韓国メディア「日韓の戦略的利害はもはや一致しない」

韓国メディア『ハンギョレ新聞』(日本語版)に昨日、非常に興味深い記事が掲載されました。「韓日両国の『昔の良き時代』は中国の浮上と北朝鮮の核開発という2つのショックで幕を閉じた」、「韓日の戦略的利害はもはや一致しない」とする論考です。いわば、日韓は基本的価値のみならず、戦略的な利益すら共有しえない関係になったと、韓国メディア自身が認めた格好ですね。本稿ではこれについて、そもそもの日韓関係を少し深いところから振り返っておくとともに、この「日韓関係破綻論」について考察してみます。

日韓関係悪化

「日韓関係は良好ではない」

「日韓関係が良好ではない」という点については、日韓を問わず、また、保守派・左派を問わず、多くの人が主張している点です。とりわけ、2017年5月に発足した文在寅(ぶん・ざいいん)政権下での韓国は、日本に対し、じつに多くの不法行為を仕掛けてきています。

文在寅政権下の韓国が日本に仕掛けて来たこと
  • ①旭日旗騒動(2018年9月頃~)
  • ②自称元徴用工判決問題(2018年10月30日、11月29日)
  • ③火器管制レーダー照射事件(2018年12月20日)
  • ④国会議長による天皇陛下侮辱事件(2019年2月頃)
  • ⑤日本による韓国向けの輸出管理適正化措置(2019年7月1日発表)
  • ⑥慰安婦財団解散問題(2019年7月までに発生)
  • ⑦日韓請求権協定の完全な無視(2019年7月19日に完成)
  • ⑧日韓GSOMIA破棄騒動(2019年8月22日~11月22日)
  • ⑨対日WTO提訴騒動(2019年9月11日~11月22日、2020年6月2日~)
  • ⑩日本人に対するビザ免除措置の停止(2020年3月9日以降)

多くの論者は、これらのなかでもとくに上記②の「自称元徴用工問題」と⑤の「対韓輸出管理適正化措置」の両者が、日韓関係を極度に悪化させている問題だと指摘します(※もっとも、⑤については本来は「問題」ではありませんが、ここでは彼らの主張に合わせ、とりあえず「問題」に含めます)。

もっとも、これらの「問題」が日韓関係を傷つけているという点に関しては、主張はだいたい一致しているのですが、これはあくまでも表面的な「問題」であり、その深層にはもう少し深刻な原因が隠れているようにも思えます。

この点、日本の保守系の論客やウェブ評論サイトなどでは、これまで、「主に韓国側から非合理かつ友好に反する異常な動きが相次いでいるため、日韓関係が破綻の危機に瀕している」といった趣旨の指摘が相次いでいるのですが、韓国側ではそうではありません。

韓国側では保守、左派を問わず、「日韓関係が今日のように膠着してしまった原因は韓日双方にあるが、最も大きなものは、日本が『加害者』としての過去の歴史に真摯に向き合おうとしないからだ」、といった主張が一般的にみられるようです。

こうした韓国側の主張とそっくりな主張は、日本の一部の左派メディア(「ATM」などと呼ばれるメディアや共同通信、地方紙、NHKなど)にも広くみられます(※もっとも、著者の私見によれば、こうした見方は日本国民の多数派の意見ではありませんが…)。

いずれにせよ、「日韓関係は良好ではない」という点については、日韓両国ともに認識はほぼ一致しているのですが、その原因に関しては、日韓双方で大きな隔たりがある、というわけです。

日韓関係はこれまでが「良好」だったのか?

ただし、著者個人としては、「最近の日韓関係が良好ではない」とする主張には、若干の違和感を覚えるのもまた事実です。というのも、改めて振り返るまでもないかもしれませんが、日韓間にはもともと、さまざまな懸案が存在していたからです。

たとえば、日本領である島根県竹島を、韓国が長年にわたって不法占拠しており、国際司法裁判所(ICJ)への付託からも韓国が逃げまくっていることは、当ウェブサイトをご愛読くださるような方にとっては、もはや常識的な論点のひとつでしょう。

あるいは、長年、韓国がイチゴをはじめとする日本の農作物の種子を日本から不法に持ち出し、ライセンス料を支払わずに不法に栽培している、という話に思い至る人も多いかもしれません。

さらには、当ウェブサイトでは、韓国が日本との通貨スワップなどを後ろ盾に通貨安誘導を行い、通貨安のもとで輸出主導による産業振興を実施したと考えており、こうした問題点については『日韓通貨スワップこそ、日本の半導体産業を潰した犯人』などでも議論しています。

そういえば、つい先日も『日本産フッ化水素、韓国が全世界にばら撒いていた?』のなかで、「韓国が輸出管理上の『(旧)ホワイト国』などの優遇措置を悪用し、日本産のフッ化水素を大量に輸入し、第三国に横流ししていたのではないか」とする仮説を提示しました。

これなども、(もし事実であれば)「韓国から日本に対する不法行為」のひとつと呼べるでしょう。

しかも、当ウェブサイトの見立てだと、こうした「フッ化水素類の横流しが疑われる状況」が生じたのは、文在寅政権下ではなく、その前任の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代、あるいはさらにその前任の李明博(り・めいはく)政権時代の可能性があるとすら考えています。

さらにいうと、朴槿恵、李明博の両元・前大統領は、就任前は「保守派で親日派に違いない」、といった期待感が日本社会にも存在していたのですが、蓋を開けてみたら、どちらの政権の時代も、日韓関係は決してスムーズではありませんでした。

とくに李明博政権時代、当時の野田佳彦首相とのあいだで2011年10月に総額700億ドルという日韓通貨スワップ協定を締結したにも関わらず、慰安婦問題の蒸し返し、大統領による竹島上陸や天皇陛下侮辱発言、親書返送などのさまざまな事件が発生。

日本から韓国への訪問者数が激減したほか、内閣府が毎年実施している世論調査でも、体感感情の悪化がくっきりと確認できる、といった現象が生じました(なお、世論調査については『【速報】「韓国に親しみ感じない」が初めて7割を超過』で過去グラフもご確認いただけます)。

このため、「日韓関係が悪化している」という表現は正しいと思う反面、「では1965年の日韓国交正常化以降、日韓関係が良好だった時期があるのか」と問われると、なんだか自信がなくなってしまいます。

日韓友好って…?

