朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート

本日は久しぶりに、当ウェブサイトで昔から不定期に更新し続けてきた「朝鮮半島のシナリオ分析」について再検討したいと思います。といっても、「朝鮮半島のシナリオ分析」では、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏の「核の傘論」が有名ですが、同氏に無断ではあるものの、この「核の傘論」に勝手に私なりのアレンジを加えたうえで、改めて「8つのシナリオ」の概要について考察しておきたいと思います。

朝鮮半島のシナリオ分析

当ウェブサイトでは昨年まで、「朝鮮半島の8つのシナリオ」というものを更新し続けていました。

これは、朝鮮半島を巡り、北朝鮮によって吸収・統一されてしまう(いわゆる赤化統一)というシナリオを筆頭に、大きく4つの将来(細かいサブシナリオをいれれば8つ)を想定し、それぞれの可能性を議論するものです。

ただ、反省を込めて申し上げると、その最新版については、昨年11月に『「朝鮮半島の8つのシナリオ」赤化統一の確率が40%に!』を更新した状態で止まってしまっています。

「朝鮮半島の8つのシナリオ」赤化統一の確率が40%に!

べつにこのシナリオ分析を取り下げたわけではありません。

ただ、日本を代表する優れた韓国観察者である鈴置高史氏が、旧『日経ビジネスオンライン』の大人気シリーズだった『早読み深読み朝鮮半島』の最終稿『韓国はレミングの群れだ』の末尾の謝辞で当ウェブサイトを取り上げてくださったことが、多少なりとも影響しています。

早い話が、せっかく鈴置氏に取り上げて頂いた以上、関連する資料をもう少し調べ、自分なりにこの「シナリオ分析」の議論をもう少し精緻に組み立て直そうと思ったものの、結局はそのままになっていた、というのが実情です。その意味で、完全に私自身の怠慢と言わざるを得ません。

もちろん、以前に提示していた当ウェブサイトの議論は、当時、私なりに一生懸命調べて考察した結果のものであり、「ずさんだった」などと申し上げるつもりはありませんし、これを撤回するつもりもありません。

ただ、せっかくなので、鈴置氏が提示する「4つのシナリオ」に勝手にタダ乗り(?)させていただき、もう少しブラッシュアップしておきたいと思います。

核の傘議論

鈴置氏の視点「朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか」

さっそくですが、以前の当ウェブサイトの議論で足りなかったのが、「朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか」、という視点です。ここでは、詳しくは鈴置氏の著書『米韓同盟消滅』の49ページに示されている、『図表②』を参照してみましょう(図表1)。

図表1 朝鮮半島は誰の核の傘に入るのか?
シナリオ北朝鮮は?韓国は?
中国の核の傘を確保米韓同盟を維持
米国と同盟・準同盟関係に入る米韓同盟を維持
半島全体が中立化し、国連や周辺大国がそれを保証
自前の核を持つ北朝鮮の核の傘に入る

(【出所】鈴置氏の著書『米韓同盟消滅』P49の図表②)

この4つのシナリオは、いずれも一長一短あります。

まず、シナリオⅠについては、「北朝鮮が中国の核の傘に入る」という事態を、当の中国自身が喜ばないかもしれない、という点です。なぜなら北朝鮮は韓国への侵攻計画を捨てず、しばしば、軍事挑発をするからです。鈴置氏は

シナリオⅠは北朝鮮だけではなく、戦争への『巻き込まれ』を警戒する中国も喜ばないかもしれない」(同P48)

としていますが、もし中国がこれに賛同するとしたら、中国が北朝鮮を完全にコントロールできるとの確証を得たときに限られるというのは間違いなさそうです。

一方、シナリオⅡについては、現時点では突拍子にも見えます。

しかし、ドナルド・J・トランプ米大統領の発言(ツイッターなど)を丹念に読み込んでいけば、じつは、トランプ氏自身が北朝鮮に対し、自前の核を捨て、暗に米国の核の傘の下に入ることを推奨しているからです。

ただし、鈴置氏はこの案を巡って、「北朝鮮も疑ってかかる」だろうと指摘したうえで、結局のところ、米国としては

朝鮮半島全体を中立化することで非核化を実現するシナリオⅢを最も現実的な案と考え、北朝鮮にも提示していく」(同P50)

と予想しているのですが、鈴置氏自身もこの直後に述べているとおり、この案がそうすんなり行くとも思えません。

なぜなら、北朝鮮はせっかく「自前の核」を持ったのですし、リビアのカダフィ大佐がCVID(※)方式に似た核武装に応じてどうなったのか、金正恩(きん・しょうおん)としても研究していないはずがないからです。

(※「CVID」とは「完全な、検証可能な、かつ不可逆な方法での廃棄」(Complete, Verifiable and Irreversible Dismantlement)、「FFVD」とは「最終的で完全かつ検証可能な非核化」(Final、Fully Verified Denuclearization)のこと。)

北朝鮮のやることは結局同じ

そして、鈴置氏自身もシナリオⅢを提示した直後に、次のように続けています。

北朝鮮はシナリオⅢを呑むフリをしながら、自前の核を持つシナリオⅣを実現しようと狙うはずだ」(同P52)。

実際、観察される客観的な事実関係からは、同著が刊行された時点で米国がシナリオⅢの実現に動いていたことは確かですが、だからといって、北朝鮮がそのシナリオをおとなしく呑むかどうかはまったく別の問題でもあります。

もっと言うならば、正直、Ⅲの「半島全体の中立化」というシナリオは、なかなか考え辛いところです。というのも、朝鮮半島の歴史は、「周辺大国を国内の政争に引きずり込んできた歴史」でもあるからです。

仮に周辺大国が朝鮮半島の非核化・中立化で合意し、それを担保する仕組みが整ったとしても、韓国・朝鮮人自身がそれを反故にしてしまう可能性が極めて高く、結局はそのような仕組みなど実現しないのではないでしょうか。

私自身、北朝鮮(あるいは金正恩)は国際社会を最後まで欺き、自分自身にとって最も有利なポジションを実現しようとあがくであろうと予想しています。

(※もっとも、北朝鮮の絶対君主として育ってきた金正恩が、人生で4度も倒産を経験し、魑魅魍魎跋扈するニューヨークで辛酸をなめながら立ち上がってきたドナルド・J・トランプ米大統領を相手に、どこまで戦えるかについては、正直、非常に疑問ですが…。)

朝鮮半島の将来シナリオとは?

