最近、私が注目しているのは、『朝鮮日報』(日本語版)というメディアです。韓国メディアのなかでは少なくとも冷静かつ現政権に批判的であり、また、さまざまな意味で参考になる論考を掲載するメディアでもあるからです。こうしたなか、昨日は朝鮮日報の論説委員が執筆した、「韓国の保守派のホンネ」ともいえる「克日」「用日」論に関する記事を発見しました。これを読むと、そもそも韓国を「対等な関係の友人」と位置付けること自体が間違っているのではないか、と痛感してしまいます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

東中朝で相次ぐ用日論

中央日報「ビッグディール待望論」

韓国メディア『中央日報』(日本語版)に掲載された次の論考については、以前、当ウェブサイトでも紹介したことがあります。

【韓半島ウォッチ】最悪の韓日関係、慰安婦・強制徴用ビッグディールで突破を(1)(2019年02月15日08時07分付 中央日報日本語版より)

なかなか凄まじい論考です。

リンク先の記事は3000文字近くに及ぶ長文ですが、主張内容を私の文責で要約すれば、

最悪の状況になった韓日関係を打開するためには、韓日双方が譲歩し、慰安婦問題や徴用工問題の解決、韓日通貨スワップの再開などで合意すべきだ

という、まことに都合が良いものであり、正直、読んでいて疲れてしまいます。

ただし、その詳しい内容と当ウェブサイトとしての見解については、『中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び』という記事のなかで紹介しておりますので、本稿では繰り返しません。もし興味があればご一読ください。

中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び

この論考が掲載されたのは今年2月の時点ですが、その後、似たような主張は、日本語版ウェブサイトを持っている3つの保守系韓国メディア(※)で、しばしば繰り返されています(※3つの保守系韓国メディアとは東亜日報、中央日報、朝鮮日報のことで、便宜上、「東中朝」とでも呼びましょう)。

早い話が、「①日韓断交などの状況が到来すれば、韓国にとっても困ったことになるので、韓国政府は日本との関係改善に動くべきだ、②ついでに日本も韓国のために折れるべきだ」、という、実にステレオタイプ的な主張です。

しかし、最近の「東中朝」の論調には微妙な変化も見られ、とくに「②日本が韓国のために折れるべきだ」といった主張が徐々にフェードアウトし、「①韓国政府は日本との関係改善に動くべきだ」といった主張の方が目立ってきたような気がします。

その理由はおそらく、2月末の米朝首脳会談の決裂と、4月の文在寅(ぶん・ざいいん)韓国大統領の訪米の失敗を受けて、韓国の国際的な孤立が誰の目にも明らかになって来たからではないでしょうか。

自分たちの国際法違反を正面から見つめない

ただ、「日韓関係が破綻すれば韓国自身にとって困ったことになる」という認識自体は正しいと思いますが、日韓関係が破綻直前になっている原因を作ったのが、一方的に自分たちの側である、という点については、残念ながら「東中朝」ではめったに見ることができません。

その理由は、当ウェブサイトのコメント主様や複数の識者が指摘するとおり、韓国においては「日本は韓国に対し、過去に悪いことをやった国」という認識が絶対視されており、こうした認識に反する歴史的事実が無視・歪曲・捏造されているためでしょう。

もっといえば、韓国がOECD加盟国の地位を獲得するまでに経済発展したことは事実ですが、それはあくまでも1965年の日韓国交正常化以来、日本から一方的に莫大な経済支援・技術協力などがもたらされた結果でもあります。

これに1945年以前の日本統治時代の莫大なインフラ投資を加えれば、韓国の経済発展の歴史とは、日本が提供する経済的支援に全面的にタダ乗りして来た歴史と言い換えても差し支えありません。

それなのに、こうした「日本の協力のおかげ」という側面を無視しているためでしょうか、結果的に韓国メディアから出てくる主張は、どれもこれも空虚で中身のないスローガンに過ぎません。

さらに、昨年秋口の「徴用工判決」問題など、日韓関係を破壊しかねない動きがたくさん出て来ていますが、それらはいずれも一方的に韓国側が仕掛けて来た問題点ですが、「東中朝」などの各紙は、「現在の日韓関係を韓国が一方的に破壊している」という事実から目を背けているのです。

