私は日本経済新聞社元編集委員で日本を代表する「韓国観察者」である鈴置高史氏の論考が読みたくて、今週末は久しぶりに、紙媒体のオピニオン誌『正論』3月号を購入し、じっくりと読みました。その結果については『オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀』や『『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ』などで触れたとおりなので、ここでは繰り返しませんが、その一方で読者コメントなどを拝読していると、二次的な発見があったことも事実です。本稿では最近の憲法議論を題材に、「言論の本当の多様性」について、私見の一端を綴ってみたいと思います。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論の多様性

言論の多様性とは、何か。

これは、簡単なようで、難しい問いかけです。

私も社会人になってから30年近くが経過しますが、会社などで働いていると、本当に、「さまざまな人がさまざまな意見を持っている」ものだと感心します。会社の中でさえそうですから、社会全体として見れば、本当にさまざまな意見があるはずです。

しかし、国としての重要な方針を決めなければならないときに、国論が四分五裂し、「ああでもない」「こうでもない」と右往左往していれば、国が滅亡してしまうこともありますし、世界史の教科書をひも解いてみても、そのような事例は枚挙にいとまがありません。私自身、若い頃は

社会の構成員が皆、てんでバラバラなことを考えていれば、国がまとまらず、空中分解してしまう。だからこそ、国をどう作るかという思想の基本的な部分については、誰か偉い人がきちんと突き詰めて確定し、その基本から逸脱しない社会を作るべきだ

などと思っていた時期もあります。

しかし、現在では、廻りまわって「世の中にはさまざまな主張があるのが良い」と考えています。つまり、国論を二分するような場面では、政治家が果敢に判断して決断し、その政治家の判断や決断が正しかったかどうかを有権者が判断すれば良い、という考え方です。

言い換えれば、「誰か偉い人が正しい指針を示し、民衆がそれに盲従する」のではなく、「私たち日本国民一人ひとりがちゃんと判断し、決断していくこと」が大事だ、ということですね。

そして、ある政治家のある決断を巡って、有権者が「この決断は正しかったのか?」と判断するためにこそ、言論の多様性が必要なのです。その意味では「言論の自由」と「民主主義」は切っても切れない関係にあるのだ、といえるでしょう。

※当ウェブサイトにおいて『正論』3月号の内容そのものについて、転載するつもりはありません。もし文章にご興味をお持ちであれば、書店やネット通販などで、直接、お買い求めください(※といっても私自身は産経新聞社とは一切関係ありませんし、べつに購入を推奨しているわけではありません)。

議論にどう深みを持たせるか?

読者コメントに見る、鋭い指摘

なぜ唐突に「言論の多様性」などと言い出したのかといえば、一昨日の『『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ』のなかで、日経ビジネス社の姿勢に苦言を呈したところ、「日経ビジネスオンラインで紹介されてからの読者です」様から、次のようなコメントを頂いたからです(※抜粋)。

正論は確かにいい雑誌なのですが、かなり保守に偏った論調のため日経ビジネスオンラインのように多くの方にソースとして理解してもらうのが難しくなるという難点があります

「ああ、正論ね、だってあそこ、右よりの人が喜ぶようなの書くところじゃないの」

こんな調子です

「日経ビジネスサイト」というお題目は(俗的で思想がないのかと怒られそうですが)、ノンポリ…右にも左にも寄りたくないという日和見の人には劇的に効く「方便」でした

この点については、確かに目からウロコが落ちる指摘です。

確かに、今年1月までの『日経ビジネスオンライン』を読むと、鈴置高史氏や福島香織氏のような硬派な論客もいれば、(あえて実名は挙げませんが)アレな感じの人もいて、良い意味では「ごった煮」のような雰囲気を醸し出していました。これこそ旧『日経ビジネスオンライン』の良さでした。

また、私は『正論』という雑誌自体、非常に優れた論客が集っている(※)と思いますが、それと同時に、「右寄りの人におもねる雑誌」という印象を持つ人もいるでしょうし、『正論』に掲載された記事は、読みもせずに「どうせ右に偏っているんでしょ?」と決めつけられるかもしれません。

