相変わらず「輸出規制を巡る議論」と誤報する中央日報

昨日、日韓両国政府による輸出管理を巡る第8回目の政策対話が開催されたようですが、これに関する韓国メディア『中央日報』の報道が相変わらず酷いです。輸出管理を「輸出『規制』」などと誤報しているほか、政策対話を「輸出規制を扱う協議だ」と述べるなど、事実誤認も甚だしいとしか言い様がありません。もっとも、韓国側がこのように盛大な勘違いを続けていることは、言い換えれば、日本が輸出管理適正化措置を撤回することは難しいという間接的な状況証拠でもあるのです。

だから、輸出「規制」じゃありません!

重要なことなので、何度でも指摘したいと思います。

日本政府が昨年7月1日に発動した措置は、「輸出『規制』の強化」でもなければ「貿易報復」でも「対抗措置」でも「経済制裁」でもありません。韓国に対する輸出管理の厳格化措置、あるいは輸出管理の適正化措置です。

これについて、いまだに誤解している人が(保守・左派を問わず、また、日本人・韓国人を問わず)無視できないほどの割合で存在しているようですが、そもそも輸出管理とは、安全保障と一体の考え方です。実際、法律を読むと、外為法第48条第1項には、次のように明記されています。

外為法第48条第1項

国際的な平和及び安全の維持を妨げることとなると認められるものとして政令で定める特定の地域を仕向地とする特定の種類の貨物の輸出をしようとする者は、政令で定めるところにより、経済産業大臣の許可を受けなければならない。

これが輸出管理の基本となる条文です。

この点、本来であれば日本は自由貿易を旨とする国ですので、ヒト、モノ、カネ、情報の流れも自由でなければならないはずであり、輸出にあたっていちいち経済産業大臣の許可を受けなければならないというのも、一見、おかしな話です。これについてどう考えれば良いのでしょうか。

とても当たり前の話ですが、国の目的は、「平和」と「繁栄」です(これを難しい言葉でいえば「安全保障」と「経済的利益」の追求、ということです)。そして、「平和」と「繁栄」が対立するときには、優先されるのは「平和」です。

考えてみればわかりますが、カネ儲けのためであれば、ピストルや弾薬、ミサイルや核爆弾などの武器を作れば、非常に高値で売れます。なぜなら、地球上には北朝鮮などのならず者国家やアルカイーダ、ISILなどのテロ組織など、武器、弾薬を欲しがっている連中はいくらでもいるからです。

日本ほどの技術力があれば、百発百中の精度のあるミサイル、殺傷力の高い生物・化学兵器なども、お手の物でしょう。

しかし、そんなものを製造して外国に売れば、全世界で争いが勃発しかねませんし、巡り巡って日本の安全をも脅かすことになるのは明白です。そこで、「カネ儲けの自由」よりも「軍事転用されるリスクの軽減」を図るための条文が、外為法第48条なのです。

対韓輸出管理適正化措置の背景

日本政府が昨年発表した輸出管理適正化措置とは、戦略物資の韓国への輸出管理の取扱いを変更するもので、大きく①フッ化水素など一部品目の輸出許可等を個別承認に切り替える、②韓国を輸出管理上の「(旧)ホワイト国」(※)から除外する、という措置からなります。

(※日本政府・経産省は8月、輸出管理上の「(旧)ホワイト国」「(旧)ホワイト国以外」という分け方については「グループA」~「グループD」に呼称を変えましたが、便宜上、本稿では「(旧)ホワイト国」という呼称も使います。)

日本政府はこの輸出管理適正化措置に踏み切った理由について、韓国との信頼関係を前提とした輸出管理に取り組むことが難しくなっていることに加え、韓国に関連する輸出管理をめぐり「不適切な事案」が発生したことを挙げています。

ここでいう「不適切な事案」が何を意味するのか、経済産業省は本日に至るまで公式にはその内容を明らかにしていませんが、当時の世耕弘成経産相が8月8日付の記者会見で、

あわせて、輸出許可申請についても引き続き厳格な審査を行って、迂回貿易ですとか目的外使用といった事例が出ることがないように、厳正に対処をしていきたいというふうに思っています」(※下線部は引用者による加工)

と発言したことなどと照らし合わせると、韓国が日本から輸入した品目を巡って、「目的外使用」「迂回貿易」などに流用していたのではないかとの疑いは濃厚です。

また、事実関係を申し上げておくならば、「(旧)ホワイト国」は輸出管理上、最も優遇される措置の適用対象国ですが、日本、米国、欧州連合(EU)のなかで、韓国を輸出管理上の「(旧)ホワイト国」(またはこれに相当する優遇対象国)に指定していたのは日本だけでした。