もちろん、「東中朝」に「実は日韓関係を破壊しているのは一方的に韓国の側ではないか」という主張が掲載されることもないわけではありません。その典型例が、『中央日報』(英語版)に今年1月に掲載された、次の記事です。

A geostrategic setback for the U.S.(2019/01/21付 中央日報英語版より)

この記事の著者は米戦略国際問題研究所(CSIS)の副理事長のマイケル・グリーン(Michael Green)氏ですが、グリーン氏は「いまやオーストラリアからシンガポールに至るまで、アジア各国のほとんどの国は日韓関係悪化の原因が韓国側にあると考えている」と指摘するのです。

該当する下りを原文で引用すると、次のとおりです。

From Australia to Singapore, most governments in Asia see Japan-Korea relations deteriorating primarily because of developments within South Korea. And like the United States, many of these same governments are quietly concerned about the impact on their own security at a critical juncture in the entire region’s relations with both China and North Korea.

ただ、このグリーン氏の論考は、中央日報としては「いちおう韓国側が悪いという論考を載せた」という意味で、「アリバイ作り」にすぎません。事実、「日韓関係悪化の原因が韓国側にある」という点を正確に指摘した論考を、私自身、少なくとも「東中朝」の日本語版ではほとんど見掛けることがないからです。

朝鮮日報に注目

朝鮮日報論説委員の「ホンネ」

さて、「東中朝」のなかで、最近私が注目しているのは、朝鮮日報です。

元大統領と同名の金大中(きん・だいちゅう)顧問が執筆した、「安倍政権下で韓日関係改善は望めない」とする論考については、つい先日、『安倍政権が対韓制裁に乗り出さない「本当の理由」を考えてみた』で紹介したばかりです。

安倍政権が対韓制裁に乗り出さない「本当の理由」を考えてみた

また、「なぜ韓国は米国と2+2会談を実施することができないのか」という、朝鮮日報政治部の李竜洙(り・りゅうしゅ)次長の論考については、『外相・防衛相「2+2」は「開催されないこと」もメッセージ』でも紹介しました。

外相・防衛相「2+2」は「開催されないこと」もメッセージ

朝鮮日報は最近、文在寅政権に対する舌鋒鋭い批判を掲載するメディアでもありますが、日本に対する視線も、「東中朝」のなかでは比較的冷静で客観的です(なお、「冷静で客観的だ」といっても、「東中朝のなかでは」、という意味ですので、ご注意ください)。

そんな朝鮮日報に昨日掲載されたのが、次の記事です。

「反日」で韓国を駄目にして日本を助ける「売国」文在寅政権(2019/05/05 05:08付 朝鮮日報日本語版より)

(※朝鮮日報の場合、数日経過すると無料版が閲覧できなくなるようですので、ご注意ください。)

記事の末尾には「朴正薫(パク・チョンフン)論説委員」とあります。

この朴正薫(ぼく・せいくん)氏という人物を私は存じ上げませんでしたが、なかなか考えさせられる文章です。

中身はスッカスカ

もっとも、「考えさせられる」、というのは、「説得力がある」、という意味ではありません。というのも、リンク先の記事は正直、中身はスッカスカだからです。

ここで「考えさせられる」とは、あくまでも現代韓国人の日本に対する歪んだ認識がどういう形で表に出てくるのかを観察する、という意味で興味深いのです。その興味深い点とは、朴氏がずばり、文在寅氏を「行き過ぎた反日によって韓国を滅ぼす売国政権」と批判していることです。

リンク先の記事はウェブページで3ページにまたがり、文字数も2000文字を超えていて、決して読みやすい文章ではありませんが、私自身の文責で内容を要約し、日本語を整え、言葉を補ったうえで、箇条書きにすると、次のとおりです。

