2人の女性政治家の辞任

私は、稲田朋美さんという人材については、いずれ復活するものと期待しています。その一方、村田蓮舫さんという人罪については、政界から綺麗さっぱり消えてなくなってくれたら嬉しいと思っています。

本日は時事ネタを拾います!

昨日、9月初旬に刊行を目指している専門書のゲラ(第2校)が返ってきてしまいました。書籍のタイトルも表紙のデザインも決まっておらず、索引もこれから作らなければならないという状況であり、今週末は再び書籍とにらめっこすることになりそうです。

ただ、本日は「どうしても拾っておきたい時事ネタ」があります。それは、2人の女性政治家の「辞任」に関する報道です。

2人の女性政治家の「辞任」

昨日、冒頭に「速報」として取り上げたとおり、2人の女性政治家が相次いで「辞任」を表明しました。村田蓮舫(むらた・れんほう、中国名「謝蓮舫しゃれんほう」)氏が民進党の代表を、稲田朋美氏が防衛大臣を、それぞれ辞任する方向だそうです。

当ウェブサイトをご覧いただいているような方であれば、すでに事実関係についてはご存知だと思いますが、それでも一応、簡単に経緯を振り返っておきましょう。

両者ともに、辞意を表明したのは7月27日の木曜日です。

報道によれば、稲田氏の辞任理由は「南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣された部隊の日報を巡る特別監察結果の公表を控え、自ら責任を取って辞任する」というものです。また、都議選での応援演説での「失言」も、今回の辞任につながったとの指摘は多く見受けられます。ちなみに防衛省では黒江哲郎防衛次官、岡部俊哉陸上幕僚長の両名もあわせて辞任するため、「日報問題」は防衛省の「3トップ」の首を飛ばした格好となっています。

一方、村田氏の辞任理由については、マス・メディアの報道を見ていても、いまひとつ、よくわかりません。というのも、稲田氏と比べて報道の扱いが軽すぎるからです。産経ニュースによれば「迷走に迷走を重ねた末の辞任劇」としているほか、産経以外のメディアでは「幹事長人事が決まらなかった」といった報道もあります。しかし、このニュースを読んで、「迷走に迷走を極め、幹事長人事が決まらずに退任したものだ」とシンプルに信じ込むと、真相を読み誤るのではないでしょうか?

そこで本日はこの2人の女性の辞任について、私なりにその背景を探ってみたいと思います。

お断り:当ウェブサイトは政治的に偏っています!

私は当ウェブサイトを、できるだけ「客観的に確認できる事実」をベースに構築しているつもりですが、それと同時に、政治的スタンスとしては、どちらかといえば「親安倍」だと考えています。このため、当ウェブサイトの「意見」に及ぶ分野については、相当に偏っていますので、当ウェブサイトを閲覧される方は、その前提を置いたうえでご覧ください。

当然、本日の議論でも、読む人によっては、「村田さんに対して厳しく、稲田さんにとって甘い記述だ」と思うかもしれません。それでも、当ウェブサイトでは「客観的事実」部分と「主観的意見」部分をきちんと分けているつもりですので、もし客観的事実の部分について誤りがあればご指摘ください。一方、主観的意見の部分で意見の相違がある場合でも、基本的に私は意見を変えるつもりはありませんが、異なる意見を排除するつもりも全くありません。

異論がある方は、いつものごとく、ウェブサイトのコメント欄にてご自由にご主張下さい。

稲田氏は「失言王」なのか?

稲田氏の「不祥事」①国会涙事件

稲田朋美氏は昭和34年(1959年)2月20日生まれの58歳です。22歳で早稲田大学卒業後、おそらく、1年半程度「司法浪人」をしたのちに、24歳で司法修習所に入所。26歳で弁護士登録を行っています。

その稲田氏に転機が訪れたのは2005年9月に行われた衆議院議員総選挙(いわゆる「郵政解散」)です。小泉首相の郵政改革法案に反対した松宮勲議員(当時)に対する「刺客」として、福井1区から立候補して初当選しました(ちなみに福井選挙区で落選した松宮氏は、2009年8月の総選挙で民主党公認候補として福井3区から立候補し、比例で復活当選したものの、2012年12月の総選挙で落選して政界を引退しています)。

