私は当ウェブサイトに『中韓スワップ失効前夜、日本に助けを求める韓国』を上梓した直後ですが、ここで1つ、重要なニュースを補足しておきたいと思います。それが「円建てBSA」です。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/01/20 00:00 【時事|韓国崩壊
    【時事評論】赤化統一は思ったより早く実現か?
  • 2018/01/19 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「独立国」でなくなった韓国(追記あり) (6コメント)
  • 2018/01/19 00:00 【外交
    ビジネスマンのセンスで外交青書を読む (1コメント)
  • 2018/01/18 14:15 【時事
    【夕刊】主張する相手が違うでしょ! (8コメント)
  • 2018/01/18 00:00 【時事|韓国崩壊
    時事評論:「ツートラック外交」の愚 (5コメント)
  • 2018/01/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外交を政府任せにしない (4コメント)
  • 2018/01/17 00:00 【マスメディア論
    ブログ批判に対する反響 (1コメント)
  • 2018/01/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】壊れゆく日韓関係の現状整理 (5コメント)
  • 2018/01/16 00:00 【金融
    企業会計のセンスで中央銀行を議論するWSJ (4コメント)
  • 2018/01/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】読売調査は日本国民変化の象徴 (2コメント)
  • 2018/01/15 00:00 【外交
    安倍政権の本当のスキャンダル (4コメント)
  • 2018/01/14 13:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】朝鮮日報の「てのひら返し」 (3コメント)
  • 2018/01/14 00:00 【外交
    韓国だけが無責任なのではない (10コメント)
  • 2018/01/13 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」 (8コメント)
  • 2018/01/13 00:00 【マスメディア論
    フェイク・ニュース・ブログを批判する! (17コメント)
  • 2018/01/12 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】慰安婦問題は根本から叩き潰せ! (3コメント)
  • 2018/01/12 00:00 【国内政治
    改憲議論の前に:現実的改憲論の勧め (7コメント)
  • 2018/01/11 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国メディア「米国が南北対話を歓迎」のウソ (6コメント)
  • 2018/01/11 00:00 【韓国崩壊
    慰安婦合意という「地雷」を踏んだ韓国大統領 (11コメント)
  • 2018/01/10 00:00 【韓国崩壊
    平昌の欺瞞:赤化統一に一歩近づいた韓国 (6コメント)
  • 2018/01/09 14:55 【時事|韓国崩壊
    破棄はしないが守らない (10コメント)
  • 2018/01/09 00:00 【韓国崩壊
    韓国は自信満々でゴールポストを動かす? (3コメント)
  • 2018/01/08 00:00 【韓国崩壊
    日韓関係が現在進行形で壊れていく! (7コメント)
  • 2018/01/07 00:00 【韓国崩壊
    無責任国家・韓国の失敗事例をどう生かすか? (11コメント)
  • 2018/01/06 00:00 【マスメディア論
    「主観的事実」を捏造する人たち (8コメント)
  • 2018/01/05 08:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】WSJ「五輪期間中の合同軍事演習を中止」 (5コメント)
  • 2018/01/05 00:00 【韓国崩壊
    大統領が自ら自分を追い込む愚かな国 (3コメント)
  • 2018/01/04 00:00 【政治
    日韓関係悪化と日中関係好転はセットで議論すべし! (2コメント)
  • 2018/01/03 00:00 【金融
    【新春経済講座】為替介入国は市場経済の敵 (3コメント)
  • 2018/01/02 00:00 【外交
    今年も日韓関係は年初から波乱含み (4コメント)
  • 当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    ↓本文へ

    ここからが本文です。

    円建てBSAの威力

    しれっと出現した、フィリピンとの円建てBSA

    週末、財務省のウェブサイトに、極めて重要な報道が出ています。

    日=フィリピン間の二国間通貨スワップ取極を改正しました(2017/10/06付 財務省ウェブサイトより)