しかも、輸出管理上必要な日韓政策対話についても、2016年6月に開いたのを最後に、2019年12月に再開されるまで、じつに3年半もの間、開催されていませんでした(おそらく韓国政府側が開催を拒絶していたためでしょう)。

自然に考えて、政策対話を拒絶する、不適切な事案を発生させる、というような国と、信頼関係に基づく輸出管理をまともに実施できるはずがありませんし、そんな国を「(旧)ホワイト国」として優遇し続けていれば、日本自体、欧米諸国から輸出管理上の優遇対象国から外されてしまうおそれすらあります。

だからこそ、経産省は昨年、韓国を輸出管理上の優遇対象国から外し、「グループB」に落としたのだと考えて良いでしょう。

依然として優遇対象国であり続ける韓国

もっとも、現在韓国が区分されている「グループB」は、「(旧)ホワイト国」、つまり現在の「グループA」に次ぐ優遇対象国であり、「一般包括許可」は使用できないものの、品目によっては「特別一般包括許可」などの措置を使うことも可能です。

また、個別許可制度に切り替えられた3品目のうち、「HS番号2811.11-000」(フッ化水素、フッ化水素酸)の対韓輸出高については、確かに2019年8月には金額、数量ともにゼロでしたが、その後は輸出許可が出ていることが確認できます。

さらに、3品目のうちレジストについては、昨年12月に個別許可に加えて「特定包括許可」と呼ばれる許可も使えるようになりました。これも、今回の措置が「対韓経済制裁」ではなく、あくまでも輸出管理上の必要に応じて講じたのだ、という日本政府の説明と綺麗に整合しています。

よって、韓国の態度次第では、今後、この対韓輸出管理についてはさらに優遇措置が導入される可能性もありますし、あるいは逆に、輸出管理がさらに厳格化されるという可能性もあります。

その意味で、「すべては韓国次第」、なのです。

決めつけはダメですが…

ただ、この輸出管理適正化措置が「輸出『規制』」ではないことについては明らかだとしても、それでも今回の措置が「対韓経済制裁」(あるいは自称元徴用工問題などへの報復)である、などと決めつけている人がいることは事実です。

たとえば、『「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?』でも触れましたが、一定の読者層から高く支持されている保守系の国際関係アナリストでさえ、

半導体材料の輸出管理強化が『徴用工問題への報復』であることは、全日本国民が知っている。政府高官もそう語り、全マスコミがそう報じていた。

など、とんでもない無知を晒してしまっているほどです(※余談ですが、これなど「国際関係アナリスト」だからといって、金融規制などに詳しいとは限らないという好例でもあります)。

「日韓関係悪化は中国を利する」、その何が問題なのですか?

むろん、安倍晋三総理大臣の内面で、自称元徴用工問題や慰安婦財団の解散など、韓国の相次ぐ不法行為に対する「怒り」の感情が渦巻いているという可能性について、当ウェブサイトとしては否定するつもりはありません。

また、今回の輸出管理適正化措置が、意図したかどうかは別として、結果的に「仮に日本が韓国への経済制裁を加えた場合に、韓国がどういう反応を示すか」という実験として機能した、という側面があることは否定できないでしょう。

とくに、韓国(や北朝鮮)の「4つのインチキ外交」が余すことなく示されたという意味では、日本にとっては一種の成果だったという言い方をしても良いかもしれません。

韓国と北朝鮮の「4つのインチキ外交」
  • ①あることないこと織り交ぜて相手国を揺さぶる「ウソツキ外交」
  • ②国際社会に対してロビー活動をして、ウソを交えつつ「相手国の不当性」を強調する「告げ口外交」
  • ③国際協定や国際条約の破棄、ミサイル発射などの不法行為をチラつかせる「瀬戸際外交」
  • ④主要国間でバランスを取る「コウモリ外交」

たとえば、日本の対韓輸出管理適正化措置に対し、韓国政府が日本に対して取った行動も、見事なほどに、このインチキ外交の「黄金パターン」を踏襲していることがわかります。各事例をそれぞれ1つだけ紹介しておきましょう。

パターン①ウソツキ外交

7月12日に経産省が韓国の求めに応じて「事務的説明会」を開催したが、韓国は一方的に「第1回目の日韓協議」「韓国は日本に立場を伝えた」などウソの内容を発表し、経産省が即否定して韓国に強く抗議した(『信頼に値しない国 やはり「言った言わない」の展開になった』等参照)

パターン②告げ口外交

7月24日にWTO一般理事会で韓国政府が日本の輸出管理に関する運用体制変更の「不当性」を訴えたが、主要国から無視された(『現代版「ハーグ密使事件」?WTO直訴事件の当然の顛末』参照)

