日本政府は勇気を持って「2の矢」「3の矢」を放て

昨日、わが国は韓国を輸出貿易管理上の「ホワイト国」から削除する政令改正を閣議決定しました。予定では8月28日から、韓国が正式に「ホワイト国」から外され、「キャッチオール規制」の対象となります。これについて本稿では、昨日は追いかけ切れなかった韓国側からの猛反発について、周辺論点を含めて触れておきたいと思いますし、これとあわせて先月、西村康稔・内閣官房副長官が示した「三段論法」がほかの分野にも応用可能であるという点について指摘しておきます。

韓国側からの猛反発

ホワイト国除外を巡る韓国からの激しい非難

昨日は日本政府が『輸出貿易管理令(別表3)』のリスト(いわゆる「ホワイト国リスト」)から韓国を削除する閣議決定を行いました(8月7日公布、28日施行を予定)。

ただ、この決定に対して韓国側は強く反発しており、昨日は文在寅(ぶん・ざいいん)大統領自身が閣議を開催した際、(やや意味不明ながらも)日本を厳しく糾弾したほどです(『文在寅氏「経済報復に相応の措置」 むしろこれからが正念場』参照)。

文在寅氏「経済報復に相応の措置」 むしろこれからが正念場

韓国による日本に対する批判は、それだけではありません。

昨日はタイ・バンコクで開かれていたASEAN地域フォーラム(ARF)で、韓国の康京和(こう・きょうわ)外交部長官(※外相に相当)が会議の冒頭で日本を強く批判し、河野太郎外相がこれに反論するという一幕もあったようです(これについては次の時事通信の記事参照)。

「恣意的」「輸出管理は責務」=ASEAN会議で応酬-日韓外相(2019年08月02日13時25分付 時事通信より)

また、韓国メディア『聯合ニュース』(日本語版)の昨日の記事によると、韓国の洪楠基(こう・なんぎ)経済副首相兼企画財政部長官も日本を「ホワイト国」から除外したうえで、日本をWTOに提訴する準備を始めると述べたのだとか。

韓国「ホワイト国」から日本除外へ WTO提訴準備も(2019.08.02 16:47付 聯合ニュース日本語版より)

中朝韓の行動はおどろくほどワンパターン

韓国に詳しくない人がこれらのニュースを読むと、「日本は韓国を激怒させた!」「このままだと日韓断交に至ってしまう!」と心配する人もいるかもしれません。

しかし、ある程度の朝鮮半島ウォッチャーであれば、韓国は何かまずいことがあると、まずは「相手に全面的な非がある」と決めつけ、広く相手を批判するという習性があることくらい、理解しているはずです。

実際、当ウェブサイトでも先月5日の時点で、韓国が今回の日本による輸出管理の厳格化という事態を打開する方法として、次の3つを試すのではないかと申し上げたことがあります(『「仲介してくれない米国」に焦る韓国メディアの動揺が酷い』等参照)。

  • ①経済政策:日本からの輸入品の国産化やWTO提訴
  • ②外交政策:日韓のトップ外交
  • ③米国の仲介、あるいは米国の圧力

結論的に言えば、当ウェブサイトが予想した内容は、だいたい当たりました。

また、WTO一般理事会で韓国は実質的に敗北しましたが(『WTO理事会が日本の勝利だったという、これだけの証拠』参照)、韓国は次の一手として、まったく関係ない第三国を巻き込んで日本を批判するという手段に出始めています。

WTO理事会が日本の勝利だったという、これだけの証拠

たとえば、先ほど挙げた昨日のARFでもそうですし、『破局の原因を作った側が「韓日関係破局させるな」とのたまう』でも報告したとおり、先月26日と27日に行われたRCEP会合では韓国代表に対し、議長国のインドネシアから「関係ない話をするな」とたしなめられたほどです。

破局の原因を作った側が「韓日関係破局させるな」とのたまう

そして、まさに「ウソ・でまかせでも良いから、とにかく相手国を批判すること」という意味では、先ほど挙げた文在寅氏の発言内容を含め、韓国がやっていることは、おどろくほどワンパターンです。いや、もう少し嫌な言い方をすれば、「韓国が」、ではなく、「中国、韓国、北朝鮮が」と言い換えても良いかもしれません。

たとえば先ほど紹介した文在寅氏の発言、「発言者」を康京和氏や北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)、さらには中国外交部の華春瑩(か・しゅんほう)報道官などと入れ替えたとしても、まったく違和感はないのです。

侮れない、韓国の国際的なロビー活動

そして、韓国はたしなめられてやめるほど甘い国ではありません。

なぜなら、これまで韓国が国を挙げてやってきたことは、さまざまな課題に「正面から取り組むこと」ではなく、ウソ、インチキ、ズルをしてでも、とにかく相手を貶めることに主眼が置かれているからです。

受験勉強でいえば、「まじめに勉強して点を取れるようになること」ではなく、「どうやってうまくカンニングするか」というテクニックを磨くようなものでしょう。それを国レベルでやってきたのが韓国(や中国、北朝鮮)であり、日本はこれらの国に「まじめに勉強すること」で対抗する受験生のようなものです。

たとえば、今回の日本政府の措置については、WTO会合などを舞台にして、専門家を相手にする場面では理解を得ることができますが、日韓についてあまり詳しくない第三国の人にとっては、「日韓はどっちもどっち」、「むしろ日本が悪いのでは?」といった誤解が生じているようです。

実際、『「米国が日韓を仲裁へ」 巧妙化する情報ロンダリング』でも報告したとおり、韓国側はロイターやBBCなど、外国メディアにもかなりのロビー活動をしているらしく、いくつかのメディアは韓国側の主張をそのまま報じるなど、実際にその弊害がいくつか出ています。

やはり、ズル、インチキに特化したような国ですので、放っておけば国際社会を舞台に勝手な主張をどんどんと繰り広げられることになりかねませんし、実際にそうなっているわけですから、こうした韓国のロビー活動を侮るわけにはいきません。

そして、昔から日本政府・外務省は、こうした情報戦に極端に弱く、古くは第二次大戦前、最近だと慰安婦問題や自称元徴用工問題などで手痛い敗北を喫し続けているのです。

昨日のインターネット上の反応を眺めていると、「韓国ザマ見ろ」とでも言いたげな論調で溢れていましたが(とくに「まとめ」系のサイトが酷かったです)、韓国の情報ロビー活動については警戒を怠ってはなりませんし、間違っても「韓国は放っておけば自壊する」、などと楽観的に構えるべきものではありません。

(※余談ですが、当ウェブサイトの読者コメント欄では、昨日からいち早く、複数のコメント主様から「韓国のロビー活動を侮るな」といった趣旨のコメントを頂きました。その意味で、当ウェブサイトの場合、ウェブ主はともかくとして、少なくとも読者の皆さまの知的レベルが非常に高いことは自慢して良いと思います。)

「日本もインチキをしろ」?

今回の日本の措置は国際的批判を浴びるものではない

では、日本はこうした韓国のインチキに対し、どのように対抗すれば良いのでしょうか?

正直、外務省の「外交オンチ」ぶりは、見ていてもどかしく、また、歯がゆい思いを抱いてしまいますし、「いっそのこと、韓国を戦争で攻め滅ぼして黙らせてやりたい」、と思う人もいるかもしれません。

ただ、少なくとも日本は、韓国(や中国、北朝鮮)と同じような「ウソでも良いからとにかく相手国を批判する」というインチキをやるべきではありません。あくまでも正々堂々と戦うべきです。

もちろん、ウソ、ズル、インチキを仕掛けてくる相手に対し、日本が「正々堂々と戦う」ことで、相手に良いようにやられてしまう可能性は十分にありますし、実際に短期的にはいくつかの弊害が出ていることもまた事実です。

しかし、長い目で見れば、必ず日本の方に正当性があります。

この点、1つ心強い点を申し上げるならば、安倍政権が今回、輸出貿易管理という面で韓国に対する措置を講じたことは、非常に賢明なものでした。というのも、これは「日本が国際社会で批判されにくく、日本が単独で決断できる措置」だからです。

そもそも輸出貿易管理における「リスト規制」「キャッチオール規制」は、基本的に主要国がそろって採用している仕組みであり、日本が独自に「安全保障上の必要がある」と判断すれば、特定の相手国の扱いを変更することは可能です。

この点について文句を付けるというのならば、欧州連合(EU)や米国などが実施している輸出貿易管理の実務に対しても同様に文句を付けなければならないはずであり、その意味で、韓国は今回、実に苦しい戦いを強いられているのです。

そもそもそこまで厳しい措置なのか?

いや、それどころか、「ホワイト国」だと思って輸出していたら、それが第三国に転売され、結果的に兵器に利用されていたのだとすれば、結果的に日本が輸出した製品が世界の平和と安定を脅かすことにつながりかねません。

つまり、もし日本政府が「韓国の輸出管理体制は怪しい」と思ったのならば、むしろ韓国を積極的に「ホワイト国」から削除しなければならないわけであり、その意味で今回の措置は「正当性がある」どころか、むしろ「絶対にやらねばならない措置」だったのです。

ところで、昨日の経産省の説明『輸出貿易管理令の一部を改正する政令が閣議決定されました』によれば、これまで経産省が内部的に「ホワイト国」と呼んでいた管理を改め、あらたに「グループA~D」という概念が発表されました。

今回の措置により、韓国は次の「グループA」から「グループB」に移ることになります。

  • グループA…輸出貿易管理令別表第3に示された国、地域
  • グループB…グループA以外で、輸出管理レジームに参加し、一定要件を満たす国・地域
  • グループC…上記いずれにも該当しない地域
  • グループD…アフガニスタン、中央アフリカ、コンゴ民主共和国、イラク、レバノン、リビア、北朝鮮、ソマリア、スーダン、イラン

輸出貿易管理令の「別表第3」には、韓国以外には次の国が指定されています。

アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国、アメリカ合衆国

猛反発する理由は、「やましい点があるから」?

