インターネット上では、よく「マスゴミ」という表現を目にします。私の理解だと、これは新聞、テレビを中心とするマスコミに対する怒りを込めたネット・スラングです。いわば、「ゴミのような情報を垂れ流しにする国民の敵」、といったところでしょうか。もちろん、マスコミ関係者の中にも心ある人、優秀な記者もいますが、なぜ総体としてのマスコミが「ゴミ」と呼ばれるのかといえば、やはり、彼らが「特権組織」であるとともに、その特権を悪用して、一般の国民から強い反感を持たれるような不適切な行動を取っているためだと思うのです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

マスゴミの由来

マスゴミという言葉があります。

これは、「ゴミのような情報を垂れ流すマスコミ」に対する、怒りを込めたネットスラングです。

単なるゴミであればまだ良いのですが(※良くありませんが)、実際、マスコミの報道によって日本社会に深刻な打撃が生じたことは、過去に何度かあります。

卑近な例を紹介すれば、今からちょうど10年前、2009年8月に実施された衆議院議員総選挙で政権与党だった自民党が惨敗・下野し、民主党が圧勝して政権交代が実現しました。

しかし、この総選挙では、マスコミが有権者の投票行動に、極めて強い悪影響を与えていたのです。その証拠が、この「政権交代選挙」の直後に「日本経済研究センター」という組織が実施した調査です。

経済政策と投票行動に関する調査 「子ども手当支持」は3割、政策には厳しい目(2009年9月10日付 社団法人日本経済研究センターHPより)

これによれば、投票に際し、テレビや新聞を情報源として重視していた人ほど、比例区で民主党に投票したことが示されています。実際に、これをグラフ化してみましょう。

図表 情報源と比例区投票先の関係

(【出所】(社)日本経済研究のレポートのP7を参考に著者作成)

いかがでしょうか。

この調査、「たまたま」では済まされません。同法人がきちんと統計学的に正しい調査を行っているという前提のもとではありますが、テレビと新聞が有権者の行動行動を歪め、結果的にそのことによって「悪夢の民主党政権」が実現したわけですから、日本社会に多大な損害を与えたことは明らかでしょう。

ただ、マスコミ業界がこの「政権交代劇」について、総括して反省したという話も、私たち日本国民に対して真摯に謝罪したという話も、寡聞にして知りません。

「マスゴミ」の罪状

マスコミを全否定するつもりはありませんが…

もちろん、当ウェブサイトとしては、マスコミを「ゴミ」と蔑んで全否定する、という姿勢を取るつもりはありません。

マスコミ業界の中にも優秀で心ある記者は在籍していますし、慰安婦問題を捏造した罪深いメディアである朝日新聞にしたって、受信料という形で巨額の金銭を国民から巻き上げているNHKにしたって、なかにはマトモな人もいます。

また、私自身は「ウェブ評論家」と名乗っていますが、ウェブ評論の題材を提供してくれる「一次情報」はマスコミ報道から得られることも多いため、存在価値そのものを含め、マスコミというものを全否定するのは行き過ぎでしょう。

しかし、それと同時に、業界としてのマスコミは、確かに腐敗し切っているように思えてなりません。

私がそう思う理由は、彼らの報じる内容、彼らの取材姿勢にあります。たとえば:

  • 政治的に問題のある野党議員のことをほとんど叩かず、ほぼフェイクニューズと言っても良い「もりかけ問題」などを通じて政府閣僚・与党議員のことは針小棒大に叩く(偏向報道)
  • 事件や事故などで被害者が苦しんでいるにも関わらず、これらの被害者に対して常軌を逸した取材攻勢を仕掛ける(被害者の人権無視)
  • 大災害が発生したときに、被災地の混乱を顧みず、報道ヘリや中継車を被災地に派遣し、そのことにより被災地に二次災害をもたらす(報道災害)

といった具合に、彼らの行動が社会的な害悪となっているのです。

フェイクニューズによる倒閣運動

「もりかけ問題」については、『もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える』などを含め、当ウェブサイトではかなり以前から注目して来たのですが、簡単にいえば、