稲田氏はその後、自民党に猛烈な逆風が吹いた2009年8月の総選挙でも当選し、自民党が野党時代の2010年9月には副幹事長に就任。2012年12月に自民党は政権与党に返り咲きましたが、2014年5月には第2次安倍内閣で「国家公務員制度担当大臣」、同年9月には政調会長に就任するなど要職を歴任し、遂に昨年8月に、第3次安倍内閣(第2次改造)で防衛大臣に就任したものです。

ただ、防衛大臣就任後は、メディアから叩かれることが急増しました。

最初の「事件」は、「国会涙事件」です。2016年9月30日の衆議院予算委員会で、民進党の辻元清美議員から、同年8月15日の全国戦没者追悼式に出席しなかったことについて追及を受けて涙ぐんだのです。

稲田氏の「不祥事」②日報隠蔽事件

それだけではありません。今回、辞任の直接のきっかけとなった「日報問題」を巡る答弁が二転三転したことです。

この問題は、国連平和維持活動(Peace Keeping Operation, PKO)により南スーダンに派遣された自衛隊が「日報データ」を隠蔽していたとされるものです。報道により微妙に記載が異なるのですが、ざっくりとまとめると、次の通りです(図表1)。

図表1 日報問題の経緯
時点出来事
2016年10月民間のジャーナリストを名乗る者から、2016年7月の日報開示を防衛省に対して請求
2016年12月初旬防衛省は開示請求された日報が「破棄された」として不開示とする決定を行った
2016年12月下旬日報の電子データが残っていたことが判明
2017年1月下旬統合幕僚監部が稲田防衛相に「データが残っていた」と報告
2017年3月中旬民進党・後藤祐一衆院議員らが国会で稲田大臣に対し「大臣が破棄を指示したのではないか」と追及

昨日公表された防衛庁の「特別監察」の結果、稲田防衛大臣が隠蔽を指示した事実はないとする報告書が公表され、稲田大臣の「無実」が証明されましたが、今となっては後の祭りです。

稲田氏の「不祥事」③都議選応援演説

極め付きは、今年7月2日に行われた東京都議会選挙での、稲田氏の応援演説にあります。

稲田氏は6月27日、東京都板橋区で開かれた、自民党候補者を応援する集会で、次のように発言しました。

(この候補者に投票するよう、)防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としても、お願いしたいと思っているところだ。

これは聞き捨てならない、非常に大きな問題発言です。なぜなら、防衛省や自衛隊といえば「国の機関」であり、国の機関は常に政治的に中立でなければならないからです。法律(とくに統治機構)を少しでも学んだことがある方にとっては、そんなことは「基本中の基本」です。弁護士でもある稲田氏が、こういう失態を犯すとは、残念でなりませんし、即時辞任しているべき問題発言であると言わざるを得ません。

稲田氏はいったん身を引き、再起を図ってほしい

以上、稲田氏の「不祥事」とされる項目を3つほど列挙してみました。

このうち③については言語道断であり、これだけで稲田氏は辞任に値すると思います。しかし、その一方で、①や②については、正直、何が悪いのか私にはよく分かりません。

ただ、それはともかくとして、稲田氏のような政治思想の持ち主を疎ましく思う人も多いらしく、「文筆家/著述家」を自称(?)する古谷経衡という人物が、稲田氏に対する誹謗中傷の塊のような記事を公表しています。

”ネット右翼のアイドル”稲田朋美防衛大臣辞意~その栄枯盛衰を振り返る~(2017/07/27 23:56付 YAHOO!ニュースより)

もちろん、稲田氏は国会議員であり、公人です。政治家である以上、厳しい口調で批判されることは当然です。さらに、その批判に、時として誹謗中傷、事実誤認、意見の極端な偏りがあろうとも、政治家に対する「名誉棄損」など成立しないのです。

それを踏まえたうえで、私はそれでも稲田氏の思想や言動には共感するところも多く、このまま政界を引退してしまうにはあまりにも惜しい人材だと思います。そして、今回、稲田氏が大臣を辞任するきかっけとなったのは、彼女の資質にあるというよりはむしろ、彼女自身の「脇の甘さ」にあったのではないかと考えています。

考えてみれば、安倍晋三総理大臣自身も、初めて2006年に総理大臣に就任した際に、自治労の巣窟であった社会保険庁が主導した「消えた年金問題」という「自爆テロ」に巻き込まれて退陣の憂き目に遭っています。そして、安倍晋三とうい政治家は雌伏し、非常に勉強をし、努力をしたことで、2012年12月には日本国総理大臣として奇跡の復活を遂げました。

私は稲田氏も安倍総理に倣い、いったん身を引き、雌伏したうえで、やがては再び政界の表舞台に立ってほしいと思います。少々稲田さんには厳しいことを申し上げますが、期待しているからこそ、そのように申し上げるのです。

村田さん、逃げる!

