昨日は放送法改正案などが閣議決定され、NHKのインターネット同時配信が実現する可能性が高まりました。放送法第64条第1項によれば、NHKの「放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」と明記されており、将来的に「インターネット環境を設置すればNHKと受信契約が生じる」という方向に持っていくのが彼らの狙いなのかもしれません。ただ、日本国民として、そのことを許してはなりません。なぜなら、現在の日本国民には、「NHKを見ないことで倒産に追い込む」という、自由民主主義社会においては当然の権利が与えられていないからです。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK問題

NHKインターネット同時配信の脅威

昨日、放送法改正案などが閣議決定されました。これについて、次の産経ニュースはNHKがテレビ番組のインターネット同時配信を行うことが可能になったと報じています。

NHKのネット配信可能に 放送法改正案を閣議決定(2019.3.5 15:06付 産経ニュースより)

産経ニュースによると、この改正案は、現在は災害報道やスポーツ中継などに限定されているネット同時配信を全番組に拡大するもので、政府は今国会での放送法改正の成立を目指しており、NHKは2019年度中にサービスを開始したいと考えているのだとか。また、産経ニュースは

NHKは受信料を支払っている世帯の人であれば、ネット視聴のための追加負担は求めないとしている。

としていますが、裏を返せば、現在、受信料を払っていない世帯の人も、インターネット接続環境があれば、NHKに受信料を支払わなければならない可能性がある、ということでしょうか。

もしその推論が正しければ、私は今回の放送法改正案には強く反対したいと思います。

現在の放送法の規定では、テレビなど「NHKの放送を受信できる受信設備」を設置した場合には、NHKと受信契約を結ぶことが義務づけられています(放送法第64条第1項)。

放送法第64条第1項

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第百二十六条第一項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

現在、この「受信設備」については「テレビ」を指すものと考えられますが(私見)、仮にインターネット同時配信が実現した場合、NHKはインターネット環境をも「受信設備」とみて、インターネット回線を保有している家庭などにも「受信料を払え!」などと要求してくる可能性があるからです。

NHKの受信料が「高すぎる」と言える理由

さて、当ウェブサイトでは過去に何度か紹介したとおり、NHKは放送法をタテに全国津々浦々の受信契約者から莫大な金銭を巻き上げ、それを社内に溜め込んでいます(図表1)。

図表1 NHKが溜め込んでいる金融資産
科目金額(百万円)計上区分
現金及び預金139,666流動資産
有価証券286,278流動資産
長期保有有価証券113,711固定資産
建設積立資産170,756固定資産
年金資産404,974確定給付制度(※)
金融資産 合計1,115,385

(【出所】NHKの2018年9月期中間連結財務諸表より著者作成。ただし、年金資産は2018年3月期連結財務諸表の数値)

仮に、NHKが受信者から受け取った受信料を適正に使用して番組作りを行っているのであれば、こんなに多額のおカネを余らせるはずなどありません。

それだけではありません。

NHKは職員に対して、少なく見積もって1人あたり1700万円近くという、非常識に高額な人件費を支払っています(図表2)。

図表2 NHK職員に対する人件費
区分金額(千円)1人当たり
職員給与109,965,78210,658
退職手当44,700,8094,332
厚生保健費20,622,4581,999
合計175,289,04916,989

(【出所】NHKの2018年3月期個別財務諸表(P64)。ただし、役員報酬376,239千円を除外しているが、退職手当には役員退任手当が含まれているため、厳密には「職員1人当たり」の金額とはいえない点に注意。なお、1人当たり金額については、NHKのFAQページ『職員数、平均年齢、平均勤続年数を知りたい』より「2018年度」の数値(10,318人)を使用)

ちなみに、ここでいう「人件費」とは、「NHKの職員が受け取る給料やボーナス」のことではありません。

あくまでも「NHKが負担した金額」のことです。

わが国の場合、給与から天引きされる社会保険料等については雇用者と被用者が折半するのが基本的なルールですので、おそらくNHKも、高額の人件費に対応する高額の社会保険料等を負担しているのだと思います(図表2の「厚生保健費」に含まれているのでしょうか)。

さらに、NHKは詳しく開示していませんが、東京都内の一等地を初め、さまざまな場所に超豪華な社宅を保有していて、職員は格安の家賃で住める、という複数の情報もあります(※このあたりは真偽不詳ですが…)。

