韓国の輸出不振は対中依存度を強めた結果の自業自得だ

今朝の『ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた?』では先月の韓国の貿易統計を紹介しましたが、本日、韓国政府の産業通商資源部が2019年10月における貿易高の速報値を公表しているため、その主要な部分について、簡単にアップデートをしておきたいと思います。要約して言えば、「日韓貿易戦争」(?)なるものの影響はほとんど確認できない一方、中国との貿易高が大きく減少している様子がくっきりと浮かんでいるのです。

2019/11/01 21:20 追記

本文中、図表3~5について金額単位の注記が間違っていましたので修正しています。「百万ドル」ではなく「十億ドル」です。「名無しA」様、重要で貴重なご指摘を賜り、大変ありがとうございました。

2019/11/01 22:40 追記

本文中、図表1、2の数値についても誤りがありましたので修正しております。「名無しA」様、重要で貴重なご指摘を賜りましたこと、重ねて御礼申し上げます。

韓国の最新貿易統計

今朝方の『ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた?』では、「韓国の最新貿易統計が一両日中に公表されるはずだから、これについてのアップデートをする」と予告しました。

ついに「あの韓国企業」が通貨危機への警戒を始めた?

これについて、本日、韓国政府の「産業通商資源部」(省に相当)が2019年10月における貿易統計の速報値を公表していますので、「公表する」と予告した以上は、きちんとアップデートをしておきたいと思います。

まずは、今年1月から10月までの輸出高について、状況をまとめておきましょう(図表1。ただし、以下の議論では10月の数値はすべて速報値です)。

図表1 韓国の輸出高と前年同月比増減率
輸出高(千ドル)前年同月比
1月46,176,767-6.19%
2月39,484,154-11.32%
3月47,004,585-8.39%
4月48,806,771-2.09%
5月45,712,878-9.81%
6月44,035,874-13.79%
7月46,084,119-11.05%
8月44,077,828-13.88%
9月44,721,365-11.71%
10月46,784,000-14.72%
(10月までの小計)452,888,341-10.35%

(【出所】韓国政府および韓国銀行。2019年10月のデータは速報値)

韓国の輸出高は、1月、3~5月を除けば、年初からずっと前年同月比2桁減少が続いています。

ちなみに1月から10月までの10ヵ月累計値でいえば、韓国の輸出高は4529億ドルで、これは前年同期間と比べれば約10%の減少です。

貿易黒字は年初来で半減

そして、韓国は「輸出立国」として、自国が「貿易黒字国」であることを重視しているフシがありますが、輸出高から輸入高を引いた貿易収支については、もっと悲惨なことになっています(図表2)。

図表2 韓国の貿易収支と前年同月比増減率
貿易収支前年同月比
1月1,071,342-68.64%
2月2,868,1412.38%
3月5,017,798-21.74%
4月3,814,859-38.03%
5月2,047,473-67.13%
6月3,924,089-35.45%
7月2,347,301-65.95%
8月1,608,745-76.41%
9月5,981,786-37.80%
10月5,393,000-15.47%
(10月までの小計)34,074,534-43.96%

(【出所】韓国政府および韓国銀行。2019年10月のデータは速報値)

いかがでしょうか。

1月から10月までの10ヵ月間、ずっと前年同月比割れが続いているのです。

ちなみに、もう少し長期的なデータを確認しておくと、図表3のとおりです。

図表3 韓国の輸出高(左軸)、輸入高(左軸)、貿易収支(右軸)(金額単位:十億ドル)

(【出所】韓国政府および韓国銀行。2019年10月のデータは速報値。ただし、グラフ内の数字の単位は十億ドルではなく千ドル)

じつは、韓国は過去に何度か貿易赤字になったことがあり、グラフでも2012年1月に貿易収支が23億ドルの赤字になっていることが確認できますが、しかし、基本的には韓国経済は輸出が輸入を上回ることが多く、その結果、堅調な貿易黒字傾向が続いて来ました。

しかし、今年に限定していえば、輸出に急ブレーキがかかっている一方で、輸入がさほど減っていないという事情もあるため、結果的に貿易収支は大幅な減速となった格好です。

日韓貿易戦争ではなく米中貿易戦争

ただし、韓国は日本政府が打ち出した「輸出管理厳格化措置」を「貿易制裁」だの、「輸出報復」だのと言い募っていますが、そのわりに、数字の上からは、日韓貿易において顕著な変化は見られません(図表4)。