二重国籍問題は三重国籍問題、四重国籍問題に発展?

一方、稲田氏と同日に、民進党の代表を辞任する意向を表明した村田蓮舫(むらた・れんほう、中国名「謝蓮舫」=しゃ・れんほう)氏については、先ほども申しあげたとおり、「メディア報道上は」、なぜ辞めると決めたのかがよくわかりません。

いちおう、公式的には「東京都議選の惨敗の責任を取り、辞意を表明した野田佳彦幹事長の後任人事が決まらず、村田氏が遠心力を求心力に変えるために身を引くことにした」といった説明が流れているようですが、これは適切ではないでしょう。

村田氏自身、党代表に就任して以来、二重国籍問題を抱えていました。この二重国籍問題とは、村田氏が少なくとも日本国籍と台湾国籍の2つの国籍を所有していた問題です。そして、村田氏は自身の二重国籍問題を巡る説明が二転三転し、最終的には「ついうっかり、台湾国籍の離脱ができておらず、二重国籍状態となっていた」と説明していたものです。

村田氏は自身がいつの時点で日本国籍を選択したかについて、それを証明するための戸籍謄本の公開を頑なに拒んできました。ところが、7月18日になり、唐突に戸籍や台湾国籍の喪失証明書などを公開。これにより自身の二重国籍問題に「幕引き」を図ろうとしたものです。

ところが、私自身も『村田蓮舫代表、二重国籍問題幕引きに失敗』で申し上げたとおり、彼女の説明でも公職選挙法違反の疑念(二重国籍という経歴を隠して立候補した疑い)を払拭することはできませんでしたし、何より、彼女自身の言動から見て、彼女が少なくとも台湾の国籍を保有していた事実を、自分で認識していたことは明らかです。

余談ですが、ここにきて、村田氏は台湾国籍だけでなく、中国国籍や、(インターネットの俗説によっては)韓国国籍も所持しているのではないか、といった疑惑も生じているようです。もちろん、これらの疑惑はインターネットのユーザーなどが提唱しているものに過ぎません。ただ、村田氏のロジックだと、「疑われた方が無実を証明する責任がある」のだそうですから、村田氏自身が中国国籍や韓国国籍持っていない事実を証明する責任があるのではないでしょうか?

村田氏の辞任の正体は「逃亡」?

いずれにせよ、私は村田氏の今回の唐突な辞任の原因については、自身の疑惑について、これ以上隠し立てができなくなったというのが実情に近いと考えています。

村田氏自身が公表した書類には、主にインターネットを中心に、多くの疑念が提起されています。台湾国籍の離脱証明書を巡る「7つの疑惑」とする画像が有名ですが(ただし、私はそのすべてに同意するわけではありませんが)、とくに顔写真が斜めに写っている点と、村田氏が台湾国籍離脱手続を申請してから許可を取得するまでの期間がわずか1週間であること点については、極めて不自然であると言わざるを得ません。

つまり、村田氏は今回の一連の書類公表により「幕引き」を図ろうとしたものの、マス・メディアではなくインターネットを中心に猛烈な反論に直面したことで、これ以上逃げ切れなくなったというのが実情ではないでしょうか?

村田氏の辞任を歓迎する!

こうした中、保守派の論客の中には、村田氏を「自民党応援団長」だと揶揄する意見もありました。

これは、村田氏の言動が結果的に全て自民党を利するものとなっており、村田氏が民進党の代表に居座れば、その分、民進党の瓦解が早まるので好ましい、といった意見です。

しかし、私はこうした意見には与しません。むしろ、村田氏が民進党を瓦解に追い込んだ場合、民進党に所属していた議員が一斉に「政党ロンダリング」に走ることは、目に見えているからです。そして、私が「ポピュリスト」と呼んで批判する小池百合子東京都知事が率いる「都民ファーストの会」(実情は「小池ファーストの会」)あたりが、民進党からの離脱者の「受け皿」となり、国政選挙で大躍進しようものなら、2009年の悪夢が再来することにもなりかねません。村田氏が代表に居座ることで、民進党が瓦解・分裂すれば、政治的には全くの無能な議員がお得意の政党ロンダリングに走ることは目に見えているのです。