あくまでも仮定の議論ですが、高級住宅街にある、通常の相場ならば月額家賃が60万円を超えるはずの優良不動産に、10万円の家賃で住めたとしたら、その人は給料や社会保険料などとは別に、50万円(=60万円-10万円)の実質給与を受け取っているのと同じです。

ということは、仮に毎月50万円の家賃補助を受け取っていれば、1年間で600万円(!)という家賃補助が別途支給されているのと同じです(仮にこれが事実ならば、この金額は図表2の人件費には含まれません)。

したがって、先ほど私は、NHK職員(個別ベース)の人件費が1人あたり1700万円弱だと申し上げましたが、実質的にはもっと巨額の人件費をNHKは負担している可能性が極めて濃厚なのです。

下手をすると2000~3000万円を超えるのではないでしょうか?

「嫌なら見ない」という選択肢がない

もちろん、NHKには「商業主義の民放には作れないような良質な番組を作る」という意義がある、という主張があることは存じ上げていますし、私自身、「商業主義から距離を置いて良質な番組を作る」ということの意義を無碍に否定するつもりもありません。

しかし、それをNHKが担う必要はありませんし、1つの家庭から年間約1.4万円(※地上契約、12ヵ月前払の場合)という巨額のおカネをむしり取ってまで製作する意義もありません。文教予算か何かで政府が民間番組制作会社に委託して製作すれば良い話です。

また、NHKの存在意義を擁護する人のなかには、「民放の商業主義」を批判する人がいますが、それでは逆にお伺いしたいのですが、NHKが音楽、ドラマ、クイズ番組、お笑い番組までカバーする必要は、果たしてあるのでしょうか?

とくに、昨今だと『YouTube』や『ニコニコ動画』を含めた数々の動画サイトで、良質なコンテンツを無料で視聴することができます。別にNHKが「受信料」という事実上の税金のようなものを巻き上げてまでわざわざそれらの番組を作る必要性が感じられません。

なによりおかしな話は、「嫌なら見ない」という選択肢が与えられていないことです。

くどいようですが、私自身、「好きでNHKを見たい」という人は契約して受信料を払って見れば良いと思っています。しかし、「テレビを設置したこと」(将来的には「ネット環境を整えたこと」)によって、NHKに受信料の支払い義務が発生するのだとしたら、これは明らかに消費者の選択の自由を奪っています。

国民の敵

自由民主主義社会に相容れない「国民の敵」という存在

私は以前から、「国民の敵」という言葉を使っています。

これは、「消費者や有権者から信託された以上の大きな社会的影響力や権力を持ち、それらを悪用して国益を毀損する勢力」のことです。

たとえば、立憲民主党は2017年10月の衆議院議員総選挙で、465議席中、わずか55議席(つまり12%弱)しか議席を得ていないにも関わらず、「野党第1党」となりました。

わが国の国会では、慣行上、野党第1党が国会内で野党の質問時間を采配する権利を持っているそうであり、また、与野党の質問時間は、衆議院では1対2、参議院では2対8という具合に、圧倒的に野党に対して多くの時間が配分されています。

その結果、立憲民主党はわずか12%弱しか議席を得ていないくせに、国民生活を犠牲にした国会妨害戦略を取ることを許してしまっているのです(昨年の立憲民主党の「武装闘争路線」については、『辻元清美議員の妨害戦略を許すな』等をご参照ください)。

その意味で、立憲民主党は間違いなく「国民の敵」です。

一方、財務省は霞ヶ関内で、予算の「入口」(国税庁)と「出口」(主計局)を両方握っています。

政府のあらゆる活動には予算が必要ですが、その予算を財務省が一手に管理しているため、たとえ政治家であっても財務省の機嫌を損ねることは憚られる、という状況にあり、その結果、財務省が省益(つまり増税原理主義)を追求することを許してしまっているのです。

そもそも論ですが、以前から当ウェブサイトでは何度も申し上げているとおり、わが国は財政再建を必要としていません(『繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない』参照)。

繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない

また、百歩譲って日本が財政再建しなければならないのであれば、政府資産の売却(あるいは外為特会の日銀への移管)などによって政府債務を減らすのが筋であり、増税によって財政再建するのは明らかに筋違いなのです。

