またしても朝日新聞社が捏造報道をやらかしたようです。現段階で「捏造」だと断定するのは尚早かもしれませんが、それでも私は「捏造である」という証拠があると考えています。本日は、「ビジネスマンならではの手法」で、朝日の捏造疑惑を検証してみましょう。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。また、記事を気に入っていただけたら、是非、SNS等での共有やお気軽なコメントをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

相次ぐ報道不祥事

NHK報道の怪物

「秋篠宮家の眞子内親王殿下が一般人男性とご婚約になられた」とする報道が、インターネットでも大きな注目を集めています。もともとはNHKが一昨日(5月16日19時01分付)の報道で明らかにしたものですが、宮内庁はその事実を一切発表していないため、事実上、これをNHKが「すっぱ抜いた」格好となっています。

また、NHKが報道した直後以降、お相手の男性(※一般人です!)の実名、ご職業、顔写真などが大々的に報じられてしまい、この方の生活も大きく破壊されたであろうことが懸念されるところです。もちろん眞子内親王殿下は「公人」であらせられますが、当ウェブサイトはどこかの芸能ゴシップサイトではありませんから、本件の詳細について触れることは控えたいと思います。

しかし、昨年もNHKは皇室に関連し、天皇陛下のご譲位について、「生前退位」という信じられないほど不敬きわまりない用語ですっぱ抜き、報道した「前科」があります。私は、宮内庁関係者とNHK関係者がどこかでつながっているのではないかとの懸念を抱いていますが、当然、政府は情報を漏洩した宮内庁関係者を厳正に処罰すべきでしょう。

また、昨今の「マス・メディア不況」の中にも関わらず、NHKは受信料という名前の「事実上の国民の血税」で運営されており、取材資金、番組制作費用などは潤沢です(その証拠に、NHKの昨年度の連結財務諸表上は純資産が7827億円、一般企業でいう「当期純利益」に相当すると考えられる「当期事業収支差金」は324億円にも達しています)。

やはり、NHKには他の政府関係機関と同様、「予算と決算の国会承認義務」を課すべきであり、それと同時に英BBCに倣い、その組織の存廃を巡っても5年ごとの国民投票を義務付けるべきでしょう。

眞子内親王殿下御婚約報道の裏で?

ところで、昨日の全国紙の朝刊は、読売、産経、毎日が「トップ扱い」で、日経と東京も一面の左側で大きく取り上げて報道しています。しかし、朝日だけは、トップにこんな報道を持ってきています。

加計学園の新学部「総理のご意向」 文科省に記録文書(2017年5月17日05時00分付 朝日新聞デジタルより)

これは、岡山県の加計(かけ)学園が愛媛県今治市の「国家戦略特区」に獣医学部を新設する計画を巡って、「内閣府が早期に対応するよう、圧力を掛けた」とする文部科学省の内部文書を朝日新聞社が入手した、とするものです。

事実であれば安倍総理が文科省に不当な圧力を掛けていた証拠ともなりかねませんが、後述する理由により、私はこれが朝日新聞による捏造事件だと考えています。普段の当ウェブサイトでは、他のウェブサイトから全文を引用することは控えていますが、今回の記事に関しては、朝日新聞社が後日「撤回する」リスクもあるため、報道のうち電子版の無料部分のみを、全て引用します。

安倍晋三首相の知人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画について、文部科学省が、特区を担当する内閣府から「官邸の最高レベルが言っている」「総理のご意向だと聞いている」などと言われたとする記録を文書にしていたことがわかった。

野党は「首相の友人が利益を受けている」などと国会で追及しているが、首相は「加計学園から私に相談があったことや圧力がはたらいたということは一切ない」などと答弁し、関与を強く否定している。

朝日新聞が入手した一連の文書には、「10/4」といった具体的な日付や、文科省や首相官邸の幹部の実名、「加計学園」という具体名が記されたものもある。加計学園による獣医学部計画の経緯を知る文科省関係者は取材に対し、いずれも昨年9~10月に文科省が作ったことを認めた。また、文書の内容は同省の一部の幹部らで共有されているという。

文書のうち、「獣医学部新設に…」(無料版は以上)