    リンク先の記事は役所が公表するものであり、こちらのウェブサイトにそのまま転載しておきます(※)。

    日本国財務大臣の代理人たる日本銀行とフィリピン中央銀行は、第3次二国間通貨スワップ取極(BSA)をその内容を深化させた上で、延長し、本日改正第3次取極が発効しました。/本取極の交換上限額は、フィリピンが120億米ドル相当、日本が5億米ドルとなります。/今回の改正によって、フィリピンは自国通貨(フィリピン・ペソ)を米ドルに加えて日本円とも交換することが可能となりました。/日本及びフィリピン当局は、こうした金融協力の強化が金融市場の安定の確保に貢献するとともに、中期的に日本円を含むアジア通貨の使用を促し、ひいては拡大する両国間の経済・貿易関係を一層発展させることを期待します。

    ※著作権法第32条第2項によると、官庁が公表する文章は、原則として自由に転載可能です。

    この報道発表は、「二国間通貨スワップ協定」(Bilateral Currency Swap Agreement, BSA)に関するものです。

    ところで、通貨スワップについては、つい先日も『中韓スワップ失効前夜、日本に助けを求める韓国』で取り上げたばかりなのですが、その一方、「専門的過ぎてよくわからない」というお叱りの声も頂いています。

    私自身、金融規制の専門家ですが、自身の専門領域については、つい端折って説明してしまうことがあります。

    そこで、本日はこのフィリピンとの「円建てBSA」を題材に、改めて外国為替市場の仕組みとスワップの意義について考えてみたいと思います。

    ハード・カレンシーとは何か?

    コメントでリクエストを頂いた内容が、「なぜ米ドルが大事なのか」、という点です。

    考えてみれば、これは確かに不思議なことです。本来ならば米ドルは米国の通貨です。それが、事実上の国際通貨として、世界中で通用しているのです。

    一般に、国境を越えて広く通用している通貨のことを、一般に「ハード・カレンシー」と呼びます。

    また、ハード・カレンシーの中でも、とくに世界的に通用度が高い通貨を「基軸通貨」と呼ぶこともあります。

    現代社会の「基軸通貨」といえば、ダントツで米ドルですが、欧州の共通通貨・ユーロが、虎視眈々と「基軸通貨」の地位を狙っていることは有名な話です。

    また、今でこそ米ドルは世界の「基軸通貨」ですが、第二次世界大戦前の基軸通貨といえば、米ドルではなく英ポンドでした。

    ただ、英ポンドやユーロ、そして日本円は、「基軸通貨」ではありませんが、米ドルと同様、国外で高い有用度を持っています。私の定義で恐縮ですが、ハード・カレンシーとは、次の通貨のことです。

    その通貨の発行国・発行地域に留まらず、国際的な商取引・資本取引等において広く利用されている通貨であり、為替取引等においても法的・時間的制約が少ないもの

    たとえば、日本の場合、現金を国外に持ち出すのも持ち込むのも自由です(ただし、1人あたり100万円を超える現金などを日本から持ち出したり、日本に持ち込んだりする場合には、税関への申告が必要です)。

    しかし、韓国や台湾を含めたアジア諸国の場合、お金を持ち込むのも持ち出すのも、制限があります。たとえば、台湾の場合、入出国時に個人が多額の現金を持ち運びしようとして没収されるケースが相次いでいます。

    半日で現金約300万円を没収 「新規定をしっかり覚えて」=台湾の税関(2017/09/08 16:51付 フォーカス台湾より)

    もちろん、制限額以上の現金を持参して無申告で入出国することが違法となるのは、多くの先進国でも同じですし、違法行為をしていないという自信があれば、堂々と申告すれば良いだけの話です。

    しかし、アジア諸国の場合は、こうした資本規制は、日本と比べて遥かに厳しく適用されています。

    韓国や台湾の場合、外貨を自国に持ち込んで自国通貨に両替した場合、それを外貨に再両替し、国外に持ち出すのが困難です。

    そして、韓国や台湾を含めた多くのアジア諸国では、自分の国の通貨が国外に出ていくことに、神経をすり減らしています。とくに中国の場合は、名目GDPこそ世界で第2位の大国になりましたが、現実には資本流出リスクにおびえている国でもあります。