その意味で、財務官僚らは「国民から選挙で選ばれたわけでもないくせに、不当に大きな権力を握り、増税原理主義で日本経済を破壊しようとしている」という点で、明らかに「国民の敵」なのです。

NHKは「国民の敵」の名に値する

NHKも、この「人々が選んだわけでもないくせに、不当に大きな社会的影響力を持ち、国益を損ねている」という意味では、やはり「国民の敵」の名に値します。

反日的な論調で知られる、朝日新聞、東京新聞、毎日新聞のことを、最近では「ATM」と呼ぶ人もいるそうですが、たしかにこれらのATMの偏向報道は大きな問題ではあるものの、私たち消費者が賢くなれば、「カネを払ってATMを読む」ことをやめるだけで、彼らの経営に打撃を与えることができます。

しかし、NHKの場合は、放送法という法律をタテに、どんな悪質な番組を制作しても、とにかく年間7000億円という巨額の収入が得られる仕組みが出来上がっています。つまり、「不視聴運動によりNHKを倒産させる」ということが、法的に非常に難しいのです。

この時点で、この制度が明らかにおかしい証拠でしょう。

さらに、これまでのNHKは、「NHK改革」を叫ぶ政治家を、「報道」という名の権力により、葬り去ることができました(※今後はどうかわかりませんが…)。受信料、電波という強力な武器を持つNHKは、国民が選んだわけでもないくせに、不当に大きな社会的影響力を持っているのです。

国民投票の義務付けが必要

さて、先ほど申し上げたとおり、NHKの「存在意義」とは、「商業主義から距離を置き、良質な番組を作ること」にあります。

いや、逆に言えば、NHKの存在意義は、そこにしかありません。

エンターテインメント性が高いコンテンツは、それこそ有象無象のYouTuberにでも任せれば良いのであり、NHKが本来特化すべきは、「客観的事実の放送」(たとえば国会中継や官房長官記者会見など)や、良質な科学番組、教育番組などの製作です。

しかし、民放でもやっているようなお笑い、クイズ、ドラマ、歌番組などを製作し、職員1人当たり少なくとも1700万円近くの人件費を支払い、連結集団内に1兆円を超す金融資産を溜め込んでいるNHKが、「商業主義から距離を置き、受信料に見合った良質な番組」を製作しているとは到底言えません。

さらに、最近では政府インターネットテレビ、国会インターネット審議中継などがあるため、必ずしもNHKの存在意義があるとはいえなくなってきています(※ただし、政府インターネットテレビや国会インターネット審議中継は使い勝手が悪く、もう少し改善の余地があると言えますが…)。

そう考えていくならば、やはり、自由民主主義社会の鉄則として、「消費者による選択」を許さないのであれば、「有権者による選択」を義務付ける必要があります。

たとえば、「3年に1回、参議院議員通常選挙の機会にあわせて、NHKの存廃の可否を問う国民投票を義務付ける」、といった具合です。

仮に、投票者の過半数がNHK存続を認めるのであれば、受信料の強制徴収も「有権者の多数決の結果」だといえますので、堂々とやってもらえば良いと思います。しかし、投票者の過半数がNHK廃止を求めた場合、NHKは保有する資産を国庫に返納し、ただちに解散すべきです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



自由競争に答えがある

電波オークション見送りは残念

さて、総務省のウェブサイト『国会提出法案』の一覧を見ると、今回、閣議決定されたもののなかには、放送法改正案だけでなく、電気通信事業法や電波法などの改正も含まれています。

放送法改正については、NHKのインターネット常時配信事業以外にも、NHKのガバナンス改革なども盛り込まれていますが、必要なのは「NHK存廃の可否を巡る国民投票の義務付け」であって、これだけでは明らかに不十分です。

また、電波法改正では、電波利用料が多少値上げされるだけに留まり、私が期待していた「電波オークション制度」については導入が見送られてしまいました。

やはり、安倍政権は外交分野などではよく頑張っていると思いますが、国内経済政策については、消費税の支離滅裂な軽減税率制度を含め、期待外れのものが非常に多いです(※もっとも、財務省など官僚の権力が大きすぎる、という問題もあるので、これは安倍総理だけの責任ではありませんが…)。