韓国は今回、グループAからは除外されることになったのですが、それと同時にグループCやグループDと違って、韓国は引き続きグループBに区分されますので、今後はキャッチオール規制上の「一般包括許可」が適用されないものの、「特別一般包括許可」は従来どおり適用されます。

つまり、キャッチオール規制上、韓国は4つのグループのうち、上から2番目に区分されているのであり、韓国に「やましい点」がなければ、堂々と輸出許可を受ければ良いだけの話なのです。

このことから、文在寅大統領自身が中国の華春瑩報道官や北朝鮮の国営メディアのような激しい言葉をわざわざ使って反発して見せるほど厳しい措置が適用されると見るのは行き過ぎではないかと思います。

言い換えれば、韓国がこの程度の措置に対し、あそこまで厳しく反発する理由は、やはり、韓国が日本からの「ホワイト国扱い」という恩恵を逆手にとって、さまざまな不適切な行為を行っていたからではないか、という「あらぬ疑い」を抱かれても文句はいえません。

あまり他国を疑うのは良い話ではありませんが、そもそも論として韓国が「リスト規制品」なども含め、日本から輸入したさまざまな物資を第三国(イラン?北朝鮮?)に横流しして儲けていたのではないか、という疑念は払拭できません。

そして、韓国が日本の措置にここまで猛反発している理由は、ホワイト国リストから削除されることにより、貴重な外貨獲得源が1つ潰されるからだ、と考えれば、何となく辻褄が合うのです。

(※ただし、この点についてはあくまでも「疑い」の1つに過ぎず、確たる証拠があるわけではありません。)

「今後」を考える

さて、先月の当ウェブサイトの記事『西村副長官「対抗措置ではない」→そうか、そういう狙いか!』からの引用で恐縮ですが、経産省が輸出管理の運用見直しを発表した当日、西村康稔(にしむら・やすとし)官房副長官が記者会見で話した内容について、再掲しておきましょう。

官房長官「韓国がG20までに解決案持ってこなかった」

西村副長官は今回の措置を発動した理由について、次のように述べています。

  • ①日韓間の信頼関係が著しく損なわれた状態になった
  • ②韓国への輸出管理を巡り不適切な事案が発生した
  • ③よって、今後は韓国向けの輸出については厳格な管理をする

この三段論法が非常に大切です。

この論法だと、韓国が日本に対して仕掛けて来たさまざまな不法行為(たとえば、自称元徴用工判決問題や慰安婦財団解散問題、レーダー照射事件や旭日旗騒動、上皇陛下侮辱事件など)はたんなるきっかけに過ぎない、ということがわかります。

そして、むしろ今回の輸出管理の運用見直しは、「信頼関係に立脚した輸出管理の運用ができなくなったこと」、「実際に不適切な事案が発生していること(※)」が直接の原因であるとされているため、諸外国も公然と反対し辛いものなのです。

(※もっとも、日本政府はこの「不適切な事案」が何なのかについては、現時点に至るまで、一切明らかにしていませんが…。)

ということは、この三段論法に出てくる「輸出管理」を「入国管理」、「資本取引」などに書き換えれば、ほかの分野でもにも応用が利くのです。三段論法を活用した事例を列挙しておきましょう。

韓国国民に対するビザ発給措置の変更
  • ①日韓間の信頼関係が著しく損なわれた状態になった
  • ②韓国国民の出入国管理を巡り不適切な事案が発生した
  • ③よって、今後は韓国国民に対するビザ発給は厳格化する
韓国に対する資本取引の措置の変更
  • ①日韓間の信頼関係が著しく損なわれた状態になった
  • ②韓国企業の起債を巡って不適切な事案が発生した
  • ③よって、今後は韓国企業の本邦市場における起債を許可制にする
韓国に対する送金規制の変更
  • ①日韓間の信頼関係が著しく損なわれた状態になった
  • ②韓国国民の国外送金を巡って不適切な事案が発生した
  • ③よって、今後は韓国への送金を許可制にする

なにより、昨日の韓国の猛反発ぶり、狼狽ぶりは、経産省が発動した措置に対して韓国が焦っている証拠であり、また、相手に「効いている」証拠です。

こうしたなかで安倍政権から韓国に対して「第2の矢」「第3の矢」が放たれるかどうかには注目したいと思いますが、なかでもとくに、入国ビザ、在留ビザの措置については、取扱いを変更するチャンスだといえるでしょう。

歴史的瞬間に立ち会える意義

さて、正直な気持ちを申し上げますと、最近、自分自身でも驚いています。

まさか、ウェブ評論家としてウェブ評論サイトを運営している期間に、日韓関係が根底から変わりゆく瞬間に立ち会えると思っていなかったからです。

今になって思い返せば、この1年で日韓関係はずいぶんと変わりました。

昨年夏の時点でも、日韓関係はかなりギスギスしていたのですが、10月に韓国・済州島で行われた国際観艦式で韓国政府が日本に対し、自衛艦旗(旭日旗)を掲揚するなという、きわめて無礼かつ非常識な要求を突き付けたあたりから、日韓関係は後戻りできないほどの変化を始めたのかもしれません。

そして、10月30日には日韓請求権協定を根底から覆す「自称元徴用工判決」が下り、11月には韓国政府が慰安婦財団を一方的に解散すると宣言しました(なお、『今これをやるか!? 慰安婦財団解散の衝撃』で報告したとおり、実際に解散が完了したのは先月のことです)。

今これをやるか!? 慰安婦財団解散の衝撃

さらには、12月20日には、韓国海軍駆逐艦がわが国の海上自衛隊P1哨戒機に火器管制レーダーを照射するという極めて危険な暴挙に出たうえ、明らかなウソをついて全力で責任を否定し、あまつさえ「日本が低空威嚇飛行を仕掛けてきた」と逆ギレする始末。

それでも自称元徴用工問題を巡って、日本政府は最後まで「日韓請求権協定」に従い、紳士的かつ平和的・友好的に問題を解決しようと努力しましたが、7月19日には韓国政府が協定上の義務を無視し、結局のところ、こうした日本政府の努力は無駄になりました。

いずれにせよ、日韓関係はこの1年で質的に激変したのであり、いまや日本政府と少なくない日本国民は韓国のことをまったく信頼していません。この調子で来年を迎えるころには、日韓関係は今とまったく違った姿になっているのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 農家の三男坊 より:

    今まで、自民党も含め、事なかれ(=国益棄損)主義での対応が韓国を付け上がらせた。
    サイト主さんの仰るように
    ①日韓間の信頼関係が著しく損なわれた状態になった
    ②韓国(または韓国国民)の****を巡り不適切な事案が発生した
    ③よって、今後は韓国(または韓国国民)に対する****は厳格化する
    に賛成です。

    加えて、①に関して実例を挙げ、
      ④誤った認識・作為・不作為の訂正と謝罪を求める
    が必要と思います。
    歴史戦では『捏造の韓国、嘘つきの韓国、約束を守らない韓国』を粘り強く世界に発信してゆくことが勝つために必要と思います。

    輸出管理強化についても『国内問題だ』だけでは弱く、『管理に関するの疑惑が払拭されない』まで言うべきだと思います。当然『払拭されたか否かの判断は日本国が行う』です。

    その意味で、事務的説明会後の韓国のおきて破りに対する経産省の対応は見事。

  2. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    日本がやっと実効性のある対韓行動(制裁ではない。ふつうに厳格化しただけで他国と同じ)を取った事は感慨深いです。

    閣議で決定以後、今に至るまでの韓国の狼狽ぶり、慌てぶりを見てると、まだマズイ事はほかにもあり、現れてないだけではないですか。

    しかし、奸智に長け、特に日本絡みだとある事無い事、すべて利用して決定事項をひっくり返そうとします。韓国の「巧妙な」ロビー活動には最大の注意必要です。

    ところで文大統領始め韓国政府や青瓦台は激しく日本を非難しますが、具体的な行動が何一つ示されません。これぞ、半島民族!(笑)。【今からボツボツ考えるわ】で、具体性のない報復ばかりです。

    日本はココで休憩せずに、ビザ管理の厳格化、15日程度に短縮。行く行くは廃止でお願いしたい。また金融面での締め上げも見たいものです

  3. 名無しA より:

    日米韓の外相会談も終了、やはり米国の仲裁はなく
    今のところホワイト国除外へ粛々と進む感じですね。
    韓国の対応の限界を市場も見透かしている感じ。
    KOSPI=1198、USD/kRW=1204

    今後、以下のポイントに注目してます。

    1.光復節を挟んだ反日活動の激化。
      特に在韓邦人及び関連施設への攻撃が発生するか?
     → 渡航自粛勧告やビザ厳格化はこれを受けた形に
      ならざるを得ないでしょう、残念ながら。

    2.貿易管理上の不適切な事案の内容が公開されるか?
      公開されるとしたら、その場とタイミング。
     → 今のところWTOでしょうかね。安保理だったら祭りだが。

    3.韓国がGSOMIA破棄するか?
     → なんか破棄しそうな勢いですね。破棄なら、事態は
      米韓同盟消滅へ加速しそう。

    1. りょうちん より:

      >KOSPI=1198、USD/kRW=1204

      グランドワロス!?