民進党、共産党、自由党、社民党という4野党は、2月以降、国会を空転させてまで追求した「森友・辻元学園問題」(※)で安倍政権の「クビを取る」ことに失敗したのにもかかわらず、まだ懲りていないのでしょうか、今度は「加計学園でも安倍総理が圧力を掛けていた」とする疑惑を国会で追及しています(※余談ですが、私は次回総選挙でこれら4野党の議席数が大幅に減るべきだと考えており、その意味でも日本国民がもっと賢くなることが必要です)。

そして、朝日の今回の報道は、こうした4野党の動きに「加勢」するようなものと考えて良いでしょう。しかし、この報道にはいくつも不自然な点が目立ちます。

菅義偉・内閣官房長官による反論

まずは、首相官邸のウェブサイトから、菅義偉(すが・よしひで)内閣官房長官の午前中の記者会見を、私の文責で引用・要約してみましょう。注目すべきは動画の3:57以降です。

(読売新聞記者)

学校法人加計学園が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画を巡り、文科省が特区を管轄する内閣府から「総理の意向だ」などとする文書を残していたと報じられている件について事実関係を教えてほしい。

(菅長官)

そのような事実はない。内閣府に確認したところ、昨年9月に開催された今治市分科会などを契機に、関係省庁と事務的な議論を進めていることは事実だが、「官邸の最高レベルが言っている」、「総理のご意向だと聞いている」などと言ったという事実はなく、総理からも一切の指示はない

(読売新聞記者)

報道によれば、文科省側で複数の幹部がこの文書を共有しているとの報道を受け、文科省にも調査を指示しているのか?

(菅長官)

そもそも文書については承知していないし、松野(文部科学)大臣の方で報道内容については確認中だ

(読売新聞記者)

安倍総理はこれまでの国会審議の中で加計学園に関連し、「相談があったことや圧力が働いたことは一切ない」と答弁されているが、これに問題は?

(菅長官)

全く問題ないです

(朝日新聞記者)

そのような事実はないとは「発言の事実はない」ということか?

(菅長官)

報道されているのは事実ではないということです。あの文章がどうい文章であるかについては、作成日時、部局でさえが明確になっていない。(少し間を置いて)通常、役所の文書はそういうものではないと思いますよ

(共同通信記者)

(役所の文書ではないにしても、これが)個人のメモとして存在している可能性は?

(菅長官)

誰が書いたか分からないじゃないですか。そんな意味不明なものについて、政府がいちいち答えるものではない

朝日新聞が報じた「文科省の文書」は「MS Pゴシック」

朝日新聞の報道と菅官房長官の反論を比較し、どちらの方に説得力があるでしょうか?

これは明らかに菅長官に軍配が上がります。なぜなら、朝日新聞の記事では、「文科省がこれを記録し、文書化している」とありますが、確かに作成した部局、作成日時ともに記載がありません(図表1)。

図表1 朝日新聞が報じた「文科省の内部文書」

 

大臣ご確認事項に対する内閣府の回答

○設置の時期については、今治市の区域指定時より「最短距離で規制改革」を前提としたプロセスを踏んでいる状況であり、これは総理のご意向だと聞いている。

○規制緩和措置と大学設置審査は、独立の手続であり、内閣府は規制緩和部分は担当しているが、大学設置審査は文部科学省。大学設置審査のところで不測の事態(平成30年開学が間に合わない)ことはあり得る話。関係者が納得するのであれば内閣府は困らない。

○「国家戦略特区諮問会議決定」という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか。平成30年4月開学に向け、11月上中旬には本件を諮問会議にかける必要あり。

(以下判別不能)

周囲を黒抜きにしていますが、もし本当に朝日新聞社が「文科省の内部文書」を入手したのであれば、全文をPDF化し、ウェブサイトに掲載するのが筋でしょう。つまり、これは偽ニュースの可能性が極めて高い、ということです。

ところで、私も常々、A4版で資料を作成するのですが、朝日新聞が報じた資料については、不自然な点が多々あります。真っ先に目に付くのは、フォントとサイズがビジネス文書ではない、という点です。

一般に霞ヶ関の官庁や企業が作成する内部文書の原文はMicrosoft Wordにより作成されることが多いのですが、その際、デフォルトの設定は「MS 明朝」、サイズは「10.5」です。しかし、この朝日新聞が報じた文書は、フォントは明らかに「MS 明朝」ではありませんし、サイズも随分と大きめです。

そこで、ためしに私自身が「Microsoft Word 2013」を用いて再現してみたところ、次の条件で朝日新聞が報じたものと全く同じ改行ポイントの文書を作成することができました。

