【速報】安倍総理の平昌参加を支持しない

安倍総理が平昌冬季五輪の開会式に参加すると決めたそうです。自然に考えれば「悪手中の悪手」です。得意分野で失敗するのは人間の性ですが、外交上手なはずの安倍総理がどうしてこのような決断を下したのでしょうか?そして私たち有権者はこれをどう判断すべきなのでしょうか?(※追記あり)

安倍総理の平昌参加

安倍総理、平昌五輪開会式参加へ

安倍晋三内閣総理大臣が韓国で開かれる平昌(へいしょう)冬季五輪の開会式に出席する意向を固めたと、複数のメディアが報じています。

安倍晋三首相、平昌五輪開会式出席へ 単独インタビューで表明 「日韓合意新方針は受け入れられぬ。文在寅大統領に直接伝えたい」(2018.1.24 05:00付 産経ニュースより)
首相、平昌五輪開会式出席へ…日韓首脳会談調整(2018年01月24日 07時00分付 読売オンラインより)

すでに産経、読売、NHK、一部地方紙など、複数のメディアで報道されているため、安倍総理が冬季五輪の開会式に参加することは、ほぼ間違いないと見て良いでしょう。

私が調べた限り、第一報を報じたのは産経新聞のようですが、安倍総理は産経新聞の単独インタビューに応じ、訪問する目的について、次のように述べたそうです。

  • 慰安婦問題を巡る日韓合意に関する文在寅政権の新方針を「受け入れることはできない」と直接伝える
  • 北朝鮮に対する高度な圧力を維持することを再確認したい。南北対話については、五輪は五輪で切り離して考えるべきであり、北朝鮮への圧力を最大化していく方針はいささかもぶれてはならない
  • 五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ
  • 日本大使館前の慰安婦像撤去についても当然強く主張することになる

これをどう見るべきでしょうか?

安倍総理の平昌参加は問題を解決しない!

現在、日韓間の懸案は、大きく2つあります。

1つ目は文在寅(ぶん・ざいいん)政権が「2015年の慰安婦合意に対する新方針」を打ち出した問題です。

安倍政権はこの新方針を「日韓慰安婦合意を動かそうとするものだ」と強く牽制していますが、「慰安婦合意は全面的に無効だ」とする政権公約を掲げて大統領に当選した文在寅氏としては、大統領就任時点から現在に至るまで、隙あらばこの合意を破棄しようとしている節があります。

そして、2つ目は北朝鮮の核開発問題を巡る日韓のスタンスの違いです。

安倍政権は米国・トランプ政権と連携し、昨年、国連安保理で北朝鮮に対する厳しい制裁決議案の成立に尽力しましたし、日本人拉致事件が解決していないという事情もあり、北朝鮮に対しては、わが国独自の厳しい制裁も課しています。

それなのに、韓国が1月9日に開いた南北高官級協議では、平昌五輪を巡る南北協力だけでなく、勝手に軍事対話を始めるなど、明らかに韓国が「日米韓連携」の結束を乱す行動に出ています。

産経ニュースに安倍総理が語った内容は、これらに対して正攻法で、正面から韓国を説得するという安倍総理なりの姿勢であると評価して良いでしょう。

しかし、今回の安倍総理の決断については、私は支持しません。

なぜなら、韓国政府に誤ったメッセージを伝える可能性が極めて高いからです。

韓国政府に利用されるだけ

一般論で言うならば、家族でも友人でもビジネスでも、何かメッセージがあるならば、手紙や電話で伝えるよりも、直接会って伝えるのが一番効果的です。

当然、外交の場でも同じことがいえます。

先ほどの産経ニュースの報道を見る限りにおいては、安倍総理はこれらの日韓間の懸案を、文在寅氏に直接会って伝えるということであり、そのことの効果自体は別に私も否定しません。

しかし、相手が文在寅氏である以上、たとえ直接会ったとしても、彼は考えを変えないでしょう。

それだけではありません。韓国政府が安倍総理の招聘自体を目的にしていた、という点に注目する必要があります。これは、安倍総理の平昌参加を、韓国が政治利用しようとしているからです。

