本日は、一帯一路フォーラムに関する記事を紹介するとともに、ドイツと中国の意外な類似性について議論したいと思います。

※本文はお知らせの後に続きます。

【PR】スポンサーリンク・広告



※広告表示の詳細はプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。
当ウェブサイトでは現在、1日1~2回、記事を更新しており、「知的好奇心を刺激する最新記事」のサマリーをトップページにて常時30件、タイトルを常時100件、それぞれ表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

本文の前に:最新記事のお知らせ!

  • 2018/04/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】内閣支持率調査:不誠実なマスゴミに待っているのは倒産
  • 2018/04/23 08:00 【マスメディア論|時事
    【速報】野党支持が伸びない毎日新聞世論調査の衝撃 (1コメント)
  • 2018/04/23 00:00 【政治
    個人ブログを信頼する時代へ:もっとブログが増えて欲しい (2コメント)
  • 2018/04/22 00:00 【国内政治
    組織論の本質:反社会的な組織は解体されるべき (1コメント)
  • 2018/04/21 14:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮のわかりやすい時間稼ぎ (4コメント)
  • 2018/04/21 00:00 【マスメディア論
    「報道の自由度ランキング」を悪用する日本のジャーナリストの卑劣さ (4コメント)
  • 2018/04/20 17:30 【マスメディア論|時事
    【夕刊】記者クラブ制度は崩壊させた方が良い (2コメント)
  • 2018/04/20 09:20 【時事|韓国崩壊
    韓国自治体長「法は国民感情に勝つことはできない」の衝撃 (8コメント)
  • 2018/04/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「朝日新聞対財務省」は記者クラブ制度を破壊する? (3コメント)
  • 2018/04/20 00:00 【マスメディア論
    「ビジネスマン評論家」対「ダブスタ・切り貼りメディア」 (6コメント)
  • 2018/04/19 16:16 【時事|国内政治
    【夕刊】国益を最大化する安倍政権、国益を損ねる野党とマスゴミ (4コメント)
  • 2018/04/19 09:00 【マスメディア論|時事
    【続報】財務次官不祥事は朝日新聞グループに飛び火 (5コメント)
  • 2018/04/19 00:00 【時事|国内政治
    【速報】財務次官辞意報道:「既得権益」の潰し合いを歓迎する (6コメント)
  • 2018/04/18 11:45 【時事|外交
    【夕刊】安倍総理の圧倒的存在感:日米首脳会談の滑り出しは上々 (1コメント)
  • 2018/04/18 09:00 【RMB|時事|金融
    成果に乏しい日中金融対話 (1コメント)
  • 2018/04/18 00:00 【外交
    日米首脳会談とマスゴミの虚報 (2コメント)
  • 2018/04/17 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】財務省スキャンダル:国民の敵同士の潰し合い (6コメント)
  • 2018/04/17 10:40 【時事|韓国崩壊
    盛大なる皮肉:日韓関係悪化の犯人は日本のメディアの虚報? (4コメント)
  • 2018/04/17 00:00 【韓国崩壊
    韓国が「最も重要な隣国」ではなくなったのは当然 (2コメント)
  • 2018/04/16 15:45 【雑感オピニオン
    【夕刊】あらためて「パルク・グエン・ヒェ」を説明します (6コメント)
  • 2018/04/16 09:35 【マスメディア論|時事
    【速報】落ちているのはマス・メディアの支持率ではないか? (5コメント)
  • 2018/04/16 00:00 【経済全般
    労組は労働者の敵なのか? (2コメント)
  • 2018/04/15 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】超絶悲報:パヨクとマスゴミの倒閣運動、大失敗 (21コメント)
  • 2018/04/15 00:00 【マスメディア論
    言論テロを考察する (3コメント)
  • 2018/04/14 21:55 【時事|外交
    【夜刊】米軍によるシリア攻撃と北朝鮮
  • 2018/04/14 10:20 【マスメディア論|時事
    【夕刊】パヨクの暴走は自分たちに跳ね返る (3コメント)
  • 2018/04/14 00:00 【雑感オピニオン
    科学がオカルトに負けてはならない (6コメント)
  • 2018/04/13 21:40 【時事|韓国崩壊
    日本を勘違いする韓国
  • 2018/04/13 11:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】どうして日韓で真逆の内容になるのか? (6コメント)
  • 2018/04/13 00:00 【マスメディア論
    テクノロジーの進歩を拒絶するマスゴミの倒産は間近 (2コメント)
  • ↓本文へ