安倍晋三(氏)が内閣総理大臣としての地位を悪用し、個人的な友人が経営する学校法人に対して違法な便宜を図っていた疑惑

のことです。

もりかけ2年:国民の敵駆除する方法、少しずつ希望が見える

ただ、朝日新聞を中心とするメディアが「もりかけ問題」で倒閣を仕掛け、内閣支持率は瞬間風速的に急落したことも確かに事実ではあります。

しかし、その一方で、「もりかけ問題」を報じて来たメディアの多くは、安倍総理(あるいは総理夫人)が違法行為を行った具体的な証拠を一切提示して来ませんでしたし、それどころか、「安倍晋三(氏)がどういう法律のどういう条文にどう反していた」という指摘すらしていません。

それどころか、「もりかけ問題」を巡って安倍政権を批判する勢力は、「極端な話、賄賂の授受がなくても問題だ」などと主張していたほどです(『モリカケで弁護士が「賄賂なくても大問題」と支離滅裂な主張』等を参照)。

もっとも、この「もりかけ倒閣事件」は、結局、2017年の時点では未遂で終わりました。

その大きな理由は、当時の最大野党だった民進党の支持率がまったく上がらず、それどころか党代表だった謝蓮舫(しゃ・れんほう)氏の二重国籍事件などで国民・有権者の信頼を失い、2017年9月の衆院解散総選挙とともに民進党自体が吹き飛んでしまったからです。

ただ、当時は未遂に終わったものの、国民の代表でもないマスコミが、国民が選挙で選んだ政権をフェイクニューズによって吹き飛ばそうと試みること自体、見方を変えれば一種のクーデターでもあります。その意味で、民意を歪めている「国民の敵」とは、マスコミそのものではないか、との見方も成立するのです。

(※ちなみに『河野外相会見で勝手に国民の代表名乗るマスコミ記者の傲慢さ』『「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」』などでも触れましたが、マスコミ産業関係者は自分たちを「国民の代表」だと騙っているようです。)

河野外相会見で勝手に国民の代表名乗るマスコミ記者の傲慢さ

「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」

事件報道で見えた:マスコミこそまさに加害者だ

ただ、マスコミが「マスゴミ」と呼ばれる所以は、こうした政治的な偏向報道だけではありません。

最近の事例だと、災害報道や事件報道で、「マスゴミ」の本領がいかんなく発揮されました。

たとえば、ブロガーの藤原かずえ氏の指摘によれば、大津市で発生した、保育園児が犠牲になった交通事故を巡り、遺族が報道機関宛に出した声明文を、NHKを筆頭とするマスコミ各社が改竄して報じたそうです(『罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性』参照)。

罪深いテレビ業界の腐敗ぶりと新しいネットメディアの可能性

私は藤原さんの文章を読んだとき、ふつふつとわき上がる怒りを抑えるのに必死でした。

同じ年頃の子供を持つ親という立場もさることながら、悲しみに沈むご遺族の心を容赦なく抉(えぐ)るマスコミ産業関係者は、「国民の敵」というよりも、「人類の敵」と呼ぶ方が適切ではないか、とすら思えたのです。

それだけではありません。

先月末に川崎市で発生した、登校中の子供たちが巻き込まれる無差別通り魔事件でも、マスコミ産業関係者の無神経な取材がそこかしこで行われました(『なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり』参照)。

なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり

ついでに申し上げるならば、東京・秋葉原の歩行者天国で2008年に発生した無差別殺傷事件から10年目の節目となる昨年6月8日には、マスコミ記者が献花台の真ん前で座り込んで記事を執筆している様子が写され、ツイッターに投稿されて大きな反響を呼びました。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



マスコミをどう擁護するか

災害報道に見る「マスゴミ」の原点

悲惨な事件・事故といえば、1995年の阪神・淡路大震災を外すことはできません。私自身は東京の私大に通っていたため、大震災の当日は東京にいて難を逃れたのですが、神戸の実家は被災し、高校時代の学友の中には若くして犠牲になった者もいます。

そして、家族・親戚・友人など、直接の知り合いの証言によれば、

  • 倒壊した家屋の下で助けを叫んでいる声を、報道ヘリの爆音がかき消していった
  • 避難所でテレビ局が断りなくいきなりカメラを向け、極度にストレスを抱えた被災者との間で殴り合いのけんかになった

