韓国外相「徴用問題で日本に誠意ある対応を要請した」

朴振(ぼく・しん)韓国外交部長官自身は昨日、3日間の訪日日程を終えて帰国し、「これまで韓日間のコミュニケーションが不足し、信頼も大きく損なわれたが、今回の2国間会談で成果を収めた」と自賛したそうです。なかなか強烈な発言です。なぜなら、むしろ朴振氏の訪日時の言動に照らし、韓国政府が日韓諸懸案を自力で解決する意思も能力ももないことが明らかになったからです。

2022/07/21 10:00追記

誤植がありましたので修正しております。

朴振氏の訪日終了

韓国の朴振(ぼく・しん)外交部長官(※外相に相当)が18日からの3日間の訪日日程を終え、20日に帰国しました。

朴振氏は18日に林芳正外相と会談したのですが、これについては『日韓外相会談:両国発表の6箇所の相違が意味するもの』でも取り上げたとおり、日韓外相の共同声明も、共同記者会見も行われず、日韓双方の発表内容に微妙な齟齬が生じるという結果になりました。

また、『韓国外相「日本も誠意を」→佐藤氏「外交部会で糾す」』でも取り上げましたが、その朴振氏は日韓議連会長の額賀福志郎氏(自民党)との会談で、自称元徴用工問題を巡って「日本も誠意あるリアクションを」と促し、これに自民党の外交部会長を務める佐藤正久氏が反発する、といった局面も見られました。

日韓関係「悪化」とは…

ただ、当ウェブサイトでは常々繰り返しているとおり、個人的には「悪化した日韓関係」、「日韓関係を改善する」、といった表現に対しては、強い違和感を抱いています。そもそも「悪化」、「改善」という表現自体に、主観的な価値観が含まれているように思えてならないからです。

だいいち、「関係悪化」という表現だと、責任の所在が曖昧になってしまいます。

【総論】韓国の日本に対する「二重の不法行為」と責任』を含め、これまでに何度も繰り返し説明してきたとおり、日韓関係がここまで「悪化」した原因は、韓国が日韓諸懸案の数々を作り出してきたからであり、これらの諸懸案は韓国の日本に対する「不法行為」と呼んで差し支えないものでもあります。

ことに、自称元徴用工問題については、そもそも韓国側主張する「強制連行」だの、「強制動員」だのといった内容自体、確たる証拠がなく、しかも2018年の大法院判決が国際法ゐに違反する状態を作り出していること、韓国側が日本の誠実な問題解決に向けた努力を無視したことなどの問題が重なっているのです。

自称元徴用工問題の3つのポイント
  • ①韓国側が主張する「強制連行」ないし「強制動員」の多くは、(おそらくは)韓国側によるウソ、捏造のたぐいのものであり、最終的には「ウソの罪をでっち上げて日本を貶めている」のと同じである
  • ②2018年の自称元徴用工判決を含め、韓国側が日本に対して要求している「謝罪」「賠償」には法的根拠がない違法なものである
  • ③日本政府はこの違法判決を是正するために2019年に日韓請求権協定に基づき是正を申し入れたが、外交協議、国際仲裁などの一切合切の手続を韓国政府が無視した

(【出所】著者作成)

正直、日本人にはもはや「お手上げ」

さらには、この自称元徴用工問題とは別次元で発生した、2019年7月の日本の対韓輸出管理適正化措置のことを、韓国側では「強制徴用問題に対する対抗措置としての輸出『規制』」など、まったく事実に反するウソを堂々と主張し続けています。

また、韓国は2018年12月に火器管制レーダー照射事件を発生させたほか、2019年8月には日本の対韓輸出管理適正化措置への対抗措置として、日韓間の秘密軍事情報保護協定(俗に「GSOMIA」)を破棄しようとするなど、日米韓3ヵ国安保協力の信頼関係を損ねる行動を続けています。

さらには、諸懸案を解決しようにも、「火器管制レーダー照射事件を『低空威嚇飛行事件』と呼ぶ」、「輸出管理適正化措置を輸出『規制』と呼ぶ」、「自称元徴用工問題を『強制徴用問題』と呼ぶ」、といった具合に、韓国側の認知の歪みが酷過ぎます。