    ここからが本文です。
    記事を気に入っていただけたら、是非、共有またはクリックをお願いいたします。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    一帯一路構想の本質

    AIIBと一帯一路巡る虚報

    中国が主導する「現代版シルクロード構想」といえば、「一帯一路構想」(Road and Belt Initiative, RBI)です。そして、この「一帯一路」は、アジアインフラ投資銀行(AIIB)、シルクロード基金とあわせて、中国が「金融面での世界覇権の確立」を目論むための、いわば「3点セット」のようなものです。

    ただ、先週14~15日に中国の首都・北京で開催された「一帯一路フォーラム」では、これといった成果もなかった割に、中国のメディアはずいぶんと「成果があった」かのように報じました。しかも、私が驚いたのは、なぜか時事通信をはじめとする日本のメディアも、「一帯一路構想」やAIIBに対して、実に好意的な報道をしたことです。

    疑問解消ならAIIB参加も=中韓首脳と7月会談意向-安倍首相(2017/05/16-00:30付 時事通信より)
    「一帯一路」対応に変化も=首相側近ら派遣、米中取引を懸念(2017/05/15-22:25付 時事通信より)

    これらの時事通信の報道については、以前『成果に乏しい一帯一路フォーラムとメディアの「虚報」』でも取り上げたので、本日は敢えて繰り返しません。ただ、時事通信といえば、共同通信と並び、地方紙をはじめとした数多くのメディアに記事を配信しているため、非常に影響力の大きなメディアです。そして、金融に詳しくない人がこの2つの記事を立て続けに読むと、読者としては「一帯一路構想は順調に進んでおり」、「日本もこれからAIIBに参加すべき」だとする意見を感じるのも無理からぬことでしょう。

    こうした「虚報」のたぐいに相当する報道には、相当に注意しなければなりません。そして、あの「日経」の名を冠した一流メディア「日経ビジネス」(オンライン版)にも、こんな記事が掲載されました。

    「一帯一路」構想にみる「中国第一主義」(2017年5月23日付 日経ビジネスオンラインより)

    記事を執筆したのは「ジャーナリスト」で「明治大学 研究・知財戦略機構 国際総合研究所」のフェローである岡部直明(おかべ・なおあき)氏です。私は岡部氏の経歴やスタンスについて深く知り得る立場にはありませんが、少なくともこの記事を読んだ第一印象は、「大局観を欠いている」(もしくは、少なくとも私の「大局観」とは相いれない)記事だ、というものです。

    果たしてどのような記事なのでしょうか?

    大局観を欠いた記事

    さて、この岡部氏の記事には、副題が付いています。

    「日本は対抗意識捨て、大胆な構想力を持て」、だそうです。「日本がAIIBや一帯一路構想に参加しない理由は対抗意識がある」とでも言いたいのでしょうか?