サブシナリオ含めて8つのシナリオ

さて、前置きが長くなりましたが、当ウェブサイトで以前から考察して来たのが、朝鮮半島の8つのシナリオです(図表2)。

図表2 朝鮮半島の8つのシナリオ(※クリックで拡大)

(【出所】著者作成)

「8つのシナリオ」と呼んでいますが、シナリオ②~⑤については「中国が何らかの形で朝鮮半島に影響力を持つ」という意味で「中華属国化」、シナリオ⑦~⑧については「米国が何らかの形で朝鮮半島に影響力を維持する」という意味で「海洋同盟」と括っています。

あらためて、それらのシナリオの概要と、昨年11月時点での実現可能性を示すと、図表3のとおりです。

図表3 シナリオの概要と実現可能性
シナリオ概要実現可能性
①赤化統一北朝鮮主導で南北朝鮮が統一される40%
②韓国だけ中華属国化韓国だけが中国の属国となり、北朝鮮は現状通り存続する15%
③南北クロス承認韓国だけが中国の属国となり、北朝鮮は日米両国から国家承認を受ける10%
④統一朝鮮の中華属国化南北朝鮮の統一が実現し、丸ごと中国の属国となる15%
⑤北朝鮮分割中国やロシアが北朝鮮を分割占領し、韓国が中国の属国となる10%
⑥現状維持とりあえず朝鮮半島の現状が維持される5%
⑦金正恩の失脚米国が北朝鮮に何らかの攻撃を仕掛け、北朝鮮の現体制が崩壊する0%
⑧文在寅失脚韓国で文在寅政権が崩壊し、親米派が後任大統領に就任する5%

(【出所】著者作成。ただし、シナリオ名称については変更しているほか、⑦などのシナリオ概要についても修正している)

私が提示するシナリオを、鈴置氏のシナリオに被せるのは非常に僭越ですが、敢えて図表1と図表3を重ね合わせるならば、

  • Ⅰ中国の核の傘を確保→シナリオ④、⑤
  • Ⅱ米国と同盟・準同盟関係に入る→シナリオ③か⑦
  • Ⅲ半島全体が中立化し、国連や周辺大国がそれを保証→該当なし
  • Ⅳ(朝鮮半島国家が)自前の核を持つ→シナリオ①

といったところでしょうか。

北朝鮮と韓国の国内はどうなっているか

さて、この8つのシナリオについて議論する前に、どうやってこの8つのシナリオを組み立てたのかについて、簡単にその背景を確認しておきましょう。

まず、北朝鮮という国は、「主体(しゅたい)思想」によって統制されていて、基本的には「共産主義」と名乗りながらも、現実には金王朝が支配する絶対君主制国家だと見るべきです。

中国やベトナムが共産党一党独裁体制を維持しながらも市場開放と経済発展に成功しているのと同じ感覚で、「北朝鮮も市場開放すれば経済発展するに違いない」、などと短絡的に考えるべきではありません。

これに対して韓国の場合は、「3人集まれば派閥が7つできる」などと揶揄されるほど、国論がバラバラな国ですが、ごく単純化して言えば、

  • 中国に対しては絶対に逆らわない(親中、あるいは恐中)
  • 日本に対しては見下す(反日、あるいは用日)

という2つの共通項を持っていて、あとは米国に対するスタンス(親米、反米)、北朝鮮に対するスタンス(親北、反北)の違いがあります。すなわち、

  • 右派:恐中、反北、親米、用日
  • 左派:親中、親北、反米、反日

です。

要するに、韓国は究極的には「北朝鮮に近付き米国と敵対する」か、「米国に近付き北朝鮮と敵対する」という違いしかなく、現在はその綱引きが北朝鮮側に引き寄せられている、という状況だといえるのです。

誰にとってどれが好ましいか

ただ、ここで重要な点があるとすれば、「誰にとってどのシナリオが最も望ましいか」、という視点です。

まず、シナリオ①(赤化統一)については、金正恩、あるいは韓国の文在寅(ぶん・ざいいん)大統領が目指しているらしいということは間違いないのですが、このシナリオは日本、中国、ロシア、米国にとっては決して好ましくありません。

私の仮説だと、北朝鮮はこれまで、中国、ロシアの両国を手玉に取って、それぞれの国を競わせて譲歩を引き出す、ということをやってのけてきた国です(『北朝鮮がロシア接近 その延長線上にあるのは日本への擦り寄り』参照)。

もし韓国が消滅して北朝鮮と同じ国家となれば、「統一赤化朝鮮」は今まで中露両国を相手にやってきたことと同じことを、日米両国に対しても仕掛けてくるはずです。

あるいは、大国に挟まれた半島の小国がやることは、全世界で共通なのかもしれませんね(『ギリシャが対独40兆円賠償要求?ユーロ問題はドイツ問題だ!』参照)。

同じ視点で見ていくと、北朝鮮という国家が存続するシナリオ(②、③、⑧)、韓国という国家が存続するシナリオ(⑥、⑦、⑧)は、いずれも日米中露にとっては迷惑なシナリオです。

これに対し、北朝鮮や韓国が主体性を失い、どこかの国に支配されるというシナリオ(韓国については②、④、⑤、北朝鮮については④、⑤)については、朝鮮半島と近接する中国、ロシア、日本にとっては「現状の変更」を伴うものの、新秩序としては決して悪いものではありません。

緩衝地帯の議論

このことを理解するうえで、必要な議論が、「緩衝地帯」です。

これは、ごく簡単にいえば、「大国同士が直接国境を接するよりも、間に小国を挟んでいた方が、お互いにとって都合が良い」という考え方です。

中国、ロシア双方にとって、「直接、国境を接する地域」に米軍が進駐して来るのは嫌な話です(※余談ですが、日露間で北方領土返還交渉が遅々として進まない理由も、結局のところ、北方領土を日本に返還したら、その地域に米軍が進出してくる可能性があることを、ロシアが嫌気しているからです)。

つまり、もし米韓同盟が存在した状態で、北朝鮮が韓国によって併合させることになれば、中国、ロシアは米軍が駐留している地域と直接、陸路で国境を接することになりかねません。

中国やロシアがこれまで北朝鮮の核開発を事実上野放しにしてきた理由も、この「緩衝地帯」論に基づくものと理解すれば良いでしょう。北朝鮮が核開発をしても、その核が自分たちの方向を向かない限りは、自分たちには不都合はない、ということです。

(※もっとも、私個人的には、北朝鮮が開発した核がISILなどのテロリストの手に渡れば、北京の中南海やモスクワのクレムリン付近で核が炸裂する可能性が十分にあると見ています。「策士、策に溺れる」ではありませんが、中露両国に「木を見て森を見ず」という側面があることは否定できません。)

韓国が弱すぎる

韓国崩壊論は中露にとっても大きな誤算

ただし、中国やロシアにとっての「誤算」があったとすれば、それは「韓国があまりにも弱すぎたこと」です。韓国は独立国家を維持するだけの能力を持っておらず、今や反日・反米で国が滅亡しそうになっているからです。

古今東西、どんな国であっても、絶対に達成しなければならない目標が、2つあります。それは、経済発展(国民をお腹いっぱい食べさせること)と安全保障(外国から侵略されないようにすること)です。

韓国の場合、安全保障は米国に、経済発展は日本に、それぞれ全面的に依存しているのですが、恩知らずなことに、韓国は現在の文在寅政権下で、反米、反日的な姿勢を貫いています。

おそらく日本が韓国に対して徴用工判決問題などを巡って明示的な経済制裁を加える可能性はそれほど高くありませんが、今後は「韓国では国際法違反の判決が出て来る」という事実を嫌って、日本企業が韓国投資を手控える可能性もありますし、韓国の経済は壊滅状態に陥るかもしれません。

また、米韓同盟が今日、明日にでも崩壊するということはないと思いますが、米国の対韓不信は頂点に達していると見られます。そして、早ければ統制権返還が実現する2022年にも、米韓同盟は事実上、有名無実化する可能性があります。

