世耕経産相ツイートから、WTO反論を記録する

先日、『「藪蛇WTO」の韓国政府、聞かれてないのに「北朝鮮」』でも触れたとおり、韓国政府はスイス・ジュネーブのWTO理事会で、経産省が7月1日に発動した韓国向け輸出管理の運用見直しの措置を巡り、「WTO違反だ」などとして緊急議題として上程したようです。これに関する「続報」として、本稿では世耕弘成経済産業大臣のツイートをベースに、日韓でいかなるやりとりがなされたかについて、記録しておきたいと思います。

「藪蛇WTO」、日本の反論は?

連日のように、韓国に対する日本の輸出規制強化が話題になっており、昨日は『FNNプライム』の報道をきっかけに、韓国が「軍事転用可能な物資を第三国に密輸出していた」とする疑いが出ている、とする話題が、インターネット上で大きく注目されました。

当ウェブサイトでもこれについては『戦略物資横流し疑惑に関する韓国メディア報道』などで確認したとおり、問題の本質は、よくて「韓国の輸出管理はザル」、下手すると「韓国に対してセカンダリー・サンクション」という次元の大問題である、と考えています。

戦略物資横流し疑惑に関する韓国メディア報道

ただ、この「メガトン級ニュース」の脇で、いくつか紹介が漏れている論点があるのですが、その1つが、『「藪蛇WTO」の韓国政府、聞かれてないのに「北朝鮮」』の続報です。

「藪蛇WTO」の韓国政府、聞かれてないのに「北朝鮮」

わが国の経産省が7月1日に発表した『大韓実国向け輸出管理の運用の見直しについて』を巡り、韓国側では日本を世界貿易機関(WTO)に提訴してはどうか、という動きがみられるようです。

これに先立ち、韓国政府はさっそく、スイス・ジュネーブで現地時間9日に開かれたWTOの物品貿易理事会で、日本の措置に対する釈明と撤回を求めたのだそうです。

日本「輸出規制はWTO違反に当たらず…撤回は考えていない」(2019年07月10日13時44分付 中央日報日本語版より)

ただし、これについては、韓国側がいったいどういう主張を展開したのか、そして、日本がこれにどう対応したかについては、少なくとも『中央日報』(日本語版)などを見た限りでは、あまり詳しく触れられていないようです。

こうしたなか、世耕弘成(せこう・ひろしげ)経産相は昨日、自身のツイッターで、これについて比較的詳しく解説をなさっています。

昨日、ジュネーブのWTO理事会で韓国が日本の輸出管理措置について意見陳述したが、従来の会見等での主張を繰り返したのみで、目新しい、説得力のある論点は出なかった。/ジュネーブで述べられた韓国の論点とそれに対する私の見解を1対1対応で述べる。

これについて、世耕氏のツイッターを論点形式に整理してみましょう(ただし、文章については大意を変更しない範囲で字句を補うなど、適宜修正していますので、世耕氏の発言の原文についてはツイッターをご参照ください)。

韓国側の論点①「韓国に対する不当な扱い」

世耕氏によると、韓国側の最初の主張は、次のとおりです。

韓国側の論点①

日本政府は韓国に対する輸出管理強化の理由について、「日韓間の信頼が損なわれた」という説明をするだけでそれ以上の詳細を明らかにしていない。また、3品目の日本からの輸出にあたっては毎回許可を取ることが必要になるが、この措置の対象となっているのは韓国のみである。

いわば、今回の措置は韓国に対する不当な扱いだ、とでも言いたいのでしょう。

では、日本政府はこれにどう反論したのでしょうか?

