米国のホワイトハウスでCNNの女性記者が関係ない質問を繰り返したとして、米・EU首脳会談後の共同記者会見への出席を拒絶されたそうです。また、WSJによると、トランプ政権の支持率は45%に上昇し、とくに共和党支持者からは88%もの支持を集めているそうです。この2つの情報に、私は「米国版もりかけ事件」の結論を見る気がします。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

言論と弾圧

コメント自由の意味

いつも当ウェブサイトを閲覧して下さっている皆様には、心の底から感謝申し上げます。

当ウェブサイトは私にとっては貴重な意見発信の場でありますが、それと同時に、「読んで下さった方々の知的好奇心を刺激すること」を目的として運営しているのであって、決して「新宿会計士の意見を押し付ける場」ではありません。

コメントを全面的に自由としている理由は、まさに当ウェブサイトを読んで、何か感じた方がその感じた内容を自由にコメントとして打ち込んで下されば、そのコメントからさらに輪が広がっていく、という効果を期待しているからです。

その意味で、くどいようですが、当ウェブサイトへのコメントは、私の意見に賛同するものである必要はありません。批判的なコメント、反論するコメント、何でも大歓迎です。

とくに、当ウェブサイトでは朝日新聞や日本共産党などに対する批判も繰り広げていますので、朝日新聞の愛読者の方や、日本共産党の支持者の方などからは、なぜ朝日新聞を愛読するのか、なぜ日本共産党を支持するのか、といった観点からのコメントを頂きたいところです。

言論に言論封殺で対応する人たち

ところが、私がくどいほどこのように申し上げている割には、冷静に考えてみて、当ウェブサイトの主張に正面から正々堂々と批判、反論するコメントが来た記憶はありません。

それどころか、私は朝日新聞編集委員の上丸洋一氏からはツイッター上でブロックされているようですし(笑)、また、「朝日新聞と並ぶ反日メディア」の1つである『中央日報』(日本語版)からは、ツイッターアカウントでのコメントを丸ごと禁止されてしまいました(笑)。

このように、「言論に言論以外の手段で対抗する人たち」のことを、私は深く軽蔑したいと思います。

もちろん、私がされたことといえば、せいぜい、ツイッターをブロックすることと、ツイッター・アカウントを利用したコメント機能の利用を禁止されたことくらいであり、YouTubeのチャンネルのアカウント凍結などの被害に遭っている人々と比べれば、まだまだかわいいものです。

ただ、言うまでもありませんが、日本は自由、民主主義社会です。民主主義社会とは国の最高権力者が有権者の直接選挙で選ばれる社会のことであり、選挙を経ていない人が大きな権力を握ってはいけませんし、選挙で権力を握る以上は、一般国民から徹底的に批判されなければなりません。

朝日新聞をはじめとするマス・メディア各社は、ひと昔前だと自分たちのことを「第4の権力」だと自称していましたが、自分たちのことを「権力」だという以上は、主権者である日本国民からの徹底的な批判に耐え、理性的に反論しなければなりません。

それなのに、朝日新聞などのメディアは、言論には言論封殺で対抗しようとしているのです。

こうした姿勢は愚の骨頂であり、天に唾するような行為です。いずれ、「言論機関としてまったく信頼できない」と思う日本国民が、1人、また1人と増えて行き、やがては彼ら自身に跳ね返っていくことは間違いないでしょう。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



アメリカ版マス「ゴミ」

アメリカ版の「XX記者」

さて、マス・メディアが「マスゴミ」などと蔑まれるようになった理由はいくつかあると思うのですが、根源的な要因は、彼ら自身が「自分たちは無知蒙昧な愚民どもにニュースを伝達してやっている」という思い上がりのような態度が見え隠れするからではないでしょうか?