  • フォント:MS Pゴシック
  • サイズ:15
  • 余白設定:左・右ともに25.9ミリ
  • 箇条書き設定:ぶら下げインデント0.7文字、タブ設定3文字

なお、私が検証用に作成したイメージは次の通りです(図表2)。

図表2 朝日報道の資料の再現

 

(出所)著者作成

文科省の内部資料とは考え辛い

以上より、朝日が報じた文書は、「Microsoft Word」により作成され、フォント・サイズも15ポイントと、一般的な文書では考えられない設定として作成されたものである可能性が高いとわかりました。

では、なぜ朝日はこのフォーマットの文書を写真に使ったのでしょうか?

それは、「フォント:MS 明朝」「サイズ:10.5」で作成した資料だと、報道した時に見栄えが悪いからではないかと思います。早い話が、朝日新聞社による捏造だ、ということです。

この文書が朝日による捏造である証拠は、他にもあります。それは、「数字を全角にしていること」です。

この文書で数字が出て来る箇所は、判別できる部分で「平成30年開学」、「平成30年4月」、「11月上旬」の3か所です。私は某出版社で企業会計に関する専門書を頻繁に執筆しているため、「数字の全角・半角」ルールについては少々うるさいです。一般に出版社、雑誌社は、たとえば、「1」「2」のように、一桁の数字であれば全角にし、「10」「11」のように二桁以上の数字であれば半角にします(私のこの記事もそうなっています)。

また、霞ヶ関の文書は、多くの場合、数字は全て半角になっており、一桁であっても「4月」「1日」などのように、半角を用いています(少なくとも金融庁が公表する資料はそうなっていることが多いです)。文部科学省の文書をいくつか調べてみたところ、全角の数字もないわけではありませんが、文中に出てくる「平成30年」「11月上旬」などは、全て半角を使うのが基本です。

ところが、朝日新聞社の記事では、基本的に数字やアルファベットは全角で入力されています。私はよく自ウェブサイトに朝日新聞の記事を引用するのですが、いつも「数字が全角になっていること」に違和感を覚えてきました。

そして、上で引用した文書も、数字は全角が使われています。

さらに、ワードで執筆していけば、「内閣府は規制緩和部分は担当しているが、」のように「は」が重複する表現には自動で波線が入るはずです。文書作成にうるさい官僚の皆さんが、こうした細かい「てにをは」を無視するとも思えません。この部分についても、本当に文科省の内部の人が書いたのであれば、無意識に、

  • 内閣府は規制緩和部分は担当しているが、大学設置審査は文部科学省

ではなく、

  • 内閣府は規制緩和部分を、文科省は大学設置審査部分を、それぞれ分担

などと記載するはずです。すなわち、少なくとも国家公務員試験を合格するほどの人物が執筆した文書にしては、あまりにも日本語としてレベルが低すぎるのです。

結論は、朝日の捏造でしょう

以上より、私なりの結論です。

朝日が報じた「内部文書」とやらは、国家公務員が執筆したにしては不自然な点が多すぎます。菅義偉官房長官が指摘されたとおり、日付も部局名もないという点で極めて不自然な代物ですが、上記で私自身が検証した結果、一般的なビジネス文書として作成されるにしては、フォントのサイズも大きすぎますし、全角・半角の使い分けも不自然です。

よって、私はこの報道で引用された文書を、「朝日新聞社による捏造文書」だと判断します。

新聞社に対する罰則導入は不可能

罪深き朝日新聞社

そもそも、朝日新聞社といえば、「捏造の大御所」のような新聞社です。もちろん、朝日新聞が行った「特大級の捏造事件」といえば、何といっても日韓関係を破壊した「従軍慰安婦捏造事件」がその代表格ですが、他にも福島第一原発事故を巡る「吉田調書」捏造報道事件や、沖縄県のサンゴ礁捏造事件などが有名です。

ここに挙げた以外にも、当ウェブサイトの記事にも多数のコメントにもご指摘いただいている通り、実際にインタビューしたわけでもないのに勝手にインタビュー記事を載せたとか、事実ではない情報を捏造したとか、そういった事例は、それこそ枚挙に暇がありません。

