最大野党・民進党の村田蓮舫(むらた・れんほう)代表(中国名「謝蓮舫」)は昨日、自身の戸籍を「公表」し、これで二重国籍問題に幕を引くことにしたようです。しかし、公職選挙法違反の事実は消せません。村田氏が党首に留まったままでは、民進党が自壊するのを防げません。そして、私が一番恐れているのは、民進党が自壊するタイミングでポピュリスト政党が出現することなのです。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは最近、1日に複数回、記事を更新することが増えています。最新記事を是非、チェックしてください。

↓本文へ

ここからが本文です。
記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
このエントリーをはてなブックマークに追加

村田代表、戸籍を「公表」?

最大野党・民進党の村田蓮舫(むらた・れんほう)代表(※中国名「謝蓮舫」)は昨日、自身の「戸籍を公表」しました。「戸籍を公表」、と、カギカッコ付きで述べた理由は、「公表」したのはあくまでも報道陣に対してであり、「一般国民に対して」、ではないようです。というのも、民進党のウェブサイトを見ても、村田代表の戸籍のコピーは見当たらないからです。

村田代表は昨日の会見で、「本来、戸籍は開示してはならないもの」と言いながら、「こうした開示は私で最後にしてもらいたい」と、あたかも自分が被害者であるかのように記者団の前で語りました。

しかし、これは完璧な詭弁でしょう。

村田代表は、最大野党である民進党の党首です。そして、村田代表の二重国籍問題が発覚したのは、昨年夏の参議院議員選挙以降の話です。ということは、村田代表は公職選挙法に違反し、自身の二重国籍を隠したままで立候補し、当選していたことになります。そして、昨日の記者会見では、自身の二重国籍問題の「幕引き」に失敗した格好です。

これについて、どう考えるべきでしょうか?

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



外国人と公選法

「日本人」って何だ?

ところで、外国人が日本の公職に就くことには、どのような問題があるでしょうか?

自然に考えればわかりますが、真っ先に生じる問題点とは、外国人は「日本という国に帰属意識がない」、という可能性がある点です。

もちろん、ここでいう「外国人」の定義はさまざまです。たとえば、「日本と縁もゆかりもなく、日本国籍も有していない外国人」の場合や、「もともとは日本人ではなかったが、日本に帰化し、日本国籍を保有している人」の場合もあります。あるいは逆に、「もともとは日本人だったが、外国に帰化して日本国籍を失った人」という例もあるかもしれません。

私の考え方では、出自が日本人でなかったとしても、日本のために尽くそうと思い、日本に忠誠を誓って日本国籍を取得した人は、立派な日本人です。ただ、日本の帰化申請の審査が「ザル」でもあるため、心の底では日本のことを嫌っていながら、日本国籍を取得するという不届きな者も存在します。

昨日も当ウェブサイトに執筆したとおり、私自身は母親が在日韓国人二世であり、たしかに生前に日本国籍を取得しているのですが、朝鮮人特有のメンタリティでしょうか、心の底で日本のことを嫌がっていた節があります。また、母方の叔父・叔母どもの中には日本国籍を取得した者とそうでない者が混在していますが、「良き日本人」であることを拒絶しており、日本のことを嫌いながら日本で暮らしています。

私は自分の親族であっても、自動的に尊敬するということはしません。とくに叔父どもは、祖父母の遺産を不当に取得し、脱税まがいのことをしていたという経緯もあるため、裁判ざたにまでなっています(※このあたりの事情は、どこかで記事にまとめたいと思います)。そのような者たちが日本人づらして偉そうに日本社会に跋扈していると考えると、恐ろしくて寒気すらします。

法的に日本国籍を取得していて、日本のことを愛し、日本のために尽くそうとしていれば、血縁的に日本人以外の血が入っていたとしても、日本人としての資格は十分にあると、勝手にそう思っています。また、私は別に自分の出自に負い目など感じてません。というのも重要なのは自分自身がこれまで何をやってきて、これからどういう生き方をするか、だからです。

話はそれましたが、やはり「日本国籍」を持っている、持っていないという外形的な基準は、極めて重要です。今回、村田代表は自身の戸籍公開を「出自の問題」と絡めて、「原則として開示すべきではない」、「これを前例とすべきではない」と強調しましたが、こうした考え方は完璧に間違っています。

むしろ、村田代表が「前例とすべきではない」という点は、「外国人が二重国籍を隠して立候補すること」なのです。

公職選挙法の欠陥

ただ、なぜ今まで村田代表の二重国籍状態が放置されていたのでしょうか?