正直、ここまでくると、我々日本人にとっては、少々「お手上げ」気味ではないかと思います。

朴振氏の自画自賛も日本には「誠意を示せ」

こうしたなか、韓国メディア『聯合ニュース』の報道記事によると、朴振氏は自身の3日間の訪日日程を、「これまで韓日間のコミュニケーションが不足し、信頼も大きく損なわれたが、今回の2国間会談で成果を収めた」、などと自画自賛したようです。

韓国外相が訪日終え帰国 GSOMIA・輸出規制「総合的に協議」

―――2022.07.20 17:21付 聯合ニュース日本語版より

聯合ニュースによると朴振氏は20日、金浦空港で記者団に対し、次のような趣旨のことを述べたのだそうです。

日本の植民地時代の強制徴用被害者問題の解決に向けた韓国側の努力を説明し、林外相と岸田首相に会い、日本側に誠意ある対応をするよう要請した。日本側は真剣に耳を傾け、今後も協議を続けることで一致した」。

この「日本も誠意を示せ」とは、本当に強烈な発言です。もしかして朴振氏は、ご自身がナチュラルに日本国民を激怒させていることに気づいていないのでしょうか?

このあたり、昨日の『韓国元高官「日本が100%正しいが譲歩してほしい」』でも紹介した時事通信の報道によれば、そもそも自称元徴用工問題に関し、「韓国政府の元高官」が「日本が100%正しい」が、「現実問題として日本が何もしない形では韓国国民は受け入れがたい」と発言した、という話題を思い出します。

少なくとも多くの日韓諸懸案をめぐっては、その原因が韓国の側にあること、自称元徴用工問題に関しては既に日本も2019年の時点で、問題を解決するための外交協議や国際仲裁手続を「誠実に」申し入れていることを踏まえると、朴振氏に「日本も誠意を示せ」と要求する資格はありません。

また、聯合ニュースによると朴振氏は、対韓輸出管理適正化措置をめぐっても、「輸出規制は双方にとって損」、サプライチェーンが急激に変化する時代に両国が効果的に対応するためには「輸出規制の解除が必要だ」、などと話したそうですが、輸出管理の初歩を少しは勉強してから発言してほしいものです。

いずれにせよ、朴振氏は日韓のノービザでの相互往来を含め、人的往来が活性化することで「国民の相互認識が改善されたことは両国間の関係改善に大きく役立つ」と述べたのだそうですが、それは話が真逆でしょう。

少なくとも日本人の側で韓国の歴史捏造、国際法・条約・合意違反などの実態が深く知られることで、むしろ日韓関係の距離はさらに開くのではないでしょうか。

自称元慰安婦側にも動きが!

こうしたなか、自称元徴用工問題と並び、韓国が捏造した「歴史問題」のもうひとつの柱を構成する自称元慰安婦問題を巡っても、昨日、興味深い報道がありました。韓国メディア『中央日報』(日本語版)のこんな記事を眺めてみましょう。

韓国慰安婦団体「『2015年慰安婦合意を尊重』この意味は何か」 政府に公開質問

―――2022.07.20 14:44付 中央日報日本語版より

中央日報によると、自称元慰安婦の支援団体「正義連」が20日、韓国外交部に対し、2015年の日韓慰安婦合意を「尊重する」とする同部の立場をめぐり、「その真意を尋ねる公開質問書」を送付。26日までに回答を出すように要求したのだそうです。

これもまた、強烈な話題です。正義連といえば、自称元慰安婦側との内紛が生じたほか、前代表の尹美香(いん・びこう)国会議員が同団体の資産を私的流用したなどとして刑事告訴されていることでも有名な組織だからです。

ちなみに中央日報によれば、「正義連」側は「国際社会で日本軍性奴隷制問題を再び提起しないということなのか」、「この問題を記憶して記念しようとする国内外の市民社会を弾圧するという意味なのか答えよ」、などと求めたのだそうですが、その答えはすでに出ています。

安倍総理のもとで外相を務めていた岸田文雄氏(現首相)が韓国の朴槿恵(ぼく・きんけい)政権下の尹炳世(いん・へいせい)外交部長官との間で取り交わした「日韓慰安婦合意」のポイントを、もう一度確認しておきましょう。