おそらく、朝日が捏造記事を乱発させる理由は、大きく分けて2つあります。

1つは「できるだけ衝撃的な記事」「ショッキングなスクープ記事」を多数掲載しようとする、一種の「功名心」です。「さすが朝日は社会派だね!」「やっぱり朝日新聞は社会の木鐸だ!」などと誉めそやされること自体が目的化しているため、朝日新聞社はもはや、「事実を伝える」という新聞本来の役割を、完全に放棄してしまっているのです。

もう1つは、「角度をつけること」に慣れてしまっていて、「事実を伝えること」よりも、「自分たちの主張・目的を達成すること」が優先されている、ということです。今回のケースでは、明らかに村田代表(※中国名:「謝蓮舫(しゃれんほう)」)が率いる民進党をはじめとした野党4党に有利になるような報道を優先した、ということでしょう。

捏造報道をなくす唯一の方法

では、今回の件も含め、新聞社がウソを堂々と報道することについては、どのように防げばよいのでしょうか?

実は、テレビ局の場合は「放送法第4条」をタテに、虚偽の事実を報じたことに対し、「停波」という罰則を適用することは、法理論上は可能です。しかし、新聞社の場合、そもそも新聞報道自体を規制する法律はありません。憲法第21条に従い、表現の自由が保障されているためです。

もちろん、今回の事例も含め、朝日新聞が行ってきた「捏造報道」は「風説の流布」であり、「反社会的行為」であって、明らかに憲法が認める「表現の自由」の範囲にはありません。しかし、朝日新聞のような捏造報道を乱発させる新聞社を罰する法律を作ればよいのかといわれれば、憲法の制約上、それも難しいのが実情でしょう。

そこで、私はやはり、「一般国民が賢くなること」、「新聞以外の情報入手手段を手に入れること」の2点により、新聞社の捏造報道と戦わなければならないと考えます。具体的には、インターネットのように、「誰でも簡単に情報を入手することができる手段」により、こうした新聞社の捏造報道を断罪していくのです。

もっといえば、朝日新聞社は経済競争の末、誰も読まなくなって潰れるべきです。朝日新聞社が潰れるか、生きながらえるか―。日本国民が賢ければ、このように罪深い組織の存続を許すはずなどありません。その意味で、私は「言論を通じた活動」という「公正な手段」により、朝日新聞社に倒産という社会的制裁を与えるべきであることを、改めて強く主張したいと思います。