そして、精神的にも経済的にも軍事的にも弱体化した韓国は、北朝鮮の格好の餌食です。

昨年11月の時点で、「赤化統一」の確率を40%にまで引き上げたのは、韓国が近い将来、経済的にも軍事的にも国家崩壊の危機に瀕する可能性が高いと見たからです。

そして、経済が崩壊したとしても、韓国は短期的には依然として「経済大国」「輸出大国」の地位を、しばらくは維持します。こうしたなかで、韓国が北朝鮮に呑まれると、「核武装した経済大国」というものが出現しかねません。

「赤化統一し、核武装した経済大国」が短期的であれ、日本の隣に出現することは、日本にとっては非常に大きな悪夢なのですが、このことは中国、ロシア、米国にとっても同じではないかと思います。

中国、ロシアが朝鮮半島を引き受けてくれるか

このように考えていくと、確かに韓国が中国やロシアの属領となることは、日本にとっては短期的には大きな軍事的脅威ですが、中・長期的に見たら、日本にとっては却って好都合です。なぜなら、「無能な味方」は「有能な敵」を上回る脅威だからです。

そういうわけで、韓国という国が中国の属領となるシナリオ(②、③、④、⑤)や、北朝鮮が消滅するシナリオ(③、④、⑤)については、むしろ日本や米国にとっては好ましいのではないかと思うのです。

ただし、大きな問題があるとしたら、中国やロシアが朝鮮半島を引き受けてくれるかどうか、という点にあります。

中国から見ると、正直、朝鮮半島を手に入れても、地政学的には太平洋への出口ができるわけではありません。メリットがあるとすれば、せいぜい、日本海に直接進出できるということですが、その場合にしたって、太平洋に出る場合には日本列島をすり抜けなければなりません。

一方、ロシアから見れば、朝鮮半島を手に入れれば、宿願である「不凍港」を手に入れることができるというメリットもありますが、太平洋などに出るためには、やはり日本列島をすり抜ける必要があります。

あえてロシアの側にメリットがあるとすれば、北朝鮮の東半分を抑えることで、中国の日本海進出を防ぐ、という点くらいなものでしょうか。

このように考えていくと、「中国やロシアが朝鮮半島を引き受けてくれる」という議論にも注意は必要でしょう。なぜなら、彼らの側にそのメリットがあるとは言い切れないからです。

文在寅氏は有能なのか?

ただし、南北朝鮮の「赤化統一」を巡っては、意外なところに障害があることもまた事実です。

それは、現在の韓国大統領である文在寅氏が、必ずしも有能であるとはいえない点です。

いや、もっとハッキリ言い切ってしまえば、彼は国家の指導者として見れば、これまでの人類の歴史上で見ても、あるいは現在の世界各国の指導者らと比較しても、「たぐいまれなる無能な人材」の1人であることは間違いありません。

4月11日に行われた米韓首脳会談でも、「一対一の対話は2分で終了した」などと報じられていますし、会談後に共同記者会見も共同声明も発表されていないことを踏まえれば、文在寅氏が米国大統領からはまったく信頼されていないという証拠でもあります。

そして、文在寅氏がトランプ氏から信頼されなくなったということは、言い換えれば、金正恩にとっても文在寅氏を交渉相手にする価値がなくなりつつある、ということでもあります。

文在寅氏が残り3年弱の任期を全うすれば、シナリオ①が実現に向けて大きく前進することは間違いありませんが、それと同時に、文在寅政権が何らかの事情で倒されてしまう(つまりシナリオ⑧)という可能性も皆無ではありません(表中では5%にしています)。

米国は何を考えている?

一方で、米国にとってみれば、これらのシナリオのうち、とくに③と⑦については、いっそのこと北朝鮮を含めて朝鮮半島全体を「海洋同盟」に引き込むというメリットはないわけではありません。

もし北朝鮮が米国の同盟国となれば、米国は同盟国を通じて中国やロシアと直接に国境を接することになりますし、ユーラシア大陸全体のパワー・バランスで見たら、とくにロシアを牽制するという観点からは重要な意味があるからです。

また、北朝鮮を米国の属領にした場合には、莫大な復興支援金が必要となりますが、トランプ大統領は、その負担を日本や韓国に押し付ければ良い、などと考えていることも事実でしょう(実際、彼の発言を読むと、そのような主張が頻繁に出て来ます)。

ただし、仮に北朝鮮を米国側に引き入れるにしても、韓国を「反米国家」のままにしておくことは、望ましくありません。

そこで、米国が韓国の軍部をそそのかし、文在寅大統領一派を追放する軍事クーデターを発生させるか、もしくは工作機関の人間が文在寅氏の排除を図る可能性も出て来るのです(これがシナリオ⑧です)。

もっと主体的な外交を!

さて、以上の①~⑧のシナリオについては、現時点において確率を修正する材料がないので、11月時点の確率を維持したいと思います。

こと①~⑧のなかに限定する限り、日本にとって理想的なシナリオは②、④、⑤であり、日本にとって良くないシナリオは①、③、⑥、⑦、⑧です。しかし、私にとって大いに不満があるのは、日本のすぐ隣の国の話であるにも関わらず、日本がこの問題に積極的に関わっている形跡がない、という点です。

そして、米国にとって理想的なシナリオと、日本にとって理想的なシナリオは、必ずしも一致するとは限りません。私が一番懸念しているのは、米国が理想とするシナリオ(③や⑦)を実現させようとして、日本にもそれを押し付け、北朝鮮復興資金のみ日本に負担させようとすることです。

逆に言えば、日本が自国にとって最も理想的なシナリオを組み立て、それを実現させようと国家レベルで努力しなければならない局面にあるはずなのですが、安倍政権はそれなりにうまくやっていると信じたいものの、どうも日本の官僚たちがこの問題に主体的に取り組んでいるようには見えないのです。

一例を挙げれば、外務省が韓国人に対する90日間の観光ビザ免除プログラムを撤廃しようとしないことにありますが、いざ朝鮮半島で動乱が生じた場合に、韓国国民が大挙して日本に難民として押し寄せる可能性がある点を甘く見過ぎていると言わざるを得ません。

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

結局のところ、いつも当ウェブサイトで申し上げているとおり、朝鮮半島問題や憲法改正問題を巡っては、有権者である私たち日本国民がもっと賢くなり、きちんと国の将来を考える政治家を国会に送り込む以外に、解決方法はありません。

そして、マスコミが虚報を垂れ流し続け、少なくない数の有権者がそれに騙されるという構図を改めなければ、優れた政治家を国会に送り込むことなどできないのです。

逆に言えば、せっかくインターネット全盛の時代を迎えたわけですから、在野の論壇でさまざまなテーマを巡って議論を行い、私たちがそれらの議論の結果に基づいて「もっともマシな政治家」を選び続ければ、酷い政治家たちはやがて淘汰されていくに違いない…。

そう信じるしかないと思うのです。

Follow me!