といった事例は、かなりあったようです。

阪神・淡路大震災から今年でもう24年が経過しましたが、こうしたマスコミのどうしようもない姿勢は、まったく変わっていません。

昨年6月に発生した大阪北部地震では、共同通信の力丸将之(25)記者が震災で亡くなった方の居住するマンションに不法侵入し、マンションの理事から退去を命じられたという話題を紹介しました(『【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる』)。

あえて言葉を選ばずに申し上げれば、こうした事件報道、災害報道などを巡る一部のマスコミ産業関係者の行動は、「人間のクズ」と批判されても文句は言えません(※もちろん、すべてのマスコミ関係者がこうしたゴミのような取材姿勢を示しているとは言いませんが…)。

その意味で、私は傍若無人な振る舞いや行き過ぎた取材を続けるマスコミ産業関係者は立派な加害者だと思いますし、マスコミからの取材を受ける犯罪被害者、災害被災者、事故被害者らは、「マスコミ取材」という「二次被害」を受けているのです。

法政大学の津田教授のマスコミ擁護論

ただ、最近ではインターネット環境が普及しているためでしょうか、ツイッターやフェイスブック、あるいはYouTubeや某匿名掲示板などで、マスコミの取材姿勢が叩かれることが増えて来ました。そして、こうした状況に対し、「マスコミ擁護論」が出てきていることも事実です。

その典型例が、かなり以前に『新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ』で取り上げた、『マネー現代』に掲載された「新聞の危機」と題する記事ですが、得てしてこの手の記事は、なぜ国民がマスコミに強い怒りを抱いているのかの分析ができていません。

新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ

奇しくも、同じ系列の『現代ビジネス』に、数日前にこんな記事も掲載されていました。

マスコミの「迷惑行為」が日本社会でこんなに叩かれる理由(2019/06/02付 現代ビジネスより)

執筆者は法政大学社会学部の津田正太郎教授(マスコミュニケーション論、政治社会学)です。

津田氏は、先ほども取り上げた滋賀県の交通事故を巡って、次のように主張します。

直近の例では、滋賀県の保育園の園児や保育士16名が巻き込まれ、うち園児2名が亡くなった交通事故にさいしての記者会見が批判を集めている。さらに、同事故の遺族による声明文を、取材の自粛を求める部分を削除して伝えた報道に対しても厳しい批判の声が上がっている。この件に限らず、近年では大きな事件や事故、災害があるたびにメディアスクラムや報道被害が告発されるようになっている。

ちなみに、なぜこれに対して厳しい批判の声が上がっているのか、そして、この件に限らずマスコミに対する視線が厳しいのかに関する私なりの分析については、先ほど列挙したとおりですので、ここではあえて繰り返しません。

ここで注目したいのは、津田氏なりの見解です。

ただし、このような告発は、取材記者のふるまいが以前よりも「悪化した」から生じるようになったというわけではない。それどころか、取材記者のふるまいは以前と比べればむしろ改善されている可能性のほうが高い」(※下線部は原文では太字表記)

??

この下り、ちょっと意味が分かりかねますね。

寛容、不寛容の問題じゃない

実は、私自身、リンク先の記事を何回か読み返してみたのですが、今ひとつ、津田氏の主張が頭に入って来ませんでした。

ただ、あえて私なりにリンク先記事の主張のエッセンスをまとめると、

  • 事件被害者に対する心無い報道は過去からいくつかの例があるが(1997年3月の東電OL殺人事件など)、近年ではむしろ取材時のマナーは向上していると思われる
  • NHK放送文化研究所の調査で見る限り、日本人は以前より寛容になってきたはずなのに、なぜか日本社会全体ではマスメディア批判に見られるようなギスギスした感じが広がっている
  • 日本人の間で「他人に迷惑を掛けること」への抵抗が強く、迷惑な人をあえて探し、糾弾することが、「迷惑を掛けない私」という自己イメージを守るために必要とされ、格好の娯楽になっている

といったところです。

そのうえで、津田氏は「不寛容な寛容社会におけるマスメディア報道」において、「取材活動という『業』を抱え込んでいる以上、記者がどうふるまおうともマスメディア批判はおそらくなくならない」と結論付けているようです。

正直、途中から論理の飛躍と思しき箇所も多々あり、大変申し訳ないのですが、リンク先の論考の主張には、まったく同意できません。あるいは、わざと支離滅裂な(失礼!)文章を書くことで、