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2019/02/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    朝鮮日報「韓国はストックホルム症候群に」 加害者は北朝鮮 (18コメント)
  • 2019/02/17 05:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国経済崩壊」論、本当の脅威は株価暴落ではなく外貨不足 (54コメント)
  • 2019/02/16 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第7回:文章の作り方と当サイトの目標 (6コメント)
  • 2019/02/16 00:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】新日鐵住金巡る徴用工訴訟で原告側が資産売却へ? (61コメント)
  • 2019/02/15 13:45 【マスメディア論|時事|韓国崩壊
    議論の粗さが目立つ、zakzakの非常に残念な記事 (33コメント)
  • 2019/02/15 05:00 【時事|金融
    金融庁は銀行規制を通じて韓国に対する融資制限ができるのか? (43コメント)
  • 2019/02/14 22:30 【時事|韓国崩壊
    転載自由:文喜相「日王戦犯」発言事件を巡る証拠付きリスト (48コメント)
  • 2019/02/14 15:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国・李洛淵首相の「逆ギレ」に心底呆れる (43コメント)
  • 2019/02/14 14:30 【時事
    徴用工判決問題に対する仲裁手続移行の遅れ、なぜ? (22コメント)
  • 2019/02/14 12:00 【時事|韓国崩壊
    BSフジの番組で語られる、アジア通貨危機の生々しい経験 (14コメント)
  • 2019/02/14 07:00 【時事|韓国崩壊
    ペロシ米下院議長の「日本が慰安婦合意守るべき」の意味は? (30コメント)
  • 2019/02/14 05:00 【時事|政治その他
    チョコレートが食べたい?この奇祭をどうやって乗り切るのか (16コメント)
  • 2019/02/13 14:30 【時事|韓国崩壊
    韓国国会議長に謝罪の意思なし 一方で徴用工の次の一手は? (60コメント)
  • 2019/02/13 10:45 【時事|韓国崩壊
    文喜相「天皇侮辱事件」に見る、韓国と付き合う際の「覚悟」 (31コメント)
  • 2019/02/13 05:00 【韓国崩壊
    鈴置氏「韓国のベネズエラ化」 ベネズエラと韓国の符合とは? (29コメント)
  • 2019/02/12 22:00 【時事|韓国崩壊
    「謝罪と撤回」に踏み込んだ日本政府対応と崩壊する日韓関係 (25コメント)
  • 2019/02/12 10:30 【時事|韓国崩壊
    天皇侮辱発言の韓国国会議長が釈明するも、中途半端な内容に (100コメント)
  • 2019/02/12 07:00 【時事|韓国崩壊
    「どうせ無視される仲裁手続」に踏み切ることの本当の意義 (13コメント)
  • 2019/02/12 05:00 【韓国崩壊
    「密室で無理を聞いてくれる」外交を期待する韓国の保守派 (16コメント)
  • 2019/02/11 05:00 【韓国崩壊
    文在寅政権の「空中分解」は日本にとって、むしろリスクだ (51コメント)
  • 2019/02/10 13:00 【政治
    天の配剤か?説得力が皆無の朝日新聞の社説 (48コメント)
  • 2019/02/10 05:00 【時事|経済全般
    ウェブ評論家が不適切動画に対する企業の対応を支持する理由 (29コメント)
  • 2019/02/10 00:00 【時事|国内政治
    立憲民主・枝野代表「辻元氏は既に返金し説明責任も果たした」 (32コメント)
  • 2019/02/09 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第6回:ブログのマネタイズ(飯を食う)技法 (4コメント)
  • 2019/02/09 00:00 【時事
    何も学習しない韓国の政治家 天皇陛下に安易に言及する愚 (75コメント)
  • 2019/02/08 11:00 【時事|韓国崩壊|金融
    韓国の外貨準備高の多くはユーロ建てなのか? (56コメント)
  • 2019/02/08 09:45 【時事|雑感オピニオン
    【速報】新宿にxyzの掲示板が出現 時代の変化感じる昭和ネタ (8コメント)
  • 2019/02/08 05:00 【時事|韓国崩壊
    共同通信「日本政府が韓国に輸入関税引き上げを警告」と報道 (30コメント)
  • 2019/02/07 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国が「協議拒絶」か おそらく次は仲裁手続に移行 (26コメント)
  • 2019/02/07 12:45 【マスメディア論|時事
    この期に及んで「歴史に謙虚になれ」と主張する有名人 (23コメント)
  • 2019/02/07 10:00 【時事|国内政治
    外国人献金問題 立憲民主党はどう見てもダブル・スタンダード (13コメント)
  • 2019/02/07 05:00 【時事|韓国崩壊
    果たして岩屋防衛相は「弱腰」か、それとも「深謀遠慮」か? (45コメント)
  • 2019/02/06 22:00 【時事|国内政治
    「疑惑の総合商社」・立憲民主党の辻元議員の外国人献金疑惑 (19コメント)