文在寅氏は現在、中国と米国という、韓国にとって重要な「2大国」を敵に回してしまっています。いや、正確に言えば、中国からは属国扱いされ、米国からは邪険に扱われている状況だといえばわかりやすいでしょうか。そんな韓国は、年初に日本に対して慰安婦合意の「新方針」を伝達し、日本を激怒させた状況にあります。

つまり、「三面楚歌」という状況です。

また、平昌五輪についても、中国、ロシア、米国などの大国の首脳が五輪開会式に来てくれないという状況にあり、そんな韓国が飛びついた相手が北朝鮮です。そして、文在寅氏は「南北融和」と「五輪成功」を足掛かりに、事態の打開を目指しているのです。

そして、平昌五輪が成功すれば、文在寅氏は今までどおりの政策を続けるでしょう。慰安婦合意の履行も、北朝鮮核問題の解決も、遠のくばかりです。

こういうタイミングで安倍総理が韓国を訪問しても、韓国政府に利用されるだけであることは明らかです。

私などむしろ、日本の正確な意思を韓国にわからせるためには、安倍総理が韓国を訪問するどころか、日本が平昌五輪自体への参加をボイコットすべきであるとすら思うのですが…。

何か裏があるのかもしれないが…

外交が安倍総理の得意分野であることはそのとおりだと思いますが、「得意分野で失敗する」のが人間の性です。現在私が得ている情報だけを手掛かりに判断するならば、安倍総理の平昌参加は悪手中の悪手でしょう。

もちろん、最終的には政権の最高責任者である安倍総理ご自身の判断ですが、仮に本件でまた韓国に政治利用されたとなれば、私は日本国民の1人としての怒りを伴いつつ、容赦なく安倍総理を批判するつもりです。

ただ、ここでもう1つの可能性を考える必要があります。

なぜならば、産経ニュースの記事に、安倍総理のこんな言葉があるからです。

何をすべきかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担う者の責任だ」。

つまり、安倍総理が平昌五輪に参加するのを決断した背景に、明らかになっていない何らかの裏事情がある、という可能性です。

たとえば、平昌五輪に北朝鮮の独裁者である金正恩(きん・しょうおん)、あるいはその極めて近い者が参加し、安倍総理と電撃的に会話する、という構想があるのかもしれません。

現時点で何らかの「裏合意」があるのかどうかは、私には判断できません。しかし、安倍総理がこのように不自然な決断を下したということは、「何らかの裏事情がある」という可能性を含んでおく必要はあるでしょう。

【追記】「諸般の事情が許せば」(2018/01/24 10:15)

産経ニュースにインタビューの詳報が出ていました。産経ニュースが報じた安倍総理の正確な発言は、次のとおりです。

五輪は平和とスポーツの祭典であり、日本は2020年に東京五輪を主催する立場だ。諸般の事情が許せば開会式に出席しようと思っています。日本人選手たちを激励したい。現地で文在寅大統領とぜひ会談したい。慰安婦問題をめぐる日韓合意について、韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは受け入れることはできません。この考え方について、大統領に直接伝えるべきだと考えています」(下線部は引用者による加工)

この「諸般の事情が許せば」という表現に、一縷の望みを託すしかないのかもしれません。

読者コメント一覧

  1. むるむる より:

    私もそのニュース見て思わず声を上げて驚いた程です。
    ただこれまでの安倍首相の行動から見ると何やら裏が有ると思って気になってはいるのですが、それでも驚きました。韓国渡航当日に再びボイコットする可能性もあるので楽観視出来なくもありませんが北朝鮮、韓国を追い込む行為に周辺国は動いているだけに大変残念です。

    ただこの行為って前回と同じ感じなんですよね、反日が行き過ぎた韓国で政権が弱っている頃に日本と合意や関係を持つと失敗すると言うロジックです。
    まっそれでも残念ですがね

  2. きゃん’t⇔R より:

    今朝、スマートフォンのニュース速報がポップアップされ、驚き、落胆しました。このタイミングでこの決断、裏合意の可能性は高いのではないでしょうか。引き続き動向を見極めたいと思います。

  3. めがねのおやじ より:

    < 2度目の更新ありがとうございます。
    < この報道を耳にしたとき、正直すごくショックでした。何故なんだ?安倍首相どうしたの?韓国に利用されるだけの悪手だ!と。
    < でもよくよく考えてみると、安倍首相の思惑を素人の私が慮ると、平昌五輪出席に何かあるなと思い当りました。外交上手の安倍さんが、みすみす文大統領の術中に嵌るわけがない。外務省でもこの出席に反対意見が上がった程ですから、よほどの深い思案ではないかと想像します。「何をするかを熟慮して判断し、実行するのは政権を担当するものの責任だ」。インタビュー形式で産経に先に知らせたのも、意味ありげです。普段なら菅官房長官に発表させるのではないですか。
    < 一方、文大統領にしてみれば年初に発表した「慰安婦合意は再協議しないが、日本は再び心からの謝罪を検討せよ」で『言ってやった』と国民にはポーズを取ってます。これを覆すには直接行って、ペンス米副大統領ともども「合意履行せよ、最後通告だ」とやればいい。守らぬなら世界中の笑いもの、何度も国同士の合意を破棄する「でたらめ国家」として名が深く刻まれる。更にいえば友邦関係ではなく、何も共有するものの無い関係に落とせる。施政方針演説通り、60字程度の「貴国とは一切協力関係善隣関係ではない」となり、日本国民からは更に嫌韓票が増えるでしょうし、改憲にも都合がいい。正直、北さえ処分できたら(この難易度が高いのは承知してますが)、韓国などどうでもいい。
    < もしくはそれ以外に、新宿会計士様言われる通り北の金正恩が裏ルートで出席に合意、安倍首相と顔を合わせる可能性もゼロではない。そしたら文は更に立場がない。そこまでは「妄想」ですが、ちょっとがっかりした後だけに、安倍首相の『次の一手』に期待するしかないです。
    < 以上、失礼いたしました。

  4. a4 より:

    産経の記事には米の意向が有ったと有ります、安全保障の問題に格上げされて居るのでしょう
    米は早くからペンス副大統領の出席を発表しています、当然安全保障特に北問題で文タンと会談するでしょう
    その時、日本抜きでペンス副大統領は韓国の文タンと真面な会談が出来るでしょうか
    河野外務大臣でも良いと思いますが、ペンス副大統領とのバランス、安倍総理の性格からして出席は間違いないと思います
    兎に角米に言われたら従うしか道は無いのです日本は、トランプに頼まれれば尚更です

  5. きゃん’t⇔R より:

    さっそく自民党内から官邸へ「訪韓見送りを申し入れ」との報道がありましたね。外交上、米国へ一定の忖度は必要ですが、官邸には「慰安婦問題を巡る韓国政府の対応に大多数の日本国民が否定的である」という現状をいま一度鑑みて再考頂きたいと思います。

    1. むるむる より:

      自民党内で反発が出たって事は今回の首相出席は自民党の規制路線でない事だったのでしょうか?

      自民党も内部は利権屋の巣窟ですが韓国に譲歩する意志が無いはずなので財務省、外務省官僚が動いたのか、それともアメリカ?でも今のアメリカの政治家に安倍首相を動かす程政治力が有るとは思えないから米軍&CIAルートで官僚から安倍首相?うーん分からん。
      でも会見の安倍首相の顔が随分と落ち込んでいた感じがしたからやっぱ外圧かな……

  6. 通りすがり より:

    私もこのニュースを聞いたとき?でした。

    ただインタビューを読むと、
    ・ペンス米副大統領と共に、韓国の対北人道支援に対して早い時期に釘をさす。
    ・韓国政府へ半島有事における在韓邦人の避難協力を話し合う。
    とも書かれています。

    韓国の慰安婦新提案に対する日本政府の立場は、外相、官房長官、総理全てで表明済みであり、既に終わった話です。

    一方、先のカナダでおこなわれた外相会議で韓国は北への人道支援を表明しました。そして、現在の五輪関連の交渉でも各種北への支援を約束したというような話も実しやかに出てきています。このタイミングで、文在寅にペンス副大統領と安倍総理が揃って、北への支援は絶対に許さないという日米の姿勢を直接伝えて釘を刺すことは、(韓国世論も含め)日米と北の間で文在寅を追い込むことになり意味があると思います。

    また、半島有事における在韓邦人を初めとするアメリカ以外の外国人の避難協力が韓国の協力が得られず全く進んでいないことは国際的に考えて異常です。このことを発信することも文在寅の立場を国際的に悪くすると思います。