実際、私も首相官邸のウェブサイトにある『内閣官房長官記者会見』のページをよく視聴するのですが、その際、東京新聞の女性記者やジャパンタイムズの男性記者の質問が、明らかに常軌を逸していて、正直、うんざりします。

ところが、こうした「マス・メディア関係者の思い上がり」は、どうも日本だけではないようです。

CNN記者の会見参加を禁止/米政権「不適切な質問」(2018/7/26 15:24付 共同通信より)

共同通信によると、米メディアのCNNテレビの女性記者が、ドナルド・J・トランプ米大統領とジャン=クロード・ユンケル欧州委員会委員長との共同記者会見への参加を禁じられたそうです。

ただ、冷静に読んでみると、米・EU首脳会談という場であるにも関わらず、「トランプ氏の不倫疑惑のもみ消しに関与した疑いがもたれている顧問弁護士について繰り返し質問」したとあります。これだと確かに、出入り禁止にされても仕方がないでしょう。

もちろん、トランプ氏が無実だと申し上げるつもりはありません。もしかしたら本当に不倫を行い、それを顧問弁護士がもみ消したということが事実かもしれませんし、また、事実ではないかもしれません。しかし、あくまでも米・EU首脳会談の場で投げるべき質問ではありません。共同通信は

トランプ氏と外国首脳の会談冒頭では双方のやりとりが終わった後、米記者が会談と関係ない質問を大統領にぶつけることが多い。

と、さもCNNの女性記者に何も問題がなかったかのように記載していますが、「そもそも、会談と関係ない質問を大統領にぶつけること自体がおかしい」と、なぜ気付かないのでしょうか?

トランプ政権支持率、45%に上昇

もちろん、トランプ大統領本人に、何らかの不正行為などがあったのであれば、トランプ氏はそれらに対して真摯に説明する責任があります。

しかし、それと同時に、アメリカも法治国家ですから、「トランプ(氏)は法律違反を犯している!」と主張するならば、いつ、いかなる法律に反したのか、それを追及する側が証拠をそろえて突き付ける必要があります。

CNNの記者がやったことは、米・EU首脳会談に伴う記者会見という、世界的にも非常に注目されるべき場で、米・EU関係とまったく関係のないトランプ氏の個人的な疑惑をしつこく聞いたという行為であり、「トランプ(氏)は有罪だ!」という悪質な印象操作にほかなりません。

ただ、CNNを筆頭とする米国のメディアが一生懸命、トランプ氏の支持率を下げようとしている割には、米国の「保守系メディア」の1つとされるウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)がNBCと共同で実施した世論調査では、支持率は前月比1%ポイント上昇して45%に上昇したそうです。

Donald Trump’s Approval Rating Inches Higher, Buoyed by Republican Support(米国夏時間2018/07/22(日) 22:15付=日本時間2018/07/23(月) 11:15付 WSJより)

WSJによると、トランプ氏はロシアのウラジミル・プーチン大統領との首脳会談後に失言を行ったにもかかわらず、むしろ大統領支持率は上昇しているのです。

とくに、共和党支持者からのトランプ氏に対する支持率は88%と高く、この水準は、2001年9月11日の「同時多発テロ事件」で陣頭指揮を執った際に、当時のジョージ・W・ブッシュ大統領が共和党支持者から得た支持率(96%)に次ぐ水準なのだとか。

やってることは同じ?

ところで、日本の場合、新聞社とテレビ局はクロス・オーナーシップにより、事実上、同一資本が支配しているという問題点があります。たとえば、新聞社と在京キー局・在阪準キー局を列挙すると、

  • 朝日新聞、テレビ朝日(全国朝日放送)、朝日放送
  • 読売新聞、日本テレビ、読売テレビ
  • 毎日新聞、TBS、毎日テレビ
  • 産経新聞、フジテレビ、関西テレビ
  • 日経新聞、テレビ東京、テレビ大阪

といった具合に、見事に5つの全国紙と5つの在京キー局、在阪準キー局が同一資本に属しています。これにNHKと共同通信と時事通信を加えれば、わが国の言論は、長らく、たった8つのグループが独占していた格好です(詳しくは『RSFランキング最新版と倒産に向かうマスゴミ』参照)。

RSFランキング最新版と倒産に向かうマスゴミ

これに対し、米国の場合、ここまで極端な新聞社とテレビ局のクロス・オーナーシップはありません(まったくないわけではありませんが…)。また、日本と比べると、地上波テレビ局のチャンネル数も多く、新聞社の数も非常に多いという特徴があります。

しかし、私が最近の米国メディアの報道を眺めている限りでは、トランプ大統領のロシア疑惑、不倫疑惑、家族の不正ビジネス疑惑など、正直、大した根拠もなしによく次から次へと思いつくものだと呆れ果ててしまいます。