私は以前から、公職選挙法にはさまざまな欠陥があると考えていますが、その最たるものは、二重国籍者の立候補を防ぐ規定が存在しないことでしょう。

公職選挙法上は、「日本国民に被選挙権がある」と明示されています。

公職選挙法第第10条第1項

日本国民は、左の各号の区分に従い、それぞれ当該議員又は長の被選挙権を有する。

一 衆議院議員については年齢満二十五年以上の者

二 参議院議員については年齢満三十年以上の者

三 都道府県の議会の議員についてはその選挙権を有する者で年齢満二十五年以上のもの

四 都道府県知事については年齢満三十年以上の者

五 市町村の議会の議員についてはその選挙権を有する者で年齢満二十五年以上のもの

六 市町村長については年齢満二十五年以上の者

しかし、二重国籍者がこれらの公職に就いてはならないとする規定は存在しません。そもそも、公職選挙法で「国籍」という単語が出てくるのは、次の2条しかありません。

公職選挙法第28条

市町村の選挙管理委員会は、当該市町村の選挙人名簿に登録されている者について次の場合に該当するに至つたときは、これらの者を直ちに選挙人名簿から抹消しなければならない。この場合において、第三号の場合に該当するときは、その旨を告示しなければならない。

一 死亡したこと又は日本の国籍を失つたことを知つたとき。(※後略)

公職選挙法第30条の11

市町村の選挙管理委員会は、当該市町村の在外選挙人名簿に登録されている者について次の場合に該当するに至つたときは、これらの者を直ちに在外選挙人名簿から抹消しなければならない。この場合において、第三号に掲げる場合に該当するときは、その旨を告示しなければならない。

一 死亡したこと又は日本の国籍を失つたことを知つたとき。(※後略)

では、こうした規定は諸外国でも一般的なのでしょうか?それを示唆するニュースが、昨日、報じられています。

豪上院議員が辞職表明、二重国籍判明で 先週末から二人目(2017/07/18付 BBC日本語版より)

BBCによると、「オーストラリア緑の党」に所属するラリッサ・ウォーターズ上院議員は自身が生まれたカナダの国籍を保持していたことが明らかとなったということです。また、同じ緑の党に属するラドラム氏も先週、ニュージーランドとの二重国籍状態のため、議員辞職したばかりだそうです。

私は、これが普通の国の対応だと思います。

村田蓮舫は犯罪者?

さて、村田蓮舫代表の記者会見に話を戻しましょう。会見場では、アゴラの新田哲史編集長が次の趣旨の発言をしました。

  • (村田蓮舫氏の)国籍選択宣言は2016年10月7日であり、選挙公報で「1985年に日本国籍を取得した」と述べていたことは事実と異なるのではないか?
  • オーストラリアの議員が辞職した際には議員報酬の返上という話も出ているようだが、(村田蓮舫氏も)何らかの政治責任を取ってはいかがか?

この新田氏のご質問は非常に正しい問題意識です。要するに、村田蓮舫氏は、「経歴詐称」という観点から、公職選挙法に違反していたことが明らかになったのです。

公職選挙法第235条には「虚偽事項の公表罪」が定められています。

公職選挙法第235条第1項

選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

村田代表は「自身の二重国籍問題については手続を怠っていたものの、それは故意に基づくものではなく、自身の勘違いによるものだ」と言い張っています。このため、公選法第235条第1項によって村田蓮舫氏を罰することができるかどうかは微妙です。