現在のマスコミの取材姿勢を無理やりにでも擁護しようとしたら、支離滅裂な論考が出来上がる

という事実を示そうとした、ということかもしれません。

マスコミ叩きこそ「良い傾向」

あえて批判を覚悟で申し上げますが、私はインターネット上でマスコミ叩きがなされることについては、「非常に良い傾向」だと思っています。

なぜなら、マスコミはこれまで、自分たちが情報発信を完全に独占していて、自分たちに対する批判は「報道しない自由」で封殺していたからです(その意味で、まさにマスコミこそが「独裁者」だったといえるでしょう)が、ここにインターネットという「でっかい風穴」が開いたからです。

もちろん、何事も行き過ぎた批判はいかがなものかと思いますが、それでもマスコミ各社にとっては、なぜ自分たちが「マスゴミ」と呼ばれているのか、しっかりと胸に手を当てて考える良い機会が訪れている、という言い方もできます。

先ほど、津田氏は「マスコミは取材活動という『業』を背負っているため、批判は避けられない」と述べていますが、私はそうは思いません。マスコミであれ誰であれ、賞賛に値する仕事をすれば評価されますし、批判に値する仕事をされれば炎上するだけの話です。

もう1度申し上げます。

マスコミは、2009年の「政権交代事件」について、何か反省をしたのでしょうか?総括をしたのでしょうか?「二度と偏向報道をしない」と誓ったのでしょうか?

答えはNOです。

いや、マスコミが反省していないからこそ、あの「もりかけ問題」が出て来たのですし、災害報道、事件報道の不祥事は何度も何度も繰り返され続けるのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ちなみに私自身が「ウェブ評論家」として、使命を感じている部分は、「悪いことは悪い」「良いことは良い」と、勇気をもって発信することだと思います。

私自身が尊敬する、とあるジャーナリストから頂いたのが、

世の中には「誰かが指摘しなければならないこと」がある

という言葉です。

この言葉は、私の中では宝物です。たとえ批判されても、自分の主張は主張として言い続けることが大切です。

現在、マスコミ産業にいらっしゃる皆さんのなかにも、当初の志を忘れていない、心ある方はいらっしゃるでしょう。そのような方々が中心となり、自浄作用を働かせることができるかどうか、それとも、心ある人が圧殺されていくのかは、私にはわかりません。

本日のところは、「もし自浄作用を働かせることができれば、マスコミも国民から再び受け入れられるでしょうし、そうでなければ、いずれ、マスコミのいくつかが日本社会から排除されるだけの話だ」、と申し上げておきたいと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



オマケ:大坂なおみ選手

さて、本稿はこれで締めるつもりだったのですが、もう1つだけ、「小ネタ」を紹介しておきましょう。

ナイキジャパンがアップロードした動画で、テニスの大坂なおみ選手に対し、英語の質問に加え、日本のマスゴミ記者(※ここはあえて「マスゴミ」と書きます)と思しき者からの

  • 何か賞金で買いたいものはありますか?
  • 日本語で答えて下さい!
  • またこのあともかつ丼を食べますか?

といった、まことに下らない質問の音声が流れ(英語のものも混じっています)、最後に大坂選手が人差し指を口に当てて「シーッ」と言う、という、マスコミに対する痛烈な皮肉になっているのです。

マスコミ産業の関係者の皆さん、これを見てもわからないのだとしたら、もう自浄作用は期待できませんよ?

