復興相辞任という「敵失」を台無しにする村田発言

今村復興大臣が2回目の失言により辞任しました。ただ、結果的に、今回の辞任劇は安倍政権にとって打撃とならないと思います。それはなぜでしょうか?

今村復興相の辞任

とんでもない暴言や失言は許せない

今村雅弘復興大臣が辞任しました。

報道によると、今村氏は東日本大震災を巡り、昨日行われた自民党二階派のパーティーで、東日本大震災について、

まだ東北だったからよかった。これが首都圏に近かったりすると莫大(ばくだい)な被害があった

と発言しました。

事実だとすれば、とんでもない話です。今村復興相といえば、4月4日に行われた記者会見の現場に紛れ込んだ、自称「フリー・ジャーナリスト」の西中誠一郎氏の挑発に乗せられ、

(発言を)撤回しなさい。出ていきなさい。もう二度と来ないでください、あなたは。

と暴言を吐いたことでも知られます。私もこの記者会見を読み込んだのですが、西中誠一郎氏の質問は「極左活動家」としてのそれであり、明らかにジャーナリストの範囲を超えているようにしか見えませんでした(※ただし、これは私の主観です)。しかし、今村復興相は公人であり、国務大臣という権力者です。記者会見場で激高し、暴言を吐いたのは、明らかに今村復興相の失態であり、行き過ぎでした。

そして、二階派のパーティーでの失言は、明らかに常軌を逸しています。被災地を明らかに侮辱するものであり、私は日本人の一人として、今村氏に対し強い怒りを感じています。

短期間に2回も暴言・失言を行ったためでしょうか、今村復興相は本日午前、安倍晋三総理大臣に辞表を提出し、受理されたそうです。

今村復興相辞任、後任に吉野氏=安倍首相「任命責任は私に」(2017/04/26-12:48付 時事通信より)

時事通信によると、安倍総理は

任命責任は首相たる私にある。しっかりと安倍政権が掲げた政策を実現し、結果を出すことで国民の信頼を回復したい

と述べたそうです。安倍総理には、この認識をしっかりと持っていただきたいと思います。

珍しく毎日新聞の主張に同意

安倍政権は2012年12月に発足して以来、5年目に突入しました。野党やマス・メディアの主張が支離滅裂すぎるためでしょうか、安倍政権に対する内閣支持率は高止まりしています。ただ、安倍政権には弛緩が見られるのではないでしょうか?

こうした中、私は珍しく、「毎日新聞」に賛同できる記事を発見しました。

<社説>今村復興相、暴言で辞任へ 内閣の緩みはすさまじい(2017年4月26日付 毎日新聞より)

毎日新聞は

今村氏は自らが所属する自民党二階派パーティーに講師として出席し、発言は東日本大震災の社会資本などの被害額を「25兆円」と指摘した際に飛び出した。震災の深刻な被害を金額の多寡でしか捉えられない無神経さを示したものだ

と指摘していますが、私も全く同感です。また、毎日新聞は、「中川俊直・元経済産業政務官も、女性問題をめぐる週刊誌報道で辞任し、自民党離党に追い込まれた」と指摘したうえで、

内閣全体の緊張感が欠けていると言われても仕方がない。

と厳しく批判しています。

私は、安倍政権には改めて規律を締め直していただきたいと思います。

「敵失」を「台無し」にする村田発言

ただ、野党・民進党にとっては、安倍政権の不祥事は絶好の政権攻撃のチャンスであるはずですが、こうした「絶好のチャンス」を台無しにしたのは、民進党の村田代表です。

【復興相辞任】民進・蓮舫代表「辞めて済む話ではない!」(2017.4.26 11:16付 産経ニュースより)

産経ニュースの報道によれば、民進党の村田代表は26日午前、

辞めて済む、謝って済む話ではない

あまりにも国民をバカにしている

と述べたそうです。

そもそも、私が表記した「村田代表」とは、「村田蓮舫」、もしくは「謝蓮舫」のことです。本人は苗字を名乗らずに「蓮舫」と名乗っており、酷い場合には「蓮」と「舫」の間にスペースを空けて「蓮 舫」と名乗ることもありますが、日本国籍を取得しているならば「村田」姓であるはずですし、台湾国籍、あるいは中国国籍を保持しているならば「謝蓮舫」と名乗るべきです。

「あまりにも国民をバカにしている」のは、ご自身の二重国籍問題を巡り、説明責任から逃げまくり、挙句に開き直った村田代表の態度にこそ、当てはまる表現でしょう。

こうした村田代表の強烈な「ブーメラン発言」、野党4党の揚げ足取りに終始する国会質問などを眺めていると、今回の一件についても、安倍内閣にとっては大した打撃とはならなそうです。