    それはさておき、私自身の文責において、リンク先の記事の冒頭部分を少し加工して引用しておきましょう(著作権があるため、詳細について知りたい方は、リンク先から全文をお読みください)。

    • 中国主導の広域経済圏構想「一帯一路」に関する国際会議は、米国一極時代の終わりを告げる場になった
    • 英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ米政権による「排外主義」「自国第一主義」排外主義や2国間主義が(グローバリゼーションや多国間主義という)世界の経済秩序を揺さぶっている
    • 一帯一路構想はアジアから欧州、アフリカまでの広域経済圏はそれ自体、世界経済の拡大につながる可能性を秘めているが、経済戦略にとどまらず安全保障戦略がからんでいるだけに、国際政治をきしませる要因になりかねない

    私は、「一帯一路フォーラムは米国一極時代の終焉を告げる場となった」とする下りについては全く賛同しませんが、その一方で、部分的には岡部氏の主張に賛同します。というのも、確かに世界経済には「中国の勃興」というファクターだけでなく、「グローバリゼーション対自国第一主義」という争いがあることは事実だからです。

    その意味で、質の低い時事通信や朝日新聞の記事と異なり、岡部氏の記事は、「バカらしい!」などとむげに切って捨てるほど低レベルなものではありません。

    ただし、いくつか「評価を間違えている」と考えられる部分もあります。岡部氏は

    1. ロシア、インドネシア、イタリアなど29カ国の首脳が集まった
    2. 習近平主席はシルクロード資金の増額や政策金融機関融資などで7800億元(約12兆6000億円)の追加資金拠出を表明し、中国主導を鮮明にした

    と指摘していますが、逆に(1)については、イタリアを除き、G7諸国からは首脳が一人も参加しなかったこと、BRICS諸国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)から首脳が参加した国は中国とロシアだけだったことなどについては注目に値するでしょう。

    また、(2)についても、習近平(しゅう・きんぺい)国家主席が1兆元近い資金の拠出を表明したことは事実ですが、中国が主導するAIIB自身、「アジア地域のインフラ需要は2030年までに40兆ドル(!)に達する」と予想していることと比べると、金額としてはいかにも中途半端です。しかも、シルクロード基金に1000億元などの資金を拠出すると表明はしたものの、「いつまでに」という期限については明らかにしていません。さらに、巨額のインフラ需要を支えるためには、日本をはじめとする巨額の資金を保有する国などからの民間資金協力が必須であるはずなのに、民間資金を取り込むための金融規制緩和などについても一切言及がありませんでした。

    つまり、岡部氏の記事には、後述するAIIBの参加国数を除くと「事実誤認」はないものの、中国側の視点にかなり偏っていると言わざるを得ないのです。

    ただし、「中国一辺倒」ではない

    ただ、岡部氏の記事は、冒頭で紹介した時事通信の記事などと異なり、「中国を礼賛する」ような低レベルな代物ではありません。

    たとえば、今回のフォーラムには、インドから首脳が参加していません。これについて岡部氏の記事では、

    中国と並ぶアジアの新興大国であるインドが国際会議への参加を見送ったのである。「国家主権と領土保全のへの懸念を無視した計画を受け入れる国はない」とインドは国際会議への参加を明確に拒否した

    と指摘。さらにEUについても、

    「一帯一路」構想の西側の到達点である欧州連合(EU)にも警戒感はある。(中略)「一帯一路」構想で中国流の「国家資本主義」が広がることには、批判が強い。その証拠に、国際会議の貿易分科会に参加したドイツなどは、物資調達の透明性や環境基準の問題点などあげて、合意文書を支持しなかった。

    としており、この辺りは報道が浅い日本のメディアと比べて、比較的しっかりと周辺取材をしていると感じられます。

    どうしてそういう結論に?

    ただ、私は、岡部氏の議論には、途中から賛同できません。

    1つは、「英米初の自国第一主義が世界経済をリスクにさらし、」そのうえ「ユーラシアで中国第一主義が定着すれば世界経済は混迷の度を深める」ことになるため、日本はTPPを11カ国で発効させ、日中韓、豪州、ニュージーランド、インド、ASEANを巻き込み、RCEP(東アジア地域包括的経済連携)と結合すべきだ、とする主張です。TPPは中国を封じ込めるための大戦略であり、なぜそれをわざわざRCEPと結合させる必要があるのでしょうか?