ただ、私は村田蓮舫氏が限りなく犯罪に近いことをやって来たと考えています。

では、村田氏はどうケジメを付けるべきなのでしょうか?これについて村田氏は記者会見場で、あくまでも代表も国会議員も辞職するつもりがないと明言しました。つまり、幕引きを狙って戸籍開示を行ったものの、幕引きに完全に失敗した格好です。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



民進党の瓦解は望ましくない

村田蓮舫効果

さて、昨日の村田蓮舫氏の説明を聞いても、彼女の二重国籍問題を巡って「納得が行く」という人は少数派ではないかと思います。

ところで、村田蓮舫氏は昨日、自身が日本国籍者だと明言しました。ということは、彼女の戸籍名は「村田蓮舫」です。しかし、村田代表は自身を「蓮舫」と名乗っています。頑なに「村田」と名乗ることを拒否しています。しかも、「蓮」と「舫」の間にスペースを2個くらい入れて、「蓮  舫」と表記させることもあります。「蓮」が苗字で「舫」が名前だと誤認させるつもりでしょうか?

それはさておき、村田蓮舫氏のような不誠実な人間が民進党の党首に在籍しているおかげで、自民党としては実に戦いやすい状況が生じています。しかし、村田蓮舫氏が党首を務め始めてからというもの、民進党に対する支持率は激減。先日の都議選でも、民進党は壊滅的な惨敗を喫しました(※とはいえ、実質的には元民進党議員が「小池ファースト党」で政党ロンダリングを行い、当選しているのですが…)。

民進党が瓦解すればどうなるのか?

私が以前、『視点を深掘りすることの重要さ』で指摘したとおり、民進党が急速に瓦解することは、実は、いろいろと望ましくありません。なぜなら、民進党があまりにも急激に瓦解の方向に行けば、小池百合子東京都知事のような「ポピュリスト」が出現し、瞬間風速的には支持を得て、選挙で圧勝を収めてしまうかもしれないからです。

(※余談ですが、小池百合子東京都知事が作成した「小池ファースト」なる党には、有象無象の議員がうごめいているため、現在の民進党と同様に、所属議員による不祥事が連発することは間違いないと私は見ています。)

ということは、今の段階で下手に民進党が瓦解すれば、まだ体力のある民進党議員が政党ロンダリングの一環として「小池ファースト党(仮)」などに移籍し、経歴を隠して再び国会議員になる、という可能性だって否定できない、ということです。

その意味で、私は村田蓮舫氏が民進党の党首を務めることには2つの問題があると考えています。

1つは与党・自民党の党内規律が弛緩することですが、もう1つは、緊張が失われた自民党の虚を突く形でポピュリスト政党が出現し、大躍進してしまうリスクが却って高まる、ということです。

村田さん、日本のためにお辞めください

もちろん、ポピュリスト政党が出現したとしても、日本国民が賢ければ、そのような政党など相手にされません。しかし、安倍政権がマス・メディアによる総攻撃に遭っているなかで、自民党が冷静さを失い、さらに民進党に代わる「ポピュリスト政党」が出現してしまえば、2009年8月の悪夢が再来する可能性だって否定できません。

考えてみれば、1930年代のドイツでは、ナチスと共産党という2つの極端な政党が大躍進し、ドイツはおろか、全世界を巻き込んだ大混乱の元凶となりました。政治がうまく行っていないとき、あるいはマス・メディアの報道が歪んでいる時には、こうした極端なポピュリスト政党、あるいは過激な政党が大躍進しかねません。

いずれにせよ、民進党が勝手に自壊する分には自由ですが、私が恐れているのは、少なくとも「最大野党」の状態にある民進党の代表者を村田蓮舫氏が務めている状況であり、民進党が急速に弱体化し、政党ロンダリングが横行することです。

私は旧民主党時代から一貫してこの政党を信頼していませんが、それでも、ゴキブリを駆除する前にゴキブリの巣をいきなり駆除してしまうと、ゴキブリが各所に散ってしまい、却って害虫の駆除が困難になります。害虫の巣を駆除する時には、害虫ごと駆除しなければならないことと同じで、民進党がいきなり壊滅してしまうと、山尾しおり議員や小西洋之議員、白真勲議員、あるいは有田芳生議員などに代表される「ゴキブリ議員」が政党ロンダリングを行い、各所に散らばってしまいかねません。