論点①への日本政府の見解

もともと韓国の輸出管理制度自体に不備があり、従来は対話を通じ韓国が制度や運用を改善するとの信頼関係があったが、近年、日本から申し入れてもも対話がないという状況になっていた。また、今回個別輸出許可を求めることにした製品については、最近、韓国に関連する輸出管理を巡って不適切な事案が発生したものである。

相変わらず、この「不適切な事案」については伏せている状況ですし、世耕氏がいう「不適切な事案」が、先ほどの『戦略物資横流し疑惑に関する韓国メディア報道』などでも紹介した、「北朝鮮などへの戦略物資の横流し疑惑」と関連しているのかどうかは不明です。

ただ、世耕氏のこうした説明は、従来の日本政府の説明とも整合しており、おそらく、この「不適切な事案」については、いずれ明らかになるものと考えて良いでしょう。

論点②他国への輸出管理強化

次に、韓国側は、「信頼関係が損なわれた」からといって、「他のWTO加盟国に対する輸出管理を強化して良い」という規定はない、と反論します。

韓国側の論点②輸出管理強化規定

WTO協定には、「信頼が損なわれたこと」を理由に、他の加盟国に対する輸出管理を強化する規定はない。

この点についても、日本側の主張は明快です。

論点②への日本政府の見解

今回の措置は、韓国輸出管理制度に不備があることに加え、韓国関連の輸出管理を巡って不適切な事案が発生していることもあり、厳格な制度運用を行い、万全を期すこととしたもの。WTOで認めらる安全保障のための輸出管理制度の適切な運用に必要な見直しであるため、今回の措置が「WTO違反である」とする韓国政府の指摘は全くあたらない。

このくだり、「一般に、安全保障は通商問題に優先する」という、ごく当たり前の話を、日本政府は改めて韓国側に噛んで含めるように説明してあげた格好です。

論点③日本の措置は世界の産業に悪影響

韓国はまた、日本に対して次のような「脅し」を日本に対して展開して来ます。

韓国側の論点③世界産業への悪影響

日本のアクションは韓国のみならず日本を含む世界の産業に悪影響を与える(detrimental)ものである。

前後の文脈がよくわからないのですが、おそらく、「韓国の半導体生産が滞れば、全世界のサプライチェーンに悪影響を与える」、といったことが言いたいのでしょう。この点については、たしかに全世界の産業に影響がないとは言えません。

しかし、日本側は、次のように反論しました。

論点③への日本側の見解

今回の運用の見直しは、韓国向けの禁輸措置ではなく、従来韓国に対して実施してきた優遇措置をやめて、他の多数の国と同様の通常の措置に戻すもの。軍事転用等の懸念がなければ許可が出される。

要するに、「軍事転用していない」という証拠をちゃんと揃えて、ちゃんとした手続をすれば、問題なく輸出許可が出されますよ、という説明です。

もっとも、日本としては今後、全世界の半導体需給を見ながら韓国に対するフッ酸等の戦略物資の輸出量をコントロールする手段ができた、ということでもありますし、そうなれば、うまく全世界の半導体供給に悪影響を与えない範囲で、徐々に半導体の「脱韓国」を進めることができる、という言い方もできます。

なお、この点については、日本経済新聞社元編集委員で優れた韓国観察者である鈴置高史氏が次の論考の3ページ目で指摘された内容でもあります(まだの方は、この機会に是非、ご一読ください)。

日本に「怪しい国」認定された韓国 文在寅は「受けて立つ」というが、保守派は猛反発(2019/07/09付 デイリー新潮より)

そして、現時点においては、日本政府は韓国に対する「軽いジャブ」を放ち、韓国の反応を見ている段階だ、と考えることもできます。

そうなると、「日本による韓国に対する対抗措置」は、むしろこれからが本番と見るのが正しく、その意味で、今から1週間後の7月18日に期限が到来するとされる「日韓請求権協定第3条第3項措置」(第三国仲裁)について、韓国が誠意ある回答をするかどうかについては注目に値するのではないでしょうか。

読者コメント一覧

  1. 国防動員法 より:

    今回の貿易管理の見直しについて、朝日や毎日系列は「日本政府は説明する義務がある」の一点張りですね。

    政府が説明しているにもかかわらず、自分たちが間違えた報道をしておいて、彼らは一体何を言っているんだろうか・・・

    日本政府が具体的な説明をできないことを逆手に取った悪辣な評論で、相変わらず吐き気がしますね。

    また、国内組が活発になってきました。
    特に芸能関連は酷いですね。

    「政治に問題があっても市民同士では友好的な文化交流がある」と言っておけば、好感度が上がってアブク銭が稼げると思っている馬鹿どもが多いですね。

    中高校生の女子学生は、こういう戯言でもコロッと騙されるから、韓国に対する近隣諸国条項はそろそろ止めるべきでしょう。
    原爆Tシャツをファッションだと言う馬鹿どもにキャーキャーいってる日本人が未だに多いのは、韓国の悪行を知らないのも一因でしょう。
    あの馬鹿どもの日本人ファンは、あの爆発の下に何人の日本人がいたのかも、知らないのかもしれません。
    悪意なくファッションであれを着ているなら、尚のこと悪辣だと思うのは私だけしょうか・・・

    日韓に関しては、近隣諸国条項でいうところの配慮がどうとか、そんなレベルではなくなってきています。

    戦後から続く韓国の振る舞いが政治・経済に大きく影響を与えるところまで到達したのですから、韓国についてはキチンと子供たちに教えるべきです。

    間違いなく日本の将来の国益に影響を与えますし、政治・経済において日本国民が考慮せざるを得ないファクターになるのですから・・・

    1. インスタントラーメン より:

      はじめまして。
      私が飲みに行く所は、韓流アイドル命な娘がいます。
      もし、韓国大統領があなたに↓といったら?の質問をしました。
      大:あなたが韓国民に謝ってお金を払うなら大好きなアイドルに会わせてあげます。
      娘:まじで?
      大:はい。お会計は毎月5000円、生きている間ずっとです。
      娘:?、、一回払いで五万円なら払うけど、

      彼女の話では会う為にCDを何枚買えるか?がげんどだそうです。韓国でお気に入りのアーティストが所属する事務所のドア全面触ったらしいですが、案外ドライでした。

  2. りょうちん より:

    日本人でもこういうこと言う人がいるんですよねえ・・・。

    https://eetimes.jp/ee/articles/1907/10/news027.html
    「対韓輸出規制」、電子機器メーカーの怒りの矛先は日本に向く?

    1. なんちゃん より:

      湯之上隆しにしても、近藤大介氏にしても、時々チェックしてる人だったんですが、ことこの件に関しては日本政府の公式見解を無視したり、安全保障の面を軽視していたり、米中技術覇権の文脈を無視してたりと、視野が狭いと言わざるを得ません。見てる時間スパンが短いのだろうか。

      自由貿易至上主義か、日本政府が穏当でない行動を取ることにアレルギー反応でも起こしてるかのように見えます。

      1. とある東京都民 より:

        ホント、ホント。

        そのヒト達(湯之上某さんや近藤大介なる方)って、本当に産業人?てすか??
        本当に産業にたずさわっていたんですかね~?

        中韓の安売り攻勢と開発・研究者や技術者のヘッドハンティングや引き抜き攻勢に苦しめられ続けて来たのに?!
        あと、特・亞による産業スパイ紛いの行いやらもだ!

        1. なんちゃん より:

          湯之上隆氏はもともと日立の半導体技術者で、退職後に出した著書等で韓国の技術窃盗の、具体的な手口を早くから世に知らせていました。
          産業人と言えば産業人ですが、頑固な技術者といった感じです。
          敵をたくさん作ってきてます。(笑)
          BSプライムにも一時期出てましたが、プロデューサーと喧嘩したので、もう出ないでしょう。

          近藤大介氏はジャーナリストですね。産業人じゃない。

    2. カズ より:

      りょうちん様が貼ってた記事を読んでみました。

      https://eetimes.jp/ee/articles/1907/10/news027.html
      「対韓輸出規制」、電子機器メーカーの怒りの矛先は日本に向く?
      *****

      現況の市場体系が変わらないのなら無きにしも非ずなのかもですが、そんなことはないと思います。

      ↓需要・供給・価格の基本的な関係はコレですよね?