パターン③瀬戸際外交

8月23日に日本に対し『秘密軍事情報の保護に関する日本国政府と大韓民国政府との間の協定』(俗称「日韓GSOMIA」)の終了を通告し、11月22日に事実上の撤回に追い込まれた(『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』等参照)

パターン④コウモリ外交

韓国政府が「より強い相手」である米国に対し、日本の韓国に対する「輸出『規制』」撤回を仲介するように要求したものの、ドナルド・J・トランプ米大統領は「日韓ともに仲裁を要求したら、応じないわけではない」と述べた(『「トランプ氏が日韓仲裁に意欲」?そんなこと言ってません』参照)

もっとも、「瀬戸際外交」のうち、日韓GSOMIA破棄宣言が米国の逆鱗に触れたためでしょうか、おそらくは米国からのかなり強い圧力によってこの措置は撤回させられ、韓国政府にはいよいよ「打つ手」がなくなった格好です。

このため、輸出管理適正化措置を巡っては、「ウソツキ」「告げ口」「瀬戸際」外交の段階を越えて、いまや「泣き落とし」の段階に入っているような気がします(『瀬戸際外交が通じず、ついに泣き落とし外交に入る韓国』参照)。

瀬戸際外交が通じず、ついに泣き落とし外交に入る韓国

前回の政策対話時の韓国メディア報道が酷い

さて、先ほど、「おそらく韓国政府が拒絶したためか、輸出管理を巡る日韓の政策対話は3年半も中断した」、という話題を紹介しました。そして、3年半ぶりに再会された政策対話の結果が、経産省のウェブサイトに12月16日付で掲載されています。

第7回輸出管理政策対話を開催しました

12月16日、経済産業省は韓国産業通商資源部との間で、第7回輸出管理政策対話を開催しました。今回の政策対話では、機微技術管理をめぐる情勢・課題や日韓双方の輸出管理制度やその運用についても専門的観点から幅広く意見交換を行いました。さらに、両者は、今後も引き続き懸案の解決に資するべく、輸出管理政策対話を継続していくことに合意しました。<<…続きを読む>>
―――2019年12月16日付 経産省HPより

これによると、対話の実施時間は10時00分~20時00分と長丁場であり、意見交換されたのは「機微技術をめぐる情勢・課題」や「日韓両国の輸出管理制度・運用」など、技術的な側面がそのかなりの部分を占めていたと考えられます。

ただ、当時の『輸出管理と日韓政策対話巡る韓国メディアの捏造が酷い』でも紹介したのですが、これが韓国メディアにどう報じられたのかといえば、「酷い」のヒトコトに尽きます。

輸出管理と日韓政策対話巡る韓国メディアの捏造が酷い

たとえば『韓国経済新聞(韓経)』は2019年12月17日 08:38付の『3年半ぶりに対話再開したが…韓日「輸出規制解決」には平行線』という記事(※掲載は中央日報日本語版)で、

輸出規制問題を話し合う韓日局長級対話が再開されたことを受け、両国が葛藤解決の糸口を探るだろうとの期待が高まっている。だが、強制徴用賠償判決問題など根本的な懸案で見解の溝は埋まらず、劇的な反転は当分難しいだろうという見方もある。

とやらかしています。冒頭からいきなり間違っていますね。くどいようですが、この会合は輸出管理に関する政策対話であって、「輸出『規制』問題」を話し合うものではありません。これで「経済新聞」を名乗っているのですから、恐れ入ります。

もっとも、こうした事実誤認記事を掲載しているのは、韓経だけではありません。『中央日報』(日本語版)も2019年12月17日 07:18付の『東京で10時間額を突き合わせた韓日 「近く輸出規制追加協議」』という記事で、

この日の政策対話はフッ化水素など半導体に関連する3品目に対する輸出手続き強化(7月)、貿易上の優遇措置の対象である『ホワイト国』からの韓国排除(8月)など、日本の輸出規制強化措置に関して協議する席だった。」(※下線は引用者による加工)

と誤報しているからです。

韓国を代表すると思われるメディアがこれだと、正直、話にならないと言わざるを得ません。

中央日報が盛大に誤報

さて、その「続報」があります。

昨日は3ヵ月ぶりに輸出管理に関する政策対話(第8回輸出管理政策対話)が開かれました。さっそくですが、韓国メディア『中央日報』(日本語版)がこの政策対話を「輸出『規制』を緩和するための議論」と盛大に誤報してくれています。

韓日、3カ月ぶり「輸出規制」緩和議論を再開…新型コロナの影響でテレビ会議に(2020.03.10 11:18付 中央日報日本語版より)

