当ウェブサイト初の「ボツ記事」 せっかく分析をしたのだが…

昨日の『企業の寄付金不足?今年の「日韓未来対話」開催が危ぶまれる』で紹介した話題の続きを掲載しようと思ったのですが、これについては途中まで書いたものの、「ボツ」にしてしまうことに決めました。

本日は読者の皆さまにおわびをしなければなりません。

それは、1つの記事を完成させて、公表しようと思って読み返したものの、結局は公表を取りやめることにしたからです。その意味では当ウェブサイトを開始して以来、初の「ボツ原稿」です。

本来、公開したかったのは、昨日の『企業の寄付金不足?今年の「日韓未来対話」開催が危ぶまれる』で紹介した、「言論NPO」が韓国の団体と毎年共催している「日韓未来対話」という会合の開催が危ぶまれているという話題の続編です。

企業の寄付金不足?今年の「日韓未来対話」開催が危ぶまれる

もともと、このボツ原稿を執筆するきっかけになったのは、当ウェブサイトにいつも鋭いコメントを寄せて下さる「りょうちん」様からいただいた、こんなコメントです。

言論NPOのサイトを掘ってここまで
http://www.genron-npo.net/about/post-8.html
会計報告
年度別のアジア平和構築事業の違いとか、企業寄付の推移とか調べると面白いかもしれません。

興味を感じて同ウェブサイトをもとに、同団体の財務諸表分析をやってみたのですが、結論からいえば、ちょっと非常に公表し辛い内容になってしまいました。

そもそも私自身、職業柄、個別企業や個別団体の財務諸表分析をやることも多く、また、それが本業のようなものですが、それをウェブサイトで公表するかどうかはまた別の話です。

NHKや特殊法人、地方公共団体のような公的団体だと、バンバンと財務諸表分析の結果を表に出して批判することも可能です(NHKについては『公共放送としての資格なきNHKが「国民の敵」である理由』などもご参照ください)。

しかし、「言論NPO」は現時点において、純粋な民間団体です。熟考した結果、現時点において同団体の財政・経営状態について具体的な分析結果や何らかのコメントを出すことは控えたいと思います。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

ただし、1つだけ事実を指摘しておきますと、確認できた限り、同団体は2014年3月期以降、5年連続して外務省からの補助金を受け入れていて、とくに2018年3月期決算では、これが収入の7割近くに達しています。

ということは、同団体がこれから公表するであろう2019年3月期決算における外務省からの補助金の割合次第では、同団体を事実上の「国民の血税で運営されている組織」(=準公的団体)とみなすことが可能になるかもしれません。

そうなれば、今回の会合に関して、本稿で指摘しようと思っていた内容についても当ウェブサイトで執筆できるかもしれません。

以上、非常にすっきりしない内容で申し訳ありません。

読者コメント一覧

  1. ハゲ親爺 より:

    やむ得ないですね。

    出来れば、いずれ正体を解説付きで暴露してください。

  2. 隠居爺 より:

    >5年連続して外務省からの補助金を受け入れていて、
    >とくに2018年3月期決算では、これが収入の7割近くに達しています。

    「日韓未来対話」開催が危ぶまれているのは、企業の寄付金不足ではなくて、外務省の補助金カットのせいという可能性もあるのでしょうか。そういう形でも「サイレント型制裁」が始まっているとすると大変興味深いですね。

    いずれ分かりますね。

  3. なんちゃん より:

    あの団体、別に日韓関係だけをやってるわけじゃなさそうなんですよね。いろんなテーマで活動してる感じです。
    昨年度の決算がまだでてませんが、昨今の日韓関係の悪化が寄附金の減少につながってるかはわかんないと思いました。

    H25から外務省の補助金と思われるものが収入の多くを占めるようになっていたので、
    隠居爺さんがおっしゃるように、外務省が日韓関係に影響が出るところを狙い撃ちにして、補助金の減額か打ち切りをしたんだとすると、金が足りなくてヒーヒーってことはあるかもしれないと思いました。