朝鮮半島8つのシナリオ・2019年4月版アップデート” に対して41件のコメントがあります。

  1. 名無Uさん より:

    ≫右派:恐中、反北、親米、用日
    左派:親中、親北、反米、反日

    新宿会計士様の認識には反論はありません。
    ですが、自分の場合はもっと単純化して見ています。

    韓国で韓国という国家に帰属意識がある(韓国に愛国心がある)者が右派、韓国で韓国という国家に帰属意識をあまり感じない(北朝鮮もしくは朝鮮半島の方に愛国心を向けている)者を左派、ととらえています。

    右派、左派のそれぞれの性格は、帰属意識のあとから付随してくるものだと理解しています。
    この帰属意識やアイデンティティー、愛国心についての視点は、昨今のメディアはほとんど議論しようとしませんから、見落としがちだと思います。

  2. 新大久保彦左衛門 より:

    小生の私的見地からは、極論かも知れませんが、南北朝鮮共に「少数民族自治区」として中国に吸収される事が理想的です。

    理由を箇条書きすると:

    1)南北朝鮮は表層の政治形態を別にすれば、小中華・劣化版儒教的
      思考回路に毒されているので、西側自由主義国家群とは相容れぬ
      行動様式を持っている。
      従って、蒙昧で現状認識能力も、妄想と現実の区別を付けられず
      自分のウソを自分で信じてしまうような思考回路・行動様式を
      を持っている民族は、日本にとっては敵であった方がけじめが
      つけられるので好都合である。

    2)北朝鮮の核兵器は世界有数の核保有国である中国に吸収されるので、
      日本にとっての新たなる脅威にはならない。

    3)朝鮮半島の住民の皆さんにとっては、中国の俗国たる半万年の
      輝かしい歴史的立場に回帰出来るので御目出度い事です。

    ついでに「大陸勢力」と「海洋勢力」について一言。

    「大陸勢力」は広大な地続きである土地に種々雑多な価値観・思考回路・行動様式を持っている民族が昔から互いに抑圧や殺し合いをして来たが、何しろ土地が広いし、距離があるし、人口が多いので、何とか多様な民族が存在し続けられた諸国です。

    もう一方で「海洋勢力」は英・米・日本を主としていますが、この三国はある条件を共有しています。

    A)歴史的「大陸勢力」から隔離されていた。 
      (少なくとも国家としての創明期にはね。)

    B)限りのある領内で住民としての存在を脅かす程の強度の
     「領内戦」を経験している。

    C)従って民族存続の英知として武力闘争についての「エチケット」
      を作り出した。

      英国では「騎士道」
      日本では「武士道」
      米国では「フェアプレー」
      と呼ばれているものです。

    この「武装闘争のエチケット」を共有していれば、一時的に激しい戦闘をしても、戦が終わってしまえば、相互理解が出来ますし、また、「敵ながら天晴れ」と言う気概も沸いて来ます。

    英国と米国は熾烈な独立戦争を、日本と米国は世界の運命を掛けた太平洋戦争を戦いましたが、今ではお互いに尊重し合える確固たる同盟国となっています。

    日本は朝鮮と一戦も交えていませんが、朝鮮半島の思考回路・行動様式は一概に尊重も尊敬も信頼も出来ない面が多すぎます。

    「我々は常に正義であり、その正義の目的を果たす為にはどんな手段でも正当化出来る」という思考回路を持っている朝鮮民族は「敵方」であった方が日本の伝統的な価値観を純粋に保てるので好都合です。

    1. りょうちん より:

      武士道に関しては、戦争文化と言うより、戦争が終わった平和な江戸時代にクリエイトされた概念ですよ。
      戦国時代にはそんなものは存在しませんでした。

      騎士道は一応、ずーーーと英国やフランスは戦争していたので、まあ間違いなく戦争文化ではあるのですが。
      ただ廃れるのは、銃器の発達に何の掣肘も無かった西洋の騎士道の方が早かったです。

      1. 鞍馬天狗 より:

        りょうちんさんへ

        三銃士ですね、
        “un pour tous, tous pour un”
        三銃士以外は、鉄仮面ぐらいしか読んでない
        一度は、シリーズ全部を読んでみたい
        無理そうですけど

    2. 鞍馬天狗 より:

      新大久保彦左衛門さんへ

      主旨には、大いに賛同します

      A)歴史的「大陸勢力」から隔離されていた。 
        (少なくとも国家としての創明期にはね。)
      UKの歴史知識が間違っています

      UKの先住民はケルト人とされていますが、
      ストーンヘンジがケルトによるものか
      確定はされていません

      ブリテンは民族的にはアングロ・サクソンですが、
      ゲルマン人の一部族で、フン族大移動により
      心太式に大陸から押し出された移住者です

      現行の英国王室は、アングロ・サクソンですらなく
      ヴァイキングを祖とするノルマンディー公ギョーム2世
      (征服王ウィリアム1世)が開祖です

      C)従って民族存続の英知として武力闘争についての「エチケット」
        を作り出した。
      とするのなら、その元はヴァルハラです

      縄文と云うハッキリとした文化の継承を持つ
      日本とは全く違います

      PS:オーディンに付き添う一対のワタリガラスに
      神武天皇と八咫烏の類似を感じます

      1. 新大久保彦左衛門 より:

        鞍馬天狗さま、コメントは有難う御座います。

        >UKの先住民はケルト人とされていますが、
        >ストーンヘンジがケルトによるものか
        >確定はされていません

        >ブリテンは民族的にはアングロ・サクソンですが、
        >ゲルマン人の一部族で、フン族大移動により
        >心太式に大陸から押し出された移住者です

        >現行の英国王室は、アングロ・サクソンですらなく
        >ヴァイキングを祖とするノルマンディー公ギョーム2世
        >(征服王ウィリアム1世)が開祖です

        言葉足らずで申し訳ありませんでした。

        小生の「大陸勢力から隔離されている」と言う本意は
        「人種的・民族的・文化的に隔離されている」と言う
        意味ではなく、単に「物理的に海峡によって旧勢力のいる大陸から
        隔離されている」と言う意味です。

        「原則的に逃げ場の無い閉じられた土地で集団的殺し合いを繰り返す
        のなら、一定のエチケットに従わない限り、共倒れになるか・全滅するか、
        その時々の勝者が敗者を完全に滅ぼす事になる」と言う論旨です。

        「海洋勢力」諸国はこの「一定のエチケット」を昇華させ、制度化
        する事によって、「その時その時の勝利者だけが絶対の正義であり真理
        である」と言う幼稚な考え方から脱却出来ました。

        朝鮮のように「時の支配者こそが絶対正義であり、その他は絶対悪であり
        その絶対悪を駆逐する為には全ての手段が正当化される」と言う幼稚な
        思考回路に従う北朝鮮でも、南朝鮮でも、遡ってはスターリンのロシアでも
        同じ過ちを繰り返すと言う呪われた存在を継続する事になります。

        文在寅(ぶん・ありとら)氏の「積弊清算」政策には「醜悪で不毛な
        行動様式を繰り返している」と言う自覚が皆無で、文氏と彼を大統領
        として頂く南朝鮮の住民の皆様の正気を疑います。

        1. 鞍馬天狗 より:

          新大久保彦左衛門さんへ

          御趣旨には、賛同するのだけども

          歴史事実を誤認しています

          ウィリアム1世
          https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%A01%E4%B8%96_(%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E7%8E%8B)#%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88
          ノルマン・コンクエスト
          https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88
          9-12世紀 ノルマンの活躍 地図
          https://www.sekainorekisi.com/%E3%83%8E%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%AE%E6%B4%BB%E8%BA%8D/
          ヴァイキング
          https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%B0
          ヴァイキングの航海
          https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Territories_and_Voyages_of_the_Vikings_blank.png
          ノルマン・コンクエスト版図
          https://pbs.twimg.com/media/Dc1AKYcUQAAGYZg.jpg
          https://twitter.com/i/moments/1002765372628480001
          イギリス・ウェールズの歴史
          https://www.rekishiwales.com/entry/viking

          >単に「物理的に海峡によって旧勢力のいる大陸から
          隔離されている」と言う意味です

          全く、隔離などされていません
          北海を、まるで琵琶湖のように
          縦横無尽、神出鬼没(北海帝国)
          海洋国家の本質が良く分かると思います

          授業で世界史(全社会科)を選択していないので、
          入試でどんな扱いなのかを知りませんが

          ヴァイキングは、キリスト教に改宗して
          同化していったことで、表の歴史(基督教史観)
          の舞台から抹殺されたのです
          (支配者として潜伏したとも言えます)

          基督教としては、異教徒による征服史を隠したい
          表立って、ヴァイキングの子孫を名乗るのは
          ノルウェー人だけなので、
          ヴァイキング=フィヨルドと矮小化され
          その本質が分かりにくくなっています
          (クラウス・シュテルテベーカー)

          UKは、ノルマン王朝、サクソン貴族、ケルト平民
          の階級社会なのです

          フランスのノルマン王朝は、
          フランス革命で、文字通り、抹殺されました

          ヴァイキングは、意欲的に航路の点から点の支配
          はしますが、面の支配には執着しないので、
          文化的な浸潤は少なく痕跡が分かり難いのです

  3. tombi より:

    論稿を読んでいて、一つ気になったことがあります。

    朝鮮半島を巡る中国とロシアの関係です。

    どちらかが主導権を握れるのか?
    一方が朝鮮半島に対する主導権を握ろうとすれば、
    他の一方が反発するのではないか?

    中国、ロシアの争いも出てきそうな気がするのですが、
    論稿では、その辺の考慮はなされているのでしょうか?

    つい疑問になってしまったもので。
    失礼しました。

  4. パーヨクのエ作員 より:

    いつも知的好奇心を刺激する記事の配信ありがとうございます。

    鈴置氏の図表は秀逸と思いますが、分析項目にもう一つ欲しいと思います。

    日本は?です。

    何故なら核兵器を所持した半島国家が大国にふさわしい待遇を求め、日本にたいして核兵器の気軽な使用を行うと日本は主権放棄を行い、半島国家に併合される可能性があるからです。

    おそらく核兵器の使用方法はふたつあると思います。

    ①いわゆる戦術核ミサイルによる日本への攻撃。

    ②n個セットで運用され条件を充たすか不正手段で一つ除去されるとn個の核機雷が同時爆発し周囲海域をまとめて破壊するネットワーク核機雷。日本国内の半島国籍者を使って秘密裏に設置しある日にアクティベーションして公表し日本への海上交通遮断を行う。

    管理人様よりここの半島ウォッチャーの皆様に聞いた方が良いかもしれないですね。

    核保有国赤化朝鮮は日本に対して核兵器を使用するでしょうか?

    以上です。駄文失礼しました。

  5. 韓国在住日本人 より:

     韓国は今日も平和です。

     http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2019/04/23/2019042300097.html

     한강공원 ‘밀실 텐트’ 안돼요, 오후 7시엔 걷으세요
     漢江公園「密室テント」だめ、午後7時からは歩きなさい。

     22일 오후 7시쯤 서울 영등포구 여의도 한강공원에서 불법 설치 텐트 단속에 나선 서울시 직원들이 시민에게 텐트를 철거하라고 안내하고 있다. 이날부터 한강공원 텐트 설치 시간은 오전 9시부터 오후 7시까지로 제한됐다. 또 텐트 4개 면 중 2면 이상을 반드시 열어둬야 한다. 일부 시민이 닫힌 텐트 안에서 과도한 애정 행위를 한다는 민원 때문이다. 이날도 한강공원 곳곳에서 4면을 모두 닫은 ‘밀실 텐트’가 보였다.
     22日午後7時ごろ、ソウル永登浦区汝矣島漢江公園で不法設置テント取り締まりに乗り出したソウル市の職員たちが市民にテントを撤去するように案内している。 同日から漢江公園テント設置時間は午前9時から午後7時までに制限された。 また、テント4面のうち2面以上を必ず開いておかなければならない。一部の市民が閉じたテントの中で過度な愛情行為をするという苦情のためだ。同日も漢江公園一帯で4面をすべて閉めた「密室テント」が見えた。

     以上です。本日の記事なのでまだ読者コメントはありません。

     この記事は公園内にテント張って、そこで若い人達が男女の行為を行うので、その時発する声が大きくて、公園利用者が迷惑しているための措置だそうです。若者や中高生等が家からテントを持ち出し、公園内で事に至るそうで、日本流にいえば「アオカン」ですかね。この公園は家族が夜に散歩したり、犬と走ったりするところですから迷惑この上ないでしょう。「4面中2面を開放する」は中でそんな行為をするなと言うことです。一応罰金もあり初版100万₩、再犯200万₩、3回目以降は300万₩だそうです。

     日本語版の関連記事もあったのでURLを書いておきます。

     http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/22/2019042280008.html
     
     こんな記事を見ていると、いつ北爆があるかも知れないのに、韓国人は平和思考しか持ち合わせてないかのように感じます。逆に「今更じたばたしてもどうしようもない」という刹那的思想も多分にあるのでしょう。

     駄文にて失礼します。

    1. 匿名 より:

      まともなカップルならそんなところでエッチしません。恐らく、露出狂、複数愛好者の発展場でしょう。日本の場合、このような方々は深夜公園の多目的トイレで楽しんでいるようです。多目的トイレは防音がしっかりしているので迷惑がかかりません。ちょっとググるだけでこんな世界があったのかと驚きましたが、こんなエロの世界ですら日本は韓国より遥かに洗練されていることがわかります。是非、韓国人に教えてあげて下さい。

      1. 韓国在住日本人 より:

        匿名 様

         レス有難うございます。

         >まともなカップルならそんなところでエッチしません。

         まともかどうかは別としてみな普通の人です。韓国は教育熱が高く、中高生ともなれば帰宅は10時以降、12時と言うのも珍しくはありません。また、ラブホ(韓国ではモーテルと言います)に行くお金もあまりないので、家からテントを持ち出し事に至っているようです。遅く帰ったとしても「勉強してた」で終わりです。韓国はテント中は家と同じという考え方があり、また住宅の防音等も日本程考えられてはいません。従って外に音が漏れることに対して、あまり気を使わないのです。他の記事の読者コメントでは「家の中で何をしようとその持ち主の勝手だろう」というのがありました。感覚が日本人とは違うのです。

         駄文にて失礼します。

         

        1. 匿名 より:

          お応えありがとうございます。金がないなりの工夫なのですね。哀しいです。でもこれは日本人にとっては大チャンスですね。セックスの場所を確保すればいいわけですから。韓国在住日本人は結構美味しい経験ができるってことですね。