(※ちなみに、『オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀』で申し上げたとおり、私自身は同誌のすべての記事に賛同するつもりはありませんし、ある論考が雑誌『正論』に掲載されているというだけの理由で、無条件に肯定するつもりもありません。)

このように考えたら、同じ論考であっても、「『正論』に載った」というよりも、「『日経ビジネスオンライン』に載った」という方が、少なくとも世間的な説得力は違ってくるのかもしれません。

メディア独占

さて、「言論の多様性」が難しいのには、やはり、わが国には現状で大手メディアの数が限られているという要因が大きいように思えます。

まず、当ウェブサイトでは何度も紹介しているとおり、わが国では大手全国紙が5つと民放キー局5つが同一の資本系列にあり、これにNHK、共同通信、時事通信を加えた8つの資本が、事実上、全国向けの情報配信を独占しています(図表)。

図表 全国紙、キー局、通信社など、8社による情報の独占
グループテレビ局新聞・通信社
読売グループ日本テレビ(東)、よみうりテレビ(阪)、中京テレビ(名)読売新聞社
朝日グループテレビ朝日(東)、朝日放送(阪)、名古屋テレビ(名)朝日新聞社
フジサンケイグループフジテレビ(東)、関西テレビ(阪)、東海テレビ(名)産経新聞社
毎日グループTBS(東)、毎日放送(阪)、CBC(名)毎日新聞社
日経グループテレビ東京(東)、テレビ大阪(阪)、テレビ愛知(名)日本経済新聞社
NHKグループNHK
共同通信共同通信社
時事通信時事通信社

(【出所】著者作成。グループ名は著者が便宜上名付けたもの)

大手全国紙と民放キー局が同じ資本系列にあるという点でも呆れます。

新聞社の場合、基本的には「右の読売・産経、左のATM(朝日、東京、毎日)、中立(?)の日経」、という構図です(※「東京新聞」は図表には含まれていませんが…)。しかし、テレビ局は、金太郎飴のように、同じような切り口で同じような論調ばかりを報じることもあります(とくに政治ワイドショーなど)。

また、産経新聞のように独自の視点から個性的な記事を配信するメディアもないわけではないものの、基本的には事件報道や政治報道は記者クラブを経由して役所から流れてくる「紙」がベースになっているようです(『新聞記者を鳩やヤギに例えた髙橋洋一氏に謝罪を求める』参照)。

改憲議論の歪み

結果、さまざまな重要な問題が、かなり偏った、あるいは歪んだ視点で報じられてきたのではないでしょうか?

その典型例が、日本国憲法を巡る議論です。

私の理解だと、ATMは基本的に「憲法を一言一句たりとも変えてはならない」という硬直的スタンスを貫いていますが、読売、産経、日経などは時代の変化に応じた改憲を容認する姿勢を取っているのではないかと思います。

しかし、私自身、わが国のマスコミなどにおける憲法議論には、強い不満を抱いています。

その最たるものといえば、「改憲議論」は、なぜ第9条だけに集中しているのか、というものです。すなわち、「憲法を変えよう」という人は第9条をどう変えるべきかと議論していますし、「憲法守れ」という人は「守るべきは第9条」と言い張っています。

日本国憲法第9条
  • 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
  • 2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

この条文については、当然、改憲派にとっては「これでは国を守ることはできない」、護憲派にとっては「これを改正すると日本が戦争できる国になってしまう」、といった議論が出ているのですが、この不毛な議論が戦後70年以上も続いているのです。

(広告・スポンサーリンク)



改憲議論で考える

憲法第9条の私見

ところで、本論と関係ありませんが、私自身がこの第9条をどう見ているかについて申し上げておきます。

この第9条のうち第1項の部分(戦争放棄)については、1928年の「不戦条約」の焼き直しに過ぎないことは有名であり、1928年以降も「不戦条約」参加国が当事者となる戦争が全世界で発生していることから見ても、この第1項は単なる理念規定に過ぎないことは明らかだと考えています。

一方の第2項については、確かに「国の交戦権」を認めず「陸海空軍その他の戦力」を保持しないと定めていますが、ただ、現実には、自衛隊は誰がどう見ても「陸海空軍などの戦力」です。よって、私に言わせれば、自衛隊は憲法第9条第2項に反した組織です。