    団体としては「補助金が減らされて」とは言いづらいでしょうから、「寄付金が足りなくて」と言ってるかもしれませんし。

  4. 匿名 より:

    NPOってそんなに国からお金ひっぱれるんですね。
    それはそれで驚きです。

    1. 猫はおかかが好き より:

      企業がテレビでCMを流したり、新聞や雑誌に広告を載せるのは、単なる商品の宣伝や企業イメージの周知だけが目的ではありません。マスコミに金を出す側になることで、その企業が不祥事を起こした時の過剰な報道を牽制する対策にもなります。場合によっては、スポンサーになっていることでもみ消せる事件もあるでしょう。

      民間のいろいろな財団や団体は、モロに役人の天下り先だったり、研究費や講演料という名目でお金を分配しあうシステムだったりします。互助会ですね、早い話。
      協賛や寄附する企業にしても様々な思惑が交錯します。業界のしがらみやら口止めやらの必要経費的な側面もあるわけです。「進歩的文化人」や「良心的日本人」のムラにもそれ相応の「オキテ」もあれば「シキタリ」もあるということですね。

  5. めがねのおやじ より:

    更新ありがとうございます。

    りょうちんさんの持って来た『言論NPO』、よく調べられましたね。感服します。 チラ見しましたが、平成29年度の収支は2億1千万円の収入のうち、なんと70%が外務省の補助金、会費たったの◯10万円(笑)ナニこれ?支出はほとんどが世界の言論?やらアジア絡み。ふ〜ん。金持ちだネ日本は。

    大人しくしてますわ。一切の私的思い込みしません。ココに載せ難いかもしれないですね。

  6. 名も無き高校生 より:

    このような国として支出する意味がよく分からないことに補助金を出す余裕があるなら増税などと言わないで欲しいものです。
    このような大手のメディアが取り上げないことについて知ることが出来る今の時代になって良かったです。またこの機会を与えてくれた著者の方に感謝します。

  7. 匿名 より:

    FATFも、NPOについては、テロリストや大量破壊兵器製造国等への迂回の送金のために使われているということで、NPOに注意せよといっていますね。

  8. りょうちん より:

    まあ科研費みたいにお役所からお金をもらおうと思ったら、手続きが要り、書類が残ります。

    https://www.mofa.go.jp/mofaj/annai/shocho/hojokin/index3.html
    外交シンクタンクとの連携
    外交・安全保障調査研究事業費補助金

    この手のお手盛り事業で事業評価A-はまずいんじゃね・・・。まあBなんてのもありましたがw。

    でもってですね、事業の募集・審査結果も残っているんですよ。

    >(4)審査結果
    で同ページを検索するといけます。
    なぜかH30年度事業だけ抜けているんですがなにかお役所的に中止になるイベントでもあったんでしょうか?
    それはともかく、H29年度の事業審査では
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/pp/page25_000779.html
    言論NPOが二分野採択されています。

    ところが、H31年度の審査結果がこれですわ。
    https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/pp/page25_001891.html
    >平成31年度「外交・安全保障調査研究事業費補助金」に関する審査結果
    >平成31年3月28日
    > 標記補助金(調査研究事業)について,総計8企画の応募がありました。「外交・安全保障調査研究事業費補助金審査・評価委員会」における審査結果を踏まえ,以下のとおり採択企画を決定しました。
    >
    >平成31年度外交・安全保障調査研究事業費補助金(調査研究事業)
    >分野B 安全保障(採択:1企画/応募:8企画)

    他の分野ではそもそも募集がなかったようです。
    それでも外交・安全保障調査研究事業費補助金(調査研究事業)ではH29年度では4分野採択されていましたから、お役所的にフェードアウトしたいときのムーブですw
    もちろん言論NPOは落選しています。

    「外交・安全保障調査研究事業」という枠自体が無くなる方向なのではとか霞ヶ関の内情に詳しい人が解説してくれないかなあ・・・。

    1. りょうちん より:

      NPO側の会計報告のH30年度版が未だ掲載されていないので、H30年度の外務省からの金があったのか無かったのかが不明ですが、外務省側からは何もなかったような雰囲気です。
      この財務体質では補助金を打ち切られたら多少の寄付金の増加ではカバーしきれないですから支出の方を制限せざるを得ないでしょう。

      たぶん複雑な経緯は無くて、外務省側になにかあったんだと思います。

      1. りょうちん より:

        訂正です。

        https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000375320.pdf

        を読み込んでみましたが、H29年度に採択されたのは三年事業で、H29,30,31年は支給されていると見るのが妥当かもしれません。

        ただし、外務省のこの枠の新規事業募集が減った理由は、やはりよくわかりません。

      2. りょうちん より:

        あと「第5回日韓未来対話」に関してはインターネット中継を行ったとの記述があったので探したらあっさりとありましたw。なんで最初に探さなかったのかorz

        https://www.youtube.com/watch?v=wsed6XfDlos
        「第5回日韓未来対話」~揺れる日韓関係と北朝鮮の核開発問題~

        しかし、まる4時間・・・。どなたかGWの貴重な時間を使って内容を解説してくださいw

      3. りょうちん より:

        どうして昨年の第6回のは上がっていないのかと思いましたが、一応サマリーはこちらにありました。

        http://www.genron-npo.net/world/category/cat252.html

        さすがにこの程度の文章なら読めましたが、非公開セッションの韓国側の発言要旨を見ただけでおなかいっぱいですw

        1. 匿名 より:

          申請書に目を通されましたか?
          事業期間は三年とは限らないですよ。
          2年に短縮も可能。つまり29年度に採択された二つの課題は30年度で終了の可能性大。31年度不採択なら大ピンチになります。

        2. りょうちん より:

          なるほど、やはりNPO側の会計報告が出てこないことにはわかりませんね。

    2. なんちゃん より:

      なるほど、すべて公開情報でここまでわかるんですねー。そりゃそうだ。

      勉強になりました。

  9. めたぼーん より:

    事実なら害務省確定ですね。

  10. 匿名 より:

    NPOって政府と無関係のって意味じゃなかったっけ?

    1. 匿名 より:

      世界大百科事典では
      non-profit organizationの略。非政府で,非営利の民間組織に対して,主にアメリカで用いられる呼称
      7割でも非政府といえるのか・・。

    2. 匿名 より:

      「非鋭利」ということは、「鈍器」で箸にも棒にもかからないという意味でしょう

      非政府ならNGOですね、government

  11. 門外漢 より:

    wiki によると寄付金が7割となっているのですがね?

  12. 実行委員 より:

    日本の税金をつぎ込んでいるのに、その団体が、韓国勢力にうまく利用されているのではないでしょうか?
    これがとっても問題だと思います。
    ///////////////////////////////////////////
    yahoo知恵袋に、2019/4/27  10:58:59 に
    ”「第7回日韓未来対話」開催のため緊急ご寄付”と言う質問が掲載されてます。
    質問者は、○○○********さん と言う方ですが、この人は、下記のような質問/回答もしております。

    質問抜粋
    ・韓国に日本は従うべきですと思いませんか?
    ・多くの日本人は韓国が大好きです、 京畿道や旅行予約サ…
    ・韓国人が羨ましいと思った内容を書いてください
    ・報道自由度 韓国41位に上昇=日本は67位
    ・安倍自民党は良識ある日本人国民の意見に従い韓国への関…
    ・日本企業の1700人 報奨旅行で韓国へ=経済効果期待 4/12…
    ・韓国政府「日本8県産の水産物は今後も輸入禁止」 WT…
    ・福島など8県産水産物禁輸 韓国がWTO判断受け12日…
    ・小さな問題を大げさに伝えて韓国を憎むように洗脳する産…
    ・「レーダー照射は、危険だと大騒ぎする話ではない。 問…