村田代表が直ちに民進党代表を辞任するか、それとも「対抗軸」が出現しないうちに、安倍総理が衆議院の解散総選挙を決断するか――。日本を良くするためには、このどちらかが必要ではないかと思うのです。

――↓本文は以下に続きます↓――

広告・スポンサーリンク



オマケ:マスゴミ虚報に新説

マス・メディア(あるいはネット・スラング風に言えば「マスゴミ」)の偏向報道が常軌を逸しています。

先日から『偏向報道撲滅計画へのご協力のお願い』などの記事で申し上げている通り、私の考えでは、マス・メディアによる偏向報道の真の目的とは、「自分の力を確かめるため」にあります。言い換えれば、「自分達マス・メディアには、まだ世論を操作し、政権を打倒するだけの力がある」と誇示するためです。

ところで、インターネット上では、次のような「マスゴミ陰謀説」が流れています。

  • 中国・韓国・北朝鮮などの敵対国が安倍政権を倒そうとマスゴミにカネを渡している
  • 反日報道テロ集団である朝日新聞が安倍内閣の倒閣を目指して火をつけた問題である
  • 既得権益層である文科省や獣医師会が安倍政権の倒閣を目指している

これらの説に対し、今週月曜日に放送されたインターネット番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』で、青山繁晴参議院議員は、マス・メディアによる虚報が続いている理由について、

安倍政権が憲法改正を打ち出したから、それに対する反動として、マス・メディア側から倒閣運動が生じている

とするご見解をお示しになりました。さすが青山議員、見識が高いと思います。私などが説明するよりも、はるかに的を射たご指摘だと思います。

ただ、私は私で、自説を特に撤回するつもりはありません。いちおう、補足がてら紹介申し上げる次第です。

 