    翻って日本の場合は、多額の現金の持出には申告が義務付けられているものの、禁止はされていません。これが、「ハード・カレンシー国」とそれ以外の国の最大の違いです。

    通貨の信用度と通貨危機

    考えてみれば、通貨とは不思議な存在です。

    金額が書き込まれただけの紙であるにも関わらず、人々が有難がるからです。

    日本国内だと、「日本銀行券・1万円」と書かれた紙片を相手に渡せば、1万円の値札が付いた商品が手に入ります。「100万円」という借用書があった場合、「日本銀行券・1万円」と書かれた紙片を100枚渡せば、それで借金を返したことになります。

    これを専門用語で、「決済のファイナリティ」と呼びます。

    つまり、通貨には、それを授受すれば債権債務が消滅するという機能があるのです。

    そして、通貨が「決済のファイナリティ」を持つためには、人々がその通貨を「価値があるものだ」と信頼していることが必要です。

    つまり、その通貨の「実力」とは、人々が自分の国の通貨をどの程度信用しているかという観点から定義されるのです。

    残念ながら、アジア諸国の通貨は、それほど高く信頼されていません。その証拠が、先日の「仮想通貨騒動」でしょう。

    たとえば、中国の人民の場合、自分たちの通貨・人民元よりも、日本円や米ドルを好みます。仮想通貨の「ビットコイン」が中国で広く取引されていたのは、人々が人民元を嫌っていた証拠でしょう。実際、中国では先月、最大手のビットコインの取引所が取引停止に追い込まれました。

    中国のビットコイン取引所が取引停止へ 規制強まるなか(2017年09月15日付 BBC日本語版より)

    私の見方で恐縮ですが、この規制の背景には、中国当局が資本流出を恐れていることがあると考えられます。

    中国国内で人々が人民元をビットコインに替え、そのビットコインを海外で米ドルや日本円に両替すれば、実質的に規制をかいくぐって人民元を国外に持ち出すことができてしまいます。

    中国共産党がビットコインなどの仮想通貨に対する規制を強めているのは、最終的には資本流出を規制するためなのでしょう。

    通貨の3大機能

    さて、通貨には3つの機能があります。それは、

    1. 価値の測定尺度
    2. 交換・決済機能
    3. 価値の保存機能

    です。

    このうち、「価値の測定尺度」とは、「財貨・サービスを同じ金額単位で表示する機能」です。

    たとえば、「ダイコン1本がニンジン2本分だ」とすれば、ダイコン農家の人が、自分が作ったダイコン1本をニンジン農家に持ち込めば、ニンジン2本と交換してもらえるということです。

    しかし、これではいかにも不便です。

    そこで、「ダイコン1本100円」、「ニンジン1本50円」と表現すれば、1000円札を持って行けば、ダイコンなら10本、ニンジンなら20本買うことができる、と、平易に理解することができるのです。

    この「価値の測定尺度」は、どんな通貨にも備わっています。極端な話、米ドルであろうが、ジンバブエ・ドルであろうが、北朝鮮ウォンであろうが、全く同じです。

    しかし、ほかの2つの機能は、ハード・カレンシーとそれ以外の通貨では根本的に異なります。

    まず、「交換・決済機能」とは、「いつでも必要なものを必要な時点で必要なだけ購入する」機能です。経済が崩壊した北朝鮮やジンバブエ、あるいはベネズエラでは、自分の国の通貨をお店に持ち込んでも、商品自体が店に並んでいなかったり、あるいはお金を積んでも商品を買うことができなかったりします。

    中国の通貨・人民元や韓国の通貨・韓国ウォンの場合、少なくとも経済は崩壊していませんから、自分の国の通貨を持って行けば、自分の国の中では、商品を買うことができます。しかし、自分の国の通貨は国外で通用していませんから、たとえば人民元や韓国ウォンを日本の商店で使おうとしても、受け取りを拒絶されます。

    これに対し、米ドルの場合は、多くの国で、自国通貨と同じくらい、通用します。また、アジア諸国では日本円をそのまま受け取ってくれる商店もあるなど、ハード・カレンシーは自国外でも通用するケースが多いのです。

    さらに、「価値の保存機能」とは、ひらたくいえば貯金のことです。専門的には「勤労・事業等により得た富を保存・貯蓄する機能」と定義されますが、せっかく働いてお金を貯めたとしても、インフレで価値がゼロになってしまっては意味がありません。