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/06/20 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係が新たな時代を迎えたことを、素直に歓迎したい (1コメント)
  • 2019/06/19 22:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】火に油を注ぐ、韓国政府の厚顔無恥な提案 (12コメント)
  • 2019/06/19 16:45 【時事|韓国崩壊
    日本が第3項措置を通告 これに対し韓国は周回遅れの様相 (41コメント)
  • 2019/06/19 10:30 【時事|韓国崩壊
    仲裁手続の「次の議論」とは、韓国の経済的焦土化? (15コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|外交
    習近平の行動は安倍総理というフィルターを通せばよくわかる (14コメント)
  • 2019/06/19 05:00 【時事|韓国崩壊
    順調に無法国家と化す韓国 このままだと国交の維持も困難に (8コメント)
  • 2019/06/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    「韓日列車」、正しくは「破局に向かって突き進め」、では? (39コメント)
  • 2019/06/18 11:00 【時事|金融
    基本に立ち返る:消費税と財務省の、いったい何が問題なのか (15コメント)
  • 2019/06/18 10:00 【マスメディア論|時事
    「上級国民論」と、なぜか詳しく報じられないNHK職員逮捕 (11コメント)
  • 2019/06/18 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の「食い逃げ外交」、そろそろ年貢の納めどき (31コメント)
  • 2019/06/17 12:30 【時事|外交
    資料:「日韓請求権協定第3条」の原文と解説 (28コメント)
  • 2019/06/17 11:45 【時事|韓国崩壊
    マトモな議員にとって、韓国の政治家と会うこと自体がリスク (24コメント)
  • 2019/06/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    「仲裁委員任命期限」が近づく まずは観光ビザから始めよう (17コメント)
  • 2019/06/17 05:00 【時事|外交
    香港の自由を守るために、私たち日本には何ができるのか (14コメント)
  • 2019/06/16 17:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ファーウェイ問題で米中双方から脅される? (11コメント)
  • 2019/06/16 11:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の経済の「空洞化現象」、そしてなぜか低い失業率の謎 (20コメント)
  • 2019/06/16 05:00 【時事|雑感オピニオン
    大学で何を学ぶか、どこで何を学ぶか 結局は自分次第 (54コメント)
  • 2019/06/15 17:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏が日本の若者と直接会えば、いったい何が起きる? (35コメント)
  • 2019/06/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月15日版) (49コメント)
  • 2019/06/15 05:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問は成功?失敗? 長い目で見ることが必要 (23コメント)
  • 2019/06/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    好きの反対は無関心 言論NPO調査に見る日本人の意識変化 (29コメント)
  • 2019/06/14 10:40 【時事|韓国崩壊|金融
    直接投資:そもそも日本にとって、韓国の重要性はとても低い (7コメント)
  • 2019/06/14 05:00 【マスメディア論
    ツイッターフォロワー1000人御礼と「議論拒否」の人たち (60コメント)
  • 2019/06/13 16:30 【時事|外交
    海外主要メディア、「イランと北朝鮮の関係」に触れず (28コメント)
  • 2019/06/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の政治家、経営者に、もっと積極的に訪米して欲しい理由 (8コメント)
  • 2019/06/13 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国政府は仲裁手続に応じない方針」、これをどう読むか (35コメント)
  • 2019/06/13 05:00 【時事
    安倍総理のイラン訪問:真の政治リスクとは「消費税」? (11コメント)
  • 2019/06/12 12:30 【時事|韓国崩壊
    韓国にとっては「資産」でも日本にとっては「負債」です (46コメント)
  • 2019/06/12 09:30 【時事|韓国崩壊
    手遅れと思うが、あえて韓国に「耳の痛い忠告」をしてみたい (27コメント)
  • 2019/06/12 05:00 【時事|外交
    鈴置高史氏の重要な指摘 イランと北朝鮮、点が線でつながる (21コメント)
  • 2019/06/11 15:00 【時事|韓国崩壊
    二股外交する国のメディアに「日本は二股外交だ」と言われる (47コメント)
  • 2019/06/11 11:00 【時事|国内政治
    ふるさと納税悪用したアマゾンギフトの泉佐野市の自業自得 (21コメント)
