられるでしょう。

(もっとも、NPT体制を甘く見ると痛い目にあうかもしれませんが…。)

核武装と焦土化

さて、鈴置論考は次の文章で締めくくられています。

鈴置:米韓同盟消滅には、韓国の核武装が伴う可能性が高い。日本人もそれを知ったら、韓国に対する姿勢を変えるでしょう。米国以上に熱心に焦土化作戦に取り組むのではありませんか。

もちろん、この鈴置氏の指摘は、「いざ韓国が核武装に踏み切るならば」、という前提条件がつきますが、それでも日本が北朝鮮の核武装の脅威を国際社会に訴え、国際社会を動かしてきたことを思い出すまでもなく、まったくそのとおりと言わざるを得ません。

また、現時点において、少なくとも韓国政府が(NPT体制の監視をかいくぐり)核武装に踏み切ろうとしているという兆候は見られませんが、ただ、韓国がその技術や資源をすでに持っていて、かつ、ミサイルなどの運搬手段も整えているという事実は看過できません。

ありもしない歴史問題を捏造して日本を貶めるだけでなく、日本列島に核兵器を打ち込む下品な小説が100万部も売れたりするようなお国柄でもあります。そんな国を、輸出管理上の「グループB」に据え置くということ自体、なかなかチャレンジグな話でもあります。

いずれにせよ、冒頭で申し上げた「日本が原理原則を譲らず、韓国が不法行為をやめないがために、何らかのきっかけで日韓関係が破綻する」という際のシナリオのひとつが「日米による韓国に対する経済焦土化作戦」だとしたら、それはそれで致し方ないのかもしれないと思う次第です。

読者コメント一覧

  1. その辺の人 より:

    韓国は核武装する気満々。日本に対して今まで以上に傲慢になります。

    1. 海コン より:

      その辺の人 さま

      半島を統一すれば、北が持ってる核をタダで自由に思い通りに使えて世界に尊敬される大国になれるという妄想だけで今は成立してるんだと思います。実際、今日、南朝鮮で核兵器開発を行ったとしたら、北は全力で妨害にかかるでしょう。しかし、核兵器原料の輸送に必要な高規格の容器さえも自国で作れず、全て日本に頼っている国が出来るわけないでしょうし。朝鮮半島さんの妄想に付き合う必要はないと思いますし、ウォッチしてるだけで今のところは充分でないでしょうか。

    2. 泥酔者 より:

      中共が米に屈すればコウモリSKは経済でそこそこ焦土化されませんかね?
      かなり価値が下がると思うんですが

  2. イーシャ より:

    焦土化の準備は着々と整いつつあります。
    去年の今頃や今年の初めには「韓国の実体経済がボロボロになってからにして」と言い続けてきました。
    今では、No Japan による疲弊に武漢肺炎禍が加わり、韓国では財閥企業も下請企業も倒産の危機にに瀕しています。
    でも、もう少しだけ待ちたいですね。倒産した企業の設備が屑鉄として処分され、立て直しができなくなるまで。あと数ヵ月でしょうか。
    その頃には、財閥が溜め込んだ外貨も個人のドル預金も全て接収され、ドル・ウォンチャートは片対数で表示したくなるでしょう。ワクワク。

  3. ボーンズ より:

    更新ありがとうございます。
    流れ的には妥当な線と言えますが、使える核を開発できるかという点については非常に微妙ではないかと考えております。
    (韓国の核開発自体は米国に見つかって怒られている前科があり、それ以後核兵器関連技術に対する縛りが厳しくなっている)

    というのも、兵器の開発は韓国が最も不得意な分野(創造できない)ですからです。最終的には核実験により設計の妥当性を検証する必要がありまして、それは地下核実験となります。
    当然地下核実験の準備には時間と手間が掛かりますので、先ず準備中にバレますし、バレたら本当の制裁(北朝鮮と同レベルになるのでは)が待っております。

    ぶっつけ本番で未完成品を使う可能性はゼロとは言えませんが、その場合ダーティーボムとなる可能性が高いので、開発費用に対する効果としてはとても悪いものになります。
    (ダーティーボム自体はペイロードの大きいミサイルがあれば直ぐにできますので)

  4. 迷王星 より:

    韓国が核武装に着手したらしいとなったらば、日本としては何としてもアメリカを説き伏せて日米合同軍で韓国の核開発施設を空爆して破壊することが絶対に必要ですね。

    韓国に核兵器なんてことになれば、キチ●イに刃物どころの騒ぎではありませんから。

    1. 元左派系?の初老 より:

      迷王星 さん、現行の米中日の関係の中で米を説得する政治層がいるのでしょうか?
      (無論必要なのですが)
      ちょっとずれますが、下記報道やサイト等を観て、韓国対応より遥かに重要で厄介な対中共施作についての不安の度合いが大きくなりました。
      疑う気持ちもありましたが、この点だけは安倍政権は裏切らないだろうと思うようにして来たのですが、無知な勝手な思い込みだったの様です。
      安倍さんの最側近である今井秘書官兼補佐官が、二階と並び政権内最大の親中派であると、知りませんでした。(一帯一路、AIIBでの融和対応主導等、尖閣や沖ノ島対応でも最低限の対応助言か?)
      米中対決の中、国務省支援のCSISが、今井氏が長年の親中派とされる自民党の二階俊博幹事長と連携し、「二階・今井派」として首相に中国への姿勢を融和的にするよう説得してきたと報告しているそうです。
      石破を除いても、力がありそうな自民人は皆親中の様に見えるし、経済界も?だし、気が滅入っています。
      また、ポンペイオさんの、キッシンジャーからの中共融和策の失敗と施作方向の変換発表も遅すぎですが、米国の対日本対応は、安全保障含め変わっていくのでしょうか?
      米国の対中対応が、バイデン政権に(スーザンライス入閣?)なったとしても変わらないのかという深刻な懸念もありますが、本報告を受けた米国に対して今後どう対応するのでしょう?

