私は日本経済新聞社元編集委員で日本を代表する「韓国観察者」である鈴置高史氏の論考が読みたくて、今週末は久しぶりに、紙媒体のオピニオン誌『正論』3月号を購入し、じっくりと読みました。その結果については『オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀』や『『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ』などで触れたとおりなので、ここでは繰り返しませんが、その一方で読者コメントなどを拝読していると、二次的な発見があったことも事実です。本稿では最近の憲法議論を題材に、「言論の本当の多様性」について、私見の一端を綴ってみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論の多様性

言論の多様性とは、何か。

これは、簡単なようで、難しい問いかけです。

私も社会人になってから30年近くが経過しますが、会社などで働いていると、本当に、「さまざまな人がさまざまな意見を持っている」ものだと感心します。会社の中でさえそうですから、社会全体として見れば、本当にさまざまな意見があるはずです。

しかし、国としての重要な方針を決めなければならないときに、国論が四分五裂し、「ああでもない」「こうでもない」と右往左往していれば、国が滅亡してしまうこともありますし、世界史の教科書をひも解いてみても、そのような事例は枚挙にいとまがありません。私自身、若い頃は

社会の構成員が皆、てんでバラバラなことを考えていれば、国がまとまらず、空中分解してしまう。だからこそ、国をどう作るかという思想の基本的な部分については、誰か偉い人がきちんと突き詰めて確定し、その基本から逸脱しない社会を作るべきだ

などと思っていた時期もあります。

しかし、現在では、廻りまわって「世の中にはさまざまな主張があるのが良い」と考えています。つまり、国論を二分するような場面では、政治家が果敢に判断して決断し、その政治家の判断や決断が正しかったかどうかを有権者が判断すれば良い、という考え方です。

言い換えれば、「誰か偉い人が正しい指針を示し、民衆がそれに盲従する」のではなく、「私たち日本国民一人ひとりがちゃんと判断し、決断していくこと」が大事だ、ということですね。

そして、ある政治家のある決断を巡って、有権者が「この決断は正しかったのか?」と判断するためにこそ、言論の多様性が必要なのです。その意味では「言論の自由」と「民主主義」は切っても切れない関係にあるのだ、といえるでしょう。

※当ウェブサイトにおいて『正論』3月号の内容そのものについて、転載するつもりはありません。もし文章にご興味をお持ちであれば、書店やネット通販などで、直接、お買い求めください(※といっても私自身は産経新聞社とは一切関係ありませんし、べつに購入を推奨しているわけではありません)。

議論にどう深みを持たせるか?

読者コメントに見る、鋭い指摘

なぜ唐突に「言論の多様性」などと言い出したのかといえば、一昨日の『『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ』のなかで、日経ビジネス社の姿勢に苦言を呈したところ、「日経ビジネスオンラインで紹介されてからの読者です」様から、次のようなコメントを頂いたからです(※抜粋)。

正論は確かにいい雑誌なのですが、かなり保守に偏った論調のため日経ビジネスオンラインのように多くの方にソースとして理解してもらうのが難しくなるという難点があります

「ああ、正論ね、だってあそこ、右よりの人が喜ぶようなの書くところじゃないの」

こんな調子です

「日経ビジネスサイト」というお題目は(俗的で思想がないのかと怒られそうですが)、ノンポリ…右にも左にも寄りたくないという日和見の人には劇的に効く「方便」でした

この点については、確かに目からウロコが落ちる指摘です。

確かに、今年1月までの『日経ビジネスオンライン』を読むと、鈴置高史氏や福島香織氏のような硬派な論客もいれば、(あえて実名は挙げませんが)アレな感じの人もいて、良い意味では「ごった煮」のような雰囲気を醸し出していました。これこそ旧『日経ビジネスオンライン』の良さでした。

また、私は『正論』という雑誌自体、非常に優れた論客が集っている(※)と思いますが、それと同時に、「右寄りの人におもねる雑誌」という印象を持つ人もいるでしょうし、『正論』に掲載された記事は、読みもせずに「どうせ右に偏っているんでしょ?」と決めつけられるかもしれません。

(※ちなみに、『オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀』で申し上げたとおり、私自身は同誌のすべての記事に賛同するつもりはありませんし、ある論考が雑誌『正論』に掲載されているというだけの理由で、無条件に肯定するつもりもありません。)

このように考えたら、同じ論考であっても、「『正論』に載った」というよりも、「『日経ビジネスオンライン』に載った」という方が、少なくとも世間的な説得力は違ってくるのかもしれません。