あくまでも私自身の主観ですが、米国のメディアがトランプ氏を毛嫌いする理由は、米国のメディアが徹底的にトランプ氏を叩いたにも関わらず、結局、米国の有権者がトランプ氏を大統領に選出してしまったという、その1点にあるのだと思います。

つまり、自分たちマス・メディアの世論支配力が急低下しているという事実を、マス・メディア自身は認めたがらないのです。

これに対し、トランプ氏は何でもかんでも自身のツイッターで直接、発信してしまいます。中にはシャレにならないほど軽率な発言も混じっているのですが(笑)、それでも、新聞、テレビなどの大メディアを経由せずに、直接、大統領の発言が市民に伝わるというのも、時代の変化に他ならないと思います。

私も別にトランプ氏が優れた大統領だとは思いませんが、しかし、米国のメディアの「トランプ嫌い」は常軌を逸しているようにも思えてなりません。そして、「トランプ」を「安倍」に、「CNN」を「朝日新聞」に換えれば、「メディアが虚実を織り交ぜて政権攻撃に邁進する」という構造は、日本でもまったく同じです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



構造は日本もまったく同じ

もりかけを思い出す

以上までの議論を踏まえると、マス・メディアがやっていることは、日本もアメリカも大して変わらない、という気がしてなりません。

日本のマス・メディアは、もう1年半もの間、重要な国政課題をそっちのけにして、「もりかけ問題」を中心に、政権のさまざまな不祥事を追いかけ続けて来ました。その「集大成」ともいえるのが、次の朝日新聞の社説でしょう。

(社説)安倍1強政治の果て 民主主義の根腐れを憂う(2018年7月22日05時00分付 朝日新聞デジタル日本語版より)

タイトルに「民主主義の根腐れ」とありますが、「根腐れ」しているのは朝日新聞であり、マス・メディアそのものだと思うのですが、それはさておき、

行政の公正性や政治への信頼を深く傷つけた森友・加計問題は、誰一人政治責任を取らぬまま、真相解明はたなざらしにされた。

という一文に、朝日新聞社の悔しさが凝縮されているように思えてなりません。

今さら繰り返すのも気が引けますが、「もりかけ問題」とは、

安倍晋三(氏)が内閣総理大臣としての地位を悪用し、友人が経営する学校法人に対して違法な便宜を図った疑い

のことですが、朝日新聞をはじめとするマス・メディアがそのように主張するのであれば、まずは「安倍晋三(氏)がいつ、どういう法律に違反したのか」を明らかにする義務があります。

しかし、少なくとも朝日新聞はこの義務を果たしていません。それどころか、ウェブ上で朝日新聞に対する疑念が突きつけられると、朝日新聞側は次々と論点をすり替え(「2015年2月25日に安倍総理と加計孝太郎理事長が面会したことが問題だ」、など)、悪質な印象操作を続けています。

もりかけ問題はクーデター

もう1つ、私の仮説を述べさせてください。

「もりかけ問題」にせよ、「憲法第9条改憲阻止」にせよ、いずれも、朝日新聞社がある特定の意図を持って、わざとやっているのではないでしょうか?つまり、最初から虚報だとわかっていながら、それでも「安倍政権に対する悪印象」を国民に植え付けることに成功すれば儲けものだ、という発想です。

その意味で、この仮説が正しければ、「もりかけ問題」とは、「朝日新聞社による社運を賭けた安倍政権の倒閣運動」であり、「クーデター」です。国民の大多数に「何かは知らないが、何となく安倍(氏)は怪しい」と思い込まれせれば、そのことにより選挙で自民党が大敗し、政権交代が実現するかもしれません。

この「仮説」には直接の裏付けはありませんが、おそらく正しいと思います。

要するに、朝日新聞社の目的は改憲阻止であり、改憲議論すら許さないという雰囲気を、それこそ社運を賭けてまで醸成しているのだと思います。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



天に唾とは朝日新聞のことだ

ただ、こうした行動は、短期的には内閣支持率を急落させるなどの「成果」を得ることはできますが、中・長期的には、朝日新聞自身の信頼を傷つけます。

冒頭に申し上げた内容と重なるのですが、報道機関とは「民主主義社会における情報伝達」を担う機関のことですが、ウソ、印象操作ばかり流すメディアのことを盲信するほど、日本国民は愚かではありません。