  • 文在寅政権になって反日は宗教のように暴走しており、韓国社会に日本をあがめ慕う勢力は存在しないにも関わらず、政権は「親日派」への魔女狩りを繰り広げている
  • 19世紀の朝鮮半島では西洋の力に直面しても鎖国したが、同じころ、日本は西欧の文物を真似るために岩倉使節団を派遣した
  • 150年前の鎖国と現在の親日フレームの共通点は、敵を知り、敵を克服しようとすることを「売国」として追い払う単細胞的な発想だ
  • 反日は感情的にはスカッとするが、決して国益の役には立たないし、韓国にとっての日本とは、まだ学ぶべきことも多く、得るものが多い国であり、また、国力競争で日本に勝つことこそが真の光復だ

もっと要約すれば、「日本は利用できる。利用しよう」、といったところでしょうか(※どうでも良いですが、この記事に限らず、本当に韓国メディアの記事の多くは中身がスッカスカです)。

その発想が間違いだとなぜ気付かないのか?

ただ、この中身がスカスカの文章をじっくり読むと、「用日派」のご都合主義がこれでもかというほど出て来ますが、その最たるものは「用日」でしょう。

現在の文在寅政権に近い政治家、裁判所、政府関係者などが純粋な反日派として日本を排撃しようとしていることは周知の事実ですが、朝鮮日報はこれを「単細胞的な発想」だと指摘。そのうえで、「日本にはまだ学ぶべきことも多い」、「国力競争で日本に勝つことを目指すべきだ」と主張します。

これこそ、まさに「用日」の発想でしょう。

以前から当ウェブサイトでは、韓国国内には大きく「左派」「右派」の違いがあるのではないかと申し上げています。そして、左派、右派の違いは、具体的には周辺大国(中国、北朝鮮、米国、日本)への態度の差に出て来ます。簡単にいえば、

  • 左派:親中、親北、反米、反日
  • 右派:恐中、反北、親米、用日

です。

といっても、右派政権だったはずの李明博(り・めいはく)元大統領は北朝鮮からの直接の攻撃を受けながら何ら有効な反撃を行っていなかったため、彼を「反北」と位置付けるのは適切ではありません。敢えていえば「恐北」、でしょうか。

また、同じく右派政権だったはずの朴槿恵(ぼく・きんけい)前大統領は、就任直後から頑なな反日姿勢を前面に出し、結局、任期を通じて日本の安倍晋三総理大臣とは首脳会談すらほとんど開催しないまま罷免されてしまいました。

このため、左派・右派の究極的な違いとは、「反日」と「用日」の違いだと考えればわかりやすいのかもしれません。そして、「反日」をモットーとする左派はともかく、「用日」の右派にしたって、結局のところは日本を克服する、という発想なのです。

その発想自体が間違っているということに、彼らはどうして気付かないのでしょうか。

(広告・スポンサーリンク)



文在寅政権継続こそが日本の国益

韓国を友人と思うならば言っておきたい

ここで、少し発想を変えましょう。

もし韓国を「友人」と思うのであれば、なおさら韓国には言っておきたいことがあります。

それは、「日本を克服する」という思想自体を捨てなさい、というアドバイスです。

どんな国同士の関係でも、一番良い関係は、ともに手を携え、未来に向けて発展して行けるような関係を構築することです。

とくに、韓国は(実質はともかく、見た目は)自由主義、民主主義、法治主義などを採用し、日本とほぼ同じ原理・価値観で社会を動かしています(※といっても、本当に法治主義が機能しているのか、きわめて怪しいところですが…)。

価値観を共有し、かつ、共通の脅威である北朝鮮や中国、ロシアに一緒に立ち向かってくれる国が日本の隣にあったとすれば、日本にとってはどれほど心強いことかわかりません。

また、過去の歴史問題で(捏造史に基づくものとはいえ)日本に対してわだかまりを持っていること自体はしかたがありません。しかし、1965年に日韓基本条約を締結し、天皇陛下やときの首相などがしばしば謝罪を口にしてきたのですから、表向きは日本に対してこれを追及すべきではありません。