だからこそ、問題があるとしたら「憲法第9条全体」ではなく、もっと絞って、「憲法第9条第2項」だけで良いと思うのです。そして、「自衛隊の存在が憲法第9条第2項違反となっている」という状況を解消するためには、

  • 憲法第9条第2項を修正する
  • 自衛隊を憲法第9条第2項違反ではない形にする

という、どちらかの措置を講じれば良いのです。

自衛隊から陸海空の戦力を除去するという選択肢はあり得ませんので、現実的には憲法第9条第2項の条文を丸ごと削除するか、または第3項を追加して、

前項の規定は自衛権の発動は妨げない。

という短い条文を入れれば済む話です(※ちなみにこれは青山繁晴参議院議員の考え方を参考にしています)。

日本は外国に対する侵略戦争を絶対にやらない。

しかし、外国からの侵略戦争には敢然と立ち向かう。

これを、憲法上明記すれば済むのではないでしょうか?

改憲論

少し寄り道しましたが、私自身の見解はこの際どうでも良いので、本論に戻りましょう。

戦後の「改憲論」といえば、ほぼ条件反射的に、「憲法第9条」の議論と直結していたことは事実でしょう。そして、「改憲・護憲」の対立軸は、憲法第9条を中心としていたものだったのです。

しかし、敢えて私自身の持論と無関係な説を紹介したいと思います。

歴代日本政府は自衛隊を「(戦争ではなく)自衛権を行使するための(戦力ではなく)実力組織だ」と位置付けて来ました。これはかなり苦しい言葉遊びの類いだと思いますが、ただ、現行憲法の制約下で自衛隊の戦力保持の妥当性をひねり出すための、歴代日本政府の努力の結果でもあります。

そして、この考え方が妥当であるとすれば、先ほど私が申し上げた「自衛権の行使は妨げない」とする規定など、わざわざ設けなくても、現行憲法下で自衛戦争ならば遂行できる、という解釈が成立する余地が生じてくるのです。

こう考えていけば、たとえばこんな立場が成り立つでしょう。

日本国憲法の規定上、日本が外国から侵略を受けた場合でも、日本には自衛する権利が保証されている。だから、わざわざ憲法第9条を変更する必要はなく、その分の労力をほかのもっと有意義なことに使うべきだ。

この立場を、私は「戦争肯定の護憲派」とでも呼びたいと思います。

一方、そのような考え方の延長としては、こんな立場も成り立つかもしれません。

現在の日本国憲法では完全に戦争を防ぐことはできない。だからこそ、日本が今度こそ完全に戦争を放棄し、アジア諸国(※)からの真の信頼を勝ち取るためには、憲法に『侵略を受けた場合も含め、日本はあらゆる場合において、戦争をしてはならない』とする規定を追加すべきだ。

この立場を、私は「戦争否定の改憲派」とでも呼びたいと思います。

つまり、同じ憲法第9条を巡っても、理屈のうえでは、

  • ①戦争肯定の改憲派:これは日本に戦争を禁じた条文だから、改正すべきだ。
  • ②戦争否定の護憲派:これは日本に戦争を禁じた条文だから、守り抜くべきだ。
  • ③戦争肯定の護憲派:これは日本に戦争を禁じた条文ではないから、改正する必要はない。
  • ④戦争否定の改憲派:これは日本に戦争を禁じた条文ではないから、さらに改正すべきだ。

という、4つの立場があり得るはずです。

どうして③や④の考え方が出て来ないのか。

私にはそれが不思議でならないのです。

憲法の欠陥はたくさんある!