一方的に日本が韓国に配慮する関係

では、「良好な日韓関係」について論じる前に、日本社会などで観察される、日韓友好に関する3つの考え方を整理しておきましょう。あくまでも著者自身の見立てですが、「日韓友好」といったときには、暗黙の裡につぎの3つの考え方があるように思います。

日韓友好論の3類型
  • ①対等関係論:日韓両国は対等な主権国家同士として、お互いに尊重し合い、ともに手を取り合って、未来に向けて発展していけるような関係を目指すべきだ。
  • ②対韓配慮論:日韓両国は対等な関係だが、過去の一時期に不幸な歴史もあったことを踏まえ、日本がある程度、韓国に配慮することで、「名よりも実を取る」ことを目指すべきだ。
  • ③対韓追随論:日韓友好はとても非常に大切であり、韓国が「もう良い」というまで過去の不幸な歴史を反省し、謝罪し続けるべきだ。

この3つの類型、著者自身が賛同して書いているものではありません。あくまでも、日本社会(や韓国社会)を眺めていて、「このような考え方が見られる」、と言っているだけなので、その点についてはくれぐれもご注意ください。

それはさておき、あくまでも一般的な理解だと、①が正常な考え方ですが、残念ながら、日本国内で「日韓友好」を唱える人は、たいていは②か③の立場に基づいています。

②を唱えるのは日本の外務省や自民党の日韓議連議員、あるいは経団連に加盟している一部の日本企業の能天気な高学歴経営者、といったところでしょう。これに対し、③を唱えるのは「ATM」と呼ばれる特定メディアや一部の反日野党、反日勢力などです。

しかしながら、不思議なことに、①を真顔で唱えている人に、著者自身、出会ったことがほとんどありません。その理由は簡単で、韓国の側が①の立場に基づく「韓日友好」を望んでいないからです。

このため、普通の日本人は、韓国側の考え方の現実を知ると、①日韓友好論を捨てる、②対韓配慮論に基づく日韓友好論者になる、③対韓追随論に基づく日韓友好論者になる、のいずれかしかないからではないでしょうか。

そして、韓国側が主張する「良好な韓日関係」とは、まさにこの③ないし②に近い考え方なのです。

韓国社会も一枚岩ではない

もっとも、韓国社会自体も一枚岩ではありません。

あくまでも個人的な見立てでは、「保守派」と「左派」では傾向が大きく異なります。

「保守派」と呼ばれる勢力は、たいていは日本側の②、つまり「対韓配慮論」に呼応する考え方をとります。「歴史問題などで日本に対し精神的優位を確立し、それにより日本に罪悪感を植え付け、日本から技術や資本を有利な価格で譲ってもらう」、という立場ですね(これを「用日論」とでも呼びましょう)。

一方、「左派」と呼ばれる勢力は、たいていの場合、日本側の③、つまり「対韓追随論」に近い考え方を持っているようです。これは、とくに目的もなしに、ただひたすら、日本の過去の歴史を糾弾し、日本に反省を迫る、という考え方です(いわば純粋な「反日論」です)。

韓国国内の「韓日友好論」
  • (A)用日論:歴史問題などを使って日本に罪悪感を植え付け、それにより日本から産業ノウハウ、技術、資本などをかなり安い価格で手に入れようとする勢力
  • (B)反日論:歴史問題を使い、純粋に日本を貶めようとする勢力

つまり、(A)、(B)のいずれの立場をとったとしても、結局は「日本と対等な友好関係を結び、ともに手を取り合い、未来に向けて発展していく」という考え方からはほど遠いことがわかるでしょう。

結論的にいえば、少なくとも韓国側が主張する「良好な韓日関係」とは、私たち日本国民の多くが常識として考えているような「日韓友好論」ではなく、日本が韓国に対し配慮し、譲歩し、謝罪し続けるという、きわめて不健全なものを強要している、というのが実情なのです。

どちらが良いのか?

著者自身はかつて、日韓両国は隣り合う国同士、お互いの国民がお互いの言語を学び、自由に行き来し、お互いに助け合い、世界のなかで東アジアの存在感を強める存在になれるに違いない、と思い込んでいた時期がありました。

しかし、韓国のことを知れば知るほど、彼らの基本的な価値、生き様などが、日本とあまりにもかけ離れていて、残念ながら「ともにパートナーとして発展し合える関係」ではない、と悟るようになりました。そのことは、彼らが(韓国だけでなく北朝鮮も含めて)「インチキ外交」を好むことからも明らかでしょう。

【参考】韓国や北朝鮮が大好きな5つのインチキ外交
  • ①ウソツキ外交…あることないこと織り交ぜて相手国を揺さぶる外交
  • ②告げ口外交…国際社会に対してロビー活動を行い、相手国を貶める外交
  • ③瀬戸際外交…国際協定や国際条約の破棄、ミサイル発射などの不法行為をチラつかせる外交
  • ④コウモリ外交…主要国間でどっちつかずの態度を取り、それぞれの国に良い顔をする外交
  • ⑤食い逃げ外交…先に権利だけ行使して義務を果たさない外交、あるいはドロボー外交

そもそも論として、日本ではウソをつくことや物を盗むことは悪いことだと教え込まれていますが、韓国や北朝鮮ではそうではありません。結局、相手に騙される側が悪い、というのが彼らの基本的な価値観であり、食い逃げできるなら食い逃げしようというのが彼らのメンタルなのです。

先ほどの「3類型」のうちの②「対韓譲歩論」の考え方は、こうした彼らのメンタルにあわせて、日本が「大人の対応」を取る、というものですが、こうした態度は大きく間違っています。というのも、むしろ日本が韓国を「大人」扱いしていない証拠だからですし、韓国に対して却って失礼です。

相手を日本の価値観に基づいて「悪い国だ」と責めるのは間違っていますし、「大人の対応」として日本が譲歩する、という対応はもっと間違っています。ウソをついたり物を盗んだりすれば、それにより彼らが得た利益を大きく超える損害を韓国に与えるべきでなのです。

むしろそれこそが、相手を対等な存在とみなす、という態度ではないでしょうか。

ハンギョレ新聞の興味深い記事

敵対的な立場のメディアの主張も役に立つ

さて、韓国メディアといえば、ときとして私たち日本人にとってはまったく理解不能な主張を掲載することもあるのですが、ごくたまには、彼ら自身の立場に立って議論を眺めると、有益なこともないわけではありません。

そのことを痛感する記事が、韓国の左派メディアとされる『ハンギョレ新聞』(日本語版)に、昨日掲載されていました。

[キル・ユンヒョンの新冷戦韓日戦]「昔の良き時代」になぜ戻れないのか

「昔の良き時代」は中国の浮上と北朝鮮の核開発という二つのショックとともに幕を閉じた。韓国と日本の戦略的利害はもはや一致しない。両国の対中・対北朝鮮観と東アジアの未来像に対する見解は大きく異なり、そのため互いに対する憎しみと不信を積み重ねる「構造的不和」に陥ってしまった。<<…続きを読む>>
―――2020-07-15 13:45付 ハンギョレ新聞日本語版より