いや、その前に韓国が日本の友人となろうとするのであれば、まずは捏造・歪曲された歴史を子供たちに教えることを、直ちに止めるべきです。

そして、あくまでも対等な国家同士であれば、経済にせよ安保にせよタダ乗りは許されません。韓国にも然るべき対価を払ってもらう必要があります。

具体的には、日米の側に立って中国に苦言を呈する役割を担ってもらう必要がありますし、また、北朝鮮に対しては、将来的には武力併合を実施し、独裁者である金正恩(きん・しょうおん)を処刑することを目的にするくらいの気概を持ってほしいのです。

友好国の資格なき韓国

要するに、もし韓国が日本にとっての真の友好国を目指すのならば、少なくとも

  • 直ちに捏造・歪曲された歴史教育を止めよ
  • 北朝鮮問題を自力でなんとか解決せよ

という2つの課題をこなす必要があります。

しかし、現実の韓国がこれまで一貫してやってきたことといえば、自国に対して最大限の脅威をもたらす国である北朝鮮に立ち向かおうとせず、自国に対してまったく脅威をもたらさない国である日本を最大限、苛立たせようとしてきたことです。

※ちなみに、この表現は、戦略国際問題研究所(CSIS)の上級アドバイザーであるエドワード・N・ルトワック氏が執筆し、奥山真司氏が監訳した『自滅する中国』のP234に出てくるものでもあります。

そう考えていけば、現在の韓国に「日本の友好国」たる資格がないことは明らかであり、日本は必然的に、「日韓友好」とは違う道を目指さねばならないのです。

反日派が日本のためという皮肉

このように考えていくと、韓国国内の左派(反日派)と右派(用日派)のうち、どちらが中長期的に見て日本の国益にかなうかについては、明白です。

一見すると右派、つまり用日派が韓国国内で力を得た方が日本にとって都合が良いと勘違いしてしまうかも知れませんが、上記の議論を踏まえれば、答えは逆で、むしろ左派・反日派が韓国国内で主流になってくれた方が、日本としても助かるのです。

もちろん、短期的に見れば、日韓関係が悪化することは日本経済にとってもマイナスです。

とくに、韓国は日本の産業界にとってサプライチェーンの一角を構成していますし、日本の金融機関などは韓国企業に対し、トータルで3000億ドルを超えるカネを貸しているからです(『「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国』参照)。

「カネ」から眺めた日韓関係:日本にとって韓国は2%の国

しかし、「日本との国交がなくなると韓国の産業は壊滅する」というのは事実ですが、「韓国との国交がなくなると日本の産業にとっては死活的に困る」、というものではありません。

一家の大黒柱であるお父さんが仕事を失えば、一家は生活に事欠くことになりかねませんし、実際、ごく稀に「仕事を失って一家心中する」という痛ましい事件を耳にすることもあります。

しかし、家電製品(洗濯機や冷蔵庫など)が壊れれば、一家は一時的に生活が不便になりますが、ちょっとだけ我慢して、買いかえれば済む話であり、不肖ながら「家電を失って一家心中する」という事件を聞いたことはありません。

韓国にとっての日本は「一家の大黒柱であるお父さんの仕事」のようなものであり、日本にとっての韓国は「ちょっと高額な家電製品」のようなものです。

壊れかけた冷蔵庫や洗濯機をいつまでも使い続けるのは却って危険であるのと同様、壊れかけた日韓関係をいつまでも騙し騙し継続するのが日本のためになるとも思えないのです。