【参考】いわゆる「日韓慰安婦合意」(2015年12月28日)のポイント
  • ①慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であり、かかる観点から、日本政府は責任を痛感し、安倍晋三総理大臣は日本国を代表して心からおわびと反省の気持ちを表明する。
  • ②韓国政府は元慰安婦の支援を目的とした財団を設立し、日本政府はその財団に対し、政府予算から10億円を一括で拠出する。
  • ③韓国政府は在韓国日本大使館前に慰安婦像が設置されている問題を巡って、適切に解決されるように努力する。
  • ④上記②の措置が実施されるとの前提で、日韓両国政府は、この問題が最終的かつ不可逆的に解決されたことを確認し、あわせて本問題について、国連等国際社会において互いに非難・批判することを控える。

(【出所】外務省HP『日韓外相会談』より著者作成)

すべては韓国政府の責任

この合意のなかで、自称元慰安婦問題が「最終的かつ不可逆的に解決された」ことが日韓双方の間で確認され、さらに国連等国際社会においてお互いに非難・批判することはこの合意に違反する行為となります。

したがって、韓国政府はこの問題を巡っても適切に対処しなければなりません。

正義連を説得して納得させるのか、あるいは正義連関係者を逮捕・投獄して弾圧のかは知りませんが、それは韓国政府が考えて実行する話であり、私たちの国・日本にはもはや関係ありません。

ちなみに中央日報によれば、朴振氏自身は18日に取材陣と会った席で、この合意をめぐって「両国政府間の公式合意として尊重されなければならない」、「今最も重要なのは合意の精神だ」などと述べたのだそうですが、現在の韓国政府の態度は「合意の精神を尊重している」とは言い難いものです。

少なくとも自称元慰安婦問題を巡っては、慰安婦合意に基づく財団を復活させ、着実に履行すること、合意に納得しない自称元慰安婦については、きちんと説得するにせよ見放すにせよ、韓国政府の責任においてきちんと対処することが必要です。

そして、朴振氏の訪日により、現在の韓国政府が日本に対して譲歩を要求していることが改めて浮き彫りとなったことで、日韓諸懸案の解決が極めて困難であることが示されてしまった、というのが実情なのでしょう。

これを「訪日成功」といえるのかどうかは知りませんが。

読者コメント一覧

  1. Padme Hum より:

    「少なくとも多くの日韓諸懸案をめぐっては、その原因が韓国の側にあること、自称元徴用工問題に関しては既に日本も2019年の時点で、問題を解決するための外交協議や国際仲裁手続を「誠実に」申し入れていることを踏まえると、朴振氏に「日本も誠意を示せ」と要求する資格はありません。」

    本当にそうよね。もうこうなったら日本も竹島を奪い返して、韓国と竹島問題を協議するときに「韓国も誠意を示せ」と要求したくなるわよね。まあ、冗談だけど。真面目な話、日韓で「この問題には解決策がなく、韓国に解決能力もなく、将来も解決しない可能性が一番高い」ことで合意するべきです。その基本認識で合意できれば、そのうえで日韓がどのような関係を持つことができるのか、冷静に話し合えると思います。関係改善しないのがニューノーマルになれば、気にならなくなると思います。関係を改善しようと思うからストレスになるのよ。現実主義過ぎるかしら?

    1. IVD より:

      コメント失礼いたします。
      仰る通りなのですが一点補足のようなものを。

      >>真面目な話、日韓で「この問題には解決策がなく、韓国に解決能力もなく、将来も解決しない可能性が一番高い」ことで合意するべきです。

      韓国との合意に意味はあるのか、という論点はさておいて。
      少なくとも日本では「元徴用工問題」は1965年の請求権協定によって完全かつ最終的に解決していますので、解決すべき問題は存在しません。日韓の間に存在するのは、日本に対する韓国の「二重の不法行為問題」で、「自称元徴用工問題」は韓国の国内問題です。
      「この問題」とは韓国の「二重の不法行為問題」を指します。
      「韓国は嘘の主張で日本を貶めるし、国際法や合意、約束を守る気はないし、不法行為をやめるつもりもない」、ということで両国合意すればよろしいかと思います。
      おっと、「韓国は合意を守るつもりはない」ことを合意するとは、やはり韓国との合意は無意味ですな。

  2. 匿名 より:

    韓国側は、日韓請求権協定の解釈及び実施に関する紛争が「ある」と認識してるのか、「ない」と認識してるのか。まずはそこをはっきりしていただかなければ…

  3. 匿名 より:

    オールドメディアが日韓友好だの日本も外交努力をとか騒ぎ立てました。素性がしれますね。
    ネットが発達して韓国を知れば知るほど、まともに相手にする国ではないと分かります。アメリカ、中国、北朝鮮などなど同じ認識でしょう。このまままともな国家運営もできずに崩壊してゆくのでしょう。