リンク先記事は、ハンギョレ新聞にしては珍しく3000文字を超える長文であり、また、日本の対韓輸出管理適正化措置を「輸出『規制』」と誤記するなど、ある意味では韓国メディアらしい記事でもあるのですが、こうしたささいな点を除けば、意外と読みごたえがある記事です。

リード文にあるとおり、この記事の主張の要諦は、「韓日両国は昔の『良き時代』には戻れない」、とするもので、しかもこれから約10回にわたり、「文在寅政権で行われた韓日対決の展開過程を振り返る」という企画なのだとか。

個人的に昔の「対韓配慮論」(=用日論)や「対韓追随論」(=反日論)に基づく日韓関係が正常なものだったとも「良い関係」だったとも思いませんが、「日韓両国の戦略的利害はもはや一致しない」とする主張には、ハッと気付かされるものがあります。

このあたり、中央日報や朝鮮日報あたりの、「輸出規制や強制徴用問題で日本は韓国に配慮せよ」、「韓日の争いは韓日双方にとって不利益をもたらす」、といったうんざりするような主張とは切り口がまったく異なっています。まさに「敵ながらあっぱれ」、といったところでしょうか。

イージス・アショア配備中止と敵基地攻撃能力

ハンギョレ新聞によると、先月、河野太郎防衛相がイージス・アショアの配備中止を発表したことを受け、自民党内で敵基地攻撃能力に関する議論が始まったことを、「東アジア全体を巨大な混乱の渦に巻き込みかねない」として、次のように警戒を示します。

日本が遠からず、米国の力に頼らず直接北朝鮮を攻撃する能力を確保する可能性が高まった」。

北朝鮮を攻撃する能力を日本が装備したら、なぜ「東アジア全体が巨大な混乱の渦に巻き込まれる」のかわかりませんが、この文章を読むだけで、記事の執筆者が日米などの自由主義国家連合ではなく、北朝鮮や中国に強く共感していることは明らかでしょう。

ただ、この記事では、中国の台頭と北朝鮮の核開発という2つのファクターから、「韓日両国が昔の良き時代に戻ることは事実上不可能になった」、と述べているのですが、この2つのファクターが日韓関係に影響を与えているとする点に関しては、全面的に同意せざるを得ません。

要するに、韓国自身が北朝鮮や中国につくのか、日本や米国につくのか、という選択の問題だからです。

朝鮮半島生命線説の間違い

では、なぜ日本はこれまで、韓国に対して過剰ともいえる譲歩を繰り返してきたのでしょうか。

これについてハンギョレ新聞は、「1965年の国交正常化」の時代は、殺伐とした東西冷戦のさなか、「韓国は共産圏の脅威から日本を防衛する一種の『防波堤』の役割」を果たし、日本はそのような韓国を経済・技術・資本協力などの形で全面的に支えたのだ、と述べるのです。

(※余談ですが、このハンギョレ新聞の記事では、韓国のほかの保守派メディアが無視する、「日韓請求権協定に基づき日本が韓国に有償・無償の援助を与えたこと」、「その後も折に触れ、日本が韓国に巨額の支援を与えてきたこと」といった事実にきちんと触れている点についても、意外な気がしました。)

この議論、まさに当ウェブサイトでいつも述べている、「朝鮮半島生命線説」そのものです。

朝鮮半島生命線説とは?
  • ①地理的に近い朝鮮半島が日本の敵対勢力に入れば、日本の安全保障に深刻な脅威をもたらす
  • ②だからこそ、日本はあらゆるコストを払ってでも、朝鮮半島を日本の友好国に引きとどめておかなければならない

このような立場が存在しなければ、日本が韓国にみすみす巨額の血税を投じてモンスターを育てたことの合理的な説明がつきません。

そのうえで、ハンギョレ新聞では2016年末の「ろうそく革命」について、「このまま韓米日三角同盟に引っ張られることに大きな不安を感じた韓国人」が「文在寅を大統領の座に押し上げた」出来事だった、と喝破するのです。

早い話が、2016年の「ろうそく革命」自体、韓国を自由・民主主義同盟の一員として育ててきた日本や米国に対する韓国なりの意思表示だった、というわけですね。その結果、著者に言わせれば、

韓国と日本の戦略的利害はもはや一致しない。両国の対中・対北朝鮮観と東アジアの未来像に対する見解は大きく異なり、そのため互いに対する憎しみと不信を積み重ねる『構造的不和』に陥ってしまった

というわけです。

さようなら、韓国

さて、日韓関係の足元の懸案である自称元徴用工問題などをめぐっては、当ウェブサイトではこれまで、落としどころは基本的に次の3つしかありえない、と申し上げてきました。

自称元徴用工問題の3つの落としどころ
  • ①韓国が国際法や約束をきちんと守る方向に舵を切ることで、日韓関係の破綻を避ける
  • ②日本が原理原則を捻じ曲げ、韓国に対して譲歩することで、日韓関係の破綻を避ける
  • ③韓国が国際法を破り続け、日本が原理原則を貫き続けることで、日韓関係が破綻する

この「3つの落としどころ」は、これまでに当ウェブサイトでは何度も何度も繰り返してきた論点なので、以前からご愛読いただいている方であればご存じかと思いす。

ただし、日韓関係には、こうした個別の問題をはるかに超越する、ふたつの異なる力が働いていることもまた事実でしょう。それは、(1)日韓関係を今までどおりに維持させる力と、(2)日韓関係を破綻させようとする力です。

そして、今回のハンギョレ新聞の記事にもみるとおり、実は、この「日韓関係を破綻させようとする力」が、結果的に強まってきているのではないでしょうか。

このように考えていくならば、本稿以降、この3つに加えて、次の「落としどころ」も追加したいと思います。

  • ④日韓双方譲らず、膠着状態が続き、やがてまったく違う次元で日韓関係が破綻する

この「まったく違う次元」とは、自称元徴用工問題や日本の対韓輸出管理適正化措置などとはまったく違うレベルで、という意味です。端的にいえば、米韓同盟破綻と韓国の中華属国化または北朝鮮による赤化統一など軌を一にする流れですね。

だからこそ、日本としては諸懸案をめぐっては、現状がこれ以上悪化しないよう慎重にリスク管理しつつ、徐々に韓国から資本を抜き、関係を薄めていく努力をする、というのはひとつの見識なのかもしれませんね(※日韓の現状を放置することに、著者としては100%賛同するわけではありませんが…)。