  • 2019/06/11 08:30 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G19」と日韓スワップ待望論 過去と戦い自滅する韓国 (27コメント)
  • 2019/06/11 05:00 【時事|外交
    香港で今、何が起きているのか (14コメント)
  • 2019/06/10 14:30 【時事|韓国崩壊
    自称元徴用工の支援団体、三菱重工の株主総会でピケ張りか? (34コメント)
  • 2019/06/10 11:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題の解決責任は100%、韓国政府のみにある (11コメント)
  • 2019/06/10 05:00 【時事|外交
    米国防総省がやっと台湾を国と認めた!今こそ台韓交換が必要 (70コメント)
  • 2019/06/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    わが目を疑う文在寅の行動 G20を前に「平和宣言」とは? (30コメント)
  • 2019/06/09 05:00 【時事|外交|金融
    米中貿易戦争と日米同盟、そして日本が果たすべき役割 (32コメント)
  • 2019/06/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月8日版) (105コメント)
  • 2019/06/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    放っておけば勝手に自滅 自称元徴用工代理人のホンネとは? (36コメント)
  • 2019/06/07 22:00 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「米国が北朝鮮を先行攻撃できる体制は整った」 (38コメント)
  • 2019/06/07 11:11 【時事|韓国崩壊
    日本の安全保障に対する本当の脅威は「韓国のコウモリ外交」 (67コメント)
  • 2019/06/07 05:00 【時事|国内政治
    朝日新聞が日韓首脳会談を要求したこと自体が答えになっている (51コメント)
  • 2019/06/06 11:30 【時事|韓国崩壊
    「日韓協力」「日韓首脳会談」 日本の世論が許さない状況に (54コメント)
  • 2019/06/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    「習近平訪韓」報道は正しいのか、そして事実ならその狙いは? (37コメント)
  • 2019/06/06 05:00 【時事|韓国崩壊
    経常赤字の衝撃 韓国の「貿易危機」は続くのか (10コメント)
  • 2019/06/05 16:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国の経常収支が7年ぶりに赤字」の意味を考えてみる (7コメント)
  • 2019/06/05 13:45 【時事|韓国崩壊|金融
    「為替変動」だけでは説明がつかない、韓国の外貨準備の減少 (9コメント)
  • 2019/06/05 12:00 【マスメディア論|時事
    マスコミが叩かれるのは「不寛容」のためではなく自業自得 (20コメント)
  • 2019/06/05 11:15 【時事|国内政治
    安倍晋三氏の総理大臣在任日数が歴代3位に (9コメント)
  • 2019/06/05 05:00 【時事|金融
    欧州発の金融危機?インチキ会計基準IFRSと欠陥通貨ユーロ (18コメント)
  • 2019/06/04 16:45 【時事|経済全般
    霞ヶ関はスーパーブラック企業もびっくりのブラック職場? (34コメント)
  • 2019/06/04 12:00 【時事|韓国崩壊
    米韓未来連合司令部の創設と「米韓同盟消滅」の足音 (24コメント)
  • 2019/06/04 06:00 【時事|韓国崩壊
    「ネットの岩屋叩き」、日韓首脳会談見送り要因の1つに? (69コメント)
  • 2019/06/04 05:00 【韓国崩壊
    経済制裁論は経済戦争なのか 何より大事なのは日本の国益 (22コメント)
  • 2019/06/03 16:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    USDKRWの攻防続く?一時1180割れも再び売られる (18コメント)
  • 2019/06/03 15:00 【時事|金融
    髙橋洋一氏と朝日新聞論説委員の討論は「大人と子供の勝負」 (12コメント)
  • 2019/06/03 12:00 【時事|外交
    北朝鮮の強がりは想定内 相手を弱らせるのが敵対外交の鉄則 (10コメント)
  • 2019/06/03 06:00 【時事|国内政治
    ネット「無能な岩屋はさっさと辞めろ」 常軌逸した岩屋叩き (98コメント)
  • 2019/06/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    週末の韓国メディア 何かと理解の範疇を超える記事の数々 (17コメント)
  • 2019/06/02 12:00 【時事|韓国崩壊|外交
    岩屋氏、シャングリラ会合で「開かれたインド太平洋」を強調 (45コメント)
  • 2019/06/02 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    東アジア共通通貨に対抗し得る円の国際化と通貨スワップ拡大 (13コメント)
  • 2019/06/01 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年6月1日版) (234コメント)
  • 2019/06/01 07:00 【時事|外交
    安倍総理のイラン訪問の「真の狙い」を考察する (33コメント)
  • 2019/06/01 05:00 【雑感オピニオン