      とぬか喜びしました。謝罪と賠償を(ry

    2. ROCK より:

      名無しA様。朝鮮人の体質から上の2はないです。
      上の3は大いにありそうです。(朝鮮人は、このことが米国にどういう反応をもたらすかは理解できない)
      問題は上の1です。おそらく光復節あたりの時期ではっきりするでしょうが、大きい問題です。
      (1)文政権は反日全開で(おそらく、支持率アップも狙って)いくでしょうが、韓国の大衆、財界の反応が
      鈍い。反日デモもショボいし、不買運動もビール、ユニクロ、無印止まり。
      政権と批判勢力の抗争がありそう。(経済界、雇用者からは当然、経済政策の批判が出る)
      (2)日本国内での左翼、在日、メディアが結託した攻撃がどれだけ起こるか?特に、在日は必死でしょう。
      京アニの放火はNHKの取材予定による警備の隙をついたものでNHKの関係者のリークが疑われています。
      私は、これは在日、左翼のテロだと思っています。
      近日、早速愛知トリエンナーレ(国際芸術祭)で芸術の名のもとに、偽慰安婦像や天皇陛下の写真を焼く映像
      が税金を使って展示された。(愛知県民何やってんだ)
      今後も、テロ、キャンペーンは続くでしょう。左翼、在日、メディアをこの機会にどれだけ叩けるか?

  4. 名無し親父 より:

    新宿会計士様、記事の更新有難うございます。

    韓国のロビー活動の強さは長年にわたり、各国通信社に記者を送り込んできた結果だと思います。残念ながら日本には諜報活動を行う部署が見当たらないので、同じ土俵では不利になりますね。

    昨夜のUS為替市場でUSD/KRWが1207を超えました、市場が閉まる寸前に韓国が介入して1205までは戻しましたが、韓国には買い支えるドルが枯渇しているのだと思います。

    市場がお休みの土曜日に、韓国中央銀行と各行の頭取会議があるようですが、ドル調達の会議内容だと思います。今回の通貨危機で助ける国が出てくるのが心配ですが、米国+日本は助けないでしょうし、英国もそれどころではないはず。。裏切りそうなドイツ銀行も火の車。。。あとはASEAN会議で韓国を助けた、シンガポール+中国でしょうか。

    ここはやはり、為替で息の根を止めておくのが最良の手だと思うのですが。。。

    1. 匿名 より:

      韓国政府はわからないけど、韓国マスコミは、
      ウォン安になったのは日本が「輸出規制」をしたせいでもあるから日本にはスワップを結ぶ義務がある。韓国を重要な隣国だと思うなら当然救済するべきだと言いそうだ

      1. クロワッサン より:

        >韓国を重要な隣国だと思うなら当然救済するべきだと言いそうだ

        日本政府は韓国を「重要な隣国」など扱ってはいないので、リスカブスが騒いでも放置するのと同じ対応で良さそうですね。

      2. タナカ珈琲 より:

        名無し親父 様
        為替で息の根を、、、、
        賛成です。

        麻生大臣に1000年間はスナップは頭に無い、、、
        と発言を期待します。

    2. 匿名 より:

      シンガポールは、韓国を助けたというより、韓国の代わりに自分をホワイトリストに載せろと言ってるんだと思います
      韓国の賄賂が効かない国ですから

      1. NANASHI より:

        ARFでのBalakrishnanさんの会話について英字記事(韓国以外)を当たりましたが、以下の記事しか関連するものはありませんでした。

        https://www.breitbart.com/news/south-korea-questions-military-sharing-with-japan-following-white-list-removal/
        >On Friday at a regional security forum in Thailand, Singaporean Foreign Minister Vivian Balakrishnan indirectly criticized the Japanese decision and urged countries to “increase the white list” rather than reduce it, Yonhap reported.

        (タイの地域安全保障フォーラムで金曜日に、シンガポールのビビアンBalakrishnan外相は間接的に日本の決定を批判し、それを減らすのではなく、「ホワイトリストを増やす」よう促した、とYonhapは報告した。)

        おそらく聯合ニュースの期待に満ち溢れた記事でないかと…

        本家、シンガポールのstraitstimesでは以下のように書かれています。
        https://www.straitstimes.com/asia/se-asia/tokyo-seoul-spat-draws-tense-remarks-at-asean-meeting
        BANGKOK•米中貿易戦争が終わっていない中、シンガポールは準備する必要があるとビビアン・バラクリシュナン外相が昨日述べた。

        同首相は、ASEAN外相会議や関連会議の合間に、記者団に対し、「注意しなければなりません準備しなければなりません悪天候を予想しなければなりません」と述べた。

        「私たちは、経済の再構築に倍加しなければならない。会社の競争力を高めなければならない。私たちはシンガポール国民に、新しい経済に必要とされる技能と能力を身につけさせなければなりません。」と彼は言った。

        「このプロセスを加速させなければなりません。私たちは、ゆっくり行く余裕がありません。私たちは安住したり、物事を当たり前だと思ったりする余裕はない。」

        同副長官は、シンガポールは、国内的にも、国際的にも、自らの発言権を確保するために、経済再建に努力している、と述べた。「非常に不安定な時期にこうした調整を行うために必要なものがあることを、静かに確信しておきましょう。」

        米国が中国製品に追加関税を課す決定は、中国だけに影響するものではない」 と強調した。

        「世界のサプライチェーンに影響を与えています。シンガポールは世界のサプライチェーンの一部です。もし世界経済に摩擦や砂が多ければ私たちは影響を受けるでしょう」と彼は言った。

        1. donbeifromkobe より:

          NANASHI様
          Straits Timesの記事をご紹介頂きありがとうございます
          シンガポールに近いマレーシア・ペナン島在住の小生は以下の箇所に注目しました:
          “Singapore’s Foreign Minister Vivian Balakrishnan, however, came away somewhat cheered by the candid talk.
          ‘People were not just hiding behind scripts and preconceived positions, but really explaining their position, expressing their concerns, and then looking for solutions,’ he told Singapore reporters as the Asean foreign ministers’ set of annual meetings with their regional counterparts neared the close.”
          大臣曰く、参加者たちは決まり文句や先入観に囚われることなく、率直に自らの立場を説明し懸念を表明した上で解決策を求めようとしていたようだ、と
          裏でコソコソとやるのではなく主張すべきことを正々堂々と主張する在り方を理解・支持してくれる国・社会・個人は(目立たないかもしれないが)必ず存在する、という穏やかで心強いメッセージを感じました

  5. クロワッサン より:

    聯合ニュース『「ホワイト国」除外 第三国が異例の批判=ASEAN外相会議」によると、シンガポールのバラクリシュナン外相が「ホワイト国は減らすのではなく増やすべき」と述べたとの事。
    韓国が居なくなっても信頼出来る何処か2つの国を入れれば増える訳で、日本が「時折減る事はあっても長い目で見ればちゃんと増えていってい」とか言えば済む話かと。
    中国の王毅国務委員兼外相の「ASEANプラス3は一つのファミリーにならなければならないが、このような問題が生じたことは遺憾だ」とし、「相手に対する信頼と誠意でこのような問題が解決されなければならない」との発言は、「韓国は日本に対する信頼と誠意をもって解決する姿勢を示せ」とも言える訳で、対日批判というよりは中立的な印象。
    韓国が期待している国際社会からの対日批判は、今のところ無いと言っても良さそうですね。

    1. 名無し親父 より:

      ASEAN外相会議は99%不利な材料がない状況だったと思いますが、この様に韓国に乗っかる発言をする国が出てしまいました。
      シンガポール+中国と言えば”華僑マネー”があり油断大敵です。
      一方、イスラエルは大統領が訪韓し直接”損害賠償の法典”を渡していますのでこちら側です。
      韓国は溺れかけた赤犬ですから、日米協力して為替棒で一度沈めないといけません。
      瀕死の状況になった後でないと自分の立ち位置を理解できない民族ですから。
      中国に抱くような”絶対的怯え!を刻み込まないとだめだと思います。

  6. 匿名 より:

    サムスンとかの需要家に必要な分の輸出承認をさっさとしちゃうことですね。

    1. 農家の三男坊 より:

      いや、中国への横流し等が疑われるサムスンこそ、厳格に審査すべきですね。

  7. めたぼーん より:

    反撃は勇ましいですが、結局何も考えていなそうですから、思考回路が更に麻痺するように手数を増やすことは必要かと思います。対抗措置で韓国側もホワイト国から日本を外す件も、結局韓国側の手続きが煩雑になるの事を分かってないようですし、単なる対症療法的発想しか感じません。日本は正論で手数を増やしつつ、ロビー活動を潰し、韓国側の行動を麻痺させる事が大事かと。

  8. チキンサラダ より:

    第二、第三の矢が大事だという点に強く同意します。
    韓国のように過剰な反応を示す国の弱点は、長期的な攻勢に弱いということです。最初からメーターが振り切れるくらい反発するので、日本が第二、第三の矢を撃っても、日本が受ける被害は第一の矢の時から殆ど増えないのです。
    私はホワイトリスト外しはなかなかうまい手だと思っていましたが、それでも韓国のプロパガンダによって「強制徴用の謝罪をごまかすために日本は経済制裁を行っている」という論にすり替えられ、それを流布されてしまいました。国際世論戦では今のところ韓国の圧勝という状態です。