  4. クロワッサン より:

    >正義連を説得して納得させるのか、あるいは正義連関係者を逮捕・投獄して弾圧のかは知りませんが、それは韓国政府が考えて実行する話であり、私たちの国・日本にはもはや関係ありません。

    正攻法は、正義連が主張する「いわゆる日本軍慰安婦問題」は虚偽であり、「本来の日本軍慰安婦問題」を受け入れ、これまで国際社会で韓国が広めて来た対日ヘイト扇動行為を反省し、日本に謝罪し、その証として国際社会でこれまで主張して来た事が虚偽だったと主張していく、あたりだと考えるのですが、まぁ無理でしょうし。

    韓国は色々と詰んでますね。

  5. 豆鉄砲 より:

    韓国側は会談できたことが成果だと言ってるわけですから、放っておけばそれでいいのではなかろうかと思います。これからの韓国への対応は、韓国側発表内容の否定報道だけで良いかと。

  6. WindKnight.jp より:

    韓国政府としては、
    韓国国内向けに、そう言わないと仕方ないでしょうけど、
    そもそも、韓国の誠意が足らない事が原因なので、
    日本としては聞き流すしかないんだよね。

  7. 匿名 より:

    きのう、大使館用(跡)地付近の水曜集会は開かれたのだろうか?

    開かれていたとすれば、韓国政府は口だけ、という事に
    なると思うのだが。

    ここに至っても、なお民間団体のする事だからなどとの
    理由で、ウィーン条約に抵触する行為を、なおも容認すると
    したら、それはもはや政府=統治機構の機能不全を露呈して
    いると評価できると思う。

    上っ面だけの解決意欲なのか?間抜けで、意欲と現実の齟齬を
    理解できない、解消すべき事に気づけないのか?
    "「先従隗始」(先づ隗より始めよ)"という言葉が韓国には
    存在しないのだろうか? (まぁ、何事も他人任せで、威張り
    散らす(ex国格ガー)のが、韓国(人)の本質的特徴ではある。)

    1. 元韓国在住日本人 より:

       小生が慰安婦像前で慰安婦集会に反対している韓国人から聞いた話。

      小生「このような集会は国際法違反なのを知っているか」
      韓国人「集会は昼12時から始めているので、大使館業務に支障はないし、まわりに迷惑もかけていない」
      小生「そう言う問題ではなく、大使館の近くで集会はを行うことが国際法違反なんですが‥」
      韓国人「それは向こう(水曜集会側)に言ってください。彼らがここでやるから、我々もやらないといけないのです」
      小生「あなた方の考えは分かりますが、日本人はたとえあなた方の行為がこの問題を解決したとしても、国際法違反の状態で解決する事を好みません。この様なやり方では日本人からの賛同は得られません」
      韓国人「‥‥」 無言のまま反対集会側の関係者の中に消えていきました。

       無法者に対して法を振りかざしても意味がないのは分かりますが、それでも法に基づいた行動を取るべきと小生は思います。ただし、韓国内ではこのやり方が最良の方法かも知れません。

       結局、どちらの側も自分が正しいと主張するためには、法や秩序といった事は二の次になってしまいます。これが韓国的思考であり、一般市民から大統領まで全て同じなのです。

       法や秩序や約束を守らない国民から生まれた大統領は、やはり法や秩序や約束を守りません。その事を日本政府や日本国民はちゃんと理解しておく必要があります。

       駄文にて失礼します

  8. カズ より:

    基本的に彼らの対日政略は、”手ぶら朝貢”なんですよね。(手土産を貰うだけ)
    一方的な ”利得陳情” に応える義理なんてありません。

    このあたりが、 ”会いさえすれば解決できる” って不可解な認識の根源なのでしょうか?
    外交の基本は等価交換。”何かをして貰うこと”なんかでは無いはずなんですけどね・・。

  9. 匿名 より:

    まだ植民地臣民のつもりなんでしょうね。

  10. ななっしー より:

    金浦空港ではまるで旧朝鮮半島出身労働者について「協議」を続けるような言いぐさだが、外務省発表にも外交部発表のもそのようには書いてない。
    外務省のほうは別に2019年1月までロールバック(w)しても良いのだろうが、
    外交部のほうは本案件が日韓基本条約~請求権協定マターと認めるわけにはいかないのだろうな。
    両者、平行線でなによりだw
    成果が無いのは良い成果w