      数十年前とは異なり、中共の清朝後期の単なる復讐とも観える他国への尊重無き共有出来ない行動を、多くの日本人も知っています。
      我々より1〜2世代若い世代の覚醒に期待するしか無いのか?それとも、たかだか数人?の親中派の権力層にまさかの行動が出来る筈も無くマトモな権力層もいるはずだと期待するしか無いのか?
      やはり、無力な一国民として不安は消えません、絶望感/諦め感は持ちたくありませんが。

      追:橋下徹にも勝手な思い込みをしてました(親中や親韓とは程遠いとの思い込み)。
      日本に、頼りになる反中共のまともな政治家はいるのでしょうか?麻生さん?自民の中堅層の誰か?

      グダグタとまとまりの無い内容、失礼致しました。

      「情報源」
      *首相側近を「対中融和派」と名指し米有力研究所 古森義久
      7/27(月) 18:13配信 産経新聞
      *草莽崛起ーPRIDE OF JAPAN
      *フジテレビ「日曜報道THE PRIME」(2020/7/26)ー櫻井、宮家、橋下徹の中共対応についての討論ー橋下は韓国の様に二股で行けと?
      (FC2 正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現)

      「今井補佐官の親類情報」
      叔父は日本製鉄の現名誉会長で、財団法人日中友好会館理事と財団法人日中経済協会名誉顧問で、日中経済協会の中核人物。同協会は財界の親中派の集まり。中国との経済関係を強化しようとする牙城。

      1. 迷王星 より:

        私のコメントはあくまでも日米韓の文脈において日本の国益(安全保障)のためにアメリカを説得すべきだという意味ですが、そうではなくて日米中の文脈においてアメリカを説き伏せて行動させるためるには、日本の国益や安全保障が重要な脅威にさらされる云々以前の問題として、米中対立における日本のスタンスを明確にすること、つまり日本は共産チャイナでなくアメリカを全面的に支持しそちらに付くというのを言葉だけでなく外交行動や国内政策(5Gでのチャイナ企業排除や人民解放軍のスパイの可能性のある共産チャイナ国籍の研究者や留学生などを取り締まるためのスパイ法制などの整備)で証明することが最低条件ですね。

        ですから銭ゲバ経団連の連中のように共産チャイナでの金儲けのために共産チャイナとの決定的な対立を避けるべきだというような生温いスタンスでは韓国と同様に日本もアメリカからの信用を失うだけなので今後の国際社会ではNGですね。

        ですからアメリカを説得できる政治家が日本に存在するかどうかの問題でなく、日本が国全体として共産チャイナよりもアメリカに付くという決断を行動で示せるか否かの問題です。

        他方、ドイツやイタリアに代表されるEUの大陸諸国の何ヶ国かは対ロシア以外には用のないNATOという形でのアメリカとの同盟関係やお題目としての基本的価値(人権や自由主義など)の尊重よりも共産チャイナから得られる経済的利益を重んじるということかも知れません。ドイツはナチズム、イタリアはファシズムで燃え上がった国民性ですから、そういう彼ら民族の血が再び基本的価値を軽んじる方向へと国を動かしつつあるのかも知れません。

        ドイツやイタリアが基本的価値を軽んじてアメリカよりも共産チャイナの経済力を選択する時、欧州大陸諸国の中のもう一つの大国であるフランスがどうするのか?経済を重視してフランス革命の理念と完全に対立する共産チャイナ側に付くのか、それとも理念を優先して米英のアングロサクソン同盟つまり日豪も加えた海洋同盟側に付くのか? オランダとか北欧諸国はNATOを重視して海洋同盟側に付くと思いますが。

  5. 七味 より:

    鈴置氏自身の論説は首肯できる反面、ちょっと深読みし過ぎなのかなって思うのです♪

    >鈴置:そんな発言をした学者は中国から狙い撃ちされます。この記事の見出しが内容を誤解させるものなのも、そのためと思います。

    とのことなのですが、仲間内て伝われば良いものなら符丁もありだと思うのですが、一般向けの論説だと読者に伝わらないと思うのです♪
    仮に真意が鈴置氏が言うものであっても、真逆に見えるものを発表すれば、そのように受け取られるだけだと思うのです♪

    だから、鈴置氏の分析が正しいとすると、中国の韓国への浸透は相当に進んでいて、保守派ですら離米しか選択できなくなってるってことだと思うのです♪

    : ( ºωº ;):ちょっと怖いのです

    1. 円周率 より:

       七味様

       10年ちょっと前まで、3,4年間ほど、ソウルの某有名大学にて工学系のゼミを担当していました。年に3回ほどです。いつも宿泊していたロッテホテルでは、ロビーで中国人客が我が物顔で、ワイワイと話しておりうるさかったことが印象に残っています。
       あるとき、私を招聘してくれたソウルの大学教授に、その話をしました(日本のメディアでもたまに名前を見かける、国際政治の教授です)。そして、「韓国の人たちは、中国人観光客のことをどう見ているんですか?」と聞きました。