    つまり第二、第三の矢はホワイトリスト外し以上の正当性を持たせることに気をつける必要があります。

    日本が本当に狙うべきなのは、目立つ制裁ではなく、韓国の基礎体力を徐々に確実に奪うような地道さです。

    確実に韓国を弱らせる、かつ他国にケチをつけられない正当性を持つ第二、第三の矢に期待したいと思います。

  9. かえる より:

    数少ない私の韓国人である知人が「私の秋の日本行きはキャンセルになった。私の妻を含め、日本では関東大震災の朝鮮人大虐殺の雰囲気が出来ており危険であるとの認識もある。渡航の場合は録音、録画して世界市民にヘイトの実態などを拡散する必要もある。」とSNSで発信していました。
    狂った人物が友人ではなく単なる知人で良かったですが。
    何やら正義のレジスタンス戦士を気取る者もいるとか。

    両国はもとよりロイターをはじめ他国のマスコミ情報が全く当てにならない昨今、いつも有益な情報を提供していただいている韓国在住日本人様のナマのコメントが待ち遠しいです。

    さてと。今日も海外発信と韓国のプロパガンダ撲滅強化のお願いに関係各所のHP巡りしてきます。

    1. 名無Uさん より:

      かえる様へ

      ≫「私の秋の日本行きはキャンセルになった。私の妻を含め、日本では関東大震災の朝鮮人大虐殺の雰囲気が出来ており危険であるとの認識もある。渡航の場合は録音、録画して世界市民にヘイトの実態などを拡散する必要もある。」とSNSで発信していました。

      それは危険な知人のようですね…
      朝鮮人がよくやる手なのですが、韓国の『プロ市民』が日本にいる『プロ市民』と示し合わした上で渡航します。日本にいるプロ市民は韓国ヘイトのデモを準備し実行します。その場に偶然居合わせることになった(あら、不思議!)韓国『市民』が、ヘイトの実態を撮して世界に拡散という手は何度も使っていますね。
      まあ、現下の情勢でこういうことを仕掛けてくるのは、北朝鮮ー韓国従北派ー北朝鮮シンパラインと相場が決まっていますが…

      現在の情勢においては、世界のメディアはこの事を百も承知でありながら、わざわざこれに乗っかって報道するようなところがあります。メディアは、北朝鮮と裏で結託し始めたようなところを感じさせます。
      まあ、メディアの最終目標は、北朝鮮と韓国を暴走させることにあるのでしょうが…
      メディアはフェイクニュースを作り、差別の現場を作り、テロを幇助する存在であることをもう一度肝に銘じて、我々は対抗していかなくてはならないでしょう。

  10. ひげおやじ より:

    韓国がホワイト国にこだわるのは、再輸出(横流し)をしたいためだと思います。
    ホワイト国だと、日本->韓国->中国への再輸出が可能です。
    以前大量のフッ化水素が行方不明になり、行先として北朝鮮やイランの名前がでました。
    しかし、これはありえないと思います。このとこがばれれば韓国はつぶれます。
    さすがに、そんなばかなことはしないだろうし、北朝鮮やイランにわざわざ日本の高純度のフッ化水素を横流しする必要がありません。軍事用なら、中国製か韓国製のフッ化水素で十分です。
    もっともばれたときに日本を巻き込むつもりなら話が違いますが。
    よって、この行方不明のフッ化水素は中国に流れたというのが本当のようです。
    ここで、韓国が非ホワイト国になると、この再輸出ができません。
    すると、戦略物資の日本->韓国->中国という流れが断ち切れます。
    韓国は明らかに中国寄りです。日米とも、韓国を経由して先端技術が中国に流れることを警戒し始めたのだと思います。
    日米は韓国の半導体産業をつぶしにかかると思います。今回の措置はその第1歩だと思います。

    1. 匿名 より:

       かの行方不明の物件は、中国へ流れたことは、中国が出した公式の統計かなにかで一目瞭然だという話を、どこかで聞いたことがあります。でも、中国様は騒ぎませんね。疚しいことがあれば沈黙、というのが普通の国の対応でしょうが、韓国は違いますなあ。いやはや、いつでも斜め上。

      1. 新人類と呼ばれた世代 より:

        中国に流していたのは多分間違いないらしいが、サムスン、SKハイニクスの中国工場は今後は中国産のフッ酸に変えるように動いている。つまり中国産の需要が増えるため中国は特に問題としないでしょう
        サムスンが中国から撤退するとか言い出したら話は別ですが、宗主国様に楯突くようなことはしないでしょう。中国が黙っているのは火中の栗にてを突っ込んで、米中摩擦を炎上させる意味がないからだと思います

        1. 門外漢 より:

          新人類と呼ばれた世代 様へ

          日本の高純度フッ化水素は半導体製造用で、核兵器用は低純度で良いと言われています。
          韓国から横流しで中国へ行っていたのは日本産の「半導体用」なので、これが必要と言う事は中国で造れないか、或いは量が足りないのです。
          中国以外のイランや北は兵器用として必要なので中国産でよく、日本産横流しの必要はありません。
          今回韓国が日本からのフッ化水素を止められれば半導体用が枯渇しますが、それを中国から代替輸入出来ると言うのは少し眉唾のように思います。
          但し製造ラインの全てで高純度が必要で無いので、低純度で良い工程は中国産を使い、どうしても高純度が必要な工程のみに日本産をチビチビ使って凌いで行こうということかもしれません。
          何れにしても9月一杯でお手上げになるだろうと思います。

          韓国からの横流しを止めると言う事は、中国の半導体企業を間接的に抑えることだろうと思いますので、当然ファーウェイ絡みということだと見ています。

  11. ホームズ より:

    【米軍による韓国兵の扱いマニュアル 】

    1.韓国人には強気で押せ。抵抗する場合は大声で命令しろ。
    2.命令を聞かない場合は身体で解らせろ。
    3.同じことをくり返す場合、犬のように何回でも同じ様に叱れ。こちらが上と言うことを身体で解らせろ。
    4.理由は聞くな。どうせ大したことは言っていない。
    5.身体で解らせた場合、根に持つ場合があるので、後で身辺には気をつけて行動しろ。但し、徹底的に解らせる迄、手を抜いてはいけない。

    時折、ネットで見かける出所不明の笑い話ですが、ここ最近の韓国の反応を見ていると、特に4番などは言い得て妙だと思います。実際、中国の韓国に対する扱いは、基本的に1〜3番を徹底しているように見えますし、結果的に韓国は中国に逆らいません。

    日本も第2、第3の矢を放って徹底的に身体で理解させ、手を抜くべきではないのでしょう。
    ただ、身体で分からせたので、ここから先は身辺に注意が必要ですね。
    他国を巻き込む告げ口外交、国内の親韓派による印象操作、韓流による文化侵略等は最も警戒すべきですし、用日派による懐柔策も要注意だと思います。

    日本がガードを固め、的確にジャブを繰り出していれば、苦しいのは韓国ですから、いずれ内部で内輪揉めを始めて自壊への道を進むでしょう。それもまた、彼等の歴史が証明するところです。

    1. 墺を見倣え より:

      > ここから先は身辺に注意が必要ですね。

      全く同感です。しかし、

      > 日本がガードを固め、

      全然固めてない処が非常に心配です。

      韓国からの就職希望者を無分別に受け入れるという事は、産業スパイやテロリスト等もフリーパスで入国できるという事です。

      ブログ主様は、インチキ程度迄しかしない前提で書いて居られる様に見受けられますが、瀬取り等を平気で行う国が、そんなレベルに留まる訳がありません。

      日本のブラック経営者達は、自分の懐さえ潤えば良いので、相変わらず技術者を雑巾の様に使い捨てにしてますから、韓国がフッ酸等をレッドチーム内で作れる様になる日は近いでしょう。

      韓国が盗んだ技術・ノウハウ等を中国に献上する事がほぼ確実なので、中国は余裕の沈黙をしている訳です。

      サムスンがトランプの手招きに逆らって、中国に走るとは。オースチン工場は見捨てて、西安工場一本足に社運を賭けるとは、予想しませんでした(まだ決まった訳ではないですが)。

      工作員が日本に帰化して、戦略物資を北朝鮮やイラン等に密輸出しまくる懸念もあります。捕まっても、本国へ帰れば英雄ですから。

      書類上の日本人(実態は朝鮮人)が悪事を働いて日本が国際的に非難されるという問題構造は、慰安婦問題と全く同じ。

  12. ATD-X より:

    まだ緒戦の段階で先走ってはおりますが、そろそろ政府は戦略目標を国民と共有していく必要があります。
    日本をこれからどうして行きたいのか。
    日本の技術、資金をもうこれ以上中国や韓国や北朝鮮などに渡すことは世界の健全な発展への障害になるということです。
    ルールを無視する特亜は長期間切り離し日本の援助や協力をむしろTPP参加国やその他の友好国に振り向けることが日本を強くしひいては世界の発展により大きく貢献することになると思います。今まで日本の資力は無駄というかむしろ日本を害する方向にに消費されてきたと思います。もったいない。

    ぼそっと脱線ですが
    実は日本は有史以来半島より文化レベルは常に上でした。歴史考古学会のセンセー方は未だに半島から文化がぁと仰せですがね。学会ではそういわないと出世できない仕組なのでしょうか(棒)
    遣唐使なんてありましたが、唐に派遣された人は祖国日本に帰りたがりましたし、帰路日本に帯同した唐国人も唐に戻らず日本にそのまま定住したようです。つまり外国の日本の方が唐よりよっぽど安心して住みやすかったいということの証左でしょう。今でもその子孫が日本に住んでおられます。