それどころか、インターネットという新テクノロジーが普及し、発達し続けていることで、新聞、テレビといった旧来型のメディアが、いつまでも国民の間で流れる情報を独占し続けることができると考える方が不自然です。

そういえば、英国のお忙しい中恐縮ではありますが、オクスフォード大学などが実施したメディア調査レポート “Digital News Report 2018” が日本のメディアに対する知名度、信頼度を調査していますが(P129~)、朝日新聞の信頼度は新聞各社の中で最低の5.35ポイントでした(図表)。

図表 信頼度と利用度
メディア 信頼度 利用度
NHK 6.23 6.73
日本経済新聞 6.08 6.83
地元の新聞 5.87 6.45
日本テレビ 5.86 6.37
TBS 5.78 6.31
読売新聞 5.76 6.45
テレビ朝日 5.7 6.26
産経新聞 5.68 6.51
フジテレビ 5.64 6.24
毎日新聞 5.63 6.26
朝日新聞 5.35 6.27
ハフィントンポスト日本 5.26 5.95
バズフィード日本 5.15 5.76
週刊新潮 4.88 5.85
週刊文春 4.63 5.92

(【出所】“Digital News Report 2018”P131図表より著者作成)

もちろん、「もりかけ虚報」に邁進しているメディアは朝日新聞だけではありません。テレビ各社もそうですし、また、朝日新聞と並んで反日的な論調で知られる毎日新聞や地方紙の報道も、酷い代物です。

しかし、退潮な各メディアの中でも、とくに朝日新聞の信頼度が低いという事実と、(おそらくは)部数も急減しているらしい(※)という点を合わせて考えるならば、後から振り返れば、「もりかけ虚報」が結果的に朝日新聞社の倒産を早めた事件だったと位置づけられるのかもしれません。

※ただし、どうも朝日新聞社は「押し紙」などの手法で部数の水増しをしている疑いは濃厚であり、「朝日新聞の部数が急減している(らしい)」という点については、確たる根拠を示すことは困難です。ただし、新聞業界全体の部数の水増しについては、『埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む』あたりでも議論していますので、ぜひ、ご参照ください。

埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/11/21 12:30 【時事|韓国崩壊
    日韓新時代へ:慰安婦財団解散に踏み切った韓国政府の蛮勇
  • 2018/11/21 11:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国政府、「慰安婦財団」の解散を正式発表 (3コメント)
  • 2018/11/21 09:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】中央日報「本日、慰安婦財団解散を公式発表へ」 (7コメント)
  • 2018/11/21 06:00 【時事|韓国崩壊|金融
    慰安婦財団は今週解散?合意破棄なら日本政府は経済制裁せよ (6コメント)
  • 2018/11/20 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】聯合ニュース「今週中に慰安婦財団解散」と報道
  • 2018/11/20 13:00 【時事|韓国崩壊
    慰安婦財団と国連強制失踪委 もう「厳重抗議」段階ではない (31コメント)
  • 2018/11/20 10:45 【時事|経済全般
    カルロス・ゴーン氏の逮捕容疑「有報の虚偽記載」とは? (11コメント)
  • 2018/11/20 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が直面しているのは「奇跡的な機会」でなく「滅亡の危機」 (22コメント)
  • 2018/11/20 05:00 【時事|外交
    安倍総理が中韓に「言及しなかったこと」自体がメッセージだ (2コメント)
  • 2018/11/19 09:45 【時事|韓国崩壊
    日韓商工会議所の会談延期報道の真相:これぞ日韓新時代か? (16コメント)
  • 2018/11/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    「韓国ザマ見ろ」ではない、日本への打撃も覚悟の日韓断交論 (35コメント)
  • 2018/11/19 05:00 【マスメディア論|時事
    日テレ『イッテQ』捏造事件巡る、説得力のある朝日新聞社説 (32コメント)
  • 2018/11/18 12:00 【雑感オピニオン|過去ブログ
    「人間、いくつになっても努力は必要」。7年目の振り返り (9コメント)
  • 2018/11/18 06:00 【時事|韓国崩壊
    「請求権消滅せず」?なら日本こそ韓国に請求権を行使しよう (18コメント)
  • 2018/11/17 12:00 【時事|国内政治
    改憲ももちろん大事だが、むしろ本丸の1つはマスコミ改革? (31コメント)
  • 2018/11/17 06:00 【時事|韓国崩壊
    もし本当に韓国政府が今月中に「慰安婦財団」を解散したら? (27コメント)
  • 2018/11/16 22:15 【時事|韓国崩壊
    【予告編】「韓国政府が今月中に慰安婦財団解散」報道の真偽 (6コメント)
  • 2018/11/16 16:00 【マスメディア論|時事
    植村元記者の会見の感想とは「言論を訴訟に持ち込む愚劣さ」 (5コメント)
  • 2018/11/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    ダム、徴用工、日本企業撤退:国として終わりかけている韓国 (17コメント)
  • 2018/11/16 10:00 【時事|外交
    北方領土問題、最終的に時間が日本に味方する (32コメント)
  • 2018/11/16 06:00 【時事|韓国崩壊
    韓国外交部の「徴用工判決に対する立場表明」の意味を考える (20コメント)
  • 2018/11/15 21:25 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国外交部が「強制徴用賠償判決」に対する立場表明 (15コメント)
  • 2018/11/15 16:15 【韓国崩壊
    【FAQ】どうして当ウェブサイトで人名を日本語読みするのか (24コメント)
  • 2018/11/15 14:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸輸出制限はおそらく事実 ではそれが意味するものは? (34コメント)
  • 2018/11/15 10:30 【時事|韓国崩壊
    河野大臣の「ダメ出し」に怖気づく韓国 慰安婦財団解散は? (17コメント)
  • 2018/11/15 08:00 【雑感オピニオン
    「本当の民主主義社会」実現に向けて ウェブ評論サイトの流儀 (6コメント)
  • 2018/11/15 05:00 【時事|韓国崩壊|外交
    徴用工判決:日本共産党は日本への内政干渉を直ちにやめよ (7コメント)
  • 2018/11/14 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国政府、今さら「徴用工静かに対応」 北朝鮮との共闘も? (44コメント)
  • 2018/11/14 10:00 【時事|韓国崩壊
    現実に評論が追い付かない!米韓関係と日韓関係崩壊が加速? (12コメント)
  • 2018/11/14 08:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    総論:国債のデフォルトと通貨の関係について考えてみる (46コメント)
  • 2018/11/14 05:00 【時事|韓国崩壊
    北朝鮮に呑まれる韓国:本気で日韓の往来制限も検討すべき? (9コメント)