タイトルからして間違っているのが痛々しいところですね。そのうえで、中央日報は記事のなかで、次のように述べています。

この会議は昨年7月に日本が断行した半導体素材3品目の韓国輸出規制問題を扱う。(中略)昨年12月の第7回政策対話では結果を出せずに会議が終了した。

全然ちがいます。

くどいようですが、念のため申し上げておくと、「輸出『規制』」なるものは適用されていません。日本の輸出管理適正化措置を巡って、韓国政府と韓国メディアがそろいもそろって「輸出『規制』」と呼んでいるだけの話です。

この会議はそもそも論として、日韓が相互に輸出管理の政策を巡り対話をするものであり、日本からすれば、韓国を引き続き「グループB」に区分しておくのが妥当か、それとも「グループA」に引き上げるか、「グループC」に引き下げるか、などを判断するための材料にする場であるはずです。

この政策対話を学校の例でわかりやすくたとえれば、教授が学生の学習の進捗度合いをチェックするようなものであり、教授はその学生の出来に応じて、今後この学生の成績をAに引き上げるか、Bのままで据え置くか、Cに引き下げるかを決める、というものでしょう。

この基本認識が間違っているからこそ、前回(第7回政策対話)では「結果が出せなかった」などとトンチンカンなことを報じてしまうのでしょう。

結局、認識の差は埋まらず

そして、当たり前ですが、この政策対話でも韓国が期待する結果は出なかったようです。

びくともしなかった日本…GSOMIA終了カードに輸出規制解除の兆しなく(2020.03.10 18:38付 中央日報日本語版より)

それにしても、記事タイトルが酷いですね(笑)

韓国側が日本の輸出管理適正化措置を「自称元徴用工問題への報復」と勘違いしている点について認識が改まらないこともさることながら、韓国政府が「対抗措置」として日韓GSOMIAの破棄を持ち出したことも、明らかにボタンの掛け違いが残ったままです。

(※というよりも、自称元徴用工問題は外務省、輸出管理適正化措置は経産省、日韓GSOMIAは防衛省がそれぞれ管轄していて、各省庁が韓国に制裁するためだけの目的で連携できるほどの有機的な動きが日本政府にできるとも思えませんが…。)

中央日報は、

韓国政府は昨年11月に韓日GSOMIAを延長した時には輸出規制問題がある程度解決されるだろうと期待していたが、3カ月にわたり足踏み状態だ。輸出規制に関連してはフォトレジスト1品目に限定して輸出手続きを一部緩和したのが日本が取った唯一の措置だ

としたうえで、

韓国政府と関連消息筋などによると、GSOMIA終了カードは日本に通じない雰囲気だという。日本が基本的にGSOMIAを韓日間の問題ではなく韓米間の問題と見ているためだ

と、日韓GSOMIAが輸出管理適正化措置と全く関係ないということに、今さらのように言及するのです。さらには「匿名の対日消息筋」が

  • 昨年11月のGSOMIA延長直後に東京で会った日本の国家安全保障会議(NSC)関係者が『GSOMIA延長決定は韓国がワシントンの圧力に勝てなかったもの』と話した
  • GSOMIAは日本には痛いカードではない。GSOMIA終了で日本を圧迫しても効果がないだろう

と述べた、などの記述もあるのですが、これも当ウェブサイトではすでに『もう日本は関係ありません、今後は米韓間で直接どうぞ』や『韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが…』などで述べたのとまったく同じ論点を繰り返しているだけのことでしょう。

もっとも、中央日報はこの期に及んで、

  • 日本が輸出規制カードで狙うのはやはり強制徴用賠償判決問題解決という点が再確認された
  • ある韓国政府当局者は、『輸出規制問題は日本の首相官邸がその気になればいつでも解除できる。結局強制徴用問題と連動させようとするものではないか』と話した

などと報じており、もうお話にならない、というレベルでしょう。

今後の注目点は「ヒト、モノ、カネ」

さて、個人的には、一連の日韓間の対話を見ている限り、肝心の韓国政府が輸出管理というものを理解していないため、正直、日本が韓国を「グループA」に戻すということは考え辛いと思います。

というよりも、韓国がもし自国の輸出管理に自信を持っているのならば、日本よりもまず最初に欧州連合(EU)と米国から「グループA」に相当する優遇措置を獲得すれば良いのに、と思いますし、なぜ日本に対して「だけ」、文句を言うのかと不思議でなりません。

そういえば、日本が韓国国民に対する短期滞在ビザ免除措置を停止した際も、なぜか韓国政府何卒よろしくお願い申し上げます。日本に対して「だけ」、対抗措置を発動しました(『韓国政府の軽率な行動により、ビザ免除復活が困難に?』等参照)。

韓国政府の軽率な行動により、ビザ免除復活が困難に?