あるいは、民進党が急激に弱り過ぎた結果、党の瓦解を免れたとしても、日本共産党というテロ組織に乗っ取られてしまう可能性だってあります。その意味で、村田氏の辞任については、私としては全面的に歓迎したいと思うのです。

なお、誤解がないように申し上げておきますが、私は自民党を無条件に支持している訳ではありませんし、民進党を無条件に嫌っている訳ではありません。自民党には酷い人材も多く(つい最近もパワハラ議員や不倫議員がいましたっけ)、片や、民進党の中にもまともな人材は存在します(数は極めて少ないですが…)。

ただ、民進党に所属する議員には、驚くほど無能な人間が多く、最近だと、自称「憲法専門家」の小西洋之参議院議員(別名「クイズ小西」、あるいは「ダイブ小西」)や獣医師会から賄賂を受け取っていた玉置雄一郎衆議院議員、「テロリスト・生コン」こと辻元清美衆議院議員、さらに「ガソリーヌ」こと山尾しおり衆議院議員などが有名です。

民進党が緩慢に衰退する一方で、自民党に代替し得る責任野党が育ってほしいというのが私の願いなのです。

村田さんの後任は小西さんか有田さんか辻元さんか?

ただ、その一方で、村田蓮舫氏が代表を辞任した後で、誰が次の民進党代表に就任するのかについては、気になるところです。

作家の百田尚樹先生は、村田氏の後任としては、有田芳生氏か辻元清美氏、小西洋之氏が良いとつぶやいています。

もちろん、百田先生のことですから、本気でそう思っていらっしゃるわけではく、彼一流のブラックジョークだと思います。

しかし、このツイートを見た後で、民進党の人材難がそこまで深刻なのかと驚きました。村田氏が辞任しても、民進党が瓦解に向けて突き進んでいくコースは変わらないのかもしれません。

余談:ニコニコ世論調査

本日の余談ですが、興味深い話があります。

新聞・テレビの世論調査では、安倍政権に対する支持率が急落していることはご存知の通りですが、その一方で、インターネット上の調査では、政権支持率は顕著に低下していません(図表2)。

図表2 安倍政権に対する支持率
媒体支持不支持
読売(7/7~9)36%52%
朝日(7/8~9)33%47%
毎日(7/22~23)26%56%
日経・テレ東(7/21~23)39%52%
NHK(7/7~9)35%48%
共同(7/15~16)35.8%53.1%
産経・FNN(7/22~23)34.7%56.1%
ニコ動(7/20)51.7%24.1%

(【出所】《世論調査》安倍内閣支持微減51.7% 不支持微増24.1%~ネット調査7月号~

主要メディアの調査だと支持率は軒並み30%台で、中には毎日のように26%というものもありますが、ニコニコ動画だと支持率は50%を超えています。同じ時期に調査しているため、ニコニコ動画の調査が正しいのか、既存メディアの調査が正しいのか、あるいは両方が間違っているのかはわかりません。

ただ、私の仮説が正しければ、日本のマス・メディアは既に「報道機関」ではなく、単なる「言論テロ機関」に成り下がっています。私の仮説が正しいかどうかについて、その結論は、意外と早くわかるのではないかと思います。

読者コメント一覧

  1. 激辛大好き より:

    世論は移ろいやすく飽きやすいものです。安倍総理も就任して長くなり、世間の飽きが見えてきたところに、マスコミが創った不祥事で人気が落ちてきた。ただ、総理に代わるべき人物は見当たらないし、野党はだらしないので、この状況を乗り切ればまた安部総理を見直すことも考えられます。
    日本人は他人の悪口を言う人物を良く思いません。政党も同じで共産党が支持を伸ばせないのは、他党の批判ばかりするからで、社会党が凋落したのも、最近の民進党も同じです。民進党を離党した長島議員が「政策7割、批判3割がベスト」と言ってましたが正論です。しかし、民進党執行部は全くこれを聞き入れなかった。政策は地味で批判は派手ですから、民進党執行部は批判に重点を置いてしまった。この流れは次の代表が誰になってもなかなか変わらないと思う。
    それにしても、百田先生が有田芳生氏、辻元清美氏、小西洋之氏の名前を挙げるとは、民進党の人材は実に豊富だと改めて思います。前原氏や枝野氏ではあまりに代わり映えしませんから、是非ともお三方の誰かに代表になってもらいたいものです。

  2. ぶたさん より:

    先生、毎日の更新ありがとうございます。

    蓮舫の辞任について
    私個人の解釈(希望)ですが
    「逮捕」
    が、迫っている!
    から
    捜査が間近にきたから
    だと(無茶苦茶私の希望)

    あれだけ、国民を裏切った「犯罪者」は
    逮捕されるべきです。

    百田先生の推薦される三人、凄いメンバーですね!
    さすが、人材豊富な民進党!!