そのように考えれば、やはり、反日派が韓国を支配してくれている状況は、日本にとっても「韓国が壊れかけた家電である」ということを日本に知らせてくれるアラームのような役割があると考えても良いのかもしれませんね。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2020/05/31 05:00 【韓国崩壊
    「輸出『規制』回答期限は本日到来」、それがどうした (1コメント)
  • 2020/05/30 15:00 【時事|国内政治
    国民民主党であっても良い部分は是々非々で判断すべき (24コメント)
  • 2020/05/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/30(土) (61コメント)
  • 2020/05/30 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎「6ヵ国データ」を比較してみた (36コメント)
  • 2020/05/30 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考で読む「不毛な先進国論争」の果てにあるもの (61コメント)
  • 2020/05/29 15:30 【時事|金融
    【資料】米ドル流動性・FIMA為替スワップ最新残高 (3コメント)
  • 2020/05/29 12:00 【時事|経済全般
    米投資家「国境を閉じるな、これからは中国の時代だ」 (33コメント)
  • 2020/05/29 10:30 【時事|韓国崩壊
    普段は日本を批判する韓国、中国にはダンマリ決め込む (36コメント)
  • 2020/05/29 08:00 【外交
    価値と利益で読む外交 日本にとって「大切な国」とは (23コメント)
  • 2020/05/29 05:00 【外交
    どうせ法治国家でない中国、無理に法を作らなくても… (48コメント)
  • 2020/05/28 14:30 【時事|経済全般
    「韓国などの入国制限で2.3兆円損失」は正しいのか (24コメント)
  • 2020/05/28 13:15 【時事|経済全般
    4月の輸出高は1兆円以上減少し5.2兆円にとどまる (10コメント)
  • 2020/05/28 09:30 【RMB|時事|金融
    【速報】米「香港は中国からの高度な自治を喪失」認定 (38コメント)
  • 2020/05/28 08:00 【韓国崩壊
    不毛な机上の空論を17回も続けた「韓日フォーラム」 (34コメント)
  • 2020/05/28 05:00 【時事|金融
    【速報】人民元が急落~いまや、中韓通貨は一蓮托生? (16コメント)
  • 2020/05/27 17:00 【時事|国内政治
    東京都知事選と「ホリエモン新党」巡るストーリー (11コメント)
  • 2020/05/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/27(水) (103コメント)
  • 2020/05/27 11:30 【時事|韓国崩壊
    河村氏「徴用工基金法成立なら日本は輸出規制を解除」 (39コメント)
  • 2020/05/27 08:00 【時事|外交
    安倍総理に核心突かれ逆ギレ=中国のわかりやすい反応 (43コメント)
  • 2020/05/27 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    ソフトカレンシー国・韓国の財政出動が危険である理由 (14コメント)
  • 2020/05/26 14:30 【時事|国内政治
    産経ニュース「コロナで見えた立憲民主党3つの不徳」 (33コメント)
  • 2020/05/26 12:00 【時事|韓国崩壊
    日韓往来断絶が長期化で事実上の「日韓断交」論浮上も (53コメント)
  • 2020/05/26 11:00 【時事|金融
    コロナ防疫で見せた安倍総理の指導力で財務省解体を! (20コメント)
  • 2020/05/26 08:00 【時事|韓国崩壊
    コロナの最中でも「ノージャパン」だけは忘れない韓国 (27コメント)
  • 2020/05/26 05:00 【RMB|外交
    米国が「香港は金融センターの地位失う可能性」と警告 (24コメント)
  • 2020/05/25 16:00 【政治
    EPNは第2のTHAADか 米中板挟みで苦しむ韓国 (23コメント)
  • 2020/05/25 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/25(月) (95コメント)
  • 2020/05/25 11:45 【時事|経済全般
    ビジネス客の入国制限解除はTPP加盟国から順番に? (18コメント)
  • 2020/05/25 08:00 【時事|金融
    韓国など「脆弱ファイブ」に金融危機第2波は来るのか (9コメント)
  • 2020/05/25 05:00 【マスメディア論
    毎日新聞調査で「内閣支持率27%」の衝撃と「狙い」 (73コメント)
  • 2020/05/24 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】SARSの経験で読む「武漢肺炎第2波」 (57コメント)
  • 2020/05/24 09:00 【日韓スワップ|金融
    アルゼンチン9度目のデフォルトとTPPスワップ構想 (36コメント)
  • 2020/05/24 05:00 【マスメディア論
    日本新聞協会「NHKは受信料削減と業務抑制が必要」 (42コメント)