※本文は以上です。

記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
このエントリーをはてなブックマークに追加

お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

ウェブサイトからのお知らせ

記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

【最新記事100件】
  • 2018/07/22 00:00 【マスメディア論|時事
    故・松本龍元復興相の言動を、きちんと振り返り記録すべきだ (1コメント)
  • 2018/07/21 10:00 【マスメディア論|時事
    アカウントBAN運動は言論封殺であり、天に唾する愚行だ! (2コメント)
  • 2018/07/21 00:00 【雑感オピニオン
    3年目の御礼:インターネットの無限の可能性と直接民主主義 (4コメント)
  • 2018/07/20 16:00 【金融
    ドイツと韓国:輸出依存度が高い国が共通して抱える問題点 (1コメント)
  • 2018/07/20 11:00 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)君が代判決巡り新しい屁理屈表現を開発 (7コメント)
  • 2018/07/20 07:00 【雑感オピニオン
    私たちが思うほど単純ではない「LGBT」とセクハラの議論 (10コメント)
  • 2018/07/20 00:00 【マスメディア論|時事
    災害報道の共同通信の新人記者は被害者ではなく立派な加害者 (5コメント)
  • 2018/07/19 16:00 【マスメディア論|時事
    BANされた翌日に急上昇1位!痛快極まりないユーチューバー (4コメント)
  • 2018/07/19 11:00 【時事|外交
    「日本が1兆円の北朝鮮支援」と勝手に決めつける韓国メディア (7コメント)
  • 2018/07/19 07:00 【韓国崩壊
    予想通り、韓国では朴槿恵政権時代に戒厳令が検討されていた
  • 2018/07/19 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国の主張は北朝鮮そっくり。日韓の「特別な関係」は終了へ (3コメント)
  • 2018/07/18 16:00 【マスメディア論|時事
    言論に「言論弾圧」という手段で対抗する極左勢力の愚劣さ (2コメント)
  • 2018/07/18 09:50 【マスメディア論|時事
    (朝日新聞社説批判)朝日新聞の責任、加計・森友を忘れるな (4コメント)
  • 2018/07/18 07:00 【国内政治
    ギャンブル依存症とパチンコ問題の「現実的な」解決策とは? (11コメント)
  • 2018/07/18 00:00 【時事|国内政治
    安倍晋三総理大臣に対する菅直人元首相の「危機管理批判」 (2コメント)
  • 2018/07/17 16:00 【時事|国内政治
    「カジノ」批判の野党、パチンコ弊害については無視ですか? (9コメント)
  • 2018/07/17 10:10 【マスメディア論|時事
    朝日新聞、「ネット層ほど内閣支持率が高い」とついに認める (2コメント)
  • 2018/07/17 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国の銀行に対しセカンダリー・サンクションの可能性も (1コメント)
  • 2018/07/17 00:00 【時事|国内政治
    文部科学省の汚職捜査は「芋づる逮捕」を狙ったものなのか? (1コメント)
  • 2018/07/16 13:00 【時事|外交
    フランス革命記念パレードと旭日旗はわが国にとっての岐路 (4コメント)
  • 2018/07/16 00:00 【時事|国内政治
    不信任を突き付けられるべきは安倍政権ではなく立憲民主党 (3コメント)
  • 2018/07/15 11:25 【時事|経済全般
    雇用政策の失敗は経済の自殺:民間経済潰す韓国の最低賃金 (3コメント)
  • 2018/07/15 00:00 【時事|経済全般
    客観的数値からは米中貿易戦争は中国の敗北、独韓にも流れ弾 (5コメント)
  • 2018/07/14 10:00 【時事|金融
    失業率対策を致命的に失敗する文在寅大統領の経済オンチぶり (5コメント)
  • 2018/07/14 00:00 【時事|国内政治
    国民の血税3800万円を野党の皆さんに請求したい気分です (2コメント)
  • 2018/07/13 16:00 【時事|経済全般
    経営努力もせずに国に頼る業界が滅亡に向かうのは当然のこと (12コメント)
  • 2018/07/13 11:00 【時事|外交
    CVID実現のために私たち日本国民がやらねばならないこと (2コメント)
  • 2018/07/13 07:00 【時事|外交
    勘違いする日朝議連、むしろ北朝鮮こそ拉致問題で誠意を示せ (3コメント)
  • 2018/07/13 00:00 【時事
    前川喜平氏がやってきたことは「面従腹背」どころではない (5コメント)
  • 2018/07/12 15:30 【時事|国内政治
    真っ先に働き方を改革しなければならないのは野党の方だ
  • 2018/07/12 11:45 【時事|外交