    GHQが広めその後戦後敗戦利得者によって日本国民に執拗に押し付けられてきた与太もの偽歴史観をそろそろ見直し、日本の歴史に正直にまっすぐ向き合う時期も同時に来ていると思います。
    脱線失礼いたしました。

  13. 路地シン より:

    国際世論作りは大事ですが、国際世論自身にそんなに力は無いと思います
    注意すべきは米国民主党の動きです
    日本が煮え湯を飲まされてきたのも、最近ではオバマのお間抜け、クリントンの中国傾倒のせいです
    いまは、共和党のトランプ政権だし、慰安婦合意破棄で顔を潰されたので民主党は怒ってますが、
    注目すべきは、国際マスコミよりも、米国民主党内の動きだと思います

    1. チキンサラダ より:

      国際世論が大事なのは、その米国政権に影響を与えるからですよ。
      民主党は得てして日本から距離を取りがちですが、共和党も保護主義的な視点から反日的な政策を取ることがあります。
      そして日本はアメリカからの圧力に非常に弱い。
      そして国際世論はアメリカの政策に影響を与えるので重要です。

  14. 路地シン より:

    日本は民主国家なので国民の声異なる外交はできません
    今回のホワイト国外しで、文大統領が反発するメッセージを出しましたが、
    かえって日本の世論の反発を招くだけだと思います

    注意すべきは、韓国がヘタれた時でしょう
    文は、韓国は日本に対抗できると言ってますが、
    そのウソを見抜いてるのは、現状で国民の3割程度でしょう
    ところが、事態が進み、食料価格が高騰したり、原油不足から計画停電が
    起こると、半数を超える国民が文のウソに気付くと思います
    色んなことの安全マージンの低い韓国では今年の秋でもそうなる可能性があると思ってます

    そうなると、表面的に日本に媚びようとする用日が力を持つように
    なると思います

    この時日本は今の政策をつづけられるでしょうか。

  15. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

    文大統領の演説はバカにできません。
    少なくともそれほど低くない支持率を維持し、対日本に関しては国内を以下のようにまとめ上げてます。

    日本の輸出規制撤回要求決議案を「満場一致」で採択
    https://japanese.joins.com/article/221/256221.html

    有効なカードが少ないと言っても、何でもありの大プロパガンダ集団と見なせば非常にやっかいです。
    遠くから観察しているだけでも疲れるので、プロパガンダの標的にされたらもうたまりません。
    実際に国際世論戦では不利だという情報もあります。
    何より誰かのコントロールの元、大集団が一つの方向に向かうというのは脅威です。

    対して日本は真面目なので大義名分を損なうような発言はしないでしょうし、報復でないと一度言ったなら、手続き上報復になるような差別があってはならない、と考えて実際に運用するでしょう。
    逆にぎりぎりのラインを見極めて嫌がらせするぐらい狡猾ならまだいいですが、国際世論で負けている場合、表立って下手なことはできないでしょう。

    放っておけば自滅するという意見もありそうですが、現状のまま長期間放置するのは得策でないと思ってます。
    何故なら、現状は報復と呼べるような重い一手を打ったわけではなく、韓国が騒いでるだけで実際の影響は軽微だと予想できるからです。却って世界経済の悪化により受けるダメージの方が大きいぐらいじゃないでしょうか。

    つまり、新宿会計士様のおっしゃるように次の一手が重要になってきますが、韓国国内の騒動ではなく、そちらのほうに注目したいところです。と言っても相手は何をするかわからないので、結局は観察してないと不安になるんですが。

    ちなみに。
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080200601
    これですこれ。これを毎回やってほしいんです、相手が嫌と言っても止めずにw

    1. 自転車の修理ばかりしている より:

      >ピークを過ぎたソフトエンジニア様

      文大統領の発言は勇ましいですが内容が伴いません。これは、国民を鼓舞するというよりも、自分への批判を逸らそうという意図が強いのではないかと、私は思いました。

      すでに経済は傾き、軍事では孤立化(袋叩き化)が露骨になり、国民の不満は高まりつつあります。政経両面の難局はこれから悪化する一方ですから、ロウソク革命その2→収監→処刑を避けるためには、いつものように「誰かのせい」にするほかないのでしょう。

      事態を解決しないまでも改善するには日本への譲歩が必要なのですが、実質的な面から目を逸らし、体面や感情を優先すれば、日本を非難する以外の選択肢は文政権にはないのです。

      窮地に陥るほど、その集団の主張は先鋭化するものです。これからの韓国の日本への誹謗中傷がどれだけエスカレートしていくか、注意するとともに興味深く思っています。

      ナポレオンがエルバ島を脱出した際のフランスの新聞の手のひら返しのように、後世に残る笑える記録にならんことを。

      1. ピークを過ぎたソフトエンジニア より:

        自転車の修理ばかりしている 様

        >自分への批判を逸らそうという意図

        同意します。

        ただ、批判の逸らし方が無茶苦茶だなと思って逆に感心したのです。
        「今後起きて来る事態の責任も全面的に日本政府にあるという点をはっきりと警告します」という一文ですが、これは日本に起きることも韓国に起きることも(自滅も含めて)全て日本政府のせいにするぞ、と言っているように聞こえます。
        空耳かもしれませんがw

        個人的には文大統領の支持率が低下してないことは驚きですし、日本の政治家も日本の有権者も真似ができないことだと思います。それだけ危機意識を刺激して、それに成功している証ではないでしょうか。
        そこが、あなどれないと感じる部分です。

        1. チキンサラダ より:

          同感です。危機を利用して支持率を高める、というのは優秀な政治家(独裁者)の証拠です。
          外交能力や経済運営はともかく、ならず者国家の長としては優秀だと認識しなくたはならないですね。

    2. ちかの より:

      ピークを過ぎたソフトエンジニア様
      アレですね、さすが元活動家というか運動圏出身の面目躍如、文在寅大統領の演説はアジテーションそのものだと思います。
      アジテーターとしてはとても優秀、と言うべきでしょうか。

  16. 老害 より:

    >正直、外務省の「外交オンチ」ぶりは、見ていてもどかしく、また、歯がゆい思いを抱いてしまいますし、

    害務省(変換の先頭に出てしまう)の無能ぶりには、怒りを通り越して感動すら覚えます。 無能の共通項があるから、文ちゃんたちと共感するのかも知れません。

    マスコミに登場する「外務省幹部(高官)」の親韓コメントが本当なら(記者の脳内妄想の可能性もあります)、害務省は解体整理しなければ、国益に反することが続くでしょう。 文ちゃんみたいに、有能な官僚を処分するのはまずいのですが、「国益を最大化できるか」を基準に、職員を選別する必要があると思います。

  17. WONDER-EARTH より:

    『猛反発する理由は、「やましい点があるから」?』 に全くその通りと、賛同致します。
    以下は、勝手な、韓国政府の内情の推理です。

    〇 先月7月に、萩生田自民党幹事長代行、小野寺元防衛相、世耕経産相が発言された内容を合算すると、
    「過去、韓国企業が使用する量以上のフッ化水素を韓国に輸出して、その後その行き先が分からなくなった
    事案がある。それを韓国に何回か問い合わせても、何の回答もなかった」 となります。

    すると、グループBになった韓国が改めて日本にフッ化水素などの輸出管理を申請しても、申請が受理される
    ためには、過去の行方不明の事案の解決を求められる。しかし、韓国は、日本を納得させるような回答をすることが出来ない。すると、その品目には、輸出許可が出ない。これでは、実質上日本からの輸出禁止になってしまう。
    韓国の総力を挙げて、うそをついても、何が何でも日本の輸出管理の強化をやめさせるしかない。

    韓国の関係者は、日本が言う不適切な事案の内容をよく承知して、このままでは輸出禁止になることに反発して、米国や第三国を巻き込んでまで恫喝、脅しをかけようとしているのでしょう。(その外には打つ手がないのですから)

    1. ひげおやじ より:

      日本はこれまで、不適切な事例というだけで、具体的に説明していません。
      これは、これからこの「不適切な事例」を出して次の制裁をするためだと思っています。
      その制裁はずばり、7月4日に打ち出した3つの素材の禁輸です。
      これで韓国の最先端の半導体産業をつぶせます。
      最先端以外の半導体は作れるようにすると思いますが、これで韓国の半導体産業の未来はなくなります。
      ここにきて、台湾の半導体メーカが技術者を3000名も雇用したり、設備投資に力を入れています。
      日米によるこの制裁をかぎつけたのではないかと思います。
      今回の措置以前に、マイクロンが広島のDRAM工場の拡張工事を行った。
      東芝メモリが1兆円を投資して、NANDの工場を建てている。
      台湾の半導体メーカが技術者3000名の雇用を発表。
      どうみても、韓国の半導体が衰退していくのを見越しているとしか考えられません。

  18. 名無しA より:

    経済報復だ、国家非常事態だと韓国政府が騒いで
    国際世論に訴えるほど、韓国企業の顧客も外資も
    逃げていくのではないでしょうか?

  19. namuny より:

    経産省から既に第2の矢は射られているようですね。
    ネット上にはまだこの情報は見当たりませんが。
    粛々と進めて頂いているようで嬉しい限りです。

  20. 匿名 より:

    対日輸出許可審査を強化、洪副首相「DRAM・NAND型フラッシュも」

    朝鮮日報によると韓国政府は「戦略物資管理告示に「ダ」地域を新設し、ここに日本を含める方針」だそうです
    これでWTOに提訴するつもりだって言うんだから、まあ驚きます
    日本に半導体メモリを輸出しないって、東芝は笑いが止まらないんじゃない?