  • 2019/02/06 14:00 【時事|韓国崩壊
    韓国が「セルフ経済制裁」を喰らう?ソウル市の条例案に思う (34コメント)
  • 2019/02/06 10:45 【マスメディア論|時事
    新聞労連の思い上がり 新聞記者は国民を代表していない (17コメント)
  • 2019/02/06 05:00 【金融
    「財政破綻」について、コメント主様からの質問に答えます (44コメント)
  • 2019/02/05 16:30 【マスメディア論
    「もえるあじあ」管理人様からのコメントと新時代の民主主義  (11コメント)
  • 2019/02/05 11:30 【時事|外交
    小野寺五典前防衛相の「韓国を丁寧に無視せよ」発言を支持する (41コメント)
  • 2019/02/05 05:00 【マスメディア論|韓国崩壊|外交
    慰安婦問題巡るジャパンタイムズの判断、ロイター報道の悪意 (22コメント)
  • 2019/02/04 22:10 【政治
    分かりやすい!北朝鮮、レーダー照射巡り韓国に共闘呼びかけ (13コメント)
  • 2019/02/04 15:00 【時事|金融
    したり顔で「国債暴落」「日本破綻」を叫ぶ大企業経営者 (44コメント)
  • 2019/02/04 12:10 【時事|韓国崩壊|金融
    「キャッチオール規制」上のホワイト国から韓国を外すべき? (22コメント)
  • 2019/02/04 05:00 【経済全般|国内政治
    「保守派の護憲論、革新派の改憲論」があっても良いじゃないか (13コメント)
  • 2019/02/04 00:00 【時事|韓国崩壊
    米韓同盟消滅危機を受け「見捨てないで」と哀願する中央日報 (15コメント)
  • 2019/02/03 13:40 【時事|韓国崩壊
    オピニオン誌『正論』の鈴置説 そして議論の流儀 (44コメント)
  • 2019/02/03 05:00 【時事|韓国崩壊
    もしかして日韓両国政府の利害は「日韓関係破綻」で一致か? (62コメント)
  • 2019/02/02 22:22 【マスメディア論|時事
    『正論』は良い雑誌と思うが、紙媒体である点は大きな弱点だ (14コメント)
  • 2019/02/02 12:22 【時事|韓国崩壊
    徴用工問題と国際裁判への道 日韓請求権協定第3条を読む (20コメント)
  • 2019/02/02 05:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第5回目:ブログの「拡散」と注意事項 (5コメント)
  • 2019/02/02 02:22 【韓国崩壊
    ATMが「泥棒」発言スルー 日韓関係の本質的な変化を見る (16コメント)
  • 2019/02/01 22:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】朝日新聞が「日本政府、仲裁手続に移行」と報道 (13コメント)
  • 2019/02/01 15:15 【日韓スワップ|韓国崩壊
    鈴置高史氏による『デイリー新潮』記事、日本国民は必読 (18コメント)
  • 2019/02/01 10:30 【韓国崩壊
    「攻勢に出る日本」説 レーダー照射事件と北朝鮮の関係は? (25コメント)
  • 2019/02/01 05:00 【マスメディア論
    【実録】ウェブ評論サイトのアクセス数は2年で100倍に! (14コメント)
  • 2019/01/31 17:00 【時事|韓国崩壊
    日本政府が韓国に対し「情報戦」を仕掛けているなら歓迎したい (28コメント)
  • 2019/01/31 15:00 【時事|韓国崩壊
    「制裁逃れ」報道は日本政府による意図的なリークなのでは? (24コメント)
  • 2019/01/31 11:30 【時事|韓国崩壊
    中央日報「八方ふさがりの韓国外交」議論の無責任さに呆れる (15コメント)
  • 2019/01/31 10:15 【韓国崩壊
    「韓国に対する制裁」は感情を排し冷静に議論することが重要 (17コメント)
  • 2019/01/31 05:00 【マスメディア論
    月間180万PVの御礼 ウェブ評論の可能性に賭けたい (13コメント)
  • 2019/01/30 16:30 【時事|韓国崩壊
    テレ朝「国連最終報告で北が核・ミサイル開発継続中」と報道 (35コメント)
  • 2019/01/30 13:00 【経済全般
    【速報】オーストラリアの軽いけれどもヘヴィーな話題 (18コメント)
  • 2019/01/30 11:45 【時事|韓国崩壊|外交
    周回遅れの「韓日お互い反省せよ」 韓国は日本の友邦ではない (19コメント)
  • 2019/01/30 10:45 【時事|韓国崩壊
    「北朝鮮の核放棄に日米欧が数十億ドル」という奇妙な記事 (20コメント)
  • 2019/01/30 05:00 【韓国崩壊
    レーダー照射、米国は仲介しない?落としどころは対韓制裁か (24コメント)
  • 2019/01/29 15:30 【時事|韓国崩壊
    青山議員が「虎ノ門ニュース」で「韓国の国連安保理提訴を」 (19コメント)
  • 2019/01/29 11:45 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「挑発」「警告射撃」発言、むしろ歓迎したい (21コメント)
  • 2019/01/29 10:00 【マスメディア論|時事
    官房長官記者会見で「アイドルグループ活動休止」を聞く記者 (6コメント)
  • 2019/01/29 08:00 【時事|韓国崩壊