    一般に、インフレが激しい発展途上国では、お金を手に入れても、すぐに土地や家電、自動車などの商品と交換する方が良いとされています。あるいは、韓国では「タンス預金」を自国通貨ではなく、日本円や米ドルの現金で貯め込んでいる家庭も多いようです。

    イラクの元大統領であるサダム・フセインが2003年12月13日に米軍に身柄を拘束された際、自国通貨ではなく米ドルの現金を持参していたという話もあります。独裁者が自分の国の通貨ではなく、「敵国」の通貨を持っていたというのは、皮肉というほかありません。

    円の国際化という夢

    BSAの2種類①自国通貨建てBSA

    さて、冒頭で出てきた「BSA」、つまり二ヵ国間通貨スワップ協定とは、金融規制の専門家ではない人からみれば、非常に不思議な協定に見えます。

    というのも、自分の国で通貨を「刷る」ことができるのですから、

    国が借金を返せなくなった場合には、中央銀行にお金を刷らせて返せば良いのではないか?

    と単純に考えてしまうからです。

    実は、ここでもう1つ重要な点があります。それは、自分の国の通貨は自分の国の中央銀行が好きに刷ることができる一方、外国の通貨を好きに刷ることはできないからです。

    全世界で米ドルを刷ることができるのは米国の中央銀行であるFRB(と北朝鮮)だけであり、そのほかの国が米ドルを手に入れるためには、為替市場で両替するしかありません。

    ただし、先進国(ただしくいえば6つの中央銀行)は、お互いの通貨を無制限に融通し合うことができます。これが「為替スワップ」です。日本銀行が締結している為替スワップは、現時点で7つ存在します(図表1)。

    図表1 為替スワップとは?
    締結相手と通貨 上限金額 期限
    米FRB・米ドル 無制限 無制限
    ECB・ユーロ 無制限 無制限
    英BOE・英ポンド 無制限 無制限
    カナダ銀行・加ドル 無制限 無制限
    SNB・スイスフラン 無制限 無制限
    豪州中央銀行・豪ドル 200豪ドル/1.6兆円 2019年3月17日
    MAS・星ドル 150億星ドル/1.1兆円 2019年11月29日

    (【出所】日本銀行『海外中銀との協力』)

    つまり、日本の場合、日銀が米FRB(正しくいえばニューヨーク連銀)との間で、円を担保に、無制限にドルを借り入れることができ、借り入れたドルはドル供給オペで民間金融機関に提供されます。

    つまり、もともとのBSAとは、「自分の国の通貨」と「相手国の通貨」を交換する取引なのです。

    BSAの2種類②ドル建てBSA

    ただ、日本がアジアの発展途上国と締結しているスワップの多くは、米ドル建てのBSAです(図表2)。

    図表2 日本がアジア諸国と締結するBSA(未発効分含む)
    相手国 契約条件 当初契約日
    インドネシア 日→尼 227.6億米ドル 2013年12月12日
    フィリピン 日→比 120億米ドル
    比→日 5億米ドル
    2014年10月6日
    シンガポール 日→星 30億米ドル
    星→日 10億米ドル
    2015年5月21日
    タイ 日→泰 30億ドル
    泰→日 30億ドル
    2017年5月5日
    マレーシア 日→馬 30億ドル
    馬→日 30億ドル
    (未発効)

    (【出所】財務省ウェブサイト『アジア諸国との二国間通貨スワップ取極』などを参考に著者作成)

    これらのBSAは、インドネシアに対するものを除き、すべて双方向のスワップです。

    フィリピンを例に挙げて説明すれば、フィリピンが要請した時に、日本がフィリピンに対し、フィリピン・ペソを担保に、最大120億ドル相当の「米ドル」を提供するという契約です。

    これは、考えてみれば変な話です。日本は米ドルの国ではないからです。しかし、日本が締結するBSAは、基本的にすべて、「相手国通貨と米ドルの交換取引」です。

    現実には、日本の財務省が管轄する、100兆円を超える外貨準備から貸し出すことになる考えられますが、逆にいえば、日本政府か日本銀行が外国に提供しているBSAに相当する米ドルを所持していなければならない、ということです。