もし韓国が日本を下に見ていて、日本が韓国に対して何らかの措置を講じたことに「逆ギレ」しているのだとしたら、これは愚かなことだとしか言い様がありませんし、とくに入国制限措置については、解除するタイミングを失えば、日韓間のヒトの往来が半永久的に滞る可能性すらあります。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

さて、日本による韓国に対する輸出管理適正化措置は「経済制裁」でも「報復」でも何でもありませんが、それと同時に、やり方によっては「日本から韓国へのモノの流れの制限」という点では立派な経済制裁として機能し得ます。

また、日本政府が発動した韓国に対する短期入国ビザ免除措置の停止も、目的はあくまでも防疫にありますが、経済効果だけで見れば、「韓国から日本へのヒトの流れの制限」という特徴があるという点では、これも立派な経済制裁として機能し得ます。

さらに、韓国政府がこれに対抗して発動した日本に対する短期入国ビザ免除措置の停止は、「日本から韓国へのヒトの流れの制限」という経済効果が生じており、いわば、図らずも実現した「セルフ経済制裁」のようなものでもあります。

そうなると、「ヒト、モノ」と来れば、残すところは「カネ」の制裁でしょうか。具体的には、韓国に対する支払いの禁止、資本取引の禁止、資産凍結措置などが考えられます。

そして、こうした「カネの制裁」が発動されるとしたら、可能性が高いのは韓国側で差し押さえられている日本企業の資産の売却が実現した場合、日本政府は何らかの対抗措置、経済制裁措置に踏み切らざるを得ないでしょう。

その際の制裁として何がなされるのか、興味深くてなりません。

そういえば、一昨日、『デイリー新潮』に掲載された、韓国観察者の鈴置高史氏の論考『「安倍が新型肺炎に罹ればいい」 文在寅“医学参謀”の品性なき発言のウラ』の末尾では、意味深なこんなメッセージがありました。

反日だけではありません。韓国の保守の間では、手負いの文在寅政権が何をしだすか分からない、との危惧が広がっています。それはいずれお話しますが、とにかく今、韓国から目を離してはいけないのです。

文在寅(ぶん・ざいいん)政権下での、常軌を逸した非合理的・非友好的な反日行動の数々に、韓国国内の保守派と左派の争い、そして今回のコロナショックが加わり、韓国が国内の混乱に日本を強引に巻き込もうとして来るのではないか、という疑念は尽きないのです。

その意味で、今回の相互入国ビザ免除措置は、結果的に日本が朝鮮半島の混乱から距離を置くうえで良いきっかけになり得るのではないでしょうか。

Follow me!

相変わらず「輸出規制を巡る議論」と誤報する中央日報” に対して30件のコメントがあります。

  1. 匿名 より:

    韓国は火病を患っているので、国内向けに「建前」が必要で、火種がないと国民がおさまらない。表向きは輸出規制と煽り、実務者はこそこそ「政策対話」を行うということなんでしょうね。発言や文章などの表現に反応するよりも実際どのように行動しているかを見るべきかと思われます。

  2. イーシャ より:

    > 日韓間のヒトの往来が半永久的に滞る可能性すらあります

    「半永久的」の半が「半直線」の半と同じでありますように。

  3. だんな より:

    日韓経産省対話については、経産省のプレスリリースが、まだ出ていませんので、内容へのコメントは、出た後にしたいと思います(この記事からは、何も変化が無い事が、予想されます)。
    日韓間の問題の多くは、韓国人の認知バイアスによるものだと思います。輸出管理を輸出規制と脳内変換するような事です。
    また、入国制限についても、何度も「日本、事前協議なく入国制限を一方的に発表…信頼ない行動は遺憾」の様に、日本側の発表と乖離した、妄言を続けています。
    韓国側が、日本に対して信頼出来ない行動を続けているのは、新宿会計士さんがいつも書いている通りです。
    以前文大統領が、時間が無いと言ってました。差押えの現金化するする詐欺は、何処に行ったのでしょうか。
    三月も中旬となり、想定していた時期は過ぎ去ろうとしています。
    今ここに、親愛なる文大統領閣下にお願いいたします。
    「早よ、現金化せい」。
    (以下聞こえない筈の心の声)「ぐず、ボケ、アホ」
    心の声の追加の有る方は、どうぞこちらに。 

    1. イーシャ より:

      だんな 様

      心の声です。
      「ヘタレ、弱虫、擦り寄るな、こっち見るな!」

      あっ、ちょっと言葉が汚なかったですね。言い直します。
      「自分の足で歩きましょう。既に踏んでいるのが地雷だとしても。」

      1. ポプラン より:

        イーシャ様
        地雷の目的は、兵士の殺害でなく体の一部を失わせその救援に
        また兵力の一部を割かせることにあると聞きました。
        地雷踏んだらもう自分の足では歩けませんよ。
        まあ彼の国は、運が悪いので踏んだのが信管を特別に過敏にした
        対戦車地雷かもしれませんが( ^ω^)・・・

  4. 匿名 より:

    ソウルで集団感染
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17942991/

    いよいよパニック始まりそう
    日本は入国制限かけててよかった
    押し掛けて来られちゃかなわない

  5. リャンピ より:

    この武漢ウイルスの韓国国内蔓延を利用して、危機的な非常事態対応ということを理由に、4月の選挙の延期を言い出したらいいですね。
    当然、野党側は猛反発しますし、反民主党の民衆は、この状況下でも集会やデモを行うでしょう。火病ですからね。
    そこを、集会禁止に反してウイルス拡散の行動をしているという理由で、警察と軍で徹底的に押さえ込んで、逮捕しまくる、粛清しまくるとかいかがでしょう。
    負ければ、そのうち命も取られる可能性も高い大統領です。何としても、選挙を民主党有利に運ぶために、なりふりかまわず無茶するのがいいと思います。そもそも、選挙など、今後しない気持ちで、独裁を目指せばいいのです。

    がんばれ、文!
    日本は、貴方を応援しています。

    1. だんな より:

      リャンピさま
      文大統領は、感染が収束した事にして、自画自賛したい状態を続けていると思います。一方で、ソウルのコールセンター集団感染が見つかりましたので、今度は首都ソウルで、拡散傾向になると思います。
      韓国国内での感染収束がいつになるか、想像がつきません。
      ソウルのデモを押さえ込むのは、ソウル市長がやるでしょう。
      どうなることやら、高みの見物しましょう。

    2. 福岡在住者 より:

      リャンピ 様
      読売新聞によりますと ソウル市は2月21日から市中心部を含む3か所の広場で集会を行うことを禁じているそうです。 罰金は300万Wらしいです。
      当然、違反する人(笑)がいますので 2月24日には「感染症予防法違反」で10人が警察へ告発されたらしいです。

      残念ながら「ロウソク」や「国旗」デモは期待できません。 

      1. リャンピ より:

        福岡の九州男児さま

        確かに、罰金があれば日本人ならばやらないでしょう。
        しかし、火の国の人ですよ。
        選挙延期とかって文罪炎大統領が言い出したら、きっと
        きっと火ビョーーーンと真っ赤になって
        どんどん人々が集まるような気がします。

        そこを警察と軍とで、わりと暴力的に排除するのです。
        そうなれば、さらに火がついて、国内が混乱します。
        混乱させないよりも、混乱した方が文ちゃんにはチャンスなのです。
        混乱が激しくなれば、軍や警察が鎮圧の名目で制圧できるからです。

        ようするに、わざと国内を大混乱させて、軍と警察、検察を味方につけて
        反対派の民衆を鎮圧してしまえば、独裁国家の出来上がり。
        それにミスれば死ぬし、選挙で負けても死ぬと思えば
        チャレンジする価値は十分にあります。

        文ちゃんに、助言してやりたいわ!
        やれるだけやれ。
        「殺られる前に、殺れ!」

  6. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    もう日本は次のステップ、「韓国をグループCに落とす」で宜しいんじゃないでしょうか。今はその実績作り。世界に「こんだけ分からず屋なんだヨ!」と公開しているようなもんです。

    輸出入の規制だとか不当であるとか、何も行動を改めず指針も示さず、話し合いで「結果が出せなかった」などとトンチンカンなことを報じてしまう。思う通り出来ないと「相手が悪い」(失笑)。

    テレビ会議も不毛な時間です。かと言ってヒトの往来を禁じてますから、「コロナウイルスが終わるまでに、韓国が考えを改めよ」(ムリだけど)ですね。平行線に終わっても痛くも痒くもありません。

    ま、出来ればウイルス禍で、韓国の体力は更に落ちて欲しいですね。

    1. 成功できなかった新薬開発経験者 より:

      めがねのおやじ 様

      「トンチンカンなこと」

      漢字を捨てた国民が、国際関係の機微を考えられるのか。
      平仮名だけで思考するのは、小学校低学年レベル。

      漢字を捨てたときに、それに付随する概念まで捨ててしまい、
      脳内変換ではなく、変換する以前の概念自体がなくなったのかも。

  7. 匿名 より:

    誰かのせいにしていなければ、自分の責任に押しつぶされ鬱火病になってしまう国。シンシアリー氏の言うところの疲れる国らしい話です。

  8. ボーンズ より:

    自分の願望と違う事実があると、自分の命綱をブチブチ切っていく…と、言うのが正しいのかな?