図表4 韓国の対日輸出・輸入・貿易収支(金額単位:十億ドル)

(【出所】韓国政府および韓国銀行。2019年10月のデータは速報値)

これで見る限り、「日韓貿易戦争」(※そんな言葉があるのかどうかは知りませんが…)については、現在のところ、ほぼ影響としては無視できると考えて良いでしょう。それでも2019年7月以降、両国の貿易高が顕著に落ち込んだという事実は確認できないのです。

強いて言えば、傾向として日韓貿易高(とくに韓国の日本からの輸入高≒日本から韓国への輸出高)については長期的な低落傾向にありますが、これはどちらかといえば韓国が(「日本と」、ではなく)「中国と」経済的結びつきを強めるなかで、日本との関係が徐々に薄まっている、ということかもしれません。

それよりも衝撃的なのは、何といっても中国との貿易高でしょう(図表5)。

図表5 韓国の対中輸出・輸入・貿易収支(金額単位:十億ドル)

(【出所】韓国政府および韓国銀行。2019年10月のデータは速報値)

中国との貿易高については、昨年末から今年初めごろにかけて輸出に急ブレーキがかかり、結果として韓国の対中貿易黒字が急激に縮小していることが、図表からも確認できます。

米中貿易戦争が激化し始めた時期よりも多少遅れていますが、それでも米中関係の悪化による中国経済の鈍化が韓国に対しても悪影響を与えているという仮説は成り立つでしょう。

データで見ることが大事

さて、韓国が自分で勝手に中国への経済依存度を高める分には、韓国が好きにすれば良いと思います。

実際、韓国は朴槿恵(ぼく・きんけい)政権時代を通じて、政治的にはより一層の中国依存を強めましたが、経済的に見れば、韓国は朴槿恵政権以前から中国との経済関係が深く、少なくともデータ上は「一蓮托生」のようになりつつあるように見えます。

その一方、日本との関係については、じつは日韓両国の「友好派」の人たちが主張するほど高い相互依存度があるわけではなく、このあたりについては客観的なデータでもって冷静に議論していくことが必要であるということはいうまでもないでしょう。

読者コメント一覧

  1. 迷王星 より:

    新宿会計士さま、更新有難うございます。

    >日本との関係については、じつは日韓両国の「友好派」の人たちが主張するほど高い相互依存度があるわけではなく、

    我が国の本質は昔も今も海洋国家なのですから、韓国だけでなく朝鮮半島や大陸全てがそもそも不要であり、最小限の交流だけで良いのです。

    明治時代の御先祖様達は帝政ロシアの脅威を過大評価し、同時に対馬海峡という天然の防壁の防御力を過小評価したが為に、半島併合という致命的な誤りを犯し、百年先まで禍根を残しましたが、その百年間で半島の住民の正体を嫌が上にも思い知らされた以上、二度と同じ過ちを繰り返す事は許されません。

    1. 匿名 より:

      データで説明する管理人は素晴らしい。
      コメンテーターを含め他のブログは自分の発言の説得力を増すために権威者の発言を取り上げるだけの場合が
      多いが(調べる時間がないからなのかもしれませんが、、、)、ハッキリ言ってただのバカだと思う。(その事案の決定権者の発言は別ですが、、、)
      自分の考えを言うことはとても重要で大事なことだと思いますが、客観性を示す言語に置いて数字より役に立つ物はなかなかないと思う。
      何言っているか自分でも、分からなくなってきたので、とりあえず管理人は素晴らしいと思う。

  2. 敵対的教育 より:

    反日国家との交流は、自ずと規制されて当然です。

    敵対的教育を行っていることを、もっと国民に発信して、脱半島を掲げましょう。

    1. 匿名 より:

      僕は愛国者ですが、、、韓国の独立の変遷上、日本をある意味では敵とすることは仕方ない事なのですよ。僕も嫌ですが。
      だからこそ脱亜入欧なのですよw

      1. どんどん より:

        どんどん、反日、問題なし。
        今まで、変に関わろうとした事が、問題を複雑化した。

        よくネットで見かける、世界が韓国から孤立…w
        K−POPにお熱の人たちにも、伝えた

  3. 名無しA より:

    新宿会計士様

    図表の数字が違っていませんか?