さらに、憲法の議論でいえば、欠陥はたくさんあります。

私が「改廃すべき」と考えている条文の筆頭は、日本国憲法第7条です。

日本国憲法第7条

天皇は、内閣の助言と承認により、国民のために、左の国事に関する行為を行ふ。

一 憲法改正、法律、政令及び条約を公布すること。

二 国会を召集すること。

三 衆議院を解散すること。

四 国会議員の総選挙の施行を公示すること。

五 国務大臣及び法律の定めるその他の官吏の任免並びに全権委任状及び大使及び公使の信任状を認証すること。

六 大赦、特赦、減刑、刑の執行の免除及び復権を認証すること。

七 栄典を授与すること。

八 批准書及び法律の定めるその他の外交文書を認証すること。

九 外国の大使及び公使を接受すること。

十 儀式を行ふこと。

この「国事行為」、実に多岐に及びますが、このなかでも特に問題が大きいのは第1号です。

大日本帝国憲法時代だと、天皇の権限は「法律の裁可、公布、執行の命令」でした。

大日本帝国憲法

第6条 天皇ハ法律ヲ裁可シ其ノ公布及執行ヲ命ス

第13条 天皇ハ戦ヲ宣シ和ヲ講シ及諸般ノ条約ヲ締結ス

つまり、現在の日本国憲法では、政令にまで御名御璽が必要とされているのですが、これは明らかに天皇陛下の公務の過大な負担に繋がっています。

私自身は職業柄、とくに、金融庁が関わる難解で支離滅裂な政令に頭を悩ませているのですが、金融庁の担当官の杜撰な仕事が天皇陛下にどれだけたくさんの負担を掛けているのかと思います。

また、日本国憲法の規定上、国会は天皇の召集がなければ開けませんが、これだと皇居と首相官邸と国会議事堂の連絡を物理的に断ち切れば、日本という国が動かなくなってしまいます。

そこで、諸外国の憲法のように、「天皇の召集」以外にも、「選挙で選ばれた国会議員の過半数が集まれば国会が自然成立する」、といった規定を設けなければ、危なっかしくてなりません。

さらに、私のような公認会計士という立場の人間にとっては、国の財政がいまだに予算単年度主義・現金主義・単式簿記を前提としていることは、信じられません。公会計の分野でも複式簿記を導入すべきですし、「資産」「負債」「収益」「費用」という用語を憲法第7章(財政)に明記すべきです。

(※ちなみに私自身は、わが公認会計士業界に対しては、憲法改正に公認会計士業界が果たせる役割の議論を無視し、税理士との縄張り争いだの、インチキ会計基準であるIFRSの強引な推進だといった業界益ばかりを追求していることに関して、愛想が尽きかけています。)

言論の多様性を!

さて、改憲議論の事例は、言論の多様性を考えるうえで、非常に良い題材だと思います。

そして、立憲民主党を筆頭とする野党勢力が、改憲論議どころか、憲法審査会すら開かせないという妨害戦術に出ていることを、私たち日本国民はもっと知るべきです。

とくに、この政党は衆議院で68議席しか有権者から与えられていないにも関わらず、なぜか「野党第1党」として、絶大な権限を振るっていることは、私たち国民としてはもっと怒りを感じて良いのではないでしょうか?

ちなみに参議院側では、国民民主党と自由党が合流するとの話の一方で、野党第1党の立場を奪われたくない立憲民主党側が社民党と共同会派を結成する、といった具合に、相変わらず政策を無視した醜い数合わせが続いているようです。

ただ、野党が政策論争そっちのけで権力ゲームに終始している本質的な理由の1つは、やはり、こんな低レベルな政党でも議席が取れてしまうという現状にあります。そして、上の図表で示した大手8大マスコミグループが日本の論壇を支配してしまっていることの弊害の表れでもあります。