        2. 韓国在住日本人 より:

           小生、子孫繁栄と言う崇高な目的は達成しました。従って韓国女性と関係を持つ気はありません(病気持ちも多いと聞いてます)。女性と話すのは好きですが、面倒な関係になるのは御免被ります。

           駄文にて失礼します。

      2. 匿名 より:

        そうですか。私も子孫繁栄という崇高な目的を合計4回ほどやり終え、最早ボロボロと成り果てましたが、それでもな木鶏となり得ず、煩悩に翻弄されながら日夜精進奮闘しておるところであります。

  6. 匿名 より:

    実現可能性の数値に客観性が感じられない。
    現状維持の可能性が高いのが一般的だと思われるが、赤化統一がそれより8倍も可能性が高い理由がよく分からない。だから夕刊フジの予想オッズと大差ないように思えてしまう。更なる研鑽を望む。

    1. 客観性が欲しい より:

      >現状維持の可能性が高いのが一般的

      現状維持が高い具体的・客観的な理由は何ですか?
      お示し下さい。

      1. 匿名 より:

        ご自分で考えることができないようですね。人間は一般に保守的です。急な大きな変化を望みません。それくらい中学生でもわかることですよね。

        1. 客観性が欲しい より:

          上の匿名さんへ

          >ご自分で考えることができないようですね。人間は一般に保守的です。急な大きな変化を望みません。それくらい中学生でもわかることですよね。

          ブログ主様がリスクを取って具体的な数字で示しているのに対し、漠然とした根拠で批判するのは幼稚なやり方であり、「未来志向」でごまかす韓国人と変わりませんよ。

          ご自分で考えた結果が「人間は一般に保守的です。」のコメントですか?

          それくらい中学生でもわかることですよね(笑)

          ご自分で考えた部分はどこですか?

      2. 鞍馬天狗 より:

        客観性が欲しいさんへ

        半島の赤化統一をを願ってやみませんが、

        >現状維持の可能性が高いのが一般的
        は、当然です

        モノを動かす為のエネルギーが、
        大変に大きいのは一般的だと言えます
        慣性の法則です

        1. 客観性が欲しい より:

          鞍馬天狗さんへ

          >モノを動かす為のエネルギーが、
          >大変に大きいのは一般的だと言えます
          >慣性の法則です

          個別のケースを検討する際には、一般論を当てはめるだけでは不十分です。
          それでは、個別のケースを検討する意味がありません。

          ブログ主様は「このケースでは一般論は当てはまらない」と考えたのでしょう。

          個別のケースについて議論したブログ主様に反論するのであれば、一般論ではなく、個別・具体的な反論が必要です。

    2. 伊江太 より:

      <現状維持の可能性が高いのが一般的だと思われるが…

      この意見に私も賛成。理由は次の2点。

      1.当事国である半島2国には、現状を変える意思も能力も欠如している(だろう)。
      2.彼らの行く末に決定的な影響を及ぼしうる周辺国、中、露、米,(日)、いずれも統一国家の出現なんぞ望んでいない(だろう)。緩衝地帯のままで続いてくれれば、それで十分と考えている(はず)。

      1については、キタではジョンウンくんのじいさんの遺訓があるから、表向きミナミの開放=武力統一の旗を引っ込めるわけにはいかないだろうが、外部からの情報を徹底的に遮断し、秘密警察の監視でもってかろうじて保っている監獄国家体制。ここに究極の自己チュウで統制はとれない上、人数は2倍という厄介なミナミの人間を抱え込んだらどうなるか、間違ってもやっちゃいけないというのは小学生でも分かる理屈。一方のミナミ、昔から振り子のように右と左の間を揺り動いているだけで、軸足を据えて「民族の悲願」とやらの南北統一へ向けて、合理的な戦略を模索するなんて、その気配すら見せない。思い通りにならなければ、国のうち、国の外(主に日本)に敵を想定して、ひたすら罵って鬱憤晴らしをするだけ。いつまでたっても多分今のままでしょう。

      2について。パク○ネといういかにも半島人らしい思考性癖を持った人物を使嗾して、日米の離間を謀り、あわよくば太平洋を二分して西側をそっくり我が手になんて夢想してたらしいシュウくん。思惑は外れ、日米同盟の強化どころか、豪、印、英、仏まで加わった海洋勢力による圧迫で、えらく窮屈な思いをするハメに陥ってしまった。今はとりあえずアメリカに協力してキタの核を取りあげ、その代わりに勢力圏の維持は認めさせるというのが、まあ合理的選択というところ。アメリカにしたって、キタをぶっ潰して鴨緑江まで軍を進め、国境を挟んで中露の精鋭部隊と対峙するなんて気はさらさらないでしょう。ロシアは? 火中の栗を拾う気も、その力も、まずないでしょうね。

      ところでわが日本。古来半島に関わってロクなことになった験しはない、というのが多くの識者が指摘するところ。しかし、どうなってもかまわないと放置するには、あまりにも場所が近すぎる。シナリオが8つか、あるいはもっと多数あるのかはともかくとして、どれに転ぶかには注意深く目をこらしていなければいけないでしょうね。国益にとって必要とあれば、介入することもまた避けることはできないでしょう。

      1. 匿名 より:

        アメリカ、日本が韓国に求めているのは勝手に動くなということからもわかります。それなりに甘い汁を吸わせてやるから大人しくしとけです。文在寅は後一年で盧武鉉化するというのが私の予想。韓国人の身の丈に応じた落とし所でしょう。文在寅の娘が一番分かっているのではありませんか?

        1. りょうちん より:

          >文在寅は後一年で盧武鉉化するというのが私の予想。

          え!フクロウ岩ですか?!ひでえ!!

      2. 客観性が欲しい より:

        伊江太さんへ

        このように具体的に論ずることが重要ですよね。
        そうでないと、わざわざ投稿する意味がないですよね。

  7. 韓国は約束で縛れない より:

    私は以下のシナリオを希望します。

    個人的な感情からくるシナリオですが、それほど実現可能性が低いとは思えません。
    韓国を何とかするシナリオ、という前提であれば割と現実的だと思います。

    韓国自滅(朝鮮統一には到達せず)
     ↓
    国際機関による南朝鮮管理
     ↓
    再教育
     ↓
    反日清算
     ↓
    新韓国建国

    南朝鮮は西側諸国にとって非常に重要です。
    そして、朝鮮半島は、日本と緊密に連携してくれないと西側諸国にとって意味がありません。

    ですから、「韓国を一度潰して再教育」はあり得ると思うのです。

    現状の韓国の言い分では、日韓の対立は永遠に終わらないからです。
    韓国側を調整する必要があります。

    1. 阿野煮鱒 より:

      何をしようと朝鮮半島に朝鮮人がいる限り「日韓の対立は永遠に終わらない」ですよ。日本は既に「韓国(大韓帝国)を一度潰して再教育」を行っているのです。

      教育で人が変えられるならば、韓国人が「日帝36年/日帝強占期」と呼ぶ日韓併合時代に朝鮮人は近代国家の国民に変われたはずです。1910年から1945年までの35年という期間は、丸々一世代分の歳月です。併合初期に生まれた子供が結婚して次の世代を育て始めるだけの長さです。それだけの期間、日本が朝鮮半島の近代化に尽くしても、何も変わりませんでした。