    回答抜粋
    ・韓国は何も問題あることはしていません
    ・これが現実ですがネトウヨは認めないでしょう
    ・アベ総理は侵略戦争をしたいのです
    ・韓国は日本の兄です
    ・自民党は大韓民国に協力してと懇願してるので謝罪して撤回するのは日本人の方です
    ・安倍自民党に韓国人の怒りが限界を超えたので悪化してい…
    ・私は良識ある日本人として日本企業が謝罪して素直に金を…
    ・私は良識ある日本人を代表して独島には領土問題は存在しないのに竹島と喚く日本人が
    /////////////////////////////////////////////////

    税金まで出して、韓国にしてやられてる。お人好し日本。

  13. カニ太郎 より:

    外務省から7割補助金を受けているのに、純粋な民間団体だから、熟慮した結果、コメントを出すことを控えたいって・・・何だかわけがわからない理屈ですが、主さまにしてみたら筋が通ってるんでしょうね(笑)
    私はその事に関しては、これ以上はとやかく言いません。

    私も気持ちはわかります。
    敵はなるべく作らない方がいい。
    ましてや、1円にもならないのに、敵を作るなんて、愚かな所業です。

    ですから、無理に書く必要は全くないんです。

    今の世の中、下手な正義感は、損をすることの方が多い。
    電車で人の携帯電話の使用を注意して、逆に殴られたサラリーマンとかの話を聞きます。
    私も先日、山手線で席を譲らない若いサラリーマンにキレかかったことがありました。
    その人の前に妊婦さんが立ってたのです。
    でも私は注意できませんでした。
    注意せずに、ちょっと離れて座っていた私が立って席を譲りました。
    納得はできませんが、頑なな正義感は罪です。

    そこで、今日は理不尽な世の中をテーマに一節ぶちたいと思います。

    NGT48の事件を取り上げます。

    山口真帆ちゃんという23才の可愛らしいアイドルが、正論を述べたがために、NGT48を辞めねばならなくなった事件です。
    菅原りこ、長谷川玲奈まで、卒業せねばならなくなりました。
    これで良かったんでしょうか?
    事情を詳しく知らない人のために、ちょっと概要を書いておきます。

    事の発端は一通のSNS、1月8日に山口真帆ちゃんが自宅前で待ち伏せていた若い男二人に襲われたことをネットで呟いた事です。

    事件が起きたのは12月8日、警察沙汰になり、山口真帆ちゃんは幸い怪我はなく、二人の男は逮捕されました。
    会社はこの事を伏せました、それは起訴前だから仕方ないにしても、この若い男二人は山口真帆の住所を特定していた上に正確な帰宅時間まで知っていました。
    ゆえに公にしないまでも早急な対策が必要でした。
    しかし、ここに不都合な真実が存在してたのです。
    その男は、別の可愛いメンバーと繋がっていたのです・・・

    後の第三者委員会で明らかになることだが、メンバー41人中16人が特定のファンと関係があったらしい。
    ということで、まあ若い女の下半身事情は酷いもんだが、乱れてるんだ(笑)
    問題はライバルを陥れるため、ファンを使って襲わせるという、AV顔負けを実際に実行したアイドルがいたということだ。
    まあ元締め事務所がAKSというパチンコメーカーで、在日が跋扈する芸能界、AKBグループをコーディネイトした巨大チンピラ事務所が、ルールを守って真面目にやってる少女を切り捨てたということはよくある話だが、確信は、実はここが一番重要なのだが、今までの時代であれば隠蔽できた陰謀が、なんとこの山口真帆ちゃんという23才の小娘に、ひっくり返されたという痛快な事実だ。

    第三者委員会の報告の生中継中に、SNSを使った被害者の同時進行のツイートによって、隠していた嘘が次々とバラされたのだ(笑)

    会社上層部が右往左往する姿がテレビネットで生中継された。
    SNSでパチンコ京楽がひっくり返ったのは笑える。

    この第三者委員会は3月21日に行われ、会見が始まった30分後、山口さんがツイッターで呟き始めた。以下はそのツイッター文です。面白いから読んでみてください。

    「記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました。
    その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。
    コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません」と投稿。

    「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」と投稿。

    「私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました。
    なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」と投稿