読者コメント一覧

  1. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます。

    コラムの内容に同意した上で、国際社会における日韓関係では相手を強制排除するのは無理ですけど、日本社会における日韓共生や韓国社会における日韓共生は成立し得るのか?を考えると、どちらの社会でも最終的には強制出来ない相手を排除する事になりそうなのですよね。

    韓国社会では用日や反日を否定する日本人は共生不可能な在韓日本人として排除され、日本社会では用日や反日を肯定する韓国人は共生不可能な在日日本人として排除される、という。

    逆に言うと、共生不可能な相手を排除する事が出来る為に、国境を隔てた別社会が存在するのだと考えます。

    多様な価値観の社会を全否定する事はしませんが、「強姦は男らしさを表現する立派な行為である」という価値観の持ち主と「強姦は女性を性欲処理の道具扱いとする犯罪行為である」という価値観の持ち主が同じ社会の中で共生する事は不可能ですから。

    「地球市民」や「世界市民」系の価値観の人達は国境を否定する訳ですが、その結果、多様な社会の並立を全否定し、ひとつの社会ひとつの価値観で統一しようとする無自覚な全体主義者にしか思えないのです。

    1. りょうちん より:

      >日本社会における日韓共生や韓国社会における日韓共生は成立し得るのか?を考えると、どちらの社会でも最終的には強制出来ない相手を排除する事になりそうなのですよね。

      強制が共生に一個所誤変換になっているのはさておき、少なくとも日本では、朝鮮半島出身者の帰化者が少なくなく(新宿会計士氏もそう)、しがらみで帰化まではしていないが、カミングアウトしないかぎり通名で日本人と区別が付かない人が大勢います。
      私もお付き合いのある医師が飲みの席で、実は在日韓国人だったと突然告白されて困惑したことがあります。
      (特に今まで違和感が無かったので、そんなことを告白されてもなあというのが正直な感想でしたw)
      異常な朝鮮半島出身者が居るのも確かですが、そうでない人の方が多く共生できているのが少なくとも日本側での現実ではないでしょうか。

      1. クロワッサン より:

        りょうちん さん

        ありがとうございます。

        その異常な半島出身者っていうのが、私の書いている「日本社会で日本人と共生不可能なコリアン」となります。

        有名な人だと鄭大均氏とか崔碩栄氏とかのマトモなコリアンがが居て、「良いコリアンは死んだコリアンだけだ。コリアンならば殺せ」という価値観の人なら殺す対象に入るのでしょうけど、私はそれに同意しませんし。

        日本は永世加害者、韓国は永世被害者ってスタンスのコリアンならば即強制送還で良いと思ってますが。

  2. クロワッサン より:

    更新ありがとうございます。

    先程投稿したのですが反映されなかったです。
    スパム扱い?されて弾かれちゃったのかも…。

  3. クロワッサン より:

    反映されなかったコメントについて簡単にまとめると、

    国際社会に於いては用日反日の韓国と日本は共生せざるを得ない訳ですが、

    韓国社会において反・用日、反・反日の日本人を「共生不可能な存在」として排除するように、

    日本社会においては用日反日のコリアンを「共生不可能な存在」として排除しても良いのではないか、

    共生不可能な価値観の相手と殺し合わずに済む為の「国境」という区切りなのではないか、

    との内容になります。

    ただ、思想・良心の自由という観点から考えると、日本社会も韓国社会も「排除」してはいけない、となる気がしますね。

    1. カズ より:

      クロワッサン様

      そうですね。その通りだとおもいます。

      ただ、思想・良心の自由という「立ち位置(認識レベル)の違い」の問題が・・。

      遡って裁けちゃうくらい法が自由だと、在韓の日本人は振り向いただけで”違法人”にされてしまいそうです。
      良心にしても自分に対してのものだし・・。

      (◞‸◟)ざんねんだけど。

      1. クロワッサン より:

        カズ さん

        ありがとうございます。

        頭が不自由過ぎると法が自由になり過ぎて、

        頭が自由過ぎると法が不自由になって、

        というのをふと思いました。

  4. カズ より:

    憲法と自衛権  
    (防衛省 自衛隊)
    https://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/seisaku/kihon02.html

    >(4)交戦権
     憲法第9条第2項では、「国の交戦権は、これを認めない。」と規定していますが、ここでいう交戦権とは、戦いを交える権利という意味ではなく、交戦国が国際法上有する種々の権利の総称であって、相手国兵力の殺傷と破壊、相手国の領土の占領などの権能を含むものです。一方、自衛権の行使にあたっては、わが国を防衛するため必要最小限度の実力を行使することは当然のこととして認められており、たとえば、わが国が自衛権の行使として相手国兵力の殺傷と破壊を行う場合、外見上は同じ殺傷と破壊であっても、それは交戦権の行使とは別の観念のものです。ただし、相手国の領土の占領などは、自衛のための必要最小限度を超えるものと考えられるので、認められません。

    *この憲法解釈だと、改憲しなくても専守防衛であれば領海・領空を飛び出しての「占領の意思を持たない戦略拠点への攻撃」は自衛権行使の及ぶ範囲として許容されそうな気がします。

    *けれど、ミサイル基地にくらいは先制攻撃の可能性を示さないと外交的に本当の意味での自立はできないのかと・・。

    1. 匿名 より:

      取り急ぎ、、ミサイル基地って何かご存知ですか、、以下をご参考に
      https://twitter.com/show_murano/status/1273139613369065477

      先制攻撃は基本的に不可能かなと、、
      先制攻撃→国連憲章違反

      先制的自衛権のことなら別ですが、、
      先制的自衛権→議論が存在する
      https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%88%E5%88%B6%E7%9A%84%E8%87%AA%E8%A1%9B%E6%A8%A9