  11. 匿名 より:

    七月一日のアメリカ国務省の人身売買に関する報告書で、日本の技能実習生制度が取り上げられています。

    これは、中国のウクライナ問題などの東側の人権問題への、西側の主張の綻びになることを危惧してでしょうが、戦中の慰安婦や徴用についての日本政府の見解の正当性を毀損することを目的にした韓国ロビーの関与もあると思えます。

    このような問題をそのままにしておく日本政府の振る舞いが、ユネスコ世界遺産登録や慰安婦・徴用工問題における日本の主張を変に姑息(正誤とも)なものにし、中国韓国ロシアにつけ入る隙を与えてしまっています。

    まさに「情けは人の為ならず」で技能実習生問題の解決は実習生のためだけではなく、
    日本のためでもあるので、政府がこのアメリカの指摘に正しく対応することを願っています。

    1. 農家の三男坊 より:

      仰る通りですね。

      技能実習生問題は”自民党の闇”、無能の証、日本国の恥部です。

      技能実習生制度は安売りしか能のない無能な経営者(農家含む)の延命と、日本の低賃金を固定化する筋の悪い制度。

      これと、低賃金外国人留学生(特に日本語学校)労働を無くすべきと思います。

  12. リバーサイドおじさん より:

     今回は、(たまには)外務省対応を評価したいと思います。
     手ぶらで来日、根拠なしの哀願、帰国してからのあることないこと発言、とお約束通りの展開で、サプライズ全くなし。韓国について知見のある方からみれば、様式美とも言えるくだらなさで、普段なら無駄な時間を使う外務省にイラッとくるのですが、今回は安倍さんの弔問という大義名分を掲げられたので、訪問受諾は仕方なかったと考えます。
     つまり、何もなかった、イコール、外務省がきちんと対応した、という意味になります。効力ゼロで無事に済んだ、と喜んで、とっとと忘れるのが正解でしょう。

  13. パーヨクのエ作員 より:

    >誠意(笑)
    韓国人全てが受け入れる事ができる「誠意」は日本人が正しく定義を受けとっていないのが問題と思います。

    徴用工の知り合いである韓国人全てが「三千世界の頂点」であるモノとして称賛と尊敬を受けないといけません。
    日本人が彼らの奴隷として「最低限」の待遇内容は以下です(笑)。なにせ三千世界の頂点です(笑)。

    ・ベガスのカジノで負けて財産をすっても、翌日にはカジノで大勝した金額をお財布へ入れないといけません。
    毎日365日です。
    ・家のない人間がホワイトハウスやクレムリン宮殿に住みたいと考えればソコに住ませないといけません。
    もちろんバイデンやプーチンを路地裏に叩き出してです(笑)。
    ・大会社のオーナー様になりたい人間がいればGAFAだろうがTOYOTAだろうが日銀だろうがFRBだろうが日本で買って「タダ」であげないといけません。
    ・もちろん日本人の持ち物全ては何時でも差し上げる必要がありますし、どんな虐待も「彼らの当然の権利」として甘受する必要があります。
    ・まとめると日本人は「日本で産まれたのが最大の原罪」として死後の最下層の地獄行きが「待遇改善(笑)」の現世で彼らのツケ返済と虐待と尻拭いするのです(笑)。

    威張って遊んで尊敬と称賛を受けながら三千世界の頂点として「弱い者いじめ」して酒池肉林で暮らす。

    彼らの最低限の誠意とはきっとこんなモノです(笑)。

    これが出来ないから韓国人が解決策を受諾出来ないのです。

    以上です。駄文失礼しました。

    1. 農家の三男坊 より:

      日本国に寄生することしか頭にない乞食以下の存在という事ですね。

      1. パーヨクのエ作員 より:

        農家の三男坊様

        当方の駄文にコメントを賜りありがとうございました。

        早い話というか時間をかけても農家の三男坊様のコメント通りと思います(笑)。

        まあ、記事で管理人様も半分匙を投擲寸前ですが(笑)、知的急進原理主義者である当方が今回の解決策を考えてみる事にします。

        題して知的急進原理主義者が考える憲法改正案です。

        【第9条】
        第一項〜三項(略)

        第四項
        主権国家としての当然常識とする行動が出来ない国家に対しては前記三項の何れの制限も受けない。

        約束は守らせるモノ。
        国際法を遵守、尊重する国家には改憲した条文に則り大人の行動を謳いますが、そうでない連中には第四項の適用です(笑)。

        身に覚えがある国の連中は変わると思いますよ(笑)。

        以上です。駄文失礼しました。

  14. めたぼーん より:

    やはり帰国後に有ること無いこと言いましたね。ほぼ全員これですから、最早国民性なんでしょうね。

    1. より:

      でも、前任者たちと較べると、少なくとも朴振外相はウソは言ってません。
      「日本も誠意ある対応をするよう要請した」→ 確かに要請はしたんでしょう
      「日本側も前向きであるように感じられた」→ あくまでも朴振外相にはそのように感じられたと言っているだけです。これが前任者たちであれば、「日本側も前向きに検討することを約束した」となっていたでしょう。
      彼は元々外交プロパーの人だと聞いてますので、言い回しにはかなり慎重になっているものと想像されます。少なくとも、日本側から「そんなことは言ってない」と真っ向から否定されるような言い回しは避けてますから。

  15. MXTJ より:

    全く、相変わらずの甘え切った態度で、
    地味にイラつきますね。
    日本側は感情ではなく論理的に話さないとですが、
    論理が通用しないですね。

    やっぱり静かに離れるしかなさそうです。

  16. 農家の三男坊 より:

    >正直、ここまでくると、我々日本人にとっては、少々「お手上げ」気味ではないかと思います。

    要は、この状態でも ”条約・合意を守らない、嘘つき”国は大して困っていないという事です。

    ここは、今までの対応が効果が無いと判断し、モードを変える時ですね。

    そろそろ、
     ”条約・合意を守らない、嘘つき”国 はCPTPPには入れない。
     ”条約・合意を守らない、嘘つき”国 とは通貨スワップは結ばない。
     ”条約・合意を守らない、嘘つき”国 の国民のビザなし渡航は認めない。
    位を正式に報道発表すべきでしょう。

    併せて、正義連の不正といわゆる慰安婦虐待を正せ。
    大法院の不正杜撰な裁判やり直しを命ぜよ。
    を、外務省担当課長を特使として伊大統領に口頭で伝えるべきでしょう。

  17. より:

    朴振外相「これまで韓日間のコミュニケーションが不足し、信頼も大きく損なわれた」

    因果関係が逆です。信頼が損なわれたからこそ、コミュニケーションが成立しなくなったのです。
    ただ、韓国外相としては、公の場で「なぜ信頼が損なわれたのか」とは言えないんでしょうね、少なくとも現時点では。

    > 韓国政府が日韓諸懸案を自力で解決する意思も能力もないこと

    意思はあるかもしれないが、実行するだけの政治力がないとすべきでしょう。
    前政権が出鱈目の限りを尽くし、なおかつ少なからぬ国民がそれを信じ込んでいる以上、何も為す術はありません。おまけに、なまじ法曹出身だけに、「非常手段」に訴えるような真似を良しとはしないでしょうし。

    # もっとも、前大統領だって法曹出身ではあったんですけれども。

※【重要】ご注意:他サイトの文章の転載は可能な限りお控えください。

やむを得ず他サイトの文章を引用する場合、引用率(引用する文字数の元サイトの文字数に対する比率)は10%以下にしてください。著作権侵害コメントにつきましては、発見次第、削除します。

※現在、ロシア語、中国語、韓国語などによる、ウィルスサイト・ポルノサイトなどへの誘導目的のスパムコメントが激増しており、その関係で、通常の読者コメントも誤って「スパム」に判定される事例が増えています。そのようなコメントは後刻、極力手作業で修正しています。コメントを入力後、反映されない場合でも、少し待ち頂けると幸いです。

※【重要】ご注意:人格攻撃等に関するコメントは禁止です。

当ウェブサイトのポリシーのページなどに再三示していますが、基本的に第三者の人格等を攻撃するようなコメントについては書き込まないでください。今後は警告なしに削除します。なお、コメントにつきましては、これらの注意点を踏まえたうえで、ご自由になさってください。また、コメントにあたって、メールアドレス、URLの入力は必要ありません(メールアドレスは開示されません)。ブログ、ツイッターアカウントなどをお持ちの方は、該当するURLを記載するなど、宣伝にもご活用ください。なお、原則として頂いたコメントには個別に返信いたしませんが、必ず目を通しておりますし、本文で取り上げることもございます。是非、お気軽なコメントを賜りますと幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です