      我々にとっては、徹底的に彼らから遠ざかるか、覚悟を決めて彼らを殲滅するか、二つに一つだと思います。

      1. 匿名 より:

        再教育期間があと2倍続いてればあるいは、と思いますけどね。
        実際問題、日本占領期の教育をひっくり返して反日教育をはじめたのは占領期の教育を受けてない終戦時70代の李承晩であり、現代反日活動を過激化させているのは、占領期の教育を受けた世代から遠く離れた若年層です。
        占領期の教育を受けた世代が主流だった時代はまだ表面取り繕って用日をしっかり出来てたあたり、再教育の効果自体はあったんじゃないですかね。ただ、民族全部塗り替えるには期間が足りなかった、という気がします。

        まあつまるところ再教育するなら7,80年は実行し続けないとまたぶり返すだけ、って話になってうんざりなんですが。効果が出るまでってだけでも30年はかかるでしょうし。気が遠くなりますね。

      2. 韓国は約束で縛れない より:

        阿野煮鱒さんへ

        このような思いつきにお返事いただき、ありがとうございます。

        お返事いただいた内容は、おっしゃる通りです。
        殲滅できるのであれば、それが一番いいでしょう。

        >徹底的に彼らから遠ざかるか、覚悟を決めて彼らを殲滅するか、二つに一つ

        この二つに一つが実行できない場合のプランです。

        そして、このプランのメインは「再教育」ではなく「反日清算」です。

        再教育は「反日清算」を実行する際の建前程度の話です。
        実際に韓国人が従うかどうかは、どうでもいいことです。

        いきなり反日を清算してしまうと、何かと角が立ちそうです。

        ですから、再教育で反日勢力を悪と定義し、反日清算の理由づけにします。
        韓国が自滅した理由を反日に結びつけ、反日を悪に定義します。

        慰安婦や徴用工などの韓国がこれまでついた嘘も、虚偽の事実であると韓国自ら認めさせます。
        ついでに、ライダイハンや米軍慰安婦も表沙汰にしてしまいましょう。

        西側諸国全体で韓国内の反日を悪に定義します。
        西側諸国からすれば、今や日韓対立は東側諸国を利するばかりで西側諸国には益が無いので、案外と乗ってくるかもしれません。

        反日清算法なども法制化し、取り締まります。
        韓国憲法の前文辺りにも書いてしまいましょう。

        この時点の韓国は国際機関の管理下に置かれているので、警察や議会、裁判所は韓国人の管理下にはありません。
        韓国情緒は入れず、徹底的に取り締まります。
        徴用工や慰安婦のように虚偽の事実をでっちあげられないように、全て記録に残し永遠に管理しましょう。

        物理的にどうにかするのではなく、経済的・社会的に反日を殲滅していきましょう。
        この段階で韓国人そのものを、事実上、殲滅してしまうのもいいでしょう。
        純粋な韓国人が消滅してしまっても、しょうがありません。
        大事なのは朝鮮半島であって、韓国人はどうでもいいです。

        その際、韓国の経済活動を止めないようにキッチリ労働してもらいますが、その支配権は安値で買い上げる形でこちら側に取り上げます。

        そして、再教育のもう一つの側面として、新韓国建国後の支配者を育てます。
        韓国籍と韓国人のDNAをもつだけの、反日清算の指導者です。

        現在生存する韓国人から完全に隔離された状態で育てます。
        赤ん坊から育てるのがいいでしょう。
        韓国が日本に対しておこなった、ろくでもない事を徹底的に教え込みます。
        韓国の反日は矛盾の多い嘘ですが、日本側の主張は整合性のある事実ですから、すんなり受け入れるでしょう。

        アメリカが李承晩を韓国の支配者に据えたように、成人後に韓国の支配者に据えます。
        大した活動をしていなかった李承晩を韓国の支配者にできたのですから、これくらいのことはできるでしょう。

        支配者就任のための実績も適当につけてあげましょう。
        また、裏切っても対処できるように弱みも握っておきましょう。

        最後に、育てた韓国人指導者を通じて、韓国人同士で反日を清算させていきます。
        韓国には中露朝への防波堤になってもらわないと困りますから、韓国人同士に起きた多少の人権侵害も国際社会は目をつむるでしょう。
        現在の親日清算も目をつぶっていることですし、あれよりも強力な反日清算が起きたとしても見て見ぬふりでしょう。

        これで日韓が連携して中露朝に対応でき、西側諸国も満足です。
        多分・・・

        なかなか下衆なプランですが、韓国は日本に対してこれくらいのことをしてきたので、日本もこれくらいのことはやってもいいんじゃないか、という考えに基づいています。

        最後まで読んだ人はほぼいないと思いますが、思いつきの妄想にしては長文になりました。

        ここまで読んでくれて、ありがとうございました。

    2. 韓国在住日本人 より:

      韓国は約束で縛れない 様

       >韓国を一度潰して再教育

       それはやめたほうが良いかと思います。まず、韓国側の思想を変えることはできません。それは日本人にカレーをスプーンを使わず手で食べろというくらい難しいと思います。日本統治の時代の2倍の年月が過ぎており、過去の日本時代に生きていた人達もほぼ影響力を失いました。従って、韓国自ら変わることもなく、また外圧で変えようとすると恨みを買うだけです。

       韓国は仮に経済が世界50位程度まで急落しても日本に対する態度は変わらないでしょう。逆に余計に恨み、日本に移住してきます(恨んでいる国に移住するとは矛盾しているように思えますがそういう民族です)。韓国人と付き合っている分かるのですが、彼らはかなりの親日の人でも心の底には日本が悪い事をしたと信じ切っています。長い間外国で暮らしていたか、もしくは相当な勉強家でない限り、韓国人の反日に対する思いはなくなりません。

       それから、韓国を再教育するためには、日本からの持ち出しが発生します(規模は分かりませんが・・・)。現状一番手っ取り早い方法は金で釣ることですが、現在の日本国民はそれをよしとする人はほぼいないでしょう。

       小生は長くても2、3年以内には確実に帰国します。そこまでこの国がもつかどうかは分かりません。その後は知ったこっちゃありません。子供じゃないのだから後は自分の責任でどうにかしてもらうしかないと思います。これは今働いている職場にも言えることですが、小生が残した技術や考え方をどう利用するかは小生の範疇にはありません。今の会社が自分で判断すればよいのです。

       駄文にて失礼します

      1. 匿名 より:

        今の韓国で働くとテンション下がるようですね。この間亡くなった叔父の時代(バブル期前)には、韓国人に逆に参鶏湯の上手い作り方を教えるくらいに盛り上がってましたがね。

      2. 韓国は約束で縛れない より:

        韓国在住日本人さんへ

        このような思いつきにお返事いただき、ありがとうございます。

        お返事いただいた内容は、おっしゃる通りです。

        ただ、このプランの「再教育」に反応しておられるようですが、このプランのメインは「再教育」ではなく「反日清算」です。
        「再教育」は「反日清算」を実行する際の建前程度の話です。