    1. NANASHI より:

      一般品目のDRAM・NAND型フラッシュをどういう理由で禁輸するのか??

      以下のサイトを見たところ、中国・台湾がなくなるとはやばいかも知れませんが韓国でなければってものが本当にないんですね。化学物質なんかは韓国シェアトップもありましたが、国内でも作っているものばかりでした

      https://jp.gdfreak.com/public/detail/jp01009000121013002v/2
      3    854239 その他の集積回路                   1031億円 台湾 48% 韓国 10%
      5    854232 集積回路(記憶素子)                  709億円 台湾 60% 韓国 17%
      9    854140 光電性半導体デバイス(光電池を含む)、発光ダイオード  366億円 中国 58% 韓国 9%
      17   854231 集積回路(プロセッサー及びコントローラー)       236億円 台湾 52% 韓国 3%

      1. 阿野煮鱒 より:

        データの提供ありがとうございます。

        全世界でみると、メモリにおけるサムスンとハニクスのシェアは高いので影響を心配していたのですが、日本限定だと大したシェアではなかったのですね。

        NAND Flashは東芝で何とかなりますし、DRAMは最新プロセスはMicron広島で、それ以外は台湾Nanyaからで賄えそうですね。

  21. 昼 行燈 より:

    アベノミクスでは、三本の矢🏹が用意されていたのだから、今回の輸出管理の措置についても、三本目まで矢を射て、命中🎯させて頂くように、期待しています。
    頑張れ! 世耕経産大臣、経産省、河野外務大臣、そして安倍総理!

  22. どっちもどっち より:

    日経によると、日韓とも米の提案に不調と書いていますw

    凄いじゃないですか、日本が米に逆らって、国是を突き進めているなんてw
    ATMはなんでも米に従いましょう、という論調?w

    どうして、メディアは米黒幕説を臭わせないのかな〰
    謎の米高官は登場させるのにw

    1. NANASHI より:

      米高官(こめたか つかさ)さんらしいです

      1. ちかの より:

        米高官(まい こうかん)さん、ではー?

        1. 冷や飯食い より:

          米高官って、
          ブッシュ政権時に大統領補佐官や国務長官だったコンドリーザ・Rice、あるいは、
          オバマ政権時に国連大使や大統領補佐官だったスーザン・Riceのことかも・・・・

        2. 匿名 より:

          ハンドル名も含めてお上手です。

  23. 伊江太 より:

    激高して大言壮語を吐き,このままではすまさんぞと拳を振り上げてはみたものの,どこをどう叩けばよいものやら,皆目急所らしきものが見当たらない.結局,被害者面をして,悪党日本からこんな理不尽な仕打ちを受けていると泣きを入れて,世界に向かっていつもの告げ口外交を全力展開という流れになるんでしょう.

    国を捨てアメリカ辺りに流れていく韓国人がずいぶん多いようですが,不思議なのはこれらの人たちが異国に安住の地を得るや,妙な「愛国心」で結束して,慰安婦像だの,旭日旗模様の摘発だの,反日活動に精を出す.これが移住先社会での地位向上とか,あるいは祖国の国際的評価とかに,何か役に立つのか,大いに疑問ではあるのですが,日本にとってはおおいに迷惑であるのみならず,過去に実質的な被害を被ることも再三再四あったことも紛れもない事実です.そういう意味で,舐めてかかるのは禁物だとは思うのですが,このところの韓国の通信社や,多分在米コリアンが絡んでいると思われるロイター辺りから出てくるフェイクニュースの類い.あれって一体何なんでしょうかね.グローバル経済に多大な混乱を引き起こすとアメリカのシンクタンクとか,半導体の業界団体とかが警告を発してるだの,米国務長官が実質韓国のみに有利な現状凍結で仲介する意向だの,どうせ数日もすれば嘘だとバレる,識者ならもちろん出た時点で見破るレベルのニュースを湯水のように垂れ流す.一時の鎮静剤にもならないと思うんですが,これが韓国人にとっては意味があるんだと,納得がいく理由をご存じの方がいらっしゃったらお教え願いたいものです.

    1. 阿野煮鱒 より:

      韓国人や韓国系○国人がやるなら納得できるのですが、名前からして韓国系には思われない人が嬉々として韓国の工作に乗っかるメリットが私にもわかりません。

      今回の件で、ロイターは著しく評判を落としました。各種ネット掲示板では、すでにロイターの報じる記事の引用に対しては「ロイターか(苦笑)」「またフェイクだろう」といった書き込みが見られます。ATM + NYT NHK + BBC + Reuters という扱いです。何と引き換えにこんな損失を得たのでしょう?

      因みに、韓国人は予想と願望の区別がつかないのと、現実よりもあるべき姿を優先するのとで、現実歪曲空間(reality distortion field)を構築します。Wikipediaの説明が面白いのでぜひ一読ください。
      https://ja.wikipedia.org/wiki/現実歪曲空間

      で、彼らはあるべき姿=韓国が常に正しい、道徳的に優位、韓国が正義、韓国が被害者、という状態を構築すべく、現実を歪めていきます。そのためにありとあらゆる言葉を発して、現実を書き換えようとするのです。この作業を現在と未来に対して常に行っているので、過去との整合は気にしません。それは後で「歴史の立て直し」という作業で上書きできるからです。

      韓国人への攻撃は、新世紀エヴァンゲリオンにおけるA.T.フィールド (Absolute Terror FIELD)のように強力な自我防御フィールドで反発されますので、議論は無駄です。説得も説明も無意味です。

      1. めたぼーん より:

        阿野煮鱒様
        ATフィールド、分かり易すぎる例えですね。しかも今回、大統領機は暴走モード突入ですね。

      2. 伊江太 より:

        阿野煮鱒様

        ご教示ありがとうございます.「現実歪曲空間」ですか.なるほど,と半ば納得しつつも,人間,そんなんで本当に生きていけんの?と,謎は深まるばかり,という感にも駆られます.周りが全員そうなら,それはそれでやっていけるんでしょうかね.かの鳩山元首相あたりもそこの住人なんでしょうか?

    2. 心配性のおばさん より:

      伊江太様 宗教ですの。

      >不思議なのはこれらの人たちが異国に安住の地を得るや,妙な「愛国心」で結束し

      もっと不思議なのは、日本国内の在日の方々です。あの方々は、朝鮮戦争時、日本にワラワラと難民し、そのまま故国から捨てられた人々です。
      故国を恨むのではなく、反日で「愛国心」を発揮。そのロジックがまったく判りませんでした。

      ある日、TVでアベガーのデモを見ていた知人がポツリ。「宗教みたい。」
      失礼ですが、あの人たちにも、理屈はありません。教義があるだけです。たしかに「宗教みたい。」です。

      半島人は、故国で、そして移住地で、反日という宗教教育を拠り所に結束しているのでは、ありませんか?
      でも、同時に、その反日を超えて思考することができなくなっているのですけどね。自縄自縛です。

      1. 伊江太 より:

        心配性のおばさん様

        ご教示ありがとうございます.たしかに宗教というか,狂信という部分はあるんでしょうね.だけど,最短賞味期限のご託宣でも,耳障りがよければ次から次に飛びついて,期限切れになったら,そんなのを一時信じたことすら忘れてしまう.教義もへったくれもないとすれば,あの恨の執念深さとどう結びつくんでしょう? まあ,この連綿と続く日本の伝統を受け継ぎつつ生きる者として,相手にしたくはありませんね.

  24. 自転車の修理ばかりしている より:

    たかが優先措置を解除されただけで、宣戦布告まがいの演説をするとは・・・本当にバランス感覚に欠けた政権だと半笑いでため息をついています。その文言はもう少し先、もっと惨状が進行した際にとっておいた方がいいんじゃないですかね。

    規制ではなく管理であり、手続きを粛々と進めれば非ホワイトの他国のように普通に輸入できるものを、2国間で罵倒し3か国間で哀願し多国間で騒ぎまわる。韓国で夫婦喧嘩をすると、双方戸外へ飛び出して通行人に相手の非を訴えるという話を聞いたことがありますが、本当のように思えてきました。

    韓国が日本の要請に応えないのは、2つの要因があると思います。

    ひとつは、ここで皆さんもおっしゃっている、資料を出したくても不正がありすぎて糊塗できないという実際的理由。もう一つは、「日本の言うことには素直に従いたくない」「日本の要請を無視することが快感」という感情的理由です。

    韓国人ではないので推察しかできませんが、日本に「韓国の取引に不明なところがあります」と言われると、彼らには「韓国は不正してるぞ」と聞こえるのではないでしょうか。「記録をそろえて持ってきてください」は「始末書持ってこい」に、「国際条約違反の解決を求めます」は「国際犯罪者は土下座しろ」に、「ホワイト国から除外します」は「韓国格下げ、お前ら白丁」という風に、歪んで伝わるのではないかと思えてなりません。彼らにとって目下であるはずの戦犯国からそんなことを言われるだけで頭が沸騰し、数々の暴挙につながっているように思われます。日本人としてはあの感情的反応は、そうでも思わないと理解できません。

    私が相手の行動を日本人的に解釈することと同じように、韓国人も相手を韓国人的に解釈します。日本がいくら「韓国内の流通に問題があるから輸出管理をする」と言っても、彼らにとっては「輸出規制」「韓国つぶし」なのです。彼らならそうするから。だからこれから必死で反撃ることでしょう。