  • 2018/11/13 15:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会は「戦犯企業資産没収法」でも作るつもりだろうか? (21コメント)
  • 2018/11/13 12:30 【時事|韓国崩壊
    「山吹色のお菓子」?韓国への二次的制裁を真剣に検討すべき (6コメント)
  • 2018/11/13 08:00 【金融
    どうして「日本国債はデフォルトしない」のか、改めて考える (40コメント)
  • 2018/11/13 05:00 【時事|韓国崩壊
    ルール守らぬ韓国の無法も国際問題化に成功すれば日本の勝利 (13コメント)
  • 2018/11/12 15:45 【時事|韓国崩壊
    韓国は徴用工判決で自滅へ 新日鉄住金の門前払いを支持する (27コメント)
  • 2018/11/12 11:45 【時事|雑感オピニオン
    原爆投下、越えてはならない一線を越えるのはいかがなものか (18コメント)
  • 2018/11/12 08:00 【韓国崩壊
    韓国に対するセカンダリー制裁はすでに始まっているのでは? (21コメント)
  • 2018/11/12 05:00 【マスメディア論|時事|政治
    後を絶たないマスコミ不祥事 捏造防ぐ特効薬は放送自由化 (22コメント)
  • 2018/11/11 11:11 【時事|金融
    「国民1人当たり878万円の借金になる」?なりません。 (15コメント)
  • 2018/11/11 05:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国へのフッ酸禁輸報道は北朝鮮核開発の関係があるのか? (16コメント)
  • 2018/11/10 08:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係はここが踏ん張りどころ 安易な妥協論を排除せよ (38コメント)
  • 2018/11/10 05:00 【韓国崩壊
    キレる、逃げる、責任転嫁 実体験に基づく韓国の傾向と対策 (17コメント)
  • 2018/11/09 17:00 【時事
    【速報】慰安婦問題・植村元記者の「捏造」主張を地裁が却下 (16コメント)
  • 2018/11/09 11:30 【時事|韓国崩壊
    フッ酸禁輸報道の真偽 資本財輸出を止めれば韓国産業壊滅も (40コメント)
  • 2018/11/09 08:00 【時事|韓国崩壊|外交
    中央日報『日商会頭「日韓関係早急な正常化を」』報道の真偽 (12コメント)
  • 2018/11/09 05:00 【マスメディア論
    新聞社の苦境は事実だが、まだウェブ評論では生きていけない (6コメント)
  • 2018/11/08 14:30 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国が南北鉄道連結事業着工を強行したら米国はどう動くのか (12コメント)
  • 2018/11/08 11:30 【時事|韓国崩壊
    逃げ腰で反論を試みる韓国首相と冷ややかに突き放す日本政府 (30コメント)
  • 2018/11/08 08:00 【時事|韓国崩壊|国内政治
    安易な日韓断交論は不適切にしても、日本が変わることは必要 (10コメント)
  • 2018/11/08 05:00 【マスメディア論
    赤坂の不動産屋さん、趣味の放送事業が遂に赤字転落 (13コメント)
  • 2018/11/07 11:30 【時事|韓国崩壊
    都合悪いと相手を批判?徴用工判決巡り韓国大統領府が初反応 (32コメント)
  • 2018/11/07 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決と日本人拉致事件の共通点:最終的に制裁が必要 (14コメント)
  • 2018/11/07 05:00 【時事|経済全般
    国際ルール守らぬ中国に米国が対決姿勢 日中接近は慎重に (12コメント)
  • 2018/11/06 15:00 【時事|韓国崩壊
    「ICJ提訴」はそれほど過激な選択肢でなく、むしろ不十分 (14コメント)
  • 2018/11/06 11:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】産経ニュース「日本政府が韓国政府をICJ提訴」 (9コメント)
  • 2018/11/06 08:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決 日本政府は遅くとも今月末に「次のステップ」へ? (13コメント)
  • 2018/11/06 05:00 【雑感オピニオン
    改めて「国民の敵」とその対処法について考えてみる (15コメント)
  • 2018/11/05 10:30 【時事|韓国崩壊
    駐日大使らが「韓日双方が努力すべき」、そんな認識で大丈夫? (28コメント)
  • 2018/11/05 08:00 【時事|国内政治
    なぜ今、改憲を持ち出すのか?それは改憲阻止勢力が負けたから (4コメント)
  • 2018/11/05 05:00 【時事|韓国崩壊
    文在寅大統領が破滅させるのは日韓関係ではなく韓国そのもの (24コメント)
  • 2018/11/04 08:00 【RMB|時事|金融
    通貨スワップと為替スワップを混同した産経記事に反論する (19コメント)
  • 2018/11/04 05:00 【マスメディア論
    「国民の敵」としてのNHK いったい何が問題なのか? (12コメント)
  • 2018/11/03 08:00 【マスメディア論
    YouTuberがテレビを滅ぼす?ぜひ滅ぼして下さい (14コメント)
  • 2018/11/03 05:00 【韓国崩壊|外交
    「朝鮮半島の8つのシナリオ」赤化統一の確率が40%に! (19コメント)
  • 2018/11/02 17:00 【時事