    もう1つ、岡部氏の議論が明らかに大局観を欠いている部分は、「AIIBとADBを結合させよ」とする議論です。大局観を欠いているというよりも「議論が飛躍している」と表現した方が正確かもしれません。余談ですが、

    EU諸国の参加を尻目に、米国と日本は参加に慎重姿勢を崩していない。しかし、参加国は70カ国を超えている。透明性の向上など運営に注文をつけるだけでなく、日米は共同で参加し、みずから改革を先導すべきだ。中国も金融、投資のノウハウのある日米に参加を強く求めている。

    とする下りには事実誤認があります。AIIBに「参加意思を示した国」は確かに77ヵ国ですが、「出資まで約束済み」の国は53ヵ国に留まっています。記事を書くならもう少し事実関係を調べたら良いのに、と思います。

    グローバリゼーションの負の側面

    日本は移民とどう向き合うべきか?

    ところで、「グローバリゼーション」と「自国第一主義」の、いったいどちらが正しいのでしょうか?

    私自身の見解ですが、たしかに古典派経済学の教科書にも記載があるとおり、自由貿易を推進するのは、世界の人類が共に未来に向けて発展するためには必要です。しかし、「共通で守るべきルール」が確立していない相手国とは、門戸を完全に開放すべきではありません。

    たとえば、日本の場合はこれまで(少なくとも表向きは)移民を受け入れて来ませんでしたが、安倍政権が移民の実質的な受け入れに舵を切るのではないかと懸念しています。そして、移民を受け入れた社会でどのようなコンフリクトが生じているのか、その「事例研究」は必要です。

    とくに中国が日本に大量に移民を送り込めば、「日本列島の乗っ取り」など、容易に実現してしまうでしょう。また、古今東西を問わず、人々は貧しい国から豊かな国に移動するものです。教育水準が高くて日本社会に忠誠を誓う人たちであれば、どんどん受け入れるべきですが、現実には日本に移住したがる人の多くは、単に豊かな暮らしを求めているだけの話であり、日本社会をより良くするためではありません。日本に生まれ育ち、日本から多大な恩恵を受けておきながら、被害者面をして居座る某民族もいますが、これは非常に恥ずかしい話です。

    余談ですが、私自身も母親(故人)が在日朝鮮人(生前に日本に帰化済み)でしたから、私も「移民の子孫」ではあります。ただ、私は日本という国をより良くするために尽くしたいと思いますし、日本から逃げるつもりはありません。そして、自分の子供も「良き日本人」として育てるつもりです。

    ドイツという「収奪モデル」

    一方、私の長年のテーマは、ドイツという「世界のガン」です。

    ドイツといえば「良い印象を持っている」という人も多く、実際、BBCが2015年まで公表していた「世界影響度調査」でも、ドイツとEUが「世界で最も良い影響を与えている国」に選ばれたことも多々あります。

    しかし、現実のドイツは、ユーロ圏に加盟することで、他のユーロ圏に対し産業競争力の強いドイツ製品を輸出し、貿易黒字を無限に稼ぐというだけのものであり、いわば「欧州周辺国から収奪することで繁栄する」というビジネスモデルです。

    では、なぜこのようなことが可能になるのでしょうか?

    変動相場制を導入していた場合、産業競争力が強い国の通貨(例:日本円やドイツ・マルク)が切り上がり、産業競争力は低下します(ちなみに私は、アベノミクスの影響で円安になったことが、2013年以降の株高の主要因と考えています)。

    しかし、ドイツの場合は「共通通貨・ユーロ」を導入しているため、少なくともユーロ圏の他国に対しては、為替相場を通じた競争力の調整が働きません。その結果、ドイツは無限に貿易黒字を積み上げるのです。

    それだけではありません。

    ドイツの貿易黒字の裏返しとして、南欧諸国は巨額の貿易赤字を抱えており、それを財政赤字でファイナンスします。そして、ドイツが主導するEUと欧州中央銀行(ECB)が各国に緊縮財政を義務付けており、財政出動の手足を縛られた状態にあり、ドイツからの収奪から脱却することは困難なのです。

    そのドイツは、早い時期からトルコをはじめとする中近東地域の移民労働力を受け入れてきた国でもあります。つまり、「安価な移民労働力で安い製品を作り、ユーロという仕組みを悪用して安い製品を輸出しまくる」というビジネスモデルです。

    中国とドイツのビジネスモデルは酷似!