       すると彼は、うつむいたまま「中国は怖いですねぇ」とつぶやきました。中国人観客のマナーについて聞いたつもりだったのですが、回答が”国家としての中国”だったことが、あまりにも意外で、いまも耳に残っています。それほど韓国人の知識層にとって、中国の脅威はしみこんでいるのではないでしょうか。
       鈴置氏の今回の論考を読んで、そのときのことを思い出しました。とくに、4/2ページの「そんな発言をした学者は中国から狙い撃ちされます」は、あの教授のつぶやきを、まざまざと思い出させる言葉でした。

  6. 凱方楠 より:

    アメリカ以上に中国が隣国の核武装を許容するとは思えません。
    北朝鮮の核武装についてもあくまで中国の許容限度内、すなわち実戦投入レベルにないからこそ許されているのでしょう。
    私の認識では韓国は中国の自治区であり、日本がアメリカの傘の下にあるように韓国は中国のそれにあるのだと思います。西側の兵器体系を備えていてさえ、かつて外洋海軍を備えた試しのない彼の国が通商防衛には過剰なイージス艦を備え空母建造構想に進んでいるのは中国海軍の先鋒としての役割を期待されているのではないかと危惧するところです。
    元寇然り、日本帝国然り、ベトナム然り、歴史が示す通り、韓国が牙を剥くのは他国の属国化し、その先鋒を担う時にあります。注視すべきは彼らが史上初の民族自治を志向する場合でなく、西側諸国の一員としての立場を公然と捨てる兆候にあるのではないでしょうか。

  7. 匿名 より:

    日韓関係は③になるけど破綻しない、のではないかと思う
    日本は大して制裁しない、出来ないのでズルズル行くだろうと
    米韓同盟が無くならない限り

    また韓国が中国側に言ったら行く場合には、経済だけでなく国土も焦土化する必要があると思う
    設備が無事であれば、中国の資金力があれば簡単に復興出来てしまうだろう
    アメリカ軍は撤退する際には北朝鮮をけしかけるべき
    そうでなければ若干毒入りであるけど敵に塩だけでなく米やおかずまで送ることになる

  8. 愛知県東部在住 より:

    実現できる可能性がどれぐらいあるかどうかは分かりませんが、一般の韓国人が核保有を如何に望んでいるかを知ることのできるサイトがあります。

    暇つぶしに時々覗くことのある「カイカイ反応通信」という韓国の掲示板を翻訳したサイトですが、一般の韓国人がどのように時事問題を受け止めているのかを知るには割と便利な所ではあります。直近では以下のような話題で盛り上がっていました。

    「北朝鮮の挑発で徐々に火がつく韓国核武装論…元ソウル市長も加勢=韓国の反応」 2020年月20日

    http://blog.livedoor.jp/kaikaihanno/archives/56882651.html

    政治家でもなくメディア関係者でもない、ごく一般の韓国人達がどれほど核兵器を欲しているのか、否欲しているというよりももはや渇望しているかの如く熱く語り合っています。(笑)

    もちろんこの日だけに限らず、核の話題になると必ずこの「核保有願望」が韓国人たちに熱く語られているのです。

    彼らは我々日本人とは違って核保有に対するアレルギーが殆どないようです。むしろ保有することは正しい権利だと考えているのでしょう。彼らが北との統一を望む動機の中には、そうなれば北が持っている核を自動的に入手できるからという理由も当然含まれている事と思います。

    そして保有した以上それを是非とも日本に対して使いってみたいという困った欲望を抑えられないのが彼らなのです。新宿会計士様がご指摘された『ムクゲの花が咲きました』はそうした韓国人の欲望に火をつけた小説でした。読者人口の少ない、また総人口が日本の約4割という韓国で100万部という空前の大ベストセラーとなったのには理由があるワケで、1995年に実写化されたこの荒唐無稽な反日映画は、数々の賞を獲得しています。

    当時は韓国に対してあまり関心がなかったのですが、後年このことを知り些か愕然とした記憶があります。但し愕然としたという気分の中には「脱力感」も相当量含まれてはおりましたが。(笑)

    1. j より:

      「ムクゲの花が咲きました。」
      ソフトバンクの犬のCM。
      もっと大々的に報道すべきです。

      それをしないのは、韓国勢力がマスコミにかなり入っているなかとおもいました。

      「遺憾」から「決定的」にレベルが上がりました。

      あとは、行動にレベルが上がって欲しいです。

      危険な敵国なのは、やってきている事を見れば一目瞭然です。

  9. 越後屋お虎 より:

    韓国にはロシアという選択肢もある

    韓国が中国を選べば、中華帝国朝貢国の序列として北朝鮮よりも下位におかれる。それをよしとしない韓国人は多いと思う。
    いまのロシアは、核技術・ロケット技術・防空技術などについては突出しているが、それ以外は国防・民生、いずれも産業としてみすぼらしい。グレードダウンした武器と石油・天然ガス・貴金属宝石くらいしか輸出品がない、そんな荒れ果てた国になっている。

    ロシアは中国との国境紛争を領土折半で解決したが、こんどは中国が19世紀中葉の不平等条約改正を盾に、極東沿海州の土地をとりもどそうとしている。150万平方キロ(日本の約4倍)という広大な地域。
    ロシア軍は極東軍区で1個師団を増強したが、これは中国軍への対抗措置。

    仮に韓国がロシアの保護下に入れば、核の傘が得られるし、ロシアと親しい国々にはこれといった産業国がないから、1.5憶人の市場を得る可能性が生まれる。アメリカ帝国朝貢国の序列では日本よりも下位にあまんじなければならないが、ロシア帝国朝貢国となれば、筆頭になれるかもしれない。

    これが実現すると、1880年代の地政が復元することになる。韓国南部にロシア海軍が常駐するわけだ。

    1. カズ より:

      たしか、現代自動車がロシアで大きな幅を利かせてましたよね。

      日本としても、日本海の脅威の数だけで考えるのなら、中国よりはロシアの方がマシのかもです・・。

      1. 越後屋お虎 より:

        ロシアでの現代デーラー網を立ち上げたのは、日本の某総合商社ですよ。いまは会社を売却したのかな。たしか経営計画説明書に書いてあった。

        日本の外交の自主独立は北方領土解決から始まるんです。安部総理もそれがわかっているから、ひところ頑張りましたね。解決は、日本に復帰させるのは歯舞、色丹。これが日ソ共同宣言の主旨です。
        色丹にいるロシア人には、日本人になるのか、在日ロシア人になるのかを選んでもらう。

        ロシア人にはおおらかな性質の人が多く、シベリア出兵という日本の侵略は学校で習っていて、第二次大戦末の対日宣戦布告はそれへのカウンターだと思っている。
        ドイツのやり方が参考になるのかな。
        将来、ロシアにガス代を支払って、中国にロシアを牽制させ、アメリカ資本を極東沿海州に進出させる手伝いをする。なにやら1905年のポーツマス条約直後(小村寿太郎のよこやり以前)と似るけど、これが正解なのかなーと。

    2. 福岡在住者 より:

      越後屋お虎 様

      >韓国にはロシアという選択肢もある

      ロシアは韓国と同じようなGDPでして、韓国メディアでは「ロシアは資源頼みの国」と下に見ている風潮もかつてあったような、、、。

      上か下で判断する(動物的)民族が ロシアを選択する選択肢は限りなく0だと思います。

      佐藤優さんは昔(「自壊する帝国」を出した頃-大昔ですね) モスクワはウラル山脈より東は国民感情として 国内情勢と思っていないと書いていました。 現在は少しは違っていると思いますが、劇的変わっているのですか?(ロシアの事情)

      朝鮮は 恨みつらみの両国ですが、南が摺りよるには 少し難しいのではありませんか?

  10. 越後屋お虎 より:

    目の前で起きている韓国への技術流出

    ブリヂストンの元技術系幹部が、韓国のハンファタイヤの副社長にスカウトされた。氏の開発した技術は、個人財産ではないはずで、ブリヂストンとしては技術流出を全力でふせがなくてはならないのだが、これはどうなっていくのだろうか。当事者企業、政府、日本のメディアや民意とやらが、どうするのかしないのか。

    1. namuny より:

      それは、ブリジストンが特許をきちんと韓国に出してあれば問題はないですし、出していないならブリジストンの手落ちです。

    2. 匿名 より:

      中央日報の記事はブリヂストンからスカウトしたように書いていますが、ヤマハに転職して今年3月にパワハラでクビになった人ですよ。
      https://www.tokyo-np.co.jp/article/17460

  11. 越後屋お虎 より:

    アメリカ軍産複合体は、これからでかいビジネスができる

    中国との覇権争いは、バイデンが大統領になってもやめられないかもしれない。アメリカにとってでかいもうけチャンスができたから。

    韓国が本格的なミサイル開発に着手できるようになったから、日本を含めてローカルな軍拡にもはずみがつく。すでにいずも空母化など、たいして役に立たない軍備に大金が投入されはじめている。防衛庁というよりも官邸主導・安部総理と、その子分・小野寺さんの暴走ですね。
    弾道ミサイル迎撃は、「まぐれあたり」以上の成果は期待できない。これから進路可変ミサイルが普及していけばなおのこと。防衛の王道は「敵基地打撃能力」であって、ようやくそういった議論ができるようになったが、ずいぶん遠回りして無駄なお金をつかったものだ(アメリカへの武器ローンは2兆→5兆へ急拡大)。

    中距離戦力は、アメリカ本土への脅威とはならず、ひたすら関係国防企業のもうけに寄与する。アメリカは賢い国で、レーガン時代に600隻海軍構想を打ち出したが、費用過大とみるや、すぐにとりやめる文民統制ができている。これができずに国をほろぼしたのが、1980年代のソ連、1930年代の日本。さて、賢明な選択をしてくれるといいのだが。

  12. 一国民 より:

    韓国は、これまで掲げてきた自由民主主義の仮面を自ら剥ぎとったわけですから、北朝鮮などと同じならず者国家、ヤクザ国家として生きていくしかないでしょう。それが彼らの本性でもあると思います。
    嘘とねつ造もさることながら、相手の力(武力等)が同等以下とみれば脅しすかしをする、彼らの最も得意とするところです。

    いずれにしても残虐な民族ですから、一旦核兵器を手にしたら、もはや手に負えなくなるでしょう。
    その狙う相手は、北でも中国でもなく、我が国であることは明らか。
    千年たっても消えないという”恨み”をはらそうとするはずです。
    稼ぎまくった戦時売春婦(慰安婦)に向かって安倍総理が土下座させられる像を造って気勢を上げる連中です。

    我が国としては、そうした半島民族の危険性を踏まえ、核武装に踏み切るしかないと思います。思います。

  13. りょうちん より:

    何度か書いていますが”焦土化作戦”と言うのは実に誤用を招く造語だと思います。
    歴史的に”焦土作戦”というものがあり、まったく意味が違います。
    もっとも、韓国の経済がもともと自陣営が所有する資産であり、放棄する前に焼き尽くすという認識で使用するなら、ギリギリ正しい用法かもしれませんが。

    ちなみに”焦土化作戦”をクォーテーションを付けて厳密にググると、
    https://www.amazon.co.jp/dp/4915924874
    済州島四・三事件〈第4巻〉焦土化作戦(上)