    私は、その三人の他に
    今、何かと話題の
    「大西健介」
    それと「初」を「馬」に変えたらピッタリの
    「初鹿明博」
    の両名を推薦いたします。

  3. ただのオヤジ より:

    いつも読ませて頂いております。毎日いろいろ考えらせる話題で非常に感謝してます。

    稲田さんは大臣には不向きと思います。失言癖は今後も治らないでしょう。

    なぜかと言うと、「籠池さんの弁護を頼まれたことはありますか?」との問いに「ありません」と即答してしまったこと。私ならば、質問者がなにか情報を持っているな:と予測し、「今、思い出せいので調べます」と答えます。

    ついつい、思いついたことをいちゃう人ていますよね。彼女はそのタイプと思います。
    今日の報道を見ても、安倍総理に何度も相談して・・・・・安倍総理は相談を受けていないと・・・・
    やっぱりこの人ダメ。

  4. mko より:

    毎日、興味深く拝読させていただいております。

    稲田さん「辞任」そんな時

    またしても北朝鮮はミサイルを発射しました・・・

    奇しくも、29日(天候不良で中止となりましたが)
    北海道大樹町にて、ホリエモンこと堀江貴文氏が、
    ロケット打ち上げを予定していた前日深夜
    大樹町のある、北海道近海・・・
    そして、私が住む北海道・・・

    稲田大臣の「失言」は確かに、甘い!に一言です

    ・・・が、今はまだ海に落ちただけで
    人命が奪われてはおりませんが、奪われてからでは遅い!

    そんなことが、まったく論議られ(論議られているのでしょうが)
    野党にいたっては(そうではないかもしれませんが)、
    このような北朝鮮の行為を、ただただ「遺憾」だ!と言っているように
    思えてなりません。

    だからこそ、稲田大臣の辞任には(実は任命も)心底、がっかりです。

    蓮舫氏に至っては当然のことですが、マスコミの手加減差に
    心底ガッカリ・・・

    マスコミはいったいどこに向かっているのか・・・

    話は少し前の内容ですが、「スポンサーに物申す」

    実は一度電話及びメールしましたが
    やはり一人の力では「変人」扱いでした(笑)

  5. めがねのおやじ より:

    いつも更新ありがとうございます。
    稲田氏と村田蓮舫氏、二人が辞めても取り上げられ方が全然違います。私も稲田氏は再チャレンジを、村田蓮舫氏へは、もう見たくない、退場というスタンスはハッキリしてますが、マスコミでは稲田氏が大臣の器でないとか舌禍事件が多すぎるとか散々メーンで取り上げられました。かたや村田蓮舫氏になると、急にトーンダウン。あの威嚇するモノの言いよう、相手を見下した発言など勘案すれば党代表として失格のヒトなのに、何故もっと追求しないか、国籍が4つもあるなんて、どうしてだと究明して欲しいが、どこもしないでしょう。稲田氏には一回り大きくなって、捲土重来を期してもらいたいです。
    新宿会計士様の紹介のあった古谷経衡氏のコメント、なかなか大したもんですね(笑)。「外国人=犯罪者=在日コリアン=生活保護不正受給者と結び付ける論法はおかしい」と言ってますが、何もおかしくない。本当のこと。お若いようだし、バカにしてる訳ではないが、北海道出身で生保や在日のことをまるで理解されてないようですね。
    ①警察庁発行の全国指名手配犯のポスター8人いたら4人は外国人②外国人と言っても朝鮮人韓国人、中国人が圧倒的③犯罪者のうち、暴力団関係は7割が朝鮮人韓国人、3割が被差別部落出身者である④生活保護不正受給者は、生活保護受給者の多い地域で多い。それは東京、神奈川、大阪、兵庫、福岡などである。
    以上のようなことはアタマに無いようです。稲田氏のことも罵詈雑言で罵ってますし、「稲田」と呼び捨て。よほど保守系が嫌いなんでしょう。突っ込みどころ満載。
    さて、安倍政権の支持率は30%台と落下してますがニコ動は51%と知り、多少ホッとしました。最後にまた夜中に北がミサイル発射し、日本のEEZ内に墜落しました。もう、狂人のおもちゃを取り上げ、シメシを付ける時ではないでしょうか。南鮮や中国の言う対話など、何もしないと言ってるのと同じ。危ない想いは日本です。米国と日本で北を締め上げて欲しいと、このサイトを見られる方の中でも多いのではないでしょうか。