      とはいえ、何をもって先制的自衛権を発動するのかというと、日本の場合であれば敵国のミサイル発射兆候になるわけですが、残念ながら日本には相手がコチラに攻撃する意図があるかどうかを「正確に」確認する能力はありません。というか米国でも無理です。たとえあったとしても証明すること(世界を納得させること)は非常に困難で、日本は先制攻撃を行ったという事実が残るだけになるかもしれません。そうならないためには完全に相手を屈服させるだけの武力と外交力(国際的影響力)が必要になりますが、残念ながらそれも持ち合わせてはいません。で、あればこそ、イージスアショア(または代替兵器)で相手の攻撃をできる限り防御し、可能であれば発射を継続できないように自衛反撃する(必ずしも移動式発射台への攻撃でなくても良い)しかないわけです。そのミサイルが核弾頭付きであったならどうするのかといった議論になりますが、先制攻撃をした方が核が飛んでくる確率は高まります。相手も同じことを考えているわけですから。なので、ロシアは核兵器を搭載可能なトマホークを発射できるイージスアショアの配備を嫌がるわけです。あと、移動してる移動式発射台への攻撃なんて簡単にできませんよ。弾道ミサイルや巡航ミサイルでの攻撃だと着弾前に移動してますから。可能なのは戦闘機で敵国内に入って攻撃する形ですが、自衛隊にはその能力はありませんし訓練もしてないですし、イージスアショアどころではない莫大なコストが掛かります。しかも、ミサイル発射兆候を掴んでから敵を攻撃するまでに敵からミサイルを発射されている可能性もあるわけで。ですので、イージスアショア(または代替兵器)で相手の攻撃をできる限り防御し、移動しない高価値目標を攻撃するわけです。さらにいうと先制攻撃の意思を示すことで自立することを希望されていますが、敵ミサイル発射台への攻撃はそれを可能にするセンサー類を持ってない日本だけでは不可能ですから、今まで以上に米軍に依存してしまうことになります、、

      よければこちらの動画をどうぞー
      できれば拡散してほしいです、、
      https://youtu.be/C-BIJnoC0vg

      1. カズ より:

        自衛隊のことを日本軍だと憲法に謳わなくても、憲法解釈の範囲内で敵地攻撃の可能性を示せれば完全な軍事的自立できないまでも外交的には軽んじられなくなるのかな?・・と、漠然と思ってたのですが、現実は単純なことばかりではないのですね。

        動画も拝聴いたしました。(同盟国との協調は大切ですね)

        よく考えれば、仰られるように先制的自衛権はその行使にあたって緊急的かつ不可避な事象が説明できない限り傍から見れば侵略攻撃としかみえないですね。

        イージスアショアの件はブースターの落下が問題であるのならば、素人考えだと対馬・壱岐・佐渡・利尻とか、日本海側の島への配備ではいけないのだろうか?・・って感じなのですが・・。もちろん設置コスト等の問題はついてまわるのでしょうが・・。

        *詳しい情報をありがとうございました。

        1. カズ より:

          あ、北朝鮮対策だったら奥尻も・・。

  5. イーシャ より:

    日本から金を得られない限り、韓国に残された道は、徐々に衰退して滅ぶか、反日強硬姿勢を取って一気に滅ぶかしか残されていないでしょう。
    文大統領は、弱みを見せたらソウル市長と同じ運命しか待っていないことも、ヒシヒシと感じていることでしょう。それが自ら選択したものなのか、抗えない巨大な力に強制されたものなのかにかかわらず。

    1. はにわファクトリー より:

      >弱みを見せたらソウル市長と同じ運命しか待っていない

      木っ端みじん映像が精神的危機を増長したのは間違いと思います。おそらくはこれからずっと韓国民は悪夢に悩まされ続けるのでしょう。高いところに上っている悪夢、足元の台を蹴飛ばされる悪夢です。残念ながらそれらは自らの不始末が招いたもの。全世界の知るところになってしまったではありませんか。

    2. はにわファクトリー より:

      正 「間違いない」

  6. j より:

    よく考えれば当事者として朝鮮統一する場合、混乱を避けるために強大な権力が必要だとおもいます。
    北朝鮮や中国のように独裁的なほうが、混乱を抑えこみやすいとおもいます。
    それで文大統領は、中国のような独裁的な法律をつくっているのだとおもいました。

    しかし中国人も心の底では、基本的人権、民主化を希望していると私はおもいます。ネット、旅行、留学、就職で海外のことを知れば知るほど、それは強まるとおもいます。でもそれを言っただけで、習近平氏の写真に墨をかけた女性のようになってしまいます。

    今の中国政府は、国民の言論の自由、基本的人権より中国が世界を征服することに重きをおいています。
    世界を征服するためには、今の中国と同じように言論の自由、基本的人権より国家の政策を重要視します。
    香港問題で外国人でも、中国を批判したら逮捕される。
    今の中国政府の、世界政策の始まりだとおもいました。中国は、一線を越えたとおもいます。
    言論の自由、基本的人権を守る国家との小さな宣戦布告だとおもいました。

    ttmつよしさんのユーチューブで、香港問題に対して27ヵ国が50年の一国二制度反対と表明、53ヵ国が中国の内政問題と表明しているそうです。
    日本は反対に入っていました。

    香港問題のあとでの習近平氏の日本訪問は、意味合いが違うとおもいます。
    二階グループは、そのことを考えているのか?

  7. だんな より:

    日本人が考える理想の日韓関係は、「対等で嘘や約束を守ること」であり、韓国が考える理想の日韓関係は、「日本を植民地化して、日本の富を全て、韓国人の物とすること」だと思います。理想のスタート地点から大きく違いますので、両者が相入れる事は有りません。
    韓国は、寄生虫だから養分の多い所に、住処を変える事は有ると思います。日本に居ついている朝鮮人は、充分養分の良いところに居ますし、これ以上住み心地が良い所は、なかなか無いので、出て行かないでしょう。
    コロナウイルスのおかげで、日本に韓国人を入れない状態にする事は出来ましたので、これを継続して、どう駆除して行くかが、日本の課題なのだと思います。

  8. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    ハンギョレ新聞の言うところ、少しは当たっているがやはり韓国らしく、物事の本質の見方が曇っています。「韓日両国の『昔の良き時代』は中国の浮上と北朝鮮の核開発という2つのショックで幕を閉じた」違う、そうじゃない。韓国の日本に対する敵対視した行動は、どう説明するのか?

    日本に対して、最早追いついた、抜いたと言う妄想と、窮乏化する国民の眼を政府に向かわせないよう、日本をマトにした、特に文政権(朴も李もだが)。

    異常な反日、遡求法が日本に対してある限り、無理でしょう。また平気で騙したり、盗んで横流し、自分は知らんぷり、こんなのはまともな人のやる事じゃない!