    という書籍くらいしか引っかかりません。
    済州島四・三事件は、単純な大量虐殺事件なので(その後済州島を国土として敵に渡したなら歴史的に正しい意味)今回の「誤用」に近い意味合いで使用しているようです。

    まあ文句なら鈴置氏に言えと言われてしまえばその通りw

    1. はにわファクトリー より:

      焦土化作戦は煽情的な単語と当方も思います。ですがその言葉は彼が作ったのではない。鈴置氏はジャーナリズムの王道を巧妙に実践している。人の口から出た言葉を伝えているだけです。

      1. りょうちん より:

        本来的な意味なら、造語をする必要なく、単に「焦土作戦」と言えば済む話なのです。
        「焦土作戦」で充分、インパクトの強い言葉です。

        娘の歴史学の宿題で、「三光作戦」なるパヨク用語が出てきましたが、これは「焦土化作戦」のような偏向したプロパガンダ用語です。

        1. りょうちん より:

          書いてから思いましたが

          「焦土化作戦」

          は偏向とまでいうのは語弊がありますね。
          インパクトを重視したプロパガンダ造語なのは間違いありませんが。

          「三光作戦」「民族浄化(エスニッククレンジング)」の類とはやはり違うと思い直しました。

        2. なにやら「卑下」の誤用に似てますかね。
          単純に「焦土化」と言っておけばよいような。

          しかし今時のナイーブな若者に「三光」を「摺りこもう」などとは極悪な奴ですね。
          確かに少し危ないかも・・・(元記事のことです)

  14. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    韓国の核武装は日本への核兵器の使用を必然的に伴う。
    当方はそのように考えています。
    韓国人サイドから見れば日本がアメリカの下位に位置するのは核兵器の使用によって戦争の敗北を刻まれたからと考えているのではないでしょうか。

    つまり韓国が日本に自己の上位を刻み込み、日本と韓国の対立に自分たちが戦勝国であることを刻み込む為に戦術核兵器の使用を行うのではないでしょうか。

    核兵器を獲るために赤化統一を受け入れて金王朝を外国勢力の介入で打倒した上で核兵器を日本に使用して日本の上位存在を確定させたら日本から徹底的に富と技術を収奪して発展する戦略をムンムンは描いていると思いますよ(笑)。

    自称外交の天災の名前の通りに失敗すると思いますが(笑)

    以上です。駄文失礼しました。

  15. 雪国の会計士 より:

    没落する韓国を生暖かく見守るだけでなく、我々一般の日本人も出来ることがあると思います。

    ・もっと中国寄りにさせる
    韓国の赤化はあくまでも韓国が望んだ体で実現させた方が後でうるさくなくていいので、中国との関係強化を進める意欲を持たせたい。
    いいなぁ、韓国兄さん。中国父さんと仲良くできてネタを色々提供しましょう。
    二階センセイの発言も上手く切り取って発信したり、中国マーケットの成長性を羨ましいと言ったり。
    自治区や香港の話はしなくていいので。

    ・日本移住させない
    面倒な用日の連中が移住しないよう、日本下げも大切。
    日本で苦労したとほざく、在日の方々の苦労話や韓国人が風評流した日本での冷遇の数々をねんごろに周知しましょう。

    ・敵対化に備える
    敵対化で人、モノの流れが悪くなります。
    気がつかないうちに利用してた韓国製品、サービスはありませんか?なくなる前提でどうすべきか、考えたいですね。
    カネの面では、取引先で韓国に拠点がある会社もこれからどうなるのか、よく予想したいとこ。
    情報の面では、風評とサイバーテロ。

    面倒くさいけど、備えたいですね。

  16. 釣り師 より:

    結局のところ、「南は核が欲しい」これに尽きる。

    ・南で独自に持つ=国際的な制裁が怖くて出来ない。
    なので、、
    ・北と仲良くして、「民族の核」を持とうとしている。
    その準備として、
    ・戦略物資の横流し。
    ・SLBM発射可能な潜水艦などの製造。
    ・北の制裁を、のらりくらりとかわして支援しようとする。
    などなどやってるんじゃないですかね?
    こういう南北強調した動き、ウラで密約があると思います。

    やはり「北の核」を潰さないと、半島は核を持ってしまうと思われます。

  17. だんな より:

    韓国が敵国化するという話が、時代遅れか、認識の誤りでしょう。
    韓国は、出来た時から日本を敵国だと、考えていると思います。
    韓国人の小学生が、描いた絵を見れば、南北共に日本を敵視する教育をしていることが、分かると思います。
    韓流ドラマだ、KPOPだで、韓国に好意を持っている人は、敵国のステマに騙されているんだと、自覚した方が良いと思います。まあ、ある意味洗脳されているんです。
    http://no-korea.com/gazo/0420130101.html

    1. j より:

      これからは、これを大きく報道しましょう。
      正真正銘の反日教育です。

  18. 越後屋お虎 より:

    欲張った日本、欲張らなかったドイツ

    ソ連が崩壊した1991年、たまたまモスクワに短期駐在していたが、その後におきたこと、ドイツ、日本は対照的だった。
    ドイツは東独併合に全力で向かい、旧領土を全て放棄し、大金を費やして実現した。旧領土とは、たとえば現在のカリーニングラード、昔のプロイセン王国発祥の地、日本でいえば「国のまほろば、やまと」に比定できる。イギリス、フランスあたりの妨害工作もあったようだが、ドイツは外交の制約をなんとかふりきることができた。
    他方、日本は北方領土で欲張った。日ソ共同宣言に従うなら、日本が求めるべきは歯舞、色丹に限られるのだが、あのころの「4島一括返還論」とは、アメリカが子分である日本外務省を動かしたキャンペーンに他ならない。そして、今に至るもなんら解決していない。