    北朝鮮問題:能天気すぎるアメリカの「外交コンサルタント」 (7コメント)
  • 2018/07/12 07:00 【韓国崩壊
    【朝刊】日韓関係:「言外のメッセージ」を読む (1コメント)
  • 2018/07/12 00:00 【政治
    【夜刊】赤坂自民亭と「謝蓮舫ブーメラン」炸裂!
  • 2018/07/11 16:30 【時事|経済全般
    【夕刊】「だんご3兄弟以来のヒット作出現!」と言われても (1コメント)
  • 2018/07/11 10:45 【時事|外交
    【昼刊】邦人有罪判決は日中距離感を考え直す機会 (3コメント)
  • 2018/07/11 07:00 【RMB|時事|経済全般
    【朝刊】米中貿易戦争はルール主義を無視する中国への鉄槌 (3コメント)
  • 2018/07/11 00:00 【時事|国内政治
    国民民主党の壊滅と立憲民主党に対する毎日新聞のハシゴ外し
  • 2018/07/10 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】産経「テレビ報道に7割が不満」報道の不十分さ (1コメント)
  • 2018/07/10 11:30 【時事|韓国崩壊
    【昼刊】鈴置さん、韓国はお嫌いですか? (4コメント)
  • 2018/07/10 07:00 【時事|外交
    【朝刊】北朝鮮のペースに絶対に乗るな (1コメント)
  • 2018/07/10 00:00 【時事|国内政治
    安倍総理外訪中止:私たち一般人こそ、常識を持つ必要がある (3コメント)
  • 2018/07/09 16:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】災害支援の在り方を考え直そう (7コメント)
  • 2018/07/09 10:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    【昼刊】都合が悪いと相手を「工作員」と罵る人たち
  • 2018/07/09 07:00 【時事|経済全般
    【朝刊】エリート選抜試験そのものが制度疲労を起こしている (16コメント)
  • 2018/07/09 00:00 【時事|外交
    ポンペオ長官訪日の詳細を読む
  • 2018/07/08 12:30 【時事|国内政治
    【夕刊】野党こそ「国民の敵」の名に値する
  • 2018/07/08 00:00 【時事|外交
    日本が「蚊帳の外」だと言っていた人たちの言い訳が聞きたい (7コメント)
  • 2018/07/07 12:00 【日韓スワップ|時事|金融
    【夕刊】韓国が絶対に呑めない条件を突きつけて放置でOK (4コメント)
  • 2018/07/07 00:00 【マスメディア論|時事
    尻尾巻いて逃げる新聞に「追い打ち」かける麻生副総理 (6コメント)
  • 2018/07/06 16:00 【時事|韓国崩壊|外交
    【夕刊】気になる「在韓米軍撤退」の動きの意味とは? (9コメント)
  • 2018/07/06 11:15 【時事|国内政治
    【昼刊】立憲民主党の「足を引っ張る」宣言の衝撃
  • 2018/07/06 07:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本が韓国との関係改善を図るよりも先にやるべきこと
  • 2018/07/06 00:00 【マスメディア論
    雑誌が売れない理由はきちんと分けて考えるべき (2コメント)
  • 2018/07/05 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】珍説「安倍と麻生が朝日新聞の信頼度を落とした」 (1コメント)
  • 2018/07/05 10:00 【時事|国内政治
    文科省局長逮捕:玉木、前川の両氏こそ疑惑に答えよ (6コメント)
  • 2018/07/05 07:00 【時事|経済全般
    家電メーカーよ、「NHKは要らない」の需要を汲み取れ!
  • 2018/07/05 00:00 【時事|韓国崩壊
    韓国、ついに北朝鮮と結託して日本を「共通の敵」に認定か? (3コメント)
  • 2018/07/04 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】中国は日本にソフトパワーで絶対に勝てない (3コメント)
  • 2018/07/04 10:30 【時事|外交
    【昼刊】自分で経済支援の芽を潰す北朝鮮 (2コメント)
  • 2018/07/04 07:00 【マスメディア論|経済全般
    ストック・フローの概念と朝日新聞社の財務諸表分析 (2コメント)
  • 2018/07/04 00:00 【マスメディア論|時事|国内政治
    マス・メディアと野党議員の共通点
  • 2018/07/03 17:00 【時事
    【夕刊】「安倍=ヒトラー」説で本質から逃げる反日左翼 (3コメント)
  • 2018/07/03 11:20 【時事|経済全般
    北朝鮮復興支援に日本は積極的に関わってはならない
  • 2018/07/03 07:00 【日韓スワップ|金融
    韓国側の日韓スワップ待望論はもはや病気だ (1コメント)
  • 2018/07/03 00:00 【マスメディア論|時事
    ジャーナリストとは気楽な職業だ (2コメント)