  • 2020/05/23 14:00 【時事|経済全般
    入国制限論②中韓との制限長期化で「中韓離れ」促進も (27コメント)
  • 2020/05/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/23(土) (52コメント)
  • 2020/05/23 09:00 【経済全般
    入国制限論①ヒトの移動の制限はいかにしてなされたか (6コメント)
  • 2020/05/23 05:00 【時事|韓国崩壊
    市場は韓国を「中国と一蓮托生」とみなし始めたのか? (25コメント)
  • 2020/05/22 17:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破壊に寄与した文喜相国会議長が退任 (14コメント)
  • 2020/05/22 10:30 【時事|韓国崩壊
    米国の「中国孤立」ネットワークに参加求められる韓国 (53コメント)
  • 2020/05/22 08:00 【金融
    安易に「多国間通貨スワップ」に応じるべきでない理由 (23コメント)
  • 2020/05/22 05:00 【金融
    「飛ばし報道」だけでトルコリラの暴落を防いだ日本円 (26コメント)
  • 2020/05/21 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦団体に強制捜査、「ウソツキの末路」静観が正解 (63コメント)
  • 2020/05/21 12:00 【金融
    トルコとの100億ドルスワップ報道に「驚いた」日本 (10コメント)
  • 2020/05/21 08:00 【時事|経済全般
    訪日外国人99.9%減は「人数ありき」を見直す好機 (16コメント)
  • 2020/05/21 05:00 【韓国崩壊
    コロナと輸出管理適正化で日韓関係消滅は加速するのか (38コメント)
  • 2020/05/20 17:00 【時事|経済全般
    【速報】2020年4月の訪日外国人は2900人 (15コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【時事
    中韓との出入国制限、もしも長期化したらどうなるのか (14コメント)
  • 2020/05/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/20(水) (88コメント)
  • 2020/05/20 08:00 【時事|経済全般
    ポストコロナ時代は「人類対中国」?科学よ負けるな! (21コメント)
  • 2020/05/20 05:00 【韓国崩壊
    鈴置論考が解く、韓国が「輸出規制撤回」を求める理由 (92コメント)
  • 2020/05/19 14:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    「G20スワップ」提唱の韓国こそトルコとスワップを (32コメント)
  • 2020/05/19 12:00 【時事|金融
    日本とトルコの通貨スワップがロシアに対する牽制に? (19コメント)
  • 2020/05/19 08:00 【時事|国内政治
    検察庁法改正案で大騒ぎした挙句に自爆した立憲民主党 (56コメント)
  • 2020/05/19 05:00 【韓国崩壊
    入国規制解除に失敗すれば日韓関係「自然消滅」実現も (40コメント)
  • 2020/05/18 15:30 【時事|韓国崩壊
    米中対立局面で日韓関係をあまり「放置」できない理由 (55コメント)
  • 2020/05/18 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~8~ (78コメント)
  • 2020/05/18 11:11 【時事|金融
    日米為替スワップは「日本が米国を助ける手段」なのか (22コメント)
  • 2020/05/18 08:00 【時事|外交
    中央日報「日本がコロナ経験共有を韓国に求めて来た」 (25コメント)
  • 2020/05/18 05:00 【外交
    時事「政府、中国などへのビジネス渡航解禁」記事の怪 (23コメント)
  • 2020/05/17 15:00 【時事|外交
    産経「日本政府がWHOのコロナ対応検証を提案へ」 (18コメント)
  • 2020/05/17 09:00 【読者投稿
    【読者投稿】武漢肺炎で中国はわざとウソを流したのか (44コメント)
  • 2020/05/17 05:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「約束破りは韓国の文化。日本は理解を」 (116コメント)
  • 2020/05/16 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/16(土) (199コメント)
  • 2020/05/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    米中コロナ対立の折、日韓関係決める「3つの守り神」 (61コメント)
  • 2020/05/16 05:00 【マスメディア論
    新聞崩壊?「押し紙」認めた判決契機に訴訟ラッシュも (51コメント)
  • 2020/05/15 16:30 【時事|外交
    トランプ氏「米中断交すれば5000億ドル節約」 (26コメント)
  • 2020/05/15 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~7~ (82コメント)