        反日を悪に定義できれば、なんでもいいのです。
        現在生存している韓国人の考えを変える必要はありません。

        反日清算の理由ができればいいのです。
        韓国人を事実上、殲滅してしまうかもしれませんが・・・
        ホロコーストのように物理的にどうにかするのではなく、経済的・社会的に反日を潰していくのであれば不可能とは言えないでしょう。

        親日清算が国際社会のお咎め無しなのですから、反日清算も理屈としてはあり得なくはない、と信じたいです。

        また、このプランでは国際機関の管理下に置いているので、日本が中心になって実行する必要もありません。

        実際、韓国は距離を置いても執拗に追いかけてくる気がするので、こんなプランを考えてみました。

        所詮、妄想ですので、あまり気になさらずに・・・

    3. 匿名 より:

       内戦でも勃発しない限り国力は落ちようとも韓国という国家が崩壊し国連が管理することなどない。経済破綻ならIMF管理下に置かれて構造改革を強いられるのみ。

       民主党は名を変え分裂しても民主党。DNAが変わることはない。

       半島人・半島国家も同じ。

      1. 韓国は約束で縛れない より:

        匿名さんへ

        このプランの前提は、IMFの管理で済むような破綻ではなく、GHQのような組織の管理下に置かれるほどのチョンボを韓国がしてしまうことです。

        匿名さんがおっしゃる通り、内戦も一つの要因になるでしょう。

        このプランを考えた動機は、IMFの管理で済むような韓国破綻や、韓国と距離を置く程度では、どうにもならない気がしたからです。

        誰かの力で韓国をどうにかするのは難しいので、韓国の大チョンボが必要だと思うのです。
        韓国を追い込むのもいいでしょう。

        恐らく匿名さんは韓国破綻の経緯が一番議論したいのでしょうが、それはプランの前提条件なので韓国破綻の経緯については問いません。
        というか考えていません。「もし、そうなったら・・・」というやつです。
        きっとこの先、中国・ロシア・北朝鮮絡みで色々と起こるでしょう。
        その中で何か起こるかもしれません。

        所詮、妄想ですので、あまり気になさらずに・・・

  8. 阿野煮鱒 より:

    私は(6)現状維持だと予想します。あるいは(8)親米派が後任大統領に就任でも同じです。要は、米韓同盟が規模は縮小しても、北朝鮮や中国に対して抑止力となるに十分な規模で継続し、北朝鮮もしぶとく生き残り、これまでと同じにらみ合いが続くと予想します。

    他の可能性が低いと考える理由は、他のシナリオは日米中露に何らかの覚悟を要求するからです。その覚悟は、精神的、経済的、軍事的、と色々ありますが、今までとは異なるアクションを起こす決意が必要です。朝鮮半島に、そんな決意に対する見返りは見いだせそうにありません。

    あんな面倒くさい連中を属国にするとか、信託統治を引き受けてやるとか、跡で恨まれるだけの汚れ仕事はどの国も嫌がると思います。

    現状維持なら、日本だけが南北朝鮮の恨みを一身に浴び、中国はいつでもそれに便乗でき、米露は知らんぷりしていればいいのです。

    現状維持をしたくてもできなくなる可能性はあります。韓国が自滅する可能性が無視できないからです。自滅のシナリオは、経済破綻と人口減少の二通りあります。どちらにしても放置すれば北朝鮮に飲み込まれます。仕方なく日本が米国を巻き込んで経済再建で現状維持に戻すのではないでしょうか。

  9. もっと右寄り政権キボンヌ より:

    >そして、経済が崩壊したとしても、韓国は短期的には依然として「経済大国」「輸出大国」の地位を、しばらくは維持します。こうしたなかで、韓国が北朝鮮に呑まれると、「核武装した経済大国」というものが出現しかねません。

    この時点で今暗躍している北朝鮮工作員の甲斐もあって、韓国も社会主義が導入しやすくなってるのかな?

    希望としては、このタイミングで北の南進または韓国軍のクーデターが起き、内戦に発展して欲しい。

    最終的には朝鮮半島が焦土化し、軍事も経済も朝鮮人では復興不可になり、米日中露または国連管理下の緩衝地域になって欲しい。

  10. (老)新参者 より:

    いろいろな展開には敬意を表します。

    でも、日本国内の反日活動を全く無視していいものでしょうか?
    確かに朝日などマスコミはゴミと言われています。

    でも国内には数十万の在日韓国人及び帰化人がいるのです。
    私の知ってる帰化した人は、日本に対して理不尽な優越感、上から目線を持ち続けています。
    普段はそんなそぶりは見せませんが、韓流ブームの際は誇らしいニダ~ホルホル満載でした。
    その身内は沖縄に移住してます。そこで何してるかは私には知る術がありません。
    もちろん全員が反日だとは言いませんが。

    韓国在住日本人さまの見立てを鑑みるに軽々に帰化や移住を認めるのは危険だと思うのです。
    この先の展開次第では、恐ろしい未来しか見えません。

    いづれにせよ国内の法整備が甘すぎる、善人思考では国を亡ぼすと憂慮してます。

    シナリオとはかけ離れた投稿を失礼します。
    でも頭の片隅に置いて頂きたいと思っています。

  11. りちゃ より:

    それぞれの国が考えると思われる価値

    \│日│米│露│中│北│韓│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
    ①│2│3│1│2│4│3│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
    ②│4│⑤│2│3│2│⑤│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
    ③│2│3│⑤│4│3│3│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
    ④│3│1│1│2│2│⑤│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
    ⑤│2│3│2│3│⑤│2│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
    ⑥│1│1│1│2│4│3│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
    ⑦│⑤│1│1│⑤│⑤│3│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼
    ⑧│4│2│⑤│3│3│2│
    ─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼

  12. 匿名 より:

    韓国経済を抹殺するため、自分の職場&書籍で、できる限りのことをします。皆さんもぜひ。

    一人一人の力は小さくても、皆が集まれば、きっとつぶせるはず。

  13. 匿名 より:

     一国・二制度・二政府の「高麗民主連邦共和国」構想といえど、北朝鮮が制度的に他国の影響を受けることを中国は許容しないから民族統合はないでしょう。改革開放経済の下での南朝鮮からの投資は受け入れるでしょうが。

     中国の狙いは金正恩を排除して親中傀儡政権を樹立し庇護下(支配下)に置くことで引き続き緩衝地帯として維持し、その際には北の核を完全除去する替わりに在韓米軍を撤退させることでアメリカとも握っていると思われる。

     つまり、米朝対話が不調に終わりアメリカが北爆を実行すれば、中国は人民軍を北朝鮮国内に侵攻させ金正恩を亡命させて後始末は引き受ける。

     ただ、互いに面倒ごとになるので、当面は米朝対話で金正恩が白旗を上げる、あるいは制裁が効いて金王朝が内部崩壊するのを待つ、それが今の状況だろう。

     だとすると今もこれからも南朝鮮の出番はない。北朝鮮の核が除去され改革開放経済へと舵を切ったときには北朝鮮に大いに貢いでくれよというだけだ。

     核を保有した統一朝鮮の誕生はない。そもそも電気・ガス・水道といった基本のきのインフラすら整備できていない北朝鮮を背負って自国の水準まで引き上げるだけの経済力・国力は南朝鮮にはない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。