    明らかに不合理な言語・英語 学習するなら目的に応じて (47コメント)
  • 2019/05/31 14:15 【時事|外交
    中国漁船?南シナ海で豪州ヘリに漁船がレーザー照射か (24コメント)
  • 2019/05/31 10:00 【時事|韓国崩壊
    LAの学校の壁画が修正へ 被害者でなく加害者としての韓国 (87コメント)
  • 2019/05/31 05:00 【韓国崩壊
    韓国への対抗手段は経済制裁ではなく、経済焦土化作戦なのか (45コメント)
  • 2019/05/30 12:45 【時事|韓国崩壊
    遅まきながら韓国産水産物の検査強化、ほかの分野にも及ぶのか (37コメント)
  • 2019/05/30 10:30 【時事|韓国崩壊
    中国が「一帯一路」で韓国に揺さぶり?自業自得の韓国外交 (35コメント)
  • 2019/05/30 06:00 【時事|外交
    外相・防衛相2+2会談の相手国が増えるのは良いことだが… (14コメント)
  • 2019/05/30 05:00 【マスメディア論|時事
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか その取材手法の腐敗ぶり (15コメント)
  • 2019/05/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国の重鎮議員を迎えたのは「ワタミ」さん1人だったが… (42コメント)
  • 2019/05/29 12:15 【時事|韓国崩壊
    ラオスのダム事故は人災 そして責任を全力否定する韓国企業 (33コメント)
  • 2019/05/29 10:45 【RMB|時事|金融
    米国の為替監視レポート詳細 中国とドイツを問題視する米国 (7コメント)
  • 2019/05/29 05:00 【外交
    朝日新聞と韓国の共通点は「日米首脳会談の成功を妬むこと」 (26コメント)
  • 2019/05/28 22:15 【時事|外交
    アジア要人が続々来日:スピード感のある仕事をする安倍政権 (10コメント)
  • 2019/05/28 12:15 【時事|韓国崩壊
    日韓防衛相会談見送り報道とマスコミ関係者の「思い込み」 (41コメント)
  • 2019/05/28 11:11 【時事|外交
    トランプ訪日成功に慢心するな 次の一手は日台通貨スワップ? (24コメント)
  • 2019/05/28 05:00 【韓国崩壊
    「別に日韓関係改善を望んでいない」というのは日本も同じ? (44コメント)
  • 2019/05/27 17:30 【時事|韓国崩壊
    外務省が旭日旗説明資料を掲載したことの本質的な意味とは? (33コメント)
  • 2019/05/27 14:25 【時事|外交
    「あの国」のメディアが天皇陛下会見と緊密な日米関係を詳報 (30コメント)
  • 2019/05/27 12:11 【時事
    天皇・皇后両陛下がトランプ大統領夫妻と面会 (3コメント)
  • 2019/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    ついに韓国メディアが「コウモリ外交の破綻」を認めてしまう (23コメント)
  • 2019/05/27 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国への経済制裁あれこれ、そして日本が持つべき覚悟とは? (55コメント)
  • 2019/05/26 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の伝統:やっぱり政争に外国勢力を招き入れて来たのか? (17コメント)
  • 2019/05/26 11:45 【時事|韓国崩壊
    「日本も困っているはず」?なぜ韓国メディアは読み誤るのか (38コメント)
  • 2019/05/26 05:00 【マスメディア論
    「朝日新聞社が165万円の賃下げ」という報道のインパクト (49コメント)
  • 2019/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事(2019年5月25日版) (103コメント)
  • 2019/05/25 05:00 【時事|外交
    トランプ大統領訪日を契機に、「希望の同盟」について考えた (65コメント)
  • 2019/05/24 16:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア 根本的な認識がおかしいから、結論を間違える (49コメント)
  • 2019/05/24 11:30 【時事|韓国崩壊
    「文在寅氏は日韓首脳会談を望んでいる」、本当ですか? (20コメント)
  • 2019/05/24 05:00 【時事|政治その他
    シンゾー・アベじゃなく、アベ・シンゾーと呼んでください (65コメント)
  • 2019/05/23 23:45 【時事|韓国崩壊
    建設的議論が期待できない日韓外相会談でも必要な理由とは? (28コメント)
  • 2019/05/23 11:00 【時事|韓国崩壊
    彼女がフィリピンに渡ったとき、日本軍はいませんでしたよ? (38コメント)
  • 2019/05/23 09:45 【マスメディア論|時事|国内政治
    野党の謎の風頼み、正体は「マスコミ頼み」でしょう (14コメント)
  • 2019/05/23 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    「スワップを結ばないこと」が韓国への意図せざる経済制裁に (51コメント)
  • 2019/05/22 13:45 【時事|金融
    対中輸出に急ブレーキ それでも増税を強行するつもりですか? (15コメント)
  • 2019/05/22 11:00 【時事|韓国崩壊
    真の親日派とは、文在寅氏その人だ (26コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。