  • 2020/05/15 11:11 【時事|経済全般
    鈴置論考「韓国は反面教師」説を裏付ける安倍発言 (17コメント)
  • 2020/05/15 08:00 【経済全般
    コロナとは経済問題 無駄な既得権を飼う余裕は消える (28コメント)
  • 2020/05/15 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    中国は「使えない中韓通貨スワップ」で韓国を支配へ? (21コメント)
  • 2020/05/14 15:00 【時事|金融
    【速報】ネコと和解せよ (26コメント)
  • 2020/05/14 11:11 【時事|経済全般
    特別定額給付金で「ミス頻発」は「歳入庁」実現の好機 (20コメント)
  • 2020/05/14 08:00 【時事|金融
    米国の対中輸出管理強化と「コウモリ国家」の命運 (20コメント)
  • 2020/05/14 05:00 【韓国崩壊
    慰安婦問題は韓国を滅ぼす「ブーメラン」となり得る! (75コメント)
  • 2020/05/13 15:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞「コロナを日韓関係のリセットの契機に」 (46コメント)
  • 2020/05/13 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/13(水) (121コメント)
  • 2020/05/13 11:00 【マスメディア論|時事
    ひとりの医師の誠実な気持ちを踏みにじったテレビ朝日 (52コメント)
  • 2020/05/13 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府「日本は5月末までに輸出規制の答えを出せ」 (69コメント)
  • 2020/05/13 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    日本に相手にされない韓国、「EUと通貨スワップを」 (22コメント)
  • 2020/05/12 14:30 【読者投稿
    【読者投稿】パチンコ「三店方式」と不都合な真実 (34コメント)
  • 2020/05/12 10:30 【マスメディア論|時事
    ハッシュタグ事件は世論操作手段をネットに移しただけ (72コメント)
  • 2020/05/12 08:00 【時事|経済全般
    インドガス漏洩事故の続報の少なさと「信頼」のもろさ (34コメント)
  • 2020/05/12 05:00 【韓国崩壊
    納得の鈴置論考、安倍発言の真意は「韓国は反面教師」 (59コメント)
  • 2020/05/11 16:30 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題「内ゲバ」:日本は現時点で距離を置くべき (49コメント)
  • 2020/05/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編~6~ (138コメント)
  • 2020/05/11 11:11 【マスメディア論
    サザエさんはどこに行く?コロナ禍が変えるテレビ業界 (22コメント)
  • 2020/05/11 09:00 【国内政治
    共同通信の調査でも維新と立民の政党支持率が「逆転」 (26コメント)
  • 2020/05/11 05:00 【韓国崩壊
    「韓日関係雪解け」演出に見え隠れする韓国の「邪心」 (33コメント)
  • 2020/05/10 12:00 【読者投稿
    【読者投稿】アビガン解禁で、医療崩壊危惧は遠のいた (72コメント)
  • 2020/05/10 09:00 【数字で読む日本経済|金融
    日米為替スワップ「本当の意味」と国債372兆円増発 (7コメント)
  • 2020/05/10 05:00 【外交|金融
    米国の雇用崩壊と大統領選、「公共事業」としての戦争 (33コメント)
  • 2020/05/09 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事通常版 2020/05/09(土) (95コメント)
  • 2020/05/09 09:00 【韓国崩壊
    韓国メディア「輸出規制で韓国はまったく困ってない」 (44コメント)
  • 2020/05/09 05:00 【経済全般
    「なぜ繰り返される?」…インドで悲惨なガス漏れ事故 (82コメント)
  • 2020/05/08 23:06 【時事|経済全般
    【速報】米国の失業率が14.7%と戦後最悪を記録 (11コメント)
  • 2020/05/08 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 COVID-19編(5) (95コメント)
  • 2020/05/08 11:00 【日韓スワップ|金融
    【資料】コロナショックによる為替スワップの実行状況 (4コメント)
  • 2020/05/08 06:00 【韓国崩壊
    韓国の外貨準備「不自然なリバウンド」と為替介入疑惑 (25コメント)
  • 2020/05/08 05:00 【時事|外交
    米中冷戦なら日本はどっち側に着くのか-答えは明白だ (32コメント)
  • 2020/05/07 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が写真で見る「リアルな韓国」 (79コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。