私が何としてもウェブ論壇を隆盛にしたいと考えている理由は、まさに国民世論をマスコミから取り戻すことと、本当の意味での議論の多様性を実現することにあります。

そして、当ウェブサイト『新宿会計士の政治経済評論』自体は単なる「捨て石」で良く、将来的には当ウェブサイトのような「普通の社会人が運営している独立系のウェブ評論サイト」が数千、数万という単位で乱立するためのきっかけになれればそれで十分だと思っているのです。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/12/13 15:45 【時事|外交
    大陸を捨て海洋を選んだ英国 (17コメント)
  • 2019/12/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    もともと少なかったものが、「関係改善の兆し」? (8コメント)
  • 2019/12/13 09:22 【時事|金融
    【速報】BREXIT確定?保守党が過半数も (11コメント)
  • 2019/12/13 06:00 【時事|国内政治
    「韓国金融制裁」どころでない、とてつもない麻生発言 (19コメント)
  • 2019/12/13 05:00 【マスメディア論
    経済原理に反するオールドメディアの真っ暗な未来 (8コメント)
  • 2019/12/12 12:12 【時事|韓国崩壊
    「今こそ韓日関係改善が必要だ」の本当の意味を考える (25コメント)
  • 2019/12/12 11:30 【時事|国内政治
    「謝蓮舫ブーメラン」は健在 特定野党は衰退と消滅へ (29コメント)
  • 2019/12/12 06:00 【時事|韓国崩壊
    「関係悪化で日本が苦境」 韓国メディアの虚報が酷い (19コメント)
  • 2019/12/12 05:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社の新聞事業は想定以上に深刻だった (19コメント)
  • 2019/12/11 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/11(水) (69コメント)
  • 2019/12/11 11:55 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮攻撃が先か、それとも米韓同盟の終了が先か (28コメント)
  • 2019/12/11 10:30 【時事|国内政治
    もりかけの教訓と「桜を見る会」巡るメディアの焦り (23コメント)
  • 2019/12/11 06:00 【RMB|金融
    デジタル人民元と犯罪資金、そして最新BIS統計 (8コメント)
  • 2019/12/11 05:00 【韓国崩壊
    朝鮮半島8つのシナリオと「韓国の軍事クーデター説」 (37コメント)
  • 2019/12/10 13:00 【金融
    麻生総理が「対韓金融制裁」に言及したことの意味 (29コメント)
  • 2019/12/10 12:00 【国内政治
    麻生太郎総理、「憲法改正なら4選覚悟せよ」 (28コメント)
  • 2019/12/10 06:00 【韓国崩壊|金融
    対韓輸出管理、今後さらに厳格化される可能性を考える (31コメント)
  • 2019/12/10 05:00 【マスメディア論
    御礼 いつの間にかツイッターフォロワー2000人に (8コメント)
  • 2019/12/09 10:45 【日韓スワップ|時事|韓国崩壊
    日韓通貨スワップ待望論は韓国経済「危険水域」の証拠 (26コメント)
  • 2019/12/09 06:00 【外交
    「非核化交渉離脱宣言」は北朝鮮自身が困っている証拠 (28コメント)
  • 2019/12/09 05:00 【時事|韓国崩壊
    梶山弘志経産相「輸出管理が議題になることはない」 (21コメント)
  • 2019/12/08 14:45 【マスメディア論|時事
    テレ朝は朝生を終了し、田原総一郎氏を降板させるべき (31コメント)
  • 2019/12/08 05:00 【韓国崩壊
    外国に支配される韓国市場 鈴置氏の警告をどう読むか (44コメント)
  • 2019/12/07 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/07(土) (158コメント)
  • 2019/12/07 10:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見たGSOMIA騒動既視感 (51コメント)
  • 2019/12/07 05:00 【数字で読む日本経済
    韓国「ノージャパン運動」の日本経済への影響は限定的 (11コメント)
  • 2019/12/06 15:15 【時事
    韓国メディアの「逆ギレ」と北朝鮮の突然の体制崩壊 (36コメント)
  • 2019/12/06 11:40 【時事|外交
    米政府が中東への兵力増派を示唆 (6コメント)
  • 2019/12/06 06:00 【韓国崩壊
    「日本は韓国に譲歩するべきである」論の盛大な勘違い (59コメント)
  • 2019/12/06 05:00 【マスメディア論
    不動産の稼ぎで「科学否定の硬派な新聞」発行しては? (26コメント)
  • 2019/12/05 16:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日首脳会談前に輸出規制解決策も?」 (25コメント)
  • 2019/12/05 12:12 【時事|経済全般
    フランス革命から230年目にして衝撃の真実が発覚? (28コメント)
  • 2019/12/05 10:00 【マスメディア論|時事