  • 2018/07/02 16:15 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮非核化の停滞は朝日新聞の主張と真逆だ (1コメント)
  • 2018/07/02 11:45 【時事|国内政治
    【昼刊】辻元清美議員の妨害戦略を許すな (3コメント)
  • 2018/07/02 07:00 【時事|外交
    南北揃って悲鳴を発する (2コメント)
  • 2018/07/02 00:00 【マスメディア論|時事
    朝日新聞?カネを払ってまで購読するつもりはありません (2コメント)
  • 2018/07/01 12:15 【時事|経済全般
    【夕刊】「内部留保」は「溜め込んだおカネ」ではありません (8コメント)
  • 2018/07/01 00:00 【マスメディア論
    今年も半分が過ぎました:「マスゴミ論」の振り返り
  • 2018/06/30 11:45 【時事|外交
    【夕刊】朝日新聞の「言い掛かり」とネットの冷静な反応 (4コメント)
  • 2018/06/30 00:00 【時事|国内政治
    ゴミ野党はしょせんゴミだが、国民民主党は脱皮できるのか? (4コメント)
  • 2018/06/29 15:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】傍若無人な振る舞いをするから「マスゴミ」と呼ばれる (2コメント)
  • 2018/06/29 10:00 【時事|雑感オピニオン
    ビジネスマンと育児 (16コメント)
  • 2018/06/29 07:00 【日韓スワップ|金融
    「韓国のジレンマ」:ウォン安も地獄、ウォン高も地獄 (1コメント)
  • 2018/06/29 00:00 【マスメディア論|時事
    読者を置き去りでどんどん先鋭化する朝日新聞 (1コメント)
  • 2018/06/28 16:00 【RMB|時事|金融
    【夕刊】AIIBと中国に開発援助の資格はあるのか? (1コメント)
  • 2018/06/28 11:00 【時事|外交
    【昼刊】W杯とユネスコ:韓国は「価値」共有する相手か? (3コメント)
  • 2018/06/28 00:00 【時事|経済全般
    最新版・2018年5月の観光統計を読む (1コメント)
  • 2018/06/27 15:30 【時事|国内政治|外交
    【夕刊】米韓同盟終焉を見据え、国防予算増だけで済ますな (1コメント)
  • 2018/06/27 10:00 【時事|国内政治
    「アベ政治を許さない」?許されないのはむしろあなた方だ! (5コメント)
  • 2018/06/27 00:00 【時事|外交
    産経・田北氏の安倍政権外交論を捏造・歪曲する中央日報
  • 2018/06/26 11:00 【時事|国内政治
    【昼刊】共産党・小池氏「新聞読めば自民不支持」 (7コメント)
  • 2018/06/26 07:00 【時事|経済全般
    サッカーW杯:日本のフェアプレイの精神はビジネスに通じる (3コメント)
  • 2018/06/26 00:00 【時事|外交
    「北朝鮮制裁継続」のトランプ政権、目的は対中封じ込め? (2コメント)
  • 2018/06/25 17:00 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】「日本憎し」も良いのですが… (5コメント)
  • 2018/06/25 11:30 【時事|国内政治
    【昼刊】国民民主党、政党支持率ゼロ%の衝撃
  • 2018/06/25 07:00 【雑感オピニオン
    開設22ヵ月で月間16万PV、「三方よし」の記事 (10コメント)
  • 2018/06/25 00:00 【マスメディア論|時事
    毎日新聞の「軌道修正」と「もりかけ問題」の限界 (2コメント)
  • 2018/06/24 12:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】朝日新聞記者、ウェブ広告のトラップにかかる? (3コメント)
  • 2018/06/24 00:00 【時事|外交
    北朝鮮核問題、「日米両国が裏で役割分担」という仮説 (6コメント)
  • 2018/06/23 12:00 【雑感オピニオン
    【夕刊】快便アドバイザーからの怪コメントとの戦い (2コメント)
  • 2018/06/23 00:00 【時事|外交
    北朝鮮を崩壊させるための人道支援はいかが? (7コメント)
  • 2018/06/22 16:00 【経済全般
    【夕刊】NHKが潰すワンセグ携帯 (6コメント)
  • 2018/06/22 10:45 【時事|金融
    【昼刊】韓国で「トリプル安」は発生するのか? (1コメント)
  • 2018/06/22 07:00 【マスメディア論
    押し紙、再販、記者クラブ。今に通じる過去の議論 (1コメント)
  • 2018/06/22 00:00 【時事|韓国崩壊|外交
    日本は北朝鮮復興に関してはむしろ「蚊帳の外」を目指せ (4コメント)
  • 2018/06/21 15:00 【政治
    【夕刊】既得権にまみれたNHKと「NHKの映らないテレビ」 (12コメント)
  • 2018/06/21 11:10 【時事|外交
    【昼刊】金正恩訪中の2つの目的と日本批判の真意

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。