    ソ連崩壊を機にドイツは真の独立国になり得たが、日本はいまだにアメリカ帝国朝貢国を脱することができていない。アメリカと友好関係を保ちつつ、外交の独立を獲得するのは難しい作業なのだ。それには、外務省、メディアといったあたりが、アメリカの強い指導下におかれていることもある。
    クリントンが大統領になったとき、女房のヒラリーは、日本政府がアメリカの、それも国務省ではなく太平洋軍の指導下にあるのを知って驚いたという。しかし便利な仕組みなので、後に彼女が国務長官になったときにもそのままにしておいた。

    ドイツにはドイツの事情がある。メルケル政権は財政再建のために軍事予算を半減させ、連邦軍もそれに従っている。ロシアをおとなしくさせるのがビスマルク以来のドイツの伝統的な国策だから、ロシアにはガス代金という餌を与えて、これも伝統的な貿易相手・中国との関係を深めて東からロシアを牽制している。

    他方、日本では、岸信介、田中角栄、竹下昇、橋本竜太郎など、自主外交路線を指向した指導者たちはメディアと、それに踊らされた国民によって追われた。岸信介を別にすれば、田中派というのは日本の自主外交、独立志向の政治集団だったのだ。

    1. j より:

      以前久間防衛長官が、「私より、チェイニーさんのほうが上だから。」と言った言葉が忘れられません。

      日本の防衛長官より、アメリカ人のほうが偉いんです。

  19. 匿名 より:

     アメリカにとっての韓国の価値は、中国に隣接する朝鮮半島南部に中距離戦術核兵器の配備が可能な米軍基地を確保できること。その価値がアメリカにとって失われない限り、アメリカが韓国に見切りをつけ米韓同盟を破棄することはない。鈴置氏の論考にはアメリカの対中(軍事)戦略の視点が完全に欠落している。

    1. より:

      いわゆる中距離弾道弾の射程距離をご存知ですか?
      射程3000Km~5500Km程度のIRBM発射基地が朝鮮半島南部である必然性など皆無ですので、あなたのご意見は最初から破綻しているように思います。というか、先頃廃棄されたINFにより、アメリカはIRBMを保持していません(ということになっている)。従って、現時点でIRBMが韓国に配備されているという事実もありません。
      対中軍事戦略という観点で見た場合、半島南部に軍事拠点を設ける意味は、Xバンドレーダーなどの監視用レーダーと迎撃システムの配備くらいのものでしょう。陸軍部隊を配備した平沢基地を維持しているのも、今のところは対北朝鮮向けであって、対中国向けはあまり想定していないと思われます。さすがに現下の情勢で皆無とも思えませんが、現在アメリカは海軍も海兵隊も韓国には配備していません。韓国が中国と地続きで接してない以上、在韓アメリカ陸軍は対中を想定した配備ではないでしょう。
      以上から考えると、対中軍事戦略という観点で考える限り、朝鮮半島南部の戦略的価値はけして高くない、なんだったら代替可能程度に考えておくべきだと思います。

      これが日本から見ての対中軍事戦略ということならば、多少は結論も変わるんですけどね。

  20. 越後屋お虎 より:

    国の意思表示と、礼節

    台北の故宮博物院に、「ヒスイの衝立」という、とてつもない宝物がある。実際にまじかに見ると、息をのむ。
    かつて上海にあった親日政権から日本に贈られたもので、蒋介石が「日本に賠償を求めず」と宣言したことへの感謝として、皇室から台湾へ返還された。中国共産党政権はサンフランシスコ条約に参加していないが、その後の日中条約によって「対日賠償放棄」を受け継いでいる。
    こういういきさつもあって、天安門事件の後でありながら、即位した天皇の訪中が行われた。

    習近平の国賓招待がのびのびになっているが、ぜひとも実現して約束を守るべきだ。中国の膨張政策には反対してアメリカと同盟を堅くすることと、礼節を重んじることとは矛盾しない。
    昔々、オスマンのスレイマン皇帝が、約束を守って騎士団を放免し、キリスト教諸国からも「大帝」と呼ばれたように、日本も政策は政策、礼節は礼節とする態度を示してこそ、かつて名実ともに「帝国」を称した国・国民の矜持だと思う。

  21. 匿名@陰謀論 より:

    鈴置氏の「小田原評定」との文言は、言い得て妙ですね。
    現政権が強烈な親中・親北でありながらも、国民間では左右の対立が存在し、総意としての結論が纏らない状態を良く表していると思います。

    当然、米国もK国内の「小田原評定」状態は把握しているはずで、最終的に焦土化する(見限る)前段階として、別のアプローチから手を打ってきているのではないかと推測しています。
    具体的には、工作活動による国民へのアプローチです。

    何故そのように推測したかというと、左派から表出してきた2つの問題に注目した結果です。
    ・玉ねぎ男のスキャンダル
    ・ソウル市長のセクハラ

    ご存じの通り、この2名は次期大統領の有力候補トップ2で、左派内の重要人物でもあります。
    力を失っている保守勢力が、独力でこれらを仕掛けたとするのは無理があります。
    左派内での内ゲバの可能性もありますが、強いものに阿るKの性質からも、失敗した時のリスクからも、体制が固まりつつある主流派の重要人物である2名に手を出すとは考えるのは難しい。
    裏で、CIA辺りの工作で動いたのではないかと。

    100%妄想による陰謀論ですが、外交等の正面からのアプローチのみで、ブルーチームへの引き戻しに見切りをつけたとしたら、米国の情報機関が多少なりとも関与しているというのは、あり得るかなと。