    元俳優で韓国籍の朴慶培被告の実名を報じない理由は? (26コメント)
  • 2019/12/05 06:00 【韓国崩壊
    「日韓ゼロサムゲーム」からの脱却には何が必要なのか (24コメント)
  • 2019/12/05 05:00 【数字で読む日本経済
    日韓往来の「一千万人時代」、あっけなく1年で終了へ (13コメント)
  • 2019/12/04 17:00 【時事|経済全般
    対馬・釜山航路乗客が95%減少 (25コメント)
  • 2019/12/04 13:15 【日韓スワップ|金融
    韓国の外貨準備高の増減の動向分析と「為替介入疑惑」 (7コメント)
  • 2019/12/04 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/12/04(水) (49コメント)
  • 2019/12/04 11:30 【マスメディア論|国内政治
    桜を見る会の「もりかけ問題」化にどう対抗するか (38コメント)
  • 2019/12/04 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で検証する、「対韓輸出規制が日本経済に打撃」説 (18コメント)
  • 2019/12/03 22:00 【時事|韓国崩壊
    USDKRWが再び1190ウォンの大台超過 (16コメント)
  • 2019/12/03 12:30 【時事|韓国崩壊
    順調にデフレ化する韓国経済 (32コメント)
  • 2019/12/03 10:00 【マスメディア論|時事
    流行語大賞と「表現の自由」と「批判の自由」 (23コメント)
  • 2019/12/03 06:00 【時事|韓国崩壊
    ネセサリーロスで読む 日経世論調査と日韓関係の未来 (14コメント)
  • 2019/12/03 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計をじっくり読むと浮かぶ、日本経済の意外な姿 (18コメント)
  • 2019/12/02 12:30 【時事|韓国崩壊
    上皇陛下侮辱の国会議長が「ゴミ法案」を強行するわけ (32コメント)
  • 2019/12/02 10:45 【時事|金融
    韓国政府「人員の5割増」だけでは問題は解決されない (28コメント)
  • 2019/12/02 06:00 【マスメディア論
    社会が健全ならウソツキは淘汰される それだけのこと (16コメント)
  • 2019/12/02 05:00 【韓国崩壊
    中国向け輸出低迷 韓国の輸出が12ヵ月連続で不振に (5コメント)
  • 2019/12/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    土曜日の「鈴置論考」と金融市場の急変の怖さ (31コメント)
  • 2019/12/01 05:00 【韓国崩壊|数字で読む日本経済
    いま話題の日韓関係、「数字」でじっくりと読んでみた (28コメント)
  • 2019/11/30 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/30(土) (118コメント)
  • 2019/11/30 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    スワップは信頼と友好の証 最も重要な隣国と締結を! (19コメント)
  • 2019/11/30 05:00 【韓国崩壊
    韓国が輸出規制と誤る限り、措置撤回は不可能 (47コメント)
  • 2019/11/29 16:30 【マスメディア論|時事
    朝日新聞社、単体の中間決算は営業赤字に転落 (17コメント)
  • 2019/11/29 12:10 【時事|韓国崩壊
    時事通信「文喜相案巡り日本政府内に期待」、本当に? (29コメント)
  • 2019/11/29 06:00 【時事|金融
    香港人権民主主義法の本質は「対中輸出管理の強化」? (33コメント)
  • 2019/11/29 05:00 【数字で読む日本経済
    日本経済を客観的な数字で読んでみた結果を総括します (14コメント)
  • 2019/11/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    ついに対韓ビール輸出がゼロに!そのインパクトとは? (28コメント)
  • 2019/11/28 11:15 【時事|韓国崩壊
    文喜相氏の「解決策」を絶賛する中央日報社説 (39コメント)
  • 2019/11/28 06:00 【韓国崩壊
    硬派メディア、「安倍総理が文喜相氏の基金案に共感」 (21コメント)
  • 2019/11/28 05:00 【数字で読む日本経済
    貿易統計に見る「意外と貿易依存度が低い日本」の現状 (8コメント)
  • 2019/11/27 18:30 【時事|国内政治
    立民、桜を見る会に対抗しシュレッダーを見る会を開催 (40コメント)
  • 2019/11/27 14:00 【時事|韓国崩壊
    輸出管理の本質は「政策対話から3年半逃げる韓国」 (35コメント)
  • 2019/11/27 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/27(水) (80コメント)
  • 2019/11/27 10:15 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長による自称元徴用工問題「解決」策が判明 (27コメント)
  • 2019/11/27 05:00 【韓国崩壊
    オプション理論から見る米韓関係 (36コメント)