    韓国の単月輸出入は400億ドル程度のはず。
    図表3の数字は正しそうですが、単位は
    100万ドルではなく、10億ドルでは?

    1. 新宿会計士 より:

      名無しA 様

      大変重要で貴重なご指摘を賜り、大変ありがとうございます。
      まったくご指摘のとおりです。さっそく訂正しております。
      引き続きご愛読とお気軽なコメントを何卒よろしくお願い申し上げます。

      1. 名無しA より:

        新宿会計士様

        早速図表3を修正していただいたところ
        を恐縮ですが、図表1,2の数字も間違って
        います。何か別のファイルからもってきて
        しまったのかな。

        1. 新宿会計士 より:

          名無しA 様

          たしかに!
          韓国全体の貿易収支の数字が中国との貿易収支の数字と入れ替わっていますね!ときどきこういうマヌケなミスをします。
          ご指摘、大変助かります!大変ありがとうございました。

  4. 引きこもり中年 より:

     独断と偏見かもしれないと、お断りしてコメントさせていただきます。

     シーザーの昔から、人は「事実よりも、信じたいかどうか」が、大事な
    生き物です。だから、韓国(あるいは日韓友好を唱えることで飯を食って
    いる人)にとっては、事実よりも、「安倍総理が悪いからだ」との思いに
    事実を合わせることの方が、重要なのです。

     駄文にて失礼しました。

  5. だんな より:

    韓国経済の中国依存度が、高い事によるリスクは、随分と前から言われていました。韓国が中国に輸出している製品の多くは、中国が工場を作って、日本の工作機械を買えば作る事が出来、確実に中国向けの輸出が減る事は、予想さ出来るので、韓国が詰んでいるというストーリーです。
    現在韓国は、中国への輸出減を、米中貿易戦争の影響と分析していますが、あてになりません。
    少なからず韓国の輸出していた製品を、中国が内製化出来るようになり、中国の製造業の韓国超えが、進行しているのでは無いかと思います。
    中国の製造業が、韓国超えをしているとなると、当面韓国の輸出は、改善しません。米中貿易戦争が、収まっても、中国が韓国から買う理由が無く、韓国企業は、中国で製造することでしか、生き残る道が無くなると思います。
    そうすると、韓国国内の設備投資や雇用が、減るのは避けられず、中国の属国のように、経済面で中国に依存する悪循環となると思います。

  6. 匿名 より:

    ジーソニア延長せず 韓国高官
    http://www.news24.jp/articles/2019/11/01/10537169.html

    1. だんな より:

      匿名さま
      いいんじゃない。引っ込みがつかなくなって。
      その主権が、無くなるかも知れないけど。
      日本は、困らない。

  7. クロワッサン より:

    日本側の日韓友好派の依存は精神的依存で、韓国側の日韓友好派の依存は精神的依存組と経済的依存組に分かれていそうな気はしますね。

  8. 名無しA より:

    日本の輸出管理の影響は、10月以降の韓国の半導体
    輸出額に現れるのではと期待していました。しかし、
    10月の数字を見てもまだ影響は見えませんね。
    前年比30%強減ですが、価格下落で説明できる範囲
    じゃないかな。

    9月末あたりから非日本製のフッ化水素をラインに
    投入はじめているとの報道がありましたが、
    歩留低下を大量投入でカバーしてるのかもしれません。
    ならば三星電子やSKハイニクスの4Q損益に注目した
    ほうがよいのかも。

    1. ハリー より:

      名無しA様

      まだ在庫があるでしょうから、日本の輸出管理の影響は今後ジャブのように効いてくるのではないでしょうか。

  9. ハリー より:

    新宿会計士様、貴重な情報どうもありがとうございます。

    >韓国は日本政府が打ち出した「輸出管理厳格化措置」を「貿易制裁」だの、「輸出報復」だのと言い募っていますが、そのわりに、数字の上からは、日韓貿易において顕著な変化は見られません。
    >米中関係の悪化による中国経済の鈍化が韓国に対しても悪影響を与えている。

    ご指摘の通りだと思います。ただ、青瓦台や韓国政府はこの事実が分かっているのでしょうか。おそらく韓国銀行や産業通商部の一部は認識しているのでしょうが、韓国政府の大多数は分かっていないのだと思います。正しい現状認識ができてないと国策を誤ると思います。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。