ただ、なにごとも、「すぐに改革が進む」というほど甘いものではありません。

安倍政権のような「改革志向」の政権であっても、さまざまな勢力の抵抗は強いわけですから、優先順位を付けて政治的資源を一気につぎ込むしかありません。現在、その政治的資源は外交分野(とくに中国、北朝鮮、ロシア、韓国などの敵対国・仮想敵国)に集中している、ということなのだと思います。

インターネット空間という希望

ただ、私には1つの希望があります。

埼玉県民様から:ことしも「日本の広告費2018」を読む』でインターネット広告費の額が、マスコミ4媒体への広告費の額に迫っているという話題を紹介しました。

埼玉県民様から:ことしも「日本の広告費2018」を読む

これは、年々、インターネットの社会的影響力が高まっている、という意味だと考えて間違いありません。

考えてみれば、ツイッターにしてもYouTubeにしても、広告を使った収益化が一般化して来ていますし、また、従来のマスメディア型の広告と異なり、インターネット広告の場合はユーザー層のターゲットを絞った広告戦略の適用が可能です。

企業がこれに飛びつかないわけがありません。というよりも、企業経営者としては、広告に巨額のおカネを掛けるのだとすれば、やはり、株主に対する説明責任上も、広告費の支出先を「より効果の高い媒体」にシフトするのは当然の話でもあります。

ちなみに、当ウェブサイトの場合も、レンタルサーバ代、ドメイン維持費等を稼ぐために、ささやかながら広告を設置しています(といっても、PV数のわりに稼ぎは大したことありませんが…)。

つまり、当ウェブサイトに落ちる広告費が増えれば、その分だけ、新聞社やテレビ局などの既存のマスコミ各社に対し、ささやかながら(しかし合法的・正当な手段により)、経営上の打撃を与えることができる、というわけです。

私自身、現在の当面の目的は、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激するような記事を執筆すること」にありますが、究極的な目的は、「このレベルのウェブサイトであっても、ウェブ評論の執筆により生活が成り立つ」という実例を、社会に対して示すことにあります。

つまり、ウェブ評論に参入する人が増えれば増えるほど、ウェブ評論界でお互い切磋琢磨することになりますし、競争が激しい中で人気ウェブ評論家になりたければ、それだけ勉強もしなければなりませんし、知識の吸収も続けなければなりません。

そのような状態が実現すれば、当ウェブサイトが淘汰されて消滅しても、インターネット言論空間は残ります。

それこそが、私の究極的な目的なのです。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

インターネット空間が盛り上がれば、「国民の代表」面して内閣官房長官記者会見場に居座る不勉強な某記者など、ネット空間ではあっという間に木端微塵に論破され、淘汰されていくに違いありません(※いや、現在でもインターネット上では、彼女のあまりの不勉強ぶりがネタにされている状況ですが…)。

その意味で、読者の皆さまにお願いしたいことは、次の3点です。

  • 変な報道を続ける新聞を読んでいる人は、その新聞を解約しましょう。
  • 変な報道を続けるテレビを見ている人は、そのテレビを見ないようにしましょう。
  • 選挙にはきちんといきましょう。

別に当ウェブサイトを読んでほしいと申し上げるつもりはありませんし、極端な話、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』に見切りをつけて頂くのも構いません。

私が皆さまにお願いしたいことは、「あきらかにおかしな主張をしている(と皆さまが感じる)メディア、媒体を見ない・読まない・買わない」ことであり、「自分にとって納得がいくメディア、媒体(ウェブページを含む)を見つけて愛読すること」でもあり、こうした積み重ねこそが、日本社会をより良いものにしていくのです。