    「低空威嚇飛行」の言い掛かり、「改竄問題」という隘路 (19コメント)
  • 2019/01/29 05:00 【時事|国内政治
    安倍総理の施政方針演説、敢えて採点すれば70点 (7コメント)
  • 2019/01/28 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】安倍演説で日韓関係が完全に欠落した意味とは? (26コメント)
  • 2019/01/28 12:30 【時事|韓国崩壊
    停滞する日韓協力:日韓友好も「費用対効果」で判断すべき (29コメント)
  • 2019/01/28 11:40 【マスメディア論|時事
    新聞記者を鳩やヤギに例えた高橋洋一氏に謝罪を求める (13コメント)
  • 2019/01/28 08:00 【マスメディア論
    新聞衰退は自業自得 これからはウェブ言論繚乱の時代だ (20コメント)
  • 2019/01/28 05:00 【RMB|日韓スワップ|韓国崩壊
    日韓スワップ「持ち上げて、落とす」のも立派な「経済制裁」 (28コメント)
  • 2019/01/27 05:00 【韓国崩壊
    対韓経済制裁が難しい理由と、日本に求められている「覚悟」 (88コメント)
  • 2019/01/26 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座】第4回:客観的事実と主観的意見を分けること (10コメント)
  • 2019/01/26 05:00 【時事|韓国崩壊
    疑われた側が証拠を出す?レーダー照射問題の「もりかけ化」 (90コメント)
  • 2019/01/25 10:45 【時事|韓国崩壊
    韓国の態度に腹が立つのは当然だが、経済制裁は別の問題だ (77コメント)
  • 2019/01/25 05:00 【韓国崩壊
    ウソでも良いからとにかく主張する 韓国の飽和攻撃を侮るな (24コメント)
  • 2019/01/24 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国の「対日飽和攻撃」を完全無効化する防衛省の衝撃発表 (21コメント)
  • 2019/01/24 17:10 【時事|韓国崩壊
    「公開議論」の重要性 「威嚇飛行動画」は公表されるのか? (65コメント)
  • 2019/01/24 10:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国、職権乱用で前大法院長官を逮捕 (33コメント)
  • 2019/01/24 05:00 【韓国崩壊|金融
    「伝家の宝刀」の欠陥 韓国に対する経済制裁を整理する (54コメント)
  • 2019/01/23 22:15 【時事|韓国崩壊
    韓国側の「低空近接威嚇飛行脅威論」は典型的な深追いの失敗 (41コメント)
  • 2019/01/23 17:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】韓国「また近接飛行」 自衛隊よ萎縮することなかれ (70コメント)
  • 2019/01/23 15:00 【時事|韓国崩壊
    キジも鳴かずば撃たれまい 非生産的な韓国側の「過剰反応」 (15コメント)
  • 2019/01/23 10:00 【韓国崩壊
    名著『米韓同盟消滅』でレーダー照射問題を読み解いてみる (39コメント)
  • 2019/01/23 05:00 【マスメディア論
    「NHKの赤字予算」という詭弁、盛大にツッコミを入れよう (10コメント)
  • 2019/01/22 23:30 【時事|国内政治
    【速報】国民と自由が合流?議員の暮らしと政局が一番大事! (8コメント)
  • 2019/01/22 17:15 【時事|韓国崩壊
    韓国側の主張に呆れるが、「月内に制裁発動」の可能性は低い (47コメント)
  • 2019/01/22 11:00 【韓国崩壊
    レーダー照射事件がじつは「大した問題」ではない理由 (32コメント)
  • 2019/01/22 05:00 【韓国崩壊
    空虚に響く「日米韓3ヵ国連携」 日韓関係、終わりの始まり? (26コメント)
  • 2019/01/21 22:22 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件巡る協議打ち切りに、韓国が「慌てる」? (37コメント)
  • 2019/01/21 17:30 【時事|韓国崩壊
    【速報】レーダー照射事件巡り、防衛省が「最終見解」を公表 (56コメント)
  • 2019/01/21 14:00 【時事|外交
    「2島決着案」が事実ならとんでもない話だ 本質は改憲議論へ (31コメント)
  • 2019/01/21 11:00 【時事|韓国崩壊
    レーダー照射事件、事態が長引くことの「本当の意味」とは? (26コメント)
  • 2019/01/21 05:00 【韓国崩壊|外交
    「2回目の米朝首脳会談」、恐るるに足らず…だと良いのだが (23コメント)
  • 2019/01/20 05:00 【韓国崩壊
    本当の意味での「日韓関係正常化」を考えてみる (98コメント)
  • 2019/01/19 10:00 【ブログ講座
    【ブログ講座」第3回:匿名でも実名でも読者便宜を第一に! (5コメント)
  • 2019/01/19 08:00 【時事|韓国崩壊
    【速報】日本政府が「客観性高い証拠」提示へ? (66コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告

    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。