メディア独占

さて、「言論の多様性」が難しいのには、やはり、わが国には現状で大手メディアの数が限られているという要因が大きいように思えます。

まず、当ウェブサイトでは何度も紹介しているとおり、わが国では大手全国紙が5つと民放キー局5つが同一の資本系列にあり、これにNHK、共同通信、時事通信を加えた8つの資本が、事実上、全国向けの情報配信を独占しています(図表)。

図表 全国紙、キー局、通信社など、8社による情報の独占
グループテレビ局新聞・通信社
読売グループ日本テレビ(東)、よみうりテレビ(阪)、中京テレビ(名)読売新聞社
朝日グループテレビ朝日(東)、朝日放送(阪)、名古屋テレビ(名)朝日新聞社
フジサンケイグループフジテレビ(東)、関西テレビ(阪)、東海テレビ(名)産経新聞社
毎日グループTBS(東)、毎日放送(阪)、CBC(名)毎日新聞社
日経グループテレビ東京(東)、テレビ大阪(阪)、テレビ愛知(名)日本経済新聞社
NHKグループNHK
共同通信共同通信社
時事通信時事通信社

(【出所】著者作成。グループ名は著者が便宜上名付けたもの)

大手全国紙と民放キー局が同じ資本系列にあるという点でも呆れます。

新聞社の場合、基本的には「右の読売・産経、左のATM(朝日、東京、毎日)、中立(?)の日経」、という構図です(※「東京新聞」は図表には含まれていませんが…)。しかし、テレビ局は、金太郎飴のように、同じような切り口で同じような論調ばかりを報じることもあります(とくに政治ワイドショーなど)。

また、産経新聞のように独自の視点から個性的な記事を配信するメディアもないわけではないものの、基本的には事件報道や政治報道は記者クラブを経由して役所から流れてくる「紙」がベースになっているようです(『新聞記者を鳩やヤギに例えた髙橋洋一氏に謝罪を求める』参照)。

改憲議論の歪み

結果、さまざまな重要な問題が、かなり偏った、あるいは歪んだ視点で報じられてきたのではないでしょうか?

その典型例が、日本国憲法を巡る議論です。

私の理解だと、ATMは基本的に「憲法を一言一句たりとも変えてはならない」という硬直的スタンスを貫いていますが、読売、産経、日経などは時代の変化に応じた改憲を容認する姿勢を取っているのではないかと思います。

しかし、私自身、わが国のマスコミなどにおける憲法議論には、強い不満を抱いています。

その最たるものといえば、「改憲議論」は、なぜ第9条だけに集中しているのか、というものです。すなわち、「憲法を変えよう」という人は第9条をどう変えるべきかと議論していますし、「憲法守れ」という人は「守るべきは第9条」と言い張っています。

日本国憲法第9条
  • 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  • 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この条文については、当然、改憲派にとっては「これでは国を守ることはできない」、護憲派にとっては「これを改正すると日本が戦争できる国になってしまう」、といった議論が出ているのですが、この不毛な議論が戦後70年以上も続いているのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



改憲議論で考える

憲法第9条の私見

ところで、本論と関係ありませんが、私自身がこの第9条をどう見ているかについて申し上げておきます。

この第9条のうち第1項の部分(戦争放棄)については、1928年の「不戦条約」の焼き直しに過ぎないことは有名であり、1928年以降も「不戦条約」参加国が当事者となる戦争が全世界で発生していることから見ても、この第1項は単なる理念規定に過ぎないことは明らかだと考えています。

一方の第2項については、確かに「国の交戦権」を認めず「陸海空軍その他の戦力」を保持しないと定めていますが、ただ、現実には、自衛隊は誰がどう見ても「陸海空軍などの戦力」です。よって、私に言わせれば、自衛隊は憲法第9条第2項に反した組織です。

だからこそ、問題があるとしたら「憲法第9条全体」ではなく、もっと絞って、「憲法第9条第2項」だけで良いと思うのです。そして、「自衛隊の存在が憲法第9条第2項違反となっている」という状況を解消するためには、

  • 憲法第9条第2項を修正する
  • 自衛隊を憲法第9条第2項違反ではない形にする

という、どちらかの措置を講じれば良いのです。

自衛隊から陸海空の戦力を除去するという選択肢はあり得ませんので、現実的には憲法第9条第2項の条文を丸ごと削除するか、または第3項を追加して、

前項の規定は自衛権の発動は妨げない。

という短い条文を入れれば済む話です(※ちなみにこれは青山繁晴参議院議員の考え方を参考にしています)。

日本は外国に対する侵略戦争を絶対にやらない。

しかし、外国からの侵略戦争には敢然と立ち向かう。

これを、憲法上明記すれば済むのではないでしょうか?