  22. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    今回の鈴置氏の論考は、ちょっとタイミング的に遅かった(ズレた)ような気がします。平昌の土下座像のニュースが入る直前だったのかと思案しますが、何時もの韓国の偽慰安婦像に土下座する安倍総理像を付けた。

    これは日本人としては、許されぬ非道と存じます。また対韓への思いが著しく悪くなった。反対の事、文の像を作って在日本韓国大使館前に首を切って倒されてたら、どう報道するでしょう?ま、日本人はそんな野蛮な事をしませんが。この際、私有地うんぬんは別です。

    米中二股外交はもう無理、すると切羽詰まって米国に寄るそぶり見せても、米国は切るでしょう。日本も韓国と決定的に断裂するのはその時です。

    韓国の核武装が伴う可能性が高いなら、韓北でノウハウの引き継ぎもやりかねない。いや、共同基地だ。米国はその前に韓国経済、製造業、インフラを骨抜きにするでしょう。日本人も米国以上にキャタピラーで粉砕すると思います。

    ややこしいヤカラですから、簡単にコトは運びません。

  23. 心配性のおばさん より:

    >①韓国が国際法や約束をきちんと守る方向に舵を切ることで、日韓関係の破綻を避ける

    は絶対ありません(笑)。それこそ、韓国人が韓国人でなくならない限り。彼ら自身も「嘘は我々の文化だ。理解してくれ。」と言っているじゃありませんか。

    それに①の事前には、韓国は日本に従来行ってきた不法行為について謝罪しなくてはなりません。それをした途端、韓国は被害者の立場から加害者の立場になってしまいます。韓国がそうしたくとも、背後で反日を支援してきた北朝鮮や中国がそれを許さないと思いますよ。

    >②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける

    これは、この状況下では考えづらい。一部特定議員を除いて、日本政府にそうしなくてはならない理由が無いからです。日本政府が韓国の我儘に応じてきた理由は、日米同盟です。

    アメリカが対北朝鮮、対中国で、韓国の存在を重要と考えてきたのがその所以でした。が、アメリカの政権は、オバマ政権から、米軍駐留削減に舵を切っています。トランプ政権に至っては、対北朝鮮、対中国での在韓、在日米軍の有用性に疑問を持っていました。

    そこに、文在寅政権の誕生です。この政権の極端な親北政策は、対北朝鮮としての韓国の価値をゼロにしてしまいました。アメリカにとって、韓国の価値はなくなってしまいました。対中政策でも、韓国の価値は無価値です。であれば、日本政府が韓国に遠慮しなくてはならない理由が無い。

    もっと、踏み込んで申し上げると、韓国という国家の営みが、アメリカに対する敵対行為となっているということです。日本のフッ化水素の横流しを、アメリカの敵陣営に行っている。これは、反日を通り越して、日韓国交正常化を促したアメリカへの裏切り行為になります。

    フッ化水素の横流しは、おそらくですが文在寅政権以前から行われていると考えております。韓国人は日本に対しては何をやっても許されると考えているのでしょうが、その日本との国交を作ったのはアメリカです。韓国人は反日をアメリカを害するレベルまで拡張すべきではなかったのです。韓国という国家の命綱であったのですから。

    でも、その建国からアメリカにスポイルされ、国家として当たり前の外交力を培うことをしてこなかった韓国が、自らの命綱を忘れてしまうのも、反日の限界をコントロールできないのも、当然と言えば当然の話ですね。

    まあ、何かの奇跡が起きて、韓国がアメリカ陣営に戻り、中国、北朝鮮と敵対する覚悟をしたとしたら、アメリカにとっての韓国の価値は延命するかもしれません。でも、それは韓国が中国、北朝鮮から攻撃を受けることを意味します。ここまで棄損してきた米韓関係で、アメリカが韓国を即保護するとも思えない。この奇跡はあり得ないかしら。

    最後に韓国核武装ですが、韓国自身が建国当初からそれを熱望し、彼らなりの準備もしているとして、北朝鮮に許してしまった失敗を、国際社会がいえ、はっきり言うと米中露が許すとは思えません。

    経済焦土化ではなく、核武装前に核攻撃で国家消滅ではありませんかしら。

  24. 静観論者 より:

    さすがの鈴置論考
    なるほど、核武装か?
    だから「韓国のミサイル「足かせ」を外した」?
    いやいや、それだと米国の思惑と異なるしなあ?

  25. より:

    朴正煕大統領の頃から、韓国の密かな核武装への渇望は不変であり、これまでも事あるごとに噴出してきました。理由は単純で、核兵器さえ持てば他国、特に日本を脅し、跪かせることができると妄想しているからです。なので、米韓同盟というタガが外れれば、彼らがそれを目論むであろうことは必定と言ってもよいくらいです。実際に彼らが核弾頭付きミサイルを開発できるのかどうかはともかくとして。
    従って、日本の取るべき道はただ一つ、米韓同盟消滅の暁には、アメリカとの協力の下、全力で韓国を叩き潰すしかありません。タイミングにも依りますが、韓国が核開発を宣言した後ならば、中国の協力すらも取り付けることができるでしょう。北の核だけでも手を焼いている中国が韓国の核武装を許容するはずがないからです。

    米韓同盟が有効に機能しているうちは、アメリカは韓国の核武装など絶対に許容しません。そして、米韓同盟消滅となっても、韓国の核武装など、アメリカのみならず、中国もロシアも、そして当然日本も許容しませんし、あらゆる手段で阻止しようとするでしょう。韓国人の夢想は永遠に夢想のままです。

  26. 福岡在住者 より:

    >これから進路可変ミサイルが普及していけばなおのこと。

    中国の極超音速滑空ミサイルやロシアのイスカンデル、北朝鮮の新型のことですね。
    これが理由で「イージスアショア」の配備を中止したと私は思っています。

    7月20日から読売新聞で「安保60年 第3部・新たな戦闘領域」という特集が始まり、1回目に多数の衛星による「宇宙監視網」の話が出てきました。 「宇宙の低軌道に200を超す小型衛星群を打ち上げ 敵ミサイルを発射から最終段階まで追尾する」ものらしいです。 数が多いのは攻撃に対抗するため。 宇宙からの監視ですので 「移動する地上・海上の目標の捕捉」も可能ですので攻撃にも使えます。 

    米軍は2024年度の初期運用開始を目指しているらしいです。 日本政府も「この構想」に関する協議を米国と始めたとありました。 

    また、衛星攻撃に関して日本は「はやぶさ2」で実証済ですし、、、。 そういえば先日、新たなミッションの追加が行われましたね。(採集物の持ち帰りは二の次ということでしょうか)

    1. 福岡在住者 より:

      上記は 越後屋お虎様の投稿にたいするコメントです。

  27. 匿名 より:

    普通に考えて核はそんなに簡単にもてないと思う。
    開発段階でバレるのでは?ばれたら制裁、韓国は耐えられないと思う。
    北朝鮮ですら何ヤルにしてもバレバレなのに、韓国ならなおさらです。

    私は敵基地攻撃論は北朝鮮ではなく韓国を想定してると思う、韓国の、ミサイルはもう列島の半分を攻撃できるのでしょう?ミサイル防衛はインチキ、米軍産複合体を儲けさせるだけ(みんな知ってる)なので方針転換したのですよね?

  28. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。
    (というより、自分でも『まさか』と思いたいので)

     韓国だけでなく、日本も米中からこん棒で、「立ち位置を明確にしろ」
    と迫られることもあり得るのでは、ないでしょうか。

     駄文にて失礼しました。

    1. xf より:

      最悪を想定することは危機管理の基本であり、ごもっともなご心配ではないかと思います。 最悪を想定しておけば、仮にそうなったとしても対処でき、そうならなかったとすれば儲け物です。 少なくとも、いざというときの覚悟は決めておくべきだと考えます。

      私としては、アメリカのポチになるほうが、中国の食用犬になるよりましだと考えています。 また、アメリカから「このポチを失うことは惜しい」と思ってもらえるよう努めることが、よりましな待遇につながると考えています。

      卑屈だと思われるでしょうか? ご批判は歓迎します。 ただ、どんなに清く美しく潔く行動しようと、国が滅べば、もはやプロパガンダへの反論もできなくなります。 蔑まれようと、虐げられようと、まずは生き延びなければならないと考えています。

      私は心から韓国が嫌いですが、韓国から学べることは多いと思います。 三跪九叩頭の礼で国が生き延びられるなら高くはありません。 彼らは自分より強い国々のなかで生き残ってきました。 彼らを滅ぼすことは簡単ではありません。

      1. 心配性のおばさん より:

        xf様

        >私としては、アメリカのポチになるほうが、中国の食用犬になるよりましだと考えています。

        ポチはご主人にあきられれば、それでお終いですが、今現在の日本はアメリカの共犯者だと思っています。まるでそうではないように日本は振舞っていますが、トランプ政権の対北朝鮮、対中国の最初の設計図をひいたのは日本だと私は思っております。

        つまり、対北朝鮮、対中国については、日本はアメリカの共犯者であるため、そこに絶対の信頼が生まれるのだと。

        >私は心から韓国が嫌いですが、韓国から学べることは多いと思います。
        >三跪九叩頭の礼で国が生き延びられるなら高くはありません。

        三跪九叩頭の礼では、信頼は生まれません。日本のアメリカに対する暗躍は中国も察していると考えておりますが、日中はある部分、互いの経済の生殺与奪を握り合っている。油断はできませんが、現状はそれで睨み合っている状態だと思います。なので現状、中国は韓国にするように日本を足蹴にできないのだと思っております。

        繰り返しますが、三跪九叩頭の礼では、信頼は生まれません。何をしてもよい相手としての認識が生まれるだけです。

      2. クロワッサン より:

        xfさん

        >私は心から韓国が嫌いですが、韓国から学べることは多いと思います。 三跪九叩頭の礼で国が生き延びられるなら高くはありません。 彼らは自分より強い国々のなかで生き残ってきました。 彼らを滅ぼすことは簡単ではありません。

        三跪九叩頭の礼は沖縄独立派や九条真理教が掲げる「奴隷の平和」を維持する為の手法に過ぎないと考えます。

        中共政府から弾圧や迫害を受けるチベットやウイグルの人達に「でも死なずに生きていられるんだから其れで良いじゃないか♪( ´ω`)」と言い放てる人も世の中に居るでしょうけど、そうでない人も世の中に居る訳で。

    2. より:

      日本の立ち位置は最初から明確なので、今更立ち位置の確認を求められることもないでしょう。
      しかし、アジアの、そして世界の覇権を窺わんとする中国にとって、当面の最大の障害物は日米同盟でしょうから、日米間の離間を図るべく、日本を籠絡しようとする、または脅迫してくる可能性は多分にあります。というか、すでに日本のかなりの深部にまで工作の手が伸びていると考えるべきでしょう。
      50年先はいざ知らず、さしあたりはそのような工作に惑わされることなく、現在の立ち位置を堅持するべきです。

      ただ、既に相当浸透されちゃってるようなのでねぇ……

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。