それを、心の底からお願い申し上げたいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/03/21 08:30 【時事|韓国崩壊
    瀬取り監視活動で主導権握る日本 (22コメント)
  • 2019/03/21 05:00 【時事|韓国崩壊
    どうせ「未来志向に基づく日韓対等の関係」が成立しないなら… (27コメント)
  • 2019/03/20 17:00 【時事|韓国崩壊
    ハガティ駐日米大使の寄稿文は韓国に対する強い警告なのか? (14コメント)
  • 2019/03/20 15:30 【時事|韓国崩壊
    セルフ経済制裁 「戦犯企業ステッカー」は韓国に跳ね返る (41コメント)
  • 2019/03/20 12:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮「瀬取り」 国際社会の対応主導する日本、逃げる韓国 (22コメント)
  • 2019/03/20 05:00 【時事|金融
    財務省のウソ「国の借金論」を暴露する複式簿記の導入は必須 (25コメント)
  • 2019/03/19 11:30 【時事|金融
    中央日報さん、建物作れば「金融ハブ」になるわけじゃないですよ (18コメント)
  • 2019/03/19 11:00 【時事|韓国崩壊
    反韓・嫌韓を戒めるニューズウィーク日本版記事をどう読むか (35コメント)
  • 2019/03/19 10:00 【時事|金融
    【速報】日銀資金循環統計:「バランスシートで見る日本」
  • 2019/03/19 05:00 【金融
    カリブ海の小国に63兆円を貸し付ける最強の日本の金融機関 (11コメント)
  • 2019/03/18 14:30 【時事|韓国崩壊
    「フッ酸禁輸観測」に見る韓国メディアの焦りが目立ってきた (50コメント)
  • 2019/03/18 10:45 【時事|韓国崩壊
    日本の「韓国外し」は急速に進むのか?安保から見た日韓関係 (12コメント)
  • 2019/03/18 05:00 【政治
    日韓関係清算はやむを得ないにしても、準備というものがある (31コメント)
  • 2019/03/17 17:30 【マスメディア論|時事
    「権力と立ち向かう」の意味を理解していないサヨクの皆さん (27コメント)
  • 2019/03/17 05:00 【韓国崩壊
    ハンギョレ新聞の記事から垣間見える、日韓関係と日本の国益 (44コメント)
  • 2019/03/16 11:11 【時事|外交
    想定通りの北朝鮮の協議中断 必要なのは「さらなる圧力」 (30コメント)
  • 2019/03/16 05:00 【マスメディア論
    サヨクの皆さんの主張がつまらないのは議論を拒否するからだ (57コメント)
  • 2019/03/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    政経分離?「日韓民間交流を後退させるな」論への違和感 (52コメント)
  • 2019/03/15 08:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係:今後予想される仲裁手続と制裁、そして日本の覚悟 (12コメント)
  • 2019/03/15 05:00 【雑感オピニオン
    批判されたって構わない!敢えて言おう、「日本は滅びない」と (24コメント)
  • 2019/03/14 22:22 【時事|韓国崩壊
    「韓国制裁なら日本にも打撃」?ええ、もちろん覚悟の上です (35コメント)
  • 2019/03/14 12:15 【時事|韓国崩壊
    【続報】国連安保理報告書「文在寅のパレード」写真の意味 (13コメント)
  • 2019/03/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    時事「『韓国も』対抗措置を検討」 どうせやるなら徹底的に (37コメント)
  • 2019/03/14 10:30 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】国連安保理報告書 北朝鮮の制裁逃れ巧妙化・常態化 (12コメント)
  • 2019/03/14 05:00 【時事
    「3倍返し」という奇祭の起源 この困難をどう乗り切るか (25コメント)
  • 2019/03/13 22:15 【時事|韓国崩壊
    「慰安婦訴訟」開始?今のうちに対韓制裁立法を講じるべきだ (39コメント)
  • 2019/03/13 16:30 【時事|韓国崩壊
    無責任国家・韓国の「ツケ」を、むしろ積極的に負担すべきだ (21コメント)
  • 2019/03/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    関係改善に向け努力すべきは「日韓双方」ではなく韓国の方だ (55コメント)
  • 2019/03/13 05:00 【外交|金融
    「北朝鮮外貨不足」という報道を額面どおり受け取って良いか (17コメント)
  • 2019/03/12 22:00 【時事|韓国崩壊|金融
    【速報】麻生太郎総理が関税、送金停止、ビザ発給停止に言及 (20コメント)
  • 2019/03/12 15:45 【時事|国内政治
    毎日新聞が報じた「安倍4選論」と後継者育成、そして野党問題 (21コメント)
  • 2019/03/12 10:00 【時事|韓国崩壊
    日本からの「セルフ経済制裁」を招いたとしても韓国の自業自得 (37コメント)
  • 2019/03/12 05:00 【韓国崩壊
    古き悪しき道徳的価値観にしがみつく韓国の愚かさと徴用工問題 (40コメント)
  • 2019/03/11 22:45 【時事|韓国崩壊