    他人の言葉を耳に入れない、自分の正義を盲信する感情的・衝動的集団。日本政府と日本国民は、韓国と韓国人はそういう反社会的危険勢力であると認識しておいて、間違いではないと思います。

  25. 暇人 より:

    慰安婦問題みたいに韓国のウソのデッチ上げやロビーで今回の処置が韓国の主張通りに世界から捉えられ、日本が孤立しないか凄く心配してます。
    今回の処置に反対してるのでなく、日本に対する世界の反応が気になります。

  26. カニ太郎 より:

    9/20ラグビーワールドカップ日本が開幕する。

    やはり勝負どころは、初戦ロシア戦(9/20)であろう。

    どんなチームでも、勝負どころで勝てないと、結局は予選敗退に終わる。

    同じように、対韓国輸出規制での勝負どころは、8/2閣議決定であった。

    ここで、安倍内閣は勝った。

    少し休んでもいいのではないか、と私は思う。

    菊花賞でも、勝負どころは「淀の坂」だ。

    疲れを残してはいけない。

    今、安倍政権は、対韓国制裁で消耗した。

    ここで一気に攻めたいのもわかるが、焦りは禁物だ。

    そもそも7/1産経新聞に「対抗措置」だと報じられたことが苦戦した原因だ。

    恐らくリーク記事であろうが、7/2に世耕大臣が、対抗措置ではない、と否定したにも関わらず、韓国や左翼は、この「対抗措置」を徹底的に攻めてきた。

    このように、些細なミスで危うくしてしまう。

    だいたい「2の矢」「3の矢」を今打たねばならないほど、「ホワイト国除外」は甘い措置じゃないだろう。

    使い方によっては、他の武器は要らないほどの強力な武器なのではないか、と思う。

    確実に韓国のハイテク産業を追い込むことができるのだから。

    無理をすべきではない。

    むしろ、ここからが二階幹事長のような配慮派議員の出番かもしれない。

    韓国の保守派(用日派)に資金を流して、韓国内政から攻めていってもいいかもしれない。

    今までは、韓国用日派に取り入ることは命取りであったが、今は違う。

    安倍は韓国の輸出優遇措置を外すことに成功したので、韓国ハイテク産業の命綱を握っている。

    かなり有利に対韓交渉ができるはずだ。

    何しろキャッチオール規制は1100品目もあるのだ、これの蛇口を握ってしまった以上、どんなに韓国が暴れたって逃げ出せやしない。

    猫がネズミをいたぶるように、徐々に弱らせていけばいいのではなかろうか。

    場合によっては、韓国が喜ぶような口上をリップサービスで述べてやってもいいかもしれない。

    大切なのは「輸出管理区分による消極的だが強力な規制」という手綱を離さないことだ。

    そして、情けをかけないこと。

    少しづつ韓国の大企業を弱らせていき、最低でも現代かLGを倒産させる事だ。

    1. namuny より:

      いいえ、三星です。

      1. 匿名 より:

        そう、狙いは三星だね

        1. 匿名 より:

          図星です。

  27. 直木公由 より:

    失礼します。
    中部大学の細川特任教授(元経済産業省輸出管理部長)によりますと「韓国をホワイト国からの除外は、文大統領が言葉汚く日本を罵るような措置ではない。最初は若干手続きに時間を要すかもしれないが」
    それは3品目も同様とのこと。
    また世耕大臣も「韓国は輸出の手続きを必要な書類などを揃えて手続を行えば、輸入は出来る。日韓関係に影響が出るものではない」と仰っています。
    多くの日本人は、日本政府の今回の措置に拍手喝采や溜飲を下げたと高評価でいると思います。
    時間が経てば、韓国に影響が出ていない事に、多くの日本人はショックを受けるのではないかと思います。
    今回の措置は制裁ではないので、それは当然の事です。
    この事を韓国も理解しているのではないでしょうか。
    実のところ、安倍さんと文さんはプロレスをやっているのではないか穿って見えてきます。
    2の矢、3の矢どころか、まだ一本も矢も放っていないと理解して今後を見て行きたい。

    1. 匿名 より:

      > 韓国は輸出の手続きを必要な書類などを揃えて手続を行えば、輸入は出来る

      ここが重要な点です。日本政府は、既に何らかの問題を嗅ぎつけたから韓国をホワイト国から外したのです。その疑惑を解消するだけの資料を韓国が出せないから、こんな騒ぎになったのではないですか?

      韓国には後ろめたい事情があるはずです。ないなら騒ぐ必要はありません。粛々と日本政府にデータを出して説明すればいいのです。

      > 今回の措置は制裁ではないので、それは当然の事です。
      > この事を韓国も理解しているのではないでしょうか。

      理解しているような反応ではありませんね、

      > 2の矢、3の矢どころか、まだ一本も矢も放っていない

      この点は賛同いたします。安心できる状況ではありません。

      1. 匿名 より:

        政治家とか立場のある人は言えないだけで実質禁輸でしょうw

  28. ハゲ親爺🐧 より:

    昨年の韓国国際観艦式に於ける旭日旗に対する韓国政府の侮辱発言及び、海上自衛隊P1哨戒機に対するレーザー照射事件等、韓国政府及び海軍からの国際法を無視し、日韓の安全保障協力体制を揺るがす行為がなされている。

    更に、韓国外交部長官による職掌を無視した日韓GSOMIA破棄を言及するかの様な発言や、韓国憲法に定められた国防動員の義務、韓国大統領による「正しい歴史を無視した対日侮辱発言」等が、互いの信頼を基にした日韓安全保障協力を傷つける事になった。

    更に、観光の為ビザ無しで日本に渡航した韓国人が靖国神社のトイレを手製爆弾で損壊したテロや沖縄での反基地デモ、売春や詐欺、空き巣目的で日本に入国する不適切な行為をなす韓国人の日本入国が後を絶たない。

    よって、我が国は国家安全保障の為、やむを得ず韓国に認めていたビザ無し渡航を一切廃止し、ビザの発給も厳正に審査せざるを得なかった。

    うーん、三段論法になっていないかな?🐧

    1. チキンサラダ より:

      ハゲ親父様、
      先月、佐官の友人と話をしたのですが、自衛隊全体では韓国軍に対する全面的な信頼は揺らいでないような印象を受けました。
      「レーダー照射事件で信頼にヒビは入ったが、友軍として扱う基本的な姿勢は変わらない」とのこと。
      やや意外な気もするのですが、そのあたり、可能ならご意見を聞かせていただけないでしょうか。

      1. ハゲ親爺🐧 より:

        私は、陸上自衛隊の下士官でした。🐧

        目の前にいる相手が敵なら殺す。🐧

        味方なら、相応の対応をする。🐧

        敵に肉薄するのは我々。🐧

        佐官の感覚とは違うのが当たり前。🐧

        1. チキンサラダ より:

          ハゲ親父様、
          ご返答ありがとうございます。
          なるほど。佐官と下士官で感覚が違うのは珍しくないのですね。普通は佐官の方が国民の意識に近そうなものですが、韓国に関してはどうもその逆なように思えて仕方ありません。
          佐官クラスだと韓国軍人との交流が多く(私の友人佐官も韓国軍人とはかなり付き合いがあるようです)、心の何処かで彼らをまだ信用してるからなのですかねえ。少し時代に遅れてる危うさを感じています。
          しかし、よく考えれば現場に近い人の方が時代に追随できてることは、むしろ自然なのかもしれませんね。

  29. 門外漢 より:

    二の矢三の矢と言っても、こちらからどんどん射掛ける訳には行かないと思います。
    今回の措置も韓国側に不適切な事案があったから「已むに已まれず」行ったものだからです。
    3品目に関しては早くても9月にならないと許可は出ないでしょうし、不許可になる物もあるでしょうが、それも「厳正な審査の結果」なんですから恣意的にやっているのではありません。
    8/28以降に戦略物資に絡んでも不許可になるものがどんどん出て来るでしょうが、それも狙ってやっているのではありません。

    しかし韓国は頭に血が昇っていますから、戦時労働者判決の差し押さえもやって来るでしょう。
    そうなればそれに見合う韓国資産の差し押さえをやらなければなりませんが、これも日本企業の損失を補填するため「已むに已まれず」行うものです。
    韓国が渡航制限をやれば、日本も「已むに已まれず」ビザを復活をする。
    韓国が日本文化流入禁止(実は今でもやっている)をやれば、日本も「已むに已まれず」k-pop禁止をする。
    韓国がレーダー照射をしてくれば、「已むに已まれず」チャフを撒いて攻撃姿勢を見せつける。と言うようなものです。

    つまり一連の非友好的行為への報復・制裁とすれば、ためらわず二の矢三の矢を射るのは戦いの基本ですが、日本は報復・制裁をしている訳ではありません。というのが政府の見解です。
    なので相手の動きに合わせてしか動けないと思いますが、必ず相手よりも有効な手を打つ=後の先を取れば良いのだと思います。

    1. 心配性のおばさん より:

      門外漢様 「已むに已まれず」作戦、グッドアイデアですわ!

      ただ、ポイントがありますの。「已むに已まれず」を必ず国際社会に発信することです。今回話題の経産省は大丈夫。外務省は大不安ですが河野大臣なら大丈夫かしら。財務省も麻生大臣なら大丈夫。
      問題は防衛省ですね。岩屋さんは政治家として脇が甘すぎます。安倍総理、なにげに大臣交代いたしましょう。

      1. 門外漢 より:

        おばさんへ

        レスありがとうございます。
        日本人てこういうの好きでしょう?