  • 2019/11/26 17:40 【時事|韓国崩壊
    鈴置氏「GSOMIA後の米韓関係」に関する最新論考 (23コメント)
  • 2019/11/26 13:15 【数字で読む日本経済
    「消費税20%」で日本をぶっ壊す!悪の組織・財務省 (22コメント)
  • 2019/11/26 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国メディア「感情対立煽るな、韓日お互い自制せよ」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【韓国崩壊
    韓国「日本が輸出規制を1ヵ月で撤回すると言った!」 (49コメント)
  • 2019/11/26 05:00 【雑感オピニオン
    お詫び:「数字で読む日本経済」シリーズについて (3コメント)
  • 2019/11/25 12:36 【時事|韓国崩壊
    菅官房長官、「政府として韓国に謝罪した事実はない」 (43コメント)
  • 2019/11/25 10:30 【時事|韓国崩壊
    月曜の韓国メディアの反応と「ウソツキ国家への対応」 (50コメント)
  • 2019/11/25 06:00 【韓国崩壊
    GSOMIA後の文在寅氏は「水に落ちた犬」なのか? (26コメント)
  • 2019/11/25 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「在留外国人数」とわが国のグローバル化 (6コメント)
  • 2019/11/24 21:45 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、「安倍は良心の呵責はないのか!」と逆ギレ (49コメント)
  • 2019/11/24 13:15 【マスメディア論|時事
    朝日出身者「支持率下がらないのは国民の側にも問題」 (64コメント)
  • 2019/11/24 05:00 【韓国崩壊
    土曜日の鈴置論考とGSOMIA騒動の「本当の教訓」 (75コメント)
  • 2019/11/23 16:00 【読者投稿
    【読者投稿】GSOMIA[事実上の延長」の真否 (45コメント)
  • 2019/11/23 14:00 【読者投稿
    【読者投稿】在韓日本人が見た、韓国の教育の実態 (28コメント)
  • 2019/11/23 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/23(土) (75コメント)
  • 2019/11/23 10:10 【時事|韓国崩壊
    さっそくGSOMIA問題を曲解報道する韓国メディア (55コメント)
  • 2019/11/23 05:00 【韓国崩壊
    韓国の「GSOMIA瀬戸際外交」は日本の勝利だが… (42コメント)
  • 2019/11/22 22:41 【時事|韓国崩壊
    【資料】GSOMIA等を巡る日韓両国政府の発表内容 (40コメント)
  • 2019/11/22 18:38 【時事|韓国崩壊
    韓国政府の「GSOMIA条件付き延長」をどう見るか (84コメント)
  • 2019/11/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、GSOMIA破棄を「条件付き撤回通告」? (49コメント)
  • 2019/11/22 16:15 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「GSOMIAパッケージディール」提案 (18コメント)
  • 2019/11/22 14:30 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA特集 「困ったら逆ギレ」の黄金パターン (22コメント)
  • 2019/11/22 11:22 【時事|韓国崩壊
    中央日報「韓日両国首脳が目を覚ますことを望む」 (28コメント)
  • 2019/11/22 09:45 【時事|韓国崩壊
    米国防総省、「朝鮮日報は米軍一部撤収報道の撤回を」 (20コメント)
  • 2019/11/22 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「日本人はどこの国に居住しているのか」 (10コメント)
  • 2019/11/21 17:40 【時事|韓国崩壊
    GSOMIA終了前提?聯合ニュース、続々記事配信中 (35コメント)
  • 2019/11/21 12:00 【時事|韓国崩壊|金融
    「GSOMIA後」、大量格下げと金融不安も焦点に (41コメント)
  • 2019/11/21 10:00 【時事|韓国崩壊
    中央日報「安倍総理が徴用工財団案評価」、本当? (27コメント)
  • 2019/11/21 06:00 【経済全般
    訪日旅客減少はむしろ観光客の中韓依存を是正する好機 (21コメント)
  • 2019/11/21 05:00 【数字で読む日本経済
    数字で見る、「中韓は日本経済にとって不可欠」の真相 (8コメント)
  • 2019/11/20 12:22 【時事|国内政治
    「裏取りを軽視」?ここまで来ると怪文書の類いでは? (28コメント)
  • 2019/11/20 12:00 【読者のページ
    読者雑談専用記事 2019/11/20(水) (97コメント)
  • 2019/11/20 10:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅氏「GSOMIA巡り最後の瞬間まで努力する」 (48コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。