    日韓の人の交流がいつまでたっても戻らない(笑)。このままで良い。

    1. イーシャ より:

      めがねのおやじ 様

      > 日韓の人の交流
      相互に自国民の帰国だけは進めて欲しいです。

      1. めがねのおやじ より:

        イーシャ様

         書いててつい、熱くなり端折ってしまいました。申し訳ございません。言われる通り、人質にしかねない連中ですから、早急に日本人で帰国したい方を戻さねばなりませんね。日本にはついでに、オマケも沢山居るので返品ナシで送付したいものです(失笑)。

  9. ボーンズ より:

    韓国のメディアがどうこう言おうと、日韓の実像が見えた日本人の方向には何の関係もありません。韓国が一気に崩壊するのを抑えつつ、大陸からの侵略に対して守りを固めるだけです。
    (ここを早急に進めなければならないのだが)

    韓国が北朝鮮と統一した暁には、宗主国から軍事的に潰される所までは既定路線ではないかと私は考えております。
    (北が持っているミサイルだと、北京も射程距離に入っておりますので)

  10. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    戦略的利益の共有はさておき、日本と半島の住人は行動様式が根本的に異なります。

    人間が相互に平等な関係であると見なす日本と序列は絶対で上位と劣位の関係は∞対-∞の半島の住人とは関係の認識から異なっています。

    日本が何を言おうが劣位の主張は聞く必要がないと見なすのが今の反日左派で聞いたふりはする方が良いと捉えているのが用日派です。

    どちらも日本は彼らにとって劣位です。
    言い分を聞く必要ないと捉えているのが問題です。

    皮肉にもこの序列はアメリカが担保していると彼らは考えています。アメリカ自身が否定しても無理です。

    なんといっても実際についこのまえもアメリカが無理筋の慰安婦合意をさせたでしょう(笑)。

    これを否定するには日本がアメリカを人口半減させる位の力ずくでの勝利を見せないと認識は変化しないと思います。
    書いている当方は上記は絶対無理と思うので日本人が望む双方対等な関係構築する解決は「無理です(笑)」

    つまり朝鮮半島に彼らが居住する限り極東の不安要素は除去できません。
    どうやっても自分たちに利益が出ない関数があるなら関数自体を別に書き換えないといけないのです(笑)。

    半島の住人の入れ替えが当方としてはアメリカと中国とロシアを含めて極東の安全保障の安定化のベストソリューションと考えざるをえないと思います。

    この悲劇は日本とアメリカが健全な関係を築けなかったのが最大の要因と思います。

    深い反省をしながら悪事を行う必要があるのではないでしょうか。

    以上です。駄文失礼しました。

  11. はにわファクトリー より:

    良好な日韓関係はこの世に存在していないことを、会計士どのが明快な論述によって明らかにしてくれました。ジャーナリスト諸氏のみなさまにあっては、ジャーナリズムの矜持を正しめ職業倫理を実践していることをはっきりさせるため、煙幕発言をもってして人を惑わせ虚言を弄し逃げ回ることなく真実を世界に発信することが今ほど強く望まれている時期はないと思います。

  12. sey g より:

    物事を理解する時、ハッキリさせないといけないのは前提条件です。
    いくら論理的に行動しても、前提条件が間違っていたら全て砂上の楼閣。意味がありません。
    日韓関係の前提条件。
    日韓は仲良く出来ない。
    韓国に説得は無理。
    韓国に言葉は通じない。
    そして、韓国の求める事は日本は絶対に飲めない。

    これらの前提条件を理解したら、これからの日韓関係で、どう行動したら良いか簡単に見えてきます。
    両国が両国とも相手の望む行動は取れません。
    そして、会話で両国の調整も無理です。
    なら話は簡単。会話しなければいいだけ。
    今迄は、会話が通じると思って、調整しようと一歩引いたり相手の言う事を少し聞いたりしてました。
    相手が間違ってたら説得して直そうとしてました。
    それが、全ての間違い。

    これからは、嘘をついたら制裁。言いがかりで制裁。制裁に文句言ったなら制裁。
    会話はしません。
    どうせ、韓国は日本に寄生しないと生きていけないので、寄生には規制で対抗します。
    韓国にも、一応痛覚はあるそうなので、会話よりかはこちらの言いたいことが伝わるのかと。

  13. もう駄目あの国 より:

    日韓関係破綻の理由は、江戸時代の朝鮮通信使の日記にある日本に対する羨望と恨の感情(自分達よりも遥かに優れている嫉妬心)や、日本側の記述記録絵を見れば、決して双方交わる事が出来ないのは当たり前です。江戸時代当時の朝鮮通信使の振る舞いを日本民衆が彼等を見下していた記録から、今の時代も何も変わっていないのですよ。西郷隆盛が※征韓論を唱えたのも朝鮮通信使の横暴さが原因だと言われています。
    ※西郷隆盛は朝鮮の日本侵略を警戒していた

  14. 日本文化を守れ~ より:

    私が生まれてから親の言われて育ったこと。
    1,嘘をついてはいけない。(嘘つきは泥棒の始まり)
    2,お天道様が見ている。(人が見ていないところでも悪いことをしない)
    3,人に会ったら挨拶をする。(相手を認め対等の付き合いをしなさい)

    私が知識として知り得た中韓文化
    1,嘘は必要。(だまされた方が悪い。いわゆる仲間だけを信じる)
    2,契約は守れるときに守る。(契約したら守るよう常に監視が必要、又監視するシステム有り)
    3,自分の利益第一に行動する。(言葉は飾りと思え。行動が真実)
    4,道徳は無い。(唯一中国現地で言われた言葉です)
    5,当然恥という概念も無い。(日本人的な意味合いです。彼等はメンツと言う恥概念はある)

    これらから導き出されるのは
    1,自分が偉く(儲ける)なるのは良い。(固定化を図る。独裁になる)
    2,洗脳に罪悪感が無い。(目的のために手段を選ばない)
    3,言葉が軽い。(ダブルスタンダードが頻発しそれを気にしない)
    4,欲しいものは手に入れる。(手段は選ばずネチネチ・延々と)

    こんなのに付き合うとかほんと鎖国したい

  15. 捨韓人 より:

    キルユンヒョン記者、最近まで東京特派員だった方ですね.
    考察過程には絶対に同意できないのは当然ながら、今回に関しては結論は「逆方向に一回りして」一致するようですし、意外に冷静な文章でした.
    同人の特派員時代の記事(当然対日本の内容)は、前提となる事実関係の記述からして「この人、本当に東京に住んで、日本の市井を取材・観察してるの?」という程的外れだったように記憶しています.
    まあおそらくは、彼の取材先とかは立憲民主党やら社民党とか、「人権・ジェンダー」NGO、「人権」弁護士とかに極端に偏ってたと思います.そうであれば、当時の過激で屈折した「反日」舌鋒も納得できますから.