    ここまで書けばわかると思いますが、実は、ドイツのビジネスモデルは、中国と極めて似ています。

    まず、為替変動メカニズムについては、中国人民元は自由利用可能な通貨ではなく、事実上、米ドルに対してペッグしています。このため、ドイツと同様、中国も為替相場を通じた産業競争力が働かないのです。

    また、ドイツが東欧、中近東からの移民労働力を酷使しているのと同様、中国は内陸部から貧しい農民を都市部に移住させ、労働力として搾取しています。そして、安価な中国製品を、米国や日本に大量輸出することで、いわば「デフレを世界中にまき散らしている」のです。

    その意味で、私はドイツと中国こそ、グローバリズムを悪用する「世界経済のガン」だと考えています。

    そのような視点からニュースを眺めると、何かと気付くことが多くて面白いのではないでしょうか?

    ※本文は以上です。

    記事の転載、引用、記事へのコメントは、ガイドラインに従い、ご自由になさってください。また、気に入っていただければ、是非、クリック、あるいはSNSなどでシェアして下さい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 政治・社会問題へ

    お勧め記事一覧/スポンサーリンク・広告

    ウェブサイトからのお知らせ

    記事本文下に関連記事も表示しております。なお、コメントは「関連記事」の下に入力可能です。注意事項「当ウェブサイトへのコメントについて」を踏まえたうえで、ご自由にコメントをなさってください。頂いたコメントには必ず目を通します。また、最近、拝領したコメントに返信できないことが多いのですが、この場を借りてお詫び申し上げます。
    なお、当ウェブサイトでは、現在、1日1~2回、記事を更新しており、最新記事はトップページにて常に30件表示しています。これを機に、ぜひ、「新宿会計士の政治経済評論」をブックマークに登録してください。