  9. kazusa より:

    こんにちは。

    ・輸出管理だと何度言われても輸出規制としか言わないマスコミ。
    ・(韓国の感染者数が猛追し始めると)国内感染状況を伝えるのに特殊な例のクルーズ船の感染者数をかたくなに繰り入れるマスコミ。
    ・韓国の感染者数が日本を超えた途端、韓国の詳細データーを基に検査数ガーと言い始めたマスコミ。
    ・中国の入国規制をしなかったことに手遅れと大合唱していたのに韓国の入国規制を批判するマスコミ。

    なんかわかりやすいですね。
    それだけ韓国の手がマスコミに入っているのでしょう、その点では日本は遅れています。

  10. だんな より:

    経産省のプレスリリースが、出ました。
    https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200311002/20200311002.html
    夜中の2時近くまでやってたようです。
    経産省さん、ご苦労様でした。

    1. カズ より:

      言質の共有を図る観点で考えれば第9回以降の政策対話もTV会談での実施が望ましいのではないでしょうか?

      見解の相違が解消されないまでも、やり取りの曖昧さを排除し「無から有を創られない努力」は必要なのかもですね。

  11. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    日韓関係の現状について「プチ断交」と表現しているのを見かけました。ちょっとした断交状態。確かにその通りです。

    COIVD-19が蔓延した状況を見渡して、今一番危険を感じるのは韓国です。鈴置氏の論考にあったように政治的にもそうですし、経済的にも危険です。そんな中、非難されにくい名分を元に距離が置けるのは非常に幸運ではないか、と思います。
    正直な感想として、韓国が的外れな事ばかり言い、少しも歩み寄りが無い事に安心します。

    そうはいっても韓国はしぶといし、何度も破綻しながら実際に倒れるところまでいかないじゃないか、と言われそうです。しかし、それは韓国が「生きている」と思うからしぶといのであって、「ゾンビだ」と思えば死なないのは当たり前、です。極端な話、骨だけになっても生きている(?)。

    もし日本が意図的に韓国の対抗処置を引き出す狙いがあったのだとしたら、このまま「プチ断交」が続く期待が持てます。そうであって欲しいと思います。

    1. りょうちん より:

      ウィルスが生物かどうかは専門家でも意見が分かれています。
      同様に韓国が国家なのかは専門家でも意見が分かれていて、そもそも生きていなければ死なないのであります。

      1. だんな より:

        りょうちんさま
        しれっと書かれてますね。
        韓国が国家なのかは専門家でも意見が分かれていて(笑)
        だとすると、韓国人がホモサピエンスがどうかも、意見が分かれていますが。

  12. 自転車の修理ばかりしている より:

    誤ちてこれを改めざる是を誤ちという「論語」

    韓国の行動規範は儒教に基づいているんじゃなかったでしたか?(皮肉)
    まあ失敗を失敗と認めてしまうと社会的に死ぬ(周囲から殺される)国なので、撤回も後退もできないのだろうと忖度します。朝日新聞がイアンフ誤報をしぶしぶ認めたように、中央日報が嘘を嘘と自認してしまうと、本社が炎上(物理)することでしょう。

    もう一つの問題は、韓国人のやることなすこと、ほとんどが誤ちだということですかね。
    誤ちてこれを改めて別な誤ちとなる、これを韓国という。

  13. 非野阿礼 より:

    日経記事に依れば
    >>韓国は今回の協議に先立って、国会で対外貿易法の改正案を可決した。戦略物資の輸出許可に関する条文に、大量破壊兵器とともに「通常兵器」も厳しく審査することを明記した。早ければ6月にも施行される。日本が求めている管理体制の改善に向けて対策を取った。

    との事ですが、長時間の会議と発表内容から、韓国が法律を守ら無い事以前に其の内容に日本側から訂正を求められた又は質問に答えられなかったと勝手に想像してます。
    信頼するに値する実績を積まない限り当分無理でしょうね、此は永遠と言い換えても良いニダ!

  14. 七味 より:

    会議の内容ってこんな↓感じだっのかな?

    日 機微技術管理をめぐる情勢・課題として、我が国では〇〇の動向を懸念してるところですが、韓国においては如何ですか?

    韓 情報交換のためにGSOMIAを延長したからホワイト国に戻すべきだ。話はそれからだ (*`Д´*)

    日 GSOMIAは関係ないですよ♪
    (特に情報持ってなさそう“φ(・ω・。*)カキカキ)

    日 ところで、韓国の輸出管理制度や運用を改善すると聞いてますが、進捗状況はいかがですか?