    これだと、せっかく世界最強のポテンシャルを持つ日本円という通貨を持ちながら、日本が円の国際化を行うチャンスがなくなります。

    円建てBSAを普及させるべき

    今回の財務省によるプレス・リリースによれば、フィリピンとの通貨スワップ協定については、フィリピンが要請した時のスワップの提供通貨に、日本円が加わったのです。

    いままでの日本円建てのスワップ取引は、図表1に示した、日本と他の先進国中央銀行との間における自国通貨同士の交換取引(為替スワップ)しかありませんでした。それが、今回の財務省の決定により、フィリピンとの間で、円建てBSAに道が開かれたのです。

    この決定について、私は心の底から歓迎したいと思います。

    また、日本は憲法第9条第2項により、国家の安全保障を確保するうえで、戦争を伴う自衛権の行使を禁止されている国でもあります。そして、現状で軍事力による日本の安全の確保が難しいのであれば、それ以外の自衛手段を活用しなければなりません。

    金融は、その手っ取り早い手段です。

    諸外国の外貨準備を補完する意味で、日本円建てのBSAを推進すべきでしょう。とりあえずはアジア諸国(とくにASEAN諸国)から始め、世界中に広めていくのが正しい戦略ではないでしょうか?

    BSAの相手国は選びましょうね

    ただし、BSA自体は非常に有効な外交手段ではありますが、それと同時に、日本にとって「意味のある国」と締結すべきです。

    図表1、図表2で確認したとおり、現時点で日本が締結しているスワップ協定(協議中含む)は、先進国7ヵ国の中央銀行と、アジア5ヵ国(ただしマレーシアについては未発効)です。シンガポールの場合は為替スワップと米ドル建てBSAの2本建てですが、それ以外の中央銀行については、いずれも日本にとって重要な協定ばかりであり、大切にすべきでしょう。

    しかし、一昨日に『中韓スワップ失効前夜、日本に助けを求める韓国』で指摘したとおり、これからわが国に対し、猛烈にアプローチをかけて来ると想定できる国があります。それがどこかは敢えて指摘しませんが(※というかタイトルを見ればわかりますが笑)、自国通貨建てであれ米ドル建てであれ、BSAは日本にとって外国に対する信用リスクを負いかねません。

    日本にとって重要な国と、そうでない国とは、軍事的理由と経済的理由から決定すべきであり、いずれかの理由で重要な国とは、リスクを取ってでもBSAを締結すべきでしょう。しかし、そうでなければ、BSAを締結すべきではありません。

    その鉄則を、日本政府には忘れないでいただきたいと思います。

    【補論】外交をどう進めるか?

    さて、一昨日の『中韓スワップ失効前夜、日本に助けを求める韓国』の末尾でも主張しましたが、日本の外交は、「表向きは」善隣友好を趣旨とすべきです。

    最近の中国は日本の領土・領海を侵略する意図を隠しもしませんが、このような国には毅然と立ち向かう必要があることは間違いありません。しかし、中国が国際法を守り、国際社会とともに生きることを選択するならば、日本は中国とも善隣友好を進めるべきでしょう。

    また、韓国やロシアとも、善隣外交が基本であるべきです。両国は日本の領土を侵略し、平然と居座っている無法国家ですが、それでも、あくまでも善隣外交の精神に従い、領土問題を巡っても対話による解決を図るべきでしょう。

    しかし、それらはあくまでも「表向きは」、という前提条件が付きます。

    日本が「善隣外交」によらざるを得ない最大の理由とは、いうまでもなく、憲法第9条第2項の存在です。戦争を通じた自衛権の行使が禁止されている以上、敵対国を増やさないことが、日本にとっての制約だからです。

    ということは、日本が全力で行わねばならないことは、「表向きの」善隣外交という姿勢を崩さず、水面下で日本に仇なす国家を誅することです。つまり、韓国ともロシアとも、「表向きは」善隣外交を勧めつつも、水面下では両国を軍事的・経済的に支援せず、むしろ破綻しそうになったとしても積極的に助けず、関わらないことが重要です。

    ロシアに対しては、北方領土の共同経済活動などを進め、平和裏に日本人の経済活動を根付かせつつ、原油価格下落で苦しむロシア経済には決定的な支援を与えないという付き合い方が考えられます。