    【最新記事100件】
  • 2018/04/23 16:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】内閣支持率調査:不誠実なマスゴミに待っているのは倒産
  • 2018/04/23 08:00 【マスメディア論|時事
    【速報】野党支持が伸びない毎日新聞世論調査の衝撃 (1コメント)
  • 2018/04/23 00:00 【政治
    個人ブログを信頼する時代へ:もっとブログが増えて欲しい (2コメント)
  • 2018/04/22 00:00 【国内政治
    組織論の本質:反社会的な組織は解体されるべき (1コメント)
  • 2018/04/21 14:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮のわかりやすい時間稼ぎ (4コメント)
  • 2018/04/21 00:00 【マスメディア論
    「報道の自由度ランキング」を悪用する日本のジャーナリストの卑劣さ (4コメント)
  • 2018/04/20 17:30 【マスメディア論|時事
    【夕刊】記者クラブ制度は崩壊させた方が良い (2コメント)
  • 2018/04/20 09:20 【時事|韓国崩壊
    韓国自治体長「法は国民感情に勝つことはできない」の衝撃 (8コメント)
  • 2018/04/20 08:00 【マスメディア論|時事
    「朝日新聞対財務省」は記者クラブ制度を破壊する? (3コメント)
  • 2018/04/20 00:00 【マスメディア論
    「ビジネスマン評論家」対「ダブスタ・切り貼りメディア」 (6コメント)
  • 2018/04/19 16:16 【時事|国内政治
    【夕刊】国益を最大化する安倍政権、国益を損ねる野党とマスゴミ (4コメント)
  • 2018/04/19 09:00 【マスメディア論|時事
    【続報】財務次官不祥事は朝日新聞グループに飛び火 (5コメント)
  • 2018/04/19 00:00 【時事|国内政治
    【速報】財務次官辞意報道:「既得権益」の潰し合いを歓迎する (6コメント)
  • 2018/04/18 11:45 【時事|外交
    【夕刊】安倍総理の圧倒的存在感:日米首脳会談の滑り出しは上々 (1コメント)
  • 2018/04/18 09:00 【RMB|時事|金融
    成果に乏しい日中金融対話 (1コメント)
  • 2018/04/18 00:00 【外交
    日米首脳会談とマスゴミの虚報 (2コメント)
  • 2018/04/17 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】財務省スキャンダル:国民の敵同士の潰し合い (6コメント)
  • 2018/04/17 10:40 【時事|韓国崩壊
    盛大なる皮肉:日韓関係悪化の犯人は日本のメディアの虚報? (4コメント)
  • 2018/04/17 00:00 【韓国崩壊
    韓国が「最も重要な隣国」ではなくなったのは当然 (2コメント)
  • 2018/04/16 15:45 【雑感オピニオン
    【夕刊】あらためて「パルク・グエン・ヒェ」を説明します (6コメント)
  • 2018/04/16 09:35 【マスメディア論|時事
    【速報】落ちているのはマス・メディアの支持率ではないか? (5コメント)
  • 2018/04/16 00:00 【経済全般
    労組は労働者の敵なのか? (2コメント)
  • 2018/04/15 13:50 【時事|国内政治
    【夕刊】超絶悲報:パヨクとマスゴミの倒閣運動、大失敗 (21コメント)
  • 2018/04/15 00:00 【マスメディア論
    言論テロを考察する (3コメント)
  • 2018/04/14 21:55 【時事|外交
    【夜刊】米軍によるシリア攻撃と北朝鮮
  • 2018/04/14 10:20 【マスメディア論|時事
    【夕刊】パヨクの暴走は自分たちに跳ね返る (3コメント)
  • 2018/04/14 00:00 【雑感オピニオン
    科学がオカルトに負けてはならない (6コメント)
  • 2018/04/13 21:40 【時事|韓国崩壊
    日本を勘違いする韓国
  • 2018/04/13 11:25 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】どうして日韓で真逆の内容になるのか? (6コメント)
  • 2018/04/13 00:00 【マスメディア論
    テクノロジーの進歩を拒絶するマスゴミの倒産は間近 (2コメント)
  • 2018/04/12 21:45 【時事|韓国崩壊
    河野外相訪韓、「成果なし」こそ最大の成果
  • 2018/04/12 09:00 【時事|経済全般
    【夕刊】祝・レアアース発見!自前資源と脱中国を考える (4コメント)
  • 2018/04/12 00:00 【韓国崩壊