  6. 夕刻の寿司 より:

    てめえの相方の悪鬼ーすらコントロールできないんだもの
    閣僚の人心掌握なんかできる器じゃねえのよそもそも安陪ちゃんは
    なんでまたこんなトモミンみたいな発達障害者を
    それもまたよりによって防衛大臣なんかに任命するかな
    普通に現場は士気盛り下がりだろ網タイツにハイヒールだぜ
    そんな恰好で敵と戦えますかってよ
    あんたは国会で勝手に涙ぐんでりゃいいけど
    こっちゃあ弾撃ったり撃たれたり殺したり殺されたりだ
    ざけんなだろよ普通

  7. 左翼 より:

    ブログ主さん、相変わらず偏ってますね。稲田さんのことをここの読者もあまり擁護してないみたいですよ。ま、読者のコメント如きで意見を変えたりするブログ主じゃないことなど百も承知ですが…。

    でもれんほうさんの唐突な辞任については新聞もテレビも深く取り上げようとはしませんね。取り上げてる話題は稲田大臣の話ばかりです。他のネトウヨのブログを見てると逆にれんほうさんの話ばかりです。

    確かにここのブログはブログ主にとって都合悪い話題も同じくらいに取り上げてるのでフェアーだと思います。

    1. 夕刻の寿司 より:

      その某れんほー氏は単に野田氏の傀儡なだけで
      野田氏が匙投げたら何もできないことに今更気づいて
      目を赤くしていつものように意味不明な供述しており
      引き続き警察では精神鑑定も含め動機の解明に当たる方針です

      1. むるむる より:

        お巡りさんお巡りさんこの際朝鮮総連関係者と共産党員全員逮捕してくだせえ
        朝鮮総連関係者全員逮捕すれば少し平和に、共産党員全員逮捕すれば場所と時間御構い無しで騒音を撒き散らす害虫が消えて住宅街と駅が少し静かになりますよ。

  8. むるむる より:

    それよか今日落とされた事実上のICBMの落下場所が北海道の祖父母宅に近くて恐怖なんですが……政治に無関心な家族も心配すると言う珍事よ

    防衛大臣は経験を積ませるレベルで選んじゃダメよ中国、ロシア、北朝鮮、韓国それぞれと摩擦を抱えてるんだから、最初っから元自衛官で人望も高い人物で良いよ。
    純粋な政治家から選ぼうとすると政敵から攻撃の対象にされて厄介ごとの連続になるし、稲田氏の能力とは別の問題で火種になる。軍務経験無い政治家だと軍事の専門家って訳じゃないから現場の要望を反映しづらい。軍務経験者であろうとも防衛大臣になるには選挙しないといけないからそこで国民の目で選別されるから暴走はよほどのことでもない限りしないでしょ。

  9. 憂国の志士 より:

    大臣・閣僚(=責任者)の資質という意味では、私は「岸田:外務、稲田:防衛」にかつてから不満を抱いています。稲田氏は、国防という大義を任せるには、舌鋒力(弁護士のワリに…)、国防知識、組織統率力、で非力さを感じます(元い「した」)。岸田外相には、大人し過ぎる、(前記:同)舌鋒力、言語力、外交力(=交渉力)、メモ見(ワザと?)会見、等々、日本外交の責任者として「?」です。岸田氏は旧宏池会という大派閥を率いて、今後、POST総理を目論むのでしょうが、現状ではとても無理でしょう。

    1. むるむる より:

      農林水産庁は農家食い物にしてる〇〇とか〇〇に天下りしまくってるから、農林水産庁の官僚擁護してる石破もアウトですぞ。ぶっちゃけ安倍さんと麻生さんくらいしか表に立てる大御所が居ない……
      (石破さん防衛大臣だけはイケると思う、執筆した本読んだけど割と国防だけはしっかりしてた裏切りの常習犯だけど)

※【重要】ご注意:他サイトの文章の全文引用はお控えください!発見次第、削除します。

コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。