    また、韓国に対しても、慰安婦問題などを巡る日本に対する侮辱を止めるように勧告しつつ、BSAをチラつかせ、結局は韓国経済が外貨不足で破綻しそうになってもBSAを与えないという対応が考えられます。

    いずれにせよ、BSAは非常に有効な外交ツールになり得ます。私は有権者の1人として、日本政府には、これらのツールを有効かつ賢明に活用して頂きたいと思います。

    ※本文は以上です。

    お勧め記事一覧

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/01/20 00:00 【時事|韓国崩壊
    【時事評論】赤化統一は思ったより早く実現か?
  • 2018/01/19 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】「独立国」でなくなった韓国(追記あり) (6コメント)
  • 2018/01/19 00:00 【外交
    ビジネスマンのセンスで外交青書を読む (1コメント)
  • 2018/01/18 14:15 【時事
    【夕刊】主張する相手が違うでしょ! (8コメント)
  • 2018/01/18 00:00 【時事|韓国崩壊
    時事評論:「ツートラック外交」の愚 (5コメント)
  • 2018/01/17 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外交を政府任せにしない (4コメント)
  • 2018/01/17 00:00 【マスメディア論
    ブログ批判に対する反響 (1コメント)
  • 2018/01/16 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】壊れゆく日韓関係の現状整理 (5コメント)
  • 2018/01/16 00:00 【金融
    企業会計のセンスで中央銀行を議論するWSJ (4コメント)
  • 2018/01/15 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】読売調査は日本国民変化の象徴 (2コメント)
  • 2018/01/15 00:00 【外交
    安倍政権の本当のスキャンダル (4コメント)
  • 2018/01/14 13:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】朝鮮日報の「てのひら返し」 (3コメント)
  • 2018/01/14 00:00 【外交
    韓国だけが無責任なのではない (10コメント)
  • 2018/01/13 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】都合が悪いと「お互いが悪い」 (8コメント)
  • 2018/01/13 00:00 【マスメディア論
    フェイク・ニュース・ブログを批判する! (17コメント)
  • 2018/01/12 13:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】慰安婦問題は根本から叩き潰せ! (3コメント)
  • 2018/01/12 00:00 【国内政治
    改憲議論の前に:現実的改憲論の勧め (7コメント)
  • 2018/01/11 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国メディア「米国が南北対話を歓迎」のウソ (6コメント)
  • 2018/01/11 00:00 【韓国崩壊
    慰安婦合意という「地雷」を踏んだ韓国大統領 (11コメント)
  • 2018/01/10 00:00 【韓国崩壊
    平昌の欺瞞:赤化統一に一歩近づいた韓国 (6コメント)
  • 2018/01/09 14:55 【時事|韓国崩壊
    破棄はしないが守らない (10コメント)
  • 2018/01/09 00:00 【韓国崩壊
    韓国は自信満々でゴールポストを動かす? (3コメント)
  • 2018/01/08 00:00 【韓国崩壊
    日韓関係が現在進行形で壊れていく! (7コメント)
  • 2018/01/07 00:00 【韓国崩壊
    無責任国家・韓国の失敗事例をどう生かすか? (11コメント)
  • 2018/01/06 00:00 【マスメディア論
    「主観的事実」を捏造する人たち (8コメント)
  • 2018/01/05 08:40 【時事|韓国崩壊
    【速報】WSJ「五輪期間中の合同軍事演習を中止」 (5コメント)
  • 2018/01/05 00:00 【韓国崩壊
    大統領が自ら自分を追い込む愚かな国 (3コメント)
  • 2018/01/04 00:00 【政治
    日韓関係悪化と日中関係好転はセットで議論すべし! (2コメント)