    新版「日韓関係のトータル・ソリューション」を考察する (1コメント)
  • 2018/04/11 20:30 【時事|国内政治
    【速報】愛媛県知事に「パフォーマンス」と見抜かれる野党6党 (7コメント)
  • 2018/04/11 10:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】韓国に必要なのは「遺憾の意」ではなく「経済制裁」 (2コメント)
  • 2018/04/11 00:00 【RMB|金融
    AIIBの現状整理・2018年4月版 (2コメント)
  • 2018/04/10 21:00 【時事|外交
    【夕刊】外交交渉が通じる中国、外交カードを理解しない韓国 (2コメント)
  • 2018/04/10 08:15 【マスメディア論|時事
    【速報】いい加減にしろ!朝日新聞による報道テロ (3コメント)
  • 2018/04/10 00:00 【韓国崩壊
    韓国の外交官は日本に受け入れないという選択 (3コメント)
  • 2018/04/09 17:04 【金融
    【夕刊】「有事の円買い」と理屈に合わない「輸出立国論」 (7コメント)
  • 2018/04/09 00:00 【マスメディア論
    インターネットは情報の切り取りを許さない (1コメント)
  • 2018/04/08 12:00 【時事|経済全般
    【夕刊】韓国のリーガル・リスクは高すぎる (6コメント)
  • 2018/04/08 00:00 【マスメディア論
    田原総一朗氏の「火消し」も手遅れ (3コメント)
  • 2018/04/07 15:15 【時事|国内政治
    【夕刊】山本真千子氏を「容疑者」として逮捕してはどうか? (3コメント)
  • 2018/04/07 00:00 【マスメディア論
    埼玉県民様から:「日本の広告費2017」を読む (8コメント)
  • 2018/04/06 15:20 【時事|韓国崩壊
    【速報】朴槿恵氏に有罪判決 (4コメント)
  • 2018/04/06 09:00 【時事|国内政治
    【夕刊】野党の存在意義はないですね (4コメント)
  • 2018/04/06 00:00 【政治
    外貨準備最新状況アップデート (2コメント)
  • 2018/04/05 15:15 【時事|国内政治
    【速報】江田憲司議員のツイートは議員辞職相当 (3コメント)
  • 2018/04/05 09:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】外貨準備:韓国はいつものウソをつく (8コメント)
  • 2018/04/05 00:00 【外交
    危ないのはむしろ韓国外交 (1コメント)
  • 2018/04/04 13:10 【マスメディア論|時事|外交
    【夕刊】森友問題は形を変えた北朝鮮のテロ? (2コメント)
  • 2018/04/04 00:00 【韓国崩壊
    韓国経済新聞が報じた「3つの苦境」とは? (2コメント)
  • 2018/04/03 10:30 【時事|国内政治
    【夕刊】政策のない政党をあなたは支持しますか? (4コメント)
  • 2018/04/03 00:00 【日韓スワップ|韓国崩壊
    韓国で猛威を振るった「KIKOオプション」 (3コメント)
  • 2018/04/02 14:00 【時事|国内政治
    【夕刊】「もうお終い」なのはむしろマスゴミの方 (6コメント)
  • 2018/04/02 00:00 【韓国崩壊
    ナッツ姫が韓国という国の信頼を破壊する (3コメント)
  • 2018/04/01 10:10 【マスメディア論|時事
    【夕刊】エイプリルフールとメディアのダブル・スタンダード (3コメント)
  • 2018/04/01 00:00 【国内政治
    また始まった、民進党の政党ロンダリング (8コメント)
  • 2018/03/31 09:00 【マスメディア論|時事
    【夕刊】発想の転換:「テレビが映らないテレビ」 (4コメント)
  • 2018/03/31 00:00 【雑感オピニオン
    論点補足:料理でウソをつくのは不誠実 (4コメント)
  • 2018/03/30 12:55 【マスメディア論|時事
    【夕刊】敗北認めぬマスゴミに倒産という鉄槌を! (2コメント)
  • 2018/03/30 00:00 【外交
    中朝首脳会談の思惑と「6つのシナリオ」 (3コメント)
  • 2018/03/29 10:15 【時事|金融
    【夕刊】為替介入について理解しない中央日報の不見識 (7コメント)
  • 2018/03/29 00:00 【外交
    外交とはかくあるべき:「漁夫の利」について考える (2コメント)
  • 2018/03/28 09:00 【時事|外交
    【夕刊】明らかな悪意を伴った誤訳記事 (2コメント)
  • 2018/03/28 00:00 【外交
    動き出した北朝鮮情勢 (2コメント)