    河野外相の100%発言を100%支持する (22コメント)
  • 2018/11/02 11:00 【時事|韓国崩壊
    徴用工も慰安婦も韓国の問題 日本は一歩も譲歩する必要なし (59コメント)
  • 2018/11/02 08:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「ツートラック外交」追求のうちに米韓同盟は破綻へ? (26コメント)
  • 2018/11/02 05:00 【マスメディア論
    改めて当ウェブサイトの姿勢を説明し、活動内容を紹介します (12コメント)
  • 2018/11/01 11:00 【時事|韓国崩壊
    マネージの本当の意味は、「日韓関係の秩序ある破綻処理」? (27コメント)
  • 2018/11/01 08:00 【時事|韓国崩壊
    「債権差押」爆弾は日本企業撤退招く?徴用工巡る韓国式思考 (25コメント)
  • 2018/11/01 05:00 【雑感オピニオン
    何と月間PVが70万件に!保守系言論サイトの話題あれこれ (9コメント)
  • 2018/10/31 10:45 【時事|韓国崩壊
    事態収拾責任は韓国政府にあり 徴用工判決巡るメディアの反応 (37コメント)
  • 2018/10/31 08:00 【韓国崩壊|金融
    徴用工判決「毅然たる措置」ビザ厳格化と外為法金融制裁は? (16コメント)
  • 2018/10/31 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    日中スワップと日印スワップ、性質も目的もまったくの別物 (6コメント)
  • 2018/10/30 15:20 【時事|韓国崩壊
    越えてはならない一線越えた韓国司法、日韓関係への影響必至 (50コメント)
  • 2018/10/30 14:25 【時事
    【速報】徴用工訴訟で日本企業の敗訴が確定 (9コメント)
  • 2018/10/30 11:30 【時事|韓国崩壊
    徴用工判決を前に:「約束」の意味を理解しない韓国人記者 (7コメント)
  • 2018/10/30 08:00 【時事|韓国崩壊
    いよいよ本日2時に徴用工判決:日韓関係は破綻するのか? (7コメント)
  • 2018/10/30 05:00 【時事|外交
    日中外交:テーブル上で握手し、テーブル下で足を蹴る関係へ (7コメント)
  • 2018/10/29 12:30 【時事|韓国崩壊
    日本が「米中二股外交」で失敗したことにしたい韓国メディア (4コメント)
  • 2018/10/29 10:00 【時事|国内政治
    日刊ゲンダイが新潟市長選で大恥さらすも自民党は慢心するな (3コメント)
  • 2018/10/29 08:00 【時事|国内政治
    安倍総理の訪中を巡って、ツイッター上で右と左が大ゲンカ? (7コメント)
  • 2018/10/29 05:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【重要】お詫び:ユーザー登録機能の重要な機能の中止について (4コメント)
  • 2018/10/28 08:00 【時事|韓国崩壊
    混乱する日韓関係、ついに徴用工訴訟「介入疑惑」で逮捕者出現 (17コメント)
  • 2018/10/28 07:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ユーザー登録の手動修正につきまして (3コメント)
  • 2018/10/28 05:00 【韓国崩壊|外交
    日韓関係破綻が避けられないなら日本は米国と足並み揃えるべき (10コメント)
  • 2018/10/27 08:00 【日韓スワップ|時事|金融
    「日韓スワップ再開の可能性が高まった」?不思議な思考回路 (9コメント)
  • 2018/10/27 05:00 【雑感オピニオン
    月間PV数が50万件に到達 皆様に改めて御礼申し上げます (6コメント)
  • 2018/10/26 21:30 【RMB|時事|金融
    【速報】やはり中国とのスワップは「為替スワップ」だった! (7コメント)
  • 2018/10/26 12:00 【時事|金融
    安倍総理歓待する中国の気持ち悪さと日中スワップ巡る誤解 (7コメント)
  • 2018/10/26 08:00 【お知らせ|雑感オピニオン|ご案内
    【お知らせ】ついにユーザー登録ができるようになりました! (16コメント)
  • 2018/10/26 05:00 【韓国崩壊
    「日韓関係破綻の危機が迫っている」という現実に備えるべき (19コメント)
  • 2018/10/25 10:00 【時事|韓国崩壊
    日韓関係破滅への道?慰安婦財団解散報道を考える (14コメント)
  • 2018/10/25 08:00 【時事|経済全般
    読売新聞、歴代経団連会長がIT弱者だった疑いを報じてしまう (15コメント)
  • 2018/10/25 05:00 【時事|外交
    日中関係改善という幻想 日本に必要なのは是々非々の姿勢 (7コメント)
  • 2018/10/24 13:00 【時事|国内政治
    玉木雄一郎氏が「野党再編の主役」?間違ってもそれはない
  • 2018/10/24 08:00 【マスメディア論|時事
    臨時国会開幕 マスコミのプロパガンダが効かなくなってきた (6コメント)
  • 2018/10/24 05:00 【RMB|日韓スワップ|金融
    通貨スワップと為替スワップについて、改めて確認してみる (4コメント)
  • 2018/10/23 12:30 【日韓スワップ|時事
    韓銀総裁が日韓スワップ待望?まず約束守れ、話はそれからだ (44コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。