改憲論

少し寄り道しましたが、私自身の見解はこの際どうでも良いので、本論に戻りましょう。

戦後の「改憲論」といえば、ほぼ条件反射的に、「憲法第9条」の議論と直結していたことは事実でしょう。そして、「改憲・護憲」の対立軸は、憲法第9条を中心としていたものだったのです。

しかし、敢えて私自身の持論と無関係な説を紹介したいと思います。

歴代日本政府は自衛隊を「(戦争ではなく)自衛権を行使するための(戦力ではなく)実力組織だ」と位置付けて来ました。これはかなり苦しい言葉遊びの類いだと思いますが、ただ、現行憲法の制約下で自衛隊の戦力保持の妥当性をひねり出すための、歴代日本政府の努力の結果でもあります。

そして、この考え方が妥当であるとすれば、先ほど私が申し上げた「自衛権の行使は妨げない」とする規定など、わざわざ設けなくても、現行憲法下で自衛戦争ならば遂行できる、という解釈が成立する余地が生じてくるのです。

こう考えていけば、たとえばこんな立場が成り立つでしょう。

日本国憲法の規定上、日本が外国から侵略を受けた場合でも、日本には自衛する権利が保証されている。だから、わざわざ憲法第9条を変更する必要はなく、その分の労力をほかのもっと有意義なことに使うべきだ。

この立場を、私は「戦争肯定の護憲派」とでも呼びたいと思います。

一方、そのような考え方の延長としては、こんな立場も成り立つかもしれません。

現在の日本国憲法では完全に戦争を防ぐことはできない。だからこそ、日本が今度こそ完全に戦争を放棄し、アジア諸国(※)からの真の信頼を勝ち取るためには、憲法に『侵略を受けた場合も含め、日本はあらゆる場合において、戦争をしてはならない』とする規定を追加すべきだ。

この立場を、私は「戦争否定の改憲派」とでも呼びたいと思います。

つまり、同じ憲法第9条を巡っても、理屈のうえでは、

  • ①戦争肯定の改憲派:これは日本に戦争を禁じた条文だから、改正すべきだ。
  • ②戦争否定の護憲派:これは日本に戦争を禁じた条文だから、守り抜くべきだ。
  • ③戦争肯定の護憲派:これは日本に戦争を禁じた条文ではないから、改正する必要はない。
  • ④戦争否定の改憲派:これは日本に戦争を禁じた条文ではないから、さらに改正すべきだ。

という、4つの立場があり得るはずです。

どうして③や④の考え方が出て来ないのか。

私にはそれが不思議でならないのです。

憲法の欠陥はたくさんある!

さらに、憲法の議論でいえば、欠陥はたくさんあります。

私が「改廃すべき」と考えている条文の筆頭は、日本国憲法第7条です。

日本国憲法第7条

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。

二 国会を召集すること。

三 衆議院を解散すること。

四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。

五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。

六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。

七 栄典を授与すること。

八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。

九 外国の大使及び公使を接受すること。

十 儀式を行ふこと。

この「国事行為」、実に多岐に及びますが、このなかでも特に問題が大きいのは第1号です。

大日本帝国憲法時代だと、天皇の権限は「法律の裁可、公布、執行の命令」でした。

大日本帝国憲法

第6条 天皇ハ法律ヲ裁可シ其ノ公布及執行ヲ命ス

第13条 天皇ハ戦ヲ宣シ和ヲ講シ及諸般ノ条約ヲ締結ス

つまり、現在の日本国憲法では、政令にまで御名御璽が必要とされているのですが、これは明らかに天皇陛下の公務の過大な負担に繋がっています。

私自身は職業柄、とくに、金融庁が関わる難解で支離滅裂な政令に頭を悩ませているのですが、金融庁の担当官の杜撰な仕事が天皇陛下にどれだけたくさんの負担を掛けているのかと思います。

また、日本国憲法の規定上、国会は天皇の召集がなければ開けませんが、これだと皇居と首相官邸と国会議事堂の連絡を物理的に断ち切れば、日本という国が動かなくなってしまいます。

そこで、諸外国の憲法のように、「天皇の召集」以外にも、「選挙で選ばれた国会議員の過半数が集まれば国会が自然成立する」、といった規定を設けなければ、危なっかしくてなりません。

さらに、私のような公認会計士という立場の人間にとっては、国の財政がいまだに予算単年度主義・現金主義・単式簿記を前提としていることは、信じられません。公会計の分野でも複式簿記を導入すべきですし、「資産」「負債」「収益」「費用」という用語を憲法第7章(財政)に明記すべきです。

(※ちなみに私自身は、わが公認会計士業界に対しては、憲法改正に公認会計士業界が果たせる役割の議論を無視し、税理士との縄張り争いだの、インチキ会計基準であるIFRSの強引な推進だといった業界益ばかりを追求していることに関して、愛想が尽きかけています。)

言論の多様性を!

