【補足】河野大臣、異例にもTFに強く反応

速報として、本日2本目の配信です。『慰安婦合意TF:自ら墓穴を掘った韓国政府』で触れた、韓国政府側の慰安婦合意TFを巡り、わが国の河野太郎外相が異例の声明文を発表しています。

中東歴訪中の河野大臣、異例の反応

昨日、韓国政府が設置した「慰安婦合意に関するタスクフォース(TF)」が2015年12月28日の「日韓慰安婦合意」に関する検証結果を発表したことを受け、中東を歴訪中の河野太郎外務大臣は昨日、異例なことに、つぎの3点からなる声明を発表しました。

1 本27日,韓国外交部長官直属の「慰安婦合意検討タスクフォース」が,平成27年12月28日の慰安婦問題に関する日韓合意についての検討結果を記載した報告書を発表しました。同報告書は,合意に至るまでの韓国国内における交渉体制や合意の内容について批判するものであり,既に両国内で履行されている合意につき疑義を呈するような考え方が韓国政府に対して示されました。

2 一昨年末の日韓合意は,民主的に選ばれた日韓両首脳の下で,外交当局間の局長協議を含め,あらゆるレベルで努力を行った末に,当時の岸田文雄外務大臣と尹炳世(ユン・ビョンセ)韓国外交部長官が,慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認し,共同記者発表において表明したものです。また,同日に行われた首脳電話会談でも「最終的かつ不可逆的」な解決を確認しており,この合意は両国首脳間の合意でもあります。この合意は,両政府間において正当な交渉過程を経てなされたものであり,合意に至る過程に問題があったとは考えられません。

3 日韓合意は,両政府間の合意であるとともに,国際社会からも高く評価されたものです。今般の報告書には,韓国政府の日韓合意についての立場は含まれていませんが,日本政府としては,韓国政府が同報告書に基づいて,既に実施に移されている合意を変更しようとするのであれば,日韓関係がマネージ不能となり,断じて受け入れられません。日本政府としては,韓国政府が合意を「最終的かつ不可逆的」なものとして引き続き着実に実施するよう,韓国側に対し,強く求めます。

河野外相は12月25日にパレスチナ、イスラエル双方を訪問し、高い成果を上げたばかりですが、その河野外相がわざわざ中東から、このような談話を発表したのです。

ますます窮地に立つ韓国政府

内容については、私はとくに3番目の下りに着目しています。

韓国側が慰安婦合意を「変更」しようとするならば、「日韓関係はマネージ不能となる」、という下りです。

これは、歴代外相の発言としても、異例に強硬なものです。なぜなら、「破棄」「無効」「再交渉」のいずれも、絶対に許さないという、強い意志が示されているからです。

実際に韓国政府が今回のTFに基づき、慰安婦合意について何らかの変更を加えようとしたら、河野外相は日韓関係が「マネージ不能になる」、と韓国側に申し渡しました。

外交事なかれ主義が続いてきたわが国において、これは非常に大きな変化です。

いずれにせよ、先ほど『慰安婦合意TF:自ら墓穴を掘った韓国政府』でも申し上げましたが、今回の韓国側のTFは、いわば完全な「自縄自縛」であり、オウンゴールです。

ますます窮地に立つ韓国政府が、これからどう動くのかが見物であるといえるでしょう。

読者コメント一覧

  1. 埼玉県民 より:

    河野外相はバカ犬にエサをやらない決意がはっきりしていて結構なことです。 売国奴でも親は親なので、親の罪を償うのは誠に立派です。 米軍管理売春婦の皆様は、次のおかわりは、本来の管理者である、自国政府か有料優良顧客の米国にお願いします。中央日報の記者さんも論点を間違わないようにお願いします。

    1. 埼玉県民 より:

      中央日報の記者様に追伸です。 旭日旗の本家捏造新聞も高級取の追軍売春婦であることを認めていますから、貴国の歴史と同じファンタジーを創作するのはいい加減やめましょう。 今年はソメイヨシノ起源説がもう始まったようですね。 DNAとか受験科目に入っていないのですか?やはり漢字を廃止して、日本政府が普及させたハングルだけにした愚民政策が間違っていたと思います。 ひらがな新聞は読書だけでなく記者もバカにするようですね。 本記事の記者様は日本語を学ぶ際に漢字も習ったと思いますので、漢字で書かれた戦前戦中の自国新聞の記事をお読みいただければ赤面のあまり新聞記者をやめたくなると思います。 ご家族も生活もあり、本国で生きていけなくなるのでファンタジーを創作し続けるしかない民族の宿痾を心より同情します。