  • 2018/01/03 00:00 【金融
    【新春経済講座】為替介入国は市場経済の敵 (3コメント)
  • 2018/01/02 00:00 【外交
    今年も日韓関係は年初から波乱含み (4コメント)
  • 2018/01/01 00:00 【マスメディア論
    ウェブ言論元年宣言 (5コメント)
  • 2017/12/31 00:00 【雑感オピニオン
    読者の皆様へ、今年1年の御礼 (6コメント)
  • 2017/12/30 00:00 【韓国崩壊
    安倍政権は東アジア秩序の再構築を目論む? (6コメント)
  • 2017/12/29 09:30 【時事
    慰安婦合意TF、韓国メディアの「逆切れ」 (9コメント)
  • 2017/12/29 00:00 【雑感オピニオン
    2017年はフェイク・ニュース元年? (3コメント)
  • 2017/12/28 09:00 【時事|韓国崩壊
    【補足】河野大臣、異例にもTFに強く反応 (6コメント)
  • 2017/12/28 00:00 【韓国崩壊|外交
    慰安婦合意TF:自ら墓穴を掘った韓国政府 (20コメント)
  • 2017/12/27 16:00 【時事
    これって却って韓国政府にとってマズイのでは? (7コメント)
  • 2017/12/27 00:00 【外交
    朝鮮半島は2割の確率で赤化統一される (4コメント)
  • 2017/12/26 16:30 【時事
    「好きにすれば?でも合意は守ってね。」 (5コメント)
  • 2017/12/26 00:00 【外交
    2017年版「外交に関する世論調査」を読む (2コメント)
  • 2017/12/25 22:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞のスラップ訴訟を許すな! (2コメント)
  • 2017/12/25 00:00 【国内政治
    安倍政権5年―「既得権益」を打ち破れ! (3コメント)
  • 2017/12/24 00:00 【雑感オピニオン
    日中韓友好という、1990年代の不思議な熱気 (5コメント)
  • 2017/12/23 00:00 【外交
    イスラム系テロリストによる「核の実戦使用」という脅威 (3コメント)
  • 2017/12/22 00:00 【日韓スワップ|外交
    「外交カード」で見る日韓関係 (4コメント)
  • 2017/12/21 00:00 【外交
    日本外交、良い意味での脱皮を期待 (2コメント)
  • 2017/12/20 09:20 【時事
    「椅子で見下す安倍総理」? (3コメント)
  • 2017/12/20 00:00 【外交
    一帯一路構想には「是々非々」が正解 (6コメント)
  • 2017/12/19 00:00 【韓国崩壊
    ツートラック外交以前の問題 (10コメント)
  • 2017/12/18 00:00 【外交
    プーチン訪日から1年:領土問題は時間が解決する (6コメント)
  • 2017/12/17 00:00 【経済全般
    シャッター街の原因は少子高齢化ではない! (9コメント)
  • 2017/12/16 00:00 【マスメディア論
    テレビ業界の自殺 (8コメント)
  • 2017/12/15 11:00 【時事・過去記事|韓国崩壊
    【速報】米国が激怒?それを言ってしまうとは… (4コメント)
  • 2017/12/15 00:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    中国の対韓サラミスライス (4コメント)
  • 2017/12/14 00:00 【金融
    総論:通貨スワップと為替スワップとは? (7コメント)
  • 2017/12/13 00:00 【韓国崩壊
    どうして安倍総理は韓国大統領に訪日を呼び掛けるのか? (11コメント)
  • 2017/12/12 00:00 【政治
    「北朝鮮攻撃」で問題は解決しない (6コメント)
  • 2017/12/11 00:00 【マスメディア論
    週刊金曜日<(越えられない壁)<唐揚げ弁当 (6コメント)
  • 2017/12/10 00:00 【韓国崩壊
    少しずつ好転しつつある日本外交 (12コメント)
  • 2017/12/09 00:00 【マスメディア論
    自壊の道を歩み始めたテレビ業界 (20コメント)
  • 2017/12/08 00:00 【外交
    「攻撃後」のことを考える方が重要だ (7コメント)
  • 2017/12/07 00:00 【経済全般
    中東・ロシアと日本とのつながり (1コメント)
  • 2017/12/06 00:00 【韓国崩壊
    産経ニュースに見る残念な論説 (4コメント)