  30. ミナミ より:

    日本の安全保障面の措置に対して、それを報復だと勝手に受け取って、
    韓国はホワイト国除外という報復を行ってきたのだから、
    それに対する報復を日本がやって良いというターンになっているのでは?

  31. かぴ より:

    ■「ホワイト国」待遇から韓国を外したばかりではなかった 経済産業省、国家安全保障の観点から外国資本の日本企業買収も規制(宮崎正弘国際ニュース早読み)

    https://blog.goo.ne.jp/kirakiraboshi31/e/482ec0b20e7d16af7ef0d2fda3956454

     あまり報道されていないのですが、いわゆる「グループA」の見直しの他に、「8/1より安全保障にかかわる海外資本による買収に規制がかけられた」というニュースをちらほら散見しました。

    -----

     ただソースが見当たらなかったので、ちと調べてみたら、↓が見つかりました。

    ■対内直接投資等に係る事前届出対象業種の追加等を行います(2019.5.27)
    (財務省HP)https://www.mof.go.jp/international_policy/gaitame_kawase/gaitame/recent_revised/20190527.htm
    (経済産業省HP)https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190527002/20190527002.html

     今年の5/27に発表された、外為法第27条第1項、同法第28条第1項に関する告示ですが、これはGJですよね。

     今回の輸出管理の見直しに対して、先方が取りうる非常に有効なオプションの1つが、「日本企業の買収による、国内への技術移転」です。ただ、日本には、スパイ防止法等の法整備もされておらず、盲点だったわけです。

    1. かぴ より:

       で、もう少し経緯を追ってみたところ、2年前に改正外為法を施行し、今年の5月に業種の追加を行ったようです。

      ■改正外為法の施行のための政省令告示が公布されました
      2017.3.3 閣議決定 → 2017.5 国会可決・交付 → 2017.10.1施行
      (経産省リリース)https://www.meti.go.jp/press/2017/07/20170714002/20170714002.html

      ■対内直接投資等に係る事前届出対象業種の追加等を行います
      2019.5.27 告示 → 2019.8.1適用
      (経産省リリース)https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190527002/20190527002.html

       -----

       ということは、業種の追加については、もしかしたら韓国情勢の変化への対応という側面もあるのかもしれません。

       では、今年の5月の告示でどんな業種が追加されたのか…ということについて、↓のサイトから引用させていただきます。(告示を読み込む元気がありませんでした)

      ■政府、8月から外資規制対象にIT・通信などを追加
      (msn・天下のロイター様)
      https://www.msn.com/ja-jp/money/news/%E6%94%BF%E5%BA%9C-8%E6%9C%88%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A4%96%E8%B3%87%E8%A6%8F%E5%88%B6%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E3%81%AB%EF%BD%89%EF%BD%94-%E9%80%9A%E4%BF%A1%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%82%92%E8%BF%BD%E5%8A%A0/ar-AABXVJN#page=2

      (ここから引用) -----

       今回、安全保障上重要な技術の流出や防衛生産・技術基盤の毀損など、日本の安全保障に重大な影響を及ぼす事態の発生を適切に防止する観点から、集積回路製造業、半導体メモリメディア製造業、光ディスク・磁気ディスク・磁気テープ製造業、電子回路実装基板製造業、有線通信機械器具製造業、携帯電話機・PHS電話機製造業、無線通信機械器具製造業、電子計算機製造業、パーソナルコンピュータ製造業、外部記憶装置製造業、受託開発ソフトウエア業、組込みソフトウエア業、パッケージソフトウエア業、有線放送電話業、情報処理サービス業が加わった。

      (引用ここまで) -----

       半導体を始めとする、今回の輸出管理の見直しに、ピンポイントの追加です。なんだかんだ、政府も頑張ってんなぁ…と思いました。

       以上、ド素人が書いてるものなので、間違いや不足があれば、ブログ主様ほか、専門的な知見をお持ちの方から、どしどし教えていただけると幸いです。

       また、すでにブログ主さんが書かれていたことであれば、謹んでお詫び申し上げます。

      1. かぴ より:

         連投すいません。

         今年の5月の告示ということは、その数ヶ月前から準備を始めていたのでしょう。

         ということは、昨年末のいわゆる徴用工の韓国大法院判決や、今年始めのレーダー照射事案等の頃からオプションの1つとして、今回の輸出管理の見直しは検討されていたのでしょう。

         そう考えると、水面下で政府は対策を練っていたわけで、とすると、すでに二の矢、三の矢の仕込みは終わっているのかもしれません。

         -----

         二の矢は、個人的には「不適切な事案の公表」かなぁと思っています。今回の件について、日本が国際世論に訴えにくい最大のポイントは、「不適切な事案」としか言えなくて、世界の「なんで?」に答えられないところかなぁ…と思っています。

         こちらの掲示板でのチキンサラダさんなどの書き込みを見ると、本当はここをバチっと発表して正当性を国際社会に訴えるべきなのでしょうが、公表に傷を伴う(多分、対中関係でしょうか)伝家の宝刀なので、時と場をじっと選んでいる気がします。

        1. 匿名 より:

          不適切な案件の公表は米中の進展をにらみながら・・・なんでしょうね。

      2. 門外漢 より:

        かび様へ

        情報ありがとうございます。
        これは良い仕事しましたねえ。ヤル気に成れば出来ることはいくらもあるということですか。
        こういう二の矢三の矢なら、安全保障上の措置で、報復じゃありませんよね?

      3. ランダム黒白 より:

        「安全保障の観点から外国資本の日本企業買収も規制」とは初めて知りました、ありがとうございます。ようやく!という感じです。
        スパイ防止法が成立するめどが全く立っていない中、国防の穴を塞ぐ仕事をしてくれるあたりはさすが経産省さんGJ。IT・通信関連の規制はアメリカからの指示もあるかもしれませんが。

        こちらは6月のニュースですが、

        防衛省の公共入札に中国系が関与し放題だった疑惑が浮上 ようやく対策が取られ始める
        http://japannews01.blog.jp/archives/50521622.html

        防衛省も問題に対処し始めたようですし、政権中枢も国防強化の方針で間違いないようです。

  32. 匿名 より:

    いつもためになる記事ありがとうございます
    「侮れない、韓国の国際的なロビー活動」←本当にこれですね
    まだまだ日本の対応は甘いと思っています
    そのために我々もSNS等を通じて主張、反撃をしっかりとしていかなければなりません

  33. 匿名 より:

    日本へ向かうBTSは韓服を着用!韓国の日本不買運動、芸能人の活躍も話題に

    2019年8月2日、韓国・Newsenは、アイドルグループ・BTS(防弾少年団)のジョングク、歌手のパク・ジェリム、俳優のイ・シヨン、チョン・ウソン、キム・イソン、パク・ホサン、コメディアンのパク・ミョンス、キム・ジェウク、オ・ジョンテが「日本不買運動」に賛同したと報じた。

    また「われわれの子孫のためにも協力しよう。これは政治ではなく日韓の戦争だ」「芸能人は日本企業の広告に出演すべきでない」「BTSは日本に行かないで」「BTSの影響力を使ってもっと日本不買運動を世界に広めてほしい」「もっと多くの芸能人が参加しないのはなぜ?」などと訴える声も上がっている
    https://www.recordchina.co.jp/b729307-s0-c30-d0058.html

    K-POPなどはセルフ経済制裁で最大の市場の日本をボイコットする模様w

  34. Watch Snowflakes in South 改め パクス・フォルモサ より:

    おはようございます。
    いつも楽しみに記事を待っております。

    本コメント以降はパクス・フォルモサ名で投稿させて頂きたいと思います。
    今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

    私見ですが、韓国の現政権はローソククーデターによって旧政権を転覆させた左派革命政府だと考えています。時勢が変われば、同じ事がいつ自分に降りかかるか、怒れる民衆によって糾弾される側に回るかと、いつも戦々恐々としている毎日なのでしょう。先日の「宣戦布告」や「開戦の辞」のような異常な文大統領の声明は、自分の身(立場だけでなく命も!)を護る究極のポピュリズム政治と言えると思います。

    このような背景もあって、すぐにばれる嘘を平気でつく、その場を取り繕う事に集中するあまり、論理展開の整合性や自己矛盾などに気が回らない(ちょっと可哀想なくらい酷い!)のでしょうか。論点をずらす、話題をすりかえる、相手の責任だと主張するのは常套手段です。

    そこで私も門外漢様、心配性のおばさん様が言われているように、日本自らが間口を広げて、二国間不和に油を注いでいるかのように見えるのは得策ではないと思います。2019/07/14 at 00:51に匿名様が指摘されている、「政府、韓-日フッ化水素統計の不一致。不良品の返品のせい」の真実をあぶりだす事に専心するのが良いのではないかと考えています。イエスかノーかの質問をシーケンシャルに問い続ける事で韓国側に抜き差しなら無い齟齬が出てくるでしょう。気分としては、キューバ危機の時のアドレー・スティーブンソン米国連大使のように「地獄が凍りつくまで解答をお待ちしますよ( I am prepared to wait for my answer until Hell freezes over. )」ですね。

    本件は二国間の輸出入統計をつき合わせ、日本メーカーに不良返品の受領記録があるかなど、見に見える証拠が簡単に集まる事と、韓国野党発の問題提起であることが非常に有利です。
    この問題に集中しつつ、ひっそりと(ただしタイミングを計って!)3品目を小出しに、輸出許可し始めれば、我がほうの正当性を証明し、国際世論を味方につける事が出来ると思います!

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。