  2. 清明 より:

    >「慰安婦合意検討タスクフォース」
    なんと言いますか、もう表現しようがない無茶苦茶言ってますよね。

     韓国の国内問題を勝手に検討しているだけのこと、日本が内政にとやかく言う必要はあ~りません。
    平昌閉幕すると見直しを日本へ要求して来るでしょうから、その時にはきっぱり韓国の要求をはねのけ、合意の履行を求めればいいでしょう。

    韓国は本当にめんどくさいね・・orz

  3. めがねのおやじ より:

    < いつも更新ありがとうございます。
    < 昨日から体調良くてねえ、、、(笑)。南鮮のワヤクチャ、ドタバタシロート劇見てるようで、どこまでアホタレ国民かと、余裕で報道仕入れています。慰安婦合意の非公表部分は「日本から申し入れがあった」なんて、またすぐバレる嘘をつき、キッチリ河野大臣から「韓国から公表しないよう、先に申し入れがあった」と反論されています。河野大臣は厳しく対応してますね。親とのギャップが激し過ぎる。これぐらいやっときゃ首相になれたのに(もう老体はいい)。また河野大臣は「前の政権がやったことだから、知らないということなら、何事においても日韓が合意するのは難しくなる」「非公表を前提にしたものを一方的に公表した。極めて遺憾」。よしよし、『一方的公表』・・・また対韓カードが増えた。外務大臣の仕事は徹底的に日本国有利に外交を進める事。無礼下品韓国人を完膚なきまで叩き潰して下さい。
    < 此の期に及んで愚民を煽り、合意破棄という空気を、文大統領は作り出すのでしょうか。何らかの合意変更を国内世論で焚き付け、対日カードとして切るようなマネをしたら、河野大臣がタダではおかんぞッですね。また私達も油断禁物、悪知恵の親分も横に控えてるし、「さっさと履行せいッ」しか言うことはありません。おっと今訪中してる二階俊博幹事長、くれぐれも要らぬ発言せぬこと。早よ帰って来い。
    < 失礼いたしました。

  4. 憂国の志士 より:

    慰安婦像増殖の犯人は挺対協です。代表者は尹美香なる人物ですが、この人物および団体:挺対協は、今では殆ど赤化されてしまった韓国国内でも要監視指定団体とされています(いました)。資金支援・活動後援には韓国内親北勢力と併せ、日本国内の朝鮮総連(民団も)も大きく関与しています。

    挺対協は韓国国内に留まらず、外国、特に米国内で現地の旧在:韓国・朝鮮・中国人市民を取り込んで、その勢力を拡大していきました。地方議員などが得票欲しさに訳も分からず迎合した結果、いまや韓国国内外で50体を超えるまでに増殖しています。

    いまの文政権からみれば前:朴政権の反日はまだ可愛いもの、だったような気がします。朴槿恵の致命傷はこの「日韓慰安婦合意」だったのではないでしょうか。何故ならこの合意後、突如としてアノ崔順実ゲートが暴かれ、怒涛の如く崩れ落ちた政権だったからです。数十年も側近として存在した人物をして主が大統領になってもなお「誰も知らなかった」訳が無いからです。

    文在寅はこの時とばかりに民衆を煽り、ロウソクを灯して民意を誘導した結果、保育園・幼稚園の頃から「反日」で育て上げた現:壮年層への洗脳効果もあり、その成果によって大統領となったわけです。日本への軍事攻撃をも示唆した、かの廬武鉉の一番弟子として、面目躍如たる思惑でしょうか。

    日本外務省もようやく椅子に張り付いていた重い腰を上げたようです。現:河野外相は至極当然の、いままで誰も言えなかった、言わなかった当たり前の仕事をやっとしてくれている、ように思えます。慰安婦像増殖は止まりません。日本大使館の、釜山領事館の醜悪像を撤去など、幾ら日本が望んでも無理でしょう。

    無視しましょう。そしてこの国自体も無視しましょう。日本は国際関係国を巻き込んで韓国を孤立させ、カネのチカラで「真綿で首を締める」が如くじわじわ、ぎりぎり、と、締め上げていけばよいのです。支那の誰かが云っていました。「朝鮮人を黙らせるには大声で、ぶん殴れ!」らしい…。

  5. 黄昏せんべい より:

    太郎はやればできる子
    バージョンアップしたと言って
    ・日本は軍として強制連行も性奴隷にもしていない
    ・ありゃ公娼で自称慰安婦は日本軍の協力者
    ・その節は苦労もかけたが協力してもらって感謝しておる
    てな調子の「新河野談話」をぶちまけてくれ

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。