さて、改憲議論の事例は、言論の多様性を考えるうえで、非常に良い題材だと思います。

そして、立憲民主党を筆頭とする野党勢力が、改憲論議どころか、憲法審査会すら開かせないという妨害戦術に出ていることを、私たち日本国民はもっと知るべきです。

とくに、この政党は衆議院で68議席しか有権者から与えられていないにも関わらず、なぜか「野党第1党」として、絶大な権限を振るっていることは、私たち国民としてはもっと怒りを感じて良いのではないでしょうか?

ちなみに参議院側では、国民民主党と自由党が合流するとの話の一方で、野党第1党の立場を奪われたくない立憲民主党側が社民党と共同会派を結成する、といった具合に、相変わらず政策を無視した醜い数合わせが続いているようです。

ただ、野党が政策論争そっちのけで権力ゲームに終始している本質的な理由の1つは、やはり、こんな低レベルな政党でも議席が取れてしまうという現状にあります。そして、上の図表で示した大手8大マスコミグループが日本の論壇を支配してしまっていることの弊害の表れでもあります。

私が何としてもウェブ論壇を隆盛にしたいと考えている理由は、まさに国民世論をマスコミから取り戻すことと、本当の意味での議論の多様性を実現することにあります。

そして、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』自体は単なる「捨て石」で良く、将来的には当ウェブサイトのような「普通の社会人が運営している独立系のウェブ評論サイト」が数千、数万という単位で乱立するためのきっかけになれればそれで十分だと思っているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/24 12:15 【政治
    「安倍総理は独裁者」と主張する方とツイッターで対話してみた
  • 2019/02/24 05:00 【時事|韓国崩壊
    釜山沖共同訓練参加を巡る報道の虚実と「本当の背景」を探る (18コメント)
  • 2019/02/23 13:30 【時事|韓国崩壊
    日韓関係は「日米韓3ヵ国連携の先行き」という視点こそ大事 (22コメント)
  • 2019/02/23 05:00 【韓国崩壊|金融
    韓国の経済統計の怪しさ:「家計債務でもウソをつく」? (25コメント)
  • 2019/02/22 22:22 【時事|雑感オピニオン
    【緊急速報】ぬわー!それを映画化するとは… (18コメント)
  • 2019/02/22 10:00 【マスメディア論
    新聞紙の利点:天ぷら、習字、靴の乾燥…まだまだあります! (16コメント)
  • 2019/02/22 05:00 【韓国崩壊
    日韓関係、「いっそ破綻させてしまう」というのも選択肢か? (68コメント)
  • 2019/02/21 10:45 【マスメディア論|時事
    「国民の代表」を騙る新聞記者、そして「国民の敵」 (35コメント)
  • 2019/02/21 05:00 【韓国崩壊
    「敵の手の内」を知るには、相手国の報道を見るのも1つの手 (48コメント)
  • 2019/02/20 15:00 【外交
    岩屋防衛相の「問題発言」 日本の思いが韓国に届かないわけ (33コメント)
  • 2019/02/20 11:30 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮の非核化のために、できること、やらねばならぬこと (66コメント)
  • 2019/02/20 05:00 【金融
    繰り返す!日本は財政再建も消費増税も必要としていない (61コメント)
  • 2019/02/19 12:40 【韓国崩壊|経済全般
    ほら見たことか、強引な最低賃金規制が韓国の雇用を破壊する (92コメント)
  • 2019/02/19 05:00 【韓国崩壊|金融
    外為法第48条の研究:韓国に対するモノの流れの制限とは? (33コメント)
  • 2019/02/18 16:30 【時事|韓国崩壊
    徹底的に日本を侮辱する韓国国会議長にどう対応するか? (102コメント)
  • 2019/02/18 12:00 【時事|韓国崩壊
    トランプ政権の「対北朝鮮融和論」、米議会で警戒相次ぐ (44コメント)
  • 2019/02/18 05:00 【韓国崩壊
    中央日報「ビッグディール」待望論の正体は韓国保守派の叫び (49コメント)
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (32コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (91コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (12コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (64コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (46コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (49コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (22コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (16コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (31コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (33コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (57コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (31コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (19コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。