    【速報】共同通信が「仲裁委員会提案へ準備」と報じる (8コメント)
  • 2019/03/11 14:30 【時事|国内政治
    立憲民主党・川内博史議員「実質15万円」発言のナンセンス (45コメント)
  • 2019/03/11 11:11 【RMB|時事|金融
    語るに落ちる中国人民銀行総裁発言 資本自由化できない中国 (10コメント)
  • 2019/03/11 05:00 【韓国崩壊
    国益から読み解く、「日本の対韓制裁」の在り方と目的とは? (44コメント)
  • 2019/03/10 22:00 【時事|韓国崩壊
    読者コメントに感謝:「徴用工」記事リンクなどを紹介します (16コメント)
  • 2019/03/10 12:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】時事通信「日本政府が韓国に対抗措置を検討」と報道 (63コメント)
  • 2019/03/10 05:00 【韓国崩壊
    「北朝鮮臨時政府」と「レーダー照射事件」の意外な関係とは (27コメント)
  • 2019/03/09 05:00 【雑感オピニオン
    「流し読み書評」で平気でウソをつく国の心理の正体を考える (53コメント)
  • 2019/03/08 22:00 【時事|韓国崩壊
    仮想通貨5億ドル窃盗事件 人類の敵・北朝鮮の存続を許すな (15コメント)
  • 2019/03/08 16:30 【時事|韓国崩壊
    韓国がドジを踏んだからといって、日本が得するとは限らない (38コメント)
  • 2019/03/08 10:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決問題、三菱重工の知財差押えという動きをどう見るか (16コメント)
  • 2019/03/08 05:00 【RMB|金融
    「バスに乗り遅れた日本」と鳴かず飛ばずのAIIBの現状 (15コメント)
  • 2019/03/07 22:30 【時事|雑感オピニオン
    平気でウソをつく国の心理と対処法について知りたい今日この頃 (49コメント)
  • 2019/03/07 17:15 【時事|韓国崩壊|外交
    【速報】リーク記事?また出た国連北朝鮮制裁パネル報告書 (30コメント)
  • 2019/03/07 11:00 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮が核開発を継続中」に今さら気付く米メディア (48コメント)
  • 2019/03/07 05:00 【日韓スワップ|韓国崩壊|金融
    国際決済銀行統計から見る韓国経済の姿と通貨スワップ (31コメント)
  • 2019/03/06 10:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅の危機は日本にとってはチャンス (96コメント)
  • 2019/03/06 05:00 【マスメディア論
    公共放送としての資格なきNHKが「国民の敵」である理由 (8コメント)
  • 2019/03/05 16:45 【時事|韓国崩壊
    最大の焦点は「北朝鮮がどれだけ困っているか」 (34コメント)
  • 2019/03/05 11:30 【時事|外交
    IAEA天野事務局長、北朝鮮の核開発継続を示唆 (23コメント)
  • 2019/03/05 05:00 【マスメディア論
    企業経営から眺める新聞部数水増し疑惑と偏向報道の落とし前 (20コメント)
  • 2019/03/04 10:15 【時事|韓国崩壊
    慰安婦問題巡る「日本人として絶対に譲れない一線」 (107コメント)
  • 2019/03/04 05:00 【韓国崩壊|金融
    「韓国に対する経済制裁」のうち、「ヒトの流れの制限」とは? (14コメント)
  • 2019/03/03 13:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の「保守・用日派」による「韓日論関係」をどう読むか (53コメント)
  • 2019/03/03 05:00 【マスメディア論
    埼玉県民様から:ことしも「日本の広告費2018」を読む (39コメント)
  • 2019/03/02 17:00 【マスメディア論|時事
    私が「新・今日の韓国マスコミダイジェスト!」を愛読する理由 (12コメント)
  • 2019/03/02 05:00 【時事|韓国崩壊
    韓国に対する対抗措置の発動が「遅れている」本当の理由とは? (88コメント)
  • 2019/03/01 14:20 【時事|韓国崩壊
    米朝決裂の最大の敗者は韓国 徴用工判決などの動きは? (31コメント)
  • 2019/03/01 10:00 【時事|外交
    米朝決裂、「バッドディールよりノーディール」これに尽きる (32コメント)
  • 2019/03/01 05:00 【RMB|日韓スワップ|時事|金融
    日印通貨スワップ協定成立の意味と予想される某隣国の反応 (17コメント)
  • 2019/02/28 21:40 【RMB|日韓スワップ|金融
    【速報】インドとの750億ドル規模のスワップを締結 (3コメント)
  • 2019/02/28 16:40 【時事|外交
    【速報】米メディア「米朝首脳、合意に達せず」 (75コメント)
  • 2019/02/28 16:00 【時事|雑感オピニオン
    「遅刻常習犯」が「時間守る人」にお願いした内容が凄い (16コメント)
  • 2019/02/28 11:30 【時事|外交
    米朝首脳会談と「今、北朝鮮制裁を解除すべきではない理由」 (19コメント)
  • 2019/02/28 05:00 【時事|国内政治