  16. 名無名無し より:

    何時もながら、大変整理された新宿会計士さまの議論。
    本論としても色々賛同意見もあるのですが、脇道の話で一つ気が付いた点を
    > 「日本が遠からず、米国の力に頼らず直接北朝鮮を攻撃する能力を確保する可能性が高まった」
    韓国は現に、米国の力に頼らず直接北朝鮮を攻撃する能力を保持しています。戦時作戦統制権返還なども(現実性は置くとして)含めて、韓国軍は現に営々と北朝鮮直接攻撃の武力を保持しているのです。
    これが「みせかけ対北で、実は対日攻撃用」というにせよ、いずれにせよ対地攻撃戦を想定した武装を軍事ドクトリンに入れていたのです。ハンギョレもその事を当然わかっていると思います。で、自国が保持する対地攻撃能力(タテマエは対北用)は当然の自営反撃権としながら、日本の自営反撃能力は非難攻撃する。最近の韓国のこの論建てには「戦犯国だから」という韓国特有のレッテルが大きく関わって居る様に思います。
    いずれにせよ、今の日韓両国は国防予算がほぼ同じ、F35やらイージズ艦などの武装もかなり似ている。同じ米軍基地を置き、米国と同盟関係にある、という(役割は少し違うが)似た陣容を持っている。その中で「日本だけは普通の国になってはならない(が韓国は米国の規制も突破して軍拡を進める権利がある)」という「軍拡論理と反日攻撃のミックス」とでも言うべき滑稽な論理を編み出して、さかんに振りかざしているように思えるのです。
    幸いな事にこの「韓国は無制限に軍拡OK、日本は普通の国になるな」という珍議論はアメリカの主流には支持されていません。臺灣やインド、東南アジア各国も今の所韓国のような議論にはなってないと思います。
    また、私の見立てとしては「日本の日米安保からの自立」など荒唐無稽な韓国の自己投射で、よく韓国マスコミも揶揄するように日本は全力でアメリカに追従し、アメリカを積極的に同盟関係を深めるように働きかけて関係強化していると思います。アメリカ側も望んでいるかも知れません。
    戦略ミサイル原潜配備だとか韓国独自のSLBM開発だとか言うのは主に韓国であり、全世界に兵器を早くから売り歩く「死の商人」を自国の戦略に組み込んでいたのも韓国です(戦略物資輸出管理の見直しも、売れるモノならなんでも転売する(ちゃっかり日米の技術も移転や地位利用でちょろまかし第三国に売る)モラルの無い死の商人韓国の実態への警戒態勢と言えます)。
    韓国の軍産複合体の意志、韓国国民の意志が軍拡の方向にあるのは事実であり、その軍拡の際の想定する敵国が次第に北朝鮮から日本に焦点が変更しつつある事も事実であり、「韓国は軍拡OK、日本は軍拡は軍国主義で戦犯国だから禁止」も明瞭になってきました。
    私はこの韓国の無謀な軍拡路線は韓国の財政破綻まで行くと思います。残念ながらそういう敵国が存在するので日本は韓国に歩調を合わせて当面軍拡するしかないと思いました。

  17. 匿名 より:

    > 北朝鮮を攻撃する能力を日本が装備したら、なぜ「東アジア全体が巨大な混乱の渦に巻き込まれる」のかわかりませんが、……

    意外に、人間は自分の思考パターンを超えない範囲で相手が動くと思いがちです。
    日本に対外攻撃手段を持たせまいと声高に日帝だなんだと叫ぶのは、日本が中国・韓国等を武力で侵略する意思を持っていると彼らが思い込んでいるからだと思います。
    なので、(恐らくは)大半の日本人が領土拡大の野望など持ち合わせていないということは、彼らの理解を超えたことなのだろうと推測します。
    韓国政府、メディア、韓国の教育はこれまで日本をさんざん悪の存在として喧伝してきたので、一般の韓国国民がこのような考えに至るのは必然なのかもしれません。

    別に韓国を擁護しようという意図はありませんので悪しからず。

  18. より:

    歴史を遡ると、日本が朝鮮半島に対して軍事力を発動したのって、一番最近でも約400年前の秀吉の時、その前となると、知る限りでは白村江の戦いにまで遡るので、1200年以上昔の話です。海を隔てているとは言え、これほど戦ってない隣国同士というのも、むしろ珍しいのではないかとさえ思います。
    なので、韓国人の「太古の昔から日本は常に半島を侵略しようと狙っていた。今でも隙あらばいつでも攻め込んでくるに違いない」という確固たる妄想がどのようにして植え付けられたのかについてはちょっと興味があります。軍部が予算確保のために対日脅威論を煽るだけ煽った、というだけでは要因としてはちょっと弱いように思うので。

    1. だんな より:

      龍さま
      韓国人の妄想は、史上最悪の植民地支配を受けたという反日教育の成果です。
      そして、強くなって攻め込みたいと、考えていると思います。

  19. 福岡在住者 より:

    この記事の最後の部分に「韓国と日本の戦略的利害はもはや一致しない。」とありますが、「韓国と旧西側諸国の戦略的利害はもはや一致しない。」の方が適切だと思いました。

    韓国は北朝鮮に異常に接近し、中国とは(昨日の中央日報の記事にあるように)「二股外交」を継続する。 それに対し、旧西側諸国の戦略的利害は 北朝鮮の非核化と「新たな世界秩序」を目指す中国の封じ込めで、まずは5G分野でのファーウェイ排除です。
    最近これに英国も同意しました。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/741ac51e10f77ebc6d28b508e221be4d853ccd59

    下記は先月の記事で ファーウェイの一部参加をまだ認めていた頃の記事です。
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-06-03/QBD9RRT1UM0W01
    ここで面白いのは NECとサムスン電子が競合していること。 NECといえば最近 NTTと資本業務提携を結び5G関連で協力することを発表しました(額は少ないと思いますが)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/145b9799a12eacb28dd3d5d596f366d40b8bfe30

    2018年当時 NECはサムスン電子と「5Gポートフォリオ拡大のため協業することに合意しました」とありましたが、、、。 確か、サムスン電子は現時点でファーウェイ排除を表明していないと思います。
    https://jpn.nec.com/press/201810/20181024_01.html

    5G関連では戦いが既に始まっているのかもしれませんね。 

    1. りょうちん より:

      5Gのパテントプールの中ではファーウェイは8.3%を占めているそうです。
      https://www.cybersoken.com/file/5G-SEP-JP.pdf

      うちの特許は使わせない!と言うことができないようなシステムにはなっていますが、さてどうなることやら。
      5G用の高性能SoCが作れなくなりましたし。

  20. 名無しの権兵衛 より:

     「この流れに歯止めをかけたのは、2016年末の韓国の民衆たちのろうそく集会だった。このまま韓米日三角同盟に引っ張られることに大きな不安を感じた韓国人たちは、2017年5月、文在寅を大統領の座に押し上げた。」
     これを一言で言うと「自国の経済的発展や軍事力強化により自信を持った息子(韓国)が、『自分はもう一人前になった』と確信して、これまで育ててくれた父親(米国)や母親(日本)と決別し、独自の道〔両親が反対する相手(北朝鮮)との結婚〕を歩み始めた。」というところでしょうか。
     両親にしてみれば、もともと、頼まれたので仕方なく養子にして育ててきたものの、その出来の悪さに散々苦労させられてきた息子ですから、「勝手にしなさい。どうなっても知らないよ。後で泣きついてきても絶対に助けてやらないよ。」といったところでしょうか。

  21. 阿野煮鱒 より:

    > 太古の昔から日本は常に半島を侵略しようと狙っていた。今でも隙あらばいつでも攻め込んでくるに違いない」

    三国史記を読むと、当時の倭は頻繁に朝鮮半島に攻め込んでいました。その理由は三国史記に書かれていないのですが、単純な略奪目的のようです。頻度が高くて戦闘規模が小さいことから、私は倭国の正規軍ではなく、後の倭寇のような私的略奪部隊ではないかと見ています。

    その倭寇は14世紀頃から活発になり、高麗・李氏朝鮮を悩ませました。朝鮮は度々日本に倭寇取り締まりを訴えていました。豊臣秀吉の海賊停止令により、やっと事態は収束に向かいました。

    そんなわけで、倭人は隙あらば朝鮮を狙うという感覚は、朝鮮人視点ではあながちわからなくもありません。彼らには、国軍とならず者集団の見分けがつかないのですが、攻め込まれ収奪される側にとってはそこは重要なポイントではないでしょう。

    それから、歴史的記憶を抜きにして考えることもできます。自分たちが常に日本攻撃を望んでいるので、日本が朝鮮を攻撃すると自己投射するのです。

    もう一つ。かつて私はNAVER/EnjoyKoreaで多数の韓国人と自動翻訳経由で議論した経験があります。そこで得た感触ですが、愚民層の韓国人は、3.1独立運動と朝鮮戦争がごちゃ混ぜになっていて、朝鮮戦争は日本からの独立を勝ち取るための戦争だったと考えているようです。そして、独立門は勝利の記念として建てられたものだと思い込んでいます。

    一応、韓国人は歴史の授業で、3.1独立運動が何年だったか、朝鮮戦争(韓国では、韓国戦争あるいは、6・25戦争)は、いつどんな経緯で勃発したかは学習します。だから日本人が訂正を入れれば我に返って思い出します。でも、しばらく立つとまた意識が混濁するらしく、また変なことを言い始めます。

    因みに独立門や日清戦争のことはちゃんと教えないようです。清の属国だったことを語らねばならなくなるので都合がわるいのでしょう。本物の独立門には、清からの独立を記念した的な説明書きがありますが、独立門の周囲には抗日運動に関わる物が張り巡らされており、ぼんやりしていると勘違いするように入念に考えられた配置になっています。

    実際にソウルに行って、様々な博物館や記念館を見ましたが、上述のように、観る者が勘違いするように丁寧に誤誘導する仕掛けが随所に見られました。嘘よりもタチが悪いです。

    ここからは推測ですが、韓国社会にはこのような誤誘導が至る所に仕込まれており、それに騙される韓国人が、韓国は命がけで日本と戦って独立を勝ち取ったと信じるようになるのではないかと私は見ています。

    で、「日本は復讐の機会を虎視眈々と狙っているにちがいない」と思い込んでも不思議ではありません。

    1. 阿野煮鱒 より:

      このコメントは龍様(2020/07/16 at 13:05)あてでした。
      なぜかまたインデントがはずれてしまいました。

    2. 権兵衛 より:

      朝鮮半島の住人の頭では「倭の方角からやってくる朝鮮沿岸を縄張りとしている海賊」と「倭の国」との区別がついていないので、「野蛮な日本は我々油断をすると朝鮮半島を侵略して来る筈だ」と言う『謂れのない勝手で場違いな思い込み』に侵されているのでしょう。

      韓国の国を挙げての反日は「日本国」を「朝鮮半島専属の海賊」と混同していると言う事で説明がつきませんかね…

    3. より:

      > 自分たちが常に日本攻撃を望んでいるので、日本が朝鮮を攻撃すると自己投射するのです。
      とされている点については全く同意します。彼らがことあるごとに「日本は金にあかせたロビー活動で結論を捻じ曲げた」だの、「日本は韓国の成功に嫉妬している」だのと言い募るのは、おそらくは自分たちが買収などを散々仕掛けているから、そして自分たちが国際社会における日本の声望に嫉妬しまくっていることの裏返しで、自分たちがそうなんだから日本人もそうであるに違いないと思い込んでいるだけです。自分たちの品性下劣さを他民族に投影するのは、是非とも勘弁してほしいものですね。

      朝鮮史に関する本を何冊か読んでみると、隣国のことながら、「なんと哀れで惨めな」という感想しか出てきません。外敵に自力で勝利したのは高句麗の時代まで遡らねばならず(しかも最近の研究では、高句麗は女真人の国だったというのが有力だそうで))、文化的にも何一つ産み出したことも、洗練・進化させたこともなく、国内政治ではひたすら内ゲバに明け暮れ、対外的にもただただ中華王朝に収奪されるだけ。
      韓国人が妄想の世界に逃げ込まないと正気を保てないというのも、必ずしも無理とも言えないのかもしれません。なので、韓国人は必死で歴史の書き換えを図っています。
      > 韓国は命がけで日本と戦って独立を勝ち取った
      という妄想もそのひとつでしょうし、古朝鮮とかいう爆笑モノの大風呂敷を大学教授や大手メディアが公然と持ちあげていたりします。それによってますます日本人や中国人から嘲笑されていることに気づかない、むしろますます固執するという、まさに悪循環です。

      まあ、韓国人がどれほど己の妄想の中で溺れていようが、韓国国内でやらかしている分には知ったことではありません。問題は、その妄想を広めようとする、あろうことか共有するよう強要するという点です。とても残念なことに、それで一番迷惑を蒙るのは日本なので、何か対策を考えたいところですが、韓国人にその妄想を捨てろというのは死ねということと同義であるようにも思えるので、ちょっと悩ましいですね。

    4. 匿名 より:

      >だから日本人が訂正を入れれば我に返って思い出します。でも、しばらく立つと
      >また意識が混濁するらしく、また変なことを言い始めます。

      意識が混濁するのではなく、まさにこの状態が韓国人が「我に返った」「正気に戻った」ものなのです。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。