  • 2018/03/27 20:30 【時事|外交
    【緊急速報】西側諸国がロシア外交官追放:日本に漁夫の利? (4コメント)
  • 2018/03/27 09:00 【時事|国内政治
    【夕刊】「膿を出す」のは財務省だ (6コメント)
  • 2018/03/27 00:00 【経済全般
    敗れつつある韓国の観光戦略と平昌五輪 (1コメント)
  • 2018/03/26 11:00 【時事|国内政治
    【夕刊】安倍政権は今こそしっかり前を向くべき (1コメント)
  • 2018/03/26 00:00 【雑感オピニオン
    日本は別にずる賢くならなくても良い (3コメント)
  • 2018/03/25 12:00 【時事|国内政治
    【夕刊】どうしてゴミ野党議員が横行するのか? (2コメント)
  • 2018/03/25 00:00 【韓国崩壊|外交
    ボルトン氏が「強硬派」でも対北政策は変えられない (10コメント)
  • 2018/03/24 10:20 【時事|経済全般
    【夕刊】トランプ政権の鉄鋼アルミ制裁を数値で検証する (6コメント)
  • 2018/03/24 00:00 【マスメディア論
    通信と放送の融合・補足論点 (3コメント)
  • 2018/03/23 16:25 【マスメディア論|時事|国内政治
    【緊急速報】安倍政権支持率、ニコ動調査でも下落! (3コメント)
  • 2018/03/23 10:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】元大統領が不幸な末路を辿る国 (1コメント)
  • 2018/03/23 00:00 【金融
    齟齬を来す米国の金融・財政政策 (2コメント)
  • 2018/03/22 12:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】転覆しつつある韓国の現状を見つめる (5コメント)
  • 2018/03/22 00:00 【金融
    通貨と国債の関係を考える (4コメント)
  • 2018/03/21 12:00 【時事|外交
    【夕刊】北朝鮮と「善意」について考える (3コメント)
  • 2018/03/21 00:00 【日韓スワップ|金融
    韓国紙「韓国の外貨不足額は1200億ドル」 (7コメント)
  • 2018/03/20 10:15 【時事|国内政治
    【夕刊】国会質疑が面白い! (6コメント)
  • 2018/03/20 00:00 【金融
    「国の借金」解説(2017年12月版) (6コメント)
  • 2018/03/19 11:11 【政治
    【速報】家計資産は1880兆円時代に (8コメント)
  • 2018/03/19 10:00 【時事|国内政治
    【夕刊】危機にこそ本領は発揮される (3コメント)
  • 2018/03/19 00:00 【政治
    「上念貴明」への警告 (2コメント)
  • 2018/03/18 12:30 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】櫻井よしこ氏の議論に「反論」する (4コメント)
  • 2018/03/18 00:00 【外交
    「日本人に対する」民族ヘイトを許すな! (2コメント)
  • 2018/03/17 21:00 【マスメディア論|時事
    【緊急速報】放送法第4条撤廃を支持する (4コメント)
  • 2018/03/17 00:00 【韓国崩壊|外交
    ハリス司令官の発言の裏にある米朝の意図 (6コメント)
  • 2018/03/16 09:00 【時事|韓国崩壊
    【夕刊】中央日報の「勘違い記事」に見る韓国の危険性 (2コメント)
  • 2018/03/16 00:00 【韓国崩壊
    滅亡に向かう韓国との関係をマネージする (2コメント)
  • 2018/03/15 09:40 【時事|雑感オピニオン
    【夕刊】本職ジャーナリストによる優れた論考 (2コメント)
  • 2018/03/15 00:00 【雑感オピニオン
    日本の左翼の限界と非科学的議論の危険性 (14コメント)
  • 2018/03/14 09:00 【時事|外交
    【速報】ティラーソン国務長官更迭の影響を読む (7コメント)
  • 2018/03/14 00:00 【国内政治
    「議員の生活が一番」を徹底するとどうなるか? (3コメント)
  • 2018/03/13 21:00 【時事|韓国崩壊
    【ショートメモ】韓国の徐薫氏来日の意味 (7コメント)
  • 2018/03/13 11:25 【マスメディア論|時事
    【夕刊】野党さん、なぜ支持率が上がると思ったのですか? (2コメント)

  • 著者のコンタクト先:info@shinjukuacc.com

    【PR】スポンサーリンク・広告



    ※広告表示の詳細についてはプライバシー・ポリシーのページをご参照ください。