    保守派の中に「安倍総理が平昌五輪での訪韓自体、韓国の慰安婦新方針に賛同したメッセージになる」と言う人が多々見受けられますが、韓国の慰安婦新方針に対する日本の受け止め方は既に発表済みのことで騒ぎ立てずに、今回の訪韓は韓国の対北人道支援への日本政府の立場の表明、半島有事における在韓邦人の避難協力という側面が強いということを広めることが誤ったメッセージを伝えないことに繋がると思います。
    これのことには意味があると思うが、各種報道では殆ど報じられないでしょう。そういう意味合いがあることも含めて賛否の議論をして欲しいです。

    何にせよ。
    発言を切り取られて公表されないように、産経新聞でインタビュー全文が公表される形での発表ということは良かったと思います。その辺りにも安倍総理の配慮があったのだと思います。

    1. 通りすがり 様

      参考になるコメントありがとうございます。さまざまな視点からのコメントを頂けるのも、私や他の読者の皆様にとって有益であり、非常にありがたい限りです。深く御礼申し上げます。

      ところで、最近、スパム判定ソフトのエラーにより、せっかく頂いたコメントが承認されないことがあります(常連様のコメントも、なぜか時々弾かれます)。
      今回のコメントもなぜかスパム判定に引っかかっていたので、手動で戻しております。
      ご心配をおかけしましたことを深くお詫び申し上げますとともに、今後ともお気軽なコメントを賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

      新宿会計士

    2. むるむる より:

      なるほど!
      すっごい分かり易い解説ありがとうございます!

      てか日本だけじゃなくて他の外人の有事の際の避難計画にまでゴネて進んでいないんですか!?
      冗談でしょ………考えられない

  7. poponta より:

    お疲れ様です。
    以前、BSニュースに2Fが出演した時の雰囲気でこれは安倍首相を出席させる気だなと感じました。安倍首相も出る意向をもっていたのではないでしょうか?南朝鮮にしてみれば出席者全員を政治的に利用しようと、その中でも安倍首相は利用価値がダントツに高いですからね。利用する気が満々の南朝鮮です、それを逆に利用する手もありかと思います、千載一遇の機会かもしれません。慶事にかこつけてとどめを刺すなんてまるで〇〇ザの世界ですけど。その前に靖国神社に参拝してからにしてください、ツートラック外交とはどういうものか神髄を南朝鮮に見せてあげてください。半島の慶事ごと出席には事前に靖国神社参拝を既定路線にしてください。・・・・すいません、妄想でした。

  8. あいあい より:

    産経の阿比留さんが、解説記事を書かれています。
    私も不思議で仕方なかったのですが、いたく納得しました。
    これこそがジャーナリストの仕事だと感じます。

    安倍晋三首相の平昌五輪開会式出席、リスクを取ったぎりぎりの決断 「慰安婦の日韓合意を終わったことにさせない」
    http://www.sankei.com/politics/news/180124/plt1801240004-n1.html

  9. あまね より:

    これは安倍首相の良い一手であり、日本最後の譲歩であることを理解すべきです。日本の首相が履行を直接会って求めたのにも関わらず、文が実行しなければどうなりますか?「日本の誰も彼を説得できない」ということの証明になるのです。この場合、日本は100%中の100%、履行説得の努力をしたことになります。にもかかわらず履行しなければ、これは100%韓国に非があるのであり、今後韓国がどのような末路をたどっても日本には100%責任はないことを国際的に証明するものです。つまり、今回安倍首相は、慰安婦合意のレッドラインを正確に伝え、受け入れられない場合は完全に韓国を敵国としてみなすと暗に言っているわけです。これは「最後通牒」だということです。国際社会が注目する五輪でこれを訴え、再度国際社会を承認として日本が韓国に対し敵対行動をとっても仕方がないという免罪符を得るための訪韓です。韓国はこれを理解できないでしょう。おそらく安倍首相は直接あって「最後通牒」であることをにおわせるでしょうが、失敗に終わるでしょう。しかし、失敗に終わることが安倍首相の真の目標であることを、我々は知っておく必要があります。説得が通用しないことを米国に示し、日韓米から韓国を外すことを決めるための重要なプロセスです。

    1. むるむる より:

      安倍首相の言い分も解るんだけどさぁ韓国側がキチンと安倍首相とかペンス副大統領の警備してくれるかが疑問なんだよ。
      自分は今の韓国行きはいくら外交でも暗殺、テロの危険性から考えると怖すぎて賛同出来ません。トランプの警備さえレベル引き下げて米国から批判される程ですよ、安倍首相の警備なんて怪しい物です。

    2. 匿名 より:

      いやさ。もう何度も何度も譲歩しているわけよ。そんで、ここにきてまた譲歩ですかい?ヒラマサ五輪に阿部ちゃんが政治利用されてるのは明らかじゃん?最後通牒って2015年のアレのことでしょ?一体何回最後通牒したら気が済むの?

      それからあいあいさん。浴びるさんの社説も読んだけど無理くりのこじつけ感が凄くて、正直納得できなかったわ。

  10. 憂国の志士 より:

    (何か、凄いことになってますが、お邪魔…)

    まさかの「X-DAY」なのでしょうか? CIA:ポンペオ長官が「北の米国への脅威現実化は数カ月以内…」と表明しました。今回の安倍首相訪韓は表向き「米国の意向もある…」ですが、真意はもっと強く「米国の指示…」なのでしょう。

    米国からペンス副大統領出席となれば、平昌五輪は「ついで…」で、主題は五輪後についての米韓打ち合わせ(…というより「通告」)なのでしょう。米韓間には、有事の際の「軍事統制権」が宙に浮いたまま明確になっていないという問題があります。

    日本語名称的には「軍事作戦統制権」問題なのですが、この件、古くは李承晩時代から、近時では廬武鉉政権で取り沙汰されて議論されましたが、この国、得意のはぐらかしで、対米国に対しても日本と同様、歴代政権がごまかしてきた経緯にあります。

    文政権は近時「…米国のいかなる軍事行動も韓国の承認無しには認めない…」などとハッタリをかましていますが、そんなカラ脅しを米国がまともに捉える訳が無く、全ての軍事作戦行動は米軍主導で行い、かつ、韓国軍の全ては米軍政下で管理・統制します、よ、という通告に、ペンスさんが赴くのでしょう。

    それであれば安倍総理の訪韓は意味を持ってきます。X-DAYを睨んでの訪韓であれば、件の醜悪像云々など、日米間には「とうに終わった戯言」です。文が如何に赤化、北との同化、統一ノーベル賞を目論んでも、自国が滅失してしまう亡国の前には遥か彼方に霞んでしまいます。

    日米一枚岩で文に対し「どちらに就くのか、ハッキリしろ!!」と脅されれば、政治経験ド素人の文在寅にはそうとう堪えるでしょうし、自国の運命を自らが、イチ私個人が背負わされるとなれば最早、反日風など吹かせている場合では無くなります。

    それこそ、風が吹けば消えるような「ロウソクで当選した大統領」ですから、その風が、内から吹くのか、外から吹くのか、絶えず風向きばかり気にしているご時世でしょうが、それは図らずも自分が招いた事態であるのは明白です。

    今回、安倍総理が訪韓するのであれば、必須、「1.日本国としての立ち位置の明確化。2.醜悪像云々は日本として完全に終わった事。何らの議論・譲歩も今後、絶対に有り得ない事。3.有事発生時の邦人保護に日本は、韓国側の都合に拠らず、如何なる手段をも講じ得る事。」…を明確に提示し、かつその場で(帰国前に)文書として「文政権及び今後の如何なる政権移譲に関わらず…」を確定条件として持ち帰り、日本国民および世界に周知して頂きたい。

    (蛇の足:日本政府専用機は「自衛隊機」なのだが、文句言うなよ、な…)

  11. 非国民 より:

    伊藤博文みたいに暗殺されると歴史に名が残ります。日本は悲劇的に死ぬと有名になります。暗殺覚悟で行くのかもしれません。安倍総理が暗殺されれば日韓関係は完全に終了。アメリカも文句がいえません。日米同盟をとるか米韓同盟をとるか、どちらかをアメリカはとらなければなりませんが、結果はあきらかでしょう。韓国が沈没することで宗主国の中国も負担を強いられます。中国、韓国、北朝鮮を破壊する作戦かもしれません。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。