      *商品価格が上昇すれば供給は増大し需要は減退する。
      *需要が減退すれば在庫は過剰になり価格は下落する。
      *商品価格が下落すれば需要が増大し供給は減退する。
      *供給が減退すれば在庫ば品薄になり価格は上昇する。

      世界的な半導体不足が予想される状況で、製造企業は増産を考えないんでしょうか?
      マイクロン他米国企業、東芝メモリやルネサス他日本企業、欧州・台湾他、日本から戦略物資を供給される各国企業は全力で増産を図るはずです。

      そしたら、ファーウェイ向けに使用していた生産力を代替し、中韓に依存しない市場体系が形成されて製造各社はホクホク顔ではないのでしょうか。
      クラウドメーカーも技術的にひっ迫してるのでなければ投資を先延ばしすればいいだけのことなのでは?

      需要・供給・価格の形成は神の見えざる手によって創られるのだから、喫緊の混乱は避けられないにしても需給活動の結果として「足りてるものは足りなくなり、足りないものは足りるようになる」だけだと思うんですけどね。

      あ、神の手の解釈を間違ってる人たちがいますね。(バレない嘘もすぐバレる嘘もついちゃだめですョ。サッカーじゃないんだから・・。)

    3. ラスタ より:

      りょうちん様

      ご紹介の記事読みました。

      DRAMや SSDに関して、短期的には若干の影響出ると思います。
      売れ筋容量のメモリーが高くなったり、大容量メモリーの価格低下が思うほど進まなかったり。
      しかし中長期的には適正価格で安定供給が崩れることはないと考えています。

      その根拠は。
      メモリー製造は韓国じゃなくてもできるからです。
      でも、製造に必要な中間材と製造機械は韓国では作れません。
      だから彼らは慌て騒いでいるのではないですか。

      記事の著者氏はエルピーダにいたそうですが、現状の日本メーカー動向に疎いだけでなく、半導体すなわちメモリーチップの最終製品という固定概念を持っておられるのでは。

      日本やアメリカ、イギリスなどはそこまでバカじゃないですよ。
      そのときの目先の状況だけでコスパがいい韓国の半導体を潰すわけないでしょ。
      準備ができて不要になったから、裏切者を切り捨てる仕上げにかかっただけのこと。

  3. 心配性のおばさん より:

    >ごく当たり前の話を、日本政府は改めて韓国側に噛んで含めるように説明してあげた格好です。

    関係のない話で恐縮ですが、このあたりの忍耐力は与党議員であり、現内閣官僚である世耕氏が日ごろ国会で野党議員に根気よく対応されてきた賜物だと思います(笑)。
    頑張れ、安倍内閣。プロとしての力を見せて下さい。

  4. りちゃ より:

    何があろうと絶対に態度を改めない韓国
    VS
    これ以上密輸が発生したら、世界から「共犯」と見られてしまう日本

    韓国が泥沼に沈む確率:40%以上

    1. とある東京都民 より:

      ん~・・・。じゃあ。
      日本が、韓国に泥沼に引きずり込まれる確率は?!(油断した隙を付かれ、日本単独で・・・、gkbr)

      &後は、韓国が、日本モロ共、一緒に泥沼に沈む確率は?!(怒?)

      アレは、油断ならん相手ですわー!警戒、警戒じゃな!?

  5. Tほし より:

    既出かもしれませんが、こんな記事が。
    もしかすると格付会社ですら輸出の件と徴用工の話を整理できてないのかもしれないですね。

    https://jp.reuters.com/article/southkorea-japan-laborers-s-p-idJPKCN1U60DW

    1. ラスタ より:

      Tほし様

      安保理決議違反を持ち出すまでもなく、自称徴用工だけで「韓国の経済成長に悪影響」だから、まぁ普通に当然の話では。

      韓国的には「日韓両国だけでなく全世界に悪影響」って言ってほしいとこなんでしょうけど。
      ある意味、不正輸出は今後の問題として切り離しているようにも見えますね。その布石かも。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。