    韓 改善したからホワイト国に戻すべきだ♪ (っ・ω・)っ□

    日 資料のここのところ、詳細なデータはありますか?

    韓 そんなことより何故戻さないのか?

    日 韓国の輸出管理制度や運用をみないと、なんとも言えませんよ♪

    韓 自称元徴用工が問題なのか?
    現金化間近だけど、日本はそれでもいいのか♪

    日 輸出管理と自称元徴用工は別問題ですよ♪
    (改善のエビデンスなしと・・・φ(。_。*)カキカキ)

    韓 両者の溝が埋まらないのは残念だが、対話は継続したい♪

    日 継続したいね♪次は、ちゃんと「輸出管理」の資料を整えてね ( ´Д`)ノ~バイバイ

    日 ((。´-д-) まだ理解してないみたい。はぁ( ´Д`)=3)

  15. 統一教会マンセー より:

    4月総選挙の件ですがたしか韓国は電子投票だったと思っています。
    では操作は簡単ですよね。独裁国家(表書きは民主国家を装っているのがほとんど)の実態を見てると分りますね。
    ロシアは酷かったですよね。監視カメラにうつっていても問題にならない。
    選挙後問題が明るみに出ても3権を握っている文大統領には問題なし
    またそのゴタゴタが次の大統領選迄続き同じ事が繰り返される。
    ウリとナムの関係を見ればほぼ確定的に予想されます。
    それに日本も引き込まれるがそもそも彼らに韓国以外はどうでも良い。
    たかることが出来るかどうかだけ。
    だから都合良く日本がひきずり回される。

  16. たい より:

     日本国民といたしましては、偉大なる文大統領及び大韓民国国民に対して、敬ってかつ遠ざけさせていただきたいかと存じます。
     お互いコロナうつすかもしれないしからね。
     こっち来ないでね。シッシッ。
     

  17. アメンボ― より:

    blog主の新宿会計士さん並びに閲覧者の皆さん、どうも おじゃまします。
    (普免しか持ってねえオッサン風情(=私)がいきなりコメ欄を汚すのも、些か恐縮ですが…)

    今回新宿会計士さんの示された4つのK国の外交手法なんですが、これまた新宿会計士さんが以前示されてた
    『食い逃げ(外交)』という根幹原理に起因し帰結するモノなのだと思いまして。

    さらに私から言えば、K国の老いも若きも上から下まで
    「自身以外も(お天道様の下にいる)”公共”なんだから、”公”に転がってるモノに自分だって手を付けてもいいじゃん」
    …という概念なんだと断言もできます。

    (昼休み中なんで話端折らせていただきますが)
    「食い逃げ」に関してなんですが、食い逃げとして成立するまでは飽く迄『客』って所が実に厄介。
    Gのオモチャ(往々にして現物)を常にポッケへ忍ばせて来るような客の対処って…うーん、辛いもんです。

  18. めたぼーん より:

    この点についてブレの無い中央日報の記事を見ると、今日も韓国は正常運転が確認できますね。行く先は闇の中ですが。

    1. 阿野煮鱒 より:

      そこは「平壌運転」でお願いするニダ。

  19. 名無しの権兵衛 より:

    「日本が輸出規制カードで狙うのはやはり強制徴用賠償判決問題解決という点が再確認された」
    「ある韓国政府当局者は、『輸出規制問題は日本の首相官邸がその気になればいつでも解除できる。結局強制徴用問題と連動させようとするものではないか』と話した」
     このように、日本政府の輸出管理適正化措置の目的が、韓国政府に対して自称元徴用工判決問題の解決を求めることにあると韓国政府が信じているのであれば、どうかそのまま信じ続けていただきたいと思います。
     これまでは韓国政府の不法行為や嫌がらせにより、日本政府が一方的に不愉快な思いをさせられ続けてきた訳ですが、日本政府の輸出管理適正化措置や韓国からの入国制限措置を誤解した韓国政府が、日本政府に対して不愉快な思いを募らせているのであれば、日韓関係のバランスを均衡させるうえで大いに役立っていることになり、歓迎すべきことであると思います。

  20. はにわファクトリー より:

    GSOMIA破棄という麗しくも武断的な剣が今回「取引材料」に果たしても持ち出されたどうかは報道や経産省公式発表ではまるで分からないですね。
    「我々は強力な剣の柄に手をかけている。いつだってその斬れ味を披露してみせるぞ」
    「手をかけているのは、柄じゃなくって刃のほうなんじゃ(指斬れて落ちるかも」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。