    自民党議員が女性問題で辞職 異性スキャンダル系議員の面々 (7コメント)
  • 2019/02/27 21:01 【時事|韓国崩壊
    「韓国渡航者への注意喚起」は外務省の単なるアリバイ作り? (48コメント)
  • 2019/02/27 11:45 【マスメディア論
    なぜ「マスゴミ」と呼ばれるのか?新聞社の苦境は自業自得  (21コメント)
  • 2019/02/27 05:00 【外交
    「国交正常化」?正気ですか、北朝鮮は犯罪者集団ですよ? (33コメント)
  • 2019/02/26 21:45 【マスメディア論|時事
    官房長官「あなたに答える必要はありません」発言を支持する (23コメント)
  • 2019/02/26 21:00 【時事|韓国崩壊
    毎日新聞が「日本は北朝鮮への人道支援に参加せず」と報道 (22コメント)
  • 2019/02/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    康京和氏の慰安婦発言の問題点と日本政府の対応ぶりを考える (34コメント)
  • 2019/02/26 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第16条の研究:韓国に対するカネの流れの制限とは? (26コメント)
  • 2019/02/25 15:30 【時事|韓国崩壊
    米朝会談と三一節前に:朝鮮日報の記事が色々な意味で興味深い (48コメント)
  • 2019/02/25 10:45 【政治
    「観艦式に韓国招待せず」?儀礼面で距離を置くことを歓迎する (27コメント)
  • 2019/02/25 05:00 【政治
    真の敵は日本共産党?沖縄県の県民投票をどう受け止めるか (25コメント)
  • 2019/02/24 22:30 【時事|国内政治
    琉球新報らの県民投票巡る狂喜乱舞ぶり、韓国メディアそっくり (29コメント)
  • 2019/02/24 15:00 【時事|韓国崩壊
    結局、日本は釜山沖会合共同訓練に参加するのか、しないのか (19コメント)
  • 2019/02/24 12:15 【政治
    「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた (40コメント)
  • 2019/02/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    釜山沖共同訓練参加を巡る報道の虚実と「本当の背景」を探る (30コメント)
  • 2019/02/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事 (23コメント)
  • 2019/02/23 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国の経済統計の怪しさ:「家計債務でもウソをつく」? (35コメント)
  • 2019/02/22 22:22 【時事|雑感オピニオン
    【緊急速報】ぬわー!それを映画化するとは… (18コメント)
  • 2019/02/22 10:00 【マスメディア論
    新聞紙の利点:天ぷら、習字、靴の乾燥…まだまだあります! (17コメント)
  • 2019/02/22 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か? (72コメント)
  • 2019/02/21 10:45 【マスメディア論|時事
    「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」 (36コメント)
  • 2019/02/21 05:00 【韓国崩壊
    「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手 (52コメント)
  • 2019/02/20 15:00 【外交
    岩屋防衛相の「問題発言」 日本の思いが韓国に届かないわけ (33コメント)
  • 2019/02/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の非核化のために、できること、やらねばならぬこと (67コメント)
  • 2019/02/20 05:00 【金融
    繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない (67コメント)
  • 2019/02/19 12:40 【韓国崩壊|経済全般
    ほら見たことか、強引な最低賃金規制が韓国の雇用を破壊する (93コメント)
  • 2019/02/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは? (33コメント)
  • 2019/02/18 16:30 【時事|韓国崩壊
    徹底的に日本を侮辱する韓国国会議長にどう対応するか? (102コメント)
  • 2019/02/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ (44コメント)
  • 2019/02/18 05:00 【韓国崩壊
    中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び (49コメント)
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (32コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (91コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (12コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。