  • 2017/12/05 00:00 【マスメディア論
    虎ノ門ニュースで青山さんがメディアにキレる! (6コメント)
  • 2017/12/04 00:00 【韓国崩壊
    むしろ韓国に慰安婦合意を破棄させろ (13コメント)
  • 2017/12/03 00:00 【外交
    12月18日が晴天ならば北朝鮮奇襲か? (7コメント)
  • 2017/12/02 00:00 【外交
    反日韓国は中国に躾けてもらえ (15コメント)
  • 2017/12/01 00:00 【マスメディア論
    毎日新聞さん、ゴミを不法投棄しないでくれますか? (6コメント)
  • 2017/11/30 00:00 【外交
    北朝鮮攻撃の確率は50%に上昇した (1コメント)
  • 2017/11/29 00:00 【雑感オピニオン
    IT化はここまで進んだ! (7コメント)
  • 2017/11/28 00:00 【経済全般
    地方で「公共事業悪玉論」の間違いを実感する (6コメント)
  • 2017/11/27 00:00 【マスメディア論
    ホテルで無料配布される朝日新聞 (7コメント)
  • 2017/11/26 00:00 【韓国崩壊
    日本は韓国を必要としていない!! (8コメント)
  • 2017/11/25 00:00 【外交
    中国のプロパガンダにどう立ち向かうか (6コメント)
  • 2017/11/24 00:00 【雑感オピニオン
    ウェブ言論を考える (5コメント)
  • 2017/11/23 00:00 【マスメディア論
    余裕がなくなってきた朝日新聞社 (7コメント)
  • 2017/11/22 00:00 【韓国崩壊
    日韓友好か誅韓か―「日韓関係清算」を議論する (12コメント)
  • 2017/11/21 00:00 【マスメディア論
    潮時を間違えた加計学園「問題」 (9コメント)
  • 2017/11/20 00:00 【韓国崩壊
    韓国は7割の確率で中華属国化する (5コメント)
  • 2017/11/19 00:00 【政治
    2つのニュースにみる、マスゴミの苦境 (16コメント)
  • 2017/11/18 00:00 【韓国崩壊
    韓国制裁と朝日新聞社倒産を議論する (8コメント)
  • 2017/11/17 00:00 【日韓スワップ|時事|金融
    もう日本とのスワップは必要ないね (6コメント)
  • 2017/11/16 12:45 【日韓スワップ|時事|金融
    【速報】カナダ・韓国間の為替スワップは通貨スワップではない! (10コメント)
  • 2017/11/16 00:00 【外交
    日中新時代は「政熱経冷」でお願いします (2コメント)
  • 2017/11/15 00:00 【時事|雑感オピニオン
    「4つの規範」と最近の話題のアップデート (3コメント)
  • 2017/11/14 00:00 【雑感オピニオン
    職業倫理と人生について考えてみた (5コメント)
  • 2017/11/13 00:00 【マスメディア論
    最適解はマスゴミ倒産 (9コメント)
  • 2017/11/12 00:00 【国内政治
    国民に害をなす民進党の「その後」 (4コメント)
  • 2017/11/11 00:00 【外交
    トランプのディナー歓待に見る日越中韓の違い (8コメント)
  • 2017/11/10 00:00 【雑感オピニオン
    社会人論からニュースを斬る! (2コメント)
  • 2017/11/09 13:45 【時事
    不覚にも素直に「凄い」と思ってしまった… (5コメント)
  • 2017/11/09 00:00 【外交
    トランプ訪亜は「天王山」に差し掛かる (4コメント)
  • 2017/11/08 15:15 【時事
    朝日新聞・増田啓佑容疑者逮捕の衝撃 (2コメント)
  • 2017/11/08 00:00 【韓国崩壊|政治
    「新宿会計士の通貨スワップ論」が韓国人に人気? (11コメント)
  • 2017/11/07 00:00 【外交
    成果万全な日米首脳会談と「韓国の滅び方」 (8コメント)
  • 2017/11/06 09:15 【時事
    【緊急速報】韓国「日本は同盟ではない」 (9コメント)
  • 2017/11/06 00:00 【韓国崩壊|外交
    トランプ訪日を英メディアが報じたことの意味 (3コメント)
  • 2017/11/05 00:00 【韓国崩壊
    歴史に学ぶ朝鮮半島情勢 (8コメント)
  • 2017/11/04 00:00 【マスメディア論
    マスゴミの断末魔とゴミクズ野党 (4コメント)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。