その意味で、日本の本当の不幸は、まともな野党が存在しないことであり、私は安倍政権の規律の緩みをもたらした「真犯人」が、民進党という組織だと考えているのです。次回の総選挙では、日本国民は民進党を「最大野党」ではない状態にするという見識を示すべきなのかもしれません。

明日の予告

明日の当ウェブサイトでは、久しぶりにマス・メディアの在り方について、議論したいと思います。

マス・メディア関係者や文筆家らによる、「ミサイルを撃ち込まれたら安倍政権の責任だ」、「銀行強盗の準備をしただけで逮捕されるのはおかしい」、「1発だけなら誤射かもしれない」という、見識を疑うような発言を多数見かけるようになりました。明日の当ウェブサイトの議論は相当に「濃い」と思いますが、引き続きご期待ください。

読者コメント一覧

  1. porter より:

    やっぱ2F派まぢクズだはw
    こいつらが阿部ちゃんの足引っ張ってるからな もう自民と二階派追放でいいよ
    それにしても者蓮舫、ひでぇなwww阿部ちゃんの政権に蓮舫バリアってか

  2. yoshi より:

    先日、蒲田、川崎のそれぞれ駅前で、
    民進党の議員が辻説法やっているのを目撃しました。

    ところが、誰も立ち止まって聞き入っている人がいないし、
    私が見ていた短時間ながら、チラシも誰も受け取らない。

    蒲田の方は、信号待ちで聞いていたら、そのうち、
    「みんな頑張っています……蓮舫代表、細野、枝野…」
    と名前を出し始めましたが、
    うわ~、これネガティブキャンペーンでは?と思ってしまいました。

    健全野党が必要というお説に私も賛成です。

  3. めがねのおやじ より:

    西中氏の質問は明らかに今村大臣を怒らせよう、やっつけようていう姿勢でした。あれは質問者がまともじゃない。それにうまく激昂したのが今村氏、キレやすいのか脇が甘いよ。安倍首相も見る目がない。勿論本人は、あの程度で声を荒げるなんて、政治家として失格。それと「首都圏でなくてよかった」は阪神大震災でもあった。「神戸でよかった。6400人だ。東京なら100,000人死んでた」。これを聞いてカチンときたね。要は、東京以外ならどこでもいいんですこの国は。首都圏さえ防衛できれば、あとは余所事なんです。同じころ北関東の県知事が「日本の国土軸は東が中心になってる。うちの県も西日本でなくてよかった。西なら今頃、寂れてるよ。東京が近いから発展してんだ」
    国会議員、キャリア、県知事、地方公務員も皆、首都大事だ。韓国よりましとはいえ、日本は自然環境の違ういろんな地域があって成り立っている。全部東京に持ってきたらそら地方はジリ貧よ。パッとしない民進党さん、このあたりを議題に持ってきたら多少上がるかもよ。ま、無理だわな。首都圏選出議員多いから(笑)。

  4. 黒猫のゴンタ より:

    村田さんが民進党党首な限り安倍政権は安泰なんだろうなあ
    村田さんが何か言うたびに安倍さんの支持率が上がり離党者は増える
    何言っても「お前が言うな」「お前が言うか」という完璧な様式美
    もう笑いを狙ってるとしか思えない、こっちゃ苦笑いだけどね
    首に青筋立て襟立てて他人に「謝れ」「許されない」とは言うけど
    自分のこととなると、薄ら笑ってミリも謝らない、説明すらしない
    「謝」蓮舫というバージョンもあるのにだよ

    しかしねえ、今村氏、東北の人にとっちゃ復興大臣というより不幸大臣
    万が一、自分の選挙区の佐賀や九州で同じような災害があったら
    今回のように「佐賀でよかった」「九州でよかった」などと言えるかね
    比例区だったとしてもさ
    敷衍すりゃ熊本の人に対しても十分失礼なことだろ

    確かに、首都圏での被災なら被害がより甚大なことは誰の目にも明らか
    「これが東京だったらもっと大変な事になってました」
    「その様な事態も想定して可能な限りの対策が必要」とかは言っても
    それを(東京じゃなくて)東北で「よかった」という言い方はないわな
    ましてや震災復興の担当大臣の立場でだよ

    大臣どころか政治家辞める次元の発言でしょ、これ

    1. porter より:

      黒猫のゴンタさんの意見に全く同感だね。ここまで来ると、政治家を辞めるレベルの失言だろ、これ。人間のクズだよ。でもパヨクとか西中に今村復興相を批判する資格はねぇよwww

  5. まみあな より:

    最大野党が民進党であることを神に感謝、でももう少し民進党国会議員は減らさないと、次の選挙で皆さんご協力ください。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。なお、コメントに際しては当ウェブサイトのポリシーのページなどの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。