    つまり山口真帆ちゃんはインターネットで記者会見を見ていたわけだ(笑)
    そして正しいことを呟いたのだ。

    若いからできたのか、それとも大人が余りに愚かすぎたのか、ツイッターを使えば23才の乙女でもパチンコ業界の大企業と対等に戦えるなんて、なんとも気持ちのいい出来事ではないか(笑)

    しかし、結局は、グループを卒業せねばならなくなった。

    2019年4月21日、NGT48チームⅢ劇場公演千秋楽において、山口真帆の述べた最後の言葉を紹介しよう。
    『正しいことをしている人が報われない世の中でも、正しいことをしている人が損をしてしまう世の中ではあってはいけないと、私は思います』

    この言葉は、老骨にしみますね(笑)

    1. 匿名 より:

      >カニ太郎

      コイツは真性のバカ。コメント長いしウザすぎる。消えろ。

      1. 匿名 より:

        そんなことはないだろう。カニのダラダラした投稿は読みたくないが、今回は読ませるくらい出来が良かったぞ。

      2. 匿名 より:

        投稿名をみてスルーすればいいんですよ。
        ここはなりきりやらも出没しないのでスルーしやすいです。
        私は逆に韓国在住日本人様の書き込みは検索で追っかけてでも
        必ず読みます。

      3. りょうちん より:

        真面目なつまらないコメントより、お馬鹿で面白いコメントというのもありますデスよ。
        私は楽しんでいます。

  14. ハゲ親爺 より:

    暇で仕方無いから言論NPOのサイトを覗いて見たら吐き気がした。

    こんなもん、潰れてしまえ。

    1. りょうちん より:

      しかし、こんなのに元自衛隊将官や元次官なんかがたくさん関わっていますよ・・・。
      現在の肩書きを見ると防衛企業にしっかり天下りしています。

  15. なんちゃん より:

    NPOのサイトやら、外務省のサイトやら見て思ったのは・・・

    外務省の補助金を貰ってるのは確かなんですが、同様の補助金を貰ってる団体はほかにもたくさんあって、この団体だけが特別扱いされてる風情は特に感じられませんでした。
    この団体も、日韓関係だけをやってるわけではありませんでした。彼らなりの考えで彼らなりの活動をしている風です。

    外務省的には外部シンクタンクとの連携的な位置づけで、官僚発の情報のみに頼らず、民間の情報も参考にするってことで、考え方は一応理にかなってると思います。
    民間のシンクタンクもいろんな考えのものが存在していいと思うんですよね。多様性こそ力だったりしますし。
    恣意的で偏った補助金交付がなされないことが前提ですが、そういう環境を維持するために、税金使うことも全否定されるもんではないと思います。

    今回たまたま、日韓交流の事業ができないということで名前の挙がったこの団体ですが、それほど不当な影響力や権力を持っているわけでもないのに、積極的にバッシングされて潰されるということが起こるようだと、ちょっとどうなのかなー、と思いました。

  16. 匿名 より:

    御用NPOみたいなもんですね。政府が言っても信頼されないから「有識者」を使ってNPOも言ってというカタチにする。財団だのを兼務してるような有識者もいる。増田とかは都知事戦に出て落ちて、ここにいるのか?みたいな。いろんなところの役職を兼務して、有識者ビジネスをしているのだろう。NPOにしてはものすごい額もらってるな。これも税金。

  17. 匿名 より:

    平成30年のデータだと中央区からも支援金(6,573,000円)が投入されていますね……
    https://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/zeikin/furusatonouzei_sienkinkoufu.files/sienkinkoufudantai2018.08.01.pdf

    代表の工藤泰志氏のTwitterも、そこはかとなく香ばしい
    (古巣の東洋経済新報社の基準だと普通レベル?)
    https://twitter.com/yasushi_kudo

    英語で外国へ熱心に発信するNPOという時点で、新左翼っぽい雰囲気を感じます

  18. ななよん より:

    故山本正氏(元日本国際交流センター JCIE理事長)についてお調べ下さい。「NPO法人」の産みの親とも言うべき御仁。

    